FC2ブログ

P「何で俺…縛られてるんですか!?」小鳥「保健体育の教材です」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 00:21:26.16 ID:YzqPqxY20
P「・・・は!?保体!?」

小鳥「今日は事務所のみんなにおちんちんを見せてあげようと思いまして」

P「おちんちんって・・・俺のですか!?ていうか何で見せるんですか!?保体って何ですかバカですか!?」

小鳥「私は真剣ですよ。真剣ピヨちゃんですよ!まあ保健体育というのは方便ですけど・・・みんなのためです」

P「みんなのためって・・・ああもうわけがわからない!」

小鳥「いいですかプロデューサーさん。みんながバラエティ番組に出たとき、場合によるとおちんちんを見ることになるかもしれません」

P「・・・まあ確かに芸人さんが出すこともありますけど」

小鳥「肉眼で、目の前で加工無しの他人のグロおちんちんを目にしたらどうなりますか?雪歩ちゃんなら死にますよ?」

P「死にますか・・・死にますね」

小鳥「なので、まずはプロデューサーさんのおちんちんを見せて、少しでも耐性をつけさせてあげよう、と」

P「い、いや!でもダメですって!おちんちん耐性なら俺が持ってる裏ビデオでも何でも・・・」

小鳥「未成年に裏ビデオなんか見せて良いわけないでしょう?」

P「生チンコなら良いって言うんですか!」

小鳥「・・・そろそろ時間かな。ちょっと飲み物とお菓子用意してきますねー」

P「待って!小鳥さんマジで勘弁してください!ちょっとぉ~!」


注目記事




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 00:31:35.35 ID:B95vjVXx0
飲み物とお菓子を食べながら鑑賞会とか優雅だな
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 00:48:34.57 ID:YzqPqxY20
春香「お疲れ様でーす!」

小鳥「お疲れ様~♪みんな来てる?」

春香「はい!みんな勢ぞろいですよ!」

響「はいさい!自分何かよくわかんないけど呼ばれたから来たぞ!」

亜美「ねーねーピヨちゃん今日は何すんのー?」

真美「あ!兄ちゃん縛られてるー!」

雪歩「ぷ、プロデューサー・・・大丈夫ですか・・・?」

千早「・・・何となくだけど嫌な予感がするわね」

P「・・・まさか小鳥さん・・・今日何やるつもりなのか誰にも話してないんですか?」

小鳥「・・・あー」

P「あーじゃない!ほんと何なんですかあんたは!」

小鳥「テヘッ♪じゃあみんな好きな席に座ってね~」

P「ちょっとぉ!」

小鳥「お菓子と飲み物もあるから自由にどーぞ」

貴音「いただいております」もしゃもしゃ
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 00:58:36.93 ID:YzqPqxY20
律子「それで小鳥さん、今日は何なんです?なんだかプロデューサー必死な感じですけど・・・」

小鳥「うふふ、ステキなことですよ~♪」

P「律子!悪いこと言わないからみんなを事務所から逃がしてくれ!すぐにだ!」

律子「へっ!?逃がす!?小鳥さん!?」

小鳥「あーもう・・・うるさいっ!」どすっ

P「ごふっ」

律子「ちょ、ちょっと小鳥さん!?」

小鳥「大丈夫、少し静かにしてもらうだけです」

真「いい当て身だったな・・・」

小鳥「えーと、それじゃあプロデューサーさんが目を覚まさないうちに始めちゃいましょう!・・みんなー!こーんにーちはー!」

伊織「・・・何か始まったわよ」

やよい「うっうー!よくわかんないけど楽しみですー!」

あずさ「あらあら・・・」

小鳥「おやおやー?声が小さいぞー?もう一回!こーんにーちはー!」

美希「あふ・・・うるさくて眠れないの・・・」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 01:10:28.21 ID:YzqPqxY20
小鳥「さて質問です!はい、それじゃあそこのあなた!」

響「お、自分か!よーし、どんな質問でも完璧に答えてやるさー!」

小鳥「あなたは男性のおちんちんを見たことがありますか?」

響「・・・へ?おちん・・・えええっ!?」

律子「ちょ、小鳥さん!?何ですかその質問!?」

小鳥「大丈夫大丈夫。さあ、どうですか?」

響「え・・・うぅ・・・えっと、お、沖縄にいたころに兄貴とお風呂に入って」

小鳥「肉親以外でお願いします!」

響「えぇ!?じゃあ・・・は、ハム蔵とかねこ吉とか・・・」

ハム蔵「キュッ///」

小鳥「人間でお願いします!」

響「じゃ、じゃあ無いぞ・・・」

小鳥「そうですか~それじゃあ他の人に聞いてみようかなぁ」

律子「小鳥さん、できれば本題に入ってください・・・その質問って多分本題じゃないですよね?」

小鳥「ちぇー。それじゃあ本題に入りましょうか。律子さんの欲しがり屋さんめっ!」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 01:22:28.10 ID:YzqPqxY20
律子「欲しがり屋さんって・・・」

響「あぅー・・・なんかすごい恥ずかしかったぞ・・・」

貴音「恥らう響も可愛いものですね」バリバリ

響「た、貴音ぇ!」

小鳥「さて。それではみなさんに質問です」

千早「また質問・・・」

小鳥「みなさんの職業は何ですか?」

春香「あ、でも普通の質問みたいだよ?」

小鳥「はいそこでしゃべってるあなた!あなたの職業は何ですか!」

春香「はえっ!?え、えと、アイドルです!」

小鳥「はい、そうですね。この中にアイドル以外の方はいないはずです」

律子「私はプロデューサーですが」

小鳥「私は事務員です」

ハム蔵「キュッ!」

律子「・・・続けてください」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 01:33:28.74 ID:YzqPqxY20
小鳥「さて、それではアイドルのお仕事とは何ぞや?そこの白っぽいあなた!」

雪歩「えっ!私ですか!?えーと、歌ったり、踊ったりして、みんなを・・・楽しませること・・・ですか?」

小鳥「はい、その通りですね。アイドルの仕事と言えばまずはそれです。で・す・が・・・」

真美「チンポがどうのこうのって質問は何だったんだろね」

亜美「ひびきんへの単なるセクハラじゃん?」

小鳥「アイドルは、時に仕事でチンポに関わることもある!」

真美「ピヨちゃんがおちんちんじゃなくてチンポって言った!」

亜美「真美がチンポって言うからだよぅ!」

千早「まさか・・・枕営業?」

春香「千早ちゃん!?」

やよい「千早さん、まくらえいぎょうって何ですかー?伊織ちゃんは知ってる?」

伊織「そ、そんなの知ってるにき、決まってるじゃない!」

律子「まさか小鳥さん!この子たちに枕営業しろとでも言うんですか!?」

小鳥「もー、そんなわけないじゃないですかぁ!千早ちゃんのせいで歯車がずれちゃったわ」

千早「・・・えっ!?私のせいですか!?」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 02:07:29.93 ID:YzqPqxY20
小鳥「つまりね、アイドルの仕事をしていると、時にはチンポを生で見ることもある、ということよ」

亜美「もうチンポで行くんだねピヨちゃん」

小鳥「たとえばバラエティ番組にゲストで呼ばれた時、同じくゲストにT軍団のI師匠がいたとすれば・・・」

律子「まあ・・・高確率で脱ぎますね」

真美「T軍団って何?」

あずさ「石原軍団かしら~?」

亜美「あずさお姉ちゃん軍団しか合ってないよ」

小鳥「目の前で師匠が脱ぎ芸を披露した時、雪歩ちゃん!あなたならどうリアクションをとるかしら?」

雪歩「えっ!?また私・・・!?そんなこと言われても・・・」

小鳥「想像してみて。素早く全裸になったI師匠のチンポが雪歩ちゃんの目の前でこんにちはしているところを」

雪歩「えっ・・・えっと・・・あ・・・うぅ・・・うー・・・うーん・・・」

真「雪歩!?大丈夫!?」

小鳥「想像しただけでこれよ。もし本当に目の当りにしたら・・・失神しちゃうかもしれないわ」

貴音「本番中に失神とはいただけませんね」むっしゃむっしゃ

小鳥「ええ。だからみんなには不慮のチンポに備えておく必要があると思うの」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 02:33:18.15 ID:YzqPqxY20
律子「なるほど、そう繋がる・・・・・・・・・・・・小鳥さん、あなたまさか!」

小鳥「あ、律子さん気付いちゃいました?さすがに察しがいいなあ」

律子「ば、馬鹿ですかあなたは!そ、即刻やめましょう、こんなこと!」

小鳥「いいんですか?伊織ちゃんがチンポ見て本番中にわめき散らしても」

伊織「こ、この伊織ちゃんがおちん・・・み、見たくらいで取り乱すわけない・・・じゃない」

小鳥「本番中に取り乱したり失神したりすれば当然収録はストップ。空気は最悪になってしまうわ」

小鳥「だから、耐性をつけておくに越したことはないと思うんです、律子さん」

律子「で、でも・・・だからって・・・その・・・ぷ、プロデューサーの・・・」

小鳥「他に手頃な提供者がいないんですよ。それとも社長にお願いしますか?」

律子「それは・・・ないです」

小鳥「でしょう?だ・か・ら・・・ね?それに・・・」

律子「それに・・・?」

小鳥「律子さんも・・・見てみたいでしょう?プロデューサーさんの・・・チンポ」ぼそっ

律子「!!・・・うぅぅ~・・・あー、もう!わ、わかりましたよぉ!」

小鳥「ふふふ、邪魔者は片付いた!さあ、レッツパーリーよ!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 02:47:10.51 ID:cuYiuF2sO
雪歩は慣れたらドハマりしそう
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 02:49:14.26 ID:YzqPqxY20
真美「あ、首脳会議終わったっぽいよ」

亜美「ピヨちゃんが勝ったっぽいね」

真「雪歩、大丈夫?」

雪歩「うん。ありがとう真ちゃん、少しめまいがしただけだから・・・」

小鳥「さて、というわけでみなさんにはこれから、プロデューサーさんのチンポを見ていただきまーっす!」

雪歩「ふっ」ばたっ

真「雪歩!?え!?チンポ!?プロデューサーのチンポ!?雪歩!?えっ何!?」

美希「ハニーのチンポなの!」がばっ

貴音「寝たり起きたり、みなにぎやかで良いですね」ごきゅごきゅ

響「貴音落ち着きすぎだぞ・・・プロデューサーのおちんちん・・・」

春香「千早ちゃん!プロデューサーさんのチンポだって!チンポ!」

千早「・・・嫌な予感が当たったわ・・・」

伊織「な、何!?この、この私があのバカプロデューサーの・・・お、おちん・・・」

あずさ「あらあら~」

やよい「うっうー!よくわかんないけど楽しいですー!」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 03:16:02.21 ID:YzqPqxY20
亜美「真美、兄ちゃんのチンポ見れるんだって~!ピヨちゃんも粋なこと考えますなあ!」

真美「そうだね亜美!・・・兄ちゃんのチンポ・・・か」

律子「はーいみんな静かに!しーずーかーに!いい?あくまでも勉強よ!勉強として見るんだから!遊びじゃないのよ?」

小鳥「敵だと面倒くさいけど味方になると心強いわ~」

律子「・・・私そんなに面倒くさいですか?」

小鳥「声に出てました!?あああ、ごめんなさいね律子さん」

律子「・・・まあいいです。それより早くしましょう。プロデューサー起きちゃいますよ」

小鳥「起きたらまた寝てもらえばいいだけですよ」

律子「手荒だ・・・そしてイキイキしている・・・」

小鳥「律子さんが言ったように、これはあくまで勉強です!みんながしくじって業界から干されないようにするための勉強のていです!」

亜美「ていって言った!」

小鳥「なので、基本的に全員強制参加となります!何か異論や質問のある人はいるかしら?」

千早「はい」

小鳥「やっぱり来た!馬鹿馬鹿しいから帰るとか言うのね千早ちゃん!?」

千早「・・・いえ、参加はしますけど・・・プロデューサーさんの許可は出ているんですか?」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 03:26:10.40 ID:YzqPqxY20
千早「気絶する直前の反応から見て、プロデューサーさんは反対しているのではありませんか?」

千早「だとすると・・・法律的にも人道的にもどうなのか、と思いまして」

小鳥「ああ・・・え~っと、それは・・・律子さんタッチ!」

律子「へっ!?ちょ、小鳥さん!?え、ええとねぇ・・・」

千早「・・・」

律子「うん!大丈夫!責任は全部小鳥さんがとるわ!」

小鳥「ピヨッ!?」

律子「それにあれよ、何だかんだ言ってもプロデューサーは覚悟できてると思うわ。マゾだし」

春香「マゾなんだぁ・・・」

律子「とにかく、みんなが心配することはないから安心して、ね?」

千早「・・・そうですか。なら、いいです。時間を取らせました、早くチンポを見ましょう」

律子「そ、そうね・・・小鳥さん、どうぞ」

小鳥「ありがとう律子さん愛してる!それじゃあ始めましょうか。みんな準備はいい?」

真「すみません雪歩が白目むいたままですー」

小鳥「あらぁ、一番よく見ておくべき子なのに・・・いいわ、とりあえずそのままにしておいて」
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 19:24:24.00 ID:FVLSTPgE0
小鳥「……で、どうすればいいんでしょうか……」

律子「ちょ、私に聞かないでくださいよ! やるって言ったのは小鳥さんでしょう!?」

小鳥「だって私こういうのはじっ……経験が少ないんですもん!」

亜美「あ。 アミ知ってるよ。 このチャック下ろせばいいんしょ?」ジー

真美「うえっ!!?」

伊織「あ、ちょ! 亜美アンタ!!」

 モッコリ

あずさ「あ、あらあら~////」

千早「あ……ああ…………や、山が……///」

真「うあ……うああぁ……////」

響「う、うぎゃーッ!! な、なんだこれなんだこれ!! こんなの見たこと無いぞ自分!! 何が入ってるんだアレ!!? 」

貴音「………ゴクリ」

春香「そんな、チャックおろしたくらいで大げさな」ハァハァ

美希「春香。息荒いの」ハァハァ

やよい「?」
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 19:50:05.95 ID:FVLSTPgE0
小鳥「はいはい、皆下がって下がって。 年少組から順に見るようにねー」ポタポタ

律子「小鳥さん、鼻血」

小鳥「うひっ」


―中学生組―


P「zzz......」


真美「ど、どうする……? ……・このモッコリ」

亜美「どうするって…………出すしか無いっしょ」

伊織「わ、私イヤよ! 亜美やりなさいよ! さっきアンタやったじゃない!」

亜美「い、いやぁ……ノリと勢いでさっきはやっちゃったけど…………実物目の前にするとちょっと……」

やよい「わ……私やろっか?」

真美・亜美・伊織「「やよいは駄目!!」」

やよい「えぇ……」
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 20:00:18.82 ID:FVLSTPgE0
伊織「ぐぬぬ……」

真美「いおりんはこん中で年長者だもんねー」

亜美「年長者なら皆を代表してやらなきゃねー」

やよい「伊織ちゃん、頑張って!」

伊織「やよいぃ……それは嬉しくない応援よぉ……」


グッ...

伊織「……い、いくわよ?」

やよい「っ! っ!」コクコク

真美・亜美「「ガンバッ!」」

伊織「うぅ……」

伊織「………っ」ドキドキドキ

伊織「え、えいっ!」ググッ....


ズ....ズ.............ズルッ


ボロンッ
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 20:13:34.35 ID:FVLSTPgE0
伊織「ひっ……」

真美「ひゃあ……」

亜美「うわぁ……」

やよい「ほわぁ……」


ダラーン....


やよい「これが、大人の人のおちんちんなんだぁ……」

真美「……にいちゃんの……おちんちん……」ジー

亜美「真美、ガン見し過ぎ」

真美「な、ち、ちがっ」


亜美「変な形……あ、先っぽに穴開いてるね。 これがオシッコ出るところ?」

真美「へぇ……こんな所にも毛が生えるんだ……。………剛毛だね、にいちゃん……」

やよい「すごいね……。 ミミズみたいだけど……こんなに大きくないし……」

やよい「えへへ……でも、ちょっとかわいいかも……」
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 20:21:46.40 ID:FVLSTPgE0
伊織「あ、アンタら! なんでそんなの直視できんのよ!!?」ワタワタ

亜美「いおりん恥ずかしすぎっしょ。 もう15でしょ?」

真美「その歳でそんなんじゃ先行き不安ー」

伊織「うっ……、……るっさい!!」

真美「そ、それに……にーちゃんのおちんちんだし……」

伊織「なっ……!」

やよい「そうだよ伊織ちゃん」

伊織「や、やよいまで……!」

やよい「ほら、恥ずかしがってないで。 怖くないよ?」

伊織「こ、怖いとかそういうのじゃなくてぇ……、……うぅ……///」

伊織「……うあー! み、見ればいいんでしょ! 見ればぁ!!」バッ


ダラーン...

伊織「ひぁ」

伊織「……………~~~!!! ////」 バッ !!

亜美「やっぱ無理かぁ~」
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 20:30:59.37 ID:FVLSTPgE0
真美「……こ、ここだけぷっくりしてるね……」

やよい「色もピンクみたい……」

亜美「……えいっ」

ツンッ

やよい・真美「「!!」」

亜美「あ、思ったより柔っこい」

やよい「そ、そうなの? ……あ、ホントだぁ……」プニッ

亜美「ほら、マミも触ってみ? 変な感触するよ?」

真美「え、う、うん……、…………っ」プニッ

真美「わ……ほ、ホントだ……柔らかい……」

亜美「でしょ? おもしろ~」プニプニ

やよい「えへへ……変なの…………」プニプニ

真美(……に、にーちゃんのおちんちんに触っちゃった……)プニッ




伊織「…………」チラッ
143: 俺のスレじゃないし、好きにおし 2013/08/25(日) 20:40:21.23 ID:FVLSTPgE0
やよい「……あれ?」

亜美「んあ?」

真美「えっ……」

 ムクッ....

亜美「な、なんかおっきくなってない?」

やよい「それにピクピクしてるような……」

真美「わっ、わっ、わぁっ」アタフタ

伊織「それアレよ……。 ……ぼ、勃起ってやつよ……」ボソッ

やよい「伊織ちゃんっ。 なあに? ぼっきって」

伊織「……男性の性器が刺激を受けることで大きくなる現象……だったハズ……」ボソッ

真美「へぇ~……」

亜美「いおりん、詳しいね~。 相変わらずこっち見れてないのに」

伊織「う、うるさいっ!」

真美「いや、なんだかんだでさっきからゼッタイこっち見てるよアレ」

伊織「うるさいってば!! もうっ!!」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 20:48:08.50 ID:FVLSTPgE0
ムクムク....

真美「ま、まだおっきくなるの……?」

やよい「うわぁ……うわぁぁ……」

亜美「象みたい……」

 ムクリ.....

亜美「あ、止まった」

真美「さっきよりちょっと大きくなったね」

やよい「不思議…………、……っ」ツンッ

やよい「……あれ? さっきよりもおちんちん固くなってるよ!」

亜美「え、マジで!? うわ、なにこれ、変なの~!!」プニプニッ

真美「うわぁ…………やわらかたい……」プニプニッ


伊織「………」ジー

やよい「……伊織ちゃん、こっち来なって」

伊織「うぐっ」ビクッ

伊織「…………うぅ」スッ...
151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 20:49:40.11 ID:iR++Wvxl0
ツンツンあかん
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 20:54:21.38 ID:FVLSTPgE0
伊織「……ひぁ……っ」プニッ

やよい「ほらね? なんか柔らかかったり硬かったりするの!」

伊織「う、うん……。 ……すごい……こんな感じなんだ……」プニプニ

真美「……いおりん、両手で触ってるよ」

亜美「一番ノリ気じゃなさそうだったけど、本当は触りたかったんだね」

真美「ムッツリだね」

亜美「だね」

伊織「ぐぬっ……!」 キュッ


P「ふおっ」ビクッ

伊織・真美・亜美・やよい「「!!!」」 ビクゥッ!!


亜美「……え……何今の……」

やよい「……プロデューサーがビクンって……」

真美「い、いおりん……?」

伊織「し、知らない! 私知らないわよぉ!!」アタフタ
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 21:25:39.27 ID:FVLSTPgE0
やよい「……ね、ねぇ伊織ちゃん……プロデューサーのおちんちん……」

伊織「えっ……? ………っ!!!」

 ピーンッ

亜美「そ、そそり立ってる…………」

真美「先っぽの方とか……下の所とか……」

やよい「今までよりずっと大きい…………」

伊織「あわ……あわわわわわ………」


亜美「………ね、ねぇ真美? 顔ちょー赤くなってない……?」ドキドキ

真美「そ、そういう亜美だって……すっごい赤いよ?」ドキドキ

やよい「なんか……ボーっとする………」ドキドキ

伊織「……胸が……ドキドキして…………」ドキドキ

真美「……ハァ……ハァ……なにこれ……なにこれぇ……っ」ドキドキドキドキ

亜美「胸が………変……だよぉ…………ハァ……ハァ………っ」ドキドキドキドキ

やよい「ハァ……ハァ……ぷ、プロデューサーの……おちんちん………っ」ドキドキドキドキ

伊織「……ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……ッ」ドキドキドキドキ
167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 21:26:59.25 ID:FVLSTPgE0
 
 


   真美・亜美・やよい・伊織「「!!!!!」」
 
 
 
 
 
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 21:35:29.09 ID:FVLSTPgE0
バンッ!!

小鳥「!!?」ビクッ


真美・亜美・やよい・伊織「「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……!!」」

小鳥「あ、あらあら。 皆もう終わったの? まだ早い気が……」

伊織「もうっ……もういい!! 十分!! 十分だから!!」クワッ

やよい「終わりで……! いいですぅ……っ!」

小鳥「そうなの? もうちょっと時間はあるけど……」

真美「いいから! もう終わりでいいから!! ホント!!」グワッ

亜美「無理……もぉ無理……勘弁してぇ……」

小鳥「そ、そう……」

小鳥「それじゃあ高校生組を呼ぶわね。 みんなお疲れ様……」


真美・亜美・やよい・伊織「「はぁぁぁぁぁ~~~~~~~…………」」グッタリ


小鳥(な、中で一体なにが……)

小鳥(!! ま、まさか…………ナニが!!?)
184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 21:45:00.14 ID:FVLSTPgE0
―高校生組①―

ガチャッ

雪歩「し、失礼しまーす……」

真「あー、プロデューサー、無防備だなぁ。 こんなんじゃ悪漢に襲われても文句言えないよ」

響「あははっ。でもプロデューサーの寝顔はあまり見たことないから、なんかレアっぽいぞ」

雪歩「……可愛い…………・写真とっちゃお」 ピロリンッ♪

真「あ、ボクもボクも」 ピロリンッ♪

響「自分もー!」 ピロリンッ♪



モッコリーンッ


真「……で。 どうしよっか……」

響「あうぅ……」カァァァ

雪歩「……と、とりあえず写真撮っといて……」 ピロリンッ♪

真「あっ……、……ぼ、ボクも……」 ピロリンッ♪

響「じ、自分も……」 ピロリンッ♪
189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 21:55:04.49 ID:FVLSTPgE0
響「なんか……最初見た時よりも山が大きくなってる気がするぞ……」

真「ホントだね……。 中学生組、なんかやったのかなぁ……」

雪歩「う、うぅ………」

真「雪歩、ツラい? これからその……プロデューサーのパンツを下ろすわけだけど……」

雪歩「ううぅぅぅぅ……!」

真「……やっぱ雪歩には遠くで見てもらうしか無いかなぁ」

響「……あっ」

響「じゃあ、パンツ越しに触れればいいんじゃないか!!?」

雪歩「えっ」

真「えっ」


雪歩「ひ、響ちゃん……それってあんま意味が……」

真「なるほど! それはいい案だね! 流石は響!!」

雪歩「えっ……」

響「だろー!自分完璧だからな! えへへー!!」

雪歩「…………」
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:07:23.72 ID:FVLSTPgE0
雪歩「う、ううぅ……」ソローリソローリ....

真「頑張れ! 雪歩!! あとちょっとだ!!」

響「雪歩! 触るのが怖いときや緊張した時は相手をヘビやマングースだと思えばいいぞ!」

真「それホント!? ボクも今度やってみるよ!」

響「うちなー式緊張緩和法だ! おすすめだぞ!」

雪歩(ふ、二人共………人の気も知らないでぇ……!)


P「zzz......」

雪歩(……プロデューサー……)スッ

真「頑張れ……頑張れ……っ!」

雪歩(……プロデューサー………)

響「そのまま……そのままだぞ雪歩……!」


雪歩(…………)スゥゥゥゥゥ......

雪歩「し……………失礼します……っ!!」バッ


サワッ.....
197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:12:24.90 ID:FVLSTPgE0
P「んっ…………」

真「いった!!」

響「雪歩ッ!!」


雪歩「…………」

サワ....

P「んんっ…………」


響「やったな雪歩! これで一人前のアイドル……に……」

雪歩「……」サワサワ....

P「んんんっ………」

真「……雪歩?」

雪歩「プロデューサー………………」サワサワ

P「んんおっ………」


雪歩「………………可愛い……」

真・響「「!!!」」
200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:18:41.67 ID:FVLSTPgE0
雪歩「二人共、ほら……。 プロデューサーのここを撫でると……」ナデナデ

P「んんっ………」ピクッ

真「う、うわっ………///」

響「……か……可愛い………///」


ナデナデ...

P「ん……んおっ……」ピクッ

真「ぷ、プロデューサー? ここが、いいんですか……?」サワサワ....

響「気持よさそうな顔して………ハム蔵でもこんな顔しないぞ……」サワサワ.....

P「おっ……おあっ……」ピクピクッ

雪歩「……えへへ……」ナデナデナデ....


雪歩「布越しでも……プロデューサーの熱を感じる……」

真「パンツ越しでこれなんだから……」

響「……直だったら……?」


雪歩・真・響「「………」」 ゴクリ......
204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:28:10.38 ID:FVLSTPgE0
真「……プロデューサーのパンツ………下ろしたい人……」

雪歩「……」スッ

響「………」スッ

真「………」スッ


響「い、いっせーのでやるぞ……」

雪歩「う、うん……」

真「……いっせーの、の後少し待つ……?」

響「いや、『の』の時で」

真「りょ、了解」

真「…………それじゃあ……、……いくよ?」

雪歩「…………」

響「う、うん。 ……いっせー」

雪歩「ッッ」ガッ

ズルッ

真・響「「ああっ!!?」」
212: >>207 詳細 2013/08/25(日) 22:38:01.88 ID:FVLSTPgE0
ブルンッ

雪歩・響・真「「!!!」」


真「わ……わぁ……うわわわわわ」カァァァ

雪歩「これが……プロデューサーのおちんちん……」ホゥ....

響「は……はいさい…………、……うぅ」カァァァ


真「すごいね……棒状だってのは知ってたけど……こんなだったなんて……」

響「棒、っていうより鈍器だぞ……ねぇ雪歩?」

雪歩「うん………すごく大きくて……逞しくて………」

雪歩「……………素敵……」ポー....

真・響「「………」」


雪歩「触っても……いいのかな…………」

雪歩「…………失礼しますね……プロデューサー………」スッ

真・響「「………ハッ」」

真・響「「ぼ、ボクも!! ・ じ、自分も!! 」」バッ
218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:49:06.82 ID:FVLSTPgE0
キュッ....

雪歩「ふわぁぁ………」

真「あ、暖かい……というか熱い……」

響「……先っぽの方……臭いがすごいぞ……」スンスンッ

雪歩「ふわぁ……あああぁ………」サワ....サワ....

真「これがいわゆる……『キンタマ』、なんだね……。 こうしてみるとなんだか愛着が湧くなぁ……」サワサワ...

響「この臭い……汗の臭いとか……オシッコの臭いとか……色々して……」スンスンスン....

雪歩「ああぁ…………ああっ……んあぁ……はあああああぁ………」ナデナデ


真「……あはは……コリコリしてるや……可愛いなぁ……」コリコリ

響「なんで……こんなにひどい臭いなのに……………止められない…………」スンスンスンスン

雪歩「はぁぁ……ぁぁあああ……あああぁぁ………っ!」スリスリスリスリ


スリッ......

P「ふおおおおぅっ」ビクビクッ


真・雪歩・響「「!!!」」
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:51:18.84 ID:bqyfZ5CV0
やはり雪歩は素質があるな
220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:53:48.68 ID:9OCHDk5v0
響・・・
223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 22:58:03.05 ID:FVLSTPgE0
響「い、今プロデューサーが! ビクッて! ビクッて!」

真「ぼ、ボクのせいかな……?」

雪歩「私が……私がプロデューサーを気持ちよくしたんですぅ……!」

響「い、いや! 自分が息吹いたからきっとそのせいだぞ!!」


真「むっ……」

雪歩「むー………」

響「むむむむ………」


響「……あれ?」

雪歩「? どうかしたの響ちゃん?」

響「いや……なんか急にプロデューサーの臭いが強く……」スンスンッ

真「そんな犬みたいな……、……あっ!!」

響「……あっ」

雪歩「ぷ、プロデューサーの…………先っぽから………!!」


タラーリ.....
232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:07:30.78 ID:FVLSTPgE0
響「こ、これは!」

真「! 知ってるのかい響!」

響「じ、自分知ってるぞ! これ……これ、あれだ!」

雪歩「……カウパー氏腺液……。 男性が絶頂の前に出す……いわゆる『我慢汁』……」

響「そ、そそそ、そうそう!! それだぞ!それ!!」

真「流石は響……物知りだなぁ……」

響「う、うん……。 ……うん………」

真「ってことは……プロデューサーはもしかして……もう……」

響「うわ……こ、これ……駄目だ……臭い……強過ぎて…………っ」

雪歩(…………)


雪歩「…………プロデューサー………」スッ

真「……え? ゆ、雪歩……?」

響「……ちょ、え? 雪歩!?」

雪歩「………」 ソローリ......

チュッ....
239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:15:26.06 ID:FVLSTPgE0
真・響「「!!!?」」

雪歩「んっ……んんっ……」チュッ

真「ちょおおおおおお!!? 雪歩ぉおおおおお!!?」

響「うぎゃー!!? 何してんだー!!?」


雪歩「…………んはっ」

真「ゆ、雪歩……君は……君って子は……!」

雪歩「……ちょっと塩っぱいかも……」

雪歩「…………でも、美味しい………えへへ……」

響「!! あ、味がするのか!!?」


雪歩「………えへへへぇ………えへえへえへ……」

真「ゆ、雪歩……?」

雪歩「えへ……プロデューサー……えへへへぇ……プロデューサー…………」

雪歩「………………しあわせぇ……・」


バタリッ
242: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:20:49.36 ID:FVLSTPgE0
響「ゆ、雪歩!!」ガシッ

真「雪歩!! …・…! こ、こんなに顔を真っ赤にして……!」

響「頑張ったんだな……雪歩……! よくやったぞ……!!」

真「……頑張ったのかな……」


真「……で」

響「どうするか……」チラッ

 モッコモッコリーンッ

真「相変わらず……その……ご立派だし……」

響「た……垂れてるし……」

真・響「「…………」」

真「……ぃよし!! 次はボクだ!!」

響「真!! 本気か!!?」

真「雪歩だけに先を越されちゃかなわないからね!! ボクも行く!!」

響「おお! それでこそ男だぞ真ぉ!!」

真「ボクは女だよ!!」
247: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:25:40.15 ID:FVLSTPgE0
真「じゃ、じゃあ……失礼します……プロデューサー……」

響「……」ドッキドッキ

P「zzz.....」

真「……うぅ……」


真(プロデューサー……さっきは可愛いって言ったけど……やっぱり男の子なんだなぁ……)ドキドキ

真(そんな人のおちんちんを……ボクはこれから……)ドキドキドキ

真「……あっ」

タラーリ.....

真「…………」

真(…………)


真「だらしないですよプロデューサー…………こんなに垂らして……」スッ

真「全く…………仕方ないですね……」


真「プロデューサーはボクがいないと駄目なんですから」

チュッ
250: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:30:09.76 ID:FVLSTPgE0
響「おおおっ!!」

真「んっ……」


真(……! ……! ……!)ドクッドクッドクッドクッ

真(ボク……プロデューサーのを……プロデューサーを………!)ドクッドクッドクッドクッドクッ

真(!!!!!)ドクンッ


真「……ぷはっ………」

響「おおおおっ!! 真ぉ!!やったぞ真ぉ!!」

真「      」

響「……真? ……え? ま、真……?」

真「      」

響「……真…………」


響「せめて……せめて雪歩の隣で……」スッ

真「     」

雪歩「     」
252: >>246  >>1じゃないよ 2013/08/25(日) 23:36:32.99 ID:FVLSTPgE0
P「zzz......」

響「こんだけ大騒ぎしてるのに……全く気が付かないなんて……」

タラーリ.....

響「……っ」ウズ....

トローリ....

響「……っ……っ……っ」ウズウズウズ....

P「zzz............」


響「……うがー!!!」バッ

ボフッ

響(プロデューサー……もう我慢出来ない…………出来ないの……!)

響(ちょっとだけ変なことするけど……ごめんね……プロデューサー……!)

響「……ふぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ…………」

響「………!!!!」



響「すぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ…………!!!!!!」
254: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:42:12.23 ID:FVLSTPgE0
響(――――!!!!)

響「……! ……!!! ……~~~!!!!」

響(プロデューサーの臭い…………体中に………染みこむようで……!!!)

響「あ……あああ……!! うあぁぁ……!!!」ビクッ ビクッ

響「やっぱり……すごいぞ……うあっ……うああああぁぁ……」ビクビクッ

響「ハァ……ハァ…………も、もっと……もっとぉぉ……!!」

スンスンスンスンスンスンスン.....

響「~~~~!!!!!!」



響「はひ……あひ……はへ……」ビクッ....ビクッ....

響「ぷ……ぷろ……でゅーさぁ……」ビクビクッ....ビクッ...

響「この臭い……忘れ……ないぞ………」ビクッ


響「……かな……さんどぉ………」ビクンッ


バタリッ
259: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:46:31.67 ID:FVLSTPgE0
小鳥「……そろそろ30分経つわね」スッ

小鳥「延長は厳禁なんだから……もぉ……」スタスタ

ガチャリッ

小鳥「こーら、3人とも。 もう終わりのじか……」



雪歩「         」

真 「         」

響「はひっ……あふっ……ふああぁ……」ビクッ....ビクッ....




小鳥「……」

小鳥「え、衛生兵――!!!」

律子「!! こ、これは!!」

律子「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!!!」

小鳥「な、何がなんだかわからない………」
260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:49:06.31 ID:9OCHDk5v0
Pのpが丸出しで3人のJKの内2人が失神、一人がアヘアヘか・・・
264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:56:20.36 ID:FVLSTPgE0
―高校生組②―


春香「なんで美希が一緒にいるの? 中学生でしょ?」

美希「そんなの知らないの。 小鳥が勝手にこっちに入れたの」

千早「まぁいいじゃない。 実際他の人よりは美希のほうが話がわかるわけだし」

春香「それもそっか。 それじゃあ二人共、用意はいい?」

美希「手袋にビン、ビニール袋は任せてなの!」

千早「メモ帳、数取り器、メジャー。 各種揃ってるわ」

春香「了解」

春香「それじゃあ……いくよ!」


春香「我らがユートピア(桃源郷)へ!!!」

美希「わーい!!」

千早「……ふふっ」ニヤリ


ガチャッ.....
267: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/25(日) 23:57:26.47 ID:kRdUaxjr0
千早さんノリノリなんですね・・・
383: ただいま 2013/08/26(月) 17:43:24.90 ID:DG03em7g0
バタンッ

「はっ……はっ……」

P「zzz........」

「はっ………はっ…………はっ……」


美希「ハーニィーーーーー!!!!!」 ガバッ!

春香「あ! こら美希!!!」


ギュウウウウウウウウウウウウ

美希「ハニーハニーハニーハニーハニー!!」スリスリスリスリスリ

美希「ミキね! ずぅっと我慢してたんだよ! ハニーのモッコリさん見てからこうしたくてたまらなかったのに!! ずぅーーーーーっっと!!!!」スリスリスリスリスリ

美希「だからもういいよねハニー! ミキ、もう我慢しないのぉおおおおおおおお!」スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ

P「おっ……ぐえっ……」ギュウウウウウウ


春香「す、ストップ美希! 抑えて抑えて!!」

美希「ハニーハニーハニーハニーハニー!!!」スリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ

春香「…………ああもう…………独占しないって約束だったのに……」
388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 17:50:13.16 ID:DG03em7g0
千早「まあいいじゃない、私達だって似たようなものだったのだし」

春香「千早ちゃん……。 ……あれ、その靴下は……」

千早「プロデューサーのよ。 ぬ・ぎ・た・て♪」

春香「あー! ずるいー!! 二人共ずるいよー!!」

千早「ふふ、行動の遅い春香が悪いわ。 ……美希。 ビニール袋を一枚頂戴」

美希「フガフガフガフガフガフガフガ !!」

千早「聞いてないわね。 勝手にもらうわよ」スッ

千早「…………さて、まずは一つ目……」


春香「全く……二人して好き勝手してさー……。 ねぇ? プロデューサーさん?」スッ

チュッ

P「んっ……」

春香「ん…………んはっ……、……ふふっ……コレで通算30回目のキスですね、プロデューサーさんっ」

春香「…………もっとキスしましょうねー…………んっ」

チュッ....チュッ....
391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 18:00:29.62 ID:DG03em7g0
千早「春香、春香」ツンツンッ

春香「んんっ?」 チュムッ

千早「第一段階は終わったわ。 次に取り掛かりましょう」

春香「んっ……、……ぷはっ。 そうだね、私もちょっとだけ充電できたし」


美希「うえへへへへぇ」ツヤツヤ

千早「あ、美希。 あなた口紅使ったわね?」

美希「んふふ、正妻の印なのっ」ブイッ

千早「全く……あとでプロデューサーに怒られても知らないわよ?」

春香「千早ちゃんも、プロデューサーさんをほぼ全裸まで剥いといてよく言うよ」

千早「そこは抜かりないわ。 新品の下着とYシャツはすでに準備してあるから」

春香「うわーお。 それじゃあまた日にちが経ったら今剥いたやつと交換しとけば……!」

千早「何度でもプロデューサーの濃厚な臭いを楽しめる、ってわけ」ニヤリ

美希「流石千早さんなの!!」

千早「ふふ、照れるわよ?」
396: >>393 わし>>1じゃのうて、知らんがな 2013/08/26(月) 18:10:36.59 ID:DG03em7g0
美希「さてっ。 それじゃあご対面といくのー!」

春香「Yシャツ、ズボン、靴下は脱がせど……パンツまでは奪わないっ。 わかってるなぁ千早ちゃん」

千早「淑女ですから、私」


美希「なんで春香が脱がすのー!?」

春香「美希が脱がしたら、pさんが出た瞬間かぶりついちゃうでしょ」

千早「同感ね」

美希「むー!」


春香「それじゃあ……いくよ!」グッ

美希「わくわく!」

千早「……っ……ダメよ、私……まだ堪えるのよ…………っ」ブルブルッ....

春香「さーんっ!」

春香「にーいっ!!」

春香「いーちっ!!!」ズッ


ペロンッ
399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 18:15:13.76 ID:DG03em7g0
春香「なっ……!!」

千早「こ、これは……!!」

美希「は、ハニーが……!!」


ヘニョン.......


春香・千早・美希「「萎えてる………………」」



春香「………」

千早「………」

美希「………」

春香「ふっ……ふふっ……!」

千早「ふふふっ……ふふふふふふ………っ!」

美希「あは……っ………あははは………っ!」



春香・千早・美希「「 かああああああああ わあああああああああ いぃいいいいいいいいぃいいいい (のぉおおおおおー) !!!!!!!」」
401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 18:24:33.59 ID:DG03em7g0
春香「やだ、なにこれ超カワイイ!!! 初めてみたぁ!!!」

千早「勃起したpしか見たことない私にとってこれは新鮮すぎる………っ!!!」

美希「ハニー! ハニー!! ハニー!!!!!」


美希「ハァハァ……す、すごい……すごいの……ハァハァ……ハァニィ……」

春香「そ、それじゃあ……興奮も冷めないうちに……千早ちゃん、お願い……っ」ハァハァ....

千早「わ、わかったわ……」スッ

ピーッ....

千早「て……手が震える……っ……可愛い……っ」ピクッピクッ

美希「いくつなの? 千早さんっ」

千早「待って……、えと……9センチ……かしら」

春香「平常時で9センチ、と。 ……日本男子の平均が8.68cmだからやっぱ少し大きいんだね」カキカキ

千早「包茎では無いのね。 ……やろうと思えば出来るかも……」

美希「皮は!!? 皮はいくつくらいなの!!?」

千早「まぁまぁ待ちなさい。 ……ちょっと失礼しますね、プロデューサー」スッ

P「おうふっ」ビクッ
406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 18:38:06.38 ID:DG03em7g0
千早「皮は厚さ70mm弱って所ね。伸ばすとギリギリ亀頭に当たるくらい」クイッ

P「うおっふ」ビクンッ

千早「ふふ、気持ちいいですか? ……もう少し我慢しててくださいね……」

美希「あ! 千早さん! そこ! 抜け毛抜け毛!」

春香「おー、綺麗にチリチリだねー。 はい、ビン」スッ

美希「一本目ゲットなのっ!!」キュポンッ


千早「……うんっ」

千早「血色良し、キズやデキモノも特に見られない。 至って健康なおちんちんね。 流石は私達のプロデューサー」

美希「ミキも! ミキも触りたーい!!」

春香「あ、こらこら素手はまだ駄目だよ。 はい、ニトリル(医療用極薄手手袋)」スッ

美希「むぅ………これ付けたくないの……。 直にハニーに触れたいのに……」ブツブツ

千早「あとでたっぷり触らせてあげるから、我慢しなさい」

美希「うぅ………」シブシブ
408: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 18:43:26.78 ID:g1stQ1mR0
なんだこの手慣れた感じは
409: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 18:48:04.19 ID:DG03em7g0
春香「さぁ! それじゃあ美希! プロデューサーさんのpさんを立派にさせてあげて!」

千早「カメラ、準備できてるわ。 やっちゃいなさい、美希!」

美希「はいなの!!」


デローン....

美希「いくよ、ハニー……」スッ....

キュッ

P「、っ」ビクンッ.....


シュッ,シュッ,シュッ.....

P「んっ、くっ、うおっ」ピクッ....ピクピクッ.....

美希「あはっ。 ハニーがピクピクしてるのっ」

P「ふぉっ、おぁっ、んおっ」ビクビクビクッ

美希「ハニー……気持いい?……手袋越しでごめんね…………」

シュッ,シュッ,シュッ,シュッ

P「うぐっ、がっ、うひぃっ」ビクッ,ビクビクッ....
412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:00:10.02 ID:DG03em7g0
春香「うぅん………やっぱ美希は手コキ上手いなぁ………」

千早「カラオケ入ると毎回マイクで練習するものね。 そりゃ上手いはずよ。 ……それより春香、見なさいこれを」スッ

春香「ん? お、おおぅ……」

<ウオッ....ウグッ...ウハァ....ッ

春香「……美希が擦る度に……プロデューサーもまた大きくなってる……」

千早「すごいのは、大きくなるタイミングに合わせて美希も擦ってるって所よ」

春香「無意識にこんなことが出来るなんて……」

千早「やはり美希……天才ね………」ゴクリ...


春香「っと、美希。 そろそろストップ」

美希「んっ……、…………むぅ」ピタッ

p「ビクッ....ビクビクッ....」

春香「これで……フルかな?」

千早「どうかしら……カウパーでも出ると分かりやすいんだけれど……」

春香「それじゃあカウパーでるまで擦ってみよう!」

美希「はいなの! ……えへへへ………ハニィ……」スッ....
417: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:10:56.53 ID:DG03em7g0
シュッ....シュッ....シュッ.....

.......ニュグッ.....

春香「あっ」

千早「むっ」

ニュグッ,ニュグッ,ニュグッ.....

春香「っと。美希、ストップストップ」

美希「んっ…………、……」スッ...

トロ....

春香「千早ちゃん、ビンッビンッ!」

千早「ああ、はいはい」スッ

春香「……えへへ……ビンの中にプロデューサーが詰まってく……」ドキドキ

千早「あまり空気に触れさせちゃダメよ?」

春香「わかってまーすっ、新鮮さが命だもんねっ。……えへへへ………」ドキドキ

千早「……さて、美希。 ニトリルを貸して……」

千早「…………美希?」
419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:19:09.88 ID:DG03em7g0
美希「……」グチュッ...グニュッ...

千早「こら、ニトリルで遊ぶんじゃないの」

美希「…………」グニュッ....グチュッ.....グニュッ....

春香「……美希?」


美希(……ハニーの………トロトロ……)グチュ....グチュ.....

美希「………勿体無い……」

春香「え?」

美希「…………んっ」

ハムッ

春香・千早「「あっ!!」」


美希「ハム.....ムチュッ.....クチュッ.....」

美希「……んふ…………ハニーの味…………」

春香「あ……あぁ……あああぁ………!」

千早「な……なな……なんてことを……!」
420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:19:42.76 ID:QjslC4Pw0
oh....
422: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:26:14.10 ID:DG03em7g0
美希「んっ……んんっ…………チュポッ」

美希「はいっ、千早さん。 綺麗にしたの!」

春香「ちょ、美希ぃ……それはちょっと………」

千早「全くもう…………こんなにして………」


春香・千早「「ズルいじゃない!!!」」クワッ

美希「あはっ♪」


美希「んふふ~。 ……ハニー味わっちゃった……♪」

千早「くっ……!」

春香「ずるいずるい! 美希ばっかりー!!」

美希「兵は拙速なるを聞くも 未だ巧久なるを賭みざる成り、なのっ♪」

千早「よ、よく知ってるわねそんな言葉……」


春香「あ、千早ちゃん。 pさん今フルだよ!」

千早「ハッ! わ、忘れてたわ! め、メジャーメジャー……」

美希「~♪」
427: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:35:56.65 ID:DG03em7g0
千早「や、やっぱり大きい……」ゴクリ....

春香「い、いくつ……?」ゴキュリ....

千早「……17.2」

春香「な、72ぃ!?」ゾクゥッ

千早「フランスの成人男性の平均を超えてるわよ…………信じられない……」ゾクゾクッ

千早「太さは……直径約5cmってところね……。 ちなみに、日本男性の平均の太さは3~4cmよ」

春香「わ、私の中……入りきるかな……」ゾクゾクゾク....


美希「んっ! ハニーがご起立中なの!!」ピクッ

美希「いただきまー!!」ガバッ

春香「あ! 美希ダメ! ハウス!!」

美希「んぁああん!! なーんーでー!! 美希、ハニーのこと気持ちよくしたいのー!!」ジタバタ

千早「あなたはさっき十分味わったでしょ! 私が味わう予定だったのを!」

千早「だから美希はおあずけ! そこで大人しく見てなさい!」

美希「うぅ…………これだけじゃ物足りないの……」ウズ....
429: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:41:39.68 ID:DG03em7g0
春香「そこで大人しくするよーにっ」ビシッ

美希「うぅ……」


ポフッ...

千早「全く……美希はもうちょっと大人になって欲しいわね」

春香「ホント。 身体は十分オトナなのにね」

千早「………」

春香「………」

千早「…………」

春香「ご、ごめん……」

千早「……いいから、ホラ、そっち詰めて」

春香「う、うん……」


千早「それじゃあプロデューサー……お待たせしました」スッ

春香「ふふ……精一杯ご奉仕しますね……」スッ


......チュッ
436: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 19:55:53.56 ID:DG03em7g0
P「――っ!」ビクンンンッ!!

春香「やんっ……元気なんですからぁ……、………ちゅむ……あむっ……」

千早「……はむっ……んんっ……………熱い……プロデューサー…………ちゅっ、ちゅむっ………」


チュッ....チュムッ.....チュッ.....チュルッ.....チュムッ....


春香「ち、千早ちゃん……ちょっと顔下げて…………プロデューサーさんにご奉仕できない……」チュムッ

千早「それを言ったら………春香こそ、上ばかりじゃなくて……下もやりなさいよ……」チュッ...チュッ...

春香「やってるよぉ…………千早ちゃんがカリの所ばっかり舐めてるんじゃない…………」ペロッ....

千早「…………ここは渡さないわよ………んっ……んむっ………」チュムッ

春香「……ズルいなぁ……もぉ……、………はむっ……ちゅるっ………」


美希「………うぅ………」ウズウズ.....

美希「………うー……うー……!」チラッ

春香「ダーメッ」ペロッ

千早「あげないわよ」ハムッ

美希「……うぅー!!」ウズウズウズウズ.....
440: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 20:06:16.03 ID:DG03em7g0
千早「んっ……カウパー美味しい……、……んむっ……」ハムッ

春香「あ、ずるいっ……。 ……私もっ……」ハムッ

P「んぐっ……うおぁっ……!!」ビクビクッ

千早「……んふっ……、……プロデューサー…………もうちょっとですか……?」ペロッ,ムチュッ,ジュムッ

春香「ガマンしないで……いいんですよ………プロデューサーさん…………」レルッ,チュム,ジュルルッ

P「―っ!! ――っ!!」ビクビクビクゥッ!


P「――っ!! ―っ!!」ビクンッ ! ビクンッ !

美希「は……にぃ………」

美希(ハニー………)ウズ.....

美希(ハニー……ハニー……!)ウズウズ.....

美希(気持ちいいの……? ……春香と千早さんに…………出しちゃうの………?)ウズウズウズ.....

美希(そんなの…………そんなの………)ウズウズウズウズ....

美希「……ハニー……!」

ダッ !

ガバッ !
448: >>442 うわぁすげえなぁ 2013/08/26(月) 20:35:48.11 ID:DG03em7g0
美希「ハニー……!」チュッ

P「んぐむっ……んんんっ!」

春香「あっ、あーあーあー…………もぉ……」

千早「……まぁ、いいんじゃない? ……キスくらいなら」

美希(ハニーッ……ハニーッ……ハニーッ!)ジュルルルルルッ

P「んんんんーッ!!」


ビグッ,ビグビグッ!!

千早(んっ……春香……っ!)

春香(……うんっ……!)コクッ

春香「んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ!!」ジュボッ,ジュボッ,ジュボッ !

千早「んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ、んっ!!!」ジュルゥッ,ジュブッ,ジュムッ !

P「あっ、あっ、うっ、ぐぁ、うぁっ……!!」ビクビクビクビクッ !!!

美希「ちゅっ、れるっ、んぱっ、んじゅるるるっ!!」

美希(ハニー!ハニー!ハニー!ハニー!)ジュルルルルルルルルッ!!!

P「―――――っ!!!」
451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 20:40:36.54 ID:DG03em7g0
ドクンッ!!

P「っ――――!!!」


ビュルルッ,ビュクビュクッ !!!!!


春香「んむうっ!!?」

千早「あ、はるかっ、ずるっ――」


美希「はにぃいいいいいいいいいい!!!!!」ビクビクビクビクッ!!!!

プシャァァァァァァ......


千早「え、ちょ――」

春香「んぐっ……んぐっ……んくっ……」ゴクッ...ゴクッ.....

千早「あっ……」


千早「ああああ――――!!!!!!!」


美希「はっ……にっ………はへっ……あふぇ……」クタリ....
457: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 20:51:26.41 ID:DG03em7g0
千早「ひどい……酷いわ……こんなの……」ズーン....

春香「ご、ごめんね千早ちゃん! だって急に精液が来るものだから……」

千早「だからって…………だからって…………一滴も残さず飲むなんて…………あんまりよぉぉぉ………」

春香「あははは………のワの………」


千早「…………吐きなさい」

春香「えっ」

千早「プロデューサーの精液だけ吐いて戻しなさい………!! 今すぐ!!!」

春香「え、えええええええ!!!? そんなのムリだよぉ!!!! 来ないでぇええええええええ!!!!」

千早「待ちなさぁああああああああああいいいいいいいいぅぉおおおおおおおおおおあああああああ!!!!」ダッ

春香「きゃああああああああああ!!!!!!」ダッ




美希「……んっ…………はにぃ………………」

美希「……………………大好き………」チュッ

P「        」
462: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:04:55.80 ID:DG03em7g0
< ~! ~~!!!

小鳥「なんか騒々しいわね……」スタスタ

ガチャッ

小鳥「ほら三人ともー! もう時間ですよー!」

春香「あ、小鳥さん。 時間ですか?」ツヤツヤ

美希「なんか、あっという間だったの」ツヤツヤ

千早「まぁ、有意義な時間だったわね」ツヤツヤ

小鳥「………………あれ?」


千早「それでは、私達はこれで」

小鳥「あ、はい……皆お疲れ様………」

バタンッ

小鳥「…………あれ? プロデューサーさんのスーツ、新品みたいに綺麗……」

小鳥「Yシャツも乱れてないし……どこも汚れがない……」

小鳥「…………………」

小鳥「……( ゚д゚)ハッ!」
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:18:23.54 ID:DG03em7g0
―年長者組―

ガチャッ

あずさ「失礼します~」

貴音「失礼します。 ………おや……」

P「zzz.....」

貴音「……ふふっ。 これはまた、とても愛おしい顔で眠られたものですね」スッ

あずさ「あら、まぁ……。……ふふっ」スッ

ナデリ....

P「んっ……」

あずさ「……なんだか大きな弟が出来たみたいですね~」ナデリ

貴音「ええ、まったく…………ふふっ」ナデリナデリ

P「zzz......」


貴音「……ところで、先ほどから何をされてるんですか?」

貴音「そこのお二方」

律子・小鳥「「!!」」ビクッ
472: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:32:05.94 ID:DG03em7g0
小鳥「え、あのいやその、私達はそのぉ……」

貴音「そのような所に隠れて、見つからないとお思いですか?」

律子「べ、別に隠れてたってわけじゃないのよ! ただ、その……」

貴音「……ふむ……」


貴音「まぁ、律子嬢がここにいるのはさほど不思議なこととは思いませんが」

律子「えっ」

小鳥「ええ!? なんでぇ!!?」

貴音「何故って……ここに来る者の理由は『ばらえてぃ番組の最中、突然男性の性器を見ても大丈夫なよう耐性をつける為』でしょう?」

貴音「律子嬢はプロデューサーです。 番組に直接出ることは無いとはいえ、舞台裏からあいどる達を見守る必要があります」

貴音「それ故に、番組を直接見ることになるのですから、そういった機会があってもおかしくないでしょう」

あずさ「あら、確かにそうですね~」

小鳥「む、むむむむ……」

貴音「しかし小鳥嬢、あなたは事務員です」

貴音「あなたの場合、番組はてれびを通して見るわけですから、耐性を付ける必要は無いのでは?」

小鳥「は、はぐぅっ……」グサッ
476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:44:24.31 ID:DG03em7g0
貴音「……なんて、冗談ですよ。 小鳥嬢」

小鳥「ふぇ……?」

貴音「あなただけを独りになんて、そんな無粋なことしませんよ」

あずさ「そうですよ~。 赤信号みんなで渡れば怖くない、です」

律子「全然違いますけど、そうですね。 小鳥さんも是非、一緒にっ!」

小鳥「た、貴音ちゃん……! あずささん……律子さん……!!」ブワッ


貴音「さて、一段落ついた所で」

律子「本題……よね」チラッ

小鳥「……うっ……今になって緊張が……」ドキ....ドキ.....

律子「……ぷ、プロデューサーの……おち、………性器を?」

あずさ「……あのぉ、今まで聞きそびれてたんですが」


あずさ「なんですか? 『おちんちん』って」

小鳥・律子「「…………」」


小鳥・律子「「 え゛っ 」」
478: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 21:45:32.74 ID:AZCfhV660
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
487: 風呂の湯、張ってなかった..... 2013/08/26(月) 21:57:52.87 ID:DG03em7g0
貴音「ああ、それ。 わたくしも聞きたかったのですが」

律子・小鳥「「ええ゛っ!?」」

あずさ「皆さん、やれ『チンポ』がどうのやれ『おちんちん』がどうの言ってましたが……」

貴音「一体如何なるものなのですか? その『チンポ』なるものとは」

律子「え、いや、何って……男性の性器を指す言葉ですけど……」

あずさ「……? せい、き……?」

小鳥「ええ!? そこからぁ!!?」



――
―――

律子「え、えー。 ですからつまり……男性全員の股間には、こう……こんなものが有って……」カキカキ

小鳥「律子さん、それ先っぽ尖りすぎですよ。 それに、そんなに細くないですって」

律子「し、仕方ないじゃない! 実物なんて見たこと無いんだし!! そんなに言うなら小鳥さん描いてくださいよぉ!」

小鳥「うぇえ!? 私ぃ!? ……そ、そりゃあ……薄い本やエッチなビデオで幾度と見ているモノだけど……」モジモジ.....

貴音「? 失礼ですが、『薄い本』とは?」

律子「それは知らなくていいっ!」
492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:06:11.76 ID:DG03em7g0

――
―――

あずさ「へぇぇ……プロデューサーさんはここからおしっこを出すんですね~」

貴音「面妖な……わたくしにはそんなもの微塵と生えてないというのに」

小鳥「いや、だから男性だけですって」


貴音「こ、これをわたくしの中に……!? 殺す気ですか……!?」

律子「いや、別に死にはしないし……」

小鳥「あ、でも初めてする時だと中から血が出ちゃうらしいですよ」

あずさ「ち、血が……? わ、私のここから……? ………ひ、ひえぇ……」ブルブル....


小鳥「…………んふっw」

律子「一般常識語ってドヤ顔するってどうなの」

小鳥「い、いいじゃないですか……うぅ……」

―――
――
508: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:30:11.69 ID:DG03em7g0

――
―――

律子「……とまぁ、そういうわけで子供が出来るわけです……」

貴音「ほぉぉ……まこと面妖な……」 

あずさ「へぇぇ……コウノトリさんが運んでくれるわけじゃなかったんですね~」

律子「そんなの信じてるの、今時の小学生でもいませんよ……」

小鳥(……20歳になるまで知らなかったなんて言えない………)



小鳥「ところでお二人共……失礼ですが、生理の時とかどうしてるんですか?」

貴音「?」 あずさ「?」

律子「……ほ、ほら、ふとパンツを見てみたら赤黒いモノが有ったりするでしょう?」

貴音「あ、あぁ。 あの絵の具のことですか」

律子「ああ゛っ!?」

あずさ「絵の具ですよね?」

小鳥「はあ゛っ!?」
513: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:43:25.75 ID:DG03em7g0
貴音「過去に一度、母上に尋ねた所そう答えられましたが」

小鳥「おかーさーん!!!!!!」

貴音「母上に相談して以来、たん……ぽぽ?なるものを入れるように助言を授かりました」

あずさ「あ、私と一緒ですね~」

貴音「おや。 ふふ、あずさと一緒とは嬉しい限りです」

あずさ「うふふふ~」

律子「どうなってんの今の同世代」


律子「……あの……ちょっと思ったんですけど……」

律子「二人はキス……とか……経験ありますか?」

小鳥「あはは、律子さん。 セックスのセの字も知らない二人がそんなこと知って……」


ガタッ !!!

律子「……えっ」

小鳥「あれ……、……お……お二人さん……?」


あずさ・貴音「「 ………っ!! ……っ!! 」」
516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 22:52:12.01 ID:DG03em7g0
貴音「……! り、律子嬢……あなた、なんと……?」ドキッ....ドキッ....

律子「えっ……いや、その……。 キスの経験とかあるのかなぁって……」

あずさ「き、きき、キスですか!? ……あ、あら……あらあらあら……」カァァァァァ

貴音「り、律子嬢!! 公の場で何たることを……!!」

貴音「そんな……せ、接吻だなんて……そんな…………卑猥な……!!!」カァァァァ

小鳥「えっ……あの、キスですよ? 口と口でぶちゅーっとやるあの……」

あずさ「せ、説明しないでください! ……うぅ……は、恥ずかしい………!」カァァァァァ

律子「…………」

小鳥「…………」

律子(あの、これって私がおかしいんでしょうか)

小鳥(そんなことないと思いますよ……多分……)


貴音「全く……まったく……!////」

あずさ「……うぅ…………////」

律子(………………)

小鳥(………………)
519: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:03:29.38 ID:DG03em7g0
小鳥「……プロデューサーさんの鼻に……キス……」ボソッ

貴音「――っ!!」

律子「……プロデューサーのおでこに……キス……」ボソッ

あずさ「―――っ!!!」


小鳥「ぷ、プロデューサーの……首筋にキス……!!」

貴音「お、お、おおお、お止めなさい小鳥嬢!! いや、止めて……止めてください……あぅぅ……」アタフタ

律子「ぷ、プロデューサーの……胸元にキス……!!」

あずさ「そ、そんな! そんなの…………夫婦の間柄でやることで………そんな……そんなぁ……」ヘナヘナ...

小鳥「プロデューサーの!! 耳たぶに!! キス!!」

貴音「や、やぁぁ…………、……そんな……懇ろな関係でしか出来ないこと………あぁぁ……」ヘタリ....

律子「プロデューサーの!! おへそに!! キス!!」

あずさ「だ、駄目です……そんなこと……いけない…………アイドルとプロデューサーなのにぃ……」クタリ.....


貴音・あずさ「「あ……ああぁぁ………………」」

パタリ.....
520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:06:30.01 ID:DG03em7g0
小鳥「ハァ……ハァ……り、律子さん……!」

律子「ハァ……ハァ……こ、小鳥さん……!」

小鳥「やりましたね……!!」

律子「ええ……! やりました……!!」

小鳥「律子さんっ!!」

律子「小鳥さんっ!!」

グッ !!



ガチャッ

亜美「もうそろそろ30分になるど~」



小鳥「……………」

律子「……………」


小鳥・律子「「 えっ 」」
525: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:11:22.63 ID:DG03em7g0
真美「あれ? なんであずさお姉ちゃんとお姫ちんが倒れてんの?」

伊織「う、うわ……顔真っ赤じゃない……。 どんなハードなこと勉強してたのよ……」

やよい「わ、わぁっ。 とにかく二人をソファに寝かせなきゃ……! 毛布毛布……!」トテトテ


クシャッ

亜美「ん? ……何この棒みたいなのの絵」

律子「あっ……」

真美「先っぽピンクいし……もしかして、おちんちん?」

小鳥「げっ……!」


亜美「…………」

真美「…………」


真美・亜美「「 プッ.... 」」


小鳥「!!!」

律子「!!!」
527: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:14:40.77 ID:DG03em7g0
真美「ちょwwwww無いわwwwwwブフッwwww」プルプル

亜美「なにこれwwwwwなにこれwwwwwちwwんwwちwwんwwwwwww」プルプル


小鳥「   」

律子「   」


亜美「いおりんいおりん!! ちょっとコレ見てコレ!!」スッ

伊織「あん? 何よ…………、……? なにこれ?」

真美「これね、にーちゃんのちんちん」

伊織「……………」


伊織「無いわぁ………」


小鳥「!!!!」

律子「!!!!」
528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:19:47.64 ID:DG03em7g0
真美「ちょっとみんなー! コレ見なよコレー!!!」

真「んん?」

雪歩「何?」

響「おー?」


響「えっ……これ、もしかして……ちんちん?」

真「……あ、ああ。 確かにそう見えなくもない…………かな……?」

雪歩「……クスッ……」


小鳥「あ、ああ……ああああ……!」

律子「や、やめ……やめて……!」


春香「えーなになに?」

千早「ん……絵?」

美希「なんの絵………なの?」



小鳥・律子「「い、いやぁあああああああああああああああああああああああ」」
533: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:24:58.11 ID:DG03em7g0
―――
――



P「んっ……」

P「……っ! ヤバっ……!!」バッ


ガチャッ !

P「す、すいません!! こんな時間まで寝てしまい……!」


響「あ! プロデューサー!!」ダッ


ギュッ

P「お、おぉ? 響? どうしたどうした」

響「えへへ……なんでもないぞー」スリスリ

P「……なんか……やけにいつもより甘えてくるな」

響「んふふー……そういう気分なのー」

P「そうなのか? ……そうなのか」
537: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:29:47.52 ID:DG03em7g0
P「……っと」フラッ

真「よっと、気をつけてくださいよプロデューサー」ガシッ

P「あ、ありがとう真……、………真?」

真「? なんですか?」ギュッ

P「いや……もう離してくれて大丈夫なんだが……」

真「心配ですからこうしてます」

P「なら腕組む必要は無いだろうに」

真「ふふふっ」ギュー

P「……な、なんだ?」


雪歩「はい、プロデューサー。 お茶です」スッ

P「お、ありがとう雪歩。 ……んっ、美味い」ズズッ

雪歩「やったぁ。 ふふ、色々入ってますからねっ」

P「ふぅん……、……色々……?」

雪歩「……ふふっ……」ペロッ

P「……え、何入れたんだお前」
539: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:37:56.43 ID:DG03em7g0
P「……なんでだ……なんかフラフラする……」

やよい「だ、大丈夫ですかープロデューサー? ソファまで私が……」ギュッ

P「お、おお。 ありがとう、やよい」

やよい「…………」ギュッ....


ボフンッ

P「ふぅ……」

亜美「み、右もーらいっ!」ギュッ

P「うおっ」

真美「じゃ、じゃあマミは左もーらいっ!」ギュッ

P「お、お前ら……。 なぁ……今はちょっと俺、気分悪いからさ……な?」

亜美「……アミ……にーちゃんの為にしたのに……」ギュッ...

P「えっ……」

真美「……マミ達の元気……分けてあげようと思って……」ギュッ....

P「お、お前ら……」
542: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:42:19.21 ID:DG03em7g0
ギュッ.....

P「! や、やよい……」

やよい「……わ、私は……前から……。 ……えへへへ……」ギュー

P「な、なんだお前ら……」

.....ギュッ

P「!? こ、この手は……伊織か……?」

伊織「……私を忘れんじゃないわよ……、……バカ……」ギュッ....

P「いや、忘れたわけじゃないけど……」

伊織「……ふんっ……」ギューッ


真美「んっふっふ~」

亜美「んっふっふ~」

やよい「お兄ちゃん……」

伊織「……にひひっ」


P「な、なんだってんだ……?」
543: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:46:44.88 ID:DG03em7g0
P「どうしたんだあいつら……」

美希「あ、ハニー!」

春香「プロデューサーさん!」

千早「プロデューサー」

P「お、ようっ」

美希「ハニー! ごちそうさまでした、なの!」

P「ん?」

春香「たいへん、美味でした!」

P「へ?」

千早「今日も、随分と頂きました」

P「は?」


春香「ほら、行こうっ。 まだ分配の詳細、決めてないんだから」ツヤツヤ

千早「そうね。 それではまた、プロデューサー」ツヤツヤ

美希「あはっ♪ ハニー! バイバーイ!!」ツヤツヤ

P「……?」
545: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:51:24.50 ID:DG03em7g0
ガチャッ

P「失礼しま―」

小鳥「…………」ズーン

律子「…………」ズーン

P「え、なにこれ」


小鳥「あ、あはは……プロデューサーさんだぁ……」

P「ど、どうしたんですか小鳥さん。 目が空ろですよっ」

律子「プロデューサー……んちんって何なんでしょうね……」ボソッ

P「? よく聞こえないぞ律子っ、おい大丈夫かっ!」

小鳥「律子さぁん……今晩飲みに行きませんかぁ……」

律子「ああ……いいですねぇ……。 いつものようにたるき亭で……」

P「いや、律子は未成年だろ」


小鳥・律子「「あは……あははは……」」

P「……そっとしておこう……」
549: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:58:39.73 ID:DG03em7g0
P「……あれ? あずささんと貴音は?」

響「ああ、二人なら帰ったぞー」ギュー

P「は? なんでだ?」

真「なんか……二人共 『目も合わせられないっ!』 って言って急に出て行きましたね」

P「……何にだ? 婚期か?」

雪歩「ふふっ。 はい、お茶です」

P「お、ありがとうゆき近い近い、近いって雪歩近い」


―――
――


P(あの日以来、アイドル皆の様子が変わった気がする)

P(中学生組【美希除く】は、頻繁に俺に引っ付くようになったし)

P(響、真、雪歩は以前と比べて格段に距離が近いし)

P(春香、千早、美希は何故か俺に色の篭った目を送ってくるし)

P(あずささんと貴音は逆に目も合わせてくれなくなった)

P「……でも、なんとなくだけど……」
551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/26(月) 23:59:58.02 ID:DG03em7g0
 
 
 
 
 
 
 
 
 
P「なんか……忘れてる気がするなぁ……」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

―おしまい―
555: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:04:10.21 ID:qVMSyZF20
アイドルも変態なんだな
乙乙
559: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/27(火) 00:07:31.14 ID:eEVnHqmq0
大層乙であった

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS