FC2ブログ

星奈「えへへ~♪夜空だーいすき!」夜空「や、やめろ肉!!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:47:06.44 ID:epW5Eqdz0
夜空「べたべたくっつくな!このバカ肉が!!」

星奈「よ~ぞ~ら~♥」

小鷹「なんだこの新鮮な光景は…」

理科「あーこれたぶん理科のせいだと思います」

小鷹「は?」


注目記事




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 20:58:28.97 ID:epW5Eqdz0
~~30分くらい前

理科「フフフ…ついに完成しましたよ【ヒトメデスキニナールZZ(ダブルゼータ)】!!」

理科「見た目は普通のコ力・コーラ…だがしかしその実体は!飲むと最初に目に入った人物を死ぬほど好きになってしまうトンデモ薬!!」

理科「これを机に放置し、小鷹先輩が最初にやって来て飲んだ瞬間!クローゼットから飛び出し先輩の視界に入れば!」

理科「先輩は理科の虜になる…ふふ、完璧です」

理科「ではしばらく隠れて待ってみましょう」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:06:19.25 ID:epW5Eqdz0
ガチャ

理科(こ、小鷹せんぱ……ってあれ?星奈先輩?)

星奈「あ、コーラあるし。ちょうどノド渇いてたのよねー」ゴクゴク

理科(なん…だと…)

星奈「え、なにこれ…なんか身体が熱くなってきちゃ…」

ガチャ

夜空「……ん?」

星奈「あ。よ…ぞら…」フラリ
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:09:34.56 ID:ZfX//2uO0
なるほどなるほど
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:13:23.90 ID:VtC0jqgd0
いいよ
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:14:11.06 ID:epW5Eqdz0
夜空「どうした肉。妙に顔が赤いが、発情でもしているのか?ふん、さすが万年発情期の淫乱メス豚」

星奈「夜空………スキ」

夜空「ぶっ」

夜空「き、貴様何を言って」

星奈「大好き……愛してる、夜空///」

夜空「」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:22:28.81 ID:epW5Eqdz0
そして現在

小鷹「なるほど、その変な薬を飲んだ星奈が最初に見たのが夜空だったってわけか」

理科「いやーまさかこんな展開になるとは」

理科「まーでも意外とこういうのも理科的にはアリかなと思ったり」ニヤ

小鷹「お前絶対楽しんでるだろ…」

星奈「ねぇーぎゅってして!よぞらぁ~♪」

夜空「するかバカ!!」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:29:51.22 ID:epW5Eqdz0
星奈「夜空!よぞらぁ~♥」

夜空「あーもうやかましいぞ駄肉が!!」

ベチコン!←ハエ叩きの音

星奈「よ、よぞr」

ベチコン!!

夜空「まったく鬱陶しい腐肉だ…」

星奈「い、いひゃい……」ウルウル

夜空「へ」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:37:36.33 ID:epW5Eqdz0
星奈「うぐ…うわああああああああん!!」ポロポロ

夜空「ちょ」

理科「あー夜空先輩泣かしたー」

夜空「いや待て!これは肉が身の程をわきまえずになれなれしくしてきたからであって」

小鷹「でも星奈のヤツ本気で泣いてるみたいだぞ」

星奈「ひぐっ……ひっく、ひっく」ポロポロ

夜空「ぐ…」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:51:36.86 ID:epW5Eqdz0
夜空「………………ちょっとこい」グイ

星奈「ふぇ?」

~~~~~~~~~~~

夜空「……どういうつもりだ?」

星奈「夜空ぁ……スキ♪」ベタベタ

夜空「それはもういい!!」

夜空「ふざけるのも大概にしろ。私は貴様の戯れに付き合っている暇はないのだ」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 21:53:46.73 ID:VtC0jqgd0
こんな星奈も悪くない
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 22:00:03.02 ID:epW5Eqdz0
星奈「…………」シュン

夜空「まったく……肉は肉らしくいつも通り気持ち悪いニヤケ顔で破廉恥なゲームでもしてればいいものを」

星奈「……かえる」

夜空「ああ、さっさと帰れ、豚肉」

星奈「あたし、夜空といっしょに帰る!!」

夜空「…………は?」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 22:11:30.77 ID:epW5Eqdz0
夜空「な、なんで私が貴様と一緒に帰らないといかんのだ…」

星奈「……」ウルウル

夜空「捨てられた子犬のような目で私を見るなっ!!」

星奈「……」ウルウル

夜空「う、ぐぐ……ぐ……」

夜空「チッ……仕方ない。い、一回だけだからな!後にも先にも一回だけだぞ!!」

~~~~~~~~~

夜空「というわけで、先に帰る」

星奈「えへへ、よぞら~///」デレデレ

小鷹「よ、夜空と星奈が二人で帰る、だと…」

理科「明日は地球終了するんじゃないですかね…」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:08:43.67 ID:epW5Eqdz0
帰り道


夜空「……」←不機嫌

星奈「~♪」←すごく上機嫌

夜空「はぁ……どうしてこのバカ肉と帰らなきゃならないのか」

星奈「よーぞーらー♪」ギュ

夜空「え」

星奈「えへへ、夜空の手あったかーい///」

夜空「な、なななななにをする変態肉!!!」
83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:15:46.56 ID:epW5Eqdz0
夜空「は、離せバカ!!」パッ

夜空「脂ぎった手で気安く私の手を触るんじゃないっ、こ、この油肉!!」ドキドキ

星奈「むー」

夜空「だ、だいたい女同士で手をつなぐとか……いったい何を考えて…///」

星奈「えへー♥」ギュ

夜空「話を聞け!!」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:28:05.24 ID:epW5Eqdz0
夜空「あー疲れる…」←結局つないであげた

星奈「~♪」

生徒A「ね、ねぇあの二人ひょっとして」ヒソヒソ

生徒B「金髪と黒髪の美少女のカップル…実に絵になりますわね」ヒソヒソ

夜空(め、めちゃくちゃ注目されてるしっ///)

夜空「お、おい走るぞ肉!!」ダッ

星奈「よ、よぞら?」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:42:04.70 ID:epW5Eqdz0
夜空「ハァ、ハァ…夢中で走りすぎて隣のバス停まで来てしまった」

夜空「まったく、今日は災難な日だ…っておい肉、貴様バス逆方向だろう」

星奈「だってあたし夜空と一緒に帰りたいもん」

夜空「知るか!!……ついてくるなよ、いいか絶対ついてくるなよ」


バス車内

夜空「……」

星奈「~♪」←ちょっと離れたところで上機嫌にしている

夜空(に・くぅぅぅぅ……)
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:43:00.30 ID:VtC0jqgd0
かわいすぎワロタ
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:48:13.66 ID:epW5Eqdz0
駅前


夜空「……」チラ

星奈「えへへへ♪」

夜空「ついてくるなと言っただろう!このアホ肉め!!」

星奈「!」ビクッ

星奈「よ、よぞらぁ……」ウル

夜空「う……と、とにかく私はこれから本屋に用があるのだ!これ以上貴様の相手をする気はない」

星奈「…」

夜空「ふん」スタスタ
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/26(木) 23:59:55.00 ID:epW5Eqdz0
夜空(やれやれ…普段出さないような大声を出しまくったせいでやけに疲れてしまった)

夜空(少し小腹も空いたな…ファミレスにでも寄るか)


ファミレス

店員「いらっしゃいませー!何名様ですか?」

夜空「1名」

夜空(ふっ…一人ファミレスはもうとっくに慣れてしまった)
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 00:05:27.95 ID:MKQUivKI0
店員「1名様ですか?えーっと、後ろの方は…」

夜空「は?」クルッ

星奈「ついてきちゃった♪」

夜空(こ、このぞぬ肉め…!)

夜空「………………1名で」

店員「えっと……」

星奈「……」ウルウル

夜空「あーっ!もう2名でいい!!」
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 00:18:13.94 ID:MKQUivKI0
夜空(クソッ…理科の作った薬のせいで面倒臭いことになってしまった)

星奈「あたしこのスペシャルストロベリーパフェ!!」

夜空「……ショートケーキのセットで」

店員「かしこまりました」

夜空「はぁ……」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 00:28:20.90 ID:MKQUivKI0
~~~~~~~~~~

店員「お待たせいたしました。スペシャルストロベリーパフェでございます」

夜空「また無駄に派手なデザートだな…貴様に相応しい残念スイーツと呼んでやろう」

星奈「いただきまーす♪」

夜空「……」ズズズ←コーヒー飲んでる

星奈「ねー夜空?」

夜空「あ?」

星奈「はい、あーん♥」

夜空「ぶっ!!」
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 00:38:25.70 ID:MKQUivKI0
夜空「バ、バカか貴様は!!///」

星奈「ふぇ?」

夜空「な、なぜ貴様に…その、あ、あ~ん…をしてもらわないといけないのだ」ドキドキ

星奈「……?」

星奈「じゃあ、あたしにあ~んしてくれるの?えへへ♪」

夜空「するかっ!」
262: ほしゅ 2012/01/27(金) 17:41:30.15 ID:ImYCcZng0
星奈「夜空ー!」

夜空「あっ? 肉、貴様は他人の迷惑を考えられない牛に育ってしまったのか。 
大きな雄たけびを放って、うるさいぞ」

星奈「ちょっとだけ大きな声だったけどそんなに責められることじゃないじゃない!」

夜空「まあ、いい。 私の教室にまで押しかけてきてなんのようだ? 」

星奈「あんた、今日のじg……」

夜空「断る」

星奈「ちょっ! まだ何にも用件を言ってないでしょ」

265: ほしゅ 2012/01/27(金) 18:00:47.99 ID:ImYCcZng0
夜空「貴様、人に用件を言うときは簡潔かつ手短に話すということを
わきまえているのか?」

星奈「そんなことぐらいわきまえているわよ! 今のは短すぎるじゃない! 何もはなせること
できないじゃない!」

夜空「ああ? この肉は肉の癖に生意気なことをいうな。 憎らしい肉だな」

夜空「よし、時間をやる。 3秒で用件を話せ。 3秒ルールだ」

星奈「わかったわよ。 3秒で話すわ」

夜空「よーい、スタート」

星奈「あんたの今日の授業体育ある? あったら……」 夜空「ストップ。 3秒たったぞ」

星奈「あーーもーー! 早すぎるわよ! 三秒だけじゃ何も話せないじゃない!」

夜空「ふん、貴様がのろまの牛だからいけないのだ。 さっさと話せばいいのだぞ。 
このようだと品評会で評価を落として、畜産主がかわいそうだな!」
269: ほしゅ 2012/01/27(金) 18:23:07.07 ID:ImYCcZng0
星奈「醜いこといわないでよ! 用件をいえない程度で、そこまで言うことないじゃない! 馬鹿夜空!」

夜空「貴様がさっさといえばいいことだろ。 口答えするんだったらそうしたらよかったのだ。 ふんっ」

星奈「なによ」

夜空「それに、貴様の用件もたいしたことじゃないのだろうな。」

星奈「たいしたことだわ。 大問題よ!」

夜空「なら、いって見ろ」

星奈「6秒よ」

夜空「ちっ、わかった。 6秒だ。 まったく、めんどくさいやつだな!」

星奈「あんたのほうがめんどくさいやつだわ! まあ6秒を受け入れたことには感謝するわ」

夜空「ふんっ、じゃあいくぞ。 よーいスタート」

星奈「あんた、今日の授業体育ある? あったら体操着貸してほしい」

夜空「 断 る 」

309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 20:28:34.69 ID:duDsgqFb0
星奈「夜空のケチー」ブー

夜空「はいはい、うるさいうるさい」

星奈「ねぇ~やってよ~」

夜空(一体こいつは何を考えているのだ…今時普通のカ、カ、カップルですらそんなことしないぞ…)

星奈「ねえってばー」

夜空「……」ズズズ

星奈「や~だ~!あ~んしてくれないとやだやだやだやだやーだー!!」ジタバタ

夜空「駄々っ子か貴様は!!」
319: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 20:38:16.44 ID:duDsgqFb0
周りの客(なんだ?なんだ?)ザワザワ

夜空(…はっ!まずい…こんな場所で変に注目されるなんて冗談じゃない)

星奈「やだやだやだ」ジタバタ

夜空「静かにしろバカ肉!く…うぐ……しょうがない……」

夜空「はなはだ不本意で…まったく気が進まないが…と、特別に貴様に食べさせてやる」

星奈「ほんとにっ!?」

夜空「あ、ああ…」
323: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 20:50:42.14 ID:duDsgqFb0
星奈「ありがとー夜空!」

夜空「あーもううるさい。さっさとやるぞ」

星奈「♪」←口を開けて待っている

夜空(なんという嬉しそうな表情…というかまさか私が肉にあーんをする日が来ようとは…)

夜空「ほ、ほら」ドキドキ

星奈「むー。それじゃダメ!…あ~んってやって?」

夜空「こ、このワガママ挽き肉め…」
330: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 21:05:57.20 ID:duDsgqFb0
夜空(だがさっきのようにギャーギャーと騒がれても困る…クソ、腹をくくるしかないのか…)

星奈「♪」

夜空「あ、あ~~ん………」ソローリ

夜空(なんだこれ…は、はずかしすぎる…///)

星奈「はむ」パクッ

星奈「おいふぃ♥」モグモグ

夜空(顔が火照ったように熱い…なんなのだこの感情は…)ドキドキ
332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 21:10:23.80 ID:6Ar9HRSV0
ついに夜空も・・・
342: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 21:34:11.11 ID:duDsgqFb0
夜空(いや単にこれは羞恥心で熱いと感じているだけだ、そうに違いない)

夜空(わ、私が肉に対して変な気持ちを抱くなんて万が一にもありえない)

星奈「えへへ!お返しに夜空にもあ~んってしてあげる♪」

夜空「い、い、いいいいいるかそんなもの!!」

夜空「だ、だいたい私たちは女同士なのになんでそんなキモイことを」アセアセ

星奈「夜空……あたしのことキライ?」

夜空「うぐっ!」
345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 21:40:28.08 ID:ImYCcZng0
木間市タワー
347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 21:46:24.60 ID:duDsgqFb0
夜空「……」

夜空「あ、ああ嫌いだ!そもそも私は今まで一度たりとも貴様に好意を持ったことはない!」

星奈「え」

夜空「まったく貴様と同じ空気を吸ってるだけで嫌気が差す…憎憎しい肉だ」

星奈「……ひぅ……ぐすっ……」ポロポロ

夜空(ってまた泣・い・て・る・し!!)
354: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 22:01:59.16 ID:ImYCcZng0
しえん
355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 22:05:15.60 ID:duDsgqFb0
星奈「あたし夜空のこと大好きなのに…どうしてそんなこと言うの?」ポロポロ

夜空「あ、いや、その…」

夜空「嫌い、ではあるんだが、その、本気で嫌いというわけではなくて、だな」アセアセ

星奈「じゃあスキってこと!?」

夜空「どうして貴様はそうポジティブに物事を考えられるのだ…」

星奈「恥ずかしがらなくてもいいのに♪はい、夜空、あーん♥」

夜空「ああ、もうっ!」
362: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 22:20:27.20 ID:duDsgqFb0
夜空(今の肉には何を言っても通じなさそうだ…しょうがない…)

夜空「……早くしろ」

星奈「えへへ!はい、あ~ん♪」

夜空(うう……は、恥ずかしくて死ぬ……!///)

星奈「どう?」

夜空「…///」モグモグ

星奈「夜空、あたしと間接キスしちゃったね♪」

夜空「ぶふっ!」
366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/27(金) 22:32:30.88 ID:duDsgqFb0
夜空「か、か間接キスってなにを子供みたいなことを!単に同じスプーンを使っただけだろうが!///」

星奈「あ、あたしたちキス…しちゃった…///」

夜空「【間接】を抜くんじゃない!こここ、この変態肉!!」ドキドキドキ


~離れたテーブル席~

理科「うわーゆりゆりじゃのう」

小鷹「こっそりついてきてみたらとんでもないものを見てしまった…」

理科「にしても夜空先輩と星奈先輩、どっちが受けなんですかね?」

小鷹「しらねえよ…」
476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 07:09:04.33 ID:+/pfkjZk0
~~~~~~~~~~

店員「ありがとうございましたー」

夜空「はぁ…」

夜空(結局、ケーキの味もほとんどわからなかった…周囲の客共は興味津々で見てくるし…)

星奈「ねーねー夜空!次はどこ行くの?」

夜空「私は本屋に行くつもりだが、貴様はついてくるな…と言ったところでどうせ無駄なんだろうな」

星奈「♪」ワクワク

夜空「やれやれ…」
481: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 07:23:21.74 ID:+/pfkjZk0
本屋

夜空(いつもここの店は空いてるな。人が多いとそれだけで息苦しく感じるからな…ありがたい)

夜空(さて、あのファンタジー小説の新刊は、と)

星奈「じー」

夜空「な、なんだ肉…」

星奈「ねー夜空ってこういうのは読まないの?」ヒョイ

夜空(パ、パンツ丸出しの女が男に抱きついている…破廉恥な…。ライトノベルか?)
485: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 07:41:36.88 ID:+/pfkjZk0
夜空「私はそんな低俗でいかにもアホっぽい表紙の本は買わない主義なのだ。まぁ存在自体が下品な貴様にはお似合いかもしれんが」

星奈「ふぅん。じゃあ夜空はどんな本が好きなの?」

夜空「少年まんg…じゃなくて!ファ、ファンタジーとかミステリーとか…まぁそういうジャンルの一般小説だな」

夜空「貴様もライトノベルばかり読んでないで、普通の小説も読んでみたらどうだ?そしたらその残念な脳みそも少しは改善されるかもしれないぞ」

星奈「むー」
488: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 07:57:20.90 ID:+/pfkjZk0
立ち読みタイム


夜空(あ、これは太宰の…)

夜空(……)

夜空(ふぅ…走れムロスはやはりいいものだ)

星奈「夜空っ♪」ヒョコ

夜空「うわっ!…ってびっくりさせるな、このアホ肉!」

星奈「それあたし知ってる!確か主人公が友達との約束を果たすために一生懸命走るのよね!」

夜空「別に走ることが主題ではないんだが…というかこの有名作品を知らない日本人なんていないだろう」

夜空(互いに信頼しあえる友達……か)

星奈「?」
492: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 08:12:05.27 ID:+/pfkjZk0
~~~~~~~~~~

夜空「さて用も済んだし、帰るk」

星奈「♪」ワクワク

夜空「まだついてくる気か貴様は…もうほとんど日も暮れているというのに…」ウンザリ


近くの公園のベンチ


星奈「パパに電話したら、おっけーだって!」トテトテ

夜空「ああそう…」

夜空(親にいちいち許可を取るとか…私としては肉に問答無用のNGを突きつけて欲しかったが)

星奈「となり、いい?」

夜空「……勝手に座れ」

星奈「えへへ♪」チョコン
495: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 08:32:25.27 ID:+/pfkjZk0
ヒュー…

夜空「さむっ!」

夜空(なぜ私はこんなクソ寒い中、肉と一緒にベンチに座っているのだろう…)

夜空「……」スッ

星奈「どこいくの?」

夜空「ちょっとコーヒー買ってくるだけだ」
499: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 08:56:52.24 ID:+/pfkjZk0
~~~~~~~~~

夜空「……ほれ、肉」ポイッ

星奈「わっ?……夜空?」

夜空「私のおごりだ、ありがたく思え」

星奈「えへへ、ありがと~♪」

夜空「だ、だから抱きついてくるなと言ってるだろう!///」

星奈「あ、そうだ!」

夜空「?カバンから何を…」

星奈「じゃーん!」

夜空「マフラーか…で、それがどうしたというのだ?」
502: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 09:11:50.10 ID:+/pfkjZk0
星奈「ふふーん!これをこうやって…」マキマキ

夜空「な、なにをする肉!っておい、こ、こら!」

星奈「えへー、どう?」

夜空(い、一本のマフラーを二人で…って距離が近い!)ドキドキ

星奈「まるでカップルみたい♥」

夜空「な、な、なにバババカなことを言っているのだ貴様は!///」

夜空(しかし…悪い気はしない…なぜだ)ドキドキ
507: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 09:27:03.61 ID:+/pfkjZk0
星奈「よぞらー、髪の毛さわってもいい?」

夜空「へ」

星奈「夜空の髪、さらさらしてるー♥」

夜空「バ、バカ!!やめろ!!///」

夜空(さらさら…当然だ。これでも髪には結構気を遣っている…店員はウザイが、美容院にも行ってるし)

夜空「まったく…許可もなく勝手に私の髪に触れるとは。ゆるさん」

夜空「貴様の髪もくしゃくしゃにしてやる」ワシャワシャ

星奈「わ!わふ~♥」

夜空(犬かコイツは…)
511: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 09:41:14.55 ID:+/pfkjZk0
夜空「……」

夜空「……今から言うことは、ただの独り言だ。聞き流せ」

星奈「?」

夜空「ある学校に一人の美少女がいました」

夜空「彼女はクラスでは孤高の存在でしたが、ある日偶然にも10年ぶりにかつての親友と再会を果たしました」

夜空「聡明な彼女はかつての親友と二人きりで過ごす時間を作るために、新しく部活を始めることにしました」

夜空「この素晴らしいプランは、何事もなくうまくいく…はずでした」
513: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 09:57:14.28 ID:+/pfkjZk0
夜空「ところがすぐに思わぬ邪魔者が入ってきました。そいつのせいで当初の予定は完全に狂ってしまいました」

夜空「少女はその邪魔者をたいそう憎みました。そりゃもう肉肉しいくらいに」

夜空「彼女は、そいつをイジり倒しました。1日に必ず1回はイジり倒さないと気がすまないレベルでした」

夜空「……しかし、驚くことに、部活を続けるうちに彼女の心の中で感情の変化が起こってきました」

夜空「最初はただの邪魔者でしかなかったそいつが…彼女にとって、何か特別な存在になってきたのです」

夜空「彼女は、そいつがいないと何か物足りない…満たされない。そう思うようになりました」
521: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 10:13:37.99 ID:+/pfkjZk0
夜空「彼女は、別にそいつを嫌っているわけではありません。もしかしたら、もしかすると…彼女は、本当は」

夜空「本当は、そいつのことが…」

星奈「夜空?」

夜空「……///」

星奈「ひょっとして、そいつって……あたしのこと?」

夜空「べべ別に誰とも言ってないだろう!!というか独り言に野暮な質問をするな!!」アタフタ
537: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 10:32:35.46 ID:+/pfkjZk0
星奈「えへへ、夜空かわいい♪」

夜空「うぅ…」

星奈「…………ちゅっ♥」

夜空「え」

夜空「ひ、人のデコに何をするのだ貴様は!!!///」

星奈「夜空がかわいすぎるから、デコチューしちゃった!」

夜空「なんというは、破廉恥な…むぐ、あうぅ……///」ドキドキ
544: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 10:49:10.91 ID:+/pfkjZk0
夜空(く、くそ……ここまでやられっぱなしだと、私の気がすまない……)

夜空「おい、肉!!」

星奈「なにー?」

夜空「…………………好きだ」

星奈「えっ」

夜空「お前のことが……大好きだ」

星奈「ふぇ?よ、よぞ、ら?」
550: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 11:03:04.24 ID:+/pfkjZk0
星奈「ホント……に?」ドキドキドキ

夜空「ああ」

星奈「ちょ、ちょっと待って、あ、あたし…///」

夜空「って嘘に決まってるだろう!騙されたなバカめ!!HAHAHA」

星奈「えー!!」

夜空「普通に考えれば私が貴様を好きになるはずがないだろう!この単細胞肉め!!」

星奈「もー!ばかぁ!!」ポカポカ
551: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 11:12:53.99 ID:+/pfkjZk0
夜空「だがまぁ……なんだ、その、今日は……割と、た、楽しかった……ぞ」

星奈「え?」

夜空「ふ、ふん…」←髪の毛いじってる

星奈「うん、あたしも楽しかった!ありがと、夜空♪」ニッコリ

夜空「…///」

夜空(だ、だからなんで肉の笑顔ごときでこんなにドキドキしないといけないのだ!!)

星奈「えへへへ♪」

夜空「う…むぅ…///」ドキドキ
556: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 11:22:36.76 ID:+/pfkjZk0
翌日。


夜空(昨日はいろいろ大変だったな…最後は肉の家の執事が迎えに来てくれて助かったが…)

夜空(まぁ、薬の効果はさすがに切れてるだろう)

ガチャ

星奈「……」←パソコンでエロゲやってる

夜空(はぁ……よかった)

夜空(だがなぜだろうか…ほんの少し残念な気がしなくもない…)
557: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 11:27:57.21 ID:M3DltShb0
ここからが本番やで!
560: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 11:37:34.34 ID:+/pfkjZk0
理科「呼ばれて飛び出てジャジャーン!志熊理科、参上!!」

星奈「あっ!やっと来たわね理科!!あんた昨日あたしに変な薬飲ませたでしょ!!」

理科「いや、そんなキレられても…星奈先輩自分からグイッと飲んだじゃないですか」

星奈「やっぱりあんたの仕業だったのね!あれ飲んだら突然身体が熱っぽくなって、気付いたら家のベッドで寝てたし…なんなのよいったい!」

夜空「……なに?」

星奈「なによ」

夜空「肉……貴様もしかして覚えてないのか?」

星奈「は?何のことよ?」

夜空「…………ちょっと来い」

星奈「な、なによ急に!?ていうかあたし今夏海ルート攻略してる最中」

夜空「駄肉の分際で口答えするな。早く来い」
564: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 11:50:26.85 ID:+/pfkjZk0
~~~~~~~~~~

夜空「貴様、薬を飲んだ後まったく何も覚えてないのか?」

星奈「しっつこいわねー、記憶にないって言ってるでしょうが」

夜空「なん…だと…貴様が豹変してから私は大変な目にあったのだぞ…」

星奈「へ?豹変?あたしあんたに何かしたの?」

夜空「わ、私がとてつもないショックを受けたというのに貴様だけケロッとしているなど許しがたい!いいだろう、教えてやる…貴様の残念すぎる振る舞いを…」
567: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 11:59:46.00 ID:+/pfkjZk0
説明中。。。。

星奈「は、はあああああ!?あ、あたしがあんたにデレデレでゾッコンで手つないだりあーんしたり!?」

夜空「ああ」

星奈「しかもそのうえあんたのおでこにキ、キ、キキキキスしたですって!?」

夜空「そうだ。しかも非常に嬉しそうなスマイルをしていた」

星奈「ありえないし!絶対ありえないから!!てゆーかあんたにキスとかうわーキモ!キモッ!!」

夜空「それはこっちのセリフだっ!!あ、あんなこと…思い出すだけで気持ち悪くなる!」
570: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 12:12:32.78 ID:+/pfkjZk0
星奈「…………マジで、したの?」

夜空「嘘をついたところで私に何の得があるというのだ…」

星奈「ぎゃあああ~~~~~~~~~!!」

夜空「あれほど残念な肉は見たことがない…恐らく今後もアレを越えるものはないだろう」

星奈「た、確かにあたしあんたのことキライじゃないし、その、ほんのちょっぴりスキ、かもしれないけど…」ボソボソ

夜空「あ?」

星奈「でもさすがに…キスはちょっと…///」

夜空「顔が赤いぞ肉…もしかして貴様、ま、まさかキス以上のことをしたかったのか…普通に引くぞ…」
573: ◆YgQwmTWa7I 2012/01/28(土) 12:19:22.96 ID:+/pfkjZk0
星奈「なっ!?そんなわけないでしょ!バカじゃないの!」

夜空「ふん……エロゲー脳の貴様のことだ。どうだか」

ギャーギャー

理科・小鷹「……」コソーリ

理科「元の状態に戻っちゃったみたいですね。理科的にはレズレズルートでもよかったんですけど」

小鷹「いや、そのルート行ったら隣人部えらいことになると思うぞ。マジで」

~~~~~~~~~~

星奈(はぁ……それにしても)

星奈(もしあのとき夜空のおでこじゃなくて、唇にキスしていたら…どうなってたのかしら)

星奈(あたしとしては、べ、別にそれでも…///)

夜空(う、背中に妙な寒気が…)ゾクゾク


おわる
579: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 12:23:16.08 ID:qJEY0P230
長いことありがとう
595: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/28(土) 13:30:56.66 ID:xT2GaIn30
終わっちゃったの!?やだぁぁぁ!!
乙でした

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

こっからだろ!
とはいえ、結構面白かったぜ!!

デレタ星奈は最高です


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS