FC2ブログ

橘純一「た、田中さんに彼氏が出来たって!?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:26:37.01 ID:KCC+94+q0
田中「うん……ごめんね?」

橘「くっ……!嫉妬だよ!この裏切り者ッ!」

橘「ぼ、僕だって頑張ってるのに!」

橘「……というか、田中さんに彼氏なんて出来ちゃったら、僕は……僕はっ!」

田中「た、橘君?落ち着いて!?」

橘「こ、これが落ち着いてられるか!」

田中「きょ、今日は何月何日!?」

橘「え?今日は四月一日……あっ!」

田中「えへへ、早速嘘を吐いてみたよ?」

橘「……そっか、嘘だったんだ。はははっ……」

橘・田中「うぇーい!」


注目記事




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:07:18.91 ID:0px4wqwZ0
前作:

橘純一「が、頑張ってみた結果がこれだよ!?」


橘純一「うぅ……バレンタインか……」


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:30:09.80 ID:/AODDnlI0
うぇーい!
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:35:08.39 ID:KCC+94+q0
田中「た、橘君が予想外に動揺してるから、私も焦っちゃったよ!あははっ」

橘「あ?そうだったんだ?……なら大成功だな」

田中「だ、大成功!?どういうこと!?」

橘「いくら僕でも、今日が何の日かくらいわかるよ?」

橘「だからさ、田中さんの嘘にノってみたんだ」

田中「えぇぇぇ!?そ、そうだったの?」

田中「……で、でも!もしかすると嘘から出た誠だったかもよ!?」

橘「ははっ、田中さんはバカだなぁ」

橘「……仮に田中さんに彼氏が出来たしたら、真っ先に僕に伝えるだろうお喋りなヤツがいるじゃないか」

田中「あ、そっか!薫が絶対にバラしちゃうもんね!」

田中「橘君に嘘はつけないなぁ……」

橘・田中「うぇーい!」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:42:44.89 ID:KCC+94+q0
橘「……といっても、僕に今日が何の日か気付かせてくれた人がいるんだけどね」

田中「えっ?誰?」

橘「それはね?」

田中「あっ!美也ちゃんでしょ!?朝一番で騙されたんだ?」

橘「……残念。美也じゃないんだ」

田中「えっ?じゃあ、誰?誰なの?」

橘「……まだ学校が始まらないからか、暇を持て余してる大学生にやられちゃってさ」

田中「……大学生?」

橘「ほら、先月卒業なされた森島先輩」

田中「あ、そっか!森島先輩って大学が近いもんね!」

橘「『私はまだこの街にいるから。ふふふっ……せいぜい油断しないことね!』とは言われてたけどさ」

橘「まさか、今日やられるとは僕も思ってなかったよ……」

田中「ねぇ?どんな嘘を吐かれたの?」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:50:05.62 ID:KCC+94+q0
橘「嘘……ではないんだけど」

田中「うんうん。でも何かされたんだよね?」

橘「そうそう、予想だにしてなかったんだけどね?」

橘「……朝起きたら、うちの台所で森島先輩がご飯を作ってたよ」

田中「……えっ?」

橘「どうやら美也と共謀してたらしくてさ」

橘「……それはもう、僕は面白いリアクションをしてしまったよ!朝一番で!」

田中「あははっ、その時の橘君を簡単に想像出来るよ」

橘「鼻歌で『ふんふ~ん♪』ってやりながら、包丁をトントンしててね」

橘「……いや、あれは心臓に悪いよ」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 22:57:57.08 ID:KCC+94+q0
橘「さらに振り向きざまにさ、一番の笑顔で『おはよう、あなた♪』って話しかけてくるし……」

田中「し、新婚さん!?いらっしゃったの!?」

橘「……あまりの事態にさ、僕も『な、何が!あなた♪、ですか!?』とか意味わからないことを口走ってたし」

橘「……完全敗北だったよ、ははっ」

田中「……うん。仕方ないよ、それは」

橘「しかも、僕が何て喚こうが『すぐ出来るから!待っててね~♪』の一点張りで流されちゃってさ」

橘「……あぁ、この人には勝てないな、と悟ったよ」

田中「あはは……誰も勝てないって、それは」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:03:51.66 ID:KCC+94+q0
田中「それで?その後どうしたの?」

橘「出てけ!ともいえないし、折角だから二人で朝食をとったよ」

田中「あ、味は?味はどうだったの?」

橘「……これがまた悔しいんだけどさ、美味しいんだよ。森島先輩の作った味噌汁」

橘「訊いたら、随分と練習してきたようでさ」

田中「えぇぇぇ!?……ってことは!?」

田中「『うん!こんな味噌汁なら、僕は毎日飲みたいですね!』とか言っちゃった!?」

橘「な、何故それを!?」

田中「……はぁ、本当に言っちゃったんだ」

橘「し、仕方ないだろ!?素直にそう思ったんだから!」

橘「……でも、何で先輩はあんなに顔を真っ赤にしてたんだろう?」

橘「……褒めすぎちゃったかな?」

田中「そ、そういう問題じゃないと思うよ?」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:10:43.00 ID:KCC+94+q0
田中「……あのさ?森島先輩は何のつもりでそんなことを?」

橘「あ、うん。どうやら先輩はエイプリルフールをドッキリ企画をやる日だと思ってたらしくて」

田中「うわぁ……大胆で素敵な解釈だね?」

橘「さすが、としか言えないよ……」

田中「あははっ……」

橘「……ちなみにさ、この素敵な解釈をしてるのは森島先輩だけじゃないみたいなんだよね」

田中「えぇぇぇ!?そんな人が他にもいるの!?」

橘「うん。残念だよね……」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:17:49.52 ID:KCC+94+q0
橘「ほら、あそこのウェイトレスを見てご覧よ」

田中「うん?あそこのサラサラヘアーのウェイトレスさんのこと?」

橘「うん、そうそう。あそこで僕らのツッコミを今か今かと待ってる子のことだよ」

橘「……何やってるんだろうな、あいつ」

田中「……あれってそういことだったんだ?」

橘「……僕は意地でもツッこまないことにしたよ」

田中「あっ!職務放棄してこっちにくるよ!?」

棚町「う、うっさいわね!?分かってたなら早くツッコミなさいよ!?」

棚町「け、恵子もよ!?見てはいけないモノを見るような目であたしを見て!」

橘「ま、ここはとりあえず、さ?」

田中「そ、そうだね!」

橘・田中「うぇーい!」

棚町「く~っ!は、腹立つ!!」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:26:12.67 ID:KCC+94+q0
橘「薫?エイプリルフールは気の利いた嘘を吐く日だぞ?」

田中「あ!わかったよ!自分に嘘を吐いたんだよね?」

棚町「……はいはい、安易な真似をしたあたしが悪かったわよ」

橘「でもさ、その髪型も似合ってるぞ?」

田中「うん。薫の新しい可能性を見た気がするよ!」

棚町「ほ、本当!?変じゃない!?」

橘「あっ……違うから!今日がエイプリルフールだからってこんなことを言ってるわけじゃないからな!?」

田中「そ、そうだよ!?今のは嘘じゃないからね?」

棚町「だったら!そんな余計なことを言わなきゃいいでしょうが!?」

橘「た、確かに……!」

田中「そ、そうだよね!」

棚町(こ、こうなればヤケよ!)

橘・田中・棚町「うぇーい!」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:34:56.86 ID:KCC+94+q0
棚町「で?あんた達は二人で何してるの?」

橘「……折角の春休みだってのに、やることが何もなくてさ」

田中「……私なんて暇過ぎて朝から晩までラジオを聴く日々だったよ」

橘「……ラジオ?FMで流行りの曲をチェックしてたとか?」

田中「……ううん、AM。深夜は至高だよ?」

橘「そ、そっか……」

田中「うん……ごめん」

橘・田中「………はぁ」

棚町「な、何勝手にテンション落としてんのよ!?」

棚町「あたしは何でここに二人でいるのか訊いてるの!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/18(金) 23:48:34.24 ID:KCC+94+q0
橘「暇を潰すために出掛けた本屋で~」

田中「久しぶりの外出で立ち寄った本屋で~」

橘・田中「二人は~出会った~」

橘・田中「うぇ~いっ」

棚町「まだるっこしい!普通に喋りなさい!普通に!」

橘「うん。つまり、たまたま本屋で出会ったからさ」

田中「他に行く所もないし、取り敢えず薫のバイト先で時間を潰そうかなって」

棚町「なるほどねぇ。だからドリンクバーと山盛りポテトで、ずっとお茶を濁してるんだ?」

橘「うん。その通り。あ、僕らのことはポテト部と呼んでくれても構わないよ?」

田中「それ、いいね!今度梅原君も誘って部活の立ち上げやろうか?」

棚町「あ、あたしも!あたしも混ぜなさいよ!?」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:00:44.37 ID:CFOx/SoR0
棚町「あ、そういえば。そんなに暇なら梅原も呼べばいいんじゃない?」

橘「う、梅原は呼んでもこないと思うよ……?」

田中「……あははっ」

棚町「えっ?なになに?どういうことなのよ?」

橘「あいつ……バレンタインにこっそりと本命を受け取っててさ」

田中「……私が橘君に「嫉妬!」とか言ってる間にね」

橘「だからね、今日は彼女とデートだってさ……」

田中「嫉妬の嵐が輝日東に吹き荒れてるよ……」

棚町「そ、そうなの!?このあたしが知らなかったなんて!?」

橘「……そりゃそうだよ、嘘だもん」

田中「薫?……本気で騙されたの?」

棚町「くっ……やられたわっ」

橘・田中・棚町「うぇーい!」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:01:37.56 ID:gXr9t9bg0
こいつら仲良いな
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:15:56.25 ID:CFOx/SoR0
橘「あ、ちなみに全部嘘なわけじゃないよ?」

田中「うん……そうなんだよねぇ」

棚町「え?どういうこと?」

橘「梅原がバレンタインに本命チョコを受け取ってたのは本当のこと」

田中「それを知ったのは、ホワイトデーになってからだけどね」

橘「ほら、ホワイトデーに僕は学校中を走り回ってたろ?」

棚町「あぁ、『折角準備してきたのに!みんなに出会えないよ!』とか言ってたわね」

橘「それでさ、放課後にやっと七咲に校舎裏で出会えてね」

橘「……あの時息切れしてたから、七咲に軽く引かれたっけなぁ」



50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:25:51.70 ID:CFOx/SoR0
橘「あっ……僕の恥ずかしい話はいいんだよ」

橘「それでね?七咲が去った後、しんどいからその辺に座って休憩してたんだ」

田中「あ、それって私が飲み物を差し入れに行った時だよね?」

橘「うん。あれはナイスタイミングだったよ、田中さん」

田中「えへへっ」

橘「それで、田中さんからの差し入れを飲みながら二人で話してたんだけど」

田中「そしたら私達の存在に気付かずに、校舎裏で青春を始めちゃった2人組がいてね?」

棚町「……それが梅原だったわけね?」

橘「その通りだよ、薫」
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:41:02.61 ID:CFOx/SoR0
橘「そこからはスーパー梅原タイムが始まっちゃってさ!」

田中「うん!熱い告白だったよね!」

棚町「……つまり、梅原に彼女が出来たのよね!?これは大ニュースじゃない!」

橘「うん。先を越されちゃったよね……」

田中「……嫉妬で胸が苦しい毎日だよ」

棚町「ねぇ!?相手は!?相手は誰なのよ!?」

橘「伊藤香苗さんだよ、別のクラスの」

棚町「あぁ、桜井さんのお友達の」

棚町「へぇ!お似合いなんじゃない?」

橘「お似合いって言うな!……何か悔しいから……」

田中「橘君?それが嫉妬だよ?……ふふふっ」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 00:51:53.22 ID:CFOx/SoR0
棚町「……ん?さっきあんたさ『薫が知らないのは当然だよ。嘘だもん』って言ってたわよね?」

棚町「梅原と伊藤さん、付き合ってるんでしょ?」

橘「あ、それはね?」

田中「だって、今のも嘘だし」

橘・田中「うぇーい!」

棚町「……ここがバイト先じゃなかったら、ぶっ飛ばしてるわよ?あんた達……?」

橘「お、落ち着け!薫!」

橘「い、今から話すことは本当だから!」

田中「に、二度あることに三度目はないよ!?信じて!?」

薫「……話して?」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:00:29.54 ID:CFOx/SoR0
橘「梅原と香苗さんが校舎裏で青春してたのは本当なんだ」

田中「で、でもね?梅原君の返事は……」

橘「『お、俺!正直どうしたらいいかわかんねぇ!』」

橘「『普段は橘に偉そうなことを言ってるけど、いざ自分が当事者になると混乱しちまって!』」

橘「『だから……男らしくないのはわかってる!すまねぇ!もう少しだけ考えさせてくれ!』」

橘「……だったんだよね」

棚町「ふむふむ」

橘「あ、ちなみに香苗さんはこう返したよ?」

田中「『わかったわよ。それだけ真剣なんでしょ?だったら私は待つわ。だから……納得できる答えをお願い』」

田中「……だって!」

棚町「へぇ?伊藤さんの方が男前だったのね」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:11:16.26 ID:CFOx/SoR0
棚町「……ねぇ?あたしが言えたことじゃないのはわかってるんだけど」

棚町「……そんなに梅原君と伊藤さんにあったことをベラベラしゃべっていいの?」

橘「あー、うん。普段の僕なら喋らないさ」

田中「私もさすがに喋らないかな、あははっ」

橘「むしろ薫に喋ってくれって、さっき梅原に会ったときに言われたから」

棚町「へっ?」

田中「実はここに来る前に梅原君とばったり会っちゃって」

橘「『頼む!橘、田中さん!俺の退路を絶ってくれ!』って頭を下げられちゃったらね……」

棚町「も、もしかして!今日返事するとか!?」

橘「いや、今日だと『嘘』っていう逃げ道があるから、明日するってさ」

棚町「変な所で律儀なのね」
73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:29:42.15 ID:CFOx/SoR0
橘「さすがに梅原が相手の顔色を伺って、『すまねぇ!今のは嘘だ!』とは間違っても言わないと思うけどね」

田中「それだけ真剣なんだってことなんじゃないかな?」

棚町「梅原君……あたしの知らない所でオトコを上げて……!」

棚町「純一!恵子!おめでたいわ!」

棚町「今から梅原正吉の男が上がったことを祝って、ささやかながら祝賀会やるわよ!」

橘「えぇ!?本人のいないところで!?」

棚町「いいじゃない!さらに退路が絶たれるし!」

田中「う、梅原君が伊藤さんに返事をしてからでもいいんじゃないかな?」

棚町「何言ってんのよ?その時はもう一度祝賀会か……もしくは残念会よ!」

橘「祭り好きめ」

棚町「ほら!あたしのオゴリよ!すきなものを頼みなさい!?」

田中「えー!?じゃあね?」
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:43:12.48 ID:CFOx/SoR0



橘「そ、それでは!梅原正吉の男が急上昇中なことを祝しまして!」

橘・田中・棚町「うぇーい!」

他のフロアスタッフ「うぇーい!」

客「よ、よくわからないけど……うぇーい!」

橘「……自由なファミレスだな」

田中「あはは……客層まで自由な人みたいだよ?」

棚町「いいの!いいの!細かいことは気にしない!」

田中「そ、そうだよ!そんなことより橘君!?」

橘「あぁ……そのふざけたパフェを食べなきゃね」

田中「ノルマは一人一つだよ?」

棚町「あ、残したら許さないわよ!?」

橘「薫?その言葉を後悔することになっても知らないからな?」

橘・田中・棚町「うぇーい!」

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 01:53:53.15 ID:CFOx/SoR0



橘「うぅ……甘いものもういらないよ……」

田中「あ、あと一口……!あと一口なのに……!?」

棚町「ど、どこのバカよ!?こんなのメニューに載せたの!?」

橘「何だ、薫?元気じゃないか?」

田中「一番ペース遅いの薫だよ?」

棚町「わ、分かってるわよ!今から本気出すから!」

橘「よし!いくぞ!」

橘・田中・棚町「うぇーい!」

橘・田中・棚町「……うぇっ」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 02:05:56.25 ID:CFOx/SoR0



棚町「ありがとうございましたー!また来なさいよー!?」

橘「うん、次は梅原も一緒だな!」

田中「伊藤さんも一緒だといいよね!」

橘「しかし……まだお腹が苦しいよ」

田中「あははっ、本当だよね……」

橘「梅原は……今、もっと苦しいのかな?」

田中「……苦しいんじゃないかな?」

田中「あ!わ、私も……ね?食べ過ぎじゃなくて……」

田中「……ううん、何でもない」

田中「あ、私……こっちだから!またね!」

橘「う、うん!梅原のことがはっきりしたら連絡するよ!」

橘(……僕も早く答えを出さなきゃいけないな)



90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 02:08:07.26 ID:USiTfzwO0
おつかれうぇーい
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/19(土) 02:23:06.47 ID:1ilXkISr0
おつおつ
田中さんうぇーいかわいい

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。