FC2ブログ

千早「プロデューサーとの1日」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:21:55.35 ID:hlLxEcZL0
千早「おはようございます」

P「おはよう千早。早いな」

千早「い、いえ! 別に……たまたまです」

P「そうか? まぁいいけどさ」

P「そうだ、千早もコーヒー飲むだろ? 淹れてくる」

千早「はい、い、頂きま……あ、わ、私が淹れますからプロデューサーはごゆっくり!」

P「あ、ああ、そうか。なら頼むよ」

千早「ひゃい!」

P「?」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:26:16.48 ID:hlLxEcZL0
千早「ど、どうぞ……」

P「ありがとう」

P「……うん、美味しいよ」

千早「……よかった」ホッ

P「あれ? 千早もコーヒー飲むんじゃなかったのか?」

千早「え? ……あ、そうでした、私、あれ…?」アセアセ

千早「じ、自分の淹れてきますね」

P「どうしたんだ、千早のやつ……?」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:31:13.86 ID:hlLxEcZL0
千早「ふぅ……それで、皆はどうしたんですか?」

P「ああ、社長はオフで音無さんは買いだし。律子は竜宮小町と仕事だ」カタカタ

P「他のも軒並みオフかレッスンか、直で現場だな」カタカタ

千早「そうなんですか」

P「そうらしい」カタカタ

千早「し、静かですね」

P「そうだな」カタカタ

千早「えっと、プロデューサーは何をしてるんですか?」

P「これか? 今度のイベントのリリースを作ってるんだ」

P「今日中に送らないといけないからな」

千早「わ、私に手伝えることとかは…」

P「大丈夫だよ。千早はゆっくりしててくれ」

千早「そ、そうですか……」

千早「あ、それならコーヒーのお替わり淹れてきますね」

P「ん? ああ、頼む」カタカタ
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:35:57.00 ID:hlLxEcZL0
千早「はい、プロデューサー」

P「ありがとう」

千早「……」ジーッ

P「まだ何かあるのか?」

千早「い、いえ。することがなくて」

P「そうか、なら印刷した書類をファックスで送ってくれないか?」

千早「は、はい!」

P「それじゃ、これがリストな」

千早「結構あるんですね」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:41:10.65 ID:hlLxEcZL0
P「最近はメール添付の方が多いんだけどな」

千早「これよりもあるんですか!?」

P「まぁ、送りまくれば記事にしてくれるところも増えるわけだし」

千早「プロデューサーは私達の面倒だけじゃなくてこんなことまで……」

P「それが俺の仕事だし、千早達のためでもあるからな」ニコ

千早「っ///」

千早「わ、私、頑張りますから!」

P「え…お、おう! 期待してるぞ!」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:46:12.79 ID:hlLxEcZL0
P「んんーっ……千早が手伝ってくれたおかげで早く終わったな」

P「すこし早いけどお昼にするか」

千早「はい、そうですね」

P「今日は午後から出るし、遠出せずにたるき亭かな」

P「千早はどうする?」

千早「私は今朝コンビニで……」

P「う~ん、なら俺もここで食うか」

P「カップ麺の買い置きがあったはず……」ゴソゴソ

千早「プロデューサー、私のことは気にせず…」

P「だって1人で食べても味気ないだろ」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:50:47.99 ID:hlLxEcZL0
千早「そういうのは慣れてますから」

P「俺が慣れてないの、それとも千早は俺と食うの嫌か?」

千早「そ、そんなことはっ…ない、ですけど」

P「なら決まりな」ベリベリ

千早「あ、それ四条さんの……」

P「え……」サーッ

P「さ、さぁて、たるき亭にでも行こうかな」

千早「プロデューサー!」

P「だ、大丈夫。後で同じの買ってくるから」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 21:55:52.41 ID:hlLxEcZL0
P「ふぅ……ご馳走様」

P「さて千早、仕事に行くぞ」

千早「はい」

P「荷物取ってくるから、先に車に乗っててくれ」

千早「分かりました」

P「さあ、お仕事お仕事……」

P「ん? 珍しな、助手席なんて」

千早「え…あ、あの、いけなかったでしょうか?」

P「いや、別にどこでも構わなけど」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:00:21.03 ID:hlLxEcZL0
千早「なら、ここがいいです」

P「そっか」

千早「はい…」

千早「……」チラ

P「……ん?」

千早「っ………」ドキドキ
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:05:55.38 ID:hlLxEcZL0
P「さて、着いたっと」

「お疲れ様でーす」

千早「お疲れ様です、よろしくお願いします」

P「今日は生放送だから、気合い入れていこうな」

千早「はい」

「765さん、15分後に打合せです」

P「はい!」

千早「……」

P「どうした、緊張してるのか?」

千早「し、しない方がおかしいです! 生放送なんて…」

P「まぁ、そうだよな……」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:10:42.45 ID:hlLxEcZL0
P「その、なんだ、俺もついてるからさ。千早なら出来るよ」ニコ

千早「っ!」ドキ

千早「は、はい//」

「……R-2、V明けインサートでまとめて千早ちゃんの告知、次回予告、エンドで次に直結です」

「では、白と顔を撮ったらすぐにランスルーですんで、各自準備お願いします」

千早「よ、よろしくおねがいします!」

千早「……」

千早「はあぁ……」

千早「ぷ、プロデューサー……ダメです、やっぱり緊張します」

P「大丈夫、千早ならできる」ナデナデ

千早「ひゃっ! あ、あああの、プロデューサー!?」

P「あっ…すまん、つい」サッ

千早「ぁ……」シュン
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:15:25.17 ID:hlLxEcZL0
P「ごめんな、こういう時、真美とかによくやってるから……」

千早「え…あ、そうなんですか……真美達に……」

千早「……」

千早「な、なら、私にもしてください!」

P「ええっ!?」

千早「ええと、ほ、ほら、ちょっとだけ気が紛れるので」

P「い、いやでも、人目もあるし……」

千早「他の人にはしてるのにですか?」ムス

P「それは控え室とか極力目につかない場所でだな」

千早「でしたら、こ、このリハーサルをちゃんとこなせたら、ご褒美……」チラ

P「控え室でなら、まぁ…」

千早「はい!」パァ
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:20:49.69 ID:hlLxEcZL0
P「……」ナデナデ

千早「えへへ//」ニヘ

P「ち、千早。大丈夫か?」ナデナデ

千早「大丈夫とは?」

P「だって、千早がこんな……」

千早「やめちゃダメです」

P「あ、すまん……」ナデナデ
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:26:33.36 ID:hlLxEcZL0
千早「みんなにしてるなら、私にもして欲しいですから」

P「みんなって、真美とかやよいとかその辺だけだぞ」

千早「それでもです!」

P「千早がそう言うなら、俺は構わないが」ナデナデ

「765さーん、本番でーす!」

P「はい、すぐに行きます!」

P「頑張ろうな、千早」ポンポン

千早「はい//」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:30:33.83 ID:hlLxEcZL0
「会場のみなさん、とても楽しそうでしたね」

千早「そうですね、スタジオにいる私達にも活気が伝わってくるようで」

「出店もいっぱいありましたねぇ。千早ちゃんは好きな出店とかってありますか?」

千早「えぇっと、たこ焼きとか…」

「たこ焼きいいですねぇ~、まさにお祭りって感じがしますよね」

「このお祭りにもたこ焼き屋さんってあるのかな? そりゃあるかな」

「さて、このお祭りは来週いっぱい行われるわけですがが、千早ちゃん」

千早「は、はい!」

「千早ちゃんもこのお祭りに出るんですよね?」

千早「はい、えっと…最終日の夜に私、如月千早のライブをさせて頂くことになりました」

千早「私以外にも、756プロのアイドル達がたくさんしゅちゅっ……」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:35:07.02 ID:hlLxEcZL0
千早「た、たくさん出演しますので、是非会場まで足を運んでください」カァア

「さあ、千早ちゃんの歌を聴くために、ここでもう一度会場までのルートをおさらいしましょう」

「お車でお越しの方は……」

千早「ふぅ……」ホッ

「……そして次回は、あの絶品グルメが格安で食べられるお店を紹介!」

「もちろん、豪華なプレゼントもありますよ!」

「ほんっとに豪華ですからね、来週を楽しみにしていてください、それでは、さようならー!」

千早「さ、さようならー」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:40:11.28 ID:hlLxEcZL0
P「お疲れ様」

千早「プロデューサー……私、思いっきり噛んじゃいました」シュン

P「あはは、気にすることないって。むしろ愛嬌があっていいじゃないか」

千早「他人事だから言えるんですよ! うぅ…恥ずかしかった」

P「すぐに言い直せたし、あのくらいならどうってことない」

千早「ホントですか?」

P「ああ、頑張ったな」

千早「で、では、その……」チラチラ

P「……車でな」

千早「はい///」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:45:21.68 ID:hlLxEcZL0
千早「む~……」ムス

P「……」

千早「プロデューサー」

P「なんでしょうか?」

千早「ご褒美」

P「いや、ほら。片手で運転は危ないし」

千早「……嘘つき」

P「……分かった。信号、青になるまでな」ナデナデ

千早「……///」

P「それにしても、今日はどうしたんだ? 急に甘えてきて」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:50:15.67 ID:hlLxEcZL0
千早「そ、それはっ…真美達にプロデューサーを取られたくないから」カアァ

P「取られるって、別に誰か1人のプロデューサーって訳じゃないし」

千早「そういうことじゃありませんよ」

P「ならどういうことなんだ?」

千早「っ!// も、もう知りませんっ!」

P「?」

千早「はぁ…」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 22:55:45.36 ID:hlLxEcZL0
P「さあ、到着。それじゃあ、今日はお疲れ」

千早「お疲れ様でした、あ、あの、プロデューサー」

千早「も、もしよかったら、少しだけ寄って行きませんか?」

P「寄るって、千早の部屋に?」

千早「ダメ……ですか?」

P「気持ちは嬉しいけど、プロデューサーが理由もなくアイドルの部屋に上がるのは…」

千早「そうですよね……すみません」

P「ごめんな。それじゃあ、俺は事務所に戻るから」

千早「はい、送って頂いて、ありがとうございます」

P「お休み、千早」

千早「お、お休みなさい」

千早「……」

千早「はぁ……」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 23:00:27.58 ID:hlLxEcZL0
千早「ただいま……」ガチャ

千早「うぅ~///」バタバタ

千早「今日の私は一体……」

千早「だ、だって我慢してたら真美達に取られるかもしれないし……」

千早「だからってあんな……なでなで…おねだりなんて///」カァア

千早「プロデューサーの手、おっきかったなぁ」

千早「えへへ////」

千早「って違う違う、明日から普通にしなきゃ」

千早「でもそれだと……」

千早「ああもう、どうすればいいの」

千早「プロデューサー……」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 23:06:13.97 ID:hlLxEcZL0
千早「また声が出なくなったって言えば、独り占めできるかしら」

千早「……だめよ千早、そんなプロデューサーに迷惑かけちゃ」

千早「いっそもう素直に甘える…?」

千早「恥ずかしい……」

千早「だけど、恥ずかしいなんて言ってる場合じゃ…」

千早「う~……」

千早「……ハニー」

千早「っ!! ダメ、絶対無理///」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 23:12:46.38 ID:hlLxEcZL0
千早「もう考えても無駄ね。自然体でいくべきよ」

千早「自然体……」

千早「私の自然体って何よ……もっと甘えたいわよ」

千早「はぁ……もう、夕飯にしましょう」

P「今日の千早は新鮮だったな」

P「というよりも意外だった」

P「ま、それだけ慕ってもらえてる訳だから悪い気はしないけどな」

P「ただいま戻りましたー」ガチャ

貴音「あなた様……」

小鳥「お、お帰りなさい、プロデューサーさん」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 23:19:52.34 ID:hlLxEcZL0
P「お疲れ様です、音無さん」

P「貴音もお疲れさん。こんな時間までどうしたんだ?」

貴音「私の、かっぷらぁめん……」

P「あ……」

千早「プロデューサーのいけずです……違うなぁ」

千早「兄ちゃん! ……」

千早「もう告白しちゃおうかしら……」

おわり

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。