FC2ブログ

高垣楓「楓のグルメ」

1: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:23:33.84 ID:FzM8CPEt0
設定及び注意点
1.楓さん主演のドラマ。楓さんは本家と同じく雑貨商を営んでいる。
2.筆者は無心で飯を食べるタイプなので、文中の表現が乏しい。
3.楓さんが、酒を呑まない。(以下 その理由)

モバP「楓さん、ドラマの仕事持ってきましたよ!主演です」

楓「まぁ……気合が入ります。ところで、ドラマの中でお酒は飲めますか」

モバP「ああ、主人公が下戸って設定なので、無理です」

楓「は?」

モバP「いや、設定上そこは譲れないと先方から」

楓「お酒が呑めないなんて……酷です……残酷です」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1422591813


注目記事




2: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:24:43.46 ID:FzM8CPEt0
第一話「港区 神谷町 南インドカレー店のビュッフェランチ」

高垣楓(神谷町……東京タワー。やっぱり、東京タワーの方がシンボルって感じするわね)

楓(む……もう十二時だわ。仕事を早く終わらせて、お昼にしましょう)

時間や社会に捕らわれず、幸福に空腹を満たす時

束の間、彼女は自分勝手になり、自由になる。

誰にも邪魔されず、気を遣わずにモノを食べるという孤高の行為

この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒しと言えるのである。

「楓のグルメ」
3: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:25:18.46 ID:FzM8CPEt0
楓(さて、待ち合わせ場所は愛宕神社だったわね。ああ……ここか)

楓(出世の石段か……生憎、サラリーマンじゃないけれど、ゲン担ぎに一つ気合を入れて登ってみましょうか)

楓「はぁ…はぁ……ふぅ」

楓(結構長い石段だったわ。そして、二つ目の鳥居……依頼人はすぐそこね)

楓(折角だから、少し愛宕様にお参りでもしていこうかしら)

楓(手水舎で口と手を洗って……参道を歩いて)

楓(社殿ね。確か……二礼二拍手一礼だったかしら)

パン パン

楓(良い駄洒落を思いつけますように……と)

楓(参拝も終わったし、そろそろ依頼人の所に……)

依田芳乃「おおー、そなたはー」

楓「あっ……どうも。依田芳乃さんでしたね」

芳乃「はいー、わたくしが依田はー芳乃でしてー」

楓「どこか落ち着けるところで、商品をお渡ししましょうか」
4: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:25:45.63 ID:FzM8CPEt0
芳乃「そうですねー」

楓「さて……こちらがご注文の商品です。ご確認願えますか?」

芳乃「むおー、これでございましてー。この柄ー、この艶ー、音も大変良さそうですねー」

楓「気に入って頂けましたか」

芳乃「望み通りでしてー。いやー、社まで来ていただいて、申し訳ありませんねー」

楓「いえいえ……お客様の元に商品を届けるまでが仕事ですので」

芳乃「商人の鏡ですねー。ところで参拝はいたしましてー?」

楓「はい、ここに来てすぐ」

芳乃「それは良いのでしてー。では、わたくしはこれでお暇させていただきましてー」

楓「はい、また何かありましたら、ご連絡を」

楓(何だか変わった子だったわね。神社に馴染んでるというか……む)

楓(十二時半……時間を意識し始めたら)

楓(お腹が……減った)
5: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:26:11.32 ID:FzM8CPEt0
スタスタ

楓(駅に戻るまでに何か美味しそうなものを見つけよう……)

楓(ラーメンって気分じゃないし……ソフトクリームも美味しそうだけど……お昼に食べるものじゃないわね……牛丼は安直すぎるし……とすると)

楓(パスタと……カレーか……)

楓(パスタは……橘のイチゴパスタ……地雷臭がするわね。とするとカレーなんだけど……ビュッフェスタイルか……お腹も空いてるし、ここにしよう)

店員「イラッシャイマセ」

楓(店員は、皆インドの人なのかしら……いきなり本格的だわ)

店員「オヒトリサマで?」

楓「はい、一人です」

店員「ゴアンナイイタシマス」

楓(さて……店員もそうだけど、他のお客もインド人……日本人が少数派……新鮮だわ)

楓(さぁ……早速、食べましょうか)
6: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:28:33.05 ID:FzM8CPEt0
楓(おおっ、カレーが沢山、より取り見取りだわ……それに皆、いい香りだわ……期待に胸が膨らむわ)

楓(カレー用のお皿は二つまで……成るほど、これだけカレーがあると一気に取って食べたくなっちゃうから、お皿が無くなっちゃうものね。……さてと)

楓(ご飯はサフランライスかしら……あとは……なんじゃこりゃ)

楓(ケララパロタ?ナンより重い……厚いクレープみたいだわ。取りあえず二枚取っておきましょうか)

楓(カレーはとりあえず……ジンジャーチキンカレーと……ベじ…はいどばら?良く分からないけれど野菜カレーみたいだからこれにしましょうか。一先ず、このくらいで)

楓「よし……頂きます」

楓(ケララパロタをまずは食べてみよう。チキンカレーに漬けてっと)

楓「あむ…はむ…あぐっ」

楓(美味しい……辛いけど、辛いだけじゃない。スパイスの奥深さってものを感じるわ)

楓(それに……ケララパロタも最初見たときは何じゃこりゃと思ったけど……いいじゃないか)

楓(普段見かけるナンとは違って、少し重くて密度があるけれど……歯ごたえがあって、モチモチしてる……。そして……カレーともよく合う)

楓(ナンだけじゃない。新しい発見をしたわ)
7: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:28:59.81 ID:FzM8CPEt0
楓(ベジカレーの方も、おおっ……カレーというよりはスープって感じだけど……味は濃厚でしっかりスパイシー……なるほど、インドにベジタリアンが多い理由が分かるわ)

楓「ふぅ……まだ足りないわね」

楓(今度は、このチリチキンみたいなやつと…モグラヒチキン……モグラカレーと)

楓(さっきから気になっていた君にしよう。ワダくん。ドーナツみたいだけど変な名前だ)

楓(さぁ……第二戦だ)

楓(まずはチリチキンから……)

楓「うん……いいじゃないか、いいじゃないか」

楓(想像通りの味だわ……うん、辛い。食が進む)

楓(さて……次はワダ君にしよう。まずはカレーにつけないで一口……)


楓「んっ……これはこれは」

楓(ドーナツみたいだからパン生地かと思ったけど……フワフワしてる。ゆるふわだ……ゆるふワダ。ふふっ……)

楓(さぁ、今度はカレーに浸けて……モグラカレーにしよう)

楓(ほぉ……モグラカレーも侮れない味だ……カレー軍団の中でもしっかり個性を確立してる。辛みが強く……そして鶏肉が柔らかい)

楓「んふふっ……」
8: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:29:26.15 ID:FzM8CPEt0
楓(さぁ、残りのカレーを制覇しよう。……ラストスパートだ)

楓(サフランライスを多めに持って……ワダを一つ……ワダのお供には、この狙ったかのように置いてあるサンバルカレー……そしてライスにはモグラカレーをどばぁーっと)

楓(よし……完璧だ)

楓「はむっ……がつ……あむ…」

楓(ライスにカレー……ライスカレー。まさに王道を征く味だ……美味しい)

楓(サンバルカレーはどうかしら……うん、優しい味だ。お豆のカレー……オクラも入ってるわ……いいぞぉ。ワダとの相性も抜群……ナンに負けてないぞ)

楓(いいなぁ……このお店。どれを食べてもスパイシーで……辛いだけじゃない奥深さを感じる)

楓(あと一巡できそうだけど……残してしまうとマズい。これで終わりとするか……)

楓「……ご馳走さまでした」

楓(会計はこのレジでするのね……あっ!!)


楓(タピオカ……デザートがあったのか……くぅっ……惜しい、ただただ惜しい)

楓(ごめんなさい……今度来るときは忘れないわ)

楓「ふぅ……」

楓(南インドカレー……香辛料に彩られた良いお昼だった)

楓(タピオカ……必ずまた来るわ)

楓(さぁ……午後の仕事も頑張るぞ……)
9: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:46:38.30 ID:FzM8CPEt0
CM「ちゅ」

ちひろ「大体、名アイドルはワンテイクOKですよね」

監督「よく聞きます」

のあ「私も、テイクワンに最も集中するから……任せなさい」

のあ「……では、始めましょうか」

脚本「マンションはチヒロハウス」

のあ「へぇ……チヒロハウスはちひろの会社なのね……」

監督「ニュアンスは、のあさんにお任せします。テイクワンよーい!」

カチッ

のあ「マンションも……チヒロハウチュ」キリッ
10: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:47:08.29 ID:FzM8CPEt0
ちひろ「…………」

スタッフ「…………ちゅ?」

監督「のあさん……今、微妙にハウスがハウチュに……」

のあ「だって……」

のあ「ハウチュ」「ハウチュ」キリッ 「ハウチュ」ドヤッ

ちひろ「……あはは」

のあ「もういい。もう一回やりましょう」

監督「ありがとうございます!」

のあ「ハウスッ……!ハウスッ!」

監督「では、テイクツーよーい!」カチッ
11: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 13:47:40.30 ID:FzM8CPEt0
のあ「マンションも……チヒロハウチュ」

監督「なんで……チヒロハウチュなんだ……」

のあ「…………っ」

マンションもチヒロハウチュ
15: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:28:44.86 ID:FzM8CPEt0
第二話「新宿区 高田馬場のロシア料理」

楓(初めて降りたけど……学生がいっぱいね)

楓(電車に乗っている間にも、いろいろな学校が見えたし……学生街なのかしら)

時間や社会に捕らわれず、幸福に空腹を満たす時

束の間、彼女は自分勝手になり、自由になる。

誰にも邪魔されず、気を遣わずにモノを食べるという孤高の行為

この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒しと言えるのである。

「楓のグルメ」
16: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:29:14.67 ID:FzM8CPEt0
スタスタ

楓(ビッグボックス……歓迎しよう!盛大になっ)

楓(と遊ぶのはこれくらいにして、早く仕事を済ませてしまいましょう)

楓(三丁目……この喫茶店か……シーサイドキャット)

ガチャリ

高峯のあ「いらっしゃいませ」

楓「ああ……私、昨日お電話した高垣楓です」

楓(メイド服……普通の喫茶店にそれは……)

のあ「昨日の……思い出しました。貴方が高垣さんですね」

楓「はい。早速ですが、猫のオブジェをお探しとの事で……」

のあ「ええ。ですがオブジェ……とは言っても、私が探しているのは只の猫のオブジェではありません」

楓「と言いますと?」

のあ「猫であるが猫でない。そういったオブジェです」

楓「普通の猫のオブジェではダメなんですよね?」
17: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:29:42.54 ID:FzM8CPEt0
のあ「普通……普通という言葉を人々は良く使いますが……普通とは何でしょうか?私はよく普通でないと言われますが……何をどうすると普通なんて……一体誰が決めたのでしょうか」

楓(マズい……この人、私より厄介なタイプだ)

のあ「ところで、コーヒーはいかがでしょうか?」

楓「あっ……頂きます」

のあ「砂糖は?」

楓「お願いします」

のあ「どうぞ」

楓「ありがとうございま……」

のあ「とうっ……」

楓「あれ……消えちゃいました」

のあ「こちらに」スゥ

楓「まぁ!凄いですね。どうやってやってるんですか?」

のあ「それは……営業秘密という事で」

楓「では……もう一回だけ見せていただけますか」

のあ「ふふ……はぁっ」

楓「たぁ」
18: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:30:18.24 ID:FzM8CPEt0
楓(取れちゃった)

のあ「……どうしてお取りに?」

楓「取れるかなって思いまして」

のあ「思っても取らないでしょう……普通」

楓(今……普通って言った)

楓「それでは、後日、資料をお送り致しますので……私はこれで」

のあ「はい……それではまた後日」

ガチャン

のあ「彼女……きっといいオブジェを見つけてくれるわね」

楓(難しいお客様だったわ……それに、難しい話をしていたら)

楓(お腹が……減った)
19: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:30:52.22 ID:FzM8CPEt0
スタスタ

楓(ハンバーグ……焼鳥……どれもしっくり来ない。焦るな……落ち着け……私はお腹が減っているだけなんだ)

楓(……!このビル、結構お店が入ってるわ。少し見て行こう)

楓(うどん……新しい出会いがありそうで釣られるけれど……ロシア料理……いいなぁ。ここにしよう)

ガチャリ

アーニャ「いらっしゃいませ、お一人様ですか?」

楓「はい、一人です」

楓(可愛い店員だわ……)

アーニャ「ではお席にご案内します。コートはあちらに懸けてください」

楓「ここで?」

アーニャ「はい。あ……こちらがメニューです」

楓「どうも」

アーニャ「モスクワセットの料理はアイナメのソテーで、トーポリセットのお肉料理はタバカ……アー……鳥の圧焼のサワークリーム添えです」

楓「ありがとうございます」

楓(さてさて……何を食べようかな。……ん?)

楓(”つぼ焼きは天火で焼いているので熱いです。紙ナプキン等を使い、パイを外してお召し上がりください“か。へぇ、つぼ焼きか……いいじゃないか)

楓(あと……ウォッカは巷で言われているほど強いお酒ではありません。ウォッカを一杯飲み、その後水を飲んで香りをお楽しみください“……残酷だ。残酷です)

楓(とりあえず、つぼ焼きは食べてみたいな。あとピロシキも食べたいし……とすると、トロイカセット……ボルシチとつぼ焼きとピロシキ、そして食後はロシアンティー。決めた)

楓「すみません」

アーニャ「はい」

楓「この……トロイカセットを一つ」

アーニャ「トロイカセット……ですね。少々お待ちください」
20: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:31:21.86 ID:FzM8CPEt0
楓「はい」

楓(さっきまでメニューに集中していて気が付かなかったけれど……いい雰囲気だわ、このお店)

楓(調度品もしっかりしてて……レトロな欧風レストランって感じで、おしゃれ……)

楓(ただ……目の前にウォッカの瓶があるのはいただけない。……目に毒だ)

アーニャ「こちら、サラダになります」

楓「あっ、どうも」

楓(サラダはレタスにきゅうり……あと人参とトレビスに、フレンチドレッシングか……うん、無難で悪くない)

アーニャ「こちら……ボルシチになります。サワークリームを溶かして召し上がってください」

楓(おおっ……来た来た。ロシアの代名詞)

楓「頂きます」

楓(サワークリームを溶かしてっと……一口)
21: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:32:23.33 ID:FzM8CPEt0
楓(んぅー……美味しい。野菜と牛肉のコクとビーツがしっかりマッチしている。さっぱりしているけど薄すぎない。ベストな感じだわ)

楓(玉ねぎ、ニンジン……キャベツもか。具だくさんで結構結構)

楓(そして牛肉……ボルシチがしっかり滲みてる。味わい深い)

アーニャ「ふふ……美味しいですか?」

楓「はい!とっても」
アーニャ「嬉しいです。ではピロシキもどうぞ。熱いので気を付けてくださいね」

楓(ピロシキ……アツアツだ。さてお味は……)

楓「はふ……はふ……はぐっ」

楓(うわぁ……中身がぎっしり、ひき肉で……男の子の味ね。でも油っこくない)

楓(おっと……気を付けて食べないとこぼしそうになるわね。春雨もしっかりアクセントとしての役目を果たしている。)

楓(ふぅ……二品ともペロリと食べてしまった。もう少し味わって食べればよかったな……)

アーニャ「こちらが、つぼ焼きです。熱いので気を付けてくださいね」

楓「はい、どうも」

楓(来たな……つぼ焼き。さて、紙ナプキンと使ってっと)
22: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:32:50.10 ID:FzM8CPEt0
楓「ふん……ふぬぬ」

楓(このパイ……やりおる)

楓(もう一回チャレンジ……よし、取れた)

楓(それにしても、このパイ……良いバターの香りがするなぁでもまずはシチューを食べよう。)

楓「あむっ……」

楓(ふふ……美味しい。生クリームがしっかり効いた濃厚なシチューだ。……パイをつけて食べると……おおー、パイのバター味とシチューの風味が合って、深い……深いぞぉ)

楓(シチュー単体でも美味しいけど……パイが加わることによってもっと美味しくなってるなぁ)

楓(ロシア料理……寒い国ならではの身も心も豊かになる味だ……)

アーニャ「こちら、ロシアンティーになります」

楓「これは……中にジャムが入ってるんですよね?」

アーニャ「はい。ジャムを入れて飲むのはウクライナの飲み方なんですけど、ロシアでもこの飲み方をする人はいるので……ロシアでは、ジャムをスプーンで口に含みながら飲むんですよ」

楓「へぇー」

楓(知らなかった……)

アーニャ「それでは、ごゆっくり」

楓(ふふふ…ナイストリビア)
23: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:33:22.18 ID:FzM8CPEt0
楓(うん、紅茶も濃い目の紅茶にイチゴジャムが合わさって、良い酸味だわ)

楓「ふぅ……ご馳走様でした」

楓(ロシア料理……初めて食べたけど、寒い国ならではの豊かな味わいだったわ)

楓(さて……そろそろお会計を済ませて、お店を出るか)

楓(ピロシキ……テイクアウトまであるのか)

楓「すみません、ピロシキってテイクアウト出来るんですか?」

アーニャ「はい、いくつ食べますか?」

楓「とりあえず四個お願いします」

アーニャ「はい。少し待っててくださいね」
24: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:34:58.44 ID:FzM8CPEt0
客1「白いの、何食べる?」

客2「私、つぼ焼き、所望!!」

客1「なら、私、トーポリ。白いのは、トロイカ、注文」

客2「うい!注文!」

楓(ふふふ……ウェルカム、ウェルカム)

アーニャ「こちらピロシキです」

楓「はい。どうも」

アーニャ「またのご来店をお待ちしてます」

楓(さぁ……ピロシキをお供に、午後の書類作成といきますか)
25: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:49:43.70 ID:FzM8CPEt0
CM「ぴにゃこら太」

のあ「へぇ……立派なマンションね。チヒロハウス……?」

穂乃香「……はい」

ちひろ「カーット!!」

ちひろ「いやーいい演技でしたよ、のあさん」

のあ「どうも……」

ちひろ「次のカットの事で相談なんですけど……」

ちひろ「どうですか?」

ぴにゃこら太「」デン

のあ「……ぴにゃこら太?」

ちひろ「違います。ぴにゃ↑こら太です」

のあ「ぴにゃこら太……」

ちひろ「これを着て欲しいんですよ、のあさん」

のあ(何で……ぴにゃこら太なのかしら……)

ぴにゃこら太「ぴにゃこら太ぁッ」
26: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:50:14.14 ID:FzM8CPEt0
穂乃香「行ってしまうんですか?」

穂乃香「ぴにゃこら太っ!行かないでくださいっ」

のあ「……素晴らしいマンションだったわっ」

タッタッタッ

ちひろ「はい、カーット!!」

のあ「………………暑い」

ちひろ「いやぁーいい演技でしたよ、のあさん」

のあ「……どうも」

ちひろ「じゃあ次のシーンに」

のあ「……監督」
27: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 16:50:42.74 ID:FzM8CPEt0
ちひろ「どうしました?」

のあ「この衣装と……マンションの間に何の関係があるのかしら」

ちひろ「関係?ある訳ないじゃないですか、のあさん」

のあ「な……っ…………何!?」

ぴにゃこら太「ピニャコラタァッ」

デン デン デン!!

のあ「チヒロハウス」
29: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 17:26:08.53 ID:FzM8CPEt0
>>28
一応、店については分かる人は分かる程度には書いてます。筆者の良く食べにいった所からのセレクトなので、あまり自信はありませんが……
あとその他のネタも一応、いつもより控えめに盛り込んでるので、まぁそこらへんも楽しんで下さい。

あとSSの設定ですが、346プロの自主企画ドラマです。だからアイドルが店員やったりしてます。
30: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 18:08:07.32 ID:FzM8CPEt0
第三話「千代田区 秋葉原のせせり丼」

楓(秋葉原……昔はオタクの町で有名だったけど……最近ではその頃の面影が無くなってきてる)

楓(それに……人も増えたなぁ)

楓(こう人も増えると昔みたいにコスプレした人も減って……)

蘭子「いざ、猛虎の牙城に侵攻せんっ!!(まずはとら○あなに行きましょう!!)」

飛鳥「ふふ、行先は君に任せよう」

凛「ねぇ、私達目立ってないかな」

奏「大丈夫よ、似合ってるわ」

楓(う……黒歴史を思い出す)

時間や社会に捕らわれず、幸福に空腹を満たす時

束の間、彼女は自分勝手になり、自由になる。

誰にも邪魔されず、気を遣わずにモノを食べるという孤高の行為

この行為こそが、現代人に平等に与えられた最高の癒しと言えるのである。

「楓のグルメ」
31: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 18:08:39.66 ID:FzM8CPEt0
楓(さてと……メイドカフェウサミンだったかしら?……見つけた)

ガチャリ

心「いらっしゃいませー☆お一人様ですかぁー☆」

楓「あの……私、安部菜々さんに用がありまして」

心「菜々店長に?ちょおっと待ってろー☆菜々さーん!!」

菜々「はいはーい!あ!楓ちゃんじゃないですかー!!久しぶりですねっ」

楓「はい、お久しぶりです、菜々先輩」

菜々「ちょっと楓ちゃん!先輩とか言っちゃダメですー!」

楓「えっ……」

菜々「菜々は今十七歳ですからね!!」

楓「は……はぁ」

楓(わ……訳が分からないわ)

ツンツン

楓「ん?」

心「察しろ☆」

楓(ああ、メイドの時は十七歳って事なのか……大変だなぁ)
32: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 18:09:06.90 ID:FzM8CPEt0
楓「ところで菜々せ……菜々ちゃん」

菜々「はい!何ですか?」

楓「先日、お電話いただいた件なんですけど……一応サンプルを持って来たんですけど」

菜々「うわぁーっ、可愛い置物ですね」

楓「はい。可愛い兎の置物という事だったので」

菜々「楓ちゃんに頼んで正解でしたね。ではこれでお願いします」

楓「はい、じゃあ後日、品物をお送りしますね」

菜々「はい!その時にはパフェを作ってお待ちしてますね!」

バタン
33: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 18:09:36.97 ID:FzM8CPEt0
楓(高校時代の先輩が店をやってるとは聞いていたけど……メイドカフェだったとは)

楓(でも楽しそうだったなぁ。良かった良かった)

楓(でも私は良くないな。お腹が……減った)

楓(今日は時間もあるし、吟味しながら探そう)

楓(秋葉原……ラーメンとかカレーとか牛丼もあるけれど……がっつりした物は食べたい気分じゃないわ)

楓(こう……お昼ご飯って感じのが食べたい)

楓(そうこうしているうちに……駅の方まで戻ってきてしまった。……あれ、あれいいんじゃないかしら)

楓(居酒屋だけど……お昼もやってる。それに、“お昼ご飯出来ました”この暖簾がいいじゃないか)

楓(私のお昼ご飯……決定)
34: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 18:10:07.03 ID:FzM8CPEt0
楓(地下にあるのね。地下は好きだわ、落ち着いてて)

美優「いらっしゃいませ、お一人様ですか?」

楓「はい、一人です」

美優「カウンターの……左から四番目の席が空いてますので、そこに座ってください」

楓(店の雰囲気は……悪くない。さて、メニューは……せせり丼?せせりって何なのかしら……気になるわ)

楓「すみません、せせりって……何ですか?」

美優「鶏の首の方のお肉です。身が締まってコリコリしてとっても美味しいですよ」

楓「じゃあ、せせり丼一つ」

美優「はい、せせり丼一つですね。千秋ちゃん、せせり丼一つ」

千秋「はい、せせりですね」

楓(コリコリ……どんなお肉なんだろう。楽しみね)

翠「こちら、お通しになります。お食べになってお待ちください」

楓「では……頂きます」
35: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 18:11:16.51 ID:FzM8CPEt0
楓(お通しか、どれどれ……ポテトサラダに梅干にもやしの胡麻和え……ベーシックだけどそれが良い)

楓(味も……うん、美味しい。お酒と一緒に食べたら、もっと美味しいだろうな)

楓(梅干……お昼に梅干は、久しぶり)

楓(うん……懐かしい。お通しも美味しいけど……お皿が可愛いわ)

楓(この小鉢……どこで売ってるのかな)

千秋「はい、せせり丼です」

楓(来ました、来ました、せせり丼。早速だけど……頂きます)

楓(ん……確かにコリコリしてて……でも柔らかく、脂ものってる……美味しい。
タレも下手に自己主張していない……うん、パクパクといけるわね)
36: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 18:12:31.86 ID:FzM8CPEt0
楓(これならご飯大盛りでも良かったかもしれない。……少し、後悔)

楓(おっと、お味噌汁を忘れてた。中には……カブ、にんじん、大根……うん、私の好きなお味噌汁だ)

楓(うん……お昼ご飯って感じのお昼ご飯だった)

楓「ご馳走様でした」

楓「ふぅ……」

楓(絶対、夜来よう。混むだろうけど)

志乃「……ふふ」ウィンク

楓(挑戦状を受け取ってしまった。早く仕事を終わらせよう)

CM「志乃さん、羨ましいです。by楓」

ナレーター「酒場という聖地へ」


ナレーター「酒を求め―」

ナレーター「肴を求め、彷徨う」

柊志乃の酒場放浪記 
38: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 19:19:34.09 ID:FzM8CPEt0
最終話「台東区 上野のとんかつ」

楓「ほふ……ほふはふ……」

楓(さっき買った、このたこ焼き……美味しい)

楓(でも……まだ来ないのかしら、早苗さん)

楓(もう30分くらい経ってるのだけど……電車は遅れてないし……まさか、寝坊)

早苗「楓ちゃーん!!」

楓(あっ、来た来た)

楓「早苗さん、遅かったですね」

早苗「ゴメンゴメン、昨日の夜、お酒飲みすぎちゃってさ……酔いが全然抜けなくて」

楓「いえ、時間はあるので大丈夫ですよ」
39: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 19:20:02.78 ID:FzM8CPEt0
早苗「楓ちゃん、その手のたこ焼き、何処で買ったの?」

楓「アメ横の中で買いました」

早苗「いいなぁ、アタシにも一個ちょうだい」

楓「どうぞ」

早苗「はいはい、ありがとー」
早苗「んっ……ほふ…ほふほふはふっ……はふい」プルプル

楓「あ、熱いので気を付けてくださいね」

早苗「さひにひってよ(先に言ってよ)!!」

楓「ふふ……遅れてきたお仕置きです」

早苗「はぁ……相変わらず、楓ちゃんは読めないなぁ」

早苗「ああっ、これ……楓ちゃんにお仕事持ってきたから、見といて」

楓「ふむふむ……こんなに大きいお仕事……本当に良いんですか?」

早苗「楓ちゃんになら任せられるって思ってさ。あと、あたし、明日からハワイに行くからさ」
40: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 19:20:43.20 ID:FzM8CPEt0
楓「ハワイ……美味しいものが一杯ですね」

早苗「へへへ……良いでしょ。あ、何かおみあげでリクエストある?」

楓「マカダミアチョコレートの高いので」

早苗「マカダミアナッツのチョコレートね。じゃあ、あたしは荷物の用意しなきゃいけないから行くね。お仕事よろしくねー」

楓「はい、気を付けて」

楓(早苗さんからのお仕事は、面倒だけど大口のお仕事が多いから、やりがいがあっていい)

楓(でもハワイか……いいなぁ)

楓(ハワイの食べ物の事を考えていたら、お腹が……減った)
41: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 19:21:09.69 ID:FzM8CPEt0
楓(上野は見渡す限りご飯処……慌てるな、自分の感覚を信じて……お店を嗅ぎ当てるんだ)

楓(おっ……ここなんかいいんじゃないのかしら)

楓(ロースかつ700円……値段的には魅力的だけど、まぁお店の中を少し見てから考えよう)

ガラガラ

楓(サラリーマンでいっぱい……これはひょっとするとひょっとするんじゃないかしら)

楓(よし……ここにしよう)
42: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 19:21:39.07 ID:FzM8CPEt0
東郷あい「いらっしゃいませ、お一人様ですか」

楓「はい、ひとりです」

あい「ではカウンターの席にどうぞ」

楓「はい」

楓(綺麗なお店だわ……真面目なお店なんだろうな)

楓(さて、何を頼もうかな)

楓(メニューは……ロースかつにカキフライに……ミックスフライ、ヒレカツか……)

楓(ロースかつも悪くないけれど、ここはヒレカツにしよう)

楓「済みません、ヒレカツ定食を一つ」

あい「ヒレカツですね。少々お待ちください」
43: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 19:22:10.68 ID:FzM8CPEt0
楓(周りはロースかつを食べている中で一人だけヒレカツ……ロースカツが人気なのかしら)

楓(目の前で揚げてくれるのが良いなぁ。本格的)

あい「こちらヒレカツ定食になります」

楓(山盛りキャベツにヒレカツ……美味しそう。お味噌汁は蜆のお味噌汁ね、ぐっど)

楓(ご飯も結構量があるから、食べがいがあるわね)

楓「いただきます」

楓「あむっ……あぐ……もぐ」

楓(ヒレカツが柔らかくて美味しい。お肉は重いのに衣は軽い。うん、ソースもいいなぁ)
44: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 19:22:39.72 ID:FzM8CPEt0
楓(ヒレカツを食べて、ご飯を食べて、さらに浅漬けをお口に入れる。ああっ……美味しい)

楓(よし、浅漬けが無くなったらお味噌汁だ……止まらない、私のお箸は止まらないっ)

楓「はむ……もぐ……はむはふ」

楓(ふぅ……いつの間にか食べきってしまった。とっても美味しかったわ)

楓「ご馳走様でした」

あい「また来てくださいね。あとお忘れ物とか無いようにしてくださいね」

楓「はい……また」

楓(気持ち良い接客もまた良きなり)

楓(さぁ、明日は浅草ね。何を食べにいこうかな)

おわり
46: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 20:24:21.15 ID:FzM8CPEt0
おまけ
CMの残り

CM「ぴにゃこら太X」

のあ「へぇ……これがチヒロハウスの新しい家……」

ちひろ「外張り断熱と太陽光発電で光熱費を約40パーセントカット減らせるみたいですよ」

のあ「なるほど……でも建物がXの形をしているのは何故なのかしら」

ちひろ「そこに目をつけるとは……流石はのあさん」

ちひろ「そこで……」

ぴにゃこら太X「」

ちひろ「これをのあさんに着てもらいたいんです」

のあ「また……ぴにゃこら太……!」

ちひろ「ただのぴにゃこら太じゃない、ぴにゃこら太Xです!」

ちひろ「建物に因んでXにしてみました!」

のあ「ぴにゃこら太……エックス」

ちひろ「やってくれますよね!」

のあ「……ちょっと……考えさせて下さい……」
47: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 20:24:49.98 ID:FzM8CPEt0
デン デン デン!

のあ「チヒロハウス」

CM「仕事は選ぼう」

のあ「ぴにゃこら太X……」

ちひろ「やってくれますよね!」

のあ「この役には……もっとふさわしい人間がいるわ」

のあ「年齢的にも……例えば……岡崎泰葉とか」

ギュン!!

岡崎泰葉「岡崎泰葉です。宜しくお願いします」

ちひろ「これなんですけど」

泰葉「喜んで着させていただきます」

のあ「えっ……!?」

泰葉「外張り断熱と太陽光発電で!光熱費とCO2を約40パーセントカット!!」

泰葉「こんな感じでどうでしょう、監督」

ちひろ「完璧です」

のあ「……ええ……っ」

デン デンデン!!

のあ「チヒry」
48: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 20:25:23.88 ID:FzM8CPEt0
CM「リフォーム」

のあ「へぇ……ライブ会場のリフォームね」

ちひろ「チヒロハウスはリフォームも得意なんですよ」

ちひろ「そこで私もぴにゃこら太をリフォームしてみました。これです」

ちひろ「ぴにゃこら太アクセルですよ、のあさん」

のあ「なっ……何をやっているの貴方は……」

ちひろ「着て、頂けますね」

のあ「無理に決まってるでしょう……こんな布があって無いようなもの……」

ちひろ「そうですか、残念です。じゃあ、誰か他に良い人は?」

のあ「少し考えれば思いつくでしょう……新田美波とか新田美波とか……!新田美波とか……!!」

ちひろ「好きなんですね、のあさん」

のあ「や、ち、ちがっ……」

デン デン デン

のあ「チry」
49: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 20:25:53.80 ID:FzM8CPEt0
CM「ミスプロ意識」

ちひろ「そうですか、残念です。なら他に良い人は?」

ギュン!

武内P「新田美波です。宜しくお願いします」

ちひろ「美波ちゃん、これなんですけど」

武内P「申し訳ありませんが……私どもの新田は被り物はNGでして」

のあ「そこ?……NGなのはそこなの……!?」

美波「私、必然性があれば着ますっ//」

ちひろ「どうですか、のあさん?」

のあ「必然性だらけだわ。むしろ必然性しかない」

美波「リフォームもっ!チヒロハウスっ!!」タユンタユン

美波「どうですか、監督」

ちひろ「どうですか、のあさん」

のあ「完璧ですッ!!」ホッコリ

デン デン デン!!

のあ「ry」
50: ◆2vQ.vRCmts 2015/01/30(金) 20:26:21.00 ID:FzM8CPEt0
CM「大団円」

ちひろ「そうだ!今度のCMはエックスとアクセルのラブロマンスにしましょう!」

のあ「……」

撮影前夜。

のあ(泰葉……この前は、無理矢理押し付けて悪かったわ。ぴにゃこら太Xは私がやるから……)

ぴにゃこら太X「どうしたんですか、急に呼び出して」

のあ「ごめんなさい大した用事では……っ、何をやっているの……!?」

泰葉「明日は大事な撮影なので、今から役作りをしておこうと思いまして」
泰葉「チヒロハウスは省エネな家を建てるのもでリフォームも得意なんだぴにゃ」キリッ

泰葉「これが、明日の大事なセリフです」

のあ「そう……頑張りなさい」

撮影当日。

美波「しっかりして!ぴにゃこら太X!!」

泰葉「貴方は……大丈夫」

美波「私は大丈夫です」

泰葉「最後に伝えたいこゴハぁッ!!伝えたい事がァッ!!」

美波「何!?」

泰葉「チヒロハウスは省エネな家を建てるのもでリフォームも得意なんだぴにゃ」キャッピピピピーン

美波「分かったから、もう……」スゥ

のあ「カットォ!!」

のあ「チヒロハウスが素晴らしいって事を伝えるために!こんな芝居……!必要ないでしょう……!!」

ちひろ「確かに」

ちひろ「でも楽しいでしょう」

のあ「何!?」

泰葉「そう!家は楽しいところっ♪」


のあ以外全員「笑顔の集まる楽しいところ♪」

全員「チヒロハウスは楽しいとーころー♪」

ちひろ「これからの女子寮のご利用もも宜しくお願いしまーす♪」

終わり
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/30(金) 22:48:49.25 ID:VPe+uKX30
乙です

のあが可愛いし泰葉がはっちゃけたり楽しかった♪
またやって欲しい

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS