FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:01:24.39 ID:Ix5xXLG60
未央「ご褒美」

P「……は?」

未央「ご褒美が欲しい!!CDデビューの!」

P「急に何を言い出すかと思ったら……」

未央「いいでしょ~!待ちに待ったCDデビューだよ?私、頑張ったよ?」

P「まぁ、確かに頑張ってたな」

未央「でしょでしょっ!だから、ご褒美が欲しいなーって♪」

P「うーん……」
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:06:38.01 ID:Ix5xXLG60
未央「ねっ、ねっ?いいでしょ~?」

P「まぁ、別にいいけど……何が欲しいんだ?」

未央「やたっ♪えっとね……最近みんなお仕事で忙しかったじゃん?」

P「そうだな」

未央「事務所でちょっと会って話すだけ。とかだったし、寂しかったんだよ~!」

未央「だから、オフの都合を合わせて貰って、みんなでパーっと遊びに行きたいんだ!」

P「こりゃまた難しいお願いだなぁ」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:11:05.49 ID:Ix5xXLG60
未央「でもでもっ、久しぶりにみんなで遊びに行きたいんだよ~!お願いっ!」

P「……わかった。善処しよう」

未央「ホント!?やったっー♪」

P「でも、突然仕事が入ったりする事もあるのはわかっとけよ?」

未央「わかってるって。ありがとう♪」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:16:03.83 ID:Ix5xXLG60
――

未央「みんな、おっはよ~っ!」

卯月「おはよー!」

凛「おはよう」

奈緒「おはよ」

加蓮「おはよう」

藍子「おはようっ」

智絵里「お、おはようっ」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:20:13.44 ID:Ix5xXLG60
P「……」

未央「どーしたのプロデューサー。元気が無いぞー!」

P「いや、なんで俺まで……」

未央「みんなで、って言ったでしょ♪もちろんプロデューサーも含まれてるよ~」

P「俺は仕事がまだ……」

卯月「まぁまぁプロデューサーさん」

凛「たまにはいいんじゃない?こういうのも」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:25:03.71 ID:Ix5xXLG60
奈緒「そうだな」

加蓮「最近お仕事ばっかだったしね」

P「そのお仕事が残っててですね……」

未央「お仕事ならちひろさんに全部押し付けてきたよ!」

P「わーお」

藍子「あ、あはは……」

智絵里「ちひろさん、ちょっと大変そうでしたけど……」

未央「でもたまには息抜きも必要だって引き受けてくれたんだっ♪」

P「流石ちひろさん、アイドルのみんなには優しいんだなぁ……」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:30:25.52 ID:Ix5xXLG60
凛「プロデューサーもしばらく休んでなかったでしょ?」

卯月「たまにはみんなで遊びましょう!」

P「……まぁ確かに最近休んでなかったな」

未央「でしょうっ!それに美少女7人とデートなんて中々無いよ~?」

P「それも確かに。他人から見りゃめちゃめちゃ羨ましい状況だろうなぁ」

未央「でしょでしょ!ファンに見られたら刺されても文句言えないレベルだよ」

P「わかったわかった。それで、どこ行くんだー?」

未央「いっぱい!」

P「え?」

未央「とにかく色んなところに、いっぱい、遊びに行こう!」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:31:04.92 ID:fcgsl41B0
比較的キャラが薄めの正統派アイドルばっかりだな。
こういうのでいいんだよ、こういうので。
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:35:32.52 ID:Ix5xXLG60
――洋服店

藍子「どうかな?」

卯月「すっごく可愛い!藍子ちゃん似合ってるよ!」

藍子「ふふっ、ありがとう。買っちゃおうかなぁ」

藍子「プロデューサーさんはどう思います?」

P「ん?いいんじゃないか、卯月の言う通り似合ってるし」

P「可愛いと思うぞ」

藍子「あ、ありがとうございます……なら買っちゃおう」
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:40:47.44 ID:Ix5xXLG60
奈緒「……」

奈緒(このスカート、可愛いな……)

奈緒(いや、でもスカートだし……柄じゃないっていうか……そもそも似合うかどうかもわかんねぇし……)

智絵里「試着、してみたら……?」

奈緒「ぅぇっ!?」

智絵里「奈緒ちゃんに似合うと思うよ?」

P「そうだな。奈緒普段パンツルックばっかだから新鮮だし可愛いと思うぞー」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:45:14.26 ID:Ix5xXLG60
奈緒「ち、違うんだよ!これは、その……」

奈緒「そ、そう!!智絵里に似合うんじゃないかって見てたんだよ!こういう可愛いのは智絵里みたいなのが着るべきだ!」

智絵里「え、え?」

奈緒「ほらこっち!試着してみようぜ!」

智絵里「で、でも……」

奈緒「いいからいいから!」

P(絶対似合うのになぁ……)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:50:23.17 ID:Ix5xXLG60
未央「しっぶり~ん!これ!これ着てみて!」

凛「え?なんで私が……」

加蓮「凛!こっちも」

未央「えー?それいつもと同じ感じじゃない?どうせならもっと違うの着せようよ~」

加蓮「む……凛にはこういうかっこいいのが似合うんだからいいじゃん」

未央「でもたまにはこういうフリフリのワンピースとかも……」

凛「……というか自分たちのを選びなよ……」

あーだこーだ
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 22:55:18.03 ID:Ix5xXLG60
未央「ね、プロデューサー!」

加蓮「どっちがいいと思う?」

P「え?」

加蓮「絶対私が選んだ方のが似合うよね?」

未央「いーや!私のほうだよねプロデューサー!」

P「えーっと……」

加蓮「絶対こっち」

未央「いいやこっちがいい!」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:00:23.62 ID:Ix5xXLG60
P「奈緒ー卯月ー、選んであげてくれ――

奈緒「ほら!やっぱり似合ってる!」

藍子「うん!すごく可愛いよ、智絵里ちゃん」

智絵里「あ、ありがとう……」

卯月「ねぇ智絵里ちゃん!こっちもちょっと着てみて!」

智絵里「え?は、はい……」

藍子「あ、こっちにも智絵里ちゃんに似合いそうなのが」

智絵里「あ、あの……」

奈緒「じゃあ次こっちな!やっぱ智絵里には可愛いスカートとか似合うからこういうのが……」

P「……平和だねぇ」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:07:18.49 ID:Ix5xXLG60
未央加蓮「どっちなの!?」

P「うーん……」

P「……凛に似合うのは、加蓮のほうだな」

未央「えぇー」

P「凛はスタイルいいからジーンズが映えるし、落ち着いた配色でカッコイイと思うよ」

加蓮「ま、当然だよね」

P「……でも、見たいのは未央のほうかなぁ」

加蓮「え?」

P「薄いピンク色とか……凛は売り出してるイメージ上そういう衣装着せないからさ」

P「ピンクでフリフリのワンピースを着た凛は……凄く見たい」

未央「だよねだよね~!じゃあしぶりん、着てみよっか♪」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:11:26.96 ID:Ix5xXLG60
凛「う、うぅ……」

未央「うわぁ……」

加蓮「……可愛い」

P「おぉ……」

未央「しぶりん可愛い!っていうか足長っ!」

凛「ちょ、ちょっと恥ずかしい、かな」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:16:07.46 ID:Ix5xXLG60
P「いやでもすげぇ可愛い……」

凛「……ホント?」

P「ああ、普通に似合ってる。……こういう路線もアリだな」

凛「そ、そっか……」

未央「じゃあ今度はこっち着よっか♪」

加蓮「あ、待って!今度こそこっちを――
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:22:10.57 ID:Ix5xXLG60
――ごはん!

加蓮「あ、藍子のそれ美味しそう」

藍子「これ?……よかったら食べる?」

加蓮「いい?じゃあ一口だけ……」

藍子「はい、どーぞ。あーん」

加蓮「ぁーん……。ん、おいひ」

卯月「藍子ちゃん藍子ちゃん。私もー♪」

藍子「ふふっ、はいどーぞ」

卯月「おいしー♪」

藍子「じゃあ私は智絵里ちゃんのそれを――
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:27:27.87 ID:Ix5xXLG60
――CDショップ

「スミマセン、これください」

奈緒「あ、アレ」

未央「ん~?」

智絵里「未央ちゃんのCD……」

未央「わ、わ……買われてる……」

凛「ふふっ」

卯月「よかったね、未央ちゃん」

未央「う、うん!」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:32:04.51 ID:Ix5xXLG60
藍子「じゃあ私たちも買おうかな?」

未央「ふぇ?」

加蓮「とりあえず3枚くらい……」

卯月「あとでCDにサインしてね、未央ちゃん♪」

未央「ちょ、ちょっとみんな!恥ずかしいからやめてよ~!」

凛「私の時は一番最初に未央にサインしたからね。今度は私のに最初にサインだね」

P「いや、そこは俺だろう」

未央「ぅぅ……――
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:37:04.59 ID:Ix5xXLG60
――

未央「ふーいっぱい遊んだねー!」

卯月「そうだねー」

未央「次は、どこ行こっか!」

藍子「あ、私と智絵里ちゃんはそろそろラジオの収録が……」

未央「あり?そうなのー?」

智絵里「うん……だからここで、ごめんなさい」

未央「そっかー……残念」

加蓮「……私と奈緒も、少し行くところがあるから」

未央「えっ?二人も?」

奈緒「ああ、ちょっと用事が、な」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:41:55.90 ID:Ix5xXLG60
凛「私と卯月も。ちょっと買いたいものがあるから」

P「お前らもか」

未央「か、買い物なら付き合うよ?」

凛「いいからいいから」

卯月「……あとは二人でゆっくりね!」

未央「えぇ!?」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:46:05.15 ID:Ix5xXLG60
凛「じゃ、私たちは行くから」

P「おー。いってらっしゃい」

卯月「プロデューサーさん、未央ちゃんまた明日ねー!」

未央「あ、う、うん!」

P「……」

未央「……」

未央「ど、どうしようか……」

P「未央はもう行きたい所無いのか?」

未央「えっと、えっと……うん」

P「そうか……なら高台行かないか?夕焼けが綺麗だと思うぞ」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:51:15.72 ID:Ix5xXLG60
――

未央「わぁ……!綺麗」

P「そうだな……」

未央「この街ってこんなに綺麗だったんだね……ふふっ」

P「どうした?急に笑い出して」

未央「ふふっ。べーつに!」

P「ははっ、変なやつ」

未央「なにおう!」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/22(火) 23:56:09.48 ID:Ix5xXLG60
未央「あ、見てみてプロデューサー!」

P「なんだ?」

未央「フハハ!まるで人がゴミのようだ!」

P「……何いってんだバーカ」

未央「なっ!バカとは何さ!」

P「ばーかばーか」

未央「プロデューサーひどーい!こうしてやるー!」

P「わ、ちょ……あははっ!!わ、脇はやめろ!!」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:01:02.44 ID:DD7UvX8i0
未央「こちょこちょ~!」

P「ひひひっ、や、やめろって!!あっはっは!!」

未央「どうだどうだ!」

P「あっはっは!!!っはっは、ひっひ!!」

P「わ、悪かった!!くくっ!!ごめんって!だからやめてえ!」

未央「ん、よろしい」

P「おう……っふー」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:05:00.50 ID:DD7UvX8i0
未央「……」

P「……」

P「……で、いつまで抱きついてるんだ?」

未央「……んー。もうちょっと、このままで」

P「そっか」

未央「うん……」

P「……」
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:08:30.16 ID:DD7UvX8i0
未央「……ねぇ、プロデューサー」ぎゅうっ

P「んー?」

未央「……ありがとね」

P「……どうしたんだ急に」

未央「いや、なんていうかさ……その」

未央「さっき、CDショップ行ったでしょ?それで店頭に並んでる私のCD見たらさ」

P「うん」

未央「凄い嬉しかったんだ。これ、私のCDなんだーって。このCDには私のために作られた曲が入ってて。それを私が歌ってる」

未央「それが店頭に並んで、ファンのみんなに買われるんだって」

未央「そう思うと、すごく嬉しかった」

P「はは……そっか」
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:15:01.68 ID:DD7UvX8i0
未央「ほら、それでカラオケに私の曲が入っちゃうかも、なんて思うと」

未央「私って、アイドルなんだなぁ……って」

P「……ああ、そうだよ」

未央「……」

未央「『ニュージェネレーション』……。この企画でしまむーとしぶりんと私が抜擢されて」

未央「この三人で色んな企画やったりしてきたけどさ」

未央「しぶりんは最初からすごく人気出て……しまむーもじわじわと人気出て行く中で」

P「……」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:17:42.25 ID:DD7UvX8i0
未央「私だけ人気が出なかった。その現実を見るといつも思ってたんだ」

未央「ああ、私って魅力無いのかなぁ……って」

P「違う!そんなことは無い、未央は――

未央「うん、わかってる。いつもそうやってプロデューサーは慰めてくれたもんね」

未央「……まぁ、そういうことも思ってたんだ私は」

P「……」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:19:07.59 ID:DD7UvX8i0
未央「でも……でも。握手会とかイベントで、私を応援してくれるっていうファンに会ったり」

未央「私宛のファンレターなんか貰うと凄く嬉しくて……心がいっぱいになって……」

未央「こんな私でも応援してくれるファンの人がいるんだ」

未央「なら、アイドル頑張ろう。そう思えたんだ」

P「……うん」

未央「それで今回CDが発売してさ、さっきのファンの人が買ってくれたのとか見ると」

未央「ああ、アイドルやっててよかった……そう、心から思えたんだ」

P「……そっか」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:24:02.67 ID:DD7UvX8i0
未央「今私ね、凄く楽しいんだ!レッスンも、ライブも、握手会とか、地方のイベントとか全部ぜーんぶ!」

未央「アイドルやるのがすっごく楽しいんだ!」

P「……うん」

未央「……でも私は一人じゃ絶対にここまで来れなかった。一人じゃ、途中で挫折してたよ」

未央「しまむーやしぶりんが、みんないたから……頑張れた」

未央「……そしてなにより」

未央「プロデューサー……あなたがいたから、私はここまでこれたんだ」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:28:25.30 ID:DD7UvX8i0
未央「プロデューサーがいてくれたから、ずっと隣で支えてくれたから……私はここまで来れた」

未央「辛い時も、悲しい時も私を支えてくれたから」

未央「楽しい事や、嬉しい事を一緒に喜んでくれたから。ここまで頑張れた」

未央「だから……だから、ありがとう」

P「……お礼を言うのはこっちのほうだよ」

未央「え?」

P「未央がアイドルとして輝くのを見る度、俺だってすげー嬉しかった」

P「辛い時も、未央はずっと頑張ってたよな」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:31:34.40 ID:DD7UvX8i0
P「凛や卯月がライブやってる時に自分はレッスンしてて……辛かっただろうに」

P「お前は弱音を吐かず、一生懸命。全力で目の前のことに取り組んでた」

P「そんなお前を見ててずっと思ってた。未央を、俺がプロデュースできてよかったって」

P「絶対に、未央を輝かせてみせるって」

P「お前が頑張ってる姿を見て、俺も頑張ろうって、そう思えた」

未央「……」

P「……だから、えーと」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:35:03.96 ID:DD7UvX8i0
P「レッスンとか、ライブとか……アイドル、頑張ってくれてありがとう」

P「俺のスカウトを受けてくれてありがとう」

P「あの日、渋谷を歩いていてくれてありがとう」

P「……俺と、出会ってくれてありがとう」

未央「……プロデューサー」

P「……っ」

未央「……ぷっ。何泣いちゃってんの……」

P「だって……」

未央「それにさっきのセリフ、キザすぎ」

未央「似合ってないよ……?」

P「……うる、さい……っ!俺はなっ……」

未央「あーはいはい。わかってるわかってる」

未央「よしよし」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:39:39.17 ID:DD7UvX8i0
P「……」

未央「……」

未央「……ん、落ち着いた?」

P「……ああ、すまない」

未央「……ホントだよ~。年下の女の子に泣きついちゃってさ!恥ずかしくない?」

P「別に、未央だから気にしない」

未央「む……それはどういう意味なのかな~!」

P「……未央になら、素の自分を出してもいいやって意味だよ」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:42:17.51 ID:DD7UvX8i0
未央「……」

未央「……ふぇ?」

P「どうかしたか?」

未央「あ、い、いや!別に……なんでも!」

未央「…………私になら、か、えへへ」

P「……」

未央「……」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:45:40.73 ID:DD7UvX8i0
未央「……プロデューサー」

P「ん?」

未央「……私ね、プロデューサーに出会えて、本当に、本当によかった」

P「俺もそう思ってるよ」

未央「今までありがとね」

P「どーいたしまして。……でもここで終わりじゃないぞ?」

未央「……うん」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:49:17.45 ID:DD7UvX8i0
P「CDデビューは一つの始まりだ。アイドル『本田未央』はこれから更に輝く」

未央「うん!」

P「だから……」

未央「……うん。これからもよろしくね?プロデューサー」

P「こちらこそ、よろしく未央」

未央「……ずっと、よろしくね!」

P「ああ!」

未央「……」

P「……」

未央「ねっ、プロデューサー」

P「……なんだ?」

未央「だーいすきっ!」
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:50:20.71 ID:DD7UvX8i0
972bfbbe49504d82ab35e88efd2f0bd8.png
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:50:46.23 ID:bryc7QCI0
おっちし☆
ちゃんみおが可愛い
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:51:19.97 ID:j2ZHz8MM0
やっぱ未央が一番可愛い乙
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 00:53:31.94 ID:9ZgIcsNQ0
やっぱちゃんみおはいいな

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2018年10月01日

    大変よろしかったです。

    友達、仲間との距離間とPへのそれは似てるようで別物で、
    でもやっぱり似ていて、によによする

    本当によかったです

  2. とあるSSの訪問者 2018年10月02日

    ちゃんにおは正義

  3. とあるSSの訪問者 2018年10月04日

    こういう普通に可愛いのでいいんだよ(^o^)

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ