FC2ブログ

モバP「僕は魔法使い」卯月「私がシンデレラ?」

3: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)01:34:06 ID:Onr
『卯月ちゃんって、すごく“普通”だよね』

『うんうん、“普通”に明るくてかわいいし、勉強もできる、何より一緒にいて楽しいしね!』

友達。


注目記事




4: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)01:34:20 ID:Onr
『卯月はなあ、“普通”に礼儀正しく、授業中も真面目。他の生徒も見習ってほしいよ』

『あ、でも運動は少し苦手か?でも、運動音痴ってわけじゃないしなぁ』

学校の先生。
5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)02:13:05 ID:Onr
『卯月ちゃんって“普通”にいい子よね~、うちの子なんて、それはもうヤンチャで』

『迷惑も掛けなさそうだし、“普通”そうで羨ましいわ』

親戚。
6: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:14:50 ID:Onr
私は、幼い頃からいろんな人に“普通”と言われてきました。
もちろん、それが悪い意味ではないことは相手の話し方、表情から分かっていました。
ただ、大多数から手間の掛からない子、真面目な子だと思われていたということです。
初めはそこまで気にしていなかったのですが、小学校に入った辺りから気にしだすようになりました。
7: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:15:13 ID:Onr
~島村家~
卯月父「今日、会社の同僚にライブのチケットを3枚貰ったんだ。良かったら今度の休日、家族で観に行かないか?」

卯月母「まあ、誰のライブかしら」

卯月父「ええっと、確かアイドルの――だったかな。僕は芸能界には疎いから、あまり詳しく知らないんだが…なかなか人気なアイドルらしいぞ?」

卯月母「――ですって!?人気過ぎて、ライブチケットが一瞬で売り切れることで有名なあの――!?よくチケットを譲って貰えたわね」
8: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:15:34 ID:Onr
卯月父「なんでも一緒に行く予定だった人が用事で行けなくなったらしくて…一人で寂しく行くくらいなら、――の魅力を他の人にも知ってもらいたい…だそうだ」

卯月母「私、是非行ってみたいわ♪」

卯月父「そうか…卯月はどうだい?」

うづき「アイドルのライブ…」
9: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:15:54 ID:Onr
――というアイドルのことは知っていました。テレビや雑誌でよく紹介されていましたし、ママもファンの一人でしたから。

うづき「わたしも…行ってみたいな」

卯月父「よし、決まりだな」

こうして、私は家族と一緒にアイドルのライブを観に行くことになりました。
10: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:17:11 ID:Onr
~ライブ会場~
会場の席に着き、ライブ開始を待つだけとなった僅かな時間、私達家族は今か今かと待ち詫びていました。

卯月母「まだかしらまだかしら、早く始まらないかしら」そわそわそわそわ

卯月父「ママ、もう少し落ち着いたらどうだい」
11: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:17:30 ID:Onr
卯月母「これが落ち着いていられますか!絶対に無理だとあきらめていた――のライブが、あともう少ししたら、生で見られるのよ!!」そわそわそわそわそわそわ

卯月父「ま、まさかママがここまでアイドル好きだったとは…」

うづき「……」どきどき

卯月母「あっ、そろそろ始まるわよ!」
12: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:17:57 ID:Onr
ライブ開始のアナウンスがなり、会場がざわめきだす。
そして、アイドルがステージに現れた途端、会場全体に大きな歓声が鳴り響きました。
13: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:18:19 ID:Onr
アイドル「みんなーー!今日は私のライブに来てくれてありがとーーー!最後までノンストップでいくから、ちゃんと付いて来なさいよーーーー?」

ワーワー ワーワー ワーワー

卯月父「凄い歓声だな…まさかここまでとは」

卯月母「キャーーーー!!――ちゃあああん、頑張れーーーー!」

そして曲の前奏が流れ始め、会場が更に沸き立つ

アイドル「~~~♪~~~~~!!」

うづき「わぁ~!」
14: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:19:01 ID:Onr
アイドルが、ステージの上で踊り動きながら、次から次へとパフォーマンスを披露していく。
アイドルが歌うたびに、会場にいるすべての人達の心が一つになっていきました。
鮮やかに会場を彩るサイリウム、ステージを照らす数多のスポットライト。
この世のものとは思えないほど眩しく、輝いた世界が私の目の前に広がっていました。
その時の感動は今でも忘れられません。
15: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:19:20 ID:Onr
うづき(アイドルって、こんなに凄いものなんだ!!!)

それからというもの、私はアイドルに対し、強い憧れを持つようになりました。
16: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:19:39 ID:Onr
家族とアイドルのライブを観に行ってから数年の月日が経ち、私は中学校に通い始めていました。そんなある日のこと…
17: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:20:23 ID:Onr
~中学校~
友達A「ねえねえ聞いて!私の知り合いの話なんだけどね…」

友達B「なになに、どしたの」

卯月「?」
18: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:20:42 ID:Onr
友達A「実はね、その子、アイドルになりたくて今まで頑張っていたんだけど、この前、遂に事務所の所属が決まったんだって!」

卯月「! アイドルになったの!?」

友達A「うんっ!ずっと夢だったらしくて、すっごく喜んでいたんだ~ 私まで嬉しくなっちゃって」

友達B「はえ~すごいなあ」
19: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:21:10 ID:Onr
学校でAちゃんの知り合いがアイドルになったという話を聞きました。
話を聞くと、アイドルを目指す人たちが集う養成所というものがあり、Aちゃんの知り合いはそこに通っていたそうです。
私は今まで、アイドルというものは事務所の人にスカウトされて初めてなるものだと思っていたので、Aちゃんの話には驚きを覚えました。

卯月「養成所…かあ」
20: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:22:42 ID:Onr
~島村家~
卯月「アイドルを目指す者たちが集う場所…本当にあるんだ…」

家に帰宅してから、PCを起動して調べてみると、確かにアイドル養成所というものがありました。
養成所の公式サイトには、実際にデビューを果たした人たちの写真が掲載されており、そこには、よくテレビで見かけるアイドルの顔もありました。
21: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:23:23 ID:Onr
アイドルへの憧れは当時も持ち続けていましたが、自分がなれるとは考えもしませんでした。
遠い世界の話だと思っていたんです。でも、身近な所で夢を叶えた人がいるという話を聞き、自分の中で、アイドルになりたいという気持ちが大きくなっていきました。
しばらくの間、考えた後、私は両親に養成所に通いたいという話を打ち明けました。
パパは少し渋っていましたが、ママの援護射撃もあり、遂には折れ、私は無事、養成所に通うことを認めてもらうことができたのです。
22: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:23:48 ID:Onr
~養成所~
候補生たち「「「「1、2、3、ハイっ!」」」」

卯月「1、2、3、は、はいっ」よろっ

先生「卯月さん!テンポがズレてますよっ!しっかり合わせて!!」

卯月「は、はい!すみませんっ!!」

先生「今の所、もう一度するわよ」
23: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:24:05 ID:Onr
候補生C「ドンマイ!卯月!!」

候補生D「ファイトだよ、卯月ちゃん」

候補生E「落ち着いてやれば大丈夫大丈夫」

候補生F「ほらほら、深呼吸、深呼吸」

卯月「ありがとう、みんな」ハァハァ
24: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)02:24:42 ID:Onr
養成所では、今までしたこともないレッスンを数多く受けました。
運動神経が特別優れていたわけでもない私にとって、それらは大変なものでした。
それでも、頑張ることができたのは、同じ境遇の仲間たちがたくさんいて、みんなで励まし合っていたからだと思います。

卯月(卯月、頑張りっ、ますっ!!)ハァハァ
25: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:33:48 ID:Onr
養成所に通い始め、数年の月日がたちました。
その間、ひとり、またひとりと同じレッスンを受けてきた仲間が養成所を去っていきました。
受験に集中しなければならないから、他にもやりたいことが見つかったから、自分の上達を感じることができなくなったから、などとその理由も様々で、とうとうの残ったのは私とCちゃんだけになりました。
Cちゃんは、最も養成所に通っていた期間が長く、また、人一倍アイドルに憧れていた子でした。
レッスンが上手くいかず、落ち込んでいる仲間がいると、誰よりも励ましていました。
私自身、何度助けられたか分かりません。そんなCちゃんのことを、私はとても尊敬していました。
何人の仲間が養成所を去ろうとも、Cちゃんだけは絶対にアイドルを諦めない、そう信じていたのです。
ところが…
26: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:34:25 ID:Onr
卯月「また…ダメだったね…」

C「……そうね」

その日、先日受けたオーディションの結果を受け取っていた時のことでした。

卯月「で、でも、大丈夫だよ!また頑張れば、きっと次は…!」
27: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:34:46 ID:Onr
C「……次っていつよ」ボソッ

卯月「え…?」

C「次っていつなのよ!!!」ダンッ

卯月「!?」ビクッ

C「たくさん、たくさんレッスンした!!どんなに辛くても、いつかはアイドルになれるって思っていたから…信じていたからっ!!オーディションもいっぱい受けた…でも全部駄目だったじゃないっ!!!!」
28: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:35:13 ID:Onr
それは、いつも気丈だったCちゃんの心からの悲鳴でした。
今まで貯め込んできた苦しみや悲しみが遂に爆発したのです。
言葉のひとつひとつに痛々しいほどの想いが込められていました。
29: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:35:38 ID:Onr
卯月「あ、あきらめちゃ、ダメ…だよ。これからも頑張っていけば、きっといつか…!」

C「アタシはねっ!卯月が養成所に来るずっと前から頑張っていたのよっ!!お父さんやお母さんにも無理を言ってね!!!なのに…なのに…!!結局、何もかも無駄だったじゃない!!オーディションの通知を受けるたびに、期待が裏切られるんだよっ!!!こんなの…もう耐えられないっ」

C「所詮、私みたいな“普通”の人間には、アイドルなんて無理だったのよっ!!!!!」

卯月「あっ…」
30: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:36:02 ID:Onr
その言葉を聞いた瞬間、頭を殴られたようなショックが全身を貫きました。
Cちゃんの言葉は全て、私自身にも当てはまることだったのです。
31: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:36:27 ID:Onr
C「…っは! ご、ごめん…怒鳴ったりして…」

卯月「あ、え…」

C「…とにかく、アタシ、もう、辞めるから。いままでありがと、さよなら」

そう言って、Cちゃんは去っていきました。私ひとりを残して…

卯月「わ、私は…」

それでも…私は……
32: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:37:29 ID:Onr


Cちゃんが養成所を去り、私が養成所に入った当時からの仲間は誰ひとりいなくなりました。
それでも、私は養成所に通うのを辞めませんでした。
レッスンをこなしつつ、オーディションを受け続けました。
どうしても、アイドルを諦めきれなかったのです。

卯月(たとえ、ひとりになったとしても……私は諦めたくない…!卯月、頑張りますっ!)
33: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:38:24 ID:Onr
そして、数ヶ月後、事務所のオーディションに合格、とうとう事務所への所属が決まったのです。高校1年の頃でした。

先生「卯月さんっ!613プロダクションへの所属が決まりましたよ!」

卯月「本当ですかっ!?」

先生「はいっ!遂にやりましたね!!」

卯月「~~~っ、やりましたー!!!」

先生「おめでとう!卯月さん」
34: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:38:54 ID:Onr
その時、今までの努力がやっと実を結んだと思い、年甲斐もなく大はしゃぎしてしまったのを覚えています。先生も一緒に喜んでくれました。

先生「卯月さんは努力家で、なにより“笑顔”がとても素敵な子ですからね。きっと613プロでも上手くやっていけますよ」

卯月「先生…」

先生「613プロに行っても、慢心せず、努力を怠らずに頑張るのよ」

卯月「はいっ、今まで本当にありがとうございました!」

卯月「島村卯月っ、613プロでも頑張りますっ!!」

念願のアイドル事務所への所属、本当に嬉しかったのです。これから、私のアイドル人生が始まるんだと信じて疑いませんでした。
35: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:39:24 ID:Onr
~613プロ~
「し、島村卯月ですっ、今日から613プロダクションでお世話になります!精一杯頑張りますので、どうかよろしくお願いしますっ」

613プロ所属初日、事務所でこれからお世話になる担当プロデューサーに挨拶をしていました。
36: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:39:46 ID:Onr
613P「あー、はいはいよろしく」カタカタ

卯月「最初は何をするんですかっ?宣材写真の撮影?それとも、衣装合わせですか?」

613P「んー、じゃあ自己レッスンでもしててくれる?今ちょっと手が離せないんだ」カタカタ

613Pは私の顔をチラッと一瞥すると、またデスクワークに戻ってしまいました。
37: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:40:12 ID:Onr
卯月「す、すみませんっ。レッスン、行ってきますね」

まずは自分ひとりの力でどこまでできるのかを見定める、ということでしょうか?
養成所での経験のおかげで基礎のレッスンはバッチリです!
38: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:40:59 ID:Onr
~レッスン場~
レッスン場に着くと、そこでは613プロ所属の先輩アイドルのみなさんがレッスンをしているところでした。

「は?あんた誰?アタシたち、今レッスン中なんだけど」

卯月「今日から613プロダクションに所属となった島村卯月ですっ、これからよろしくお願いします!」
39: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:41:50 ID:Onr
「新人?ねえ、あんた達、何か聞いてる?」

「しらな~い、つーかどうでもいい」ポチポチ

「あー、だるい」ダラーン

「ふ~ん、まあいいや、え~と、島村さんだっけ?悪いけど今相手してあげられないから、まあ、私達の邪魔しない程度に、レッスンしているといいよ」

卯月「は、はい…」

「ホラホラ、さっさと続きやるよ、じゃないと613Pがうるさいよ~」

「え~」

「ハア~」
40: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:42:23 ID:Onr
そう言って先輩のみなさんは気怠げにレッスンに戻っていきました。
何だか、あまり歓迎されていない…というより興味がない感じでしょうか。
でも、それはきっと私が所属したばかりの新人だからでしょう!
一生懸命頑張れば、きっと認めてもらえます!

卯月「よ~し、卯月、頑張りますっ」タッタッタ

「…」

「…うざ」

「チッ」
41: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:42:50 ID:Onr
それから数週間、ずっと自己レッスンをしていました。
時々、トレーナーの方が来られて、簡単な指示を出してはいくのですが、養成所の先生のように手取り足取り教えてくれることはありませんでした。

卯月(あれから数週間、自己レッスンばかりですけど、本当にこのままでいいんでしょうか…?)

卯月「明日、613Pさんに相談してみよう…」
42: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:43:14 ID:Onr
~613プロ~
卯月「あ、あの!レッスン以外に何かすることってないんでしょうか!?」

次の日、私は613Pさんに直接尋ねていました。

613P「あー、今日もレッスンじゃダメかい?」

卯月「で、でも、ここ数週間ずっと自己レッスンだけで…」
43: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:43:34 ID:Onr
613P「ハァ~、じゃあ事務所の掃除でもしててくれる?」

卯月「掃除…ですか?」

613P「最近、掃除してないから汚くてね~新人でもそれくらいはできるよね?」

卯月「わ、わかりました。頑張りますっ」

613P「ハイ、ヨロシク」

卯月(せっかく頼まれた仕事なんです…頑張らないと…!)

「…」
44: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:44:09 ID:Onr
それから、少しずつですけど、お仕事が増えていきました。
お仕事といっても、街中でのチラシ配りだったり、着ぐるみを着た顔出しなしのイベント参加などばかりで、歌を披露する機会は殆どありませんでした。
辛い毎日でしたが、いつか必ずチャンスが訪れると信じ、頑張り続けました。
そして、ある日、自己レッスンをするためにレッスン場へ向かっていた時のこと…
45: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:44:37 ID:Onr
卯月「今日はお仕事ないし、自己レッスン、頑張らないと!」

『最近のあの子、ウザくない?』

『ホントにねー!』

『あの子のせいで、アタシたちの仕事も減るし、もう散々』

卯月「」ピクッ
46: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:45:00 ID:Onr
レッスン場のドアを開けようとした時、中から聞こえてきたのは、先輩たちが誰かを貶す内容の会話でした。

『初めて会った時から気に食わなかったんだよね~なにが、頑張りますっ だよ、ウザすぎ』

卯月「!」

『ちょっと可愛いからって調子乗りすぎ、どうせ数合わせで採用されただけなのにね~』

『おまけに、613Pに媚びてまで仕事貰おうとしているし、アタシには無理だわ』

『ひょっしたら、もう体まで売ってたりして~アイツ、ああいう真面目そうな子が好きそうだしさ!』

『ギャハハハハ』

卯月「……………」
47: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:45:24 ID:Onr
会話の端々から察するに、あれはきっと私のことだったのでしょう。
自分への容赦ない悪意を持った言葉を聞き、堪えられなくなった私はその場を離れました。
初めて、レッスンを休んだ日でした。
48: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:46:02 ID:Onr
泣こうが傷つこうが次の日はやって来ます。
613プロには味方なんていない、それでも、養成所の言葉を胸に諦めませんでした。

卯月(こんなことで、落ち込んでなんかいられない…先生や私を応援してくれたみんなの為にも…卯月、頑張り、ます…!)

そして遂にアイドルとしてのチャンスが訪れたのです。
49: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:46:34 ID:Onr
~613プロ~
卯月「ライブバトル…ですか!?」

ライブバトル、それはアイドル同士が曲を披露し合い、勝敗を決めるといったものです。
非常に人気のあるイベントなので、注目度も高く、出場するアイドルにとっては大きな一歩となるでしょう。
それに参加するかを聞かれたのでした。
50: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:46:58 ID:Onr
613P「うん、613プロの出場枠が余っているんだけどさぁ、参加する気、ある?」

卯月「はいっ、是非参加させてください!」

期日は1週間後、それまで、今まで以上にレッスンの時間を取りました。
家に帰ってからも、振り付けや発声法の振り返りを忘れませんでした。
そして、ライブバトル当日…
51: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:47:16 ID:Onr
~ライブバトル会場~
『白熱のライブバトルっっ!勝者は765プロダクション所属、田中琴葉さんです!!!』

「プロデューサー!私…私っ、やりましたっ!!」

「ああっ!よくやったな!!最高のライブだったよ。琴葉の今までの頑張りが実を結んだ結果さ!」

「そんな…この結果が出せたのは、プロデューサーのおかげです!」

「いやいや琴葉が・・・」

「いえいえプロデューサーが・・・」

卯月「………」
52: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:47:46 ID:Onr
結果は敗北でした。
対戦相手の子は自分の担当プロデューサーと共に勝利を喜びあっていました。
お互いを強く信頼し合っているのが表情からもわかります。

卯月「…いいなあ」

卯月(私にも、あんな人が居れば、もっと上手くできたのでしょうか…)

卯月「……帰ろう」
53: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:48:25 ID:Onr
~613プロ~
卯月「ただいま戻りました…」

613P「ああ、やっと戻って来たか。勝敗は?」

卯月「す、すみません…負けてしまいました」

613P「ふ~ん、そ、まあ別に期待してなかったし別にいいや、次は頑張りなよ」

卯月「……はい」

「くすくす」

「あいつ、負けてやんの」

「だせぇ~」

卯月「………」

こんな…はずじゃ…
54: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:49:08 ID:Onr
それからも何度かライブバトルに参加しましたが、結果は全て敗北でした。
一つのライブが終わるたびに、厳しい現実に押し潰されそうになるのを必死で耐えてきました。
そして、613Pに呼び出されたある日のことです…
55: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:49:36 ID:Onr
~613プロ~
613P「次のライブの結果は俺も見に行かせてもらうよ」

卯月「613Pさんが…ですか…?」

613P「うん、上が直接現場を見てこいってうるさくってさ~こっちはやることがたくさんあるっていうのに」ブツブツ

卯月「……」

613P「まあ、よろしく頼むよ」

卯月「は、はい」

613P「あっ、そうそう。言い忘れていたけど」

卯月「はい?」
56: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:49:55 ID:Onr
613P「君、次でラストチャンスだから」
57: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:50:20 ID:Onr
~346プロ 第1芸能課~
P「響子には、次のライブバトルに参加してもらおうと思いますっ」ドーン!

事務所で美穂ちゃんや夕美ちゃん、美波さんと一緒にお茶を飲んでいた時、突然、プロデューサーさんがやってきて、そう告げてきました。
58: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:50:39 ID:Onr
響子「ライブバトル…ですか?」

P「むむっ、ライブバトルを知らないとな?」

響子「す、すみません」

P「それはいけませんね~、それじゃあ…はいっ、小日向君!ライブバトルとは何か、簡単に説明してくださいっ」ビシッ

美穂「え、ええっ!わ、わかりました!P先生っ」
59: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:51:52 ID:Onr
美穂「え~と、ライブバトルというのは、その名の通り、アイドル同士が交互にライブをして勝敗を決める、対戦形式のイベントですっ。新人アイドルにとっては、一種の登竜門とも言えるでしょう!」

60: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:52:49 ID:Onr
美穂「とても人気のあるイベントですので、最近では全国ネットでテレビ中継されることもあるみたいですよ」

P「はいっ、小日向君!よくできました」なでなで

美穂「は、はいっ。えへへ//」

響子「むー」
61: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:53:17 ID:Onr
P「まあ、補足すると、全国でテレビ中継されるのは“トップアイドル”クラスが参加するライブバトルくらいだけどな。天海春香とか如月千早が有名かな?」

美波「あっ!知ってます!確か、二人とも765プロダクション所属のアイドルですよね?」

P「ああ、765プロASは13人全てがランクSだからなあ。しかも、それら全員を一人のプロデューサーがトップアイドルまで導いたって話だ。最近は新しいプロジェクトも始めているみたいだし、まさに化け物レベルの事務所だな」

響子「す、凄いですね…」
62: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:53:47 ID:Onr
P「もちろん、346プロだって負ける気はないぞっ!僕の担当アイドル達は世界で一番可愛いからなっ!」

同僚P「それは聞き捨てならないな、一番は俺の担当達だぜ?」シュババババ

夕美「プロデューサーさん!?」

P「うわっ、いきなりなんだよ!」
63: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:54:07 ID:Onr
同僚P「天真爛漫でいつも笑顔な花の妖精、夕美ちゃん!現代に舞い降りた凛々しくも華やかな美の女神、美波! ははっ、もう負ける気がしないな!」ふふんっ

夕美「ふふっ、花の妖精だって///」

美波「全く、調子いいんですからっ、プロデューサーさんったら」にへら~
64: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:56:44 ID:Onr
P「確かに二人ともすごく可愛いけどさ、こっちだって負けてないぞ?響子は家事万能、得意料理は肉じゃが、明るく元気で笑顔がとっても可愛くて素敵、“お嫁さんにしたいアイドルグランプリ1位”(当社調べ)!」
65: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:57:03 ID:Onr
P「一家にひとり欲しいくらい、魅力的でずっと傍にいて欲しい女の子!!!おまけにかわいい絵も描けるときた!」
66: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)11:57:14 ID:Onr
P「美穂は超絶キュートで、可愛さでは誰にも負けない、クマさんぬいぐるみが大好きでちょっぴり恥ずかしがりやだけど、そこがまた最高に可愛い!」
67: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:36:52 ID:Onr
P「ピョンと跳ねたアホ毛がVery Cute、まさに可愛さの化身!魅力的でずっと傍で見ていたい女の子!!! いや~最高だね、これは」
68: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:37:47 ID:Onr
同僚P「いやいやこっちは・・・」

P「いやいやこっちこそ・・・」

ギャーギャー ワーワー

美穂「か、かわいい…?あ、あう…///」プシュー

響子「も、もうっ!プロデューサーさんったら…!ずっと傍にいて欲しいだなんて、私、15歳だからまだ結婚できませんよぉ///で、でも、プロデューサーさんがどうしてもっていうのなら…私…?」ドキン ドキン

ちひろ「…………………………」(#^ω^)ピキピキ

社長「ん?何だか騒がしいようだが、なにかあったのかね?ちひろk、ヒエッ…」
69: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:38:20 ID:Onr
~ライブバトル会場前~
P「さあ、やってきましたライブバトル会場!響子、やる気の貯蔵は十分か?」

響子「はいっ、やる気満タンですよ~。早くステージに立ちたいですっ」

P「響子も随分と場慣れしたなぁ。初めのライブの時はあんなにそわそわしてたのに」

響子「ふふっ、こう見えて、肝っ玉お姉ちゃんですからっ。それに…プロデューサーさんがいつも傍で見守ってくれるから、安心してステージに立てるんですよ♪」
70: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:39:02 ID:Onr
P「響子…~~~っ、立派になったなぁ!妹が成長したみたいで、お兄ちゃんは嬉しいぞっ」グスッ

響子「もうっ、何を言っているんですかっ、まだライブは始まってすらいませんよっ!それに、妹じゃありませんー!」

響子「妹じゃ、お嫁さんになれないじゃないですかぁ…」ボソッ

P「ははは、ごめんこめん。響子の目標は“みんなのお姉ちゃんアイドル!”だもんな」

響子「そ、そうですよ!あははっ、あはははっ!」アセアセ
71: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:39:32 ID:Onr
P「でも、本当に心配しなくてもいいと思うぞ?響子なら、絶対にいいお嫁さんになれるって」

響子「き、聞こえていたんですかっ!?」カアァ

P「?そりゃこんな近くにいれば聞こえるだろ」キョトン

響子「ううっ…プロデューサーさんの鈍感…」

P「?? まあ、何はともあれ、控室に行こうか。ライブ開始まではまだ時間あるけど、相手側のプロデューサーにも挨拶しておきたいしさ」
72: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:39:52 ID:Onr
~控室~
トントン ガチャ

P「失礼します」

響子「失礼しますっ」

??「!!…あっ、対戦相手の方でしたか…」ガタッ
73: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:40:50 ID:Onr
響子「はじめましてっ、五十嵐響子です!今日はよろしくお願いしますっ」

P「おはようございます。346プロダクション所属プロデューサーのPです」

卯月「あ、はいっ、613プロダクション所属の島村卯月です。こちらこそよろしくお願いしますねっ」

P「あれ、島村さん一人かい?そちら側のプロデューサーにも挨拶をしておこうと思っていたんだけど」
74: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:41:15 ID:Onr
卯月「え、ええっと…613Pさんは…その…まだ来ていないんです」

P「え、でも、もうすぐライブが始まるぞ?」

卯月「613Pさんは…あの…忙しいひとですから、ライブが終わるころには来ると思います…よ?あははっ」

P「そうなのか…」

P(何だか様子がおかしいぞ…?緊張しているのかな?)
75: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:41:34 ID:Onr
卯月「す、すみません。ちょっと外の空気吸ってきますね…」

ガチャ パタン

響子「何だか、お邪魔しちゃいましたかね…?」

P「いや…きっと緊張していたんだと思うよ」

P(新人アイドルのライブバトルなのに、プロデューサーが来ていない?そんなことってあるのか?それに、何だろうこの違和感…まるで何かに追い詰められているみたいだったな、あの子…)

後ろ髪が引かれる思いではあったが、まずは目先のライブだ。しっかり響子を応援しないとな。
76: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:42:28 ID:Onr
~ライブ会場~
響子「~~~♪」

P「さすが響子、安定しているな」

ライブバトル本番、二人のアイドルがよく見える舞台袖からライブを観ていた。
ミニライブなどで歌った経験もあるからだろう、響子は特に目立ったミスもなく、初ライブの時以上の実力が出せていた。
それに比べ、島村さんの方は基本の動きはできているが、所々で動きがぎこちなくなっていた。
しかし、楽しそうに歌いながら、観客側へ届けるその笑顔はとても魅力的だった。
77: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:42:44 ID:Onr
卯月「~~!~~!」

P(島村さんはまだ動きに固い部分があるが、あの笑顔は本物だ…きっといいアイドルになるぞ…!)

両者ともに曲を披露し終わり、観客と審査員、その両方から投票が行われる。結果は…
78: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:43:08 ID:Onr
『アイドル同士の熱き戦いっっ!今回勝負を制したのは…346プロダクション所属、五十嵐響子さんです!!!』

卯月「!」

響子「やったー!ピカピカですね!」

P「ああっ!よくやったな、響子!」
79: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:43:34 ID:Onr
響子「ふふふっ♪日々のレッスンのおかげ…ですかねっ!」

P「そうだな、より一層アイドルとして成長したんじゃないか?」

響子「ホントですかっ!もしそうなら嬉しいなぁ」ニコニコ

卯月「…っ」ダッ

P(ん?)
80: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:44:33 ID:Onr
響子「さあさあ、早く行きましょうっ!事務所のみんなに今日の結果を報告しないと!」

P「あ、ああ」

P「…」

P(放ってはおけないよな…それに引っかかる所もあるし…)
81: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:44:53 ID:Onr
P「ごめんっ、響子!先に着替えて待っていてくれないか?」

響子「へ?何かあったんですか?」

P「いや…まだ613プロさんに挨拶していないからね。少し行ってくるよ」

響子「挨拶ですか?なら私も…」

P「いや、僕一人で大丈夫だよ。それじゃ、よろしくっ」タッタッタ

響子「あ、ちょっと待っ…… プロデューサーさん…?」
82: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:45:13 ID:Onr
P「え~と、確かこの辺りへ来たはずだよな……あっ、いた!」キョロキョロ

島村さんが走り去っていった方向へ行くと、彼女とそのプロデューサーらしき男性が会話しているのが見えた。

P「あの~すいまs」

613P「やっぱり君はアイドル失格だよ、島村さん」

P「…!?」

卯月「……」
83: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:45:36 ID:Onr
613P「あれだけ時間もチャンスもあったのに、一度も勝てないなんて…頑張りが足りていないんじゃないか」

卯月「ごめん…なさい…」

613P「まったく…こんなライブを観に来させられた身にもなってよ。オレ、君みたいな売れないアイドルと違って忙しいんだから」

卯月「……っ…」
84: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:46:51 ID:Onr
P「ちょっと貴方!そんな言い方はないでしょう!?」

613P「ん?誰?部外者は首を突っ込まないで欲しいんだけど」

卯月「Pさん…?」

P「僕は、346プロダクション所属プロデューサーのPです」

613P「346プロダクション?ああ、島村さんの対戦相手の…これはどうも、え~と、オレは613プロ所属の…」

P「そんなことはどうだっていんです!何ですか、先ほどの会話は!頑張ったアイドルに掛ける言葉じゃありませんよ!!」
85: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:47:15 ID:Onr
613P「あ~オタク、努力さえすれば称賛されるべきだとかいうクチ?いるんだよね~そういう理想ばかり追いかけて現実が見えていないヤツ」

P「なっ」

613P「そっちの事務所の事情は知らないっすけど、ウチの事務所、売れないゴミは要らない方針なんすよ」

P「ゴミ…だって…?アンタ、アイドルを何だと思っているんだ!!!」

613P「何って…お金稼ぎのための商品っすよね」

P「」
86: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:47:56 ID:Onr
目の前にいるコイツはなんだ?本当に同じプロデューサーなのか?
この男の口から発せられる言葉の全てが僕の理解を超えていた。
僕とこの男ではそれだけ価値観が違いすぎる。
あまりの怒りに頭がどうにかなりそうだった。

613P「って、うわっ、もうこんな時間!?早く戻らないと」ダッ

P「おいっ!島村さんをここに置きざりにしていくつもりかっ!!」

613P「はあ?置き去りもなにも、ソイツはもう613プロのアイドルじゃない。無関係っすよ~」タッタッタ

そういって613Pはそそくさと去っていった。
87: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)12:48:19 ID:Onr
P「ま、待て!まだ話は…くそっ、なんてやつだ」

P「島村さん…大丈夫か?」

卯月「……は、はい…」

P「とりあえず、近くの休憩場まで行こうか。顔色がよくないよ」

卯月「すいません、お気遣いいただいて…」

P「そんなこと気にしなくていいから、さっ」
88: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:33:44 ID:Onr
~休憩所~
P「はい、カフェオレで良かったかな」

卯月「あ、ありがとうございます」

P「どういたしまして」
89: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:34:41 ID:Onr
僕と島村さんは近くの休憩所の椅子に座っていた。
時間がかかりそうだったので響子には先に事務所に戻っているようにと連絡を入れておいた。
少し不満そうだったけど、今の島村さんを放っておく訳にはいかない。
温かい飲み物を飲んで、落ち着いたのか、顔色が少しずつ良くなっていった島村さん。
話を聞くと、彼女は今までのことを話してくれた。
幼い頃からアイドルに憧れていたこと、養成所の存在を知り、家族や友達の応援を受けて通い始めたこと、同期が次々と去っていく中、諦めずに努力し続けた結果、事務所に所属できたこと、事務所で辛いことや悲しいことがあってもアイドルとして輝く夢を諦めきれなかったこと。
ずっと夢に向かって頑張り続けてきた少女の姿がそこにはあった。
90: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:35:13 ID:Onr
卯月「でも、もう、辞めようと思うんです」

P「なっ、どうして、そんな…!」

卯月「アイドルに憧れて、何年も夢を見続けることができた。だから、もう十分かなって思うんです」

P「そんなわけあるかっ!!今まで…今までずっと頑張ってきたんだろ!?努力し続けてきたんだろうっ!?だったら、そんな簡単にあきらめちゃ駄目だ!!」
91: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:35:35 ID:Onr
卯月「……わかるんですか」ボソッ

P「え?」

卯月「あなたに何がわかるんですかっ!!!」

P「!?」
92: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:37:21 ID:Onr
卯月「ずっと一緒に頑張っていくんだって、アイドルになるんだって信じていた友達は
みんないなくなって、やっとの思いで入ることができた事務所でもたくさん辛い思いをして、
それでも、きっと…きっと!憧れのアイドルになれるからって、精一杯努力したのに…頑張ってきたのに、
結局は見放されて…私は何度、自分の理想に裏切られればいいんですかっ!!!」ポロポロ
93: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:38:26 ID:Onr
それは、悲鳴だった。夢を追い続けてきた少女は、何度も大きな壁にぶつかりながらも足掻き続け、それを乗り越えてきたのだろう。
受ける痛みや苦しみに耐え続けながら。積もり積もったそれらが今、爆発したのだろう。
彼女の言葉には、数年間の憤りや嘆きの感情が込められていた。
94: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:38:46 ID:Onr
卯月「所詮、私みたいな“普通”の人間には、アイドルなんて無理だったんですっ!!!努力も頑張りもすべて無駄だった……私には……私には“何もない”んです!!!」

P「――」
95: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:39:54 ID:Onr
今、この少女は何と言った?何もない?自分には“何もない”?

身を裂かれるような辛い思いをしてきたのだろう、焦がれるような夢を抱き続けてきたのだろう。
それらは決して悪いものではない。辛い思いは再び立ち上がる時のバネにしていけばいい、夢は明日への希望になる。
でも、ソレだけは…認められない。
ソレを認めてしまえば、彼女自身の過去を、夢を、否定してしまうことになる。
プロデューサーとして、“夢を育てる者”として、そんなことは認められない……!
96: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:40:20 ID:Onr
P「――それは、違う」

卯月「…えっ…?」

P「過去の努力や頑張り、そのすべてが無意味だった、自分には“何もない”だなんて…そんなことは絶対に認めないっ!認めてやるもんかっ!!!」

卯月「! で、でも、私にいいところなんて…一つもないっ、今日のライブバトルだって負けちゃったじゃないですかっ!!」
97: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:40:47 ID:Onr
P「そうだ。確かに今日、君は響子に負けた。それは覆しようがない事実だ」

卯月「なら…!」

P「でもっ!!それは、君自身に“何もない”ことの証明にはならない!!!」

卯月「ど、どうしてそこまで言い切れるんですかっ」
98: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:41:14 ID:Onr
P「――魅力的だった」

卯月「…えっ……?」

P「歌やダンスの基本はできていたけど、所々動きが固くなっている部分も確かにあったさ。でも、それ以上に、みんなを喜ばせたい、楽しんで歌いたいという思いが伝わってきた。そして、なにより、君の表情が忘れられない」

卯月「表…情…?」
99: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:41:38 ID:Onr
P「それくらい、素敵な笑顔だったんだ」

卯月「!」

『卯月さんは努力家で、なにより“笑顔”がとても素敵な子ですからね』

卯月「…笑顔」
100: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:42:00 ID:Onr
P「島村さん、君は素晴らしい逸材の持ち主だ。トップアイドルだって夢じゃない。それなのに、本当にこのまま諦めてしまっていいのか?もう歌えなくなってもいいのか!?」

卯月「わ、私は…」

P「…島村さん、これを…」スッ

卯月「これ…は」

P「島村卯月さん、あなたを我が346プロダクションにスカウトします」

卯月「!」
101: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:42:40 ID:Onr
P「島村さん、君はこんな所で立ち止まっていい人じゃない。もっと、もっと輝くことができる女の子だ!」

卯月「で、でも、私、普通の女の子ですよ…?これといった取り柄もない普通の…」

P「違う。君にしかない、君にしか出せない魅力が絶対にある。ありのままの君がいいんだ」

卯月「たくさん…迷惑をかけてしまうかもしれません…」

P「女の子に頼られることに悪い気はしないさ」

卯月「本当に…私なんかでいいんです…か…?」

P「なんかじゃない、君じゃないと駄目なんだ」
102: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:43:13 ID:Onr
卯月「わ、私…私…」

P「僕が、君を舞踏会へと連れていく。ドレスや馬車も用意する。もし、道に迷ってしまったら、躓きそうになったのなら、僕が手を引こう。だから、この手を取ってくれ!」

そうだ、プロデューサーっていうのは魔法使いみたいなものなんだ。
“普通”の女の子(シンデレラ)を王子様(ファン)のもとへ連れていく。
それが役目なんだ。
103: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:43:47 ID:Onr
卯月「わ、私っ、グスッ、アイドル、諦めたく、ない、です」

P「うん…」

卯月「もっと…もっと、歌い続け、たいです…!」

P「うん…!」

卯月「ステージの、上で、輝きたいんです…!」

P「絶対にできるさ!僕と島村さん、二人一緒なら!」
104: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:44:11 ID:Onr
卯月「ううう…うわああああああん!P゛さ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ん゛」ダキッ

P「おわっ、ちょ、ちょっと島村さん!?こんな所で抱き着くのは不味いよ!」ギョッ

卯月「ち゛か゛い゛ま゛す゛―!!う゛つ゛き゛て゛す゛―!!!」ウエーン

P「あわわわわ、こんなところ誰かに見られたりでもしたら…!」オロオロ
105: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:44:27 ID:Onr
「プロデューサーさん…?」
106: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:44:59 ID:Onr
P「―っはっ きょ、響子、なぜここに…?」ビクッッ

響子「挨拶にしては時間が掛かり過ぎだな~と思って探しにきたんですが……別の女の子を泣かせて抱き合っているって、どういうことですか……」ハイライトオフ

P「ち、ちがっ、これには深い訳があってだな…」

響子「言い訳無用ですっ!プロデューサーさんっ!!浮気するなんて、私、絶対に許しませんからああああああ」ウワーン

P「ま、待ってくれ!せめて話だけでも…響子!きょうこおおおおおお」
107: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:45:44 ID:Onr
というひと騒動があったものの、無事、島村s…じゃなかった。
卯月は346プロ所属のアイドルとして活動を続けることになった。
事務所のみんなも卯月を歓迎していた。もちろん響子との誤解もすぐに解けた。
だが、そのお詫びとして、休日、一緒に出掛けることになるのだが…それはまた別の話だ。
そして、卯月が事務所の一員になって月日が流れ…
108: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:46:02 ID:Onr
~ライブ当日 舞台袖~
卯月「……」

P「おーい、こんなところで何ぼーっとしてるんだ~?響子と美穂はもうスタンバイしてるぞー?」

卯月「あっ、プロデューサーさん」

P「何か不安なことでもあるのか?良かったら話聴くけど」
109: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:46:21 ID:Onr
卯月「い、いえっ、その…今から、こんなに大きなステージでライブをやるんだって思うと…何だか感慨深い気持ちになってしまって…」

P「なるほど…今じゃすっかり3人とも人気アイドルだからなぁ」

卯月「はい…アイドルとして、大きなステージの上に立つことは、私にとって、ずっと憧れでしたから。悲しいことや辛いこともたくさんあったけど…諦めなくて本当によかったって…今はそう思うんです」

P「…そっか…」
110: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:47:14 ID:Onr
卯月「プロデューサーさん、覚えてますか?私とプロデューサーさんが初めて会った日のことを…」

P「…ああ、覚えているよ」

卯月「私…本当に嬉しかったんです。私がいいって…ありのままの私がいいって言ってくれたことが」

P「…」
111: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:47:46 ID:Onr
卯月「プロデューサーさんは、初めて出会った時からずっと…私のことを信じてくれました。プロデューサーさんがいたから、ここまで頑張ってこられたんです。だから…」
112: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:48:05 ID:Onr
卯月「だから、これからもずっと…卯月の傍に、いてくれませんか……?」
113: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:48:24 ID:Onr
P「卯月…」

卯月「…あははっ!ご、ごめんなさいっ、ライブ直前だっていうのに、何だか湿っぽい感じになってしまいましたねっ!ダメだなぁ、私っ!」

P「…僕は卯月が、いままでどんな思いでアイドルを目指してきたか、想像することしかできない。でも、これからは違う。僕やユニットの仲間達がいる、もちろん事務所のみんなだっているんだ。だから、卯月はもうひとりじゃない…一緒に登っていけるんだ。だから…」

卯月「プロデューサーさん…?」
114: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:48:56 ID:Onr
P「…ずっと傍にいるよ」

卯月「!」
115: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:49:13 ID:Onr
「卯月ちゃーん!そろそろライブ始まるよー!」

「早く早くー!」

P「ほらっ、二人が呼んでるよ」

卯月「はーい!今行くー!…プロデューサーさん、行ってきますね」

P「うん、頑張っておいで」

卯月「はいっ!」ダッ
116: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:49:46 ID:Onr
かくして、シンデレラはお城の階段を登り始めた。
だが、物語はまだ始まったばかりだ。
これからも、色々な出来事が彼女を待ち受けているだろう。
でも、きっと乗り越えられる。なぜなら、彼女はもうひとりじゃないからだ。
117: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:49:59 ID:Onr
卯月「島村卯月っ、頑張りますっ!!」

終わり
118: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:51:18 ID:Onr
以上で終わりです。恒常卯月は引けませんでした。おのれちっひ!
ここまで読んでくれた皆さん、ありがとうございました!
119: ◆UpHOrkEMJ2 2018/09/15(土)14:52:13 ID:Onr
次は清楚で天然なあの子を書いてみたいです。
もし見かけた時は、よろしくお願いします!
120: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)18:10:33 ID:YYu


しまむーガンバ



清楚で天然?あぁ、ちひろさんか

Pとキュートな女の子たちシリーズ:

モバP「未来のお嫁さん?」響子「はい!」


モバP「懐かしのお隣さん」美穂「お、お兄さん!?」


 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS