FC2ブログ
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:23:19.32 ID:nqG+qWlSO
山城「いきなり何を言い出すんですか?姉様がそのようなことを口にしてはっ!」

扶桑「あら?私だってそういう話くらいできるわよ。もう、生娘というわけではないんだから」

山城「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1449318199
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:24:54.37 ID:n1Q2AxXQO
山城「ちょ、ちょっと待ってください。それじゃぁ姉様が男に抱かれたみたいじゃないですか?」

扶桑「みたい、じゃなくてそう言っているのよ。いつ沈むかわからぬ身。死を恐れずに戦い続けられる程、私は強くないわ。時には殿方の愛撫に溺れたいと思ってしまうのはいけないことかしら?」

山城「それは、確かに…そういう事もあるでしょうけどッ。姉様が…扶桑姉様が…」

扶桑「私だって恋人くらいいるわよ」

山城「ちょっ…今なんて」

山城「ハッ!?提督ですか!?提督と、その…しちゃった、んですか?」

扶桑「え?どうしてそこで提督が出てくるのかしら?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:25:44.09 ID:n1Q2AxXQO
山城「ええ!?どういうこと!?」

扶桑「どうもこうも…提督とはあくまで上官と部下。尊敬はしているけど、いえ、尊敬しているから、かしら?そういった関係にはなれないわ」

山城「じゃあ、姉様はどこの誰とも知らない男に抱かれてるんですか!?」

扶桑「どこの誰とも…ってそんなひどい言い方。鎮守府にお勤めしてる軍人さんよ。今度山城にも紹介するわね」

山城「」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:26:33.37 ID:n1Q2AxXQO
扶桑「それより山城もはやく良い人を見つけたほうがいいわ。気になる人とかいないのかしら?」

山城「私はぁ、姉様一筋なんですぅ」

扶桑「もう、山城ったら」ナデナデ

山城「ね、姉様ぁ」

扶桑「でも貴女も殿方と恋愛の経験くらいあってもいいんじゃないかしら?駆逐艦の子達に笑われちゃうわよ」

山城「そんなことあるわけないですよ〜。ホラ、西村艦隊でいえば、山雲ちゃんだって朝雲ちゃんにベッタリじゃないですか」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:27:40.61 ID:n1Q2AxXQO
扶桑「あら?そんなことないわよ。山雲ちゃん、自分に彼氏ができたら、朝雲ちゃんが男の子とあるいていても気にならなくなったっていうし」

山城「ふぁっ!?山雲ちゃん彼氏いるんですか?あんなおっとりした子が?」

扶桑「隅におけないわよね。というか西村艦隊の駆逐艦にはみんな彼氏いたはずよ」

山城「うそぉ!?あ、相手はどんなロリコンなんですか!?」

扶桑「海軍幼年学校の生徒だから同い年くらいじゃないかしら?」

山城「」
山城(さ、最近の駆逐艦は進んでるのね)

扶桑「それじゃあ私はこの後デートだから」

山城「アハ、アハハ…いってらっしゃいませ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:28:20.78 ID:n1Q2AxXQO
山城「そんな…知らない間に姉様がそんなに進んでいたなんて。うぅ、もう私の知ってる姉様ではないんですね、シクシク」

満潮「山城さんじゃない。何を泣いてるのよ?」

山城「ひいっ!?彼氏持ちの満潮ちゃん!」

満潮「ちょっと!どこで知ったのよ!いや、まぁ隠す事でもないけど」

山城「ね、ねぇ、その彼氏さんのどこが好きなの?」

満潮「は?な、なんでそんなこと…」

山城「満潮ちゃん、あんまり恋愛とかに興味なさそうだったから、気になったのよ」

満潮「そうねぇ、私もはじめは「こんなお子様なんて」って思ってたんだけど、少年にしてはしっかりしてるし…」

山城(あ…意外と嬉々として話し出した。というか満潮ちゃんもまだ子供なのに)
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:29:15.58 ID:n1Q2AxXQO
満潮「でも、出撃する私の事を必死に支えてくれたり、将来は立派な軍人になって艦娘だけに戦わせたりしないって頑張ってるところ見るとね…嬉しくなっちゃうのよ、えへへ」

山城「そ、そうなんだ…」
(満潮ちゃんがあんな表情するなんて…)

山城「幼年学校とはいえ、しっかりした子たちがいるのね」

満潮「曲がりなりにも軍の養成機関だからね。実習中に敵の攻撃に巻き込まれる事もあるし。何かある前に思い出作っとけって言われるそうよ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:29:55.65 ID:n1Q2AxXQO
山城「思い出?」

満潮「エッチしとけってこと」

山城「フコォ!?」

山城「エ、エッ…って、満潮ちゃんも、その彼氏さんと?」

満潮「……まぁ、ね。帰投したらお互いもういないかもしれない状況だもの。出撃前は“欲しくなる”わ」

山城「」

満潮「最初はお互いにぎこちなかったけど、最近は慣れてきて…ってあれ?山城さん?」ポツーン




山城「クァーッ!あんなロリコン殺しな見た目してやることやってるのねぇ」

山城「羨ましい?ち、違いますからっ!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:31:11.74 ID:n1Q2AxXQO
山城「まったく、乱れてるわ」



最上「それでね〜」

時雨「ええーっ、そうなんですか!?」



山城「あっ!?最上、時雨の僕っ娘コンビ!」

最上「ふわっ!?山城さん?」

時雨「どうしたんです?」

山城「聞いたわよ!あなた達、彼氏がいるんですって?……って、なんでそんな可愛らしい私服を着てるのよ」

最上「それは、まぁ…」

時雨「ぼく…いえ私たち、これから彼氏とデートですから」

最上「ぼ…私も時雨も彼と会うの久しぶりだから、オシャレして行こうと思ってね」

時雨「どうせなら可愛い格好でいっぱい褒めてもらいたいな、って」ポッ

山城「」

山城(こ、こいつら…自分のキャラを捨てて雌の表情してやがる…)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 21:32:53.94 ID:n1Q2AxXQO
執務室

山城「ちょっと提督〜!」

提督「うおっ!?何だ!?」

山城「何だじゃないわよ、どういうことよ?風紀が乱れまくってるじゃないの!提督がしっかりしないから、姉様が、西村艦隊のみんながぁ…」

提督「扶桑たちがどうしたって?」

山城「一足早くオトナになってるのよ!このままじゃ私が行き遅…じゃない、私の姉様がぁぁ〜」

提督「今、自分を優先させなかったか?」

山城「ち、ちがいますからっ」

提督「まぁそう悲嘆するな。そういや山城に手紙がきてるぞ。ラブレターか?」

山城「えっ、ほ、本当!?」



ガサガサ




手紙『これをよんだあなたは不幸になるかも!誰かに手紙を出しても逃れるすべはないクマー。ちなみにまるゆちゃんにも彼氏がいて、運荷筒は彼氏さんに捧げてるニャ。他の人の運を上げる隙間なんてありませんわ。すべてをあきらめるでち。そして一人で素敵なパーティーするっぽい!』

山城「不幸の手紙じゃないのっ!」

おわり
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/05(土) 22:06:36.60 ID:EWMCiPqWo
>>山城(こ、こいつら…自分のキャラを捨てて雌の表情してやがる…)

山城何も分かっちゃいねぇな……

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ