FC2ブログ

サン「人間は嫌いだ」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 06:12:30 ID:X/aOUQG2
サン「食らええええ!」ズダダダダダダダダダダ

ゴンザ「ひゃあああああ!」

アシタカ「マシンガンなんかどこで……」
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 06:14:26 ID:X/aOUQG2
ゴンザ「エボシ様!ひとしきりぶっ放して逃げていきますぜ!」

サン「また来るからなあ!」ブォンブォン,ブロロロロロ……

アシタカ「この斜面をビッグスクーターで……」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 06:19:45 ID:zIm.TWUg
モロ「首尾はどうなってる」

ショウジョウ「は!ショウジョウ部隊全員に武器が行き渡るまで、もう一息であります!」

モロ「よし、どんどん山を削れ。少しでも多く鉄を作り武器を鍛えるのだ」

ショウジョウ「は!」

コダマ「っ!モロ様!レーダーに侵入者反応!パターン青、人間です!」

モロ「なに……?」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 06:23:30 ID:zIm.TWUg
サン「ああもう、弾のストック忘れるなんて……ん?」モッタイナイカラモッタイナイカラ♪

サン「もしもし母さん?どうしたの?え、人間?この辺に?あ、わかったー。うん、うん、はーい。じゃあとでねー」 ピッ

サン「めんどくさいなあ……」ブロロロロロ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 06:27:22 ID:fCVxOWcM
アシタカ「確かこっちのほうに……もののけの姫は」

ブロロロロロ……

アシタカ「しかしもののけの姫って言っときながらもののけ感0だったな……マシンガン持ってるし……ビッグスクーター乗ってるし……」

ブロロロロロロロロロロ……

アシタカ「……ん?」

ブロロロロロ……

サン「っらぁ!」ブロロロロロバキャァァァァァアッ!

アシタカ「ぎゃあああああ!!」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:30:34 ID:mvkoYFUo
~~~~~

アシタカ「ん、ん……ここは……」

サン「お、起きた」

アシタカ「……」

アシタカ「生きろ……」

サン「いや生きてますけど」

アシタカ「そなたは美しい……」

サン「そりゃ色々美容には気をつけてますから。年ごろの女だし」

アシタカ「……」

アシタカ「……そうか」

サン「あんた何しにきたの?」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:34:37 ID:R/.2Bn2c
アシタカ「……はっ!ヤックル!ヤックルはどこに……」

サン「ヤックル?」

アシタカ「私と一緒にいた……」

サン「ああ、あの鹿みたいなやつ?はい」スッ

アシタカ「……なんだこれは」

サン「ヤックル」

アシタカ「……ビーフシチューにしか見えんが」

サン「うん。得意なんだビーフシチュー」

アシタカ「……」

アシタカ「ヤックルー!!」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:35:42 ID:ZjTcFTAs
鹿なのにビーフ……
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:44:12 ID:mv5bGrcs
サン「……ふーん……腕を祟り神に、ねえ……」モグモグ

アシタカ「ああ……だから呪いを解ければ、とこの地に……」モグモグ

サン「ふーん……その呪いが全身に回ったら死んじゃうのか」モグモグ

アシタカ「ああ……今は腕だけだがな……」モグモグ

サン「……鹿の肉っていまいちね。固いしちょっと臭い」モグモグ

アシタカ「……ヤックル……」グスン
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:46:59 ID:mv5bGrcs
サン「……多分治せるよ、それ」モグモグ

アシタカ「ヤックルは私の……へ?」

サン「その腕。多分治せるよ」

アシタカ「ほ、本当か!?」

サン「うん。ようは腕の痣が全身に回らなきゃいいんでしょ?」

アシタカ「あ、ああ!」

サン「なら多分大丈夫」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:48:19 ID:tnelucVA
嫌な予感……
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:50:45 ID:mv5bGrcs
次の日

アシタカ「で、だ」

サン「うん。手術は成功だよ。おめでとう」

アシタカ「……ああ。それはいいんだが」

サン「?」

アシタカ「腕が、ないんだが」

サン「うん」

アシタカ「……俺の腕ー!!」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:53:39 ID:CxfmqDn2
サン「これで呪いが全身に回ることはないね」

アシタカ「だけどさぁ!あのさぁ!」

サン「キャラ変わってきたねあんた」

アシタカ「ああ……俺の腕が……せめて最後に一目会わせてくれ……」

サン「腕に?はい」スッ

アシタカ「……ハヤシライス?」

サン「得意なんだハヤシライス」

アシタカ「俺の腕ー!!」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 18:58:30 ID:k27ffhic
アシタカ「ていうか大丈夫なのか、祟られてた腕食って」モグモグ

サン「ちゃんと火を通したから大丈夫じゃない?」モグモグ

アシタカ「ていうかそんなに何でも食うなよ……はあ、俺の腕が……」

サン「うーん、やっぱ腕なきゃ不便だよね」

アシタカ「当たり前だろう」

サン「よし、私にまかせて」

アシタカ「……今度はなにをするつもりだ!」

サン「……機械鎧(オートメイル)、って知ってる?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 19:06:43 ID:X/aOUQG2
アシタカ「すげえ!なんだこれ!」

サン「よし、神経接続も問題なし、と。ていうかあんたキャラの原形もないね」

アシタカ「これは驚いた……痛みがないこと以外は完璧にもとの腕のように動く……」

サン「言っとくけどそれ高いからね」

アシタカ「ああ……礼ならいくらでも払おう。ほら、この砂金を」

サン「……全然足らないけど」

アシタカ「なに!?」

サン「全然足らない。消費税分にもならない」

アシタカ「な……」

サン「ならしょうがないよね。体で返してもらおうか」ニヤッ
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 19:11:33 ID:X/aOUQG2
ゴゥン……ゴゥン……ゴゥン……

サン「……」

アシタカ「なあ、私はどこに連れていかれているんだ?」

サン「私たちの本拠地さ」

ゴゥン……ゴゥン……ゴゥン……

アシタカ「……ここはいったい……」

サン「ジオフロントだよ。更に降りたセントラルドグマってとこにあんたを連れていく」

アシタカ「……わけわからん」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 19:19:18 ID:3D.NlNME
プシュ
ウィーン

サン「母さん、人間を連れてきたよ」

アシタカ「……」

モロ「ああ、御苦労様サン。休んでいいよ」

モロ「さて、人間よ。お前をどうするか、だが……」

アシタカ「腕の恩に報いるため、できる限りのことはするつもりだ」

モロ「ふむ……と、言っても人間になにが出来るとも思わん。しばらくはショウジョウ達の雑用でもしてもらおうか」

アシタカ「了解した」

モロ(……)
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 20:21:41 ID:rSH2Jk02
ショウジョウ「おう、新入りってのはおめえか若えの」

アシタカ「ああ、よろしく頼む」

ショウジョウ「偉そうな奴だな……まあいい、施設を案内するぜ。ついてきな」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 20:26:45 ID:YEb6.usw
カツカツカツ

ショウジョウ「ここが能力開発室だ」

アシタカ「能力開発……?」

ショウジョウ「ああ、見てみな」

白衣ショウジョウ「では開始します。準備はいいですか?」

小ショウジョウ「はい……」

アシタカ「あの小さいショウジョウ……なにか被ってるが……」

ショウジョウ「ああ。あれを使って脳をいじくるのさ」

アシタカ「な、なに!?」

白衣ショウジョウ「スタート」ポチッ

キュィィィィィィン……ビビビビビビビビ

小ショウジョウ「あ、あ……ああああああああ!!」ガクガクガクガク

アシタカ「なっ……!?やめろ!!」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 20:30:48 ID:YEb6.usw
ショウジョウ「大丈夫だよ若えの」

アシタカ「大丈夫なわけがあるか!あんなに苦しんでいるんだぞ!」

小ショウジョウ「ああああああああ!!」ガクガクガクガク

ショウジョウ「あれを受けられるのは耐性と素質のあるショウジョウだけさ。さらにその中で自ら望んだもののみが開発に参加する。あの子は自分から志願したんだよ」

アシタカ「な、なんでそんな……」

ショウジョウ「そりゃあ誰だって力が欲しいからな」

アシタカ「力……?」

ショウジョウ「ああ、ついてきな」
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 20:41:28 ID:WoCNtadU
屋内プール

アシタカ「ここは……」

ショウジョウ「お、始まるぜ。よく見てろよ若えの」

アシタカ「……あのショウジョウは、一体……」

茶髪♀ショウジョウ「……」

ピンッ

茶髪♀ショウジョウ「っ!」

ズガァァアアアアアアアアアアアン!!バリバリバリバリ!!

アシタカ「な……な……」パクパク

白衣ショウジョウ「茶髪♀ショウジョウ、level5です」
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 20:41:59 ID:WoCNtadU

茶髪♀ショウジョウ「っふー。プールの水を緩衝材にしなきゃ測定できないのも、考えものよね」

ショウジョウ「へっ、驚いたか?あれがショウジョウ界が誇る最強無敵の電撃姫だ」

茶髪♀ショウジョウ「ん?ちょっと!何見てんのよあんたたち!」ビリビリ

ショウジョウ「おっとまずい。ずらかるぜ若いの」

アシタカ「あ、ああ……」

茶髪♀ショウジョウ「こらー!待てって言ってんだろごらぁー!バチバチバチバチ」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 20:53:31 ID:mv5bGrcs
アシタカ「っあーびっくりした……」

ショウジョウ「若えのキャラ変わってるぜ。おっと着いたぜ、ここが俺とお前の持ち場だ」

プシュ
ウィーン

ショウジョウ「よう、調子どうだい大将」

乙事主「ああ、おかげさんで」

アシタカ「な……!?」

ショウジョウ「へへ、驚いたか?」

アシタカ「き……」

アシタカ「鉄の、猪……?」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 20:58:51 ID:pZ..swRM
乙事主「見かけは鉄でも、魂は誇り高き猪じゃよ、若いの。ほほほ……」

アシタカ「な、なんだこれは……」

ショウジョウ「お前さんの腕と一緒だよ」

アシタカ「なに?」

乙事主「ワシももう歳での……人間と戦うには些か不安があったものでな」

ショウジョウ「体を機械に入れ換えた、ってわけさ。俺たちゃこの機械の体をゾイドと呼んでる」

アシタカ「ゾイド……?」

ショウジョウ「ああ。お前さんにはこいつや他の猪をゾイド化する仕事をやってもらう。忙しいぜ」

乙事主「優しく頼むよ、若いの」

アシタカ「……」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:02:51 ID:pZ..swRM
数ヶ月後

モロ「首尾はどうだ……」

ショウジョウ「いつでも出れます!」

モロ「よし、総員に伝えろ」

モロ「明日、タタラ場に攻めこむ」

ショウジョウ「はっ!」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:14:51 ID:mvkoYFUo
ショウジョウ「整備は完璧だ。いつでも行けるぜ大将」

乙事主「ああ、感謝するよ……行くぞ!戦士たちよ!!」

プgyyyyyyyyyy!!



茶髪♀ショウジョウ「やっと来たわね……」

白髪ショウジョウ「待ちくたびれたぜェ……クカカッ」

黒髪ツンツンショウジョウ「お前ら、張り切りすぎでショウ条さんに流れ弾はやめてくれよ……?」



サン「……」

アシタカ「……サン」

サン「ん、アシタカじゃん」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:18:15 ID:mvkoYFUo
アシタカ「なんだ?その格好は……」

サン「これ?プラグスーツ。多分あれが必要になるから着とけって母さんが」

アシタカ「あれ?」

ピンポンパンポーン

『ゾイド整備士アシタカ、ゾイド整備士アシタカ、モロ司令が司令室にてお待ちです』

パンポンピンポーン

アシタカ「なんだ?」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:23:06 ID:mvkoYFUo
プシュ
ウィーン

アシタカ「……」

モロ「よく来た人間よ。まあ掛けろ」

アシタカ「ああ」スッ

モロ「さて……お前、私になにか言いたいことがあるんじゃないか?」

アシタカ「なに?」

モロ「お前は義に厚い男だ。こっちから聞いてやらんと言わないだろうと思ってな」

アシタカ「……」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:26:57 ID:kohO.fZc
アシタカ「……なあ、モロ」

モロ「ん?」

アシタカ「おかしいとは、思わないのか……?」

モロ「なにが、だ?」

アシタカ「森と生きるあなたたちが、こんな、科学の技術を使って……びっくりするぐらい使いまくって……人間達と争うなんて……」

モロ「ふむ……科学は人間にのみ使うことが許されると?」

アシタカ「ちがう。だが……なんというか……」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:35:35 ID:6KqfJEZs
モロ「アシタカよ、人間だって自然の力を振るうではないか」

アシタカ「なに?」

モロ「奴らが使う刀や銃は鉄で出来ている。その鉄はどこから来た?」

アシタカ「……」

モロ「鉄を溶かすには火を炊かねばならん。その火はなにを燃やした?やつらは何を食って生きている?」

アシタカ「それは……」

モロ「奴らが自然の力を振るうのに、我らは科学の力を振るってはならんと?そういうことさ」

アシタカ「だが……」

モロ「結局は同じなのだよ。我らも人間も。今さらどうしようもないよ。ここまで来たらあとはどちらが強いかだけだ」

アシタカ「勝負は、目に見えている……」

モロ「だろうな。そのために我らは一致団結し力を蓄えた。もう一時間もすればタタラ場は壊滅。髪の毛一本も残るまいよ」

アシタカ「だったらもう!」

モロ「攻撃をやめろ、と?」

アシタカ「ああ……」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:40:25 ID:6KqfJEZs
モロ「さっきも言ったろう。今さらどうしようもない。かつて我らの同胞が人間にやられたように、今度は人間がやられる。それだけだ」

モロ「それともなにか?お前が今から人間側について戦況をひっくり返すか?ならやってみるといい。私は止めんよ。人間の陣地まで無傷で送り届けてやろう」

アシタカ「……」

モロ「なあ、アシタカよ」


モロ「貴様に人間が救えるか?」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:44:11 ID:QpHsduK2
ビーッ!ビーッ!

コダマ「モロ様!出ました!ダイダラボッチです!」

モロ「やはり来たか……」

アシタカ「なんだ……?」

モロ「シシガミだよ。コダマ、サンに出撃命令を」

コダマ「はっ!」

アシタカ「サンだと?あの子になにをさせようと……」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:50:40 ID:KKOes.Yg
モロ「これだくこ派手にやりあえば、いずれは出てくるだろうと思っていたさ。そのためのあれだ」

アシタカ「あれってなんなんだよ!」

モロ「サン聞こえるか?」

サン『うん。母さん』

モロ「準備はいいな?」

サン「ばっちり」

コダマ「ダイダラボッチ、ジオフロントに接近!」

モロ「我らの最大の的が同じ森のものとはなんとも皮肉じゃないか……たがな、シシガミよ。シシガミの森はもう終わりだ」

モロ「いや、とっくに終わっていたのだよ。お前がニヤニヤしている間にな」

コダマ「システムオールグリーン!行けます!」

モロ「サンゲリオン、発進!!」

サン『行ってきまーす!』

アシタカ「なっ?」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:54:29 ID:KKOes.Yg
ズドォォォォォォ……

アシタカ「あれは……」

モロ「ふむ、ここからでもよく見えるな。あれが我らの科学の粋……」

ダイダラボッチ「……」

サンゲリオン「……」

モロ「人型決戦兵器、サンゲリオンだ」

アシタカ「……」

アシタカは考えるのをやめた
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 21:59:26 ID:KKOes.Yg
全てが終わって

サン「人間は嫌いだ。でもアシタカは……」

サン「……うん」

サン「……微妙」

アシタカ「……」

微妙に完
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/26(日) 22:01:25 ID:KKOes.Yg
以上です

ありがとうございました
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 18:00:06 ID:ycaEn96I
なんという勢いだろう
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/01/28(火) 18:18:08 ID:2XPM9nsw

結構好き
44: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/19(水) 16:33:47 ID:Ddw2WG5A
こういうの好き

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ