FC2ブログ

結衣「ヒ、ヒッキーは…その…ホモなの?」八幡「は?」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 19:33:58.13 ID:qM0Pm3010
八幡「俺がホモ?そんな事言う奴は帰ってどうぞ、なあ?戸塚?」

戸塚「う……うんそうだねはちまん……ひゃあっ!」

八幡「ほら、こう言ってるぞ、腐った考えは真夏の夜だけにしておくんだな」

結衣「……いや、いやいやいやいや」

八幡「なんだ、文句でもありそうだな、意味がわからん、なあ?戸塚?」

戸塚「んんっ!はちまんっそこはだめだよぉ……」

結衣「いやいやいやいやいや」


注目記事




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 19:42:26.99 ID:qM0Pm3010
八幡「まったく、言いたいことがあるなら言えよ、もしかしたら落ち込んだ背中にバイバイしてやるかもしれないから」

結衣「い、意味分からないけど……じゃ、じゃあ今ヒッキーとさいちゃんは何をしてるの?」

八幡「は?ただのなでなでだが?」

戸塚「ひゃああ!はちまんっあっああ~~!」

結衣「そ、そう、私もよくやるな~スキンシップ、友達とふれ合うと楽しいよね~」

八幡「うるさい、そんな低俗な物と比べるなビッチ」

結衣「ええええええええ~」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 19:54:39.00 ID:qM0Pm3010
結衣「や、やっぱりおかしいし!今ヒッキーがやってる事って絶対ただのホモだって!?」

八幡「で、出たー!男どうしの友情が書かれた瞬間すぐさま薄い本書き出すやつ~w」

結衣「友情じゃあないよ!その行為完全に愛に達してるよ!」

八幡「……由比ヶ浜」

結衣「な、なにさ」

八幡「文学に置いて愛の定義ってのは避けては通れない物だが、俺は個人的に男同士の友情でも愛は成立するものだと思ってる」

結衣「う、うん」

八幡「つまりは、そういうことだ」

戸塚「んっ!だめっ!もうっ!はちまんっ~~!あっ~~!」ビクンビクン

結衣「そっか!なら安心だね!じゃあね!」

八幡「おう」
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 20:03:58.16 ID:qM0Pm3010
結衣「いやいやいやいや」

八幡「なんだ、納得したんじゃないのか」

結衣「いやいや、ありえないし!意味が分からないし!」

八幡「君たちリア充はいつもそうだ、自分達の常識とあわない事をすると、いつも決まって異端を迫害する」

結衣「いや!リア充関係ないじゃん!完全にヒッキーがおかしいだけじゃん!」

八幡「いや、おかしいのはお前だ、本来ならあそこでこちらをスナイパーのような目で見ている海老名のような反応がふつうとなる」

結衣「あれは誰から見てもおかしいから!」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 20:19:11.21 ID:qM0Pm3010
戸塚「はあ……はあ……」

結衣「ああっ!さいちゃんがぐったりしてる!大丈夫!?」

戸塚「……由比ヶ浜さん、心配しないで」

結衣「で、でも……」

戸塚「ぼく、今こうして八幡とふれあえることがとても嬉しいんだ、八幡と一緒になった気がして、八幡の暖かさを感じて、ぼくのとても大切な物が八幡に包まれていく感じが、たまらなく気持ちいいんだ」

結衣「なんかさいちゃんがえっちな本の女の子みたいなことを言い出してるー!」

八幡「やはりその手の本を読んでいたか、ビッチめ」

結衣「あっ!ちっ、ちがーう!」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 20:37:20.01 ID:qM0Pm3010
結衣「と、とにかく!ヒッキーもさいちゃんもそんなことするのはおかしいよ!友情を育むならもっと健全な方法があるはずだよ!」

八幡「どんな行動をしたってアナザーの前には無意味だから同じじゃね?」

結衣「意味分からないこと言って逃げようとするの禁止!ちゃんと聞きなさい」

八幡「……チッ」

結衣「ほら!今舌打ちした!薄々感づいてるでしょ!」

八幡「いやいや、今のは条件反射ってやつだ、マンダと言ったら竜舞みたいな感じでよくあることだ」

結衣「そんなことあるわけないし!」

八幡「おう、そう思うならあそこにいる葉山に聞いてみろよ、俺達がしてることがふつうかどうか」

葉山「ん?なにか呼んだかい?」
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 20:43:52.75 ID:qM0Pm3010
結衣「ほ、ほら、今のヒッキー達を見てよ!おかしいでしょ!こんな事!」

葉山「え?ヒキタニ君達が?」

八幡「……戸塚」

戸塚「は、八幡、またするの?……いいよ?八幡の物なら、僕、いくらでも……ひゃん!」

葉山「……」

結衣「……」

葉山「……うん、ふつうじゃないかな?」

結衣「なんで!?」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 21:05:56.64 ID:qM0Pm3010
葉山「うん、とても素晴らしい友情だ、僕も加えて欲しいくらいだよ」

結衣「いいの!?そんなこと言って本当にいいの!?」

海老名「そうだよー葉山君はむしろ加えて欲しいんじゃなくて咥えてほしいんだよねー!」

結衣「ひいっ!一番恐ろしいのがきたー!」

八幡「……しかたねぇ、今回だけだが、お前も入るか?」

葉山「是非、参加させてもらうよ」

結衣(だ、だめだ、このままだとやられる)

結衣「ちょ、ちょっと用事思い出したし!じゃあね!」

タタタタタタタタ!

結衣(誰かに助けを求めよう!)
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 21:14:06.29 ID:qM0Pm3010
結衣「静先生なら……」

ガララララッ!

結衣「やっはろー!静先生いますかー!?」

静「ヴァン×カイジ、いや、海の男は攻めの方が強いか、ならばカイジ×ヴァン……」

結衣「…………」

静「いやいや、最近流行の男性化を使ってファサリナを……くぅ~!ガンソードは名作だな!」

結衣「……」

ガララララッ!

結衣「だめだ、あの人は、体も頭も腐ってたんだ……」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 21:17:15.64 ID:13qzfgQUO
ひどい言われよう
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 21:28:01.87 ID:qM0Pm3010
一時間後

結衣「うう……なぜか友達が全員腐ってたよ……」

結衣「うう……あとはここだけか……」

ガラッ!

結衣「……やっはろー、ゆきのーん……」

雪乃「ど、どうしたの、やけに暗いけど」

結衣「ゆきのんはクラスメイトがいきなりまさぐりあったり、過剰なボディタッチを始めたらどう思う?」

雪乃「とりあえずそんなことを言い出すあなたが最高に気持ち悪いわ」

結衣「だ、だよねっ!!!そうだよね!!!!」

雪乃「え?なにその反応」

結衣「ありがとう!ゆきのんとわたしはズッ友だよ!」

雪乃「……とりあえず経緯を説明してちょうだい」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 21:36:46.95 ID:qM0Pm3010
結衣「……というわけで」

雪乃「……なるほど、それは酷いわね」

結衣「だ、だよね!そうだよね!それがふつうだよね!」

雪乃「……少しお話しなければならないかしら」

結衣「え?ゆきのんが出てくれるの?」

雪乃「しかたないでしょう、私がなんとかしなきゃ」

結衣「ゆ、ゆきの~ん!」ギュ

雪乃「だからと言って抱きつかないで」
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 21:45:28.88 ID:qM0Pm3010
教室

戸塚「ひゃあん!はちっまんっ!ふぁっぁぁ!んっ!」

八幡「ぐっ!くぅっ!葉山っ!お前っ!」

葉山「ふっ、ふふふふふ、ヒキタニ君も戸塚君もとってもいい感じだよ、ああ、こんな気分は久しぶりだな、次はどうして攻められてほしい?」

海老名「ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア」

結衣「……」

雪乃「……」

雪乃「帰りましょうか」

結衣「ゆきのん、ダメだよ、逃がさないよ」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 21:56:22.89 ID:qM0Pm3010
雪乃「……実際の行為に及んでいないのが逆に腹たつわね」

結衣「いや、この状況だけですでにお腹いっぱいだし」

雪乃「いえ、正直あなたの言ったことは半分が誇張でもう半分は冗談かと思ってたわ」

結衣「それってわたしの言うこと信じてなかったって暗に言ってない?」

雪乃「しかし、まさか現実の方がペガサス流星盛りだとは思ってもみなかったわ」

結衣「あ!ゆきのんもあの雑誌よんでるの?今度一緒にみよー!」

雪乃「……はたして、この戦場を目の前にした私たちに今度は訪れるのかしら」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 22:15:08.99 ID:qM0Pm3010
雪乃「……しかたない、行くしかないわ」

結衣「うん……わかったよ……」

ガラッ!

雪乃「あなた達、何をしているの」

八幡「ん?どうした?」

雪乃「どうしたもこうしたもないわよ、あなたは学校で何をしようとしているの」

海老名「そりゃナニを……」

雪乃「少し黙ってて」ギラッ!

海老名「ひっ!……はい」ショボーン

結衣(すごい!ゆきのんあの海老名ちゃんを一瞬で黙らせた!これならいけるかも!)
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 22:48:41.87 ID:qM0Pm3010
雪乃「比企谷くん、今すぐそれを取りやめなさい」

八幡「だが断る」

雪乃「いえ、そんな冗談ではすませられないほどに気持ち悪いわ、何というか自分の周りにゴキブリがいるけど殺すと犯罪になるからしかたなく言葉による接触を試みてる感じよ」

八幡「……確かにお前等には理解されないかもしれねぇ、でもな」

雪乃「いえ、あなたの言い訳を聞くことが出来るほど私の耳は高性能じゃないわ、それをいいたいなら人類が進化する1億くらい後に言ってくれない?」

八幡「俺は!」

雪乃「あなたに発言する権利があると思うの?私がいままであなたに反論を許していたのは貴方が人間だと思っていたからよ?わかる?私はホモサピエンスだけどあなたはホモなの」

戸塚「違う!八幡は!」

雪乃「ごめんなさい、あなたの今の半裸の格好で違うと言われても何の説得力もないわ、どちらかというとあなたが発言すれば発言するほど彼はドツボにはまっていくわよ、彼の事を本当に思うのなら考えて行動することね」

葉山「その」

雪乃「キモイ、近寄らないで、死んで?ウザい」

結衣(怖えーーー!)
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 22:57:04.42 ID:qM0Pm3010
雪乃「さあ、選びなさい、今日の事を無かったことにするか、私たちの前から消えるか」

戸塚「八幡……」

八幡「いいさ、どうせこうなっていた」

結衣「ヒッキー、じゃあ、聞いていい?」

八幡「おう」

結衣「ヒ、ヒッキーは…その…ホモなの?」
107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 22:59:49.84 ID:qM0Pm3010
八幡「俺は…………」

八幡「ホモだ」
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/20(木) 23:06:55.26 ID:qM0Pm3010
結衣「アホかぁー!!」

海老名「えー?自信あったんだけどなぁ、新作同人誌」

結衣「なんでヒッキーと葉山くんがえっちな事してるの!?」

海老名「いやいや、これは常識カプだよー」

結衣「そんな常識あるわけないじゃん!」

海老名「でもーこっから先が一番の山場なんだよ?ほら、ついに結ばれた八幡くんと戸塚くんのベッドシーン」

結衣「はわ、はわわわわわ」

ガタッ!

結衣「もうしらないっ!」

タタタタタタタタ!

海老名「あーいっちゃったかー、まったく、結衣はウブだなー」

おわり

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

まーこんなオチではないかと思ってましたよ。

しかし、コー〇ギア〇ならともかく、〇ンソードって....そんな要素あったっけ?


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。