FC2ブログ

モバP「ラヴリーステップ」

1: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:12:45.30 ID:T+rrvaIc0
モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514952764


注目記事




2: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:14:41.55 ID:T+rrvaIc0
事務所

ほたる「はぁ……」

P「随分と辛気臭いため息だな」

ほたる「あ、プロデューサーさんおはようございます」

ほたる「大した話じゃないんですが……」

ほたる「ここに来るまで電車が遅延して、エスカレーターで押されて転びそうになって」

ほたる「自動ドアに拒否されただけですね」

P「お疲れ様。そういう時もあるさ」

ほたる「いえ、慣れてますから」

ガチャ

里奈「ちょりーす。お、プロデューサーこんちゃーす☆」

P「おはよう。早いな」

里奈「早く目が覚めちゃったー早く来た分寝坊した時勘弁して」

P「寝坊した時間によるな」

ほたる「……」

里奈「あ、ほたるんもこんちゃーす」
3: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:15:08.69 ID:T+rrvaIc0
ほたる「あ、え、はい。その……こんにちは」

里奈「おでこ赤いけどどしたの?」

ほたる「あ、えーと……なんでもありません」

ほたる「その、えっと、あ、私レッスンでした。行ってきます」

里奈「行ってらっしゃー……い」

P「気を付けてな」

里奈「そんなバタバタだったん?」

P「いや、そんなことはなかった気が」

里奈「ふーん……もしかしてアタシ嫌われてる系?」

P「それはないと思うぞ」

里奈「そ?わーりとガチマッハで逃げられた気がするんだけど」

P「気のせいじゃないか?」

里奈「ま。プロデューサーが言うならそーかもね」
4: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:15:53.67 ID:T+rrvaIc0
事務所

里奈「~♪」

文香「……」

里奈「お、文香ちゃんおはぽよ」

文香「あ……おはようございます」

里奈「おはぽよぽよ。なに読んでんの?」

文香「ちょっと小説を……」

里奈「ふーん。どんなお話?」

文香「手を伸ばしたら世界は思ったよりも広かったというお話ですね」

文香「孤独に苛まれ、災厄と言ってもよいほどの不幸に巻き込まれた勇者のお話ですね」

文香「個人的には…災厄の象徴である竜と問答が好きです」

里奈「そっかー……なるほどなー」

里奈「あんまり、そういう本読まないからピンと来ないんだよねー」

文香「分かりやすく言うならば……」

文香「勇者がマジヤバイ」
5: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:18:44.56 ID:T+rrvaIc0
里奈「ほうほう。アゲアゲな感じぽいねー」

文香「アゲアゲの…イケイケです」

里奈「文香ちゃん、意外とそんなセリフ言うんだねー。びっくりん☆」

里奈「もっと、大人しーっていうか、頭良さそーな感じの性格かなって思ってたけど」

文香「相手に思いを伝えるのは……いつでも難しいですから」

里奈「そんな難しく考えてもダメだよねー」

里奈「アタシなんか頭悪いし、すぐ知恵熱出てぐわんぐわんしちゃう」

文香「そんなもんでしょうか」

里奈「そそ。あー、アタシ明日熱かも。プロデューサー冷えピタちょーだーい」

P「どうした?どっかぶつけたか?」

里奈「んーん。明日頭熱出そうな気がするだけ」

P「予防しとけよ」

里奈「ここはしっかり看病してやるから。って言わないと」

里奈「アタシでもおこぷんだよ!」

P「悪い悪い。よくわからないけど文香も熱出さないようにな」

文香「イケイケの…アゲアゲなので平気です」

P「ん?」
文香「あ…いえ、その、熱の予防に」カァァ
6: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:19:33.26 ID:T+rrvaIc0
事務所

ちひろ「お仕事お疲れ様です。お茶飲みますか?」

P「お疲れ様です。頂ますね」

ちひろ「いえいえ。今日テレビ観てましたけど、皆忙しそうですね」

P「まぁ、確かにそうですね。他所様の事務所に負けないようにしないとって思ってます」

ちひろ「そうですね。なにか新しい案でもあるんですか?」

P「ちひろさんがデビューするとか?」

ちひろ「無策ってことですね」

P「流石に冗談ですよ。なくはありませんが成功するかは別ですよ」

ちひろ「そんなこと言うなんて珍しいですね」

P「いつもドキドキですよ。心臓が口から出そうです」

ちひろ「ということは……また不思議なこと考えてますね」

P「いや、ビビッと来ただけでまだ誰にも話してないんですけどね」

ちひろ「ここまで言って言い淀むのもらしくないですね」

P「ええとですね……」

ちひろ「さ、言っちゃってくださいな」

P「里奈と……ほたるですね」
7: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:20:32.12 ID:T+rrvaIc0
ちひろ「あんまりイメージがないですね」

ちひろ「ファン層も結構違う気がしますし……」

P「そこに関しては思いますね」

ちひろ「なんか狙いがあるんですか?」

P「個人的な意見ですけど」

P「里奈のステージに白菊が咲いてたら綺麗じゃないですか?」

ちひろ「綺麗ではありますね」

P「里奈とのコントラストが綺麗だなぁと」

ちひろ「上手く行けばですけどね」

P「含みがありますね」

ちひろ「別に何かある訳じゃないんですけど……」

ちひろ「凄いシンプルな話で」

ちひろ「あの二人が喋ってるの見たことないんですけど」

P「ちひろさんもでしたか」

ちひろ「えぇ。残念ながら」ハァ
8: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:21:22.63 ID:T+rrvaIc0
事務所

ほたる(さっき藤本さんに悪いことしちゃったな……)

ほたる「はぁ……」

文香「あ…おかえりなさい」

ほたる「あ、鷺沢さん。ただいまです」

文香「随分と…レッスンが早く終わりましたね」

ほたる「あ、いえ、その…靴ひもが千切れてしまって」

文香「あ…替えはありますか?」

ほたる「私は忘れてしまって…事務所にあるかな…と」

文香「確かにここならそういうものは在りそうですけど……」

文香(私は知りませんね…)

ガチャ

里奈「お、文香ちゃんとほたるんどしたの?」

里奈「なんだかピンチ的なカンジ?プロデューサーにTELっとく?」

ほたる「あ、いえ、そこまでは……」

里奈「んん? どゆこと」

文香「いえ、シンプルに――」

里奈「なーるほろ。アタシの予備使っていいよ☆」

ほたる「あ、はい…っていいんですか?」

里奈「おけおけ。いいよー。困ってる時はお互いさまじゃーん?」

里奈「色はピンクだけどめーんご」

ほたる「ありがとうございます。藤本さん」

里奈「もっとフランクでいいよ、ほたるん」

ほたる「は、はぁ……」

里奈「リナリナとか、里奈っちとかー。ほら、リピートなんちゃらかんちゃら?」

ほたる「り、里奈さん」
9: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:22:41.68 ID:T+rrvaIc0
里奈「いぇい。これで、ほたるんとアタシはズッ友だね☆」

ほたる「ず、ズッ友?」

文香「ずっと友達という意味ですね」

里奈「そそー。文香ちゃんもそーだよね」

文香「あ…アゲアゲです」

里奈「文香ちゃん、それ気に入ってる系?」

文香「ひ、人並みですね」

里奈「ひゃーん。文香ちゃん激マブー。一緒に写真撮っても良さげ?」

文香「えっと……どうぞ」

里奈「折角ならほたるんも~」

ほたる「え、あ、はい。えっと…どこ見たら」

里奈「んーノリで!ってのはウソでカメラ見て」

里奈「せーの」カシャ

里奈「あとで送るねー。それじゃ、がんばー☆」

文香「里奈さんはこれから…?」

里奈「んー?プロデューサーとスタジオで撮影的なお仕事かな。現地で待ち合わせー」

文香「なるほど。お気をつけて」

里奈「キュンキュン来ちゃーう。未来の旦那さんにも言ってあげたらイチコロ間違いないね♪」
10: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:23:10.67 ID:T+rrvaIc0
スタジオ

里奈「おっはー。プロデューサー元気?寒いからあっためて~」

P「お疲れ様。原付か?」

里奈「そそ。ってプロデューサーの指もカチコチじゃん!」

里奈「一緒にあっためないと!もみもみ~♪」

P「あんまりこういうとこでそういうことはしない方がいいな」

里奈「照れんな照れんな~」アハハ

P「ま。いいか。コーヒーでも飲むか?」

里奈「うわ~、まぢイケメソ~。なになにどうしたの?」

P「頑張ってるからな」

里奈「イケメソー。アタシの体もうホカホカ~。プロデューサーのエロー」

P「はいはい。そうだ。後で話があるから撮影終わったら教えてくれ」

里奈「今じゃダメ系?」

P「今は仕事に集中してくれ」

里奈「オッケー!上手くいったらかまちょー」
11: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:23:48.97 ID:T+rrvaIc0
スタジオ

里奈「おっすー。ただいまー。しっかりバッチリ見てた?」

P「あぁ、良かったな」

里奈「まぢ?今アタシ褒められちゃそー」

P「お疲れ様」

里奈「プロデューサーもお疲れさまー!」

里奈「もっともっとかまちょー」

里奈「寒いし、ひと肌恋しいから今のプロデューサーのかまちょ具合じゃNGぽよー」

P「甘いもの食べたくないか?」

里奈「わーお!ぐいぐい来るね!アタシと腕組んでお買い物的な?」

P「いや、俺が買ってこようかなと」

里奈「えー。ま。そんなことしてたらただのバカップルだもんねー。アタシは頭よくないけど」アハハ

P「なんにせよ待っててな」

里奈「待てないなー。折角なら一緒にいこいこランデブー♪」
12: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:24:22.80 ID:T+rrvaIc0
コンビニ

P「色々あるな」

里奈「来るたびに新しいお菓子出てるよねー。あんまり美味しい感じしないけど」

P「言われてみたら定番品のが良いわな」

里奈「でも、たまにグサーってくる奴もあるよねー。あ、ドーナっちょも買おー」

P「そんなに食べれるのか?」

里奈「お?プロデューサーカレシっぽーい。そんなこと心配してくれるんだー♪」

里奈「折角ならほたるんとか文香ちゃんにあげようかなーって」

P「優しいな」

里奈「うぇ!?まぢで来れらるとガチでハズいんですけどー!」

P「照れるな照れるな」

里奈「それ、アタシのセリフだしー!もぉーっ」

里奈「そう言えば、なんか話があるとか言ってなかったっけ?」

P「あぁ、そうだな。ちょっと相談があってな」

里奈「アタシに相談してもおバカだから無理ぽよ?」

P「いや、それでも里奈に相談したくてな」

里奈「おバカなのを否定しないトコもプロデューサーぽいよねー」

里奈「ま。ぜーんぶ見られちゃってるしいっか☆」
13: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:25:19.22 ID:T+rrvaIc0
車内

P「ほい。コーヒー」

里奈「ありがちょー。ふひぃー温まる~」

P「それでなんだが」

里奈「ドキドキなんだけどー。どしたの?」

P「新しいユニットを組もうと思ってな」

里奈「こーしーおいしー。って誰と誰?」

P「里奈とほたる」

里奈「ん?」

P「藤本里奈と白菊ほたる」

里奈「アタシおバカだから分かんないけど、プロデューサーがいけるって言うならいいよ!」

里奈「でも、ほたるんみたいなおしとやかーな感じはムリぽよ?」

里奈「ナチュラルメイクとかしても、ソリコミだしー」

P「別に里奈にそっちは求めてないぞ」

里奈「そっかー……なんでユニット組もうとしてるの?」

P「里奈のアツアツのステージに白菊が一輪咲いてたら綺麗じゃないか?」

里奈「ふわー。ちょーアガるー!!」

里奈「アツアツアゲアゲのまぢで激ヤバ」

里奈「言葉で上手く言えないけどヤバヤバのラヴリー」

P「そう思うか」

里奈「ほたるんがどう思うか分からないけど、アタシ的にはハッピーうれぴー的なカンジ」
14: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:26:04.43 ID:T+rrvaIc0
里奈「てかてかー。かまちょー」

P「はいはい」

里奈「なんか面白い話へいへーい」

P「んー……」

P「むかしむかし、魔女はある人を探していました」

里奈「昔話とかおじいちゃんー」

P「お城の舞踏会に来る女の子を見てはため息をついてました」

P「シンデレラになれる子が見つからなかったからです」

里奈「えー、その人理想めっちゃたかそー」

P「気分転換に外に出ていると、王様が建造中の建物が見えました」

P「丁度、現場の作業者も休憩中だったらしく休憩をしていました」

里奈「……」

P「そこで魔女はシンデレラになれる子を見つけたのです」

里奈「続きはどんなカンジー?」

P「いや、終わりだぞ?」
15: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:27:20.68 ID:T+rrvaIc0
里奈「ここは魔女がその人を口説くシーンとかアリアリな気がするんだけど?」

P「そこはまぁ、脳内で補完してくれ」

里奈「ホカン?」

P「自分で想像しといてくれ」

里奈「オッケー。プロデューサーがそういうならアタシがんばっちょ」

里奈「シンデレラになれるーとか言われたその子はその魔女のことをサギだと思ってました」

P「ひどい話だ」

里奈「でも、魔女の目がわりとマジだったからびっくりしてしまいました」

里奈「だってありえんてぃーだったから……」

里奈「でも、今も一緒にいるのが一番ありえんてぃーだよね。アハハっ!」
16: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:28:36.13 ID:T+rrvaIc0
事務所

P「ただいまもどりました」

里奈「おっつおっつ!ちっひーお疲れ!」

ちひろ「お疲れ様です」

ほたる「あ、お疲れ様です」

里奈「お、ほたるんおっつー。元気?」

ほたる「あ、はい! 元気です多分」

里奈「靴紐はイケイケ?」

ほたる「おかげ様で…」

P「あ、ほたる。ちょっといいか?」

ほたる「? はい。大丈夫です」
17: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:29:08.59 ID:T+rrvaIc0
ほたる「私が里奈さんと…?」

P「そうだ」

里奈「よろしくぽよー」

ほたる「それは、問題ない…というより私なんかが組んだら邪魔な気が…」

里奈「そんなことナイナイ」

ほたる「でも…不幸なことが起きちゃうかもしれませんよ…?」

里奈「不幸…?プロデューサーなにか知ってる?」

P「知らない訳じゃないがそんなに気にしなくてもいい気がするな」

里奈「そっかー。プロデューサーが言うなら問題ないぢゃん」

里奈「アタシは全然ノープロぽよー。ほたるんが嫌じゃなきゃ組も組も!」

ほたる「えっと…それじゃ、はい。お願いしますね」

里奈「きゃーカワイー。ナデナデしていい?」

ほたる「あ――」

里奈「んー。アガる~」ナデナデ

ほたる「あはは……」
18: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:29:57.62 ID:T+rrvaIc0
レッスン室

里奈「うわーん。振付とかリームー!どうしよー!助けてほたるん!」

ほたる「えっと…こんな感じで…」

里奈「おぉー!ほたるん、アタシより全然若いのにすごー」

里奈「おバカがパートナーでメンゴ」

ほたる「い、いえ、私もそこまで頭よくないですし」

里奈「プロデューサーから聞いたけど、ほたるんのが芸歴も長いし、凄いなーって」

ほたる「芸歴が長くても、結果が伴わなければ……」

里奈「あ、そーだ。ほたるんお菓子たーべよ♪」

ほたる「えっと今はレッスン中ですから…」

里奈「ヘーキヘーキ。あ、トレーナーちゃん。ちょっとアタシへばっちゃったからきゅーけーで」

里奈「あ、ほたるんも。それじゃヨロシク☆」

里奈「ほら、平気だった」

ほたる「あはは。凄いですね」

里奈「ラッキー♪ これさっきプロデューサーとコンビニで買ってきたお菓子」

里奈「これ新商品っぽいスイーツ。ほたるんどれがいい?」

ほたる「えーっと…迷っちゃいますね」アハハ

里奈「きゃー。ほたるんの笑顔まぢマブいね!」

ほたる「へ?え、私笑ってました?」

里奈「まぢまぢ!写メりたいからもう一回オッケー?」

ほたる「いや、そういうのは…苦手で」カァァ

里奈「えー。それじゃラッキーに期待しないとだねー」

ほたる「あはは……」
19: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:31:34.03 ID:T+rrvaIc0
里奈「あ、そーいやほたるん」

ほたる「なんですか?」

里奈「答えたくなかったら全然いいんだけどー、ウチにどうして来たの?」

ほたる「え……」

里奈「あ、もしかしてヤバイ系!?アタシ地雷ぼーん?」

ほたる「いや、そんなことはないですけど」

ほたる「事務所が倒産しちゃったんです」

里奈「にゃーん…」

ほたる「それで、スカウトしてもらって…って感じです」

ほたる「あんまり縁起良くないですよね。私って」ハァ

里奈「むむー」

ほたる「こうやって里奈さんと組めるのは嬉しいんですけど、迷惑を掛けちゃわないかなって」

里奈「へ? アタシが?」

ほたる「いや、運の悪さがユニットに悪影響しちゃったら……って」

里奈「んー。モーマンタイ」

里奈「だって、アタシほたるんと組めてラッキーだと思ってるし」

里奈「あんま難しいこと分かんないけど、大変だったらアタシがなんとかするよ」

里奈「だって、ズッ友だし」

ほたる「…ありがとうございます」

里奈「にひ。なーんかキャラじゃなくて背中かゆーい☆」
20: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:34:00.85 ID:T+rrvaIc0
事務所

文香「里奈さんとほたるさんが…ユニットを組むそうですね」

P「耳が早いな」

文香「里奈さんが言ってましたよ」

P「文香も参加したかったか?」

文香「どうでしょうか…どちらにもついていけない気がします」

P「そうか?」

文香「私は、里奈さんのような明るさも…ほたるさんのようなお淑やかさも…持ち合わせていませんから」

P「文香には文香のいい所あるからな」

文香「ありがとう…ございます」

P「ちなみに文香的にはほたるのことどう思う?」

文香「質問の意図を…測り兼ねます」

P「あぁ、悪い悪い。ほら、経緯も含めて運の巡りが悪いって本人も言ってたじゃないか」

文香「結論だけ聞けば…それは事実ではないかと思いますね」

P「そうだな」

文香「ただ、どうでしょうか。本人にとってはそうかもしれませんが」

文香「誰かと何かをする時はそこまでそういう力が働かないかもしれませんね」

文香「気の持ちようなのかもしれませんが」

P「里奈だったら笑ってなんとかしそうだな」

文香「…そうですね。バベルの塔でもなんでも作っちゃいそうです」

P「随分な言い草だな」

文香「そうですね…アゲアゲのイケイケなので」クスッ
21: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:35:04.05 ID:T+rrvaIc0
数日後

里奈「ふふーん♪」

ほたる「機嫌良さそうですね」

里奈「ようやく振付覚えられたからちょ。アタシも頑張れば出来るって思うとうれぴー」

ほたる「すごいですね」

里奈「ふふーん。さんくー。ほたるんも流石だよね」

ほたる「えっと、ありがとうございます」

里奈「そだ。折角だし…ほたるん集合!」

ほたる「は、はい」

里奈「はい、カシャーっと♪」ピロリン

ほたる「え?」

里奈「よく撮れてるよー。見る?」

ほたる「あ、目瞑ってる…」

里奈「ありゃ、ホントぽよ」

里奈「撮り直ししとく?」

ほたる「そうですね。折角なら……」
22: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:35:30.59 ID:T+rrvaIc0
ほたる「あ……」

里奈「んー?どしたの?」

ほたる「ちょっとさっき買ったペンが…あれ…?」

里奈「アタシので良ければ貸すけど」

ほたる「あ、すみません」

里奈「いいっていってー。困った時はお互いサマサマ」

ほたる「すみません」

里奈「謝らなくていいしー。気にしない気にしない。たまにはアタシにも頼ってくれてもいいよ~」

ほたる「あはは」

里奈「ん?アタシなんか面白いこといったカンジ?」


ほたる「里奈さんと一緒にいると頑張れる気がして」

ほたる「何でもなんとかなりそうな気がします」

ほたる「踏み出せない足を手を引っ張ってくれる気がします」

里奈「んー?よくわからないけど、お気楽にぽよぽよする方がほたるんもきっと楽しいよねー」

ほたる「そうですね…私、ぽよぽよします」
23: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:36:08.18 ID:T+rrvaIc0
里奈「そー言えば、ほたるんの夢ってどんなの?」

ほたる「急にどうしたんですか?」

里奈「ほたるんが事務所を引っ越してまで叶えたい夢が気になっちゃって」

ほたる「トップアイドルになりたい…のは勿論なんですけど」

ほたる「人を幸せにするアイドルになりたいです」

ほたる「えへへ……恥ずかしいですけど」

里奈「キャワたん~♪」

ほたる「へ?」

里奈「今の笑顔激マブ!」

ほたる「えっと……あ、里奈さんの夢は?」

里奈「アタシの夢なんてーそんなにカッコいいもんじゃないし」

里奈「身近なトモダチとかにアイドルやってるよー!って見てもらうのが夢かなー」

里奈「お仕事なくてしょぼしょぼなアタシも今は結構しゃーわせな感じかなー!」

ほたる「その夢…素敵です。私のと同じですね」

里奈「ぽよ?」

ほたる「私もお友達に見てもらいたいって思いがあります」
24: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:37:31.85 ID:T+rrvaIc0
里奈「ほたるんにそんなこと言われたら、アツくなっちゃうねー!」

里奈「なるほどなるほど。なるほどぴーん」ウンウン

ほたる「どうかしたんですか?」

里奈「プロデューサーがアタシ達を組ませた訳がちょびっとピーンって来たかなって」

里奈「用意してくれた道が間違ってるはずないし、このままこのユニットでも爆進ちゃーん☆」

ほたる「私も…その道一緒に歩いていいですか?」

里奈「モッチのロン!いぇーいベイベー。ぽよってるかーい!」

ほたる「い、いぇーい」
25: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:38:39.97 ID:T+rrvaIc0
ライブ会場

ほたる「……」

里奈「おーっす。ほたるんなにしてんの?」

ほたる「あ、えっと、緊張しないように人を手のひらに書いてるんです」

里奈「ほほー」

ほたる「三回飲み込むと緊張が抑えられるって」

里奈「なるぽよ。アタシもやってみよー」

里奈「んぐ…味はしないね」

ほたる「そりゃ、空気ですからね」クスクス

里奈「だよねー」

ほたる「……頑張らないとですね」

里奈「お、ほたるんりらーっくす。折角のキャワイイお顔がダメダメちゃんになっちゃうよ~」ムニー

ほたる「ふぁ、ふぁい……」
26: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:39:08.67 ID:T+rrvaIc0
里奈「お、そろそろぽよ~」

パキン

里奈「およ?」

ほたる「え?うそ!?髪飾り…どうして」

里奈「ありゃ、傷んでたのかな?」

ほたる「だめです。今じゃダメです。どうして…今こんなところで」ハァハァ

ほたる「なんで、私はどうしていつも――」ゼェゼェ

里奈「ほーたるん♪」

ほたる「え……?」

里奈「はい、ぎゅー。大丈夫だからねー」

ほたる「あ…はい」

里奈「ほたるん一人じゃないからねー」

里奈「ほたるんまぢイケアイドルだからヘーキヘーキ」

里奈「アタシもいるしプロデューサーもいるからねー」

ほたる「……」

里奈「あ、今のアタシ、カレシっぽくない?アハハっ!」

ほたる「…ありがとうございます。落ち着きました」

里奈「さっすがー☆それじゃ、ズッガーン、バッチーンイケイケでゴー!」

ほたる「お、おー!」
27: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:41:14.35 ID:T+rrvaIc0
P「お疲れ様」

里奈「おつかれちゃーん!見てた?アタシの勢いマジアツパーリナィ!」

P「良かったぞ」

里奈「まぢで~?あげぽよ」

P「ほたるもお疲れさま」

ほたる「はい…頑張れました」

里奈「ほたるんめっちゃイイ感じだよね!アタシもおかげでアゲアゲになれたし」

里奈「ほたるんと組めてしゃーわせ♪うれちー☆」

ほたる「わ、私も一緒に出来て…嬉しい…です!」

里奈「およ?」ピロリーン

P「どうした?」

里奈「えっとねー。トモダチから連絡が来てて、一緒にやってた子マヂかわだってー」

ほたる「そ、そうですか…ちょっと恥ずかしいです」カァァ
28: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:44:03.57 ID:T+rrvaIc0
事務所

P「ただいま戻りましたー」

里奈「もっどりましたー!誰もいなーいけどね!」

P「ほたると一緒に送っても良かったのにどうした?」

里奈「んー。アタシの原チャリここに置いてあるし。明日が大変ぽよ」

里奈「るんたったしないと。るんたった♪」

P「確かにな。ただ、ちょっとクールダウンしておけよ」

里奈「ぽよ?」

P「ライブの熱気にのぼせたまま運転して事故でもされたらたまらないし」

里奈「プロデューサーがアタシのこと心配してる?」

P「そりゃな」

里奈「にひひ♪うれぴー」

里奈「それじゃ、缶こーひー持ってくるね」

里奈「るーんたった。るんたった♪こーしーぶれいく」
29: ◆RfwyoP3XQY 2018/01/03(水) 13:44:46.56 ID:T+rrvaIc0
里奈「ぷはー」

P「改めてお疲れ様」

里奈「仕事っていいなーって」

里奈「歌って、踊るぢゃん?ノド渇くぢゃん?ぐびぐびーって飲むとおいちーってなるよね」

P「そうだな。この為に仕事をしている感じがするな」

里奈「だよねだよね!さっすがプロデューサー!」

里奈「ふぃぃ~」

P「アイドルの言うセリフじゃないなソレ」

里奈「今はプロデューサーしかいないし、関係ないぽよ~」

P「まぁ、そんなものか」

里奈「そそ。あんまりこういうことプロデューサーに言うと怒られっかもだけどー」

里奈「アイドルはまぢ好きだけど、どこでも働けんだよねー」

P「そんな気はするな」

里奈「そそ。だーけど、今はプロデューサーいないとイヤー☆」

里奈「どんな仕事でも一緒じゃないとイヤー☆」

P「……そうか」

里奈「アハッ、照れてるの?キャーワイイ♪」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/03(水) 13:46:35.30 ID:T+rrvaIc0
終わりです。
読んで下さった方ありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。