FC2ブログ

シノ「津田は小さい方がいいのか?」アリア「大きい方がいいの?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:52:17.57 ID:LKbFZwW70
津田タカトシ「はぁ…」

天草シノ「はぁ…、じゃない!!聞いているんだ!」

タカトシ「あの~、会長と七条先輩は何が小さいとか大きいとか言ってるんです?」

シノ「なっ!///貴様分かっているだろう!」

タカトシ「いや、分からないですね」

シノ「な、なら津田!質問の仕方を変えよう!つ、津田は…その…む、胸は…」

七条さアリア「津田くんはおっぱい小さい方が好きなの?大きい方がいいの?」

アリア「そういうことだよねシノちゃん?」

シノ「む、むぅぅ…」

タカトシ「それ答えなきゃダメですか?」

アリア「うん!教えて欲しいな♡」

タカトシ(なんでだろう、全然ドキドキしない…)

タカトシ「俺は…その…どっちかっていうと…>>5の方が好きですかね…」


注目記事




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:53:45.16 ID:xPrebqAc0
すず
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 00:57:57.02 ID:LKbFZwW70
タカトシ「萩村の方が好きですかね…」

シノ「な、な、な…」

アリア「まさかの告白だね~」

シノ「わわわ私は胸の大きさの話をしたのだ!校内での色恋沙汰は断じて認めん!!ハレンチな話もだ!」

タカトシ「ハレンチな話はそっちから始めましたよね」

シノ「と、とにかくだ…胸を聞いたんだ!小さい方がいいのか大きい方がいいのかを!!」

タカトシ「会長、俺は萩村が好きなんですから必然的に小さい方が好きということになりますよ」

シノ「そうか」ホッ

シノ「ホッとしてる場合じゃない!」

アリア「私振られちゃったよ~」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:05:41.62 ID:LKbFZwW70
シノ「ゴホン!だがいくら萩村が好きといっても生徒会ないでの恋愛は認めんぞ!断じてな!」

タカトシ「分かってますって、校外だけにしますよ」

シノ「うむ、ここでイチャつかれてはこちらの体力がもたんからな」

シノ「ん?」

シノ「津田…お前今なんて言った?」

タカトシ「え?分かりましたって…」

シノ「そのあと!!」

タカトシ「校外だけ…」

シノ「なん…だと…」

シノ「ちょっと待て、校外だけということは校外では萩村とイチャついているのか?」

タカトシ「そんな、俺はまだ萩村とそういう関係にはなってないですよ」

シノ「そうか」ホッ

タカトシ「まぁ、今日辺りに告白しようかなと思ってましたが」

シノ「!?」

アリア「まぁ!」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:11:31.21 ID:LKbFZwW70
タカトシ「今日の下校中に告白しようと思ってたんです。でも会長と七条先輩にはバレちゃいましたけどね」

タカトシ「あ、このこと黙っててくださいね」

アリア「うん!応援してるね!」

シノ「あ、はは~、あはは…」



ガチャリ

萩村スズ「すいません、日直で遅くなりました」

アリア「噂をすればスズちゃん来たよ~」

シノ「あはは…あは…」

スズ「え?何この状況、ちょっと津田!」

タカトシ「えぇ!?俺!?」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:16:28.07 ID:LKbFZwW70
ー放課後ー

スズ「っと…あと何か他にやる仕事ありましたっけ?」

アリア「もうこれで終わりだよ~、遅くなっちゃいけないからもう解散にしよっか」

シノ「あはは…だな…」

スズ「会長は結局ずっとこのままですね」

アリア「ちょっとね~、」

アリア「じゃあ私はシノちゃんと一緒に帰るから。津田くんはスズちゃんと帰ってあげてね~」

タカトシ「は、はい」

タカトシ(七条先輩が気を効かせてくれた…)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:20:38.95 ID:LKbFZwW70
スズ「ほんと、今日の会長…抜け殻みたいだったわね」

タカトシ「そうだね、何かあったのかな?」

タカトシ(主に俺のせいだけど…)

タカトシ「あ、そうだ萩村…今度の中間テストなんだけど…」

スズ「なに?また教えてほしいの?」

タカトシ「申し訳ながら…」

スズ「はぁ…ま、いいわよ」

タカトシ「助かるよ」

スズ「じゃあ来週辺りにでもウチ来なさい、教えてあげる」

タカトシ「うん、分かった」



スズ「じゃあ私家こっちだから…じゃあね」

タカトシ「うん…」



タカトシ「萩村!ちょっと待って!」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:25:48.82 ID:LKbFZwW70
スズ「なに?」

タカトシ「あ、あのさ…」

タカトシ「前々から言おうと思ってたんだけど…」

タカトシ「俺…萩村…いや!スズの事が好きだ!付き合ってくれ!」

スズ「…………」

タカトシ「………」

スズ「………>>35
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:27:30.19 ID:XuQrFl9Y0
いいよ
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:27:55.96 ID:YpnqrpBB0
うむ
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:33:10.58 ID:LKbFZwW70
スズ「………ょ」

タカトシ「え?」

スズ「いいわよって言ってんの!///もう帰る!!///」ダダッ

タカトシ「あっ、行っちゃった…」

タカトシ「でも…OKってことだよな…」

タカトシ「照れてるの隠して俯きながら走る萩村可愛かったな…」

~♪

タカトシ「ん?七条先輩からメール…」

『スズちゃんとはどうなったの?』

タカトシ「OK貰えましたっと…」カチカチ

~♪

『おめでとう!でもシノちゃんのことも気にかけてあげてね?あぁみえて結構弱いから』

タカトシ「分かりましたっと…」カチカチ

タカトシ「よしっ!」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:40:47.90 ID:LKbFZwW70
ー翌朝ー

タカトシ「おはようございます」

シノ「遅いぞ津田!!生徒会役員は登校時間の30分前に校門集合!!」

タカトシ「すいません」

アリア「おはよう津田くん」

タカトシ「おはようございます」

スズ「……おはよ///」

タカトシ「う、うん…///」

シノ「………」チラッ

アリア(シノちゃん…)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:49:08.74 ID:LKbFZwW70
ー生徒会室ー

シノ「よしっ!ではこれより目安箱のチェックを行う!生徒達の意見を聞ける大切な仕事だ!一つ一つしっかり読むように!」

一同「はい!」

シノ「ふむふむ…学食の種類を増やしてほしい…」

アリア「放送室の機材を買い替えたい…だって」

タカトシ「最早なんでもありですね…」

タカトシ「この紙は…」

スズ「これは…」

ピタ

タカトシ「あっ…///」

スズ「……っ///」

シノ「………」

アリア(シノちゃんが辛そう…でも2人は両思いで付き合ったんだし…私は何も…)
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 01:56:19.64 ID:LKbFZwW70
ー放課後ー

シノ「…よしっ…一通り終えたな」

タカトシ「ですね、萩村と七条先輩は?」

シノ「あぁ、確か放送室の機材を見に行ってるらしい、」

タカトシ「目安箱にありましたもんね。買い替えたいって」

シノ「うむ、生徒達の願いを叶えてやるのが生徒会というものだ」

タカトシ「ははは、会長らしいですね」

シノ「……」

シノ「と、ところで津田…」

タカトシ「はい?」

シノ「萩村とは…どうなんだ?」

タカトシ「そのことですか…」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:01:09.65 ID:LKbFZwW70
タカトシ「昨日告白して…OK貰いました。上手くいってます」

シノ「そ、そうか…それは何よりだが…校内ではイチャつくんじゃないぞ?校則違反だ」

タカトシ「分かってますよ、そんな素振り見せてないでしょう?」

シノ「……どうだろうな」ボソッ

タカトシ「え?」

シノ「いや、なんでもない」

シノ「ところでだ津田…」

シノ「本当に勝手なのは分かってるが、言わせてほしい」

シノ「これは私がずっと思ってた想いで、私が臆病だったばかりに言えなかった想いだ」

シノ「津田、好きだ」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:06:08.25 ID:LKbFZwW70
タカトシ「会長…」

シノ「ははは…すまんな…私としたとこが…」グスン

シノ「本当に自己中心的だ…」ボロボロ

シノ「さぁ、津田…私は想いを伝えた。答えは分かってる…津田の口から聞かせてくれ…」

タカトシ「俺は…俺は…>>60
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:08:50.17 ID:ba6frMnU0
会長の事が好きです
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:14:44.96 ID:LKbFZwW70
タカトシ「俺は…会長のこと…好きですよ…」

シノ「ふぇ…?」グスン

タカトシ「でも…萩村の方が学年一緒で…過ごす時間もなんとなく萩村の方が多かったから…俺は萩村に告白したんだと思います」

タカトシ「でも…それが会長が俺と同じ学年でもっと学年と一緒に過ごせる時間があったなら…俺は会長のこと好きになってたかもしれません」

シノ「津田…」

シノ「じゃあ…!」

タカトシ「俺は会長のことも好きですよ、」

シノ「で、でも萩村は…」

タカトシ「……ですよね、二股は最低です。だから俺は萩村だけを選んだ。」

シノ「な、なら…」

シノ「私が別に付き合わなくていいから…もう少し津田と親密な関係になりたいと言ったら…?」

タカトシ「それは…OKしちゃうかもしれませんね」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:20:22.27 ID:LKbFZwW70
シノ「ーーっ!ならっ!私は!津田と恋人になれなくたっていい!ただ…」

シノ「今よりもっと…距離を縮めたい…」

タカトシ「……分かりました」

シノ「っ!」

タカトシ「いいですよ、会長」

シノ「ぅぅう…つだぁ…」ボロボロ

ダキッ

タカトシ「わわっ!いきなり抱き着かないでくださいよ!」

シノ「もう離さんぞ津田!!」

タカトシ「ちょっと会長!」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:21:46.65 ID:LKbFZwW70
そうして3人の奇妙な関係は続いていくのであった。

寝る
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/04(火) 02:22:43.47 ID:xPrebqAc0
おいこら
73: まーみん ◆DQBsFF3IrQ 2013/06/04(火) 02:25:54.57 ID:3oGzARq9O
乙でした
また役員共SS書いてね

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS