FC2ブログ

向井拓海「ハプニングキッス」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:35:06.85 ID:RQ3Apn3m0

P「んー、こんなもんかな」ノビー

ちひろ「お疲れ様です、プロデューサーさん」

P「少し休憩したら、外回り行ってきますかね」

ちひろ「もうすぐ2時ですか。拓海ちゃんを現場に送ってあげたらどうですか?」

P「そうですね」

拓海「別にアタシはバイクで行けるぜ?」

P「今日の収録は終了が遅くなりそうだから、帰りを心配したほうがいいと思ってな」

拓海「そっか。だったら頼むぜ」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1428755706


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:36:41.91 ID:RQ3Apn3m0
P「拓海、背広取ってくれるか?」

拓海「はいよ。ほら、せび…」コケッ

拓海(ヤベッ、コードに足をとられたッ…!)

P「危ない!」バッ

ちひろ「プロデューサーさん!」

バターン!
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:37:38.47 ID:RQ3Apn3m0
ちひろ「大丈夫ですか!?」

P「な、なんとか…」

拓海「……」

P「拓海、どこか痛めたか?」

拓海「あ……あ……」プルプル

ちひろ「拓海ちゃん?」

拓海「き……き……」

ちひろ「き?」

P「……」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:39:34.45 ID:RQ3Apn3m0


拓海「うォォォォォ!!!」ダッ

ちひろ「拓海ちゃーん!?」

拓海(き、き、キスしちまったァァァァァ!!!)
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:40:52.07 ID:RQ3Apn3m0
…翌日…

P(あの後、すぐに拓海を連れ戻して収録は無事終了した)


拓海『悪ィ…助けてくれたのに、礼も言わずに出ていっちまって』

P『うん、まああれは…仕方ないよ』

拓海『あ、あう…』

P『まあ、アレをなかったことにするのはちょっと無理があるけど…ごめんな?』


P「事故とはいえ…唇を奪ってしまった」

P(奪ったというか…奪ったという表現も正しくないのかな?)
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:41:21.85 ID:RQ3Apn3m0
<ガチャ

拓海「うーっす」

P「おはよう、拓海」

拓海「オウ」

P(もう、大丈夫かな?)ジー

拓海「ん? ああ、心配すんなって。引きずってねえからよ」

P「そっか。ならよかった」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:43:07.04 ID:RQ3Apn3m0




P「……」カタカタカタ

拓海「P。コーヒー淹れたけど飲むか?」

P「ありがとう。いただくよ」

拓海「……」ジー

P「んくっ、んくっ…」

拓海「……」ポヘー

P「? どうした?」

拓海「へえッ?! い、いや、初めて淹れたからよ、味は大丈夫かなって思ってたんだよ」

P「ああ。おいしいよ」ニコッ

拓海「そ、そうか。ならよかったぜ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:45:01.50 ID:RQ3Apn3m0
ジャー

拓海「洗いモンはこんだけか」

拓海(Pのコップ、か)ゴシゴシ

コップ「……」

拓海「……」ポケー

コップ「……」

拓海「……」スッ

拓海「……!?」バッ

拓海(あ、アタシは今何しようとした!?)
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:47:39.76 ID:RQ3Apn3m0




拓海「……」ポケー

美世(ねぇ。拓海ちゃん、最近おかしくない?)ヒソヒソ

比奈(最近ずっとこんな調子でス。なんかあったんでスかね)ヒソヒソ

美世(もしかしたら…恋とか!)ヒソヒソ

比奈(こ、恋でスか!?)ヒソヒソッ

美世(拓海ちゃんだって乙女だもん。恋の1つや2つくらいあるよ!)ヒッソヒソ

比奈(ま、マジスか…)ヒソォ
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:48:24.66 ID:RQ3Apn3m0
美世「拓海ちゃん」

拓海「……」ポヘー

美世「拓海ちゃん!」

拓海「ハッ! み、美世か。どうした、何か用か?」

美世「最近ボケーっとしてることが多いよね。何かあったの?」

拓海「…………な、何もねえよ」

美世(嘘ついた)

比奈(絶対嘘でス)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:50:37.89 ID:RQ3Apn3m0
美世「むー、こうなったら。比奈ちゃん!」

比奈「合点承知、っス!」

美世「そりゃ!」ガシッ

比奈「えいっ!」ガシッ

拓海「お、お前ら!?」

美世「ホントのことを話すまで放さないよ♪」ギュー

比奈「あ、今うまいこと言いましたね」

拓海「感心してんじゃねェェェ! 放せェェェェェ!!!」ジタバタ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:53:21.45 ID:RQ3Apn3m0
…全部話しました…

美世「はえー、Pさんと」

比奈「キス、でスか」

拓海「ううっ…」カァァ

美世「舌は? 舌は入れたの?」ワクワク

拓海「入れるワケねえだろォ?!」

美世「ぶー、残念だなー」

比奈「美世さん、キスはあくまで事故でスから」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:55:49.19 ID:RQ3Apn3m0
美世「で。その事件の後からずっとモヤモヤしてる、と」

拓海「……」コクン

比奈「プロデューサーに、その気持ちは言ったんでスか?」

拓海「アイツにこんなこと言ったら、アタシ相手に必要以上に気ィ遣うだろ?」

比奈「適当にごまかしたんでスね」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 21:57:02.40 ID:RQ3Apn3m0
美世「…拓海ちゃんは、Pさんにキスされて嫌だった?」

拓海「イヤじゃねえけど……あまりに唐突すぎて、何が何だかよくわかんねえ」

美世「混乱しちゃってる、と」

拓海「モヤモヤするし、ズキズキするし、でもイヤじゃなくて……なんだよ、これ」

比奈(ソレは完全に)

美世「恋だね!」

拓海「こっ…!?」

比奈「うわ、モロに言った」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:00:48.60 ID:RQ3Apn3m0
美世「拓海ちゃんは、Pさんに恋してるんだよ!」

拓海「アタシが、Pに…?」

美世「Pさんのために何かしてあげたいと思ったりとか」

拓海「!」

美世「ついつい憎まれ口を叩いちゃったりとか」

拓海「!!」

美世「思ってるコトがそのまま口に出なくなるとか」

拓海「!!!」

美世「ビンゴ」

比奈「でスね」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:04:39.82 ID:RQ3Apn3m0
美世「拓海ちゃん、コクろう!」

拓海「こ、コク!?」

美世「このままモヤモヤしてるのはよくないよ。ハッキリさせよ?」

比奈「確かに。このままだといつかボケーっとしててバイクで事故りそうでスね」

拓海「…わかった。ハラ、括るぜ」

美世「よし! じゃあ、即・突撃♪」

拓海「オウ!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:05:09.30 ID:RQ3Apn3m0
<バタム

比奈「…で、よかったんでスか」

美世「何が?」

比奈「何がって…美世さんも」

美世「妹分の恋愛成就を祈るのも、お姉ちゃんの役割だよ?」

比奈「…そうでスか」

美世「そ・れ・に! あたしはPさんよりイイヒトみつけるから大丈夫♪」

比奈(…美世さんは強いっスね)
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:11:55.33 ID:RQ3Apn3m0




拓海「P」

P「お、拓海。どうした?」

拓海「話がある」

P「話?」

拓海「できれば、誰にも聞かれない場所がいい」

P「それじゃあ、会議室にでも行くか」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:15:03.70 ID:RQ3Apn3m0
P「で、話ってなんだ?」

拓海「えっと、その…」

拓海(心臓がやかましい…落ち着け、アタシの心臓ッ!)

拓海「あ…あ…」

P「あ?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:16:45.23 ID:RQ3Apn3m0


拓海「アタシは、Pが好きだ!」

P「!」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:20:23.20 ID:RQ3Apn3m0
拓海「な、何か言えよ!」

P「おおう…面と向かって好きって言われると、なかなかグラッてくるな」

拓海「そ、それじゃ…」

P「立場上、堂々と好きとは言えなかったけど……俺も、拓海のことが好きだよ」

拓海「!」

P「ああいう形で、キスだけ先になっちゃったけどな…」ポリポリ

拓海「…だったらよ」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:24:05.17 ID:RQ3Apn3m0

「もう一度、やり直してくれよ」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:25:07.32 ID:RQ3Apn3m0
…後日…

美世「告白は成功したみたいだけど」

比奈「これといった変化は見られないでスね」

美世「なんていうか、前に戻った感じかな?」

P「?」

拓海「なーにジロジロ見てんだ?」

美世「いや、Pさんとイチャつかないのかなーって」

P「あはは…」

拓海「事務所の風紀乱してどうすんだよ。アタシらはその辺わきまえてんだよ」

美世「ふーん…そっか」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:27:17.80 ID:RQ3Apn3m0
P「それよりお前ら。そろそろレッスンの時間じゃないか?」

比奈「あ。もうそんな時間でスか」

拓海「遅刻したらベテトレさんにドヤされんぞ? 早めに行けよ」

美世「そうだね。それじゃ、行ってきまーす♪」

比奈「行ってきまス」

拓海「気をつけてなー」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:28:32.36 ID:RQ3Apn3m0
<バタン

拓海「さて、と」

P「…また、するのか?」

拓海「…いいだろ?誰も見てねえし」

P「いいけど…拓海って、結構あまえたがりだったんだな」

拓海「あ、アタシだってそういう気分の時があんだよ!」

P「はいはい。それじゃ…んっ」

拓海「ん…」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:29:43.59 ID:RQ3Apn3m0
<ンッ、ンフッ…
<タクミ…

乃々(…もりくぼです。ただ今、机の下に居ますけど…)

乃々(…机の外では、ばかっぷるがイチャイチャしてるんですけど…)

輝子(フヒ…あ、あれがリア充ってやつか…す、すげえ)

<P、モット…!
<タクミ…タクミ…!

乃々(この状況で出て行ったら、もりくぼの寿命はマッハで消し飛びます…)

乃々(リア充とか、むーりぃー!)

輝子(す、末永く爆発しろ…)

おわり!
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/11(土) 22:34:03.77 ID:RQ3Apn3m0
どうか。どうか向井拓海に、最後の一押しの応援をお願いします。
お願いします!なんでもしますから!

読んでくれた人はありがとう。それじゃ
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/12(日) 16:50:48.76 ID:r5OV0ic00
乙々
たくみんのイチャラブもっと流行れ

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS