FC2ブログ

楓「プロデューサーさん、今日は6/14ですけど...

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:02:52.78 ID:embP2Dqn0
楓「6/14といえば...」

P「あー、初の原潜"ノーチラス"が竣工した日でしたっけ?」

楓「...それもありますけど、今日は...」

P「うーん....あ!誕生日でしたね!」

楓「そうです!今日はわt

P「チェ・ゲバラの!」

楓「....はぁ、もう私お仕事行きますね。」

P「あ、はい。いってらっしゃい...」


注目記事




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:03:44.43 ID:embP2Dqn0
P「...よし、おまいら出て来い」

桃華「やっと終わりましたのね」

紗南「まぁずっとゲームやってたから、暇しなかったけどね」

珠美「隠れる場所も以外と窮屈しませんでしたし」

P「いやそりゃお前がちいs」

珠美「」じっー

P「いやなんでもないです。と言うわけで、今か作戦を開始したいと思う」

P「桃華はケーキ、お茶の準備。紗南は装飾準備。珠美は食品買い出し。」

紗南「ん?Pさんは何かしないの?」

P「俺は俺でやることが...な」

紗南「?まぁ頑張って。よーし!装飾頑張るぞ!」

珠美「あ、私お酒は買えないので、プロデューサー殿お願いします」

P「おうよ」

桃華「Pちゃま、ケーキは何がよいのでしょう?」

P「うーん..特に。桃華に任せる」

P「じゃあ俺も出掛けてくるな」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:04:25.21 ID:embP2Dqn0
P「といい酒屋に来たはいいものの」

P「さっぱり楓さんの好みが分からぬ....あ、あそこにいるのは...志乃さーん」

志乃「あら、どうしたの?」

P「実は、かくかくしかじか...」


志乃「楓ちゃんの好きなお酒かぁ..これなんかいいんじゃないのかしら?」

P「八海山...ですか。意外にポピュラーなやつなんですね」

志乃「因みに、あの子はひれ酒とお茶割が好きよ。必要なら炙ったフグヒレが余ってるとおもったけれど」

P「本当ですか?ではぜひ...」

志乃「その代わり今度一緒に飲みにいくわよ」

P「...はぁ、背に腹はかえられないです。いいですよ」

志乃「ふふ...」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:05:31.08 ID:embP2Dqn0
P「ただいまー」

桃・紗・珠「おかえりー(なさい)」

P「お、装飾はもう十分そうだな。食事の方は...」

珠美「ど、どうですかね?」

P「やっぱ珠美のセンスに任せて良かった。ケーキはどうだ桃華?」

桃華「バッチリですのよ。ちひろさんにも手伝って頂いたんですよ?」

P「ちひろ...いい所もっていきやがって....」

P「じゃあ俺は楓さんの迎えに行ってくるよ。留守番任せたぞ」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:07:19.61 ID:embP2Dqn0
P「着いたけど..どこにいるかなぁ..」

楓「あ、プロデューサーさーん!」

P「お、いたいた。じゃあ帰りますか。」

楓「...プロデューサーさん。今日はなんの日か思い出しました?」

P「...........いえ、さっぱり」

楓「もぅ、今日は私のたんj

P「楓さん」

楓「?」

P「いいお店見つけたので、今から飲みに行きません?」

楓「あ、いいですね!いきましょ!」



楓「ここって...事務所ですよね?」

P「まぁまぁ、とりあえず入ってください」

楓「は、はぃ...」


P「楓さんから入ってください」

楓「?はい..」ガチャ
7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:09:00.36 ID:embP2Dqn0
P・桃・紗・珠「はっぴーばーすでー!楓さん!」

楓「ふぇ!?」

P「楓さん、今日は楓さんの誕生日ですよね。覚えてないわけないでしょ?」

楓「もぅ...なんで意地悪するんですかぁ..」うるうる

P「あはは、すいませんって。だから泣かないでくださいって」なでなで

楓「うぅ...でもみんな、私の為にありがとね」

桃華「何時もお世話になっているお礼ですわ」

紗南「楓さんは私のゲームの相手もしてくれるし、好感度アップも兼ねて日頃のお礼かな?」

珠美「楓さんには自分もお世話になっていますので、感謝の気持ちで...」

楓「みんな本当にありがとう。これみんなで準備してくれたの?」

P「そうですよ。桃華がケーキ、紗南は装飾、珠美が料理です。まぁちひろさんが結構手伝ってくれたみたいですが」

楓「感謝してもしきれませんよ...」

P「さて、感動はそこまでにしてそろそろパーティー始めますか!」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:19:08.33 ID:embP2Dqn0
紗南「楽しかったねぇ、桃華のケーキおいしかったし」

桃華「ありがとうございます。お茶はどうでした?」

紗南「うん!美味しかった。入れ方教わりたいなってぐらい」

桃華「まぁ本当ですの?では今度教えてさしあげますわ」

珠美「プロデューサー殿!自分の料理どうでした!?」

P「うん、とっても美味しかったよ。紗南じゃないけど、今度教えてもらいたいよ」

珠美「よ、喜んで教えます!」

桃華「珠美さんだけずるいですの。私もお茶の入れ方をPちゃまに教えます!」

紗南「わ、私も装飾の作り方を...」

P「はいはい、楓さん、今日はどうでした?」


楓「すぅっごくぅ、楽しかった!...ふふふぅ..ちょっと酔っちゃいましたよぉ...」

P「あんなに飲むから..送ってきましょうか?」

楓「ふふ...じゃあお言葉に甘えて」

P「というわけだから...すまないが片付けお願いしていいか?」

珠美「任せてください!」

紗南「まぁしょうがないかな」

桃華「お安い御用ですわ」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:19:47.05 ID:embP2Dqn0
P「さぁ付きましたよ」

楓「プロデューサーさん」

P「どうしました?」

楓「私プロデューサーのこと好きです」

P「はいはい」

楓「これは本気なんです。いくら酔っていても、この気持ちは本当なんですよ」

P「...」

楓「お酒の力を借りないとこんな事言えないなんて...ふふ、ダメな女ですね」

P「...」

楓「あの、プロデューサーさん。お返事...貰えますか?」

P「...そうですね、じゃあお返事は少し...ほんの少し...楓さんがアイドルじゃなくなる時まで待って貰えますか?」

楓「...意気地なし」

P「俺は楓さんをアイドルとして失いたくないんです。嫌な思いもさせたくない。大丈夫です。楓さんがいくら老いても答えはもうきまってますので」

楓「...しょうがないです。私も待ちましょう」

P「ありがとうございます」

楓「じゃあおやすみなさい」

P「えぇ、誕生日おめでとうございます。お休みなさい」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:21:11.90 ID:embP2Dqn0
おわり!
本当は0時に投下しようと思ってたけど寝落ち...
とにかく楓さん、誕生日おめでと!
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 05:22:47.29 ID:a5T0OofAO

(^_^)
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/14(金) 10:17:40.60 ID:9iW10qir0
いい雰囲気でござる…
もう少し見ていたかった…

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS