FC2ブログ
1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 00:43:05.60 ID:evMfEiNTo
上条「昨日寝る前までは普通だったんだ。相変わらずたくさん御飯食べて、俺は勉強してから風呂場で寝て。」



上条「そしたらなんで……」













インデックス「とうまお兄ちゃ~ん」


上条「こうなってるんだ?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1368891785
2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 00:45:40.89 ID:YI5zDIbdo
上条「な、なぁインデックス? 俺は誰だと思う?」


インデックス「? とうまお兄ちゃん。お兄ちゃんはお兄ちゃんなのだ」


上条「………」


インデックス「それよりお兄ちゃん、遊びたいぞ!! 外で遊ぶのだ!!」


上条「お、おいまてよインデックス!!」
3: 1 2013/05/19(日) 00:48:54.74 ID:hGLS844Yo
---近所の公園---


インデックス「お兄ちゃん遅いぞー。遊びたいのに……」


上条「はぁ……はぁ……。き、急に走り出すから……」


「あれ? あんたは……」


上条「げ、ビリビリ」


御坂「誰がビリビリですってー?」





インデックス「あー!! うんこ短髪!! お兄ちゃんから離れろー!!」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/19(日) 01:02:13.12 ID:RR2PsdSio
これは…アイツか…
9: 1 2013/05/19(日) 14:11:34.93 ID:li7bOacEo
御坂「あ、あんた……う、う……ンコって……」


インデックス「なんだー? うんこ短髪にうんこと言って何が悪いのだー?」


上条「お、おいインデックス……。御坂、この通りインデックスがこんなんでおかしいんだ。何か知らないか……?」


御坂「え、えっと……。わからないわ。しかも、現れて急にこんなこと言われるのは心外なんですけど……」


インデックス「うっさいうんこ!! お兄ちゃんは私ももんだうんこ短髪!!」


上条「インデックス抱きつくなよ! ほらあの御坂さん? なんでそんなにビリビリと帯電してるんですかって、急に電気をうつなよぉぉぉ!!」





御坂「うっさいバーカ!! あんたはそうやってそいつの世話をしとけばいいのよバカー!!」
10: 1 2013/05/19(日) 14:20:28.66 ID:u2nvenLAo
上条「……」


インデックス「お兄ちゃ~ん」


上条(こ、これはヤバイ。インデックスが素直なだけで珍しいのに、こんなに笑顔で俺に抱きついてくるのは……)




「インデックスからはなれなさい。上条当麻。」



上条「か、神裂!?」



神裂「彼女がそうなっているのは、どうやら土御門のせいらしいのです。つまり、貴方の右手をあてれば、彼女はもとに戻ります。」


上条「神裂の足元でぼろ雑巾になってる土御門は気になるが、確かに、インデックスは常に俺の左手を持って行動していた。ということは……」



上条「この右手をあてれば、インデックスはもとに戻るのか……」

















上条(あれ? インデックスもとに戻したらたくさん御飯食うし、噛みついてくるけど、今の状態なら、少し人より多く食べるくらいだし、こうやってなついてるし……)




上条(戻す意味、なくね?)
11: 1 2013/05/19(日) 14:27:34.95 ID:u2nvenLAo
上条(……名残惜しいが、インデックスのためだ。)



上条「いくぞ。」


インデックス「? お兄ちゃ----」















インデックス「……あの、か、上条さん……? どうしたんですか……?」


上条「!?」
神裂「!?」
12: 1 2013/05/19(日) 14:31:42.25 ID:bQ0ESd+xo
インデックス「あ、あれ? 私何を……。あ、神裂さん。来ていたんですね。」


上条(あ、あれれー? なんでインデックス元に戻ってないのかな~? 俺ちゃんと右手出してインデックスの手を握ったよね~?)


神裂「え? えぇ……。少しの間だけですが……」


インデックス「なら、私の手料理を食べてくださいよ!! 少しだけですけど、作れるんですよ?」



上条「え?」


神裂「て、手料理ですか……」



インデックス「とりあえず、スーパーに行きましょう。たしか、そろそろ半額の時間ですよ?」






上条(妹系から、お節介やきお姉さん系になった……)
15: 1 2013/05/19(日) 21:48:23.49 ID:YI5zDIbdo
インデックス「あ、ご、ごめんなさい。迷惑なら、いいんですけど……」


神裂「い、いえ。私としてはうれしいです。今までそんな機会なかったので……」


上条(お姉さんかと思えば、内気なのか……?)



インデックス「では、スーパーに行きましょう。たしかこの道をまっすぐいけば……」


上条「あ、おい。そっちは違うよ。そっちにいくと、家に戻っちゃうし。」


インデックス「あ、あれー? 違ったかな……ごめんなさい。えへへ」


上条「で、こっちが近道なんだけど、足元で気を付けて」


神裂「足元を気を付けるとは……?」


インデックス「え……」











インデックス「」
16: 1 2013/05/19(日) 21:53:46.21 ID:YI5zDIbdo
神裂「どうしました? インデックス」


インデックス「」


上条「だめだ。気絶してる。」


神裂「なぜでしょう。足元は、ガラス張りなだけですが……」


上条「もしかして、高所恐怖症……なのか?」


神裂「ええ。多分。彼女はインデックスですが、何故かインデックスではありません。例えるなら、人格はインデックスではなく、全くの別人であると。今回は、その人格が高所恐怖症だったのでしょう。申し訳ありませんが、私はそろそろいかないといけません。」


上条「そうか、悪かったな。ボロボロの土御門はごみ処理しといてくれ。」














上条「さて、インデックス連れて帰るか。」
17: 1 2013/05/19(日) 22:24:50.10 ID:YI5zDIbdo
インデックス「……あれ? ここは……」


上条「あ、起きたか。」


インデックス「私なんで……ッご、ごめんなさい!!」


上条「いや、いいんだ。それより、お粥作ったんだけど、いるかな……?」


インデックス「あ、ありがとうございます。私、高いところ苦手で……」


上条「ごめんね。俺がそんなこと言っちゃったから、変に緊張してしまったよね。」


インデックス「私、御飯作れてないし、こうやって介抱してもらってるし、いつも上条さんのお世話になりっぱなしです。」


上条「え? いつもってことは、記憶はあるの?」


インデックス「はい。私の性格、というか人格が変わっただけで、基盤となるものは変わっていません。けど、この私になるのは、もうこれで最後だと思います。」


上条「なぁ、なんでそんなことになったんだ?」


インデックス「それは、サテンさんと言う人の能力だと思います。」


上条「そうなのか。……俺がもう一回右手で触れば、大丈夫なのか? もとに戻るのか?」


インデックス「はい。だから、お別れです。」











インデックス「さようなら、私の大好きな上条さん。」






その後、インデックスは元に戻った。
それからは人格は入れ替わることはなかったが、もう一度、もう一度だけでも、彼女たちに会って、話をしたいな………




終わり
18: 1 2013/05/19(日) 22:25:33.25 ID:YI5zDIbdo
終わりです
稚拙な文章に付き合っていただき、ありがとうございました。
19: 1 2013/05/19(日) 22:28:53.64 ID:YI5zDIbdo
ちなみに、入れ替わったのは、はがないのマリアと、ヤマノススメの雪村あおいでした。

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ