FC2ブログ

モバP「あしたもいそがしくなりそうです」

2: 代行感謝 2013/07/17(水) 23:27:34.96 ID:JplcqjdTO
凛「ねぇプロデューサー」

P「なんですか?」カタカタ

凛「事務所にいる間は私のご飯食べるようになったのはいいけど」

P「いいけど?」タンタンッ

凛「夕食は何食べてるの?」

P「……おこらないできいてくれますか?」チラ

凛「え、怒るけど?」

P「ならおしえません」


注目記事




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:30:12.20 ID:JplcqjdTO
凛「じゃあ今日は家に上がらせてもらうね」

P「やめてください!」バン

凛「どうして」

P「おとこのいえにおんなのこがひとり……すきゃんだるになりますよ!」

凛「大丈夫、プロデューサーは何もしないって知ってるから」

P「わ……わたしはおおかみになりますよ!」

凛「泊まるとは言ってないけど」

P「はっ!?」

凛「泊まったげるね」

P「お、おそいますよ!うおー!」バッ

凛「はい捕まえた、今日は一緒に帰ろうね?」ギュ

P「あやまりますから、はなしてください!」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:32:40.18 ID:JplcqjdTO
P「……りん」

凛「どうしたの?」

P「わたしはそうじもします、じすいもします、せんたくもします」

凛「……」

P「だからりんは、いえにこなくてもへいきです」

凛「……」じー

P「…う」じー

凛「そう……よかった」

P「えっ?」

凛「プロデューサーがもし倒れたりしたら私どうしたらいいかわからないからね……」

P「えっ……あっ……」

凛「どうしたの?」

P「あのっ……」

凛「……」じー

P「うう……なんでも…ないですよ」プイッ
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:37:26.24 ID:JplcqjdTO
楓「……」じー

P「なんですか?」モグモグ

楓「ぐー」

P「……」モグモグ

楓「……Pさん」

P「なんですか?」

楓「ぐーっ」

P「……」

楓「Pさん」

P「なんですか?」

楓「それ美味しいですか?」じー

P「たかがきさん」

楓「なんでしょう?」じー

P「ほしいなら、あげますよ」すっ

楓「ふふ、すみません」ニコッ
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:41:14.45 ID:JplcqjdTO
楓「……」じー

P「?……たべないんですか」

楓「……」すっ

P「なんですか?」

楓「……あーん」すっ

P「え?……んっ」モゴモゴ

楓「これ、凛ちゃんが作った弁当ですよね」

P「そうですが……」モグモグ

楓「もっと美味しくなったはずです」フフン

P「なんでじしんたっぷりなんですか」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:49:36.81 ID:JplcqjdTO
『オトナの対応をしろー』

『お菓子箱の設置を!!!!』

『ドーナツ箱の設置を!!!!!』

『パンバスケットの設置を!!!!!!』

『なんの集まりですか?』

珠美「オトナの対応を求める当初の思想が、既に形骸化していることに気付かないとは……」

珠美「珠美、一生の不覚!」ガクッ

P「やっぱり、よせあつめはいけませんね」

珠美「なので今回は少数精鋭といきましょう!」むくっ

P「むそうじゃ、おらー!」

珠美「他の皆さんを敵だと思いましょう、誰も信用できませんからね」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:52:32.09 ID:JplcqjdTO
P「おとなのたいおうをしろー!」

和久井「あら、いいのかしら」

P「なんだとー!」

和久井「大人になるって言うのはね、つまり○○や××をすることになるのよ」

P「くっ、おとなひっさつ……せくはらか!?」

和久井「神聖な儀式よ、なんなら私が教えてあげましょうか?」じりじり

P「た、たまみ!えんごをおねがいします!」チラッ
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:54:35.71 ID:JplcqjdTO
珠美「前回は失敗しましたが今回はそうはいきませんよ!」

三船「ふふ」

珠美「な、なにがおかしいのですか?珠美はそう易々と屈しません!」

三船「珠美ちゃんは童顔でかわいいなって」ギュ

珠美「な……私がかわいい?」

三船「かわいい、かわいい」トントン

珠美「み、三船殿がそう言うのだったら甘んじて受け入れても……」

P「ゆうわくにまけるな!たまみー!」




珠美「……えへっ」

P「たまみぃーっ!」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17(水) 23:56:48.05 ID:JplcqjdTO
雪美「……」ギュ

P「ゆきみはいいこですね」カタカタ

ありす「何かと思えば雪美の膝に乗ってるんですか」

P「おかしいですか?」

ありす「弟みたいですね」

P「……いま、なんていいました?」

ありす「弟みたいって言ったんです」

P「なんだとー!?」

ありす「……」ニヤッ

ありす「兄なら膝の上に乗せるべきです」

P「そうですか、なら、ゆき――」

ありす「いえ、そこには私が入ります」グイグイ

P「いきなりなにするんですか!」

ありす「実践してみせてるだけですよ、ほら頭も撫でてください」ズイズイッ
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:01:36.72 ID:wo84vKL7O
P「……ありすはひざのうえにのらないでください」

ありす「……えっ」

P「ありすはおとなをばかにしました」

ありす「どうみても雪美も馬鹿にしているじゃないですか」

P「ゆきみはいいこだからです」

ありす「そんな……どうみても子供扱いしてるじゃないですか!」

P「ゆきみ、そうなんですか?」

雪美「……P、は……おとうさん…みたいで…好き……」ナデナデ

P「んっ、いいこでしょう?」ドヤッ

ありす「いい大人が膝の上で撫でられているなんておかしいです!」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:03:51.06 ID:wo84vKL7O
P「それもそうですね、ゆきみこうたいしてください」スッ

雪美「……ん」

P「ほら、おとなですよ!」ギュー

ありす「なんで対面座位なんですか!?」

雪美「……Pの…顔……みえない……」

P「ゆきみはあまえんぼうですね」ニヤッ

ありす「甘えん坊だから許されるのは平等性に欠けています!おかしいです!」

P「10さいのこどもにあまえたらだめとか、ありすはおにですか」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:05:52.95 ID:wo84vKL7O
ありす「うぐ…でもっ、それならわたしだって……」

P「まぁじょうだんですけどね」

ありす「……えっ?」

P「わたしからしてみれば、ありすもこどもです」

P「だからありすもあまえたかったら、あまえてもべつにいいのです」

ありす「わ、私はプロデューサーが……」

P「たちばなさん」

ありす「は……えっ」

P「もっとすなおになるように、れんしゅうしたほうがいいですよ?」

ありす「……」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:07:58.59 ID:wo84vKL7O
ありす「プロデューサー」

P「なんでしょう?」

ありす「…名前で呼んでもいいですよ?」

P「わかりました、たちばなさん」

橘「っ!……な、名前で呼んでくださいっ!」

P「わかりました、ありす」ニコッ

ありす「あ……」

P「……」

ありす「…今日はその……オーディション受かりました、誉めてください」

P「よくがんばりましたね、ありす」ニコニコ

ありす「…えへへ」
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:10:58.62 ID:wo84vKL7O
ありす「その……膝を貸してください……」

P「わかりました、ゆきみ」トントン

雪美「……ん」

ありす「プロデューサー」ギュ

P「なんでしょう?」ギュー

ありす「…素直になるのも悪くないです」

P「そうですか」ニコニコ

ありす「……プロデューサー」



ありす「私が16、いや……14歳まで待ってください」

P「?……よくわかりませんがありすががんばるなら、わたしもがんばります」

ありす「……約束ですよ?約束ですからね?」ニヤッ
22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:16:52.98 ID:wo84vKL7O
きらり「Pちゃーん!!杏ちゃーん!どこー!?」ドゴオォォォン

P「……」ガタガタ

きらり「みんな、きらりんハウスにあんないするにぃ☆」バキバキ

杏「……」ビクビク

きらり「Pちゃんも杏ちゃんも、出てきてーっ☆」

杏「見つかるのも時間の問題だよ」

P「……あんず、いっせーのでわかれますよ?」

杏「きらりがどっちに来ても恨みっこ無しだよ?」

P「わかりました、いっせーのーせっ!」ダッ
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:20:21.44 ID:wo84vKL7O
P「はっ!?」

きらり「!?…にへへ…Pちゃーん」ピピピッ

杏「……」ニヤッ

P「な、あんず……はかったな!?」

きらり「Pちゃんはっけーん!きらりんハウスへ、ごー☆」ビゴッ

P「あっちにあんずがいますよ!」ビッ

杏「ちょ!プロデューサー!恨みっこ無しだって……あ!?」

きらり「……」ピピピピ

きらり「んふー、杏ちゃんもはっけーん☆」ビゴッ
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:27:35.38 ID:wo84vKL7O
きらり「うぇへへへ」ジリジリ

杏「う……ああ……」

きらり「うぇへへへはは」ワキワキ

杏「……た、たすけて……プロデュ――」スッ

きらり「はいはーい、杏ちゃんはこっちだにぃ☆」ギュウウウ

杏「いやぁあああ!はなせー!」

きらり「…んふー、Pちゃんはまた追いかけっこするー?」ビゴッ

P「……あ、あんずのいのちはむだにしません」ダダッ

きらり『拡散きらりん砲エネルギー充填』

P「!?」

きらり『エネルギー充填128%』

P「!!?」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:30:05.19 ID:wo84vKL7O
P「にったちゃーん」タタタ

美波「あ、Pさん、仕事見に来てくれたんですね」

P「にったちゃん、ぎゅー」ぴょんぴょん

美波「え?は、はい、ぎゅー」ギュー

P「うぇへへへ、あったかいのー」

美波「ふふ、Pさんもあったかくて気持ちがいいですよ」ギュ

P「…いいにおいするー」スンスン

美波「ちょっと汗くさくないですか?」

P「んーん」

美波「……ふふ」

P「はぴはぴ」
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:32:12.91 ID:wo84vKL7O
P「うづきっうづきー」タタタ

番組P「お疲れ、卯月ちゃん」

卯月「はい、お疲れ様です」

P「おしりー」ぽふっ

卯月「あ、プロデューサーさん、ちょうど今、番組が終わりましたよ」

P「Pらりん☆」ペロン

卯月「えっ……?」

番組P「白」ニヘラ

卯月「いやぁああああ!」

P「うぇへへへ☆うづきちゃん、はぴはぴしてるぅー?」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:34:54.91 ID:wo84vKL7O
P「あいこ、あーいこっ」タタタ

藍子「あ、Pさん、迎えに来てくれたんですか?嬉しいです♪」

P「あいこー」ぴょん

藍子「プロデューサーそんな急に飛んできちゃ、あ!――」

P「……う」ガン

藍子「だ、大丈夫ですか!?」

P「きゅー」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:38:09.88 ID:wo84vKL7O
――――
――

P「ただいま」ガチャ

P(もうそとはくらくなりましたね、きょうはすぐねたいです)

P(だからきょうは……かっぷめんでいいですか、めんどうですし)スッ

P(……あれ?あかりがついています、だれでしょう)ガチャ

凛「……」むすっ

P(か、かんぜんにおこっています!)

凛「ねぇ」

P「!?」

凛「プロデューサーの部屋でしょ、早く入ってきたら?」

P「……は、はい、しつれいします」ガチャ
31: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) 2013/07/18(木) 00:40:35.15 ID:wo84vKL7O
凛「……部屋はぐちゃぐちゃ、洗濯物は溜まりっぱなし」

P「……」

凛「それで?なにそれ?カップ麺?へー」

P「……」ジワッ

凛「なにか言うことあるよね」

P「……うそをつきました、すみません」グスン

凛「ふざけないでよ、私がどれだけ心配して――」

(しんぱいなんて、わたしだってしています)

P「……り」

(そうです)

P「りんだって……」

凛「なに?」

(そもそもだっておかしいのです)

P「りんだってやっちゃいけないことをしました」

(こんな、よるおそくにであるいて……しんぱいするじゃないですか)
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:44:54.12 ID:wo84vKL7O
凛「……もういい」

P「えっ」

凛「もうプロデューサーなんて知らない」

P「だ、だってりんは――」

凛「そうやって開き直れるんならそうしていればいいよ!」

P「まってください!ごかいです!」

凛「また言い訳するんだ?」

P「はなしをきいてください!」

凛「前から言おうと思ってたけど、私、アンタのそういうとこ嫌い」

凛「もうアンタも大ッ嫌いだけどね」

P「……りんっ!」ブワッ

凛「……じゃあね、プロデューサー」バタン
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:46:56.18 ID:wo84vKL7O
――――
――

P「…ん、んん」

「あら、Pちゃま、お目覚めですの?」

P「……もも…か…?」パチパチ

桃華「ごきげんよう、Pちゃま」

P「……ゆめ…でしたか」

桃華「酷くうなされていましたわ、もう少し横になられたら?」

P「いま、なんじですか?」

桃華「午後六時半ですわ」

P「ももかはへいきなんですか?」

桃華「……わたくしよりPちゃまの方が心配ですわ」

P「……ならもうすこしだけひざをかりてもいいですか?」

桃華「もちろんですわ」ニコッ
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:55:13.37 ID:wo84vKL7O
桃華「詳しくは聞きませんわ」

P「……すみません」

桃華「でも、また一人で背負って、また一人で泣くのを見ると、さすがのわたくしも心配しますの」

P「……なにぶん、しょうぶんですので」ズズッ

桃華「存じてます、でもそんなPちゃまこそ甘える相手が必要だと思いますの」ギュー

P「……」

P「……ちょっとだけ……てをにぎってください」スッ

桃華「!?」

桃華「…ようやく…ようやく心を開いてくれましたのね、長かったですわ」パァ

P「おおげさです」

桃華「そんなことありませんわ」ニコニコ
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 00:58:03.32 ID:wo84vKL7O
桃華「落ち着きましたの?」トントン

P「……りんにあやまってきます」

桃華「Pちゃまは立派ですわね」ニコッ

P「いいすぎです」

桃華「そんなことありませんわ」ニコニコ

桃華「……凛さんは先にPちゃまの家に行きましたわ、家事のチェックですって」

P「そ、そうですか!ありがとうございました!」

桃華「道中、気をつけていきますのよ」

P「はい、ありがとうございます……お」

P「お……」

桃華「お?」




P「おかあちゃま!」

桃華「!?」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:01:39.87 ID:wo84vKL7O
P「……ただいま」ガチャ

P(……しずかですね)

P(でも、あかりのついたあのとびらのおくには……)

P(……きらわれるかもしれません)

P(……しょうじき、こわいです)ぶるぶる

P(はいりたくないです)すーはー

P(でも、りんにあえないのはもっとこわいです)ふー

P(だからまっててください、りん、いまいきますから)ガチャ




「遅かったね」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:03:52.86 ID:wo84vKL7O
凛「お帰り、プロデューサー」

P「……り、りん」

凛「……」じー

P「……」チラッ

凛「なにか言うことあるよね」じとっ

P「…う……あ、あの……そのまえにひとつだけ」

凛「……」

P「わたしをおこってもかまいません、きらってもかまいません」

P「……で、でも」

P「さいごまではなしをきいてくれるとたすかります」

凛「ん、わかった」

P「……ありがとうございます」びくびく
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:05:56.75 ID:wo84vKL7O
P「りんはわたしからみれば、まだまだこどもです」

P「こんなよるおそくまで、であるいて……」ホロリ

P「ほんとうにおそわれたりでもしたら、どうするんですか……」グスッ

P「もし、そうなったらわたしは……」ポロポロ

P「……」ゴシゴシ

P「わたしだって、りんをしんぱいしています」

P「だから、わたしも……りんにおこっています」

凛「……わかった、それは……ごめんなさい」

P「……」ホッ

凛「でもね」

P「?」

凛「初めに家事が出来るっていったのプロデューサーなんだよ?」

P「!?」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:08:00.69 ID:wo84vKL7O
P「あ、あの……」

凛「どうしたの?プロデューサー」

P「……」チラッ

凛「……」じっ

P「う」ジワッ

凛「……相変わらず嘘がへたっぴだね」ギュ

P「うわぁあああ!ごめんなざい!うそつきました!ごめんなざい!」ポロポロ

凛「はいはい、一緒に掃除もしようね」サスサス

P「ああぁ……んっ……ひぐっ…」ゴシゴシ

凛「こら、ゴシゴシしないの」トントン
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:10:02.17 ID:wo84vKL7O
P「ひどいです」

凛「ごめんってば」

P「かまかけたんですね」

凛「でも、こうでもしないとプロデューサーは――」

P「わかってます、でもほんきでおこられそうでこわかったです」グス

凛「怒られるようなことしないの」

P「はい、でもきらっちゃいやです」ギュ

凛「……抱きついていいの?」

P「いまはいいのです」ギュッ

凛「そ、わかった」ギュー

P「…ほんとうにこわかったです」ぶるぶる

凛「…ごめんね」トントン
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:12:03.93 ID:wo84vKL7O
凛「でもさ」

P「なんですか?」

凛「プロデューサーが、初めに家事なんでも出来るって嘘ついたのは事実だよね」

P「それは……はい……」

凛「だからさ時々……時々でいいからさ、プロデューサーの家来ていい?」

P「おそいますよー!」ギュ

凛「……それっていいってこと?」

P「ほんきでおこりました!りんにおとこのおそろしさをおしえてやります!」ギュー

凛「……こ、こら!そんなとこくすぐらないの!ふふ」

P「えへへ、あしたもいそがしくなりそうです」ニコニコ
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:14:05.74 ID:wo84vKL7O
P「すーすー」

凛(安心して寝ちゃった、か)

凛(それにしても……)

凛(うーん、私そんなに怖いのかな……)

凛(愛想が無いのは自覚してたけど)

凛(でも、プロデューサー、あんなに震えてたからなぁ)

凛「アイドルの自信無くなるな……」

凛(……明日、みんなに聞いてみよう)

――

加蓮「鈍感」

奈緒「うわ、萎えた」

未央「さすがに……引く、かな…はは……」

卯月「かわいいなぁ」

凛「なんで!?」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/18(木) 01:16:06.00 ID:wo84vKL7O
終わり感謝

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS