FC2ブログ

ルルーシュ「…C.C.は妊娠可能なのだろうか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:37:55.79 ID:hpmNR/cO0
ルルーシュ「気になるな…調べるか…?」


注目記事




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:41:03.20 ID:hpmNR/cO0
ルルーシュ「C.C.はコードを持つが故に不死だ……考えようによっては生物としての基本概念である種の存続…つまりは自らの遺伝子を次世代へと残す行為があの魔女には必要無いという事になる」

ルルーシュ「………気になる、どうなんだ?」

ルルーシュ「子供を作る必要がない者ではあるが………基本となる存在の形は人間だしな…あるいは……」

ルルーシュ「………考えても答えは出ない、か………ふむ」

ルルーシュ「…調べるか、このまま疑問を解決せずに放置するのは気持ち悪いしな」

ルルーシュ「………まずは本人にそれとなく聞いてみるか」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:45:24.14 ID:hpmNR/cO0
…………

ルルーシュ「C.C.、ちょっと良いか?」

C.C.「なんだルルーシュ?」

ルルーシュ「……………」

C.C.「…………」

ルルーシュ「………」

C.C.「おい、なんだと聞いているだろ早く要件を言え」

ルルーシュ(……直球で聞いたら勘違いされかねんな、ふぅむ)
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:51:18.53 ID:hpmNR/cO0
ルルーシュ「C.C.、お前…時々体調悪くなったりするか?」

C.C.「しないな、私はC.C.だぞ? 風邪の菌くらいでは屁でもない」

ルルーシュ「いや違う、月に一度くらいのペースでな?」

C.C.「………お前、何が言いたい?」

ルルーシュ「身体がだるかったり妙にイライラしたりしないか?大体月一のペースで」

C.C.「…殴っていいかルルーシュ?」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:53:04.60 ID:Z3CxQIiuP
まだ直球の方がマシだな
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 22:55:30.10 ID:hpmNR/cO0
………

ルルーシュ「……くそ、何故ビンタされなければならない」ヒリヒリ

ルルーシュ「……生理が定期的に来ている事を確認出来れば疑問の払拭に大きく前進したものを…ちぃ…」

ルルーシュ「……………ん、そうか…」

ルルーシュ「…直接聞く必要などなかったか……ククク…」ニヤリ
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:07:40.39 ID:hpmNR/cO0
………

沙世子「…あの…ルルーシュ様?何をなさっておいでなのですか?」

ルルーシュ「掃除ですよ、何かおかしいですか?」

沙世子「はぁ…ですが…」

ルルーシュ「トイレ掃除くらい俺だってたまにならしてるでしょう?」

沙世子「……わかりました、何かありましたらお声を掛けて下さい」

ルルーシュ「そうしますよ、もっとも…もう済みましたけどね?」ガサッ

沙世子「……ではそのゴミ袋はわたくしが…」

ルルーシュ「いえ、俺が捨てて来ます…沙世子さんは紅茶でも煎れてくれると嬉しいですね、ちょっと喉が渇きましたし」

沙世子「……さ、左様ですか…」

ルルーシュ「じゃあ沙世子さん、紅茶お願いしますね?」スタスタ

沙世子(…………………………ルルーシュ様…そっちはゴミ置き場ではなく自室ですよね……)
24: 忍法帖【Lv=37,xxxPT】(1+0:15) 2012/12/08(土) 23:10:17.00 ID:VMI/bLka0
自室=ごみ置き場の法則
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:11:13.43 ID:tTjqCMmT0
(アカン)
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:11:24.55 ID:9LDajdj2O
なんという変態
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:16:45.45 ID:hpmNR/cO0
ルルーシュ「…さて、目的の物は回収した……後は誰の物なのかだが」ガサガサ

ルルーシュ「ここのトイレを使用し、さらに汚物入れにこれを捨てる可能性がある人物は…C.C.を含めるならば三人」

ルルーシュ「C.C.と沙世子さん…そしてナナリーだ」

ルルーシュ「だが、ナナリーの周期はキチンと定期的でしかも今はその期間ではない、ならばC.C.と沙世子さんという事になる」

ルルーシュ「よし、早速調べるとしよう」ベリッ




沙世子(……ルルーシュ様……)コソッ
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:17:40.80 ID:kkjj9jOV0
当たり前のように妹の周期を知ってるとか
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:18:13.94 ID:9LDajdj2O
別の意味で酷い兄だなwww
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:26:03.50 ID:hpmNR/cO0
ルルーシュ「まずは事前に採取したC.C.の血液サンプルと…簡単な血液型判別の為の特殊反応紙…これを使用する」

ルルーシュ「……この紙を押し合て…さすがに匂うな…むせる」

ルルーシュ「………反応無し、か…やはりサンプルが古いとダメか…血液がほぼ吸収されているのもマイナスだ」

ルルーシュ「……策が必要だな…より新鮮なサンプル…なにより確実にC.C.の使用済みのナプキンもしくはタンポンを回収する策が」



沙世子(………ルルーシュ様……そんな趣味に目覚めてしまうなんて…)ホロリ
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:35:51.83 ID:hpmNR/cO0
………

ジャー…

C.C.「………ふぅ」バタン

ルルーシュ「……出たか、早くどいてくれ」

C.C.「…おい、レディーが入った直後に入ろうとするのは無粋だぞルルーシュ」

ルルーシュ「…漏れそうなんだ仕方ないだろ」キィ

バタン

C.C.「………」
43: ごめんなさい咲世子だった 2012/12/08(土) 23:38:12.70 ID:hpmNR/cO0
C.C.「…………」

キィ

ルルーシュ「………」

C.C.「随分早いなお前…」

ルルーシュ「……なんだまだ居たのか?」

C.C.「何しにトイレに来たんだお前?」

ルルーシュ「急に引っ込んだんだ、仕方ないだろ」

C.C.「…………」
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:42:10.41 ID:hpmNR/cO0
…翌日

ジャー

ルルーシュ「出たか、早くどいてくれ」

C.C.「……おい」


…翌々日


ジャー

C.C.「またか!? なんなんだお前は!?」

ルルーシュ「偶然だ」

…翌々々日

C.C.「…おいいい加減にしろルルーシュ」

ルルーシュ「なんの事だかわからんな」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:47:07.37 ID:hpmNR/cO0
さらに翌日

ジャー…

C.C.「…………」ガチャ

ルルーシュ「退け」

バタン

ルルーシュ「おいなんで閉じ籠るんだお前は!?」

「五月蝿い、ちょっとくらい待っていろ馬鹿め」

ルルーシュ「………ちっ」

ルルーシュ(今までは空振りだったから仕方ないが…このままこの方法を続けるには無理があるか?しかし他にどうすれば…)
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:54:14.29 ID:hpmNR/cO0
ガチャ

C.C.「……いいぞ、勝手に使え」

ルルーシュ「勝手も何もお前のトイレじゃないだろうが…まったく」ガチャ

C.C.「………」

ルルーシュ「ぐほっ!?げほっげほっ…ぐっ…?!」

C.C.「…ふん」プイッ

ルルーシュ「C.C.!!お前消臭剤だけならまだしも香水かなにか丸ごとぶちまけたな!?とんでもない事になってるぞおい!!」

C.C.「私のすぐ後に入ろうとする奴がいるからな、エチケットだ」

ルルーシュ「限度を考えてろ馬鹿が!!」

C.C.「お互い様だ馬鹿め」
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 23:59:00.71 ID:hpmNR/cO0
………

ルルーシュ「…ちぃ、あの魔女め…しばらくトイレは匂いが残るぞあれは…まったく」

ルルーシュ「…だが」ニヤリ

ルルーシュ「手に入れたぞ…ククク…間違い無くC.C.の使用済のナプキンだ…!!」

ルルーシュ「ククク…ふははははは…!!」


咲世子(……可哀想なルルーシュ様…)
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:04:29.05 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「さて……」ベリッ

ルルーシュ「………ふむ…生理は来るらしいな」


ルルーシュ「……むせる…ごほっ…畳んでおくか」
ルルーシュ「生理が来ると言う事はだ……排卵しているという事だよな…やはりその辺りは人間なのか…ふむ」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:10:37.98 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「………いや…待て、何かが引っ掛かる」

ルルーシュ「…………C.C.は魔女…気が遠くなるほどの時間を生きてきた不死の存在だ…」

ルルーシュ「………時間…そうか…!!」

ルルーシュ人の排卵は確か回数に限界があったはず!!」

ルルーシュ「さらに言うならば…生理は排卵せずとも来る…昔調べた記憶がある」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:11:56.36 ID:k0zwU7Y40
何調べてんだよ
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:16:22.56 ID:WNamJUP50
最初からそれを思いだせよwwwww
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:16:23.58 ID:EKxVn+f4P
昔見た、じゃなくて昔調べたのかよw
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 00:16:28.49 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「つまり…C.C.に生理が来ようと妊娠出来るかどうかはわからないと言う事!!」






ルルーシュ「ククク…振り出しには戻ったが収穫はあった!!」

ダメだ…眠い、後で書く
280: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 06:50:36.35 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「問題は生理が来ているかどうかから、より核心に近い所へとシフト……ふ…どう調べたものだろうな」

ルルーシュ「………………………」ベリッ

ルルーシュ「顕微鏡で確認でもするか? いや…それだと時間がかかり過ぎるか…さて」



咲世子(………あんなに使用済のナプキンを見つめて……)
286: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:02:19.11 ID:NSNMVBgM0
…………

藤堂「不妊かどうかを調べる方法だと?」

ゼロ「そうだ」

藤堂「…病院へ検査を依頼すれば良いと思うがダメなのだな?」

ゼロ「流石は藤堂だ…理解が早くて助かる」

藤堂「…して、対象は?」

ゼロ「極秘と言いたい所だが……調査を阻害するならばお前だけには伝える、どうだ?」

藤堂「………ふむ、身元を明かすのを躊躇うという事はそれなりに重要な人物か……誰か分かれば調査は簡単ではあるがそれは控えておこう」

ゼロ「すまない」
288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:10:19.15 ID:NSNMVBgM0
藤堂「ゼロ、その者は黒の騎士団とは関わりは?」

ゼロ「ある、メンバーの一員とだけは公表しておく」

藤堂「なるほど…ならば…」

ゼロ「何かあるか?」

藤堂「黒の騎士団全隊員一斉健康診断を実績しよう、ゼロが名前を出さないのは本人に悟られるのを危惧しているからと判断した…ならば他と一緒ならばその危険は回避されるだろう」

ゼロ「ほう…大胆かつ確実な方法だ、流石は奇跡の藤堂だけの事はある」
292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:17:24.53 ID:NSNMVBgM0
………

C.C.「…身体検査?」

カレン「そうよ、なんかいきなりだけどそういうのもやらないとダメだってゼロがね」

C.C.「そうか、まあ適当に身体をまさぐられていれば良い、私は関係ないからな」

カレン「なに言ってんの、あんたも受けるんだよC.C.」

C.C.「必要無いんだが…」

カレン「良いから、あたしはゼロからC.C.を引っ張って無理矢理でも検査を受けさせろと言われてるんだ」

C.C.(………私に健康診断など必要ないのはルルーシュが一番よく知っているだろうに、どういう事だ)
294: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:26:24.64 ID:NSNMVBgM0
千葉「来たか、遅いぞ二人共」

カレン「すいません、こっちのが駄々捏ねて…」

C.C.「……ふん」

千葉「まあ良い、もう担当の医師も中に居る、早く行くぞ」

プシュー

ラクシャータ「はぁい、じゃあさっさと脱いでねぇ~?」

カレン「えっ、なんでラクシャータさん?」

千葉「医師…?」

ラクシャータ「急な話だったからねぇ~?なんか依頼が間に合わなかったらしいわよぉ?」

C.C.「………」
295: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:34:24.27 ID:NSNMVBgM0
ラクシャータ「……さて、一応基本的な事は終わりね?」

カレン「……ふ、普通に手際良かった…」

千葉「医師免許でも所持しているのか…?」

ラクシャータ「免許? ないけどこんなのKMFの調整と大差ないもの平気よぉ?」

カレン「………えぇ?」

ラクシャータ「じゃ、最後に女性限定の検査するわぁ…これ飲んで」

千葉「なんだこの薬は?」

ラクシャータ「排卵誘発剤、しかも即効性のとびきり強力なやつよぉ~」

カレン「えっ」

千葉「は?」

C.C.(…あの馬鹿何を考えている)
297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:39:33.64 ID:NSNMVBgM0
カレン「……ちょ…ちょっと待って!! そこまで調べるの!?」

ラクシャータ「命令だもの、調べるわよ?」

千葉「身体の健康までは納得だがそれは蛇足じゃないか?」

ラクシャータ「さあ? ゼロと藤堂がこれだけは必ず調べろって言ってただけだし~」

カレン「……ゼロ…?」

千葉「藤堂さんは一体そんな事を何故…」
300: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:48:22.76 ID:NSNMVBgM0
ラクシャータ「さあ? 子供でも作って欲しいんじゃないのぉ?知らないけど」

カレン「っ!?」

千葉「なに!?」

ラクシャータ「だってねぇ?これ調達したのあの二人だし、こんなの知りたがるのってそういう事じゃないのぉ?知らないけど」

カレン「え、そんなどうしよう…」オロオロ

千葉「えっ…えっ? えぇ?」オロオロ

C.C.「誰もお前達二人にとは言ってないぞ、黒の騎士団の女性隊員全員が飲んでるだろうからな」

カレン「え…でもやっぱり今は困るよ…だってまだやらなきゃいけない事たくさんあるしあたしまだ学生だし…」モジモジ

千葉「引退はしたくないが…いやでも家庭を守るというのもべべ別に悪くはないが…」オロオロ
303: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 07:57:49.83 ID:NSNMVBgM0
C.C.「…何も聞こえないとはまさにどっぷりだな」
ラクシャータ「とりあえずあんたから飲んでくれない? 後がつかえてるから」

C.C.「……ちっ、仕方ないな」ゴクッ

ラクシャータ「一時間ほどで排出されるからその時までこの特殊ナプキン装着しててねぇ?」

C.C.「……はぁ、わかったよ」

カレン「でもこういうのはやっぱり順序よくお互いによく理解してから…ああでもゼロはあの仮面脱がないのかな…結婚してもゼロなのかな…」

千葉「戦う夫の帰りを待つ妻…そのお腹には二人の契りが…ふひ」

ラクシャータ「いつまで妄想してんの早くしなさいってばあんたら」
305: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:03:58.48 ID:NSNMVBgM0
…………

藤堂「作戦は成功だゼロ、一通りのメンバーの卵子を採取出来たぞ」

ゼロ「よし、よくやってくれた藤堂」

藤堂「このくらいはな、それに俺は作戦を提案しただけだ」

ゼロ「それでも言わせて貰おう、ありがとう藤堂…貴方が味方である事実を私はとても頼もしく思う」
藤堂「…ふっ」
307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:08:18.08 ID:qRZ3yYPS0
ふっじゃねえよ藤堂ww
308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:10:06.37 ID:xnCa+pWS0
なぜ藤堂は満足気なのか
309: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:10:42.99 ID:NSNMVBgM0
…………

ルルーシュ「さて、全ての条件はクリアーされた…この中にC.C.のものがあるはずだ」

ルルーシュ「これはカレンの…こっちはラクシャータ…………他にも団員のものが多数」


ルルーシュ「………これか、C.C.のは」

ルルーシュ「どれ…顕微鏡で見るとしよう」


咲世子(………ああ…ルルーシュ様がサイコに…どうすれば…)
311: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:16:28.48 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「……見つけた、間違いなく卵子だ」


ルルーシュ「カレンのものと比べても違いはほとんど無い…なるほど…あの魔女はそういう所は人の理を無視している存在なのだな」

ルルーシュ「……………調査終了、か」


ルルーシュ「……………」

ルルーシュ「いや待て……果たして本当にこれで良いのか?」

ルルーシュ「……このC.C.の卵子は授精するのか?」
314: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:22:42.75 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「気になる……しかし…これ以上は」

ルルーシュ「…………いや、やはり立ち止まる訳にはいかない…俺の良心など、とっくの昔に消えているのだから」

ルルーシュ「ならば…やり遂げるべきだ、例え罪悪感にまみれようと、他人から異端と罵られようとな」

ルルーシュ「ならば…!!」


C.C.「………………………………………………………」

咲世子(しC.C.様…何時から!?)
316: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:28:50.41 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「…………」ゴソゴソ

ルルーシュ「………」カチカチ

ルルーシュ「おっと、ヘッドホンを付けねば」スチャ

ルルーシュ「……さて、妹 エロ 検索と」カタカタ


C.C.「…………」スタスタ

咲世子(あぁ…そんなに近づいては…今から致そうとしているのに!?)

ルルーシュ「……ふふ、さて……」

C.C.「……………」ジー
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:32:27.55 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「…………ほう」カチカチ

C.C.「…………」ジッ

ルルーシュ「…これは…よし」

C.C.「……………」ジー

ルルーシュ「……………」ゴソゴソ

咲世子(ヘッドホンが仇に……これはどうなるのでしょう…)ワクワク
320: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:37:37.19 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「………もう少し………」ゴソゴソ

C.C.「…………」

ルルーシュ「…………ぅ……」

C.C.「なんだ、もう出るのか早いな」

ルルーシュ「うぉぉぉぉぉおおおぅ?!?!」ビクゥ!!

咲世子「あ、縮んだ」

C.C.「何をしているんだお前は………後鍵くらい掛けろ」

ルルーシュ「ちょ、なっ…なにぃ?」ワナワナ
325: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:43:34.06 ID:NSNMVBgM0
C.C.「で、何をしていた?」

ルルーシュ「」

C.C.「普通にな、ただ性欲を発散させるだけならば私も見てみぬふりするが……お前、何故試験管とスポイト片手にそんな事している? それにあの大量の試験管…黒の騎士団の女性団員の名前入りの物はなんだ?」

ルルーシュ「」
326: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:45:29.48 ID:qRZ3yYPS0
どう言い逃れる気だ…ルルーシュ
327: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:49:54.20 ID:g86r0SAX0
全てミラクルさんのせいにしてやれ
329: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:50:55.63 ID:NSNMVBgM0
C.C.「言えルルーシュ」

ルルーシュ「……ふっ、仕方ない…か」

C.C.「ぶら下げたままカッコつけるな、蹴るぞそれ」

ルルーシュ「ちっ、油断した…一生の不覚だ…」

C.C.「だろうさ、恥ずかしい奴め」

ルルーシュ「……………」

C.C.「あの試験管の山、あれはもしや先日の健康診断の時に採取した…」

ルルーシュ「…そうだ」

C.C.「…………うわぁ」

ルルーシュ「ふん…引かれると思ったからこそ秘密にしていたのだがな…」
332: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 08:56:08.36 ID:NSNMVBgM0
C.C.「で、お前はその採取した卵子に自分のものをぶっかけようとしたと」
ルルーシュ「そうだ」

C.C.「……………お前…せめて言い逃れとか出来ないのか? はっきり肯定するのも中々恥ずかしいぞ?」

ルルーシュ「お前に嘘をついてもすぐにバレるだろ」

C.C.「……いやまあそうだろうが」
338: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:01:43.68 ID:NSNMVBgM0
C.C.「……で、何故そんな気狂いな事をしようとした」

ルルーシュ「ただの知的好奇心からだ、他意は無い」

C.C.「なんのだ…」

ルルーシュ「…………ふぅ、もう良い…この際だし直接聞く事にする」

C.C.「…………」


ルルーシュ「C.C.、お前は妊娠って出来るのか?」

C.C.「知らん、気持ち悪い」

ルルーシュ「なんだと?」
339: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:05:09.62 ID:y/U+UcXr0
C.C「可能かどうか試してみるか?」
341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:06:57.63 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「知らんとはどういう事だ」

C.C.「そのままの意味だ変態サイコ遠回しで回りくどい童貞坊やめ」

ルルーシュ「自分の身体の事だろう何故分からん?」

C.C.「経験がないのに分かる訳がないだろ馬鹿め」

ルルーシュ「………そうか…やはり実験するしかないのか…?」

C.C.「………やめろ馬鹿め」
345: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:10:56.09 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「だが確認する手段がこれしかないだろ」

C.C.「……………」ガチャン!!

ルルーシュ「なぁ!?貴様C.C.!! 何をしている!!」

C.C.「気持ち悪いからな、これは処分させてもらう」ガチャンガチャンガチャンガチャン!!


350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:31:57.88 ID:NSNMVBgM0
ルルーシュ「……く」

C.C.「これで下らない実験は出来ないな」

ルルーシュ「……………」

C.C.「だいたい何故私が妊娠するかどうかなんて調べる必要がある? 無意味だろうが」

ルルーシュ「……意味なんてどうでも良い、ただ知りたかっただけなんだ」
351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:37:14.43 ID:NSNMVBgM0
C.C.「だから、何故私なんだ」

ルルーシュ「不死の魔女だからだ」

C.C.「……………お前、恥ずかしくて告白出来ないタイプだったなそう言えば」

ルルーシュ「なにを言っているんだお前」

C.C.「恥ずかしがるなよ、仕方ないよな、私はC.C.だからな」

ルルーシュ「………は?」

C.C.「……なんだその反応は…せめて図星つかれた気恥ずかしさで頬を赤く染めるくらいしたらどうだ」

ルルーシュ「…………いや、勘違いだからお前の」
353: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:42:43.57 ID:NSNMVBgM0
C.C.「五月蝿い、女に恥をかかせるな馬鹿め」ジトッ

ルルーシュ「俺は純粋な好奇心から調べていたに過ぎん、余計な感情など皆無だな」シレッ

C.C.「……………」

ルルーシュ「……………」

C.C.「…流石にカチンと来た、良いだろうルルーシュ調べたら良い」

ルルーシュ「どうやってだ」

C.C.「無論、最も古典的かつシンプルで決して廃れる事の無い方法で」

ルルーシュ「えっ」
357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:50:25.45 ID:NSNMVBgM0
キャーー!!…


バタン

咲世子「………ふぅ」

ナナリー「咲世子さん?こんな所でどうしたのですか?」

咲世子「…いえ、なんでもございません、さあ食事の準備を致しますので失礼しますね?」

ナナリー「あ、はい!! 今日は何を作られるんですか?」

咲世子「お赤飯です」ニコリ

ナナリー「お赤飯?」キョトン

咲世子「ええ、日本ではお祝い事などの時に作るものなのです」ニコリ

ナナリー「まあ、何かあったんですか?」

咲世子「ええ、大人になった記念です」


おわり
358: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 09:51:10.90 ID:GC5uvHJM0
だいしゅきほーるどするC.C.はよ…

関連スレ:

この書き手のSSまとめ

(とある魔術の禁書目録、SAOなど多数あります)
 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

ssではミラクルなのに本編では何故に無能なのでしょう、藤堂さん....奇跡.見たことない...

とあるSSの訪問者

何故だろう。俺が見てるssには大事なところが抜けてるんだが、バグかなんかかな?

とあるSSの訪問者

だいしゅきホールドw


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。