恵美「なんで私が魔王とイチャイチャなんか!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 22:54:41 ID:2bekSi710

恵美「ただいまー」

真奥「お帰り恵美」

恵美「あっ、カレーの匂い」

真奥「どうする?風呂か?先に飯食べるか?それとも……俺?」

恵美「はいはい、気色悪いわよ。カレーの匂いが髪につくと嫌だから、カレーを頂くわ」

真奥「首まで真っ赤にして照れてる恵美も可愛いぞ」

恵美「うるさい!殺すわよ!さっさと用意しなさい!」

真奥「ああ、待ってろ」パタパタ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 22:58:15 ID:2bekSi710

恵美「…カレー風呂に入りながら、イチャイチャすれば全部できるわね」

真奥「お前ってたまにバカだよな」

恵美「なっ!聞いてたの!?最低ね!さっさとご飯の用意をしなさい!」

真奥「はいはい」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ハッ!夢!?」

恵美「なんなの今の夢…死にたくなってきたわ…」


恵美「………………………………」


恵美「まだ、時間あるし、もうひと眠りしようかしら…」


       終わり



続きまして、
真奥「あちーな」恵美「服を着なさい!」
をお送りいたします。


5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:02:17 ID:2bekSi710

ガララララッ

恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

真奥「来るなよ」

芦屋「ちっ」

恵美「はあ!?文句ある?……って、何で裸なのよ!」

真奥「俺は服を着ているぞ」

芦屋「暑さのせいで勇者が壊れたようですね」

恵美「パンツ一枚を『服を着てる』って言わないのよ!」

真奥「暑いんだから仕方ねーだろ。そもそも水着と何が違うんだよ」

芦屋「ほう。もしかして遊佐…貴様、魔王様の裸を見て欲情してるんだな?」

恵美「はははははははあああ!?」

真奥「おい、さすがにそれはねーよ」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:05:48 ID:2bekSi710

芦屋「まあ、気持ちがわからんこともない」

恵美「あああなた!なにををををっ!?」

芦屋「魔王様はな、どっかの勇者の用にダラダラ生活をせずに、『世界征服』の野望の為に、毎日体を鍛えられているのだ!」

芦屋「さらに!この私のバランスの良い食事!」

芦屋「これで魔王様は完ぺきだ!私ですら見惚れる体!もうどっかのカレー好きな女に負けはしない!」


真奥「え?お前…俺に見惚れていたの?」

恵美「最低ね」

芦屋「なっ」

漆原「うわー、僕も身の危険を感じるなー」

恵美「もやしは黙れ」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:10:03 ID:2bekSi710

芦屋「ち、違います!私は…その言葉の勢いで!で、ですが、魔王様のカリスマは体を…ああ何といっていいやら」

恵美(ここまでうろたえるアルシエルは初めてね…いい気味だわ)

真奥「冗談だって、だから泣くな」

芦屋「ふぇぇぇぇ、魔王様ーーーーーー!」


恵美(でも、こいつ意外と胸板が厚いのね…腹筋も割れかかってるし…服を着たら全然わからなかったわ)

恵美(って、私は何でこいつの事を考えてるのよ!)

漆原「エミリア、ほらこれ真奥の上半身裸の写真」

恵美「なっ」

漆原「欲しいんでしょ?さっきからチラチラ見てるし…大丈夫。真奥には黙っておいてあげるよ」ニヤニヤ

恵美「死ね!」




恵美「貰っちゃった…死にたい」


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:12:15 ID:2bekSi710

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ハッ!夢!?」

恵美「…真奥って意外と理想的な体かも…」

恵美「って、私は何を考えてるの!?寝よう!寝るわよ!」


       終わり


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:16:05 ID:2bekSi710

■鈴乃「新しい家族が増えたぞ!」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「遂に扇風機を買ったぞ!」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「…」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「よし、お前は私を涼しくしてくれるから、『涼』(すず)と言う名前をつけよう!」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:20:07 ID:2bekSi710

扇風機「」ブオーン

鈴乃「しかし、涼という名前では私の名前と似ているな…」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「そ、そうか?喜んでくれるのか?」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「ああ、これからよろしく頼むぞ涼♪」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「家族が増えるのは嬉しいものだな…なぁ、すーずっ♪」


鈴乃「ふふっ♪」

恵美「何をやってるの?」


19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:24:24 ID:2bekSi710

鈴乃「さて、今からキャラメルを掃除しようとしようとしよう。あら?エミリアいたのか?」

恵美「動揺しすぎ!口調も何もかも変よ!」

鈴乃「な、何を言っている?私は箒を食べようとしただけで!」

恵美「だから、動揺しすぎよ…ほら、頬が真っ赤よ。落ちついて」


鈴乃「い、いつから!」

恵美「へ?」

鈴乃「いつから見ていたんだ!?」

恵美「『遂に扇風機を買ったぞ!』って所から」


鈴乃「エミリア!覗きなんて見損なったぞ!」

恵美「…玄関が開いてるんだけど?」

鈴乃「へ?」


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:28:39 ID:2bekSi710

鈴乃「……暑いから開けてたのを忘れなんだ」

恵美「あ、あー。今日は特別に暑いしね…まあ、ちょっと変になっても納得するかも」

鈴乃「き、急用が出来た!私は忙しい!帰ってくれ!」

恵美「え、え、え?私、ベルに呼ばれたから来たんだけど?」




恵美(追い出されちゃった…)

恵美(…でも、物に名前を付けるのは可愛いわね…)

恵美(…)

恵美(ちょっと休憩したいし、魔王城に行こうかしら)


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:32:27 ID:2bekSi710

ガララララッ

恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

真奥「来んな」

恵美「あれ?一人?」


真奥「ああ、今日は卵が安いんだってさ。一人一パックだから、無理矢理、漆原を連れて行った」

真奥「俺はもう少ししたら仕事だしな」

恵美「ルシフェルが、動いたですって!?」

真奥「あいつも必要があれば動くさ」

恵美「『必要』って…卵ごときに」

真奥「お前、卵を馬鹿にすんなよ!あれ一つで色んな美味しい物を芦屋が作ってくれるんだからな!」

恵美「はいはい」


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:36:37 ID:2bekSi710

真奥「…で、何しに来たんだよ?」

恵美「ちょっと疲れたの。休憩させてもらうわよ」

真奥「お前、魔王城をなんだと思ってるんだ?」

恵美「…」


恵美(…どうやって、この場でどうやって物に名前を付けるのよ!)

恵美(ぐっ…)



恵美(って、何で私は可愛いアピールをしようとしてるの!?)


真奥「今日のお前は何なんだよ…コロコロ表情が変わりすぎだぞ?」

真奥「落ちてる物でも食べたのか?」

恵美「はあ?あなた達じゃあるいまし、そんな事しないわよ!」

真奥「俺達もしねーよ」


28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:41:05 ID:2bekSi710

恵美「…」

真奥「…」

恵美「…」

真奥「…」


恵美「デ、デュラハン号は元気かしら?」

真奥「デュラハン弐号だ!」

恵美「そう。デュラハン弐号は元気かしら?」

真奥「お前…ふざけてるのか?」

恵美「ち、違うわ。そんなつもりじゃ」

真奥「デュラハン弐号は元気に決まってるだろ!」

恵美「え?」


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:43:51 ID:6rcR1gBfO

なんかもう登場人物みんな可愛いな


30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:44:36 ID:2bekSi710

真奥「デュラハン弐号はすげーんだぜ」

真奥「水たまりはほとんど無力!デュラハン弐号の前では敵ではない!」

真奥「石ころ?そんなものデュラハン弐号が蹴散らしてくれる!」

真奥「人だかり?デュラハン弐号のベルが道を開けてくれる!」

真奥「荒野?ふんっ。デュラハン弐号の前では平地と何も変わらない!」

真奥「坂道?デュラハン弐号の新機能!ギアチェンが全ての坂道を攻略してくれるわ!」

真奥「それに雨が降ろうが嵐が来ようが、台風が来ても俺を目的地に連れて行ってくれるんだ」

真奥「ふふふふふ。ふふふはははははははははは!」

真奥「もう何も怖くないぞ!」


32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:48:44 ID:2bekSi710

恵美(ふ~ん…)

恵美(たまに同僚の男達と飲んだりするんだけど)

恵美(男達が喋る内容って、他の同僚か上司への悪口ばかりなのよね)


恵美(こういうバカっぽい会話とか、他の人の自慢話を出来る人もいるのね)

恵美(なんか新鮮な感じがするわ)


恵美(だからと言って、そればかりが話題の奴は話になんないけど)


真奥「勇者エミリア。エンテ・イスラに戻ったら恐怖しろよ」

真奥「デュラハン弐号には近いうちに悪魔大元帥に近い位を与えようと考えているからな」

真奥「きっと最強の強敵になるぞ」

恵美「ふふっ。だったら今のうちにぶっ壊しておきましょうか?」

真奥「な、なんだと!?」

恵美「冗談よ。だから涙目にならないで」

真奥「ぐっ」


34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:52:48 ID:2bekSi710

 
………………………



恵美「ふー。もうこの階段も慣れたわ。転ぶことはありえないわね」

デュラハン弐号「…」

恵美「…」


恵美「エンテ・イスラではコテンパンにしてあげるから、覚悟しなさいよ」ナデナデ

デュラハン弐号「…」

真奥「お前…何やってるんだ?」

恵美「がっ!?」


37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:56:58 ID:2bekSi710

真奥「ほら、忘れもん」

恵美「あっ、リラッちゃん」

真奥「あ?」

恵美「り、リラックス熊だから『リラッちゃん』」

真奥「首まで真っ赤にして何言ってんだよ?」

恵美「死ね!帰る!」



真奥「なんだよ。可愛い所もあるじゃねーか」ボソッ

恵美「っ!?」

真奥「あっ、すまん。ちょっと口が滑った」

恵美「!!!」

真奥「悪かったって、だからそんなに顔真っ赤にして怒るなよ」

恵美「ぐぐぐぐぐ!」


39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:58:33 ID:uP4GpDvI0

やっぱりエミリアが一番可愛いぃいいいいいいいいいいいい!


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/29 23:58:39 ID:2bekSi710

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ハッ!夢!?」

恵美「」

恵美「死にたい。何で私ちょっとだけトキメイているのよ…」


恵美「…まだ、夜中…」

恵美「明日も仕事なのに勘弁してほしいわ」



       終わり


41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:02:52 ID:xtezq7FC0

■恵美「スーツ姿の真奥もいいわね」千穂「ですよね!!!」


真奥「って、なんで背広なんだよ…」

恵美「スーツっていいなさい!」

真奥「へいへい。で、なんでスーツ?」

恵美「うんうん。似合う似合う」

真奥「…いや、あのな?俺の質問を…」


ギュウウ


恵美「えへへ~。スーツの真奥もいいわね~」

真奥「ぐ、ぐぐぐぐぐ」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:07:45 ID:xtezq7FC0

恵美「あら?顔がニヤけてるわよ。ほら凛々しい顔しなさい」

真奥「俺に抱きついた恵美が、可愛すぎるからびっくりしただけだ」

恵美「はあ!?なっ!」


真奥「お前はそうやって動揺してるくらいが一番可愛いんだよ」

恵美「は、恥ずかしい事言うな!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ハッ!夢!?」


恵美「な、何なの!この展開は!」


       終わり


45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:12:02 ID:xtezq7FC0

■鈴乃「扇風機を買ったぞ!」

扇風機「」ブオーン

鈴乃「…」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「…」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「…」ドキドキ


扇風機「」ブオーン

鈴乃「ワ」


扇風機「」ブオーン

鈴乃「ワレワレは宇宙人だぁー」


恵美「何やってんの?」

鈴乃「」


47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:16:00 ID:xtezq7FC0

恵美「ベル?何で目が点に?」

鈴乃「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」

恵美「ベル!?どこに行くのよ!?」


恵美「どっかに行っちゃったわ…」

恵美「…」

恵美(可愛いわね)


ガララララッ

恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

真奥「来るなよ」

恵美「あれ?一人?」

真奥「ああ、漆原が近所の子供とゲームして泣かせたんだ」

真奥「だから、芦屋が一緒に親御さんの所に謝りに行ってる」

恵美「そ、そう。まるでアルシエルが保護者みたいね」

真奥「違うぞ!俺が保護者だが、俺はもう少ししたら仕事だから」


48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:20:11 ID:xtezq7FC0

恵美「ふーん。でもルシフェルって変な所で気がきくから、子供を泣かせるイメージがないわね」

真奥「よくわからんが、漆原の方で激レアな素材が出て、子供が怒って泣いたらしい」

恵美「へ?…ん?どういうこと?」

真奥「それより、お前は何をしに来たんだよ」

恵美「休憩よ。暑いしね」

真奥「お前、魔王城をなんだと思ってるんだよ…まぁいいや、勝手にしろ」


恵美「さて、扇風機は……って、何で扇風機がないのよ!」

真奥「あ?そんな高価な物が魔王城にあると思ってんのか?」

恵美「あなたは魔王城をなんだと思ってるの!宝とかちゃんと用意しておきなさいよ!」

真奥「うっせえ!住めば都って言うだろ」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:24:17 ID:xtezq7FC0

恵美「…」

真奥「…」

恵美(って、扇風機がないなら私は何をすればいいの!?)


恵美「暑い…今日は特に暑いわね」

真奥「…」

恵美「って、何よ…さっきからソワソワしてるわね」

真奥「いや、こういうのを言うのはあれなんだけどさ」


恵美「はっきり言いなさい。それでも悪魔の魔王なの?」

真奥「恵美。汗で服が透けてる。ブラが…」

恵美「死ねーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

ガスッ

真奥「」


50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:27:27 ID:xtezq7FC0

恵美「死ね!変態!セクハラ!何見てんのよ!」

バキッ

真奥「」


恵美「さよなら、早く死んでね」

ドカッ

真奥「し、死んでねーよ」

恵美「ああ、とても痛そうな声ね。いい気味だわ」

真奥「ちくしょう…」


52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:31:58 ID:xtezq7FC0

恵美(って、何で今日なのよ)

恵美(もうちょっとだけ、可愛いのつけてくればよかった…)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ハッ!夢!?」

恵美「って、なんで私は恋する乙女みたいになってるのよ!」


恵美「…寝付きが悪いわね。少しお酒を飲んで、ぐっすり寝ましょう」



       終わり


54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:34:52 ID:xtezq7FC0

■芦屋「悪魔のような勇者が毎日家にやってきて、私が憂鬱でつらい」恵美「ちょっと路地裏に来てくれない?」



ガララララッ

恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

芦屋「ちっ」


恵美「ちょっと疲れたの。休憩させてもらうわよ」

真奥「お前、魔王城をなんだと思ってるんだよ…まぁいいや、勝手にしろ」


恵美「はぁ~。のどが渇いたわ」

芦屋「だから、何だ?」

恵美「ったく魔王城では飲み物も出ないの?」

芦屋「なぜ、貴様に?」

真奥「芦屋。出してやれ。そしてさっさと帰ってもらうぞ」

芦屋「わかりました」


56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:38:53 ID:xtezq7FC0

芦屋「ほら茶だ」

恵美「へぇ~。魔王城では、客に煮えたぎったお茶を出すの?」

芦屋「勇者が魔王様の客?ほう私が知らない間に、勇者も地に堕ちたものだな?」

恵美「ちっ」


恵美「」グビグビ

恵美「ぷはー」

真奥「って、それ、俺の麦茶!」

芦屋「あ、あああああああああああああああああああああああーーーーーーーーー!!!」


58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:41:24 ID:xtezq7FC0

恵美「安物の麦茶のパックを使ってるわね。美味しくないわ」

真奥「おい!俺のを飲んだ事と、この麦茶のパックの製作会社に謝罪しろっ!」

恵美「なんであなたにまで謝罪しないと……………あっ」

真奥「…ん?」

恵美「か、帰る!」

芦屋「帰れ!二度と来るな!」



恵美(か、関節キスしちゃった…)

恵美(真奥となんて…屈辱だわ…)


恵美(…で、でも、麦茶は美味しかったかも…)


60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:44:21 ID:xtezq7FC0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


恵美「…やっぱり夢ね。それよりトイレ…」

恵美「夜中にお酒なんか飲むから…」

恵美「何でトイレに行きたい時って、水関連の夢を見るのかしら?」



恵美「よし!今度こそぐっすり寝るわよ!」



       終わり


63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:48:41 ID:xtezq7FC0

■真奥「ったく、何でこんなに甘えん坊に」

恵美「耳かきー」

真奥「はいはい」

恵美「そこ、そこが気持ちいい」

真奥「はいはい」




恵美「あーん」

真奥「んっ。うめえ」

恵美「えへへ~。真奥の為に頑張っちゃった♪」

真奥「さすが俺の恵美だな」

恵美「抱っこー」

真奥「はいはい」


64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:49:34 ID:xtezq7FC0

>>63訂正

■真奥「ったく、何でこんなに甘えん坊に」
↓↓↓↓
■真奥「ったく、何でこんな甘えん坊に」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:52:33 ID:xtezq7FC0

恵美「さっきのご飯のお礼が欲しいな」

真奥「はいはい」


チュッ


恵美「えへえへ~//」

真奥「ったく、可愛すぎだぞ。恵美」


芦屋「∵」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ぐわああああああああ。死にたい!死にたい!」

恵美「何て夢よ!」


恵美「…」


恵美「まったく!もう一回あの夢を見て。『ニヤけるな』って、真奥を叱ってあげないと」


       終わり


67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:55:54 ID:xtezq7FC0

■芦屋「嫁は私だ!」恵美「何の話よ!!!!!」


ガララララッ

恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

真奥「おおー。ようやく来たか。ほら、うちわで仰いでやるよ」

恵美「別にいいわ。優しい真奥は気持ち悪いし」

真奥「おい!俺だって傷付く事があるんだぞ!」

恵美「そう。じゃあ、今度もっとやってあげるわ」

芦屋「罵りプレイとは…卑怯な!」

真奥「おい」

芦屋「冗談です」


68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 00:59:45 ID:xtezq7FC0

漆原「っていうかさー。最近、この二人がいると暑っ苦しいんだよね」

真奥「誰と誰がだよ」

漆原「付き合ってるんでしょう?さっさとデートなり外に行ってくれない?」

恵美「は、はあ!?何で私とこいつが!」

漆原「ベルに自慢したんでしょう?真奥に告白されたって」

恵美「ちっ!裏切り者リストに追加してやるわ!」

漆原「8時間以上、ベルに惚気話をしたんでしょう?そりゃあ、ベルも愚痴りたくなるよ」

恵美「うっ」

真奥「なんだよ。その裏切り者リストって」

恵美「え?ああ、エンテ・イスラに戻ったら抹殺するリストよ」

漆原「へ、へぇ~」

恵美「安心しなさい。あなた達は抹殺なんかじゃなくて、じわじわ痛みを与え、この世に生まれてきたのを後悔させてあげるようにしてから、殺してあげるわ」

芦屋「それが勇者のすることか!?」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:02:52 ID:xtezq7FC0

恵美「えーと『アルシエルが勇者を愚弄した…許せない』」カキカキ

真奥「冗談でも怖いぞ。書くのは止めてくれ」

恵美「『真奥がアルシエルを助けて、女の子の私に『怖い』って言ってきた。許さない』」カキカキ

漆原「じ、冗談だよね?」

恵美「当たり前じゃない。冗談よ」


真奥「お前が言うと冗談に聞こえないぞ」

恵美「はあ!?何ですって!?」

真奥「いえ、ごめんなさい。何でもないです」


70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:07:16 ID:xtezq7FC0

芦屋「しかし、そのエミリアが、こここここここここここ」

漆原「恋人って…エンテ・イスラではどうすんのさ?」

芦屋「私は認めん!認めんぞおおおおおーー!!!」


恵美「ちょっと待って!何でこいつと!?」

真奥「いや、俺が好きって言ったら、お前すごく機嫌よくなったじゃねーか!」

恵美「はあ!?魔王が私の下僕になったのが嬉しいだけですが何か?」

漆原「いやいや、毎日会いに来て、イチャイチャしておいて、その理屈はおかしいし」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:12:06 ID:xtezq7FC0

真奥「そうだ!下僕の家に毎日来るのはおかしい!はっきり言え!俺が好きなんだろう?」

恵美「そうね。確かにそうだわ」

真奥「ようやく認めたか」

恵美「あなた私の家に来なさい。電車代は割り勘してあげるから」

真奥「え?はあ?」

恵美「だから、あなたは下僕なんだから、私の家に住んで私の為に家事をすればいいじゃない」

真奥「『そうね。確かにそうだわ』って、恋人を認めたわけじゃないのかよ!」


恵美「だだだだだから!私がいつあなたをこ、こここここー!」

芦屋「そうです!私も認めません!というかエミリアの家に住むなんてありえない!」

漆原「はいはい。3人で修羅場は禁止だよ」

漆原「…で、どうすんのさ。エンテ・イスラで…」

真奥「ん?」


72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:15:19 ID:xtezq7FC0

芦屋「魔王様。お言葉ながら、魔王と勇者は一緒になるということは…」

漆原「魔王が悪魔を見捨てて、勇者と一緒になるか」

芦屋「それとも勇者が人間を見捨てて、魔王軍に入るか」

漆原「それともどっちも見捨てて、何もかもから逃げるか」

芦屋「魔王と勇者が一緒になるという事は、それを覚悟した上で?」

真奥「…」



漆原「まあ、僕と芦屋は魔王という位に付いて行ってるんじゃなくて、魔王サタンと一緒にいたいからいるんだ」

漆原「だから、僕達は最後まで一緒にいるつもりだけどさー」

芦屋「魔王様のご命令なら…人間とともに…いえ、すみませんがその時は、私は一人で隠れて暮らしましょう」

漆原「でも、他の悪魔たち…または人間達は黙ってないだろうねー」

恵美「その事なんだけど…」


73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:18:22 ID:xtezq7FC0

真奥「俺と恵美の関係は、この異世界『地球』でだけだ。恵美とは既に決めている」

芦屋「…」

真奥「エンテ・イスラでは元々の関係。どっちかが倒す関係に戻る。そう魔王と勇者のな」

芦屋「お辛い選択を…」

漆原「そうなんだ。まあ、真奥が決めたなら、僕は意見するつもりはないけどさー」


恵美「もちろん、あなた達もちゃんと倒してあげるわ」

芦屋「ふふっ。お前の対策方法など既に準備してある。私達、魔王軍に二度の敗北はない」

恵美「何ですって!?」

漆原「この前言ってた、リラックス熊の着ぐるみをして戦うって案?でも、着ぐるみごと斬られそうだけど」

恵美「ぐ、ぐぐぐぐぐっ。この悪魔どもめっ」

芦屋「これで私達の勝ちだな」

漆原「うわー。効果あるんだー」


74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:21:45 ID:xtezq7FC0

真奥「そうだっ」

恵美「え?」

真奥「俺、魔王じゃなくて大魔王になるわ」

恵美「は?」

真奥「魔王だと勇者と一緒になったら文句があるかもしれんが、大魔王なら文句ねーだろ」

恵美「はあ!?」


真奥「なんたって『大』だからな!絶対にすごいんだぜ!何でも支配してるんだぞ」

芦屋「ま、魔王様がそういうなら…」

漆原「大魔王の存在がどんなのか知っている癖によく言うよ」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:24:33 ID:xtezq7FC0

真奥「なっ?恵美、これなら全部オッケーだろう?」

恵美「はぁ~…呆れて声も出ないわ」


恵美「でも、真奥が良いって言うなら、とりあえず今はそれでいいわよ」

真奥「ああ、期待してろよ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ハッ!夢!?」


恵美「私…エンテ・イスラでも真奥と今の関係を続けたいって願望でもあるのかしら?」



       終わり


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:29:45 ID:xtezq7FC0

■恵美「何?それ?」真奥「チョコです」


恵美「…で?」

真奥「仕方ねーだろ!俺だって付き合いがあるんだ!」

恵美「へぇ~…で?」

真奥「バレンタインにチョコを10個貰ったからって何が悪い!?」

恵美「そうね。チョコには罪が無いものね。私が全部食べてあげるわ」

真奥「お、おい」


77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:30:58 ID:xtezq7FC0

恵美「はあ?文句あるの?それとも食べたいの?」

真奥「そ、そりゃあ、まあ食べたいかな」

恵美「へぇ~、ちなみにどの女のチョコが食べたいの?」

真奥「え?」

恵美「ああ、千穂ちゃんのチョコがいいのね?」

恵美「そうね彼女はあなたに好意を寄せているし、スタイルも抜群だし、男なら仕方ないわよね?」

真奥「おい!怖いぞ恵美!」


78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:34:04 ID:xtezq7FC0

恵美「あんたがダメなのよ!こんなにチョコを貰って!」

真奥「なっ!?」

恵美「それだけ隙が多いのよ!!何で魔王がみんなに優しいのよっ!」

恵美「私にだけ優しくしてよ…」


ギュウウウ


真奥「すまん、恵美…俺、最近冷たかったよな」

恵美「本当よ…ばか」

真奥「よし!今日はお前が一番だ。一番可愛がってやる」

恵美「ずっと一番にしなさいよ。ばか」

真奥「ハハッ。バカだから訂正させてもらうぞ。ずっと一番可愛がってやる」

恵美「んっ」

真奥「今夜は寝かさないからな…」

恵美「真奥//」


79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:38:17 ID:xtezq7FC0

恵美「って、事がこの前あったの。あの時は…盛り上がったなー。えへへへ//」

鈴乃「∵」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


恵美「ハッ!夢!?」

恵美「ベル…恋人がいないのにノロケ話って…ごめんなさい」





       終わり


80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:40:12 ID:Cl60iCgh0

エミリア可愛いよエミリア


82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:43:02 ID:xtezq7FC0

■恵美「何か魔王城で真奥を相手にするのが楽しくなってきたわ」


ガララララッ

恵美「来たわよー。まったくこの部屋は相変わらず暑いわねー」

真奥「…恵美、一人か?」

恵美「え?そうよ。ってあなたも一人なの?」

真奥「ああ」


恵美(最近こいつと何かいい雰囲気になってきてるし……)

恵美(なんか毎日が充実してるっていうか…なぜか楽しいわね)

恵美(って、違う!なんでこいつなんかと…)



恵美(で、でも私は…)


83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:45:35 ID:xtezq7FC0

真奥「恵美…何で毎日時間があれば魔王城に通ってるんだ?」

恵美「勇者だからよ」

真奥「本当にそれだけか?」

恵美「当たり前でしょ?勇者が魔王退治に来て何が悪いのよ」


真奥「そうか…そうだよな」

恵美「え?」


真奥「じゃあ、はっきり言ってやろう。迷惑なんだ」

恵美「え」

真奥「お前が毎日来ると迷惑なんだ。昔みたいに出来る限り来ないようにしてくれ」

恵美「でも、私は勇者だから来ないといけないのよ!」


87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:48:51 ID:xtezq7FC0

真奥「そもそも勇者は魔王を討伐するために来るんだろうが!」

真奥「だったら、討伐する時にだけ来ればいいだろう!!」

恵美「で、でも」

真奥「それに俺とお前は『魔王と勇者』という関係だけだ」

真奥「それ以上でも以下でもない。だろ?」

恵美「そ、それは…」


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:52:05 ID:xtezq7FC0

真奥「さっき、俺が『何で毎日時間があれば魔王城に通ってるんだ?』と聞いたら『勇者だからよ』って、てめえが言っただろう?」

真奥「それが全てなんだよ」

恵美「…そうね」

真奥「もう一回言う。毎日来られると迷惑だ。もう来るな」

恵美「…うん」



恵美(最近、楽しくなってきたのは…私だけだったのかな…)


90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:55:49 ID:xtezq7FC0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


恵美「…変な夢…」

恵美「なんで、私が真奥を好きみたいな事になってるのよ」

恵美「なんで、夢の中の私は落ち込んでるのよ」

恵美「現実の私まで落ち込んでくるじゃない…」


恵美「寝ましょう。寝て嫌なことは全部夢の中に…」


       終わり


92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:59:00 ID:WCyEcSE80

エミリア可愛過ぎんよ


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 01:59:28 ID:xtezq7FC0

■真奥「俺はお前が!」恵美「死ね」


恵美「…」

真奥「よう」

恵美「1ヶ月ぶりね…」

真奥「そうだな…しかも初めて会った交差点で会うなんてな」

恵美「そういえば、あの日はあなたに薄汚い傘を貰ったわね」

真奥「やってねー。貸したんだよ」

恵美「そうだったわね」


真奥「…恵美。調子悪いのか?」

恵美「別に」

真奥「そっか」

恵美(早く信号、青にならないかな)


94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:03:20 ID:xtezq7FC0

真奥「なあ、恵美」

恵美「なに?」

真奥「もう立ち直ったんだが、ちょっと前まで俺さ、調子が悪かったんだ」

恵美「いい気味ね」

真奥「1ヶ月前に俺が恵美に『もう来るな』って言っただろう?」

恵美「あったわね」



真奥「俺な、あれには後悔したんだ」

恵美「へぇ」

真奥「エミリア…唐突で悪いんだが、一回しか言わないから、ちゃんと聞いてくれ」

恵美「…」

真奥「俺についてこい。俺はお前がいないと調子が出ん」

恵美「…はあ?」


95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:07:43 ID:xtezq7FC0

真奥「俺はお前がいなくなって、ようやくわかった。お前の重要性が」

恵美「重要性?」

真奥「俺とまともに対峙してくる奴なんて、お前だけだ」

真奥「お前の前だと腹割って話せる。だからお前といると楽しい」

真奥「だから、俺についてこい。楽しい人生を送らせてやる」

恵美「はあ?嫌に決まってるわ」


96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:10:24 ID:xtezq7FC0

真奥「そうか…」

恵美「そもそも、私があなたにあんな事を言われて…『迷惑だ』って言われて」

恵美「どれだけ…どれだけ辛かったか。あなたは理解してない」

真奥「あれはお前が『魔王城に通ってるのは勇者だから』っぽい事を言ってたじゃねーか」


恵美「またそれ。言い訳は嫌いだわ」

真奥「言い訳じゃねーよ。お前が言ったんだろうが」

恵美「全部人のせいにしてるだけじゃない!あなたはどうしたいのよ!」


真奥「だから、俺についてこいって言ってるじゃねーか」

恵美「ふんっ。どうせ、後から『ついてきたのは、てめえだろうが文句言うな』って言いだすんでしょう!?」

真奥「なっ!」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:13:28 ID:xtezq7FC0

恵美「後から問題があったら、何で自分で責任を取らないでいいような、言い回しをするの!?」


恵美「魔王だから?ふんっ。一番上の上司さんは、後で下の人に責任を押し付けられるような、言い回しがお得意ですもんね」

真奥「恵美…」

恵美「何よ。文句があるならどうぞ。ただし私は行くわ。信号が青になったもの」

真奥「恵美。悪かった。確かにこれは卑怯だ」

恵美「ったく、男がグチグチと文句を…って、え?」


真奥「だから、俺が悪かった。確かにこれはダメだ」

恵美「あなたが訂正するなんて…珍しいわね」


真奥「だから、言いなおす!」


98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:17:33 ID:xtezq7FC0

真奥「俺はエミリアが欲しい!だから俺と一緒に行こう!!!」

恵美「…」

真奥「人間の『好き』って感情は、俺には分からない…でも、たぶんそうなんだと思う」

恵美「はっきり言って!大事な部分を『わからない』で濁さないで」

真奥「…」


99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:21:40 ID:xtezq7FC0

真奥「俺はエミリアが好きだ。だからお前がいないと調子が悪い!困る!」

真奥「だから俺と一緒にいてほしい」

恵美「…」

真奥「恵美…?」


恵美「浮気しない?」

真奥「…約束できない。俺は魔王だ。何でも手に入れるから」

恵美「浮気すんなっって言ってんのよ!」

真奥「え?あっ、はい」


103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:25:07 ID:xtezq7FC0

恵美「よろしい」

恵美「そもそも魔王が品行方正であっても、やはり見張る人が必要」

恵美「それには勇者である私が適役」

恵美「だから、仕方なくあなたと一緒にいてあげるわっ!」

真奥「おい!お前の方が、はっきりしてねーぞ!」

恵美「これが惚れた弱みって奴よ。大丈夫。ボロ雑巾のように扱ってあげるわ」

真奥「ちっ。調子戻しやがって!何が惚れた弱みだ!」


106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:29:12 ID:xtezq7FC0

恵美「じゃあ、また1ヶ月くらい会わないようにする?」

真奥「ぐぬぬぬぬぬ」

恵美(何これ楽しい)


恵美「冗談よ。じゃあ、私仕事だから…明日また来るわね」

真奥「ああ、また明日な」





恵美「『また明日』か…」

恵美「~♪」


107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:33:19 ID:xtezq7FC0

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

恵美「ハッ!夢!?」

アラス・ラムス「うぅ…」

恵美「ごめんね……ほらナデナデよ」

アラス・ラムス「すぴー」Zzzz

真奥「寝たか?」

恵美「ええ、ぐっすりね」

真奥「さっきから起きてばっかみたいだな」


108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:33:55 ID:xtezq7FC0

恵美「そうね…ちょっと昔の夢をたくさん見て…なぜか眠れなかったわ」


ナデナデ


恵美「んっ」

真奥「…」ナデナデ

恵美「ありがとう。何か落ちつく…眠い」

真奥「…」

恵美「ぐー」Zzzz



真奥「全部を手に入れるまで満足なんかしねーって思ってたのに…」

真奥「今は何か幸せだ」


110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:38:08 ID:xtezq7FC0

真奥「エンテ・イスラに戻ったら、昔の関係に戻るか…」


真奥「恵美知ってるか?俺は欲深いんだぜ」

真奥「俺が全部手に入れて、誰も文句言えないようにして…」

真奥「勇者エミリアと一緒に生活していく」

真奥「今は魔王だが、お前と一緒にいられるために必要なら神だろうが何だろうがなってやるよ」


真奥「そして…」

真奥「ずっと幸せでいられる世界を俺は作る」


恵美「まおうー生意気よ~」

真奥「…ハハッ、そうだな」


真奥「そんな世界を一緒に作っていこうな」

恵美「グー」


112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:41:51 ID:xtezq7FC0

真奥「おやすみ恵美」

真奥「…」Zzzz


恵美「…本当に生意気…私より弱いくせに」

真奥「…」Zzzz


恵美「それにしても、『幸せな世界』ね。それを壊してきた張本人がよく言うわ」

恵美「でも、こっちの世界でのあなたの事は信用しているわ」

真奥「…」

恵美「今の私は人間も天界も信用できない。全員がオルバみたいとは言わないけど」

恵美「もちろん、悪魔はもっと信用していないわ」

真奥「…」

恵美「エンテ・イスラでは覚悟しなさい」


114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:46:02 ID:xtezq7FC0

恵美「たとえ人間を知った為に」

恵美「大切な物を失う恐怖を覚えてしまった為に」

恵美「色んな出来事で、品行方正になった魔王でも私は容赦しない」

真奥「…」


恵美「私が魔王の最大の障害になってあげるわ。覚悟することね」

真奥「…」

恵美「…」

恵美「信用してるから、好きだから、エンテ・イスラでは今以上に全力で私を口説きなさい」


恵美「それが出来なかったら…私が殺してあげる


117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:50:22 ID:xtezq7FC0

恵美「…」

恵美「はぁ~…あんな夢見ちゃったから…何喋ってるんだろう」

恵美「さっさと寝ましょう」

恵美「おやすみなさい。真奥」

恵美「幸せにしてよね。魔王」

恵美「…ぐー」Zzzz


真奥「ったく、どんだけ面倒くさい女だよ」

真奥「…」


真奥「だが、てっぺんになる俺の嫁には最高だ」

真奥「全力で口説くからな、お前も覚悟しろよ。恵美」





       終わり


118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:50:59 ID:xtezq7FC0

これで終わりになります。
こんな時間まで読んでくれてありがとうございました!
また機会があれば、よろしくお願いします!


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 02:51:25 ID:Cl60iCgh0



やっぱりエミリアが一番可愛い


124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 03:54:06 ID:u+6ZZLNli

小ネタ集の用に見せかけて、全部繋がってたのか
面白かった乙


126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/30 08:40:16 ID:44tj+4HXO


また書いてくれ。


元スレ:恵美「なんで私が魔王とイチャイチャなんか!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1372514081/
関連記事

コメントの投稿



お知らせ
サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
ページ転移に数字送りを実装
多少の軽量化

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

スポンサーリンク
最新記事
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク