FC2ブログ

モバP「薫がちゅーにハマってて困る」

関連スレ:

モバP「仁奈がちゅーにハマってて困る」


モバP「雪美がちゅーにハマってて困る」



1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:51:53.82 ID:Fv0pHvUvo
P「世の中には、こんな言葉があります。そう、『二度あることは三度ある』」
P「……仁奈・雪美に続き今度は薫がちゅーにハマりました」


薫「せーんせぇっ、おっはよー!」
テテテ ギュ

P「おっ、薫。おはよう」

薫「えっへへぇ」
ギュムー

P「?」

薫「んー」
スリスリ

P「どうした? 今日は甘えんぼだなぁ」

薫「んー、……あのね?」

P「ん? なんだ?」

薫「かおるにもちゅーしてほしいなぁーって!」

P「」



書き溜め終わらんので見切り発車
特に支障はありませんが前の二本もあるので
興味あるなら適当にググるとよいです

SSWiki : >http://ss.vip2ch.com/jmp/1373111513


注目記事




2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:52:30.99 ID:57COcCRBo
早苗さんこいつです
3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:54:35.85 ID:Fv0pHvUvo
P「誰に聞いた、……かは、まあ察しがつくが」

薫「えっとね? 仁奈ちゃんと雪ちゃんとお話ししててせんせぇと仲良しになったって聞いたの!」

P「……あー」

薫「だから、かおるにもちゅーしてほしいなぁーって!」

P「なるほど」

薫「かおる、もっとせんせぇと仲良しになりたいよ?」

P「……うーん」

薫「それとも、せんせぇはちがう? ……かおると仲良くしたくない?」

P「いやそんなことはないぞ!?」

薫「じゃあ、ちゅーしてくれる?」

P「……あー、わかったわかった」

薫「……えへへぇ、やったぁ」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:57:07.13 ID:Fv0pHvUvo
P「……」
チュ

薫「……えへぇ」
フニャ

P(かわいいなぁ)

薫「……じゃあねぇ、おかえしー」
チュ

P「……」

薫「えへへへぇ。……せんせぇ、ちゅー楽しいねぇ」

P「お、おう……」

薫「んー……、ほら、せんせぇもおかえしー」
チュ

P「……ああ」
チュ

菜々「おはようございm!?」

ちひろ「どうしたの菜々ちゃん? ……ってまたまた人として駄目なことしてますねぇ」

P「……放っといてください」

薫「?」

菜々「」
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:59:41.52 ID:Fv0pHvUvo
ちひろ「仁奈ちゃん雪美ちゃんに続いて今度は薫ちゃんですか? 完全に犯罪にしか見えませんよ?」

P「……うう」

薫「??」

ちひろ「というかこんなわかりやすいところでよく出来ますね。むしろ見られて燃えるタイプですか?」

P「……どうしたんですか? 今日はいやに絡みますね」

ちひろ「うーん。まあ一応釣られた身としては釣ったお魚に餌をあげないのは最低かなって思うんですよ」

P「釣ったって、そんなつもりは……」

ちひろ「ひどいっ! あんな事やこんな事までした仲なのにっ!」

菜々「」

P「いや、どんなことをしたって言うんですかっ。少なくともちひろさんにはされただけです!」

ちひろ「そう、それです」

P「はい?」

ちひろ「つまり前回は私からだまし討ち気味にしただけなので、プロデューサーさんからもしてほしいなぁ、と思ったわけですよ」

P「……はぁ」

菜々「な」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:04:02.75 ID:Fv0pHvUvo
薫「ちひろさんもせんせぇとちゅーしたいの?」

ちひろ「そうねー。したいというかしてほしいというか」

薫「じゃ、どうぞー」

ちひろ「あらあら、いいの?」

薫「うん! みんな仲良しのほうがたのしーよ!」

ちひろ「……まあプロデューサーさんの胃には穴が空きそうだけど」

P「放っといてください」

ちひろ「あらあらやさぐれちゃって。可愛い顔が台無しですよ?」

P「男が可愛い言われても嬉しくないです」

ちひろ「まあ贅沢。……それはそれとして、今回の嫁の許可もおりましたし、さあ!」

P「嫁ってあんたなぁ」

ちひろ「ちがうんですか?」

薫「かおる、せんせぇのお嫁さん?」

ちひろ「そうよ? まあ今回だけだけど」

薫「そっかぁ……」

ちひろ「……そのあとは薫ちゃんのがんばり次第かな?」

薫「! うんっ、かおるがんばるっ」

P・ちひろ(かわいい)

菜々「な」
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:09:23.74 ID:Fv0pHvUvo
P「……で、ほんとうにやるので?」

ちひろ「え? しないわけがないじゃないですか」

P「……」

ちひろ「ほらほら生娘じゃああるまいし。けちけちせずにぶちゅっといきましょう」

P「……普通セリフ逆でしょ」

ちひろ「うふふ、幸子ちゃんがいうほどハリがなかったりガサガサだったりなほっぺたではありませんからご安心を」

P「……どこまで、知っているので?」

ちひろ「知っているところまでですよ?」

P「……ちなみに、詳しく聞いても?」

ちひろ「うーん、仁奈ちゃん、雪美ちゃん……、くらいですかねぇ」

P「な、なにがですか……?」

ちひろ「くちづk」

P「あーあーあー!!!!」

ちひろ「まあとやかくは言いませんけど。いつか刺されないよう気をつけてくださいね?」

P「……善処します」

ちひろ「というわけで続きをっ」

P「……やっぱり?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:11:52.41 ID:Fv0pHvUvo
ちひろ「いくらぐだぐだにしようが逃げられるとは思わないことですねっ!」

P「なんですかその無駄に男気溢れてそうなセリフは」

ちひろ「ふふふ、どこかの誰かさんのせいで修羅にもなろうというものですっ」

P「……。……ほっぺたでいいですか」

ちひろ「え? 言ったら唇にしてくれるんですか?」

P「いやそれは」

ちひろ「出来ないなら聞かないでください、期待しちゃいますよ?」

P「……すみません」

ちひろ「ふふ、今回はほっぺたで許してあげますから。……今回は、ね」

P「うううう」

ちひろ「さ」

P「わかりましたよ」
チュッ

ちひろ「うーん、おざなりでいまいち不満は残りますがよしとしましょう」

P「……ありがとうございます」

菜々「な、な、な……。なにをやってるんですかぁ!」
11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:13:43.86 ID:Fv0pHvUvo
ちひろ「あらあら菜々ちゃん、いたの?」

菜々「いました! というか今さっきちひろさんと一緒に入ってきました!」

ちひろ「うふふ、冗談よ」

菜々「ってそんなことはどうでもいいんですっ! さささ、さっきのはなんなんですかっ!」

ちひろ「ちゅーよね」

薫「ちゅーだよぉ?」

P「……ちゅー、だよな」

菜々「……あれ、ナナがおかしいの?」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:18:51.45 ID:Fv0pHvUvo
P「と、いうわけでかくかくしかじかなんだ」

菜々「……はぁ」

P「納得してくれたか」

菜々「話は分かりましたけど……」

P「うむ」

菜々「でも、そんなにキスとか」

P「ちゅーだ」

菜々「?」

P「ちゅーだ」

菜々「いえ」

P「ちゅーだ」

菜々「……その。ちゅーってやっぱり……、恋人同士とかですることじゃないですか……。もし間違いとかあったらやだなって……」

ちひろ「菜々ちゃん、[ピー]才にしてそのカマトトぶりはあざといわよ?」

菜々「17才っ! ナナ17才だもん!!」

P「いやいや、はっはっは」

菜々「なんですかその『またまたご冗談を』みたいな笑いっ!」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:20:32.23 ID:Fv0pHvUvo
薫「うーん。かおるは信じるよぉ? 菜々ちゃん17才」

菜々「薫ちゃん……」

P「違うぞ薫」

薫「?」

P「そこは菜々ちゃんさん17才というんだ」

薫「あ、そっかぁ」

菜々「だーかーらー!!!」

P「……まあ菜々のいう事も一理はある」

ちひろ「あ、もう終わりですか」

P「あまり茶化し過ぎると泣き出しそうなので」

菜々「うぅ……ぐすぐす」

ちひろ「年取ると涙腺緩くなりますよねー、……一般論ですが」

菜々「……うううぅぅ」

薫「菜々ちゃんだいじょーぶ? はいハンカチ」

菜々「すん……、ありがとぉ」

薫「えへぇ、どーいたしましてっ」

ちひろ・P(……かわいい)
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:22:54.61 ID:Fv0pHvUvo
P「確かに菜々の言うとおりキスは恋人やそれに近い関係でするものだ」

菜々「……はい」

ちひろ「その割りにはめくらめっぽう当たるを幸いぶちかましまくってますけどねー」

P「そう、そこです!」

菜々「はい?」

P「これはあくまで仲良しのちゅーであってキスではない! ということでそういった方向としてはノーカン!」

ちひろ「さいてー」

菜々「さいてー、です」

薫「?? せんせぇさいてーなの?」

ちひろ「そうよー、薫ちゃんはこんな男の人に引っかからないようにね?」

薫「? でもかおるせんせぇのこと大好きだよ?」

菜々「うう、もう手遅れですか……、お痛ましや……」

P「……いや、確かに言ってて自分でも大概だとは思うが、お前らひどくね?」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:25:59.97 ID:Fv0pHvUvo
ちひろ「まあそれはさておき、プロデューサーさんもこう言ってることだし、菜々ちゃんもかるーい気持ちでチュッとしちゃえばいいんですよ」

P「いや、ちひろさん……。菜々がしたいとは限らないわけですし」

ちひろ「いやいや、はっはっは」

P「なんですかその『またまたご冗談を』みたいな笑いは」

ちひろ「そんなわけないじゃないですかこのアイドル殺しっ!」

P「……酒でも飲んでるんじゃないでしょうね、そのテンション」

ちひろ「いえ今日はいや神聖な事務所でお酒なんか飲むわけないじゃないですか」

P「……今日は?」

ちひろ「……」

P「今日、は?」

ちひろ「……てへ?」

P「……社長に報告します」

ちひろ「あー大丈夫です。大抵社長もいますしあとは瑞樹さんに楓さんに……」

P「もうだめだこの会社!」

ちひろ「ロリたらしのプロデューサーさんには言われたくないセリフですねぇ
    ……じゃあ、菜々ちゃんに聞いてみましょう。菜々ちゃんは? プロデューサーとそういうこと、したくない?」

菜々「そ、そんなことないです! ナナもプロデューサーと……、えっと、仲良くなりたいですっ」

薫「えへぇ、菜々ちゃんもせんせぇ好きなんだねぇ」

菜々「……///」
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:28:24.86 ID:Fv0pHvUvo
ちひろ「あざといなさすが菜々ちゃんさん17才あざとい」

菜々「プロデューサー……、ダメ、ですか……?」

P「うう……」

ちひろ「女の子にここまで言わせといてまさかなにもしないって事はないですよねプロデューサーさん?」

P「……わかった。おいで、菜々」

菜々「……は、はひ」

P「そんなに緊張しないでくれ。ただの挨拶みたいなもんだ」

菜々「……む、むりです」

P「……」

菜々「す、好きな人と、こんなに近くにいて……、緊張しない女の子はいません……」

P「す、好きって……」

菜々「心配しないでください、ナナが勝手に想ってるだけです。それに……、プロデューサーもドキドキしてますよね……」

P「そ、それは……」

菜々「えへ、……嬉しいです。ナナでドキドキしてくれてるって……」

P「……菜々」

菜々「プロデューサー……」

チュッ

ちひろ「……なーんかさっきと空気違わね?」
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:28:54.37 ID:Fv0pHvUvo
P「その……、菜々。お前の気持ちは嬉しいんだが……」

菜々「いいです」

P「今は、……って、え?」

菜々「分かってます。だから『ちゅー』なんですよね」

P「……」

菜々「仲良しで、恋愛じゃない。だから『ちゅー』って」

P「……すまん」

菜々「さっきも言ったじゃないですか。ナナが勝手に想ってるだけです」

P「……」

菜々「それに……。さっきのドキドキ、菜々にもチャンスあるって思っていいんですよね?」
ニコッ

P「……///」

ちひろ「うわーんリア充爆発しろー」
18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:34:39.03 ID:Fv0pHvUvo
P「疲れた……」

薫「? おつかれさまーっ!」

P「しかし、まさか菜々がああいうことを言うとはなぁ……」

薫「菜々ちゃんもせんせぇ大好きなんだねぇ」

P「……まあ、うん。そうだな」

薫「かおるも、せんせぇ大好きだよぉー!」
チュー

P「あーはいはい、ありがとな」
チュッ

薫「……えへへぇ」
フニャ

P(……癒されるなぁ)




19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 21:47:33.00 ID:CMXuyh2Oo

薫が天使すぎる
23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 20:46:17.34 ID:b439LZm9o
蘭子「ふっ……、煩わしい太陽ね」

P「お。おはよ、蘭子」

薫「おはようございまーっ!」

蘭子「我が友たちよ。……くくく、此度の邂逅は我が魂を高翌揚させるわ」

薫「おねーちゃんはどうしたの?」

蘭子「うむっ、今宵紐解かれる電子波動の饗宴に備え、マナを蓄えんと工房にて魂の研鑽をしにきたのだ」

薫「そっかーっ、かおるは今日はおやすみなんだーっ!」

蘭子「? なら、なにゆえ工房に?」

薫「えっとねー。せんせぇとでーとなんだよっ!」

蘭子「……ほう。未覚醒者と魂の交感とな」
ジトーッ

P「いや、遊びに来た薫を相手してやってるだけだって」

薫「ひどぉい、かおるのことはあそびだったのねっ!」

P「」

蘭子「」
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 20:49:33.48 ID:b439LZm9o
薫「……あれぇ?」

P「……教えたのはちひろさんだな?」

薫「うんっ」

P「……あんまりちひろさんの言うこと聞いちゃいけません」

薫「? お仕事もー?」

P「うーん、それだと杏になっちゃうからな……。なにかいわれたらとりあえず俺に教えてくれ」

薫「わかったー!」

P「素直でよろしい」
ナデナデ

薫「えへーっ」

蘭子「ふむ、……しかし、普段の刻より魂の距離が近しくみえるぞ?」

薫「んー、そっかなー」

蘭子「オーラの共鳴を平素より強く感じるのだ」

薫「そっかぁっ!」

蘭子「うむ」
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 20:53:46.24 ID:b439LZm9o
薫「やっぱりちゅーで仲良くなれたのかなっ」

蘭子「ふむ、ちゅーとな」

薫「うんっ!」

蘭子「ちゅーか」

薫「そーだよー」

蘭子「……ちゅー?」

薫「えへへぇー」

蘭子「……え?」

薫「ちゅーっ、って、ほっぺにしたりしてもらったりするんだよー」

蘭子「……は?」

薫「あとね、菜々ちゃんとちひろさんもちゅーしてたー」

蘭子「」

P「……あーあ、固まっちゃった」
26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:00:31.81 ID:b439LZm9o
蘭子「し、しししもべよ!!!」

P「はいはい」

蘭子「キ、……口換の儀とはいかなる所以のものかっ!」

P(キス言おうとして言い直した蘭子可愛い)

蘭子「ここここととしだいによってはあれだぞ!? たましいのあれとかをどうこうせねばならぬぞ!?
   たましいのあれとかをどうこうすると、その……、た、たいへんだぞっ!? さなえよぶぞっ!?」

P(早苗さんともしているというのは黙っておこう)

蘭子「……もーっ、だまっておらんでそこになおれっ!」

P「分かった分かった」

蘭子「正座っ!」

P「……はいはい」

蘭子「と、とにかく説明せよ! 簡潔に明瞭に端的に!」

P「実はな」

蘭子「よい! 言い訳は聞かぬっ!」

P「……どーせいと」
27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:07:45.02 ID:b439LZm9o
蘭子「いやまて混乱しておる。……よし。よいぞ、聞こうではないか」

P「かくかくしかじか、というわけだ」

蘭子「……む。い、いや騙されぬぞ? ならばちひろと菜々は何故か!」

薫「?」

P「……」
コッチコッチ

蘭子「……?」

P「耳貸して」
ボソ

蘭子「ふひゃぅっ!?」

P「なんていうか、薫とかの年頃ってあまり恋愛とか分からないじゃないか」
ヒソヒソ

蘭子(ぷ、ぷろでゅーさーが、ちかい……)
カァーッ

P「つまりそういうのにあまり羞恥心とか抵抗がないんだよ」
ゴニョゴニョ

蘭子「はぅ、あぅ……」

P「だからみんなで……、って蘭子? 聞いてるのか?」

蘭子「う、ぅぇ……?」
プシューッ

P「聞いてなさそうだな」
28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:08:55.30 ID:b439LZm9o
蘭子「うぅ……、魂が彼岸へと持ち去られた……」

P「……まあ、簡単に言えば」

薫「ちひろさんも菜々ちゃんも仲良しだよぉ?」

P「薫だからってところかな」

蘭子「……深淵へと至ったわ」

P「分かって貰えてうれしいよ」
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:12:39.60 ID:b439LZm9o
蘭子「……純度の高すぎる魂は、刻として悠久を越えし我が叡智を凌駕する、実に恐ろしいものであるな……」

薫「なんていってるのー?」

P「うーん、恥ずかしい、ってところかな」

薫「そっかー」

蘭子「そこ! 浅薄な妄言で我が魂を貶めるでない!」

P「じゃあなんて言っていたんだ」

蘭子「……む」

薫「なんていってたのー?」

蘭子「……むむむ」

薫「??」

蘭子「……だって、やっぱりきすとかはずかしいよ」
ボソボソ

蘭子「ともだちはよくしてるっていうけどむり、むりむりありえない」
ゴニョゴニョ

蘭子「そりゃぷろでゅーさーとちひろさんはおとなだからできるかもだけどさ」
ブツブツ

蘭子「やっぱりそういうのはたいせつにしないとだし」
モニョモニョ

蘭子「べ、べつにぷろでゅーさーがいやとかじゃないけど」
モジモジ
30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:13:25.62 ID:b439LZm9o
P「しかし、闇の魔王がちゅーごときを恥ずかしがるとも考えにくいしなぁ」

蘭子「なっ!?」

薫「そーなのー?」

蘭子「ななっ!?」

P「ああ、なんたって闇だからなっ!」

薫「そっかー」

P「その上魔王だしなっ!」

薫「わあ、すごいねーっ!」

蘭子「……」

P「じーっ」

薫「じーっ」

蘭子「…………ふ、ふんっ! その様なこと我に掛かれば些末事であるわ!」

P(やばいこの子チョロい)

薫「えへっ、これで蘭子おねーちゃんもせんせぇと仲良しだねっ!」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:16:45.54 ID:b439LZm9o
蘭子「そうこれはたましいのちぎりであってキスとかそういうのじゃないの」
ボソボソ

薫「みんないっぱい仲良しだねぇ」
ニコニコ

P「……まあなぁ」
ハフン

蘭子「だいたいぷろでゅーさーはわたしのしもべなんだからそういうとこはちゃんとしとかないと」
ボソボソ

薫「? せんせぇうれしくない?」

P「嬉しいよ? 嬉しいけど大人には色々あるのさ」

蘭子「ほかのひとにとられ、……たましいうばわれちゃうからこれはぷろでゅーさーをまもるためにすることで」
ボソボソ

薫「? そうなのー?」

P「そうなの」

蘭子「うんだからだいじょーぶはずかしくない、おっけー」
ボソボソ

薫「うーん、かおるはよくわかんないや」

P「まあそうだろうなー」

蘭子「……しもべよっ! 待たせたなっ!」

P「お、おう」
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:19:59.50 ID:b439LZm9o
蘭子「そ、それではいくぞっ!」

P「あ、うん」

蘭子「……」
ソーッ

P「あっ」

蘭子「いいいいきなりうごくでない!」

P「お、おう。悪い」

蘭子「……む」

P「……」

蘭子「むむ……」

P「……」

蘭子「むむむむむ……」

P「……なあ、まだか?」

蘭子「あーあーあー! もう、刻下こそなさしめんと満ちていた想念が霧散したではないかっ」

P「小学生の宿題か……」

薫「? 宿題もうおわったよーっ?」

P「いや、薫の話じゃない」

薫「? はーい」

蘭子「……うう」
33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:28:44.83 ID:b439LZm9o
P「……」

蘭子「……うううう」

P「……はぁ」

蘭子「……ううううううう」

P「……」
ソーッ

薫「?」

P「ほい……、っと」
チュッ

蘭子「…………っ!?」

P「……」

蘭子「ぷろぷろぷろいいまいまいまいまっ」

P「ちゅーだな」

蘭子「~~~っ!」

P「ほっといたらずっとこのままな気がしてなぁ」

蘭子「しししれもの! ぼんぐ! ひょうろくだま! ばかばかばかーっ!」
ポカポカポカ

P(なにこのかわいいの)
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:37:35.01 ID:b439LZm9o
P(……結局蘭子の方からは無理だったか。……基本恥ずかしがり屋だからなあ)

蘭子「……ふ、ふふふ。此度の口換の儀によりそなたもまた一つ存在の階梯を深めたっ!
   まあ、我が側の儀を受け入れるには少しばかり危険である故にやめておいたがっ!」

P「……それでいいんかい」

蘭子「だまらっしゃい! そなたの事を思ってのことっ! 主の心遣いに感謝するがよい!」

P「はいはいありがとうなー」

蘭子「……ふん、わかればよい」

P「まあ、蘭子と仲良くなれたのは嬉しいよ」

蘭子「な、ななっ! 少しばかり階梯を深めたといって未だ並び立つには至らぬ! 身の程をしるがいいっ!」

P「そっか」

蘭子「う、うむ……」

P「じゃあ、俺の勘違いだったか」

蘭子「……え?」
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:39:01.76 ID:b439LZm9o
P「ごめん、蘭子の気持ちも考えないで浮かれちゃったな」

蘭子「!? ……べ、別に、そこまでは言わんが」

P「いや、気を遣わなくてもいいよ」

蘭子「うう……。そ、その、ちがくて……」

P「んん?」

蘭子「……えっと、だから……」

P「……」

蘭子「……っ」

P「……」

蘭子「……我の眷族になるには儀がまだまだ足らぬという事だ!」
……チュッ

P「……、はは、努力するよ。主様」

蘭子「……わわわわかればよいっ。では我は次の旅路へと向かう! 闇に飲まれよっ!」
ダダダダダッ

P「おー、がんばれよー」

薫「ばいばーいっ」

P(……蘭子はかわいいなぁ)
36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/09(火) 21:46:15.50 ID:b439LZm9o
薫「蘭子おねーちゃん行っちゃったねー」

P「仕事があるからなー」

薫「そっかー」

P「さっき言ってただろ? 電子のどうのって」

薫「うん、わかんなかったーっ!」

P「そっかー」

薫「うんっ!」

P「……元気がよくてよろしい。花丸をあげよう」
ナデナデ

薫「えへへぇっ。……んーっ」
チュッ

P「よし、ちゅーもあげよう」
チュッ

薫「……えへへぇ」
スリスリチュッチュ

P「ん? どうした? さっきより甘えんぼだなぁ」

薫「……んー、わかんないっ。おねーちゃんのみてしたくなったのーっ」
ニパッ

P「…………そっかー」



44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:44:44.00 ID:oTKF9ojho
薫「せんせぇ、おすわりっ」

P「…………あのなーかおるー俺さっきちひろさんに聞いたこと真に受けちゃいけないって言ったよなー」
グリグリ

薫「あぅぅぅいたい、いたいーっ」
ジタバタ

P「全然力入れてないだろ、おおげさな……。で?」

薫「んー。いいからすわってーっ!」

P「……はいはい」

薫「はいよろしい! んーっ……、んしょっ」
ヨジヨジ

P「……」

薫「……えへー」

P(どうしようもない俺の膝に天使が乗ってきた)

薫「んっしょ、んっしょ」
クルン

P(目を開けて最初に薫が見える)

薫「……えへぇーっ」
ニパッ

P「おいおい、落ちると危ないぞー?」
ギュッ

P(サニー・ガールを抱きしめた、と)

薫「……えへへぇ」
フニャ
45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:46:38.38 ID:oTKF9ojho
P「で? いきなりどうしたんだ?」

薫「んー。えっとね?」

P「うん」

薫「せんせぇがみんなと仲良くしてたら、うーってなったの」

P「……うん?」

薫「それで、ぎゅーっ、ってしたくなったの」

P「……なるほどなー」

薫「なんでかなぁー?」

P「あれじゃないか? みんな仲良くなってるから薫ももっと仲良くなりたくなったとか」

薫「そっかなー?」

P「そうだ」

薫「そっかーっ」
ニパーッ

P(……さすがに、薫を覚醒させるわけにはいかない……っ)

薫「じゃあー、もっとちゅーするねーっ」
ンーッ

春菜「どもーっ! おはようござい……」

P「あ」

薫「?」

春菜「」
46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:49:29.72 ID:oTKF9ojho
P「……」

薫「??」

春菜「……」
……ゴソゴソ

P(なんかメガネが眼鏡を外しはじめた)

薫「???」

春菜「……私はなにもみてませんっ!」

P「……なるほどな」

薫「あはは、春菜おねーちゃん変なのーっ」

春菜「うーん、確かに眼鏡を外した私というのは滑稽かもしれないけど……」

P「いや薫はそういう意味で言ったんじゃないと思うぞ?」

春菜「ふむ? けどやっぱり私=眼鏡と自負している以上そこは譲れないわけで……」

薫「?」

P「いいから譲っとけよそんなもの。とにかく、お前が考えていることは誤解だ」

春菜「誤解ですか、眼鏡=私が?」

P「それもだがその前の」

春菜「……、ああっ」

P「……忘れてたのか」

春菜「まさかそんな。神に誓って」

P「眼鏡には?」

春菜「私に眼鏡を裏切れとっ!?」

P「……あのなぁ」
47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:50:24.14 ID:oTKF9ojho
春菜「まあさすがにジョークですけどね。……でも、そんな睦まじい様子を見せつけられるとどうしてもそういう発想に行きますよ?」

P「睦まじいってお前、薫は子供だぞ? そういうのは……」

薫「? えへぇー」
ギューッ

春菜「……そのはずなんですけどねぇ。なーんか空気が不穏な感じを受けまして」

P「無邪気なスキンシップじゃないか」

薫「んーっ」
チュッチュッ

春菜「……どう見ても犯罪一歩先って感じですけどね」

P「踏み越えてるのか……」

春菜「絵面が絵面ですしね」

P「くっ……」

春菜「まあ話を戻して、ラブラブイチャコラでなかったのならなんなんですか
   友達の間でアイドルになっても地味子と大評判の私への嫌がらせですか」

P「そんな回りくどい上効くかも分からん嫌がらせがあるかい」

春菜「あいどるにたいしてならこうかはばつぐんだとおもうんですけどねぇ」
ボソボソ

P「なんかいったか?」

春菜「いいえぇ、何もぉ?」

P「引っかかる言い方だなぁ……」
48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:51:28.66 ID:oTKF9ojho
春菜「まあまあ落ち着いて。で、嫌がらせでないとしたら一体なにゆえに?」

P「おおざっぱに言うと、ちゅーでみんな仲良くなろうってとこだ」

春菜「ほー……」

P「まあ、子供のやることだからな。……色々考えさせられてるのも確かだが」

薫「……んー」
ギュッ

春菜「意味深ですねぇ」

P「色々あったんだよ、色々……」

春菜「なんとなく察しはつきますが、言わないでおくとしましょう」

P「ありがたい」

薫「春菜おねーちゃんも仲良しになるー?」
ペターッ

春菜「あ、あはは……、私なんかじゃプロデューサーさんにご迷惑だよー」

薫「? そうなのー?」

P「薫、そこでそれ肯定したらものすごい冷たい男になるだろ……」

薫「? せんせぇはあったかいよー?」

P「……それはずーっとくっついてるからだと思うぞ?」

春菜「……微笑ましい、のかなぁ?」

P「なにを言ってるんだ、それ以外の要素など欠片もないだろう」

薫「……んー」
チュッ

春菜「はぁ……」
49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:52:40.78 ID:oTKF9ojho
薫「それでー、春菜おねーちゃんはどうするのーっ?」

春菜「?」

薫「ちゅーっ!」

春菜「あー……」

薫「?」

春菜「まあ、どっちにしても薫ちゃんがそこだとちょっと……」

薫「?」

P「……あー、薫。春菜とお話しするからちょっと向こうに行ってようなー」

薫「うんっ、せんせぇ。かおるまってるねーっ」
シュタッ テテテッ

春菜「……だんだんと重みが増しているような?」

P「気のせいだ」

春菜「ですかねぇ?」

P「ああ」
50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:53:41.40 ID:oTKF9ojho
春菜「……うーん。で、実際どうしますか? お嫌でしたらほんと断ってもらってかまいませんけど」

P「だから、そこで断ったらものすごい角が立つだろうが」

春菜「うーむ。難しいですなー……」

P「お前がしたくないならそれでいいんだが」

春菜「? それはそれで角が立つんじゃないですか?」

P「俺のとお前のそれじゃ全然価値が違うだろ」

春菜「……まあ確かにプロデューサーさんのと比べたら私のなんてゴミクズみたいなものですが」

P「あのなぁ」

春菜「む?」

P「逆だ逆」

春菜「むむ?」

P「だから、俺側からだと女の子とちゅーなんて丸得を断るくらい嫌いなのかってなるだろ?」

春菜「……丸得ですか」

P「まあ、嫌って男は少ないな」

春菜「私ですよ?」

P「お前だから、ってのもある」

春菜「……むむむ。眼鏡ならともかく……。世の中複雑怪奇ですね」

P「……お前はもうちょっと自信を持て」

春菜「長年これでやってきたもんで、そう簡単にはゆかぬのですよ……」
51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:55:27.72 ID:oTKF9ojho
P「……まあ、そこはおいおい直していこうか。で、逆にお前側からなら俺とちゅーなんて大して価値もないだろうから断ったっていいだろ?」

春菜「しょーじきぷろでゅーさーさんはぷろでゅーさーさんでじぶんのかちをみあやまってるとおもう」
ボソボソ

P「? なんだ?」

春菜「……いえいえー。勉強になりますな」

P「分かればよろしい。で? どうするんだ」

春菜「……うーん、残念ですね」

P「そうか、じゃあ話は終わりだな」

春菜「え? なんそうなるんですか?」

P「……いや、したくないんだろ?」

春菜「いえむちゃくちゃしたいですよ?」

P「……いや、残念って」

春菜「プロデューサーさんの思惑通りにならなくて残念ですね、ってことですが」

P「……むぅ」

春菜「それとも、ほんとはしたくもないくらい私のこと嫌いですか? 日頃から眼鏡共々消え失せろとか思っちゃってます?」

P「んなわけないだろ」

春菜「ふふふ。ならば、……よいでわないかよいでわないか」

P「……なんで悪代官風だ」

春菜「……や、まじめにやるとさすがに照れくさいですから勢いで誤魔化そうと」
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:56:53.37 ID:oTKF9ojho
P「そこまでしなきゃならんならやらんでいいだろ」

春菜「いやしたいのは間違いなくしたいんですが。……この眼鏡マニアの18女(彼氏なし)にはなかなかに高いハードルでして……」

P「けど、ふざけてってのはな……。……説得力ないかもしれんが、これでもするからにはちゃんと考えたいんだよ」

春菜「おおぅ……。これがこのうれいがおがかずかずのあいどるをおとしてきたんですねぇ」
ボソボソ

P「なんかいったか」

春菜「いえいえ。……わっかりました、そこまで言われちゃ女がすたります。微力ながら本気を出しましょう」

P「……まあ、よろしく頼む」

春菜「あ、でもちょっと待っててもらえますか」

P「なんだ?」

春菜「いえ、せっかくなので勝負眼鏡に付け替えようと思いまして」

P「……早く行ってこい」

春菜「はーい。ああ、我が人生18年にしてついにあの子の出番が……っ。感無量とはまさにこのことっ」

P「……やれやれ」
53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:57:25.00 ID:oTKF9ojho
春菜「ど、どうですか……?」

P「正直違いがよくわからん」

春菜「……むーっ、ほらほらよく見てくださいよ。このつるのとこに猫ちゃん柄が彫ってあってパットも特製の肉球……」

P「あー……、なるほど」

春菜「わかりましたかっ! ……どうしたんですか変な顔して?」

P「……いや、近いなと思ってな」

春菜「ほぇ?」

P「眼鏡って顔に掛けてるもので、それをまじまじと見ようとすると、そりゃこうなるなと」

春菜「お? ……おおおお!? ……こりゃまたしつれいをば……」

P「……こんなんでそんな照れるんなら、やっぱやめとくか?」

春菜「それとこれとは話が別です、やらいでか」

P「……めげんなぁ」

春菜「……ふふふ、今の私を止めるには眼鏡百本は必要ですよ?」

P「そこでも基準は眼鏡か……」

春菜「ええ。あ、でも……」

P「ん?」

春菜「今だけは、プロデューサーさんが眼鏡でなくてよかったって思います」

P「なんでだ? 珍しい」
54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:58:18.03 ID:oTKF9ojho
春菜「……その、そういう時、邪魔になるってよく言うじゃないですか」

P「……ああ」

春菜「だから……」

P「……いや別に唇でするわけじゃないし、唇でもよっぽど激しくせにゃガチャガチャ当たったりはせんだろ」

春菜「く、唇……、はげしく……」

P「……すまん、デリカシーがなかった」

春菜「い、いえっ! こちらこそ溢れでる眼鏡愛と眼鏡知識がご迷惑を……」

P「……うん? うん……、うん?」

春菜「というか……。……うう、やっぱり経験あるんですねぇ」

P「……数えるほどだって、色狂いみたいに言われても困る」

春菜「そこまでは言いませんけど。……やっぱり大人なんだなぁって思ったくらいで」

P「薫なんかと比べりゃお前も大人だろうが。俺とも半回りも違わんだろ」

春菜「うう……。さっきも言いましたが、名とは裏腹、この眼鏡狂いに春など未だ来たらずですよぅ……」

P「……なんか、すまん」

春菜「いいですけどね……、……私の青春は眼鏡とアイドル活動に捧げるんです」

P「……すまん」

春菜「あー、いえいえお気になさらず。わりと本気でそう思ってますから。……そりゃまあ、ちょっとは寂しいなって思うこともありますけど」

P「……ふむ」

春菜「でも、失う以上のものをこのお仕事でいっぱい貰えたと思いますし。かわいい子への眼鏡布教の伝手も含め」

P「……せっかくのいい話が台無しだ」

春菜「えへへ。……でも、それ以上に」

P「……?」

春菜「……プロデューサーさんと、一緒にいられますから」
ニコッ

P「」
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:58:58.71 ID:oTKF9ojho
春菜「ふふっ、今のグッときました?」

P「……くっ」

春菜「そして、隙あり、ですよっ」
チュゥ

P「」

春菜「……」

P「……不覚、春菜に二度もしてやられるとは」

春菜「……」
パタ

P「お、おいどうした!?」

春菜「……う」
プルプル

P「……春菜?」

春菜「ううううぁああああああものっすごいてれりゅううううううっ!!!」
ゴロゴロゴロゴロッ

P「…………まあ、結局春菜は春菜だったか」
56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/14(日) 08:59:58.68 ID:oTKF9ojho
薫「さっきはおたのしみでしたねっ!」

P「」

薫「?」

P「」

薫「どしたのせんせぇ?」

P「……薫、それもちひろさんかなぁ?」

薫「さっき杏おねーちゃんがきて、こう言ったらよろこぶよーって」

P「よしご褒美に一月連続で仕事入れてやろう」

薫「う? でも杏おねーちゃんお仕事きらいだよ?」

P「ああ普段はそうなんだがたまにまとめて仕事をさせ……したくなるときがあるんだ」

薫「ふーんっ。杏おねーちゃんすごいねっ」

P「ああ」

薫「それでそれで、せんせぇ春菜おねーちゃんとなかよしになった?」

P「……ああ、まあな」

薫「そっかぁっ! よかったねっ」

P「そうだな。これでもうちょっと自信を持ってくれれば……」

薫「……」
ソーッ

P「って、薫?」

薫「……えいっ」
ギュッ

P「どうした?」

薫「……んー、わかんないけどなんかすっごくギューーーッってしたくなったのっ」

P「…………そっかー」



60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:45:08.79 ID:JMVsEu37o
薫「えへぇ、せんせぇのだっこーっ」
ギューッ

P「……」
キュッ

薫「……んーっ」
チュッ

P「……あー」
ナデナデ

薫「えへへぇ」

P「……」

薫「……んんーっ」
チュッチュッ

P「……」

薫「えへへへぇ」

P(……大丈夫、大丈夫だ。薫なんだから親愛以上の意味はない!)
61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:46:45.85 ID:JMVsEu37o
薫「せーんせぇ?」

P「……あー、なんだ?」

薫「よんでみただけーっ」

P「……そっかー」

薫「……えへーっ」
スリスリ

P「……」
ナデナデ
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:49:19.11 ID:JMVsEu37o
晶葉「……いったい君らは何をやってるんだ」

P「晶葉!? こ、これは……」

晶葉「いや、いい。私の明晰な頭脳で判断するに、……有罪だな」

P「いやいやいやいやっ!?」

晶葉「ええい見苦しいぞ。これまでのよしみで早苗さんだけは勘弁してやるが……、罪は贖うものだ」

P「だから違うんだって……! ほら薫も」

薫「ん? 仲良しになれるんだよ?」

晶葉「無垢な童女にいかがわしい行為を教え込みあまつさえそれを正当化させるとは。穢らわしい、万死に値するなっ!」

P「」
63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:52:27.04 ID:JMVsEu37o
晶葉「…………、……ふふっ」

P「……?」

晶葉「全く、キミには冗談というものが通じないのか?」

P「……え?」

晶葉「事務所内でその類の行為が流行っていることは知っている、その延長だろう」

晶葉「科学者の素養には主に、日々の差異に対する気づきとそれを取捨選択する判断力というものが求められる
   ここ数週間の事務所の一部にある浮かれモードに気づき情報を収集しておけば自ずと正解に辿り着けるのさ」

晶葉「逆にキミはこう判断するべきだった。体格に劣る私が本気でキミに脅威を感じていたなら問答無用で警察に通報していただろうし
   なんだかんだで話の最中電話に手も掛けなかった。加えて必要以上にキミを挑発するような言葉選びもそうだな
   これらを総合して判断すればただのからかいだと看破することはたやすかったはずだ」

P「……うう」

晶葉「まあ? 私の域までを求めるつもりはないが、助手として最低限は備えていてほしいものだ。以後、励むように!」

P「……はい、善処いたします」

晶葉「うむ」
65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:55:22.36 ID:JMVsEu37o
P「……ところで、晶葉的にはそういうのはありなのか」

晶葉「いいんじゃないか? 親しい間柄ならそういう直接的な接触は心理的な垣根を取り払う効果がある。方法論としては間違ってはいないな」

薫「……じゃあ、晶葉ちゃんもせんせぇとちゅーしよっ?」

晶葉「は?」

薫「ね?」

晶葉「……!?」
ボッ

P(おお、一瞬で真っ赤に)
66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:56:53.91 ID:JMVsEu37o
P「晶葉が動揺するなんて珍しいな」

晶葉「どどど動揺なんてしてないですじょ!?」

P「じょ、っておまえ……」

晶葉「そそそそう、たたたたかが口唇で頬の表皮をなぞるだけの行為じゃないか!!!」

P「……ふむ」

晶葉「だいたい、人間の感情などという脳内物質のさじ加減で決まるものにこの私に振り回されるなど断じてあるものか!」

P「……」
ソォー…

晶葉「私は池袋晶葉だ、完全無欠の天才かが(チュ)ひゃわぁぁぁぁあぁっ!!」

晶葉「なななななにをするっ、なにをするんだいきなり!!!」

P「ちゅー」

晶葉「なんでちゅ、……そんなことをしたのかと聞いたんだ! 察しろ!」

P「晶葉ともっと仲良くなりたいから、かな?」

晶葉「~~~っ! だいたいだな何の断りも(チュ)にゃぅわあぁぁぁぁぁっ!!!」

P(……かわいい)
67: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 20:59:28.46 ID:JMVsEu37o
晶葉「……」

P「?」

晶葉「…………」

P(……なにか急に暗くなったな)

晶葉「……楽しい、のか?」

P「?」

晶葉「その……、私みたいな油臭い女に、ちゅ……ぅをして」

P「臭いのか?」

晶葉「もののたとえだっ! デリカシーというものがないのかキミは! ……いや、キミが私の理解者であることは疑うべくもないが……
   見た目や雰囲気でいえば渋谷くんの凛々しさや城ヶ崎姉妹の華やかさ、輿水くんや仁奈くんの可愛らしさなどにはとうてい敵わない」

晶葉「……時々思うんだ、私があんな場所に立っても場違いじゃないかとな」

P「……お前には珍しい弱気だな」

晶葉「弱気じゃない、冷静な分析という奴だ」

P「いや、お前にもファンは結構いるだろ? TVにだって呼ばれるし」

晶葉「いわゆるイロモノとして、な」

P「……」
68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 21:02:04.76 ID:JMVsEu37o
晶葉「分かってる、ないものねだりだってことはな。人は与えられたものでしか戦えない
   ならばそれで生きていくしかないし、それでいいと思っている。……なのにキミは、私を揺さぶる」

晶葉「叶わないのなら、最初から夢なんて見なくていい。むしろ見たくないんだ。
   手に入らないと分かっていても、どうしたってほしくなる。……私には、科学でいい。それ以外は分を過ぎている」

P「……」

晶葉「ああ、もちろんアイドルをやめるという意味じゃないぞ。与えられた仕事を放り出すのは科学者以前に人として半端だからな」

P「……テレビの話じゃなかったのかよ」

晶葉「察しろ。それとも、おとぼけか?」

P「……」

晶葉「……答えて、プロデューサー」
69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 21:03:56.95 ID:JMVsEu37o
P「あー……。晶葉」

晶葉「……」

P「お前はアイドルで、俺はプロデューサーだ」

晶葉「……ああ」

P「プロデューサーは、アイドルの魅力を引き出す。魅力を引き出すためにはそれを知ってなきゃならない」

晶葉「……うん」

P「……つまり、アイドルのどこかに、プロデューサーは惚れるんだよ、ある意味」

晶葉「……」

P「少なくとも、俺にとってはみんな同じように特別だ。そしてそれはお前も例外じゃない」

晶葉「……」

P「今は、それ以上とも以下とも言えない」
70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 21:04:46.97 ID:JMVsEu37o
晶葉「……さいてー、だな」

P「ぐっ」

晶葉「驚きのハーレム宣言か」

P「……っ。手は出さないさ」

晶葉「それにしたってキープじゃないか」

P「うぅ……」

晶葉「……まあ、いいさ」

P「?」

晶葉「0でなければ何とかする、これぞ科学者の心意気ではないか。……くくくっ、俄然燃えてきたぞ」

P「」

P(……俺は寝ていた虎を起こしたのかも知れん)
71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 21:05:32.11 ID:JMVsEu37o
P「そうそう、晶葉」

晶葉「?」

P「……人間の感情がどうのっていってたろ? そりゃ科学も大事だけどな、そういう考え方はやめよう。悲しくなる」

晶葉「……ばか」

P「?」

晶葉「……あんなの、本気なわけないだろう。そのくらいは助手として察しろ……」

P「…………ああ、知ってた」
……ニヤリ

晶葉「! ~~~っ///」
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 21:07:08.06 ID:JMVsEu37o
晶葉「……」

P「なぁ機嫌直せよー」

晶葉「怒ってなどない」

P「怒ってるじゃないか……」

晶葉「どこがだ? それに私が怒る理由などないだろう」
プイッ

P「その態度で怒ってないわけが……っ!?」
……チュ
晶葉「……///」

P「」

晶葉「……ふふん、いじわるした仕返しだ///」

P「」

晶葉「もちろんこんなものじゃすまさないぞ。助手に来るたびにしてやるからな、覚えておけ///」

P「」
73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 21:08:29.13 ID:JMVsEu37o
P「……はぁ。またやっちまった」

薫「どしたのせんせぇ?」

P「真面目に考えるとか言って結局はこうなるってなぁ……」

薫「んー?」

P「あー、薫にはわかんないよなぁ……」
ナデナデ

薫「んんー……」

P「……」
ナデナデ

薫「……でも、みんなせんせぇとなかよくなれてうれしいと思うよ?」

P「でも、それだけじゃ大人はダメなんだ。薫には難しいけどな」

薫「……んーっ」

P「? どうした薫」

薫「かおる、せんせぇに言いたいことがありますっ」
74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 21:10:45.01 ID:JMVsEu37o
P「な、なんだ?」

薫「えっとぉ……」

P「……」

薫「……んーっと」

P「……」

薫「プロデューサーさん、だーいすきっ!」

P「……?」

薫「……」

P「? それだけか?」

薫「あとね、あとね……」

P「???」

薫「かおるね、せんせぇの……」

P「……」

薫「やっぱりまだいわないっ!」

P「……」

薫「えへへっ。でも、いつかいいたいなっ!」

P「あ、あはははは……。……が、頑張れ」

薫「……うんっ!」



おわり
78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/18(木) 22:51:10.19 ID:JMVsEu37o
あと薫がまだいわなかったことは「プロデューサーさん」呼びと絡めて察してあげてください
79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:48:07.63 ID:eoths8Rjo
これでラスト
読んでた人はお付き合いありがとうございました



P「……」
カタカタ

輝子「……」
チョコン

P「……えっと、凛はこの日レッスン……、次営業で……。幸子は……」
カタカタカタ

キノコーキノコーボッチノコー
輝子「……あ、メールきた。…………迷惑メールだった」

P「ッ!! い、いたのか輝子っ」

輝子「い、いました、よ……? 空気ですけど……、ふ、ふふふふ……」

P「……すまん、気づかなかった。ところでどうしたんだ? 今日は輝子休みのはずだろ」

輝子「……ふふ、プロデューサーに……、問い詰めにきたよ……?」

P「な、なにを?」

輝子「……、……ふ、ふひ、……ちゅーのこと、……聞いたよ……?」

P「」
80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:50:06.28 ID:eoths8Rjo
輝子「……友達と、……ちゅーしてるって、……聞いた、よ?」

P「…………ああ」

輝子「? ……なに?」

P「いや、輝子だなぁと思って」

輝子「?? ……いい、けど。……私とプロデューサー、……友達、だよ、ね?」

P「まあな」

輝子「……じゃ、じゃあ、……ちゅー、する? ……しちゃう?」

P「……いや、それはなぁ」

輝子「…………しない? ……私、ぼっち? ……やっぱ、……ぼっち? ……ふひ」

P「そういうわけではないんだが」

輝子「……いいけど、……別にいいですけど。分かってましたけど……。……ふ、ふひひひひ……」

P「毎度のこととはいえ、決心をあっさり翻すのもなんだかなぁと思うわけでだな」

輝子「……ぼっち、慣れてるし。……キノコも一緒だし」

P「……聞いてないな」

輝子「……じめっと暗いとこ、好きだし。……絶好の、友達スポット。……ひひ」

P「……」

輝子「……ふふ、ふふふふ……。……友達は、……やっぱきのこだけ……。……エノキ、シイタケ、エリンギ、ナメコ……」

P「……あー、もう。俺と輝子は友達だ。だから落ち着け」
81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:51:04.34 ID:eoths8Rjo
輝子「…………。……じゃあ、……ちゅーする? ……する?」

P「ああ、するする。……はぁ」

輝子「…………。……やっぱ、……プロデューサーは、……友達だ。……へへ」

P(……まあ輝子だし)
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:51:46.15 ID:eoths8Rjo
輝子「……ふひひ」

P「……」

輝子「……んっ」
ギュッ

P「……抱きついたりしてどうした」

輝子「……よく、わかんない、けど。……クリスマスとかに、……テレビで見るのの、……真似」

P「……なるほどな。そういうのにも興味あるのか?」

輝子「? ……どういうのかは、……わかんない。……でも、……友達だから、……遊ぶんでしょ?」

P「……うーん。まあそういうことにしとこうか」

輝子「……ふへへ。……だから、……私たちも、……するんだ」

P「……まあ輝子の気のすむようにしてくれ」

輝子「……うん。……えへ」
ギューッ

P(ちっこくてほそっこいなぁ……)
ジーッ

輝子「……?」

P(ライブで見せるパワフルさがこいつのどこに詰まってるんだろうね)
ジーッ

輝子「……///」
ゾワッ

P「ん?」

輝子「……ん?」

P「どうした?」

輝子「……わ、わかんない。……なんか、わかんない。……ふ、ふひ」

P「??」
83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:52:55.06 ID:eoths8Rjo
輝子「~~♪」
ギューッ

P(……)

輝子「~~~♪」
ギューッ

P(あれから五分、ずっと腕にしがみついたまま。……どうやら、気に入ったらしい)

輝子「……///」
ゾワワッ

P(けど、なぜか一瞬力が弱まるときがある)

輝子「……??」

P(そして、きょとんとした顔で首をかしげる)

輝子「~~♪」
ギュッ

P(またすぐに抱きついてくるところを見ると無意識らしいが)

輝子「~~~♪」
ギューッ

P(……)

輝子「……///」
ゾワワワッ

P(なんだろうね、よくわからん)

輝子「……???」
84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:53:34.11 ID:eoths8Rjo
P「で?」

輝子「?」

P「いや『?』じゃなくて、どうするんだ?

輝子「???」

P「……。お前がここに来た当初の目的は?」

輝子「……。……おお」

P「……」

輝子「……ふ、ふひひ。……わ、忘れてた。……ぎゅーってするの、……楽しい、から」

P「……。……///」

輝子「……ど、どうした、の?」

P「……なんでもない」

輝子「?」

P(あけすけというか、……いや、そもそも意識してないのか)
85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:56:29.89 ID:eoths8Rjo
輝子「……じゃあ、……する、よ? ……ちゅー」

P「ああ」

輝子「……」
ンーッ

P「……」

輝子「……む、むぅ?」

P「……?」

輝子「…………」
ンーーッ

P「……」

輝子「……あれ?」

P「……??」

輝子「………………」
ンーーーッ

P「……」

輝子「…………お、おや?」

P「……」

輝子「…………」

P「……? なあ」

輝子「!?」
ビクッ
86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:57:08.49 ID:eoths8Rjo
P「おいおい、そんなに驚かなくていいだろ……」

輝子「……」

P「どうした、輝子」

輝子「……う」
ジワッ

P「!?」

輝子「うぐ……、ひっく……」

P「なっ!? どうしたんだ泣いたりして!? そんなにいやだったかっ!?」

輝子「えぐ、ふっふぐっ……。ち、ちが……。ちが、う……」

P「だったら……、いや。まずは落ち着け」

輝子「……。……ご、ごめん。……ごめんなさい、プロデューサー」

P「謝らなくていいって。どうした?」

輝子「……なんか、できない……」

P「……」

輝子「……友達なのに、……ぐしゅ」

P「……はぁ」
87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 18:59:06.66 ID:eoths8Rjo
輝子「……これじゃ、……プロデューサーに、……嫌われる」

P「いや別に嫌ったりはせんけれども」

輝子「……プロデューサーは、……わかる……?」

P「……まあ」

輝子「……。……じゃあ、……なおして」

P「……うーん」

輝子「……」

P「なんというか……」

輝子「……?」

P「これ、治るもんじゃないんだ」

輝子「……!?」
ガァン

P「でも別に悪い事じゃ……」

輝子「……」
プルプル

P「……聞いてるか?」

輝子「……う、うぁぅ……、ひぐ、ぐしゅ……」

P「あーもう、だから泣くなって」
ポンポン
88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 19:00:13.18 ID:eoths8Rjo
輝子「……でも、……だって」

P「悪い事じゃないんだって。……ものすごく自惚れてる言い方だけど、俺に嫌われるのはいやなんだろ?」

輝子「……」
コクコク

P「だったら、俺のことが嫌いってわけじゃない。だろ?」

輝子「……」
…コク

P「なら、俺とお前は友達だ、おーけー?」

輝子「……う、うん。……おーけー」

P「よし、それじゃあ今日はこれで」

輝子「……。……?? ……じゃあ、……なんで、……ちゅーできない?」

P「……気付かれたか」

輝子「……誤魔化した?」

P「いや、嘘は言ってないぞ? 説明してもややこしいだけで」

輝子「……友達に、……隠し事?」

P「だから隠し事でもなくてな」

輝子「……うるうる」

P「口で言っても騙されんぞ」

輝子「……バレ、たか。……ふひひ」

P「はぁ……。さっき泣いたカラスがもう笑ったよ」
89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 19:00:40.51 ID:eoths8Rjo
輝子「……。……でも」

P「ん?」

輝子「……でも、……ちゅーしたいのは、……ほんとだよ?」

P「……。……はぁ」

輝子「……」

P「……」

輝子「……?」

P「……。わかったよ」

輝子「……。……ふへへ」

P「輝子ーこいこいー」

輝子「……」
テクテク

P「はいだっこー」

輝子「……」

P「ふふふ、これで逃げられんぞー?」
ギューッ

輝子「……ふ、ふひひ。……うん」
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 19:03:49.16 ID:eoths8Rjo
P「……さて、……それじゃあいくぞ?」

輝子「……ん」

P「……んっ」
チュッ

輝子「……。……ふ、ふひ。……嬉、しい」

P「……はぁ。これでひとまず終わり」

輝子「……」

P「次……。ああ、もちろんもしも輝子が望むならだけどな」

輝子「…………」

P「輝子の方からできるようになってると……っ!?」

輝子「………………んっ」

P「……んーっ!? ……んっ」

輝子「…………。ふはぁ」

P「」

輝子「……ふ、ふひ」

P「……なんで、今」

輝子「……。ふひひ、……わかんない。……でも」

P「……」

輝子「……できるようになったから、……また、……するね?」

P「」




おわり

ラストのメイン口ちゅーをうっかり忘れてしまったのできのこで回収
ネタが溜まれば次もやりたい(やるとは言っていない)
91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 19:10:17.66 ID:DEj+esKYo
乙乙

次回作でも続きでもいいから書いてくれるとすげぇ嬉しい
95: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 23:51:17.47 ID:DEj+esKYo
書いてくれるならいくらでも待つわ(迫真

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。