FC2ブログ

モバP「俺は大人になるぞ!森久保ォ!!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:32:48.75 ID:nrRGl2El0

デレマス、森久保SSです。

キャラ崩壊、口調とか、注意です。


SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1535380368


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:35:22.69 ID:nrRGl2El0
以下P表記


~事務所~


ガチャッ
P「森久保ォォォォ!!」

乃々「!!」ビクゥッ!


P「次の仕事はぁぁ!!」


P「これだぁぁぁぁ!!!」


乃々「あ、あぅぅ、叫ばないで欲しいんですけどぉ……」

P「おっ?乗り気か!? 乗り気なのか森久保ォ!!」

乃々「どこをどう見たらそう見えるんですか……!」

乃々「というかそれは……何を持っているんですか……?」

P「ん?これか!? これは、ベイブレ〇ドだ!!」

乃々「なんでそんな物持ってるんですか!?」

P「え?森久保はベ〇ブレード嫌いか?? それじゃあ、ビー〇マン!? ビ〇ダマンがいいのか!?」

乃々「い、いえ、どっちが好きとか嫌いとかでは無くてですね……」

P「あっ、次の仕事か?」


P「次の仕事はなぁ!! 幸子と一緒にアマゾン探検だ!!!」バーーン


乃々「は、話聞かなすぎですけど……!」


ちひろ「……」

ちひろ「……ちょっといいですか? プロデューサーさん」


P「え? はい?」


乃々「……?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:38:09.50 ID:nrRGl2El0
~廊下~


ちひろ「プロデューサーさん」

P「は、はい」

ちひろ「……端的に、そうですね……」

P「……?」


ちひろ「……社会人としての行動……は、求めすぎかしら? 人間としての良識……? は言い過ぎね……ええーっと」ブツブツブツ


ちひろ「うーん…………あっ!」


ちひろ「そう! 大人!! 大人になりましょう!!」


P「??? 大人ですが??」


ちひろ「身体的な所ではなくてですね……もっとこう……精神的なところです!」

P「??」

ちひろ「とにかく! このままだと乃々ちゃんに嫌われますよ!!」

P「な、なにっ!? それは一大事ですね!!」

ちひろ「そうです、一大事です。なので、もっと大人っぽい行動を心がけてください」

P「わ、わかりました!!」


P「俺、大人目指してみます!!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:39:48.60 ID:nrRGl2El0
P「……」

P「と、言ってもだ……」

P「大人になるって言ってもなぁ……」

P「一体、何をどうしたら大人なんだ……?」

P「うーーーんうーーーん……」


P「まあいい!!」

P「とりあえず、思い付いたのからやっていくか!!!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:40:38.42 ID:nrRGl2El0
P「大人の条件……それは……」


P「好き嫌いしない事だ!!!」


P「子供の頃に、母さんが「好き嫌いしてると大人になれないよ」って言ってたからな!」


P「逆説的に好き嫌いがなければ大人という訳だ!!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:42:34.82 ID:nrRGl2El0
ガチャッ
乃々「あっ、プロデューサーさん……」


P「! よう! 森久保ォ!!」ムシャムシャ


乃々「何食べ…………え?」


P「うまい! うまいなぁ!!」モシャモシャ


乃々「!?!?」


P「ピーマンうまい!! 超うまいなぁ!!!」ムシャムシャ

P「こっちのパセリもうんまぁぁい!!」ガツガツ


乃々(ぷ、プロデューサーさん……な、なんでボウル山盛りのピーマンとパセリ食べてるんですか……!?)

乃々(しかも生で……!!)


P「ちょ、ちょーうまぁ…………」ガツガツ


P(こ、これでどうだ……! 大人だろ……もりくぼぉ…………)ダラダラ

P(うえええ……まっず……やべぇ不味すぎて涙出てきた……)ボロボロ

P(早く大人だと言ってくれぇ!! 森久保ォ!!)ダラボロ


P「……うっっめぇぇ…………よぉぉ。これぇぇ……」ダラボロムシャムシャ

乃々「ひ、ひぃぃ……な、なんで泣きながら食べてるんですか!?」

P「……そらもう美味しくて……涙が、な……?」グチャグチャ

乃々「美味しそうな人はそんな顔しないんですけど!?」

P「あれ……なんか……味ついた……? しょっぺぇ……」グチャモグダラボロ

乃々「それ涙ですけど!?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:43:31.31 ID:nrRGl2El0
P「うぇっ……まずかった…………」

P「いくつになっても嫌いなもんは嫌いだ……」

P「……なんか、失敗したみたいだな……」

P「何がいけなかったんだろう……」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:44:07.87 ID:nrRGl2El0
P「まあ、気を取り直して次に行こう」

P「やはり大人になるといえば、二十歳」

P「二十歳からできる事と言えば――」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:45:06.94 ID:nrRGl2El0
~喫煙ルーム~


P「ふふっ、買ってきてしまったぜ……」


P「タバコ&ライター!!」


P「いままで別に興味なかったから吸わなかったけど!」

P「今こそ!! 大人へと至る時っ!!」

P「とりあえず、7つの星とかいうカッコよさそうなのを買ってきた!」

P「7つの星……7つの星だぜっ!? 未央ですら目指すは6つ星なのに!! 更にその上を行っている!!」

P「これは大人一直線間違いねぇ!!」

P「あとは、タバコを咥えてー、ライター持ってー。準備完了!」

P「あとは森久保が通りかかるのを待って……」


P「スパスパ吸うだけっっ!!!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:49:02.63 ID:nrRGl2El0

乃々「……」テクテクテク


P「おっ! 来た来た!!」

P「えーと、火付けて……」カチッカチッボッ!

P「タバコの先端に……これでいいのか? ちゃんと火ついてる??」

P「んっと、吸えばいいのかな?」スゥゥゥゥゥ


P「!?」


P「ガハッ!!!」


P(く、苦しいっ!! なんだこれ、咳止まんねぇ!!)ゴホコボッゲホッゲホッ!

P(あと一瞬、頭ボヤァッってなったよ怖! なにこれ怖っ!!)ゲホッゲホッガフッ

P(匂いも不快っ!!)ゲヘッゲホッ


乃々「ぷ、プロデューサーさん……だ、大丈夫ですか……?」

P「!? お、おお……も、森久保……」ゴホゴホ

P「だ、大丈夫だ……ちょっとむせただけ……だから……」ゴホッ


乃々「……それならいいんですけど……」

乃々「……プロデューサーさん……タバコとか、吸うんですね……意外ですけど……」


P「!! あ、ああ!! なんてったって大人だからなっ!!!」バァン!


P「どうだ!?」


P(大人だろうッ!?)


乃々「?? どう、とはちょっと分からないですし……そういうのは、個人の自由だと思いますけど……」

乃々「も、もりくぼは……プロデューサーさんに、あまり……そういうの、吸って欲しくないって……思います……」

P「……な、なに……」


乃々「健康とかに……影響があるって聞きますし……」


乃々「プロデューサーさんが病気になったら、嫌なので……」


乃々「!! あっ……あ、あと! ……私自身も……あまり得意な匂いじゃないというのもあって……だから、その……あの……む、むーりぃー、です……」


乃々「なのでその……」


乃々「これを機に……禁煙、とか……どうでしょうか……?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:52:16.43 ID:nrRGl2El0
P「……」

P「あ、ああ! そうだな!! 森久保が言うなら禁煙するよ!!」アセアセ


P(な、なんという事だ……)

P(大人として尊敬されるどころか、心配をかけてしまった……)


乃々「ほ、本当ですか……!」

P(こうなったら……二十歳シリーズの奥の手……!)

P「ああ! 本当だ! 二度と吸わない!!」ガサゴソガサゴソ

乃々「う、うれし……? 何を探して……?」

乃々「!!?」カシュッ


P「スト〇ングゼロォォォ!!!」グビグビグビグビ


乃々「!? な、何やってるんですかっ!?」

P「うめぇ!!! ワッハッハッハ!!」グビグビグ

乃々「なんで急にお酒を飲み出したんですかっ!?!?」

P「お、大人だからだよっ!! ワーハッハッハッハ!!!」グビグビーー


P(酒弱くて、大学の飲み会でぶっ倒れて以来飲んでねぇけど!!!)


P(だが! 俺は大人!!! 森久保に大人って言われたい!!!! いける! いくぞ!!)


乃々「意味が分からないんですけどっ!? 普通の良識ある大人はそんな事しないんですけど!!」


P「ワーハッハッハッハ!!!」グビグビグルグルー


乃々「ああっ、なんかもうすでに顔が真っ赤で、目の焦点が合ってません……!!」


P「わはははははは……」グルグルグルグル


P「わははは……あふんっ……」バタッ


P「……」ゲロゲロゲロゲロ


乃々「ぷ、プロデューサーさんんん!? し、しっかりしてくださいぃぃ!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:52:44.99 ID:nrRGl2El0
P「……」

P「また失敗したな……」

P「めっちゃくちゃ怒られたし……」

P「まあ……」

P「気を取り直して次だな!!!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:53:12.39 ID:nrRGl2El0
P「大人の特権……それは!!」


P「金!!!」


P「財力を誇示して大人アピールだぜっ!!」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:53:50.88 ID:nrRGl2El0
~ショッピングモール~


P「さあ! 森久保ォ! 今日は好きな物を買ってやるぜ!!!」

乃々「ど、どうしたんですか……急に……?」

P「いやぁ! 普段から頑張ってくれてると思ってな!! 御褒美だ!!」

P「金に糸目はつけないぜ!!!」

乃々「い、いえ、そんな……なんでもだなんて……悪いですし……」

P「いいから行くぞぉ!!!!」

乃々「ひええええ~~」ズルズルズル
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:55:19.59 ID:nrRGl2El0
P「服!? 服か!! これとか似合うんじゃないか!?」

乃々「い、いえ……そんなヒラヒラフリフリなのは……むーりぃー……です……」

P「じゃあ水着か!? これとかいいんじゃないか!?」

乃々「ひ、ひぃぃ……水着なんてもっとむーりぃー……!」

乃々「というか、なんで急に水着になるんですか……」

P「ならばネックレス!! ネックレスはどうだ!!」キラキラーーン

乃々「ひええええ……高価…………こんなに高いもの……豚に真珠……猫に小判……もりくぼにアイドル……」

P「おいおい、そんな事言うなよ! こんなにキレイ……な……」ジーー

乃々「? どうかしたんですか? そのネックレス……」


P「これくださいっ!!!」


乃々「……気に入ったんですか……?」


P「ああ! 決まりだ!! これを森久保にプレゼントする!!!」


乃々「えっ……こ、これ、ですか? ゼロの数が……いち、に、さん、し、ご……」

乃々「あ、あうぅぅぅ……こんなに高いものもらえませんよぉぉ……」

P「なーに! 俺の給料の×ヶ月分くらいだから気にすんな!!」

乃々「全力で気にします!! 気にするに決まってますけどっ!!」

P「ほーら、他に欲しい物はないか~~??」

乃々「……ひえ~~~~」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:56:11.42 ID:nrRGl2El0
P「森久保は無欲だなぁ」

P「子供の頃、お母さんに欲しい物をなかなか言えなかった感じの子か?」

乃々「え、ええ……まあ、そうですけど……」

乃々「……」

P「……」



P「あー……また俺、失敗した感じか……」

乃々「?? 失敗とは……?」

P「あーー、えっと……」

P「……」

P「……実はな……」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/27(月) 23:58:29.70 ID:nrRGl2El0
乃々「……大人に、ですか……それで色々おかしかったんですね……」

P「おかしいってバレてたか……」

乃々「そりゃバレますけど……」

P「そ、そうか……」

乃々「……」

乃々「……プロデューサーさん……」

P「ん?」


乃々「私は……いつものプロデューサーさん……す、好きですよ……?」


P「!!」


乃々「たしかに、食べ物の好き嫌いはありますし、大声を出す癖は治りませんし、子供っぽいところはたくさんあります……」


乃々「お仕事にも無理やり連れていかれます……」


乃々「あっ、あと人の話もあまり聞きませんね……」


P「……」


乃々「……それでも、もりくぼの事をちゃんと見て、がんばろうって言ってくれて……」


乃々「アイドル初めたての頃に、森久保が逃げても見つかるまで探してくれたり……そういうの……うれしかったんです……」


P「森久保……」


乃々「……だから、無理やり大人ぶろうとしたり、しないでください……」

乃々「さっきのネックレスとかも……」

乃々「そんな事しなくても、プロデューサーさんは……」

乃々「もりくぼにとってはちゃんと……大人で――」

P「それは……」

乃々「?」



P「それは違うぞ!!! 森久保ォ!!!」



乃々「!? 」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/28(火) 00:00:46.46 ID:yGnmHul/0
乃々「えっ、あの、なにが……」


P「たしかに、俺は大人ぶろうとしていた。けどな」

P「あのネックレスは、大人ぶろうだとか、高い物買ってやろうとかじゃなくてさ」


P「一目見て、森久保に似合うなって思ったから買ったんだ」


乃々「っ!」


P「森久保自身としては、似合わないって思うかもしれないけど……」

P「俺から見たら、森久保以上に似合う女の子なんて、きっといないよ」


乃々「……あっ」


P「だからこれは、ただ単に俺のワガママなんだけどさ」


P「受け取ってくれないか?森久保」スッ


P「大人になれない俺の、子供なワガママを聞いてくれないかな?」



乃々「……」

乃々「……ふ、ふふっ」


P「!」


乃々「ふふふっ、やっぱりプロデューサーさんは、子供なんですけど」

P「ああ、知ってる」

乃々「こんなに子供な大人、きっとプロデューサーさん以外にいません……」

P「ははっ、そうかもな」


乃々「……だから、受け取ります……」


乃々「泣かれちゃったりしたら、困りますからね……」ニコリ


P「……はは」

P「ははは、受け取られても、泣きそうだ……」ジワッ

乃々「ふふっ、ほんとに子供みたいなんですけど」

P「……森久保」

乃々「はい?」


P「ネックレス、つけてみてくれないか?」


乃々「……はい……」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/28(火) 00:02:48.52 ID:yGnmHul/0
シャラシャラ
乃々「……」


乃々「ど、どうでしょうか……?」シャラーン


P「……」ジーー

乃々「ど、どうしましたか……?」


P「……予想外だ……」ジーー


乃々「えっ……に、似合ってませんでしたか……?」

P「……いいや」


P「俺が思ってた以上に似合ってたから、ビックリしてな!」


乃々「!!」


P「キレイだぞ! 森久保ォ!」ニカッ


乃々「……う、うれしい……です……」

乃々「え、えへへ……」



P「……」



P「……こんなに似合ってるんだから、みんなに見てもらわないとな!!」



乃々「……えっ?」


P「よしっ! 次の仕事はファッション系で決まりだな!!!」


乃々「そ、そんなぁ……お、お仕事は、むーりぃーーー!」


P「ははは!! 子供だから勝手に進めちゃーう!」スタスタスタ


乃々「み、見直したらすぐこれなんですけどっ!!」


乃々「ま、待ってくださいぃぃぃ……」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/28(火) 00:03:22.62 ID:yGnmHul/0


ドタバタドタバタ






ちひろ「……」


ちひろ「……ふふっ♪」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/28(火) 00:05:58.74 ID:yGnmHul/0
以上です。

日を跨いでしまった&誕生日ほぼ関係無いですが、森久保ちゃん誕生日おめでとうございます。

読んで頂けたなら幸いです。

ありがとうございました。
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/28(火) 00:33:26.39 ID:RjIL+NcBo
このPはコバルトセイバーよりもクロムゼファーが好きそう

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS