FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:06:35.04 ID:3+GxT22eP
初春「今月に入ってからもう7度目ですよ……」

黒子「もしかしたら、無法者に襲われる能力でも持っているのかもしれませんわね」

美琴「シャレにならないわよ、それ」

初春「っていっても、原因は佐天さんにあるんですけどね」

美琴「なんで襲われるってわかっていて危険なところへ行くのかしら」

黒子「全く……本当に困りますわ」

美琴「いっそ縄でも付けて、初春さんがいつも監視してればいいんじゃないかしら」

初春「あぁ、それはいいですねー……」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:19:57.40 ID:3+GxT22eP
黒子「……ひとつ提案があるのですが」

美琴「なに?」

黒子「要は佐天さんが危険な場所に近づきたくないと思うようになれば良いわけですの」

初春「それはそうですけど……」

黒子「ですから、私たちでちょっとしたトラウマを与えてしまえば、少しは危機管理能力が身につくのでは?」

美琴「トラウマって……何するつもりなのよ」

黒子「当然ですが、そんなにひどいことをするつもりはございませんのよ?」

黒子「ただ、ほんのすこーし驚かせて差し上げるだけで……」

初春「話を聞きましょう」

美琴「うーん……ちょっと気が乗らないなぁ……」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:23:45.76 ID:3ZWG10r/0
いいじゃない
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:28:14.24 ID:3+GxT22eP
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


佐天(なになに……どこかの工場で、なんでも好きなものを生み出してくれる冷蔵庫が稼働している……?)

佐天(ほほぅ、これはミステリーハンターとして見逃すことはできない噂だなぁ)

佐天(もし本当にそんなことができる冷蔵庫……なんで冷蔵庫なのかはよくわからないけど、とにかくそんな物があるのなら、貴金属とか出し放題!)

佐天(さっそく街へ繰り出そう!)ガタッ



佐天(噂通りだと、この辺の建物の中にあるはずなんだけど……)

佐天(ま、噂通りだったらとっくに誰かに見つかってる訳だからねー)

佐天(暗くなってきたし、今日はもう引き上げますか)

佐天「あーあ、夕御飯何にしよっかなー」

佐天「久しぶりに揚げ物……鯖竜田とかいいk んぐっ!?」
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:36:49.69 ID:3+GxT22eP
佐天(だっだれ!? 口が……あっ! 目隠し!?)

佐天「んー! んー!!」ジタバタ

ブチブチッ

佐天(服がっ! いやああああ!!)

ビリッ

佐天「!!」

佐天「」ガクッ

「「「…………」」」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


美琴「ど、どーすんのよコレ……」

黒子「破けてしまいましたわね、服」

初春「白井さんがあんまり強く押さえすぎるから!」
16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:43:36.26 ID:3+GxT22eP
美琴「初春さん、一応聴覚は機械で封じてあるからいいけど、万が一があるからあんまり声は」

初春「すみません……」

黒子「とにかく、私は急いで服を買ってきますの」

美琴「犯罪者が新しい服を用意しておくの? ちょっとおかしいんじゃない?」

初春「確かに……もういっそ、佐天さんを開放して土下座して謝れば許してもらえる可能性が……」

黒子「許してもらえるでしょうか?」

美琴「うーん……私だったら無理ね」

黒子「ですわよねぇ」

初春「っていうか、これ発案したの白井さんじゃないですか」

黒子「もうちょっと穏便に済ませるはずでしたの……まさかこんなことになってしまうとは」

佐天「うっ……」

「「「!!」」」

佐天(ここ……暗い……)

佐天(…………耳……手動かない、あ)

佐天「だ、だれかいますかぁー!!」
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 18:52:12.90 ID:3+GxT22eP
佐天「誰か……あ」

佐天(も、もしかして誰かに誘拐された!?)カタカタ

佐天(そしたら、大きな声を出すのはマズいかも)カタカタ

初春「さ、佐天さん怯えきってますよ?」

黒子「ど、どうしましょう……」

美琴「とりあえず、もう一度気絶させて開放する?」

初春「…………」ジー

美琴「初春さん?」

初春「ひゃ!? いえその……なんでしたっけ」

黒子「初春、まさか佐天さんによからぬことをしようと……」

初春「ち、違いますよ! ただ、佐天さんも半年前は小学生でランドセル担いでたんだなぁって……」

美琴「あぁ……今ブラ丸見えだもんね……」

黒子「……あの体型で、ランドセルを」

ゴクリ
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:00:07.90 ID:3+GxT22eP
佐天「だれか……いませんかぁ……」ガタガタ

美琴「なっ、何やってるのよ!?」

黒子「お姉さまだって、今佐天さんに視線が釘付けだったではありませんか」

美琴「そそ、それは……」

佐天「ぐすっ……うぅ、御坂さぁん」

美琴「!?」

佐天「白井さん……初春ぅ……」

黒子「なっ……」

初春「これは……私たちの名前を呼んで助けを求めているんでしょうか?」

美琴「え?」

黒子「確かに……そう言われれば……」

佐天「助けてください……御坂さぁん……」

美琴(……うっ)ゾクゾクッ
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:01:05.39 ID:RpQ2fG/p0
なにかに目覚めそうだ
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:05:42.96 ID:uQ5qCwHj0
美琴は可愛い女の子に弱い可能性
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:06:01.77 ID:4loYWX3i0
普段快活な女の子がふと見せる弱い面。これほどそそられるものはない
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:06:11.79 ID:3+GxT22eP
黒子「これは……キますわね……」

初春「私たちの精神衛生上よろしくないですね……」

美琴「……」

黒子「お姉さま?」

美琴「ねぇ……佐天さんがもう二度と危険な場所に行かないようにしたいのよね?」

初春「はぁ、まぁそうですけど」

美琴「これだけだと、私不十分だと思うのよ」

黒子「は?」

美琴「だから、もうちょっとだけ悪戯しちゃってもいいんじゃないかなぁ、とね……」

黒子「な!? 何をおっしゃいますのお姉さま!」

初春「……確かに、そうですね」

初春「毒を食らわば皿まで……ここまでしておいてなんの成果も得られないまま終わるのが一番問題だと思います」

美琴「何のために犯罪まがいのことまでしたのか……目的を達成しなければ全てが水泡に帰すわよ」

黒子「確かに……そう言われてしまいますと……」

美琴「っていうことで、ちょっとだけ……軽く驚かす程度のことだけやったら気絶させて、助けに来るフリをしましょう」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:12:25.62 ID:3+GxT22eP
初春「分かりました」

黒子「そうですわね、ここまで来たら一蓮托生ですわ」

コツコツ

佐天(床から振動がっ!? だ、だれか来るの……?)カタカタ

コツ…

佐天(……す、すぐそばにいる?)

サワッ

佐天「ひっ!」

佐天「い、いやぁ……」カタカタ

美琴(かわええ)

黒子(グッときますの)

初春(カメラ持ってくれば良かった)
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:18:06.21 ID:3+GxT22eP
美琴「で、どうしようかしら」

黒子「そうですわね……」

初春「うーん……」

① 軽くおさわりして開放
② ガッツリ悪戯
③ 何もせず開放
④ 土下座して謝る

>>45
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:19:40.98 ID:ZWXHSeEDO
2
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:22:40.77 ID:CQwJEfgk0
安価の必要が果たしてあったのか
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:29:40.44 ID:3+GxT22eP
美琴「とりあえず、起こして座らせましょうか」グイッ

佐天「ひぃ!?」

佐天(お、起こされた……?)

美琴(敗れた服……下着のサイズが合ってないのか、はちきれんばかりに強調された胸……)ゴクリ

美琴「……」ワシッ

佐天「ひゃああああ!?」ビクン

佐天(後ろから胸……掴まれてる!?)カタカタ

黒子「初めから飛ばしすぎですの」

初春「アクセルベタ踏みですね」

佐天(どうなっちゃうの、私……このままレイプされちゃうの?)ポロポロ

美琴(泣いてる……)ドキドキ

黒子(いつも快活な佐天さんが……)ゴクリ

初春(佐天さんprpr)
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:36:11.58 ID:3+GxT22eP
佐天「うっ……うっ……」ポロポロ

佐天(……あれ、僅かだけど、なにか背中に柔らかい感触があるような)

佐天(それにこの香り……もしかして……)

佐天「じょ、女性の方……なんですか?」カタカタ

美琴「!?」

黒子「まぁそれだけ接近すればバレても不思議はありませんの」

初春「で、どうするんですか御坂さん」

美琴(まぁ性別がバレたところで、何の問題もないわよね?)

美琴(じゃあもう少しだけ……)スルッ

佐天「! いやああ!」

黒子「お、お姉さま……さすがに直接触るのは……」

初春「い、いいんですかね?」

美琴「これくらいやらないと、佐天さんは行動を改めようとは思わないわよ」モミモミ

美琴「こ、これは飽くまで佐天さんを思っての事なんだからね? 勘違いしちゃダメよ二人共!」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:44:37.33 ID:3+GxT22eP
佐天(おっぱい直接触られてる……なんで? この人女の人じゃないの?)ガタガタ

佐天(も、もしかしてレズの人?)

佐天(じゃあ、やっぱりこのままだと犯されっ……)ゾワッ

佐天「お、お願いします……なんでもいう事聞きますから、助けてくださいぃ……」ポロポロ

美琴(あー、もう無理かもコレ)

黒子(たまりませんわ)ジュルリ

初春「……御坂さんばっかりずるいです」

美琴「え?」

初春「私も佐天さんに教育してあげます」

佐天(っ……べ、別の人?)

ペロッ

佐天「いひぁ!?」ビクン

初春「……」ペロペロ

美琴(佐天さんの首筋を舐めてる……)ゴクッ
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 19:51:07.67 ID:3+GxT22eP
佐天(首っ……舐められてっ……)ゾワゾワ

佐天(ヤバイッ……本当にこれ……!?)

佐天「あんっ!」ビクン

初春「!? み、御坂さん?」

美琴「大丈夫……先っぽ、先っぽだけだから……」クリクリ

黒子「むしろ先っぽの方が問題がある部位なのでは……」

佐天「あっ……あんっ……ふぁ!」ビビクン

佐天(乳首いじられてる……もうこれ完全にレイプの流れだよぉ)

佐天(こんな目にあうなんて……みんなの言うことをちゃんと聞いておけばよかった……)

佐天(白井さんのお説教……真面目に聞いておけば、こんなことには……)

佐天「ごめんなさい……白井さん……」ポロポロ

黒子「」プツッ

黒子「あらあら……ここをこんなに濡らしてしまって……」クチュ

佐天「いひっ!」
72: プラダが始まったら速度落ちると思う 2013/06/07(金) 20:46:10.98 ID:3+GxT22eP
佐天「それだけは! それだけはやめてくださいっ!!」ジタバタ

黒子「無駄ですの」ガシッ

佐天「いやっ! いやぁ!!」

美琴「え? 本当にヤるの黒子?」カリカリ

黒子「最悪の状況を体験するのが、もっとも効率的な方法だと思いますの」

佐天「それだけはやめてください……お願いします……」ガタガタ

黒子「佐天さん……」

黒子「コレを教訓にして、もう危険なことはしないでくださいまし」ヌプ

佐天「いっ!?」

黒子「あんまり締め付けすぎると困りますの」ヌプヌプ

佐天「あっ! あっ!」

佐天(中に入ってる……気持ち悪いよぉ……)

美琴「黒子」

黒子「なんでしょう」

美琴「あとで交代ね」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 20:50:46.64 ID:3GBDqi4v0
何を入れてるの
77: >>75 指 2013/06/07(金) 20:57:08.10 ID:3+GxT22eP
初春「あ、御坂さんずるいです! 私も交代してくださいね!」

黒子「分かりましたの、独り占めするわけには行きませんものね」

黒子「こちらも弄って差し上げますわ」クリッ

佐天「あ゛っ!」ビクン

ショワー

佐天「あっ……あっ……」

初春「おもらししちゃいましたねー」

美琴「あー、やっちゃったわね」

黒子「お仕置きが必要ですの」

佐天「あ……あぁ……」

佐天(もう……何も考えられない……)
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 20:50:50.60 ID:MxWHluCw0
いやまて黒子の能力ならいろいろと遊べるだろ
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 20:57:09.43 ID:oj7ikeyF0
>>76
そこに気づくとは…やはり天才か
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 21:06:19.53 ID:3+GxT22eP
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


佐天「」グッタリ

美琴「……」ダラダラ

初春「……」ダラダラ

黒子「……」ダラダラ

美琴「……あー」

黒子「と、とりあえず新しい服を手に入れてきますの」

初春「証拠隠滅して、佐天さんを起こしましょう」

美琴「待って! みんなで口裏を合わせておかないと危険だわ」

黒子「それもそうですわね」

美琴「いい? まずは……」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 21:18:17.57 ID:3+GxT22eP
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


―第177支部―

固法「……」ギュ

佐天「うっ……ひぐっ……」

美琴・黒子・初春「「「……」」」

固法「絶対、絶対に犯人は捕まえるから」

美琴(なんで固法先輩が……)チラッ

黒子(いつもはもう帰っていらっしゃる時間なのですが)ダラダラ

佐天「わ、私が悪いんです……あんな、あんなところに行ったから」

佐天「初春や白井さんに散々注意されてたのに……」

黒子「さ、佐天さんは悪くありませんの! 悪いのはは、犯人ですの!」

美琴「そうよ! 私が必ず捕まえて、その、黒焦げにしてやるから!」

初春「佐天さん……」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 21:30:50.74 ID:3+GxT22eP
佐天「み、みんなぁ……」グスッ

美琴(ううっ、心が……)ズキズキ

黒子(痛いですの……)ズキズキ

初春(あぁ、胃液が逆流しそうです……)ウプッ

固法「今日はもう家に帰りなさい、送っていってあげるから」

佐天「はい……」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


佐天(私……レイプされちゃったんだ……)ボー

佐天(しかも女の人に……)

佐天(そりゃ、男よりはマシだったかもしれないけど)

佐天(あぁ……なんだかもう、なにもする気が起きない……)

佐天(思えば今まで危険な目に何度もあってきたけど、奇跡みたいな確率で助かってきたんだなぁ)

佐天(白井さんや初春が怒るのも当然だよ……)
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 21:40:54.89 ID:3+GxT22eP
佐天「っ!」ガバッ

佐天(い、いま……誰かの気配が?)

佐天(玄関の方……誰?)

佐天(まさか……あの……)ゾワッ

佐天「だ、誰か居るんですかー?」

佐天(どうしよう……怖い)

佐天(で、でも、鍵もかかってるし……覗いて確認するくらいは……)ソー

① 「あれ……御坂さん?」
② 「白井さん? なんで……?」
③ 「初春?」
④ 「誰もいない……気のせいか」

>>96
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 21:42:55.84 ID:llbPDnIq0
3!3!
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 21:50:59.35 ID:3+GxT22eP
佐天「どうしたの初春……こんな時間に」

初春「あの……その……」

佐天「とりあえず中に入ってよ」

初春「お邪魔します」

佐天「それで……どうしたの?」

初春「あの……佐天さん……」

佐天「……」

初春「あの………」

佐天「大丈夫だよ、初春」

初春「え?」

佐天「私ならだいじょうぶだから、ね?」

初春「…………」

佐天「あ、そうだ、紅茶とココア、どっちがいい?」

初春「佐天さん、震えてますよ」ギュ

佐天「っ!」
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:02:03.00 ID:3+GxT22eP
初春「ほかに誰もいないんですから……私の前でくらい泣いてもいいんですよ」

佐天「……」ポロッ

佐天「う、いはる……」ポロポロ

佐天「う、うああああああああ!!」

佐天「怖かったよおおお! あああああああ!!」

初春「……」ナデナデ

初春( 計 画 通 り )

初春(傷心中の人間ほど落としやすいものはない!)

初春(雨に凍える子犬を拾うように!)

初春(今の佐天さんは、だるま落としで天守閣のみになった城に等しい!)
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:07:00.55 ID:ZdDdvF+Y0
流石初春
108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:10:10.21 ID:MxWHluCw0
アウト
110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:16:34.23 ID:JGaQAOaY0
えげつねぇ
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:19:09.44 ID:3+GxT22eP
佐天「……ごめん」

初春「いいんですよ……気にしないでください」

佐天「もう、こんな時間だね」

佐天「帰らないといけないよね……」

初春「そう、ですね」

初春「じゃあ……おじゃましました」

初春(ここで一旦引く……そして)

佐天「……」ギュ

初春(キタアアアアアア!!)

佐天「あ、ごめん……」

初春「泊まっていきますよ、佐天さん」

佐天「え?」

初春「実は、もう着替えも用意してあるんです」

佐天「初春……」

初春「佐天さんを一人になんてできませんよ」
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:26:57.71 ID:3+GxT22eP
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


佐天「初春とお風呂に入るの、久しぶりだね」

初春「そうですね」ゴシゴシ

佐天「ん……くすぐったい」

初春「すぐ終わりますから……」

佐天「うあっ!」ビクン

初春「佐天さん?」

佐天「ご、ごめん初春……」

佐天「その……首はちょっと許してほしいな……」

初春「」ゾクゾクッ

佐天「初春?」

初春「佐天さん」ギュ

佐天「う、ういはる!?」

初春「佐天さん、私が……」

初春「私が忘れさせてあげます」ニコォ
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:29:22.77 ID:kwg6Bi7QO
真っ黒くろや……
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:36:35.75 ID:3+GxT22eP
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇


佐天「ういはる~、あーんして~」

初春「もう、佐天さんは……はい」

佐天「あむ……んーおいし」

美琴「……」ギリギリ

黒子「チッ……」

美琴「ねぇ、なんであの二人あんなに仲がいいの?」ヒソヒソ

黒子「私が知りたいくらいですの」ヒソヒソ

美琴(まさか先手を打たれるとは思わなかったわ……)

黒子(もっと早く佐天さんと接触するべきでしたの……)

佐天「う~い~は~る~」

初春「佐天さ~ん」


おわり
121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:36:37.16 ID:ZdDdvF+Y0
ういはるうううううう
129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/07(金) 22:45:18.69 ID:5qJFr2nI0
すげーよかった

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ