FC2ブログ

【ミリマス】北沢志保「うそつきの口紅」

2: ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:16:32 ID:BIi
事務所

志保「プロデューサーさん」

P「んー?お疲れ志保、どうした?」

志保「今忙しいですか?」

P「いや、別に火急の仕事じゃないから忙しいってほどでもないな。どうした?」

志保「いえ、次の撮影の現場まで送っていただけたらなって」

P「おっけー、キリつけちゃうから10分ぐらい待てる?」

志保「はい、お願いします」


注目記事




3: ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:17:43 ID:BIi
車内

P「だいぶ秋めいてきたな」

志保「そうですね」

P「ちょっと前までめちゃくちゃ暑かったもんなぁ」

志保「このぐらいが過ごしやすいですね」

P「だな。暑いのはどうも苦手だ」

志保「どうせ寒いのも苦手なんですよね?」

P「お、さすが志保。よく分かってるな」

志保「プロデューサーさんと付き合いも長いですから」

P「志保も変わったよなぁ」

志保「そうですか?」

P「そうだよ。最初の頃なんて『一人でも大丈夫』が口癖だっただろ」

志保「口癖ってほどじゃないです。…けど、そうでしたね」

P「まぁ、こうやって送迎を頼んでくれるくらいには信頼してくれて、プロデューサー冥利に尽きるね」

志保「これからも送迎をお願いしますね」

P「送迎以外も面倒みさせてほしいんだけどな」

志保「冗談ですよ」フフッ
4: ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:18:41 ID:BIi
スタジオ

P「さて、じゃあ俺はスタッフの皆さんに挨拶してくるな」

志保「はい、お願いします」

P「ウチからはあと奈緒が出演するよな。他の現場から直で来るはずだから合流しといて」

志保「そんなの言われなくても分かってますよ」

P「厳しい…大丈夫だと思うけど、他の演者さんに粗相のないようにな」

志保「そんな…プロデューサーさんじゃないんですから」

P「マジで厳しいんだけど!まぁいいや、行って…あ、監督さんお疲れ様です」


「ん?あ、765さんとこの!お疲れー」

「ご無沙汰しております。本日はウチの横山と北沢がお世話になります」

「かたいなー。何度もご一緒してる仲じゃないの」

「いえいえ、そんな―――」


志保(演技は上達してるはずなんだけど…素直になるのって難しいな)
5: ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:19:45 ID:BIi
奈緒「しーほっ!」ダキッ

志保「きゃっ!奈緒さん、びっくりするじゃないですか」

奈緒「びっくりさせるためにやっとるんやもん、驚いてくれな私がアホみたいやん」

志保「奈緒さんは元からアホっぽいですけどね」

奈緒「マジで!?」

志保「冗談です」

奈緒「冗談かー…志保の冗談は心臓に悪いわー」

志保「でも、緊張は和らいだんじゃないですか?」

奈緒「お、おぉー。確かに!っていうか志保、よく私が緊張しとる分かったな?」

志保「奈緒さんはバラエティを中心に活躍されてるので。久しぶりのドラマだしもしかしたらな、と」

奈緒「…志保、ホントに私の3個下か?サバ読んどるんちゃうん?」

志保「本当に14歳ですよ」

奈緒「ホントか~?私が14歳のときはもっと落ち着きなかったで?」

志保「奈緒さんは今でも落ち着きがないですけどね」

奈緒「グサッ!…いや、今度は騙されへんで、また冗談言うんやろ!」

志保「いえ、今のは本気ですけど」

奈緒「うわー!志保が私をイジメるーー!!」

志保(…楽しい)
6: ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:21:10 ID:BIi
P「二人とも、お疲れさま」

志保「お疲れ様です」

奈緒「お疲れさまですー、プロデューサーさん」

P「奈緒は久しぶりのドラマだったし、もっとかたくなってるかと思ったけど心配いらなかったな」

奈緒「はい!本番前に志保がリラックスさせてくれたんで!」

P「志保が?」

志保「べっ、別に、奈緒さんが勝手にそう思ってるだけです!」

奈緒「んっふっふ~、じゃあそーゆーことにしとこかな♪」

P「志保。ありがとな、頼もしいよ」

志保「…どういたしまして」

奈緒「あ!志保が照れとる!めずらし~!なぁなぁ、写メ撮ってええ?」

志保「いいはずないでしょう!ほら、衣装着替えに行きますよ奈緒さん!」

奈緒「あ、志保待ってや~!プロデューサーさん、ちょっと待っとってな!」

P「はいはい、待ってるからさっさと行って来なさい」
9: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:41:58 ID:kkX
控え室

奈緒「なぁ、志保」

志保「なんですか?」

奈緒「さっきも言うたけど、緊張ほぐしてくれてありがとな。おかげ様で楽しくやれたわ」

志保「…どういたしまして」

奈緒「ふっふ~、志保はかわええなぁ!」ダキッ

志保「ちょっ、抱きつかないでくださいって!」

奈緒「なんで?ええやん!あぁ~、肌すべすべやなぁ」

志保「なにをオジサンみたいなことを、ちょっ、どこ触って!」

奈緒「…ホントに14歳かいな。14歳で私と1センチしか変わらんってすごない?」

志保「なにを真顔で言ってるんですか!」

奈緒「これは周りの男がほっとかんやろ、告白とかされるんちゃう?」サワサワ

志保「そ、そこはっ…もう、いい加減に、してください!!」ゴンッ
10: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:45:34 ID:kkX
志保「…奈緒さん、すみませんでした」

奈緒「いや、ええよ。私もやり過ぎたわ~」

志保「そうですね」

奈緒「あれっ」

志保「私が謝ったのは先輩である奈緒さんを殴ってしまったことです。その他のことに関しては奈緒さんが悪いです」ギロッ

奈緒「…すみませんでしたぁ!」

志保「…ふふっ」ゾクッ

奈緒「…志保?」

志保「あぁ、いえ。奈緒さんを虐めるの楽しいな、と思いまして」ニコッ

奈緒「アカーーン!志保が何かに目覚めようとしてるーー!!!」
11: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:46:26 ID:kkX
奈緒「志保ー、そろそろ行こかー」

志保「はい。奈緒さんこそ忘れ物とかないですか」

奈緒「…なんや、志保がどんどん私を子ども扱いしてるような気がするんやけど」

志保「半分気のせいですよ」

奈緒「半分は事実やないか!」

奈緒「…って、あれ」

志保「どうかしたんですか?」

奈緒「志保、口紅落とさへんの?」

志保「あぁ、発色が気に入ったのでこのままつけていようかなと。メイクさんにも商品名を教えてもらいました」

奈緒「へぇ~」ニヤニヤ

志保「なんですか、ニヤニヤして」

奈緒「いやぁ~?見せたい男でもおるんかなぁって」

志保「いませんよ、そんなの。ほら、プロデューサーさんを待たせてますし行きますよ」

奈緒「あっ、待ってや志保~」

志保(…プロデューサーさん気づくかな)
12: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:50:15 ID:kkX
車内

P「2人とも、けっこう時間かかってたな。なにしてたんだ?」

奈緒「も~、オンナノコの着替えには時間がかかるものなんです!プロデューサーさんはデリカシーがないなー」

P「アイドルのプロデューサーやってる身で、デリカシーないと言われるのは耳が痛い…」

志保「事実じゃないですか」

P「…奈緒、志保がめっちゃ俺に厳しいんだけど」

奈緒「多分、愛情表現の1つちゃいます?」

P「ならいいんだけど」

志保「違いますけどね」

P「…違うらしい」

奈緒「あはは…。あ、プロデューサーさん!今日の志保なんか違うと思いません?」

P「んー?今はさすがに後ろ見られないからなー。お、ちょうど赤だ」クルッ

志保「ジロジロ見ないでください」

P「そう言われてもなぁ。うーん、いつもどおり可愛いけど」

志保「もっ、もう!なにを馬鹿なこと言ってるんですか!奈緒さんもニヤニヤしてないでなにか言ってください!」

奈緒「志保はかわええなぁ」ホッコリ

志保「なんなんですかアナタたちは!」
13: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:51:31 ID:kkX
P「冗談だよ。口紅引いてるな。いつもより大人っぽくて、可愛いって言うより綺麗だ」

志保「!」

奈緒「おぉ~、大正解!さすがやなぁプロデューサーさん!あ、青やで」

P「サンキュー。ま、いつもお前らのこと見てるしな」

奈緒「なぁなぁ!私もいつもとなんか違うとこあるんやけど分かります?」

P「今日のお昼に食べたであろうたこ焼きの青のりが歯についてるぞ」

奈緒「えっ!?嘘やん!?たこ焼き食べたのは昨日の夜やし…」

P「まぁ嘘なんだけどな」

奈緒「うっわ!今のドヤ顔めっちゃムカつく!志保もそう思わへん?…志保?」

志保「え、あ、すみません。聞いてませんでした。なんでしたか?」

奈緒「いや、たいしたことやないんやけど…大丈夫か?」

志保「あ、はい、思ってた以上に疲れてたみたいで―――」

志保(気づいてくれた…それに、綺麗だって。)
14: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:52:33 ID:kkX
ショッピングモール

P「あ、志保」

志保「…プロデューサーさん、こんにちは」

P「よっ。志保は何しに来たんだ?」

志保「私は、買い物に来ただけです。というかプロデューサーさんの私服、初めて見た気がします」

P「そうか?まぁ、プライベートで会うこと中々ないしな」

志保「そうですね。プロデューサーさんの私服、なんというか普通ですね」

P「服で冒険はしない主義なんだよ。志保は私服のセンスもいいな。さすがだ」

志保「…どうも。そういえば、プロデューサーさんはどうしてここに?」

P「久しぶりに休みを取れてさ。家にいても暇だから、映画でも見ようかなって」

志保「1人で映画ですか?」

P「映画は1人で見る派なんだ。志保は誰かと見るタイプ?」

志保「いえ、映画自体あまり見ないので…弟に付き合わされて特撮の映画を見に来たりはありますが」

P「なるほど。っと、せっかくのオフを邪魔しちゃ悪いな。じゃ、また事務所で」

志保「……」

志保「あっ、あのっ」

P「ん?」クルッ

志保「私も、映画にご一緒してもいいですか…?」
15: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:53:45 ID:kkX
志保「プロデューサーさん」

P「…なんだよ」

志保「けっこう、映画で泣くタイプだったんですね」

P「うわあぁぁぁ!言うな!だから映画は1人派なんだよ!!」

志保「いえ、私もウルッとはしましたよ。…っふふ」

P「笑うな!」

志保「だって、劇場に、プロデューサーさんのすすり泣き声が響いて…ふふっ」

P「…よしっ!今日はいいところにご飯食べに行こう。それで今日の件は忘れてください、お願いします」

志保「別に断ってくれてもよかったのに」

P「志保から誘われて断れる男なんていないと思うぞ」

志保「…ばかですね、ホントに」クスッ
16: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:54:24 ID:kkX
車内

P「志保、今日はありがとな」

志保「こちらこそ。ごちそうになっちゃいましたし」

P「1人じゃあんなとこ入れないしな。逆に助かった」

志保「では、これで映画の件は黙っておきますね」

P「ぜひそうしてくれ。…そういえば」

志保「はい?」

P「今日も前つけてた口紅塗ってるんだな、薄くだけど」

志保「気付いてたんですか」

P「アイドルの些細な変化くらい気づけないと、プロデューサーは務まらないからなぁ」

志保「…気に入ってるので」

志保(プロデューサーさんが褒めてくれたから、なんて言えないけど)
17: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:56:03 ID:kkX
志保「…あっ」

P「どうした?」

志保「そういえば、今日買い物に来ていたんでした」

P「あー、すまん。俺が連れまわしちゃったしな」

志保「いえ…必需品ってわけでもなかったので」

P「なにを買いに来てたんだ?」

志保「あそこの7階で、絵本の展示会がやってて、いいグッズがあれば買おうかな、と」

P「悪い、せっかくの機会だったのに」

志保「いえ、忘れてた私のせいですし、楽しかったので全然…」







志保「――いえ、やっぱりプロデューサーさんのせいです」

志保(言葉を染めて、ちょっとだけ素直に!)
18: ◆CS7uVfQgX. 2018/10/02(火)11:56:39 ID:kkX
志保「なので、今度は私に付き合ってもらいますからね。デ、デート、のつもりで来てくださいっ」

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。