FC2ブログ
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:32:41 ID:NRBk8Zt6
モロ「黙れ小僧!」

モロ「お前にあの娘の性欲が満たせるのか?」

モロ「山犬に犯されるために、自ら身を投げてよこしたのが女騎士だ」

モロ「人間では満足できず、山犬でも満足できぬ、哀れで醜い我が娘だ……」

モロ「お前に女騎士が救えるかッ!?」

アシタカ「わからぬ、だが共にイくことはできる」

モロ「小僧、お前には聞こえまい」

モロ「女騎士に食い漁られる森の悲鳴が……」



ショウジョウ「ウワアアアアアアアアアアアア!!」

ショウジョウ「森ノ終ワリダアアアアアアア!!」

女騎士「何を言う、森の為に戦った者へのコレがショウジョウの礼儀か?」パンパン

ショウジョウ「オ前ノセイデコノ森終ワリダ!!」どぴゅっ

ショウジョウ「オ前破滅ツレテキタ!!」びゅるるるる
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:34:24 ID:NRBk8Zt6
(注)以前VIPに投下したSSを加筆修正したものです



~少し前~

アシタカ「我が名はアシタカ、東の果てよりこの地へ来た!」

アシタカ「そなたたちはシシ神の森に住むと聞く古い神か?」

女騎士「んほおおおおおおおおおおおおおっ!!」

アシタカ「ッ!?」

山犬「いきなり何叫んで……ちょ、どこに行く気だ!?」

女騎士「止めるな、そこのイケメンを貰い受ける!!」

山犬「黙れ、帰るぞ!!」

甲六「」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:37:12 ID:NRBk8Zt6
コダマ「……」カタカタカタカタカタ

アシタカ「コダマ?」

アシタカ「ここにもコダマがいるのか」

甲六「ひいっ!」

アシタカ「静かに、好きにさせておけば悪さは無しない」

甲六「悪さって……?」

アシタカ「尻や女子の秘所に首を突っ込んでくる」

甲六「っ!?」

アシタカ「森が豊かな徴だ」

甲六「こ、こいつらシシ神を呼ぶんだ!」

アシタカ「シシ神?大きな山犬か?」

六甲「違う、もっとおっかねえバケモノの親玉だ」

甲六「まあおっかねえというか、何というか……」

アシタカ「?」

アシタカ「まあいいい、ヤックルが平気でいる、危険なものは近くにいない」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:39:33 ID:NRBk8Zt6
甲六「旦那すげえや!タタラに着いた!」

アシタカ「まるで城だな」

甲六「エボシ様の大タタラでさあ」

甲六「おーい、俺だ!牛飼いの甲六だー!!」

トキ「甲六、生きとったんか」

甲六「おトキ……」

トキ「心配ばっかかけやがって」

トキ「いっそ山犬の姫に食われちまえばよかったんだ!」

トキ「そうすりゃあたしはもっといい男をみつけて……」

アシタカ「……」

トキ「ありがとう、あんな亭主でも助けてくれて嬉しいよ……///」

甲六「ちょっとおトキさん!?」

アシタカ「よかった、連れてきてはいけなかったのかと心配してしまった」

トキ「え?」

トキ「……っはっはっはっはっは!!」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:42:05 ID:NRBk8Zt6
トキ「へえ、いい男じゃないか」

トキ「ちょっと顔を見せておくれよ///」

エボシ「……ッ!!」

エボシ「ゴンザ、後で礼を言いたい///」

エボシ「客人を案内しなさい///」

ゴンザ「」


町娘A「え、どのヒト?」

町娘B「あのヒト」

町娘C「本当、トキの言ったとおりじゃん」

町娘D「うほっ、いい男」

町娘E「ちょっと若すぎる」

町娘F「年なんか平気な癖に」

エボシ「……///」

アシタカ「?」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:44:11 ID:NRBk8Zt6
エボシ「アシタカとやら、またしてすまぬな」

エボシ「そなたを侍どもかもののけの手先と疑う者がいるのだ」

エボシ「旅のワケを聞かせてくれぬか?」

アシタカ「……」ゴロリ

毒つぶて「」ヴヴヴヴヴヴヴヴ

エボシ「!?」

アシタカ「このつぶてに覚えがあるハズ」

アシタカ「巨大な猪神の尻を貫き精神を腐らせ、タタリ神にしたつぶてです」

アシタカ「この痣はその猪にトドメを挿したときに受けたモノ」ボロン

エボシ「やだおっきい///」

アシタカ「テクノブレイクに至る呪いです」

エボシ「……そのつぶての秘密を知ってなんとする」

アシタカ「曇りなきま○こを見定め、決める」

エボシ「わかった、私の秘密を見せよう……///」

ゴンザ「」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:46:08 ID:NRBk8Zt6
病者「ちょうど組み上がったところですよ」ヴヴヴヴヴ

エボシ「まだちょっと重いな」

病者「そのように軽々と持たれて」

エボシ「私だけが使うのではない、ここの女たちに持たせるのだ」

エボシ「この者たちが考案した新しい張子だ」ヴヴヴヴヴ

アシタカ「あなたは山の神の森を奪いタタリ神にしても飽き足らず」

アシタカ「その張子で更に新たな恨みと呪いを生み出すというのか!」

エボシ「そなたには気の毒だった」

エボシ「あのつぶて、確かに私が放ったもの」

エボシ「愚かな猪め、犯すなら私を犯せばよいものを」

アシタカ「ッ!?」ビンビン

アシタカ「くっ!!」ガシッ

エボシ「そのイチモツは私を犯そうとしているのか?」

アシタカ「呪いが消えるのなら私もそうしよう、だがこのイチモツそれだけでは止まらぬ」ビンビン

エボシ「ここの者すべてを犯すまで鎮まらぬか……///」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:48:08 ID:NRBk8Zt6
エボシ「アシタカ、ここに留まりチカラを尽くさぬか?」

アシタカ「なたはシシ神の後ろの処女まで奪うつもりか」

エボシ「古い神がいなくなれば、もののけたちもただの獣になろう」

エボシ「森に光が入り山犬どもが鎮まればここは豊かな国になる」

エボシ「女騎士も正気に戻ろう」

アシタカ「女騎士……」

エボシ「イヌち○ぽに心を奪われた哀れな娘だ」

エボシ「ここの男どもを狙い続けている」

病者「エボシ様、首尾はいかがでしょうか?」

エボシ「上出来だ」ヴヴヴヴヴヴヴヴ

エボシ「が、やはりちょっと重いな」ヴヴヴヴヴヴヴヴヴ

病者「恐や恐や」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:50:12 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「……くる」

女騎士「ぬほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!!!」

町民「女騎士!」

町民「女騎士だ!!」

女騎士「みつけたぞ昼間のイケメンんんんんんんんんんんんっ!!!」

アシタカ「やめろ、そなたとはヤりたくない」

女騎士「」

エボシ「女騎士、聞こえるか?」

エボシ「私ならここにいるぞ!」

アシタカ「!?」

エボシ「お前が一族の仇を討とうというのなら」

エボシ「こちらにも貴様に寝取られた夫の無念を晴らそうと心に決めた者がいる」

キヨ「出ておいで、今夜こそケリをつけてやる!」ヴヴヴヴヴヴヴヴ
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:52:07 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「山犬の姫、森へ帰れ!」

女騎士「そんな……酷い」フラッ

ゴンザ「やった、落ちるぞ!」

エボシ「動くな、首だけになってもしゃぶりついてくるのが女騎士だ」

エボシ「落ちた所を狙いな」

キヨ「はい」ヴヴヴヴヴヴヴヴ

アシタカ「……退いてくれ」

エボシ「何の真似だ、アシタカ?」

アシタカ「この娘の命、私が貰う」

エボシ「そのビッチを嫁にでもする気か?」

アシタカ「そなたの中には夜叉がいる、この娘の中にもだ」

アシタカ「みんな見ろ!」ボロン

エボシ「……///」

女騎士「……///」

アシタカ「これが身の内に巣食う肉欲の姿だ!」ビンビン
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:54:12 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「婦女子を腐らせ、テクノブレイクを呼び寄せる呪いだ!」ビンビン

アシタカ「これ以上肉欲に身を委ねるな!!」ビンビン

エボシ「賢しらに巨大なイチモツを見せびらかすな!」

エボシ「そのナニ、吸い尽くしてくれる!!」くぱあ

アシタカ「フンッ!!」ズポオ

エボシ「ぬほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」ビクンビクン

女騎士「そんな、この私が先を越された!?」ガーーーン

アシタカ「誰か、手を貸してくれ」パンパン

エボシ「あひい……」アヘアヘ

アシタカ「心配するな、じきに正気に戻る」

女騎士「じゃ、じゃあ次こそ私だな!!」ワクワク

アシタカ「この娘、私が貰い受ける!!」

キヨ「お待ち、逃がしやしないよ!!」

キヨ「よくもエボシ様を……ッ!」ヴヴヴヴヴヴ

トキ「キヨ、止めな」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:56:30 ID:NRBk8Zt6
キヨ「ひっ!」グッ

パーーーーーーン!!

アシタカ「」ズポッ

ゴンザ「尻に挿入ったまま歩いとる……」

門番「旦那、ここは通れねえ」

門番「許しが無ければ門は開けられねえんだ、どうかお戻りを」

アシタカ「私は自分でここへきた、自分の足でここを出ていく」

門番「無理です、十人かかって開ける扉です!!」

アシタカ「フンッ!!」びゅるるるるるるるるる

門「ぬほおおおおおおおおおおおっ!!!」くぱあ

門番「動いた!?」

山犬「いや、ないわ」

門番「え?」

門番「……山犬だあああああああああああああっ!?」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 18:58:37 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「やめろ、そなたたちの姫は無事だ」

山犬「あ、はい、いつもご迷惑おかけします」

女騎士「何を言う、私はかける側ではなくかけられる側だぞ」

山犬「それ迷惑以外のモノのことだよね?」

アシタカ「今そっちへいく、ヤックル行こう」

ヤックル「俺もうこの仕事辞めたい」

アシタカ「世話になった!」


門番「いってしまわれた」

門番「……この大量の精液どう処理すりゃいいんだ?」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:00:03 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「う……」ガクッ

女騎士「お前、撃ち過ぎたのか?」

アシタカ「……」シナッ

女騎士「勃たぬのか……」

女騎士「なぜ私の邪魔をした、回復する前に答えろ」

アシタカ「……そなたを性病にしたくなかった」

女騎士「性病など怖いもんか!」

女騎士「アヘるためなら命などいらぬ!!」

アシタカ「分かっている、最初に会った時から」

女騎士「余計な邪魔をしてインポになるのはお前の方だ!」

女騎士「その玉しゃぶりつくして二度と使えぬようにしてやる!!」

アシタカ「生きろ」

女騎士「まだいうか!」

アシタカ「そなたは美しい」

女騎士「なっ……///」
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:02:10 ID:NRBk8Zt6
コツン

女騎士「……ショウジョウたち」

ショウジョウ「ソノニンゲンヨコセ」

ショウジョウ「オレタチニンゲン食ウ」くぱあ

女騎士「ッ!?」

ショウジョウ「ソノニンゲン食ワセロ」くぱあ

アシタカ「」

女騎士「森の賢者と讃えられるあなたたちがなぜ人間など食おうというのかッ!?」

ショウジョウ「ニンゲン食ウ」くぱあ

ショウジョウ「ニンゲンノ子種モラウ」くぱあくぱあ

アシタカ「」

女騎士「人間を食べても人間の力は手に入らないッ!」

女騎士「あなたたちの血が穢れるだけだッ!!」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:04:22 ID:NRBk8Zt6
ショウジョウ「ニンゲントヤリタイ」くぱあ

女騎士「私たちにはシシ神様がついてる、諦めないでサル同士でヤって!!」

ショウジョウ「山犬ノ姫ヘイキ、淫乱ダカラ」

山犬「無礼なサルめ!!」

ショウジョウ「ウワアアアアア!」ダッ

山犬「……いや、言ってることは間違っては無かったよな、うん」

女騎士「お前たち先に帰りな」

女騎士「この人間の始末は私がする……///」

山犬「……あいつは?」

ヤックル「お暇を貰いに来ました」

女騎士「掘っちゃダメ」

ヤックル「ッ!?」ビクッ

山犬「いやいやいや!!そんなことしないよ!?」

女騎士「おいで、仲直りをしよう」くぱあ

ヤックル「どうしてこうなった」ドンビキ
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:06:07 ID:NRBk8Zt6
女騎士「お前は賢いね、この島には上がらないほうがいい」

ヤックル「お前に近づきたくないだけだよ」

女騎士「……人間臭い」クンクン

ヤックル「どこの臭い嗅いで言ってるんですかね?」

女騎士「好きなところヘ行き、好きに生きな」

ヤックル「それができたらこんな苦労してないよ!」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:08:02 ID:NRBk8Zt6
でいだらぼっち「……」くぱあくぱあ

ジコ坊「出た、でいだらぼっちだ!」

ジコ坊「何をしとる、早く見んか?」

狩人「あんなもの見たら目が潰れるわい!!」

ジコ坊「でいだらぼっちはシシ神の夜の姿だ、今に昼の姿に変わる」

シシ神「……」

アシタカ「」

シシ神「……」トットットッ

シシ神「……」パクッ

アシタカ「ッ!?」ビクッ

シシ神「……」チュポッチュポッ

アシタカ「」ビンビン
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:10:02 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「……朝勃ちしている」ビンビン

ヤックル「ゆうべはおたのしみでしたね」

女騎士「目が覚めたらヤックルに礼をいいな、ずっとお前を守っていたんだ」

ヤックル「この女、隙あらば旦那に乗っかろうと……」

アシタカ「どうしてヤックルの名を?」

ヤックル「話聞けよ」

女騎士「シシ神様がお前をイかせた、だから助ける」

アシタカ「不思議な夢を見た……金色の鹿だった」

女騎士「さてと」モグモグ

女騎士「食べろ……///」チュッ

アシタカ「なぜ最初から口移s

女騎士「あふっ……んっ……///」レロレロチュパチュパ

アシタカ「」

ヤックル「うわあ……」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:12:02 ID:NRBk8Zt6
~そして現在~

女騎士「お母さん、ここでお別れです」

女騎士「私、おっことぬし様の肉奴隷になりに行きます」

モロ「それでいいよ」

モロ「お前にはあの若者と生きる道もあるのだが……」

女騎士「ヒトチ○ポは嫌い」

モロ「お前たちは女騎士とお行き」

山犬「え?」

モロ「私はシシ神の側にいよう」

山犬「ちょ、母さん!?」

女騎士「イこう!」ズポオ

山犬「ぬわあああああああああああああああ!?」びゅるるるる

女騎士「おイき、山犬の血を途絶えさせちゃダメ!」パンパン

山犬「」どぴゅっ
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:14:06 ID:NRBk8Zt6
女騎士「おっことぬし様、様子がおかしいの」パンパン

おっことぬし「あ……あああ……!?」どぴゅっ

女騎士「もうちょっとだから頑張って!」パンパン

おっことぬし「黄泉の国から戦士たちが帰ってきた……」どぴゅっ

女騎士「おっことぬし様落ち着いて、死者は蘇ったりしない!」パンパン

おっことぬし「」どぴゅ

モロ「言葉まで無くしたか」

アシタカ「おっことぬしよ、鎮まりたまえ!」

アシタカ「山犬の姫を返してくれ、女騎士はどこだ?」

女騎士「アシタカ……」パンパン

おっことぬし「」どぴゅっ
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:16:14 ID:NRBk8Zt6
シシ神「……」

ジコ坊「でたああああああああっ!?」

シシ神「……」パクッ

おっことぬし「」

シシ神「……」ジュポッジュポッ

おっことぬし「」びゅるるるる

ジコ坊「なんと、シシ神が命を吸い取るのか!」

シシ神「……」ビンビン

女騎士「これがシシ神さまの……///」

ジコ坊「いかん、でいだらぼっちになるぞ!!」

エボシ「みな良く見届けよ、神殺しがいかなるものか!」チャキッ

女騎士「止めろおおおおおおっ!!」

パーーーーン
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:18:17 ID:NRBk8Zt6
||||  <ブチッ
ωつ


シシ神「」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:20:05 ID:NRBk8Zt6
エボシ「ジコ坊、竿桶を持ってこい」

担ぎ手「うわああああああああっ!?」びゅるるるるっ

ジコ坊「シシ神の体に触れるな、精を吸い取られるぞ!」

エボシ「受け取れ、約束のナニだ」

モロ「……ッ!!」ペロペロチュポン

エボシ「ふあっ……///」ビクンッ

エボシ「モロめ……舌だけでイかしおった!」

でいだらぼっち「」くぱあくぱあ

ジコ坊「やばいぞやばいぞ、急げほら急げって!!!」

女騎士「そいつを寄こせ!百合百合にしてやる!!」

アシタカ「モロが仇を討った、もう罰は受けている」

でいだらぼっち「」くぱあくぱあ

アシタカ「ナニを探している……ここも危ない」

アシタカ「女騎士、チカラを貸してくれ」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:22:09 ID:NRBk8Zt6
竿桶「」ガタガタガタ

ジコ坊「!?」

竿桶「」びゅるるるる

ジコ坊「ナニが動いとる……」

アシタカ「そのナニ、待て!」

ジコ坊「おお、お主も生きとったか」

アシタカ「ナニをシシ神に返します」

女騎士「私も欲しいぞ」

ジコ坊「バカを言うな!」

ジコ坊「見ろ、精液を吸い過ぎて膨らんだ鈍間な死神だ!」

ジコ坊「な、天地の間にあるモノ全てを欲するはヒトの業というものだ」ボロン

アシタカ「あなたを犯したくはない」ビンビン

女騎士「アシタカの……おっことぬし様のよりすごい///」

ジコ坊「へへっ、参ったな」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:24:03 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「桶を開けろ!」

ジコ坊「ええい、どうなっても知らんぞ!」カパッ

シシ竿「」びゅるるるるるる

アシタカ「シシ神よ、ナニをお返しする!」

女騎士「ちょっとまって、その前に……」

女騎士「んほおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!!」ビクン

女騎士「シシ神ち○ぽしゅごいのおおおおおおおおおおおおっ!!」ビクンビクン

女騎士「子宮の奥までずんずんきてりゅのおおおおおおひぎいいいいいいいっ!!」ビクンビクン

女騎士「こんなの初めて!!特濃シシ汁で妊娠確実!!」アヘアヘ

アシタカ「満足か?」

女騎士「ああ」

アシタカ「シシ神よ、鎮まりたまえ!」

でいだらぼっち「」くぱあくぱあ

ジコ坊「くるぞくるぞくるぞ!?」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 19:26:29 ID:NRBk8Zt6
アシタカ「女騎士、見てごらん」

女騎士「蘇っても、ここはもうシシ神の森じゃない」

女騎士「シシ神様は……あの極上ち○ぽは死んでしまった」

アシタカ「シシ神は死にはしないよ、性欲そのものだから」

アシタカ「ち○ぽとま○こ、二つとももっているもの」

アシタカ「私にイけと言ってくれた」ビンビン

女騎士「そんな、更におっきく!?」

女騎士「……アシタカは好きだ」

女騎士「でも獣姦を辞めることはできない」

アシタカ「それでもいい、女騎士は森で、私はタタラ場で暮らそう」

アシタカ「共にイこう」

アシタカ「会いに行くよ、ヤックルとヤった後で」


ジコ坊「いや参った参った」

ジコ坊「バカには勝てん」

(おわり)
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 20:01:42 ID:Xzj/OcPk
うまいこと締めたなww
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/19(水) 20:02:22 ID:WwJxmbIg
乙 でいだらぼっちよりでいだらビッチのほうがよかったんじゃないですかねえ(白目)
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/20(木) 20:48:18 ID:e1PpEP5g
酷すぎワロス
あとヤックルは女の子なんやで……

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2018年11月24日

    タイトルだけかと思ったが意外と面白かったぜ

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ