FC2ブログ

楓「初めましてお義母様」武内P「」

1: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:23:41 ID:PDf
注意事項

・アニメ基準

・武内Pもの





コンコン


武内P「どうぞ」


ガチャ


楓「お疲れ様ですプロデューサー」

武内P「お疲れ様です高垣さん。今日はもう終わりですか?」

楓「はい。打ち合わせが終わって帰ろうと近くを通ったので、寄ってみました。プロデューサーはまだ上がらないのですか?」

武内P「ええ、今日はもう少し頑張ろうと思っています」

楓「今日“は”ですか?」

武内P「……え?」


注目記事




2: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:27:23 ID:PDf

楓「いえ、ただちょっとですね。今日“も”の間違いじゃないかと思いまして。毎日夜遅くまで残業しナイトいけないんですか?」

武内P「その……どうしても気になる点がありまして」

楓「それは、今日中でなければいけないことですか?」

武内P「いえ、そういうわけでは」

楓「でしたら今日はもう止めにしましょう! たまには早く帰って、担当しているアイドルを安心させるのも仕事のうちということで!」

楓「あ、もちろん元担当の私も安心できます。お得ですね♪」

武内P「……そうですね。心配をかけてしまっているようですし、今日はもう止めにします」

楓「そうですか。ではもう帰るんですね?」

武内P「ええ。キリのいいところまで終えたらすぐに帰ります」

楓「……それは、どのぐらいかかりますか?」

武内P「そうですね。だいだい10分ぐらいでしょうか」

楓「わかりました。10分ですね」ギシッ

武内P「……あの、高垣さん?」

楓「どうしましたプロデューサー?」
3: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:28:04 ID:PDf
武内P「その……何をされているのでしょうか?」

楓「プロデューサーの仕事が終わるまで、座って待っていようかと。たったの10分ですし」

武内P「それは……その」

楓「別にプロデューサーが私を騙そうとしているなんて、少しも思っていません。思ってはいませんが――仕事人間のプロデューサーが、あと少しと思いつつ仕事に夢中になって、気がつけば私を騙したことになってしまった……なんてことが起こりえるとは思っています」

武内P「しかし、待ってもらうのは申し訳ありません」

楓「え? 今申し訳ないって言いましたか?」

武内P「は、はい」

楓「そうですかー、申し訳ないんですかー。あー、そういえば今日は川島さんも片桐さんも、飲みに誘ったのにダメだったんですよー悲しいですシクシク」

武内P「その……アイドルが男と二人で飲むわけには」

楓「ちゃんと変装してお店には入りますし、行くところは菜々さんがお酒を飲んでも黙っててくれる行きつけですから」

楓「もちろん、早目に仕事が終わったのにお酒を遅くまで飲んでいつも以上に疲れた、なんてことにはならないようにしますから。おちょこをちょこっとだけ♪」
4: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:28:53 ID:PDf
武内P「は、はあ」

楓「むう、つれない反応ははつれーです。……私とお酒を飲んでも、疲れるだけですか?」

武内P「そ、そのようなことは!! 高垣さんと一緒にお酒を飲めるのなら、むしろ疲れは吹き飛びます!! ですが、問題が――」

楓「では決まりですね! さ、ちゃっちゃと仕事を終わらせちゃってください」

武内P「あ、あの……」

楓「フフ、楽しみです。あなーたしか見えなくなって、おもーい育ってく、ばかり♪」

武内P(……ノリノリです。これはもう、諦めるしか)


スマホ<おーねがい、シンデレラ♪


武内P「っと。失礼しま――」

楓「プロデューサー? 電話に出んわ?」

武内P「……っあ、はい」

武内P「も、もしもし」
5: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:29:19 ID:PDf
???「あらー、やっと出てくれたわね。ちょっと話があるんだけど」

武内P「その、まだ仕事中でして」

???「仕事ってアンタ。いつ電話してもそればっかり。ちゃんと寝て食べてるの? 前から言ってるけど、今の仕事辞めた方がいいんじゃない?」

楓(……ッ!? プロデューサーが仕事を辞めるだなんてとんでもない。いったい誰?)

武内P「と、とにかく話なら手短にお願いします」





武内P「母さん」
6: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:32:55 ID:PDf
楓「……ッ」

武内母「はいはい、手短にね。駿輔、アンタ今彼女はいるの?」

武内P「……母さん、話というのはもしかして」

武内母「こっちの方でお見合いの話があるから、彼女がいないんならしなさい。アンタもういい歳なんだから。相手は地元の娘だし、話がいい感じに進んだら仕事辞めてこっちで再就職するのもいいかもね」

武内母「結婚と再就職が重なるのは大変だろうけど、今の仕事を続けるよりよっぽど楽なんじゃないの?」

武内P「ちょ、ちょっと待ってください!」

武内母「別にね、アンタに尽くしてくれるいい人がいるんなら毎日毎日残業でも心も体も大丈夫かもしれないよ」

武内母「若いから、で体をもたせられる時間は長くないんだから、それこそ若いうちに奥さんを見つけておかないと。でもアンタ父さんに似て奥手だから、お見合いでも用意しないといけないじゃない」

武内P「そ、そうかもしれませんが……私にも考えが」

楓「……スーハー」

楓「――――よし」

楓「お待たせしました駿輔さん。さあ、デートに――あ、電話中ですか?」

武内P「!!?」
7: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:33:36 ID:PDf
武内母「ちょ、ちょっと駿輔!? 今キレーイな声の娘がアンタとデートするって言わなかった!?」

武内P「え? あ、え?」

楓「あの……駿輔さん。もしかして電話の相手は、お義母様ですか?」

武内P「た、高垣さん? 先ほどからいったい――」

武内母「駿輔!!!」

武内P「は、はい!!」

武内母「代わって! その娘と電話代わって! お話しさせてちょうだい!」

武内P「いえ、これは――」

楓(プロデューサー、ここは私に任せてください)ヒソヒソ

武内P「……母さん。変なことは言わないようにお願いします」

武内母「大丈夫大丈夫。まったく、アンタは心配しすぎよ」

武内P「それでは高垣さん。お願いします」

楓「はい」

楓「初めましてお義母様。駿輔さんとお付き合いさせていただいている、高垣楓と申します」

武内P「」
8: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:34:02 ID:PDf
武内母「まあ、やっぱり彼女なのね! あらー、もう嬉しいわ。私は駿輔の母の〇〇よ。駿輔も付き合っている彼女がいるのなら、言ってくれたら良いのに」

楓「駿輔さんはあまりそういうことを言いたがりませんよね。ただ、お義母様には話しておくべきだったとは思いますが、彼には彼の事情もありますから」

武内母「事情ねえ。ところでね、さっきから気になってることがあるの。貴女のお名前って、あのアイドルの高垣楓と同じで……それに貴女の声、歌ってくれたら聞き惚れそうな予感がするのだけど」

楓「はい。その……私、以前駿輔さんにプロデューサーとして担当してもらっていた、アイドルの高垣楓です」

武内母「マッ……!? あの子アイドルに手を出したの!? それも担当していた、トップアイドルに!? やればできるじゃない!!!」

武内P「」

楓「そういった事情もあって、お義母様が相手であっても話しづらかったのだと思います」

武内母「その……アイドルとプロデューサーという立場なのに今の関係になったってことは、遊びとかじゃなくて――」

楓「はい、私は真剣に駿輔さんとの将来を考えています」

武内P「」

楓「そしてそれは、駿輔さんも同じだと信じています」チラッ

武内P「」
9: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:34:29 ID:PDf
武内母「まあ! まあぁ!! 良いお話が聞けて良かったわ。本当はもっとお話ししたいんだけど、二人はこれからデートなのよね? 最後に駿輔と代わってもらっていいかしら」

楓「はい、今日はお話しできて良かったです。それでは駿輔さんと代わります」

楓「はい、どうぞ」

武内P「……………………もしもし」

武内母「ちょっと駿輔! こんなに良い娘と付き合っているなら、事情があっても彼女がいるってことぐらいは報告しなさいよ!」

武内P「これは……その」

武内母「とにかく、愛想を尽かされないように気を付けなさい! それと機会があれば、楓ちゃんをうちに連れてきてね。楓ちゃんが忙しくて難しいようなら、お母さんが東京に出て挨拶するから」

武内P「ま、待ってください! それは――」

武内母「――アンタ、真剣なんでしょ。プロデューサーなのにアイドル、それもあの高垣楓に手を出すぐらいには」

武内P「」
10: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:35:12 ID:PDf
武内母「だったら母として挨拶ぐらいしておかないと。ゆくゆくは親子になるんだから♪」

武内P「は……はい」

武内母「それじゃあ今日のところはこのぐらいにしておくから。楓ちゃんによろしく言っておいてね」ピッ

武内P「……いったい、なぜこんなことに」

楓「プロデューサー、お義母様は私のことを気に入ってくれましたか?」

武内P「……はい、たいへんまずいぐらいに。高垣さん、どうしてあのような嘘を?」

楓「……だってあのままだと、プロデューサーがプロデューサーじゃなくなって、地元に帰ったかもしれないじゃないですか」

武内P「それは……確かに助かりました。したくもない見合いもしなくてよくなりましたし、今の仕事を辞めろと言われることもこれからは減るでしょう。ですがその代わりに、高垣さんに会わせろと言われることになります」

楓「ええ、とても楽しみです」

武内P「た、高垣さん……?」
11: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:36:11 ID:PDf
楓「大丈夫ですよ。私は女優でもあるんですから、プロデューサーの彼女としての演技をばっちりこなしてみせますから」

武内P「そういう問題では……」

楓「そうですね。根本的な問題は、プロデューサーに彼女がいなくてお義母様を心配させていることですよね」

武内P「……確かに、それもあります」

楓「ちなみにプロデューサーはどういった女性と結婚したいと考えているんですか?」

武内P「え……? いえ、まあ歳が近くて、お互いを尊重しあえればと」

楓「……プロデューサー。そんなあいまいな考えだから、お義母様が心配されるんですよ」

武内P「そういうものでしょうか?」

楓「はい。別に結婚相手に求めるものがあいまいでも、次々と女性と付き合う人だったらそのうち『あ、この人と結婚しよう』と思えるから問題ありません」

楓「けど仕事人間で恋愛は二の次のプロデューサーの場合は、しっかり結婚相手に求めるものを決めていて、条件に合う人がいたら積極的に声をかける必要があります。そうでなければプロデューサーがしたくないというお見合いをしないと」

武内P「な、なるほど」
12: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:36:46 ID:PDf
楓「それではプロデューサーの結婚相手の条件を決めましょうか」

武内P「え? ここで今、高垣さんとですか?」

楓「善は急げと言いますし、乗り掛かった舟です。まずは年齢から決めましょう」

武内P「そうですね……私と歳が近い、三十歳前後でしょうか」

楓「……プロデューサー。それはちょっとどうでしょうか?」

武内P「え、おかしいでしょうか?」

楓「プロデューサーは忙しい毎日を送っています。理想の相手を見つけて、付き合って、結婚するにはどうしても時間がかかります。相手を二十八歳と仮定しても、結婚する頃には三十を過ぎています」

武内P「別に私は構いませんが……」

楓「いえいえ、話はここからです。結婚してから子供を作ろうにも、お互いの事情があってやはり数年後に延ばさないといけないという事態は間々あります。そうこうしているうちに相手の女性は初産では難しい年齢になっているでしょう」

武内P「それは……考えすぎかもしれませんが、あり得る話ですね」

楓「はい。かといって若すぎる娘とは話が合わないかもしれませんし、ここは五歳年下ぐらいの女性を理想としましょう!」

武内P「なるほど。二十代半ばの女性ですね」
13: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:37:16 ID:PDf
楓「さて、次は身長です。聞いた話だと、身長差があるカップルの場合、子供を産むとき母胎への負担が大きいそうです」

武内P「……これは特に重大な問題ですね。私の身長は190ありますから」

楓「それなら相手の女性には165……いえ、170は欲しいですね」

武内P「え、160ぐらいあれば大丈夫では」

楓「いいえ、170㎝以上絶対に必要です」

武内P「……そうなりますと、二十代半ばで身長170㎝以上の独身女性となります。これはだいぶ、見つけるのが難しいのでは?」

楓「そうですね。ですから次の条件は緩めにしましょう」

武内P「次の条件はなんでしょう」

楓「おっぱいです」

武内P「」

楓「日本人女性で特に多いのはBとCです。だからBカップ以上を条件とします」

武内P「あの……女性の胸に条件をつけるのは、失礼かと」

楓「でも男の人はおっぱいについて、こだわる人はとことんこだわりますよね?」

武内P「まあ、はい」
14: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:38:02 ID:PDf
楓「……もしかしてBカップ以上という条件に不満で、Dカップ以上にしたいんですか?」

武内P「そ、そんなことはありません! 今の条件でけっこうです」

楓「わかりました。プロデューサーの強い希望で、Bカップを条件とします」

武内P(微妙に条件が変わったような……)

楓「ここまではわかりやすい外見の条件でした。次は中身、性格の方に行きましょう」

武内P「はい」

楓「個人的に私は、プロデュサーには振り回してくれる女性が良いと思っています」

武内P「……そうかもしれません。私は女性を守ることはできても、引っ張っていくことはできそうにありませんから」

楓「た、例えばですけど。友紀ちゃんみたいに子どもっぽいところがあって、実年齢以上に若く見えて相手を振り回す女性はどう思いますか?」

武内P「たいへん魅力的だと思います。例えに出た姫川さんの場合、あの子どもらしさは欠点ではなく長所でしょう」

武内P「お酒の席で絡まれている時は、勘弁してほしいと思う時もありますが……」

楓「でもプロデューサーお酒は強い方ですよね。お仕事もたいへんですし、相手の女性がお酒と一緒に仕事の愚痴を聞いてくれたらグッチョブですね」

武内P「ああ、それはいいですね」
15: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:38:49 ID:PDf
楓「あとは……プロデューサーのお仕事への理解です」

武内P「そこは重要ですね。休みは不定期ですし、本当に忙しい時は泊まり込むこともあり、ライブの関係で出張も多いです」

楓「それに、若くてカワイイ女の娘とイチャイチャもしますよね」ムスー

武内P「え?」

楓「まだ子どもだからと甘やかしていますけど、蘭子ちゃんと小梅ちゃんへのガードが緩すぎませんか? 蘭子ちゃんの体つきは中学生じゃないのに! 小梅ちゃんの妖しさも中学生じゃないのに!」

武内P「た、高垣さん……?」

楓「――というように、仕事への理解が足りないと嫉妬する可能性があります」

武内P「あ、そういう意味ですね」

楓「はい。本気に見えちゃいましたか?」

武内P「はい、一瞬本気に見えてしまいました」

楓「うふふふっ」

武内P(高嶺の花と思われがちな高垣さんですが、こういうお茶目なところもあって親しみやすく、本当に魅力的な人だ……)
16: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:39:18 ID:PDf
楓「さて、ここで一度条件をまとめてみませんか」

武内P「外見の条件が確か、二十代半ばで身長170㎝以上、胸についてはむじょうけ『Bカップです』……Bカップで」

楓「内面については、プロデューサーを振り回す性格でお酒に付き合えて、プロデューサーという仕事への理解が深いことです」

武内P「……あの、この条件に合う人を探して、さらに付き合うのはかなり難しいように思えます」

楓「そうでしょうか?」

武内P「はい。出会うことすら困難です」

楓「では条件に合う人がいたら見逃さずに、すぐに口説く必要がありますね」

武内P「……すぐに口説くというのも、私には難しいのですが」

楓「では条件に合う人を見つけたらすぐに口説けるように、練習をしましょう。はい、始め!」

武内P「え……?」
17: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:39:58 ID:PDf
楓「どうしましたプロデューサー? 近くに理想の女性がいませんか? さあ、口説いてみましょう」

武内P「……あ、そうですね。確かに」

武内P「ンンッ……その、すみません。もしよろしければ、このあと食事でも『ブブー』……ダメでしたか?」

楓「ありきたりすぎます。プロデューサーは自分が思っている以上に魅力的なんですから、もっと自信をもって情熱的にいきましょう!」

武内P「それでは――た、高垣さん」

楓「……楓、です」

武内P「――楓さん。貴女は私の理想です。貴女の一生を私に下さい!!」

楓「――――ッ」

武内P「……高垣さん?」

楓「……あ、はい。良かったです。合格です。これで本番も大丈夫ですよ!」

武内P「大丈夫と言われても……いきなりこんなことを私に言われたら、驚いて警察を呼ばれてしまうのでは」

楓「そんなことありません。今の通りすれば、プロデューサーは理想の女性と結婚できることを保証します」

武内P「は、はあ」

楓「む、私を疑うんですねプロデューサー。ならば本番といきましょう」

武内P「いえ、疑うわけでは――本番?」
18: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:40:30 ID:PDf
楓「はい、プロデューサー。貴女の理想である私が、目の前にいます。さ、練習通りにしてください」

武内P「た、高垣さん? 冗談は――」

楓「保証します。練習通り上手くいくことを」

武内P「……ッ」

楓「……これ以上、言わせないでください」

武内P「す、すみません」

楓「もう、謝らないでください」

武内P「……フゥ」

武内P「た――楓さん」

楓「……はい」

武内P「貴女は、私の理想です。貴女の一生を――私に下さい!!!」





楓「――はい、よろこんで」





~おしまい~

19: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:42:41 ID:PDf
最後まで読んでいただきありがとうございました
某投稿掲示板が利用できなくなったので、こちらの方に引っ越してきました

>>1で楓さんが武内Pのことを「プロデューサー」ではなく「プロデューサーさん」と間違って呼んでいます
すみませんでした
これからよろしくお願いします

※修正しました
20: ◆SbXzuGhlwpak 2018/09/17(月)16:43:17 ID:PDf
これまでのおきてがみ(黒歴史)デース!

【モバマスSS】凛「プロデューサーにセクハラしたい」


加蓮「CPのプロデューサーってかっこいいよね」凛「」


未央「貴方の視線」


楓「私たちも」美嘉「プロデューサーに」小梅「…セクハラしたい」


莉嘉「Pくんってかっこいいよね!」美嘉「」【※武内Pもの】


武内P「襲われました…」卯月「へそ下辺りが満たされました♪」


早苗「CPのプロデューサー君(武内P)ってかっこいいじゃない」楓「どやぁ」


凛(五体投地)「お願いだからやらせてください」武内P「」


島村卯月の性教育【※武内Pもの】


武内P「これは……私の抱き枕?」


藍子「CPのプロデューサーさん(武内P)ってかっこいいですね」未央「」


武内P「渋谷さんがお神酒を飲んだら……」凛「プロデューシャー♪」


武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」


美嘉「アタシは――――処女だから」武内P「」


まゆ「ムリヤリ凸凹×……するんですよね?」モバP「」


蘭子「汝が望む豊かな乳房のため、儀式を行っている!!]武内P「」


武内P「私がロリコンで熟女好きのホモ?」


まゆP「ホモになるぞ!」武内P「その手がありました……ッ!?」


武内P「絶対にアイドルに手を出したりしませんッ!!」


武内P「眠る私に口づけをしたのは」


武内P「パッションな皆さんとの平穏な日常」

21: 名無しさん@おーぷん 2018/09/17(月)20:54:48 ID:h5C
つい一昨日に知って全作読んでたところだったから嬉しいわ
楓さん可愛い
22: 名無しさん@おーぷん 2018/09/17(月)22:54:38 ID:H7b
久しぶりじゃないか
23: 名無しさん@おーぷん 2018/09/18(火)12:22:02 ID:yDg
まってたぜ!へそ下P!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

へそのしたPか!
この人のSSは大好きだ。

長さが物足りないけど、面白かったー

とあるSSの訪問者

お前真面目なものをかけたのか、、
非常に良かったぞ♪

うーん、最高だったわ

とあるSSの訪問者

やっぱり楓さんがNo.1!!!

とあるSSの訪問者

こういうのも婚活というのだろうか?

とあるSSの訪問者

楓さんはこういう策士が意外と似合う!


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。