FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 19:01:46.90 ID:zYUF7LwS0


提督「ゲーッ、ポーラちゃぁん」

提督「プルタブが開かないよぉ」カチカチ

ポーラ「ポーラも開けられないで~す」カチンカチン

ポーラ「諦めて飲むしかないです~」グビグビ

提督「えーん、ぼきゅももっと飲みたい飲みたぁい」ジタバタ

ポーラ「よしよ~し」ナデナデ

提督「ぐへへ」






SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1463479306
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 19:08:50.56 ID:zYUF7LwS0


ポーラ「暑い~服がすごい邪魔ぁ~」

提督「速報で書けなくなっちゃうから脱いじゃらめぇ」

ポーラ「でも暑いのぉ」

提督「僕が涼しくしゅる~」

提督「ふーっふーっ」

ポーラ「生暖かいです~」

ポーラ「やっぱり脱ぐ~」

提督「じゃあ~それ着るから代わりに僕の服を着なちゃ、さいっ」ヌギヌギ

ポーラ「えぇ~」




3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 19:14:42.82 ID:zYUF7LwS0



ポーラ「ぶかぶか~」

提督「ぴちぴち~」





4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 19:24:46.61 ID:zYUF7LwS0


ポーラ「大変~ポーラ提督になっちゃったぁ~」

ポーラ「皆に知らせないと~」スッ

提督「あっ、おい待てぃ」

提督「この部屋からはぁでられまへんでぇ~」

ポーラ「え~どうしてですか~?」

提督「皆に迷惑をかけて~禁酒令がでたら目も当てれないでしょお」

提督「せやし部屋から出れないよう」

提督「ドアノブを回すとタライが落ちるようにしたのよ!」

ポーラ「それも大変~」




5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 19:29:22.95 ID:zYUF7LwS0


ポーラ「提督も~飲んで飲んで~」

提督「グラッパはノーせんきゅ~」

提督「まいふればりっとおさけサン○リーりざーぶ」グイッ

ポーラ「英語ワカリマセ~ン、飲むしかないです~」グイッ

「「ぷはっ」」

ポーラ「幸せぇ」

提督「僕もぉ」




6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 19:35:12.88 ID:zYUF7LwS0


「ポーラ~、どこ~?」


提督「あの声は……ゆあーしすたーザラぁ?」

ポーラ「やぁ~、黙ってください~」グッ

提督「ぐむぉ」

ポーラ「見つかったらぁ~うるさいんです~」グイグイ

提督「おむぅぉむぐぐ」




8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 20:04:01.22 ID:bS3nxLC5o
嫌いじゃないわ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 20:19:30.56 ID:UHoYsFPi0
この酔っぱらい共www
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 20:43:19.75 ID:zYUF7LwS0


提督「息ができずに危うくヘヴンでしたよぉ」

提督「えーん怖かったよぉ~」

ポーラ「提督はてんごくさん~」

ポーラ「このコースターをぉ、頭に乗せてください~」

提督「ohエンジェルッ」

ポーラ「あぁ、輪っかじゃなかった~」

提督「夢じゃなかった~」




11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 20:55:19.03 ID:zYUF7LwS0


提督「アーモンドたべりゅ?」

ポーラ「食べます~」

提督「でもあげないっ(裏声)」

ポーラ「そんなぁ~」

ポーラ「こうなったら実力行使れす~」

ポーラ「こちょこちょ……」

提督「あ、ぼく足は平気なんすよ」

ポーラ「そんなぁ~」




12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 21:02:12.66 ID:zYUF7LwS0


ポーラ「アーモンド美味しい~」ポリポリ

ポーラ「テレビつけていいですか~」

提督「かもんえぶびばり」ゴロゴロ

ポーラ「はい~つけます~」ピッ


テロップくん「女性の味方!大豆イソフラボン錠!」


ポーラ「おぉ、ポーラも若返っちゃいます~」

提督「歳はクリントイーストウッド並だけどね~」




13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 21:09:37.67 ID:zYUF7LwS0


ポーラ「1年分注文しちゃいました~」

提督「ふざけんなーこのーこのー」

提督「おかげさまで鎮守府の財政が由々しき事態でおじゃるぅ~」

ポーラ「ポーラ、頑張って働きますから~」

提督「じゃあ許すぅ」


ナレーター「ハルキゲニア属はバージェス貢岩から一種、チェンジャンから一種……」


ポーラ「古代~」

提督「かんぶりあ~ん」




14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 21:23:46.92 ID:zYUF7LwS0


提督「肝臓休めじゃあ~」カチン

ポーラ「それなんですか~?」

提督「レーベンブロイだお」

ポーラ「だおだお~」

提督「このぉ、錆に錆びたキ○ンの栓抜きで~」

提督「栓抜きで~」

カチャッ
ポロッ

提督「ゴクゴクゴク」

ポーラ「おいしそ~」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 21:26:44.09 ID:zYUF7LwS0


ポーラ「提督、じゃんけん~」

提督「負けたらな~にすんのっ」

提督「な~にすんのっ」

ポーラ「何もしません~」

提督「そっかぁじゃあ、じゃ~んけ~ん」

「「ぽんっ」」

ポーラ「負けました~」

提督「じゃあ、ぼ↑く↓が命令するね~」

ポーラ「は~い」




16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 21:29:29.57 ID:zYUF7LwS0


ドスン!


提督「あぁ~^~」

提督「これがポーラちゃんのマッキンリー颪か~」

ポーラ「これでいいんですか~?」

提督「うん、いい痛さだよぉ」ジンジン




17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/17(火) 21:30:45.01 ID:zYUF7LwS0


提督「ピザポテト!ピザポテト!」

提督「キエエエェェェェェ!」ドンドン

ポーラ「あんまりpizza感はないけど美味しい~」サクサク

提督「ぬぅピザポテトの帝を愚弄しおったなぁ」

提督「こうなったらスリーパーにポーラってニックネームつけてやるぞう」

提督「ホウェンホンホンホウェンホンホン、ヴ(鳴声)」

ポーラ「よく分かりませ~ん」サクサク




26: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 08:30:06.74 ID:V5jJGZJc0


ポーラ「提督~お客さんがぁいらしゃいました~」

提督「どなたっどなたっ」クルクル

ポーラ「虫さんですね~」

提督「ようこそごきぶりさ~ん」

提督「飲んで飲んで~」

ポーラ「飲んで飲んで~」

提督「大五郎ぉ~」トポトポトポ

提督「だいごろぉ」




27: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 08:37:51.59 ID:V5jJGZJc0


ポーラ「お客さぁん寝ちゃいました~」

提督「えぇい起きよ客人~」

提督「よはまだあけぬものぞこりぬ」

提督「あ、これ夜と余をかけてんすよ」

ポーラ「また暑くなって~きました~」ヌ

提督「だから脱いじゃらめぇ」




28: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 08:52:33.73 ID:V5jJGZJc0


ポーラ「やぁ~脱がせてぇ~」ジタバタ

提督「のんの~ん」ブンブン

ポーラ「提督の(部屋の)中あっついのぉ~!」

「ポーラ!」ガチャ

ザラ「やっぱりこ」ゴーン

提督「じゃあぼくもぬぎぬぎするぅ」

ポーラ「えぇ~」




29: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 08:58:54.31 ID:V5jJGZJc0


ポーラ「涼しい~」

提督「これがわびさび」

ポーラ「提督~」

提督「なぁに~」

ポーラ「もっともっと~飲んでくだしゃ~い」

提督「ぐらっぱぁぁ」

ポーラ「Grappa~」

提督「ぐらっぱぁぁ」

ポーラ「grappa~」


……
…………
………………



30: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 08:59:36.46 ID:V5jJGZJc0


チュンチュン


提督「……はっ」

提督「……朝……か」




31: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 09:00:33.75 ID:V5jJGZJc0


瞼を包んだその赤い光は、私に起床を促してくれた。

カーテンの隙間を射す光の帯を追い、星の形に沿う雄大な地平線を窓から望む。
命の源、赤い玉。それはまるで、私が胸に秘めた情熱の如く。

吹き込む海風が心地よい。
香る春のにおいに誘われて、私はその場を見回した。

一糸纏わぬポーラとドアの前のザラはその場で倒れ、寝息を立てている。仕方のない娘たちだ。
脱ぎ捨てていたポーラのブラウスをかぎながら、私は二人にタオルケットを被せてやった。


私の、新たな一日が幕を開けようとしている。




32: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 09:01:31.94 ID:V5jJGZJc0



“喜びを感じる義務ほど、軽んじられている義務はない”

――R・L・スティーブンソン




―――――――――fin―-―――――――――――



33: ◆9l/Fpc6Qck 2016/05/18(水) 09:02:29.14 ID:V5jJGZJc0
ポーラちゃんとダメになりたい

ここまで読んでくださった方、楽しく書かせていただきありがとうございました。
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/18(水) 09:04:11.01 ID:vTEZN9LFo
タライがまさか伏線だったなんて……

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ