FC2ブログ

清太「節子、兄ちゃんな」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 22:50:54 ID:3Wy0xIRo
清太「こいさんに特攻かけたろ思てんねん」

節子「とっこー?」

清太「せや。この家もうじき出ていくさかい、やぶれかぶれや」

節子「でも特攻いうたら、兄ちゃん死んでまうやん」

清太「死にやせんて」

節子「嘘や。お姉ちゃんゲキチンしたかて、兄ちゃんも玉砕しはるんやろ?」

清太「やっぱり、あかんやろか……」

節子「当たり前や。兄ちゃんおらんようになったら、うち、どないしたらええねん。嫌や嫌や嫌や!」

清太「節子泣かんと!」

節子「特攻あかん、特攻あかん、特攻行かんといて兄ちゃん!」

清太「分かった分かった、特攻せんよってに、もうおやすみ」

節子「うん。特攻したらあかんで兄ちゃん」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 22:52:48 ID:3Wy0xIRo


─翌朝─


西宮のおばさん「清太さん」

清太「はいっ!」

おばさん「節ちゃんから聞いたんやけどな。何やあんた、こいさんに特攻かける言うてたそうやないの」

清太「えっ……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:00:56 ID:3Wy0xIRo
おばさん「そんならそれであんた、何で早う言うてくれはらへんの!」

清太「はぁ?」

おばさん「こいさんも言うてましたんよ。『清太さんがそのつもりやったら、いつでも特攻かけてきてよろし』て」

清太「」

おばさん「でもまだあんたもこいさんも若いし、今は戦時下やよってに、すぐに祝言上げるわけにはいきませんよ。それは分かっておいでやろね?」

清太「いえ、あの、僕は、ほんとすみませんでした、冗談のつもりで口から出まかせ言うたつもりやったn」

おばさん「とにかく、うちの婿はんになる人が一日中ぶらぶらしとってはあきまへんよ! 通りません! すぐにでも勤労動員に行ってもらわな」

節子「よかったなぁ、兄ちゃん」

清太「節子お前なんちゅうことを……」

おばさん「節ちゃんは私がしっかり面倒見るさかい、心配あらへんよ」



こうして僕らは、そのままおばさんの家に居続けることになった。僕はこいさんが働いている工場に動員に出て、帰りは毎日一緒になった。

節子は僕が日中に家を空けるのを寂しがったが、すぐに慣れてくれた。
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:05:06 ID:3Wy0xIRo
─8月15日─


ラジオ「……非常ノ措置ヲ以テ時局ヲ収拾セント欲シ……」

清太「……」

節子「兄ちゃんどないしはったん?」

ラジオ「……堪ヘ難キヲ堪へ忍ビ難キヲ忍ビ以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カント……」

清太「うううっ…… お父ちゃんのアホ!」

節子「兄ちゃんキイキ痛いの? お姉ちゃん、兄ちゃん早うお医者行って注射してもらわんとあかんね」

こいさん「そうやね節ちゃん! でも今は、今は辛抱しとってね!……」

清太「連合艦隊は…… 連合艦隊は何やっとったんや!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:07:51 ID:3Wy0xIRo
戦争は終わった。お父ちゃんの戦死を知ったのはずっと後だった。

本当のみなしごになってしまった僕は、生きていくために必死で働いた。

僕が節子を食べさせていかな。そういう思いだけが僕の支えだった。

幸い、お母ちゃんの残してくれた貯金もあったし、一番辛いひもじい時期を、何とか乗り越えることができた。

歳月は流れ、僕は働きながら夜学を卒業して就職した。節子は中学生になった。
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:10:12 ID:3Wy0xIRo

─結婚式の前日─


清太「節子。ちいと兄ちゃんにつきあってんか」

節子「どこへ行くん?」

清太「裏の池の方や。横穴あるやろ」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:12:15 ID:3Wy0xIRo

─横穴の前─


節子「ここ、昔はよう遊びに来てんけど……」

節子「今来てみると、辛気臭くてかなわんわ。じめじめして、蚊がいっぱいおって」

節子「食用蛙がうるさいし……」

節子「兄ちゃんどこへ行ったんやろ。『ええもん買うてくる』言うたまま飛び出して行きよって。昔からずっとそうや」

清太「節子お待たせ!」

節子「兄ちゃんどこ行ってたん?」

清太「ほら、アイスクリーム買うてきたんや。美味いでぇ!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:18:25 ID:3Wy0xIRo

────────────────────────────────────


節子「おいしなぁ。戦争中のこと考えると、ほんま夢みたいや」

清太「よう覚えてるんやな。節子アイスクリーム好きやったし。天ぷらや御作り食べたい言うて、兄ちゃん困らせたやないか」

節子「ほんまに、すんませんでした」

清太「でも、節子大きゅうなってよかったわ。……ほんまは、ここにお母ちゃんがおったらええねやけど」

節子「それはやめよ」

清太「せやな……」

節子「ここ…… なんか気味悪いわ。お化け出てきそうやわ」

清太「ほんまにお化けおるかもしれへんで」

節子「嫌や怖い」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:21:35 ID:3Wy0xIRo
清太「節子。あのな」

節子「何や兄ちゃん、急に真面目な顔なって」

清太「兄ちゃんな…… もしあの日、おばさんの家を出とったら」

節子「出とったら……?」

清太「節子と二人でここに住もう思てたんや」

節子「!」

清太「せやから、もうやぶれかぶれになって、こいさんに特攻かけよ思て」

節子「」

清太「節子? 覚えてへんやろ」

節子「……うん。何や兄ちゃんがおっとろしい顔しとったんは覚えてるねんけど」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:25:32 ID:3Wy0xIRo
清太「そんな怖い顔しとったか」

節子「うん。でも兄ちゃんと一緒なら、怖ない思てた」

清太「すまんかったな。節子小さいのに、えらい心配かけてしもうて」

節子「ええやん。済んだことやし。それより、明日はほんとうにお姉ちゃんに特攻かけんねやろ?」

清太「そうやな…… ってお前また何言うてんねん」

節子「あんじょうやらんとな、兄ちゃん」

清太「節子にそない言われるとは思わんかったわ!」

節子「ははは!」

清太「ははは!」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:27:41 ID:3Wy0xIRo
節子(兄ちゃんほんまはお姉ちゃんのこと、ずぅぅーーっと好きやったんやろ? それをいきなり『特攻する』言うねやから、うち、ほんまびっくりしたわ)

清太(お父ちゃんお母ちゃん。いつも僕らを見守ってくれてありがとうございます。僕らは何もしてあげられんけど、これからも、見守っていてください)


おしまい
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/05(土) 23:30:39 ID:5L/0uHhQ

良い話だった
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/07/06(日) 00:18:19 ID:4/msQ/e.
どうしてこうならなかった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ