FC2ブログ
1: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:29:53.97 ID:o8ylCi2z0

* 短めみほまこ

* 出会って少し経ったくらい


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1523788193
2: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:30:24.12 ID:o8ylCi2z0
麻子「…」

麻子「…」

麻子「…んぅ…」ゴロン

麻子「…」チラッ

AM 1:04

麻子「…」

麻子「(…寝れない)」

3: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:31:00.22 ID:o8ylCi2z0
麻子「(…まぁ、普段からこの時間はまだまだ元気だし、仕方がないか)」

麻子「(気まぐれで今日は早寝してみるかと思って、布団にもぐったは良いがやっぱり眠くない)」

麻子「(眠れる気もしないけど、起きるのも面倒だ。退屈になってしまった)」

麻子「(…うーん…)」


ブブッ


麻子「…ん?」


LI●E:新着メッセージがあります
・西住みほ


麻子「…西住さん?」

4: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:31:38.94 ID:o8ylCi2z0
麻子「(…こんな夜中にメッセージとは珍しいな)」

麻子「(そもそも、西住さんの方から私にメッセージが来ること自体珍しいか)」

麻子「(よほど大事な事か、急ぎの用件か…)」


西住みほ
『麻子さん、まだ起きてますか?』


麻子「(…こういうところでワンクッションおくところは、西住さんらしいな)」

麻子「(それにしても、こんな深夜に…ん?)」


西住みほ
『ごめんなさい、やっぱり大丈夫です。おやすみなさい』

西住みほ
『起こしちゃったらごめんなさい』


麻子「(うん…?)」
5: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:32:15.73 ID:o8ylCi2z0
麻子「(まだ何も言っていないんだが…)」

麻子「(…まぁ、本人が大丈夫と言っているのであれば…)」

麻子「…」

麻子「(大丈夫…大丈夫って、何が?)」

麻子「(…いや、もういいか。寝てしまおう)」

麻子「…」

麻子「…」

麻子「…」

麻子「…気になる」

6: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:32:54.78 ID:o8ylCi2z0
~~~

みほ「…はぁ」

みほ「(私、何やってるんだろう…)」

みほ「(こんなことで、麻子さんに連絡して…)」

みほ「(…こんな夜中に連絡するなんて、やっぱり迷惑だったよね…)」

みほ「(…うぅ…やめておけばよかった…)」

みほ「…」

みほ「…」

みほ「…眠れない…」

みほ「(はぁ…どうしよう…)」


ブブッ


みほ「…ん?」


LI●E:新着メッセージがあります
・冷泉麻子


みほ「…あ…」

7: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:33:26.97 ID:o8ylCi2z0
冷泉麻子
『まだ起きてる。どうした?』

西住みほ
『いえ、本当に大したことではないので』

冷泉麻子
『こんな時間に連絡してきたんだし、何もないことはないだろう』

西住みほ
『起こしちゃいましたよね。ごめんなさい』

冷泉麻子
『私も眠れなかったから問題ない』

西住みほ
『ごめんなさい、私はもう寝ますね』

冷泉麻子
『西住さん』

冷泉麻子
『今から電話していいか?』

西住みほ
『え』

西住みほ
『え』


プルルルル…

みほ「わっ…」

9: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:33:58.69 ID:o8ylCi2z0
ピッ


みほ「…も、もしもし…」

麻子『西住さん』

みほ「ま、麻子さん…」

麻子『すまん、もう寝るところだったか?』

みほ「う、ううん、私も寝れなくて」

麻子『そうか』

みほ「…」

麻子『…なんで、私なんだ?』

みほ「え?」

麻子『こんな夜中に連絡してくるなんて、よほどの用事だとは思うが』

麻子『その…こういう時に西住さんが連絡するのは、沙織か秋山さんあたりかと思っていたからな』

みほ「それは…その、前に麻子さんがいつも2時くらいまで起きてるって聞いてたから」

みほ「…こんなことで連絡する相手を選ぶなんて、ズルいことをしてますよね、私…」

麻子『(だいぶ弱ってるな、これは…)』
10: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:34:49.01 ID:o8ylCi2z0
麻子『気にしてない。私も眠れなくて暇だった』

麻子『…それで、何の用事だったんだ?』

みほ「それは…」

麻子『…』

みほ「…少し、嫌な夢を見てしまって」

みほ「戦車のことと、私の前の学校のことだったんだけど…」

みほ「目が覚めたら凄く気持ちが悪くって…」

麻子『(…嫌な夢か。西住さんは、前の学校の戦車道でトラブルがあって、大洗に転校してきたと聞いたが…)』

麻子『(なるほど、何となく察しはつくか)』

みほ「…それで、凄く心細くって…」

麻子『それで私に連絡してきたのか』

みほ「…ごめんなさい」

麻子『さっきからずっと謝ってるぞ。少し落ち着こう』
11: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:35:21.45 ID:o8ylCi2z0
麻子『…西住さん?』

みほ「…あの、私、もう寝るね」

麻子『…』

みほ「電話してくれて、ありがとう。少しだけ楽になったかも」

麻子『西住さん』

みほ「それじゃあ、おやすみなさい」

麻子『…眠れるのか?』

みほ「…」

麻子『西住さん、一人暮らしだろう』

麻子『そんなメンタルで、こんな夜中に一人ぼっちじゃ、落ち着いて眠れないと思うぞ』

麻子『今は、こうして通話しているから気が紛れているだけだろう』

みほ「それは、そうかもしれないけど…」

12: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:35:58.33 ID:o8ylCi2z0
みほ「でも、これ以上麻子さんに迷惑は…」

麻子『そう言うと思った』

みほ「…麻子さん?」

麻子『ドアを開けてくれ』

みほ「え?」


ガチャッ…


麻子「…こんばんは、西住さん」

みほ「ま、麻子さん!?」

麻子「…外は少し寒い。入ってもいいか」

みほ「ど、どうしたの、こんな夜中に?」

麻子「一人ぼっちじゃ落ち着いて眠れないだろう」

みほ「え?」

麻子「…一晩泊めてもらえるかな」

みほ「…麻子さん…」
13: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:36:31.01 ID:o8ylCi2z0
~~~

みほ「…じゃあ、電気消しますね」

麻子「あぁ」

カチッ

みほ「ん…しょっと」モゾモゾ

麻子「もう少し詰めようか」

みほ「ううん、大丈夫」

みほ「あはは、やっぱり同じ布団だと少し狭いね」

麻子「うん、押しかけてすまない」

みほ「あ、ごめんね。そんなつもりじゃなかったんだけど」

麻子「…」

みほ「麻子さん」

麻子「ん?」

みほ「…ありがとう」

麻子「私は何もしてないぞ」

みほ「麻子さん」

麻子「何だ?」

みほ「手、握ってもいい?」

麻子「…あぁ」

みほ「ありがとう」ギュ
14: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:37:09.85 ID:o8ylCi2z0
みほ「…ん…」

麻子「眠くなってきたか?」

みほ「うん…何か、安心しちゃって」

麻子「気にしないで早く寝た方がいい」

みほ「うん」

麻子「明日は…土曜日か。何か予定は?」

みほ「ううん、私は大丈夫」

麻子「なら、寝たいだけ寝ているか」

みほ「…」

麻子「…」
15: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:37:51.98 ID:o8ylCi2z0
みほ「…んぅ…」

麻子「ん?」

みほ「…」

麻子「…西住さん?」

みほ「…」

麻子「寝たのか…?」

みほ「…」

みほ「…グスッ」

麻子「え?」

みほ「ごめんね…ごめんなさい…グスッ」

麻子「…」

みほ「お姉ちゃん…グスッ…」

麻子「(…夜泣きか。もう寝てるのかな)」

みほ「…えぐっ…ひっぐ…」

麻子「…西住さん」ギュ

みほ「んっ…ぐずっ…」ギュ

麻子「…」
16: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:38:21.09 ID:o8ylCi2z0
麻子「(家族の問題か、前の学校で何かあったのか)」

麻子「(…聞かない方が良いか)」

みほ「…すぅ…すぅ…」

麻子「(落ち着いたか)」

麻子「(…)」

麻子「(…不思議だ)」

麻子「(手を握っているだけなのに、私も安心して眠くなってきた)」

麻子「(…)」

麻子「(…西住さん…)」

麻子「…」

麻子「…すぅ…」
17: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:38:51.22 ID:o8ylCi2z0
~~~

みほ「…」

みほ「…んっ…んん…」

みほ「…んぅ…もぅ朝…?」

みほ「…ん?」

麻子「すー…すー…」

みほ「あ、あれ?麻子さん?なんで?」

みほ「…あっ」

みほ「(そっか…そういえば昨日…)」


ピンポーン…


みほ「? はーい」ガチャッ

沙織「おはよ、みぽりん」

みほ「あれ?沙織さん?」
18: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:39:23.93 ID:o8ylCi2z0
沙織「…あれ、みぽりんまだ寝間着?もう11時だよ?」

みほ「えっ!?嘘っ!?」

沙織「ずっと寝てたの?珍しいね、こんな時間まで」

みほ「あはは…ちょっと…」

沙織「それで既読つかなかったんだね…」

みほ「あ、ごめんね」

沙織「ね、ところで今日ヒマ?」

沙織「今から華と一緒に映画見に行くんだけど、良かったら来ない?」

みほ「あー…」チラッ

麻子「…すー…すー…」

みほ「…ごめんなさい、今日はちょっと」

沙織「ううん、気にしないで。じゃ、私行ってくるね。また今度遊ぼっ」

みほ「うん、また」

バタン
19: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:40:26.67 ID:o8ylCi2z0
麻子「…んぅ…西住さん…」ゴロゴロ

みほ「あ、麻子さん。ごめんね、起こしちゃった?」

麻子「うぅん…」

みほ「…よいしょっと」モゾモゾ

麻子「うん…?西住さん、まだ寝るのか…?」

みほ「…麻子さん、まだ眠い?」

麻子「あぁ…沙織がいれば、この時間にはもう起こされるんだが」

みほ「…今日は、麻子さんが寝たいだけ寝てていいよ?」

麻子「ん…?」

みほ「私も、一緒にこうして寝てるから」

麻子「…休日を無駄にしても知らないぞ」

みほ「…ううん、無駄なんかじゃないから」ギュッ

麻子「そうだな…」ギュッ

みほ「…おやすみ、麻子さん」

麻子「…あぁ。おやすみ、西住さん」



 おしまい
20: ◆o8JgrxS0gg 2018/04/15(日) 19:42:33.46 ID:o8ylCi2z0
お楽しみの所突然失礼
拙者、同じ仲良しグループにいるのに微妙に距離感のある2人の絡み大好き侍
義によって投下、いたす!

僕はこれが限界なのでみんなもっとみほまこ書いて
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 20:29:15.68 ID:WG6ZaFX4O

この二人の見えないけど信頼してる感じが好き
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 23:05:05.09 ID:YouL6NbA0
素晴らしい。不安定みぽりんかわいい
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/16(月) 00:44:53.31 ID:AiBeZZA80
麻子のそっけないように見えるけど思慮深い言動、好き

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ