FC2ブログ

異世界転移主人公「へえ、ここが異世界か」

1: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:32:56.28 ID:OrKBncO/0

僕が、自分の部屋に引きこもって早1年

本来であれば、高校三年生になっている年齢だ

僕が部屋に引きこもっている理由は、まあいろいろあるのだけれど

そうだな、例えば学校の勉強は社会で全く役に立たないからだとか

幼稚なサルたちと談笑にふけることに意義を見いだせないからだとか

ちょっとだけ見込みがある女の子に声を掛けたら、いきったオス猿に殴られたからとか

皆より知性が一つ抜きんでた僕をやっかむサルたちが、僕に暴力的に接するからだとか

……まあ、特に気に掛けるほどでもない諸々の事情からだ


勘違いしないで欲しいのだけれど、僕は世界から隔離されているわけではないぜ

僕は僕自身の意志で、世界を僕から隔離しているんだ

それに、世界と僕との接点は完全に途切れたわけではない


ほんの僅かではあるが、世界には僕と同様に高尚な知識と燦燦と輝く才能に溢れた

見込みのあるやつらが一定数存在している

僕は、そういう選ばれた知識層とのみネットを介して繋がっているのだよ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1527604375
2: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:33:26.55 ID:OrKBncO/0

世界の有能達が発する情報を集め、自己研鑽に努めていた

そんなある日のことだ

僕は、文化的知識人たちが自らに内在するイメジを体外に昇華させている研究会に足を運んだ

(まあこれは比喩的表現で、実際には、とあるサイトを覗いただけなのだが)

そこで僕は、多くの人々が、共通して憧れる異世界というものを知った


それは、中世欧州をベースとするものの

人間の膂力を上回る魔物や、科学を超越する魔法といった僕たちの世界では存在しないものが

ごく自然に受け入れられている世界だった


そして、その世界は事あるごとに口を開き

僕たちの世界から、優秀な人材を強引に連れて行ってしまう


その行いは、某国がやっている拉致と何ら変わりなく思えるかもしれない

しかし、拉致される人物は得てして僕らの世界では正当な評価を受けられていない者たちばかりだ

もちろん、拉致された本人も新たな世界を受け入れ

そこで、自身の有能を示していくのだから誰に文句が言えようか
3: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:33:53.06 ID:OrKBncO/0

そして、僕は異世界に憧れた

こんな世界とは決別して、僕は僕が持ちうるすべての力をもってして異世界の救世主になることを決意した

だって僕は、どの主人公よりも有能で、知性に溢れ、ルックスも自分で言うのもなんだが悪くない

僕以上に、異世界の主人公たる人物は

それこそ想像の世界にしかいないはずだ


本当に異世界に行けると信じているのか?

異世界なんて本当にないのに?

もしかして、空想と現実が区別できていないんじゃないか?

僕に対して、そんな疑問を抱いた君

おめでとう、君は学校にいたサルたちと同レベルだ


僕は在学中に、そんな言葉を散々投げかけられてきたが

僕に言わせれば、そんな低劣で愚鈍な質問に答える必要などない


まあ、それでも僕がどれだけ優秀で

世界の理を理解しているか

その一端を示すこともやぶさかではない

サルにも理解できるように、異世界が本当にあるという立証をしてさし上げようじゃないか
4: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:34:19.82 ID:OrKBncO/0

そうだな……いま、君が手にしている物は何だ

そう、それはPCもしくは、それに類する何かだろう

そういった科学文明を我々が謳歌できているのは、何故か考えたことはあるかい

答えは簡単さ

それは、多くの人々が発達した科学文明を夢に抱いたからだ


こんな魔法の箱が欲しいな、夢想家がそう願う

夢想家の夢を知った技術者が、この魔法の箱を作れないかなと思考する

技術者の青写真を、商売人が目をつける

皆が皆、同じ方向を向いたからこそ現代科学文明は成立しているというわけだ


不特定多数の人間が、共通の願望を持った時

それは莫大なエネルギーを生むんだ


では、多くの文化的知識人がネット上、もしくは書籍の中で、理想の異世界を思い描いている現状をどう見る

この膨大なエネルギーはどこに発散されるかを考えてみるんだ

残念なことに、僕らの世界が科学文明を捨てて異世界に生まれ変わるとは

いくら夢想家の僕でも、無理だということはわかっている

では、行き先を失ったエネルギーは何処へ行くと思う
5: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:34:48.69 ID:OrKBncO/0

そう、どこにも行けないんだ

エネルギ―は行く先を失ったがために何処かに留め置かれることになるだろう

そのエネルギーは、どんどん蓄積されていく

世の夢想家たちの願いが、どんどんどんどん溜まっていき

そうして膨れ上がったエネルギーは力場を形成し

膨らみ切った風船が、そうなるように

いつか弾け飛ぶ


俗に言う、ビッグバンってやつさ

わかるかい

観測こそ出来ていないが、僕らの宇宙とは違う時空に既に異世界が存在していることは

容易に想像できるだろう?


僕の理論に基づけば

僕らの理想の異世界は、もう出来上がっていると断定するに値するほど確たるものなのだよ


さて、異世界の存在を立証したところで僕は行動に移ろうと思う

そう、僕もこの下品で低俗な世界を飛び出し、異世界に向かおうというわけだ

だが先人たちに倣って、召喚されるのを待つというのは――

受け身な姿勢が、どうにも気に食わない

僕としては、積極的行動によって待ち時間なしに異世界へと迅速な転移を実現したい
6: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:35:15.60 ID:OrKBncO/0

そういうわけで、僕は異世界へ転移する魔法

『派遣魔法』を習得することにした


なんだって?そんな魔法はないだって

全く、これだからサルを相手するのは疲れるんだ

先ほどの僕の理論を忘れたのかい

人が念じれば、莫大なエネルギーが発生し、それにによって願いは実現される

有能足る僕の願いは、人一倍のエネルギーを生むだろうことは明らかだ

なれば、存在しない魔法をゼロから作り出すことだって可能に決まっているじゃないか

いいから、黙って見ていろよ


さて、順序良く行こうじゃないか

僕は、まず物質世界を離れアストラル界から魔力を引き出す術を探った

具体的には禅を組み、般若心境を唱えた


別に唱える呪文は、なんでもよかった

心安らかに精神を一点に集中することが、できさえすればいいのだ

般若心境を選んだのは、死んだおばあちゃんがよく唱えていたのを門前の小僧よろしく暗記してしまっていたからだ
7: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:35:42.62 ID:OrKBncO/0

そうして3日ほどの間、僕は禅を組み、般若心境を唱え続けた

するとどういうわけか、母親が僕の部屋にかけられた鍵を無理やりこじ開け

僕に、病院へ行くことを強制した

僕は類まれなる集中力で、事に及んでおり

食事もとっていなかったため、母に抵抗する力が出なかった

そうして、一晩の入院の後

精神安定剤の服用を条件に、僕は帰宅を許された


帰宅してからも、僕は禅を組み続けた

ただ、食事だけは確り採ることにした

薬の服用もだ

そうでないと、母は再び部屋の鍵を壊してしまうであろう

僕にだってプライバシーはある、僕の生活を母に全て詳らかにする謂れはない


予想外だったのは、薬の服用が僕を新たなステージに引き上げてくれたということだ

薬を飲むと、気分が落ち着き

思考がスムーズになった

胸がポカポカと温かくなり不安が解消された

薬の作用によって、アストラル界との接続が容易になっているのは明らかだった

しかも検証によって、薬の数を増やせば増やすほど効果があがることが判明した
8: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:36:10.09 ID:OrKBncO/0

そんなある日、僕は不意に部屋の中からあるものが無くなっていることに気づいた

机の上の瓶の中、たくさん入っていたはずの薬がすべて消えてなくなっていたのだ


そうこれは、僕が『派遣魔法』によって薬を異世界に送り出したという紛れもない証拠だ

僕は、まず魔力を引き出す術を身に着けるべく禅を組んでいたはずだったが

僕の有能性が、一足跳びに『派遣魔法』を発動させるに至っていたというわけだ


そこで一つの疑問が生じる、魔法を発動させるには当然のことながら魔力が必要となる

僕は、無意識のうちに魔力を消費したということだろうか

いや、そんなはずはない

僕は、確かに魔力を感じ、主体性をもって消費しているはずだ


ならば、答えは一つ

精神が高まった時、僕は自身の胸がポカポカと温かく感じた

そこから鑑みるに、魔力とは熱エネルギーそのものであるということだ


魔力と魔法を同時に手にした僕は、修行を次の段階へと移行する

すなわち、小粒の薬よりはるかに大きく、かつ複雑な構造をもった人体を異世界に送り出すために

僕の開発した派遣魔法を、より深く理解する必要があったのだ
9: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:36:43.72 ID:OrKBncO/0

僕は、手始めに家の庭で捕まえたバッタを異世界に送ることにした

だがいくら念じても、バッタを異世界に送り出すことは出来なかった

これは非常に困難な作業に思えたが、魔力が熱エネルギーであることを理解した僕にとっては

少し頭を捻るだけで、その論理的解決手法を見つけることができた


つまり、送り出せないのは単純に出力不足であるわけだから

人工的に起こした炎によって、不足した魔力を補ってやればよいのだ

この手法によって、僕はバッタの身体を完全に世界から消し去ることに成功した


僕は、少しずつ魔法をかける対象を大きくしていった

虫の次は、鳥を

鳥の次は、猫を

猫の次は、犬を

そして最後には、人を


正直、鳥を異世界に送るときは往生した

虫の時は、毛ほども感じなかった罪悪感が邪魔をしたのだ

例え必要とは言え、燃え盛る火の中に生き物を投げ入れるのだから、それは致し方ないことだろう

だが、別に殺すわけではないと自分に言い聞かし僕は実験を続行した
10: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:37:13.08 ID:OrKBncO/0

ここで一つ、告解をしなくてはならない

捕まえた小鳥による修行の際、僕は幾羽かの小鳥の命を奪ってしまった

焚火程度の火力では、十分な魔力が得られなかったためか、彼らが異世界に転移することは無く

この世界に留まり続けたが故に、火に焼かれてしまったのだ

その死骸を僕は、涙を流しながら土に埋めた

そして般若心境を唱えて、彼らに安らかな眠りが訪れるよう祈った


だが、僕は足を止めることはなかった

より大きな魔力を得るために、僕は学校に設置されていた焼却炉を利用することにした

かつて、校内から出るを燃やす為に使われていた焼却炉なら

焚火よりも、膨大な熱エネルギーを生み出すことができるだろう


人目を避け、僕は夜の学校に忍び込み実験を行った

久しぶり見た学校は、僕を少し懐かしい気持ちにさせた

異世界転移が成功したら、この学校を見ることも無くなる

その事実が、僕をノスタルジックにさせているのかもしれない
11: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:37:39.88 ID:OrKBncO/0

鳥、猫、犬を使った実験は全て順調に進んだ

問題は、人体実験に使用する人間の準備だったが

それも、僕の実験をのぞき見していたサルの一人を捕らえることができたため、解消された


サルは、涙を流し喚き散らした

その顔は、かつて勉学に励んでいた僕の肩を執拗に叩いてきたサルの物に酷似していた

だがまあ、人間である僕にとってサルの個体差など見分けられるわけがないのだから

ただの気のせいだったのだろう


そして、初めての人体実験は失敗に終わった

炉の中には明らかに、形をとどめたサルの遺体が残ってしまっていたのだ


僕は追い詰められることとなった

だってそうだろう、今回のサルは偶然手に入れたもので

僕に新しいサルを用意する術はないのだから

これ以上の実験は、不可能に近いと僕は判断した
12: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:38:10.07 ID:OrKBncO/0

ならば、そろそろ覚悟を決める頃だ

石橋は十分に叩いた、これ以上叩いたら壊れてしまう可能性だってある

問題は確かにある、魔力不足による転移の失敗

だが力を尽くし、僕に用意できる限り最大の火力を用いることによって

僕は、自身の異世界転移を実現してみせようではないか


僕は、ホームセンターに行き全財産を使って灯油を買い込んだ

そして、夜を待ち人々が眠りにつくのを見計らい

僕の部屋を起点に、町中に灯油をまいて歩いた

何時間もかかったが、労力に見合う成果は得られるであろうと僕は確信していた


そして、日が昇り始めるのと同時に

僕は、僕の部屋に火を放つ

ほんの一瞬で、僕の部屋は真っ赤に染まる

窓の外に視界を向ける

日の光とは異なる揺らめいた赤色が走っていく

街に広がっていくその様は、まるでドミノ倒しみたいでとても綺麗だ
13: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:38:39.03 ID:OrKBncO/0

僕は、部屋の中心で禅を組み

般若心境を唱える

部屋に溢れる熱で、喉が焼けるが気にしている暇などない

失敗すれば、死ぬだけだ

なに案ずることは無い、僕が失敗なんてするわけないじゃないか

さあ、せっかく皆にもチャンスを与えたんだ、悲鳴を上げている場合じゃないぞ

魔力を高めろ、異世界を望め、エネルギーを貯めるんだ

皆で行こうじゃないか

夢の異世界へ
14: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:39:09.52 ID:OrKBncO/0

目が覚めると、そこは僕の知る世界とは何もかもが異なっていた

空は、血の色みたいに紅く

雲は、新月の夜のように黒い

成功だ、僕は遂に異世界に転移することに成功したのだ


周りを見渡す

どうやら、あの街で異世界転移を成功させたのは僕一人のようだった

僕が、向こうの世界で正当に評価されないわけだ

あの街は、きっと世界有数の低能達が集まる掃きだめだったのだろう


突然、地面が揺れた

そしてそれは、僕の目の前に突然現れた

僕の身長を遥かに超える巨体、人間の形をしているが肌の色は浅黒く

頭には人間にあるはずもない角が生えている

間違いない、魔物だ

飛翔魔法を使って飛んできたのであろう
15: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:39:36.58 ID:OrKBncO/0

なぜ?

そんなのは決まっている、異世界転移者である僕を迎えに

もしくは、魔物の脅威となる僕を排除にやってきたのだ


臨むところだと身構える僕に、魔物は大きな口を開く

さあ、どんな言葉が飛び出ることやら

『お迎えに上がりました勇者様』ならまだしも、『死ね、人間』なんて言うものなら

一瞬で塵芥にしてやろうじゃないか

異世界転移者は得てして、最強の力を得る

僕の新たな力の試し打ちと行こうじゃないか


さあ言え!言うんだ!

それが、貴様の最期の言葉となるかどうかは内容次第だぞ

さあ!早く!早く!早く!

言うんだ! さあ!
16: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:40:03.46 ID:OrKBncO/0






魔物は、にこやかにほほ笑みながら呟いた









「ようこそ、地獄へ」
17: ◆CItYBDS.l2 2018/05/29(火) 23:40:31.79 ID:OrKBncO/0


おわり
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/29(火) 23:50:42.76 ID:z6UaeVEF0
乙。これは良作短編。

関連記事
タグ:

コメント

  1. とあるSSの訪問者 2018年10月02日

    作者西尾維新すきそう、ショートショートのような印象を感じた

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ