FC2ブログ

佐城雪美「モバPは……渡さない」

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 10:45:58.41 ID:aX19ofheO
凛「ただいま」バタン

P「おかえり、凛は…ライブだったな、調子はどうだ?」

凛「それなりかな?」

P「はは、またそう言って勝ったんだろ?」

凛「ふふ、ちょっとだけ頑張っ――」

雪美「……ただいま」

凛「……」

雪美「……P」キュッ

P「おかえり雪美」ダキッ

雪美「…私……今日、も……がんばった……」

P「いい子だ」ギュッ

雪美「……ふふ」チラ

凛「…」ムッ


注目記事




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 10:56:57.39 ID:aX19ofheO
凛(――いや、雪美ちゃんはまだ子供。なら譲ってあげるのも、お姉さんとしての役割かな)

雪美「……P」

P「ん?」

雪美「……Pの、家………行きたい」

凛「だ、駄目だよ!アイドルが男の人の家なんて、入った翌日スキャンダルものだよ」

雪美「……」

P「そうは言ってもよく遊びに来てるからなぁ」

雪美「……」ニッコリ

凛「なら私も行くよ」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 11:16:37.30 ID:aX19ofheO
P宅

P「ただいま」

雪美「……ただいま」

凛「お邪魔します、だよ」

P「雪美はよく来るからな」グー



雪美「……P……おなかすいた?」

凛「わ、私が作――」

雪美「……私……ご飯…作る」タタタッ

凛「だめだよ、子供に火は危ないからね」ダッ

雪美「……平気」

凛「プロデューサー、雪美を止めてよ」

P「正直、すこし前から危ないかなって思ってた」

凛「そうだよ……前から」

雪美「…分かった」ムッ
凛「ちょっと、前からって何?」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 11:36:08.55 ID:aX19ofheO
凛「……」ゴク

凛「……」フゥー

凛(ようやく……)

凛(一年間、一年間だよ)

凛(この日の為に練習した甲斐があったよ……!)ニヤリ

凛「ふふ」

P「…ご飯出来た?」ホクホク

凛「あ、お風呂入ってたんだ。ご飯はもうすぐ――」

雪美「…」ポカポカ

凛「……」

凛「…別々に入ったんだよね」

P「いいや?」

凛「…ふーん」

雪美「……」テレテレ

凛「も、もういいからっ!部屋でじっと待っててよ!」ボロボロ
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 12:03:33.60 ID:aX19ofheO
凛「ご飯出来たよ」

P「グラタンかぁ、なかなか料理出来るんだな」

凛「練習してたから多少はね、ま、その辺の子供には真似出来ないかな」ドヤ

雪美「……」ムッ

P「ならそっちの方向でも売り出せるかな」

凛「はいはい、仕事の話はあとでね」

P「鍋つかみとエプロンの凛もなかなか様になってるしなぁ」

凛「そう?ありがとう」チラ

雪美「…」

雪美「…P……あ~ん」

凛「!?」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 12:13:19.83 ID:aX19ofheO
P「んっ、おいしいぞ」ハフッハフッ

雪美「……よかった」ニッコリ

凛「……」

雪美「…P……私にも」アーン

凛「雪美ちゃんには私がしてあげるね?」

雪美「……」フルフル

凛「…どうしたの?食べないと元気出ないよ」

P「雪美は猫舌なんだ、だからこうやって冷ましてあげないと」フーフー

雪美「……」ハフハフ

P「どうだ?」

雪美「……おいしい」ニコッ

凛「……」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 12:42:22.98 ID:aX19ofheO
P「ふー美味しかった」

凛「ご飯下げるよ」

P「手伝うよ」

凛「別にいいよ?」

P「そうか?なら雪美一緒に行こ――」

凛「――やっぱりお願いするね、私が食器洗うからプロデューサーは拭いて片付けて」

P「分かった」

雪美「……私も、やる」

凛「台所に三人もいらないよ」

凛「そのかわり」ビッ

凛「部屋でいい子で待っててね」ニヤ
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 13:05:28.09 ID:aX19ofheO
凛「……ね、プロデューサーってどんな人が好みなの?」ゴシゴシ

P「仕事人間だからなぁ、家庭的な子に憧れる」キュッキュッ

凛「年上か年下、どっちが好み?」グッ

P「年下かな?」

凛「……」グッ

凛「…じゃあ、さ………アイドルで例えたら…誰?…」

P「ん~」

凛「……」ドキドキ

P「凛」

凛「ええっ!?」




P「と雪美と響子とそれから――」

凛「……」グスン
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 13:31:06.07 ID:aX19ofheO
凛「じゃあ私、帰るよ」トボトボ

P「泊まっていくつもりだと思ってたが違うのか?」

凛「流石にお泊まりはダメでしょ、ということで一緒に帰るよ!雪美ちゃん」

雪美「……P」キュッ

P「雪美はもう泊まり気分だけどな」

凛「もうパジャマ……」

P「外はもう暗いし、今日は凛も泊まっていかないか?」

凛「…分かった」ニッ

雪美「……嬉しそう」

凛「違うよ、仕方なくだからね」ムッ
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 13:45:45.03 ID:aX19ofheO
P「俺はソファーで寝るから、雪美と凛はそのベッド使ってくれ」

凛「……私とプロデューサーがソファーで寝るから雪美ちゃん使って?」

P「駄目、風邪引いて仕事に支障が出たら大変だ」

凛「それはプロデューサーも一緒だよ、プロデューサーは一人しか居ないんだよ」

P「平気だよ、俺にはスタドリがある」

凛「だからってさ――」わいのわいの




雪美「…Pと……寝る」キュッ

凛「…」ムッ

雪美「…凛も……一緒に…」スッ

凛「…雪美ちゃん」キュッ

P「……はぁ」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 13:56:55.92 ID:aX19ofheO
P「川の字か、懐かしいな」

凛「私が子供の頃もこうだったかな?」

雪美「……」スースー

凛「雪美ちゃんはもう寝ちゃってる」

P「安心してるのかな?」

凛「ああ、なるほど」

凛(雪美ちゃんのプロデューサーが好きって言う感覚は、子供の好きだったんだね)

凛(それを私は嫉妬して、プロデューサーを渡さないように抵抗しちゃったんだ)

凛「うんダメだなぁ、私」

P「どうかしたか?」

凛「なんでも、すぐ寝るよプロデューサー」

雪美「……」スースー
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 14:06:44.15 ID:aX19ofheO
P「……」

凛「……」スースー

雪美「……」クークー

P「……」パチリ

P「…凛、雪美、寝たか?」

凛「……」スースー

雪美「……」クークー

P「よいしょっと、流石に三人は寝れないよな」

P(雪美も転げ落ちそうなのによく眠れる)グイッ

P(俺はやっぱりソファーで寝るよ)

P「おやすみ、凛、雪美」ガチャ

凛「……」スースー

雪美「……」



雪美「……この瞬間……ずっと、まってた」パチリ
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 14:22:34.04 ID:aX19ofheO
P「……」グゥグゥ

雪美「……いた」タタッ

P「……」グゥグゥ

雪美「…布団、いらない」ファサ

P「……」ぷるぶるっ

雪美「……私が、温めて……あげる…から………」キュッ

P「……」ギュッ

雪美「……やっぱり…受け入れて…くれる………繋がってる…から……」ニッコリ

P「……」グゥグゥ

雪美「Pは……渡さない」

P「……」グゥグゥ

雪美「……これからも、ずっと……」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 14:26:14.13 ID:aX19ofheO
おわり感謝
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 14:44:41.00 ID:aX19ofheO
早朝

P「………んん」ぶるぶるっ

P(…寒いし体が重い、どうなってんだ)

P「……ん?」パチリ

雪美「P、おはよう」ニッコリ

P「おはよう、雪美。一つ質問していい?」

雪美「……」コクン




P「なんで俺も雪美も裸なんだ?」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 14:55:40.37 ID:aX19ofheO
雪美「………寒かった…から?」

P「…うわ」

雪美「…肌……触れ合わせたら……寒く…ない」

P「うわぁ」

雪美「…Pの、体……温かかった………」

P「うわぁああ!」

雪美「特に…ここ……」

P(……こ、股間)

雪美「……温かかった」ニッコリ

P「うわぁあああああ!」
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 14:58:04.46 ID:ABPLqBOM0
早苗さんこいつです
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 15:19:30.44 ID:aX19ofheO
凛「ど、どうしたの!」ガチャ

P「……」○ンポロリン

雪美「……」○ンチラリン

すずめ「チュンチュン」

凛「……」ホロリ

P「ご、誤解だ!」

凛「……嘘だよ」ポロポロ

雪美「……P」

P「そ、そうだ雪美!誤解を――」

雪美「…昨日……楽しかった」

凛「……」グスッグスッ

雪美「……また…一緒に………」

凛「ひどいよ……プロデューサーは変わってるけど、いい人だと思ってたのに」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 15:47:28.76 ID:aX19ofheO
P「…ち、違う!目が覚めたらこうなってたんだ!」

凛「……」ゴシゴシ

P「本当なんだって!」

凛「もういいよ」ファサ

P「り、凛?なんでまた脱いで」

凛「私がプロデューサーの…よ、嫁になるように努力するから」ヌギヌギ

P「はい?」

凛「ずっと見ててね?」ファサ

P「じ、冗談だよな?」

凛「そういって、プロデューサーも準備出来てるね」

P「あ、ああ、うわあああああ!」


――――
――
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 16:00:06.39 ID:aX19ofheO

――
――――

P「…凛……やめて…雪美……やめて……」グゥグゥ

凛「酷いうなされているね、熱は……39度」

雪美「…P……」

凛「ただでさえ寒いんだから、布団ひっぺかしちゃ駄目だよ、風邪引いちゃったじゃない」

雪美「…ごめん」

凛「ならよし、朝ご飯出来てるから食べて先に仕事に行ってくれる?」

雪美「…分かった……」ガチャ

凛「私は仕事休むけどね」ニヤ

凛「まぁ、何ていってもプロデューサーが心配だからさ」

P「うう、凛……そこはっ……」グゥグゥ

凛「今日は付きっきりで看病してあげるね」ニッコリ
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 16:05:55.03 ID:aX19ofheO
おわり感謝
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/17(月) 16:13:44.19 ID:AfX6SCdZ0
夢落ちとしても、そういうあうあう願望ありってことやんな


おつおつー

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。