FC2ブログ

[モバマス]P「俺が美波の好きなとこ」

1: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:18:57.00 ID:vuy2vrfi0
P「美波、誕生日おめでとおおおおお!!」

美波「ふふっ、ありがとうございます、プロデューサーさん♪」

P「いやあ、これで美波も20歳、お酒の飲めるトシかぁ……感慨深いなぁ……」


美波「それ、プロデューサーさん以外にもいろんな人に言われるんですけど……楓さんとか……」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532686736


注目記事




2: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:21:11.31 ID:vuy2vrfi0
P「それだけ色んな人に愛されているんだよ」

美波「そうなんですかね……?でも、それなら良かったです♪」

P(まぁ、あとは酒の入った美波を見てみたいってのもあるけど)

美波「……プロデューサーさん?どうしました?」

P「なんでもないです」
3: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:23:26.59 ID:vuy2vrfi0
P「はい、というわけで今から改めて美波の良いところ、好きなところを挙げていくぞ」


美波「えっ、いつの間にそんな企画が……け、けど照れちゃいますね」

P「はいかわいい。マジかわいい」

美波「え、ええ?ちょ、ちょっとプロデューサーさん?」///
4: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:25:59.26 ID:vuy2vrfi0

P「顔ば赤(あこ)うして……その恥じらいマジ女神」

美波「な、なんで急に博多弁なんですか?」

P「美波がかわいいからさ(重低音)」
キリッ

美波「???」///
5: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:27:55.73 ID:vuy2vrfi0
P「はい、じゃあその次ー」

美波「えっ、もしかしてこの感じでずっと進行していくんですか?」

P「そうだよ」



P「では次……面倒見が良い!」

美波「面倒見、ですか」
6: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:30:57.41 ID:vuy2vrfi0
P「うむ、この事務所では特に年下から年上まで、実に幅広い層が美波のお世話になっている」

P「何か新しいユニットを組んだ時もみんな当たり前のように美波にまとめ役を頼んでしまう……これは負担を強いているようで申し訳なくもあるんだけどな」

美波「そんな、負担だなんて……私、昔から人の間に入ってまあまあ、っていう役が合ってるみたいで、大変だなんて思わないですよ」

P「ほら、聞いた?今の。昔っから周囲に頼られた結果、地母神美波は誕生したんだって」


美波「じ、地母神って……大げさですよ」
7: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:33:29.33 ID:vuy2vrfi0
P「……いや、ホントマジで感謝してる。美波に一番頼ってるのは他でもない、俺自身だ。美波がいなきゃ俺なんて今頃どうなってたか……」

美波「……それはお互いさまですよ、プロデューサーさん」

美波「プロデューサーさんがスカウトしてくれたから、今の私があるんです」



P「……ありがとうな」
8: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:36:39.12 ID:vuy2vrfi0
P「はい、というわけで次」
スッ

美波「き、切り替えが早いですね」



P「亜麻色の長い髪……髪がめっちゃきれい!亜麻色ってどんな色かは知らないけど!」


美波「あ、ありがとうございます。素直にうれしいですね」

9: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:40:02.71 ID:vuy2vrfi0
P「丁寧に手入れされ、腰まである長い髪……めっちゃ好きです。俺なんか暇さえありゃ激しいダンス踊ってる美波のPV見てるからね」

美波「やっぱりアイドルですから……ちゃんとお手入れはしてますよ」

美波「あ、でも私子どもの頃はショートカットだったこともあるんですよ」



P「……何?」
10: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:42:46.55 ID:vuy2vrfi0
美波「これから先ももしかしたらお仕事とかで、ショートにすることもあるかもしれないですね」

P「ショート……ショートの美波……」

P「……悪くない……むしろ良い……」

美波「……そうですか?それなら今後……」
11: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:45:45.27 ID:vuy2vrfi0
P「……うん、多分それはそれでめっちゃ似合ってかわいいんだろうけど、髪は切らないでください……!多分俺めっちゃ落ち込んで、毎晩失った髪の傷みが……いつまでも疼く……まるでそこにあるかのように……!そう、幻肢痛(ファントムペイン)が……!」


美波「そ、そんなにですか……!?というかPさんが痛むんですか!?」

美波「……ふふっ、わかりました。じゃあショートの美波はプロデューサーさんが見たいって言ってくれるまではおあずけですね♪」

P「女神……!」
12: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:48:55.40 ID:vuy2vrfi0
P「では続きまして……目!目です!優しい垂れ目!」

美波「目、ですか……」

P「目……目だ……!」

P「垂れ具合が素晴らしくってね。これが垂れすぎると眠そうな印象になる。その点美波の垂れ目は最高だ、とにかく柔らかいんだけど、その中にあって強い意志みたいなのを感じられる」

美波「は、はぁ……」
13: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:51:05.06 ID:vuy2vrfi0
P「有識者の間で永遠の論争のテーマになっている『美波の一体どこが一番エロいのか?』に対して現在最も支持されている説が目という向きもあり」

美波「……プロデューサーさん?」

P「……ハッ……いかんいかん、つい興奮しちゃったけど、それだけ美波の目は優しくて素敵だってことだよ」

美波「あ、ありがとうございます」
14: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:54:12.11 ID:vuy2vrfi0
P「はい、続きましてー」

美波「あ、あの、まだあるんですか……?」

P「ん?当たり前だよ、今日はこのまま徹夜コースだぞ」

美波「ええ……あの、うれしいんですけど……ちょっとその……恥ずかしくて……」

P「それな。最初にも言ったけど、恥じらいがマジでキュンキュンする」

美波(なんかお題提供したみたいになっちゃった……)
15: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 19:58:39.00 ID:vuy2vrfi0
P「いつも露出の多い衣装とか着てもらうときとかもそうだけど……色白の顔を真っ赤にさせて……ねぇ?ウフフフフ……」

美波「ちょ、ちょっと怖いですよプロデューサーさん……それに鼻の下伸びてますし……エッチなのはダメですっ!」

P「そんなん言うても美波のそのプロポーションを世界に共有しないなんて大罪だよ……僕にはそんな罪の意識に耐えられないよ……!」

美波「……確かに最近はちょっぴり露出の多い衣装にも慣れてきちゃって……特にライブ中とかは全然気にならなく……」
16: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:00:47.82 ID:vuy2vrfi0
P「良い傾向ですね」

美波「……で、でもっ!ダメですよ!あんまり過激なのは……パパに怒ってもらいますからね!」

P「フフフ、美波のパパも口では怒ってても、玄関にはデカデカとパネル置いてるし心は正直やんなぁ……!(反省してまーす)」

美波「……本音と建て前が逆ですよ」
17: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:05:51.17 ID:vuy2vrfi0
P「……ではここらでアイドルとしての美波の良いところを挙げるぞ」

美波「……え?今までのはアイドルとしての長所じゃなかったんですか!?」

P「いや、アイドルとしてももちろん長所だけどさ。人間的な魅力というか?」



P「で、良いところなんだけど……声が良い!」
18: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:09:38.49 ID:vuy2vrfi0
P「柔らかくて、すごく伸び伸びとした声というか……まさに人間としての美波をそのまま表してるような気持のいい声だよ」

P「普段は穏やかで、優しくて……だけどライブでは激しく、かつ美しい……まさに美波そのものだ」

美波「……」///



P「そうそう、ライブと言えば新曲の『Voyage』、あれ聞く度に泣きそうになるよ」
19: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:12:47.47 ID:vuy2vrfi0
P「日々の仕事で荒んで、痛んで明日への希望なんか何も見いだせない俺の心」

P「それをただ激励するのではなく、優しく包んで受け入れてくれる」

P「その上で導いてくれるんだ、前へと」

P「前の『ヴィーナスシンドローム』は美波の強さの側面を強調した曲だったよな。そして強さの裏に見え隠れする脆さ、儚さ、美しさ」
20: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:15:29.14 ID:vuy2vrfi0

P「それに対して今回の『Voyage』は、美波の優しさの側面を全面に出している。とにかく穏やかで全てを許してくれるような慈愛の歌、この歌の魅力を120%引き出しているのは美波の声だからこそさ……」

P「もし俺が死んだらこの曲でヴァルハラに導いてほしいよ……頼んだぜ、美波……」
スーッ

美波「な、なんで消えかかってるんですか!?」


P「ああ、いけないいけない、とにかく『Voyage』まだ聴いてない人はぜひ聞いてね、「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 016 ∀NSWER」に一緒に入ってるよ!」


美波「なんか宣伝みたいになってますけど……」
21: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:19:38.37 ID:vuy2vrfi0
P「では次……家族思い!」

美波「家族思い、ですか?別に、普通だと思いますけど……」

P「いやいや……俺、姉貴がいるんだけどさ、美波の歳の頃の姉貴なんてひどいもんだったよ」


P「もう親父なんかは人間扱いされてないっていうかさ、視界に入っただけで舌打ちされてたからね」
22: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:23:14.96 ID:vuy2vrfi0
美波「そ、それはちょっと極端な例じゃないでしょうか……」

P「まぁそういうわけだから、俺の中の姉像は恐怖の対象だったのさ」


P「で、美波はというと、父親のことは今でも尊敬していて、言いつけも守って、で、弟には勉強教えてあげたりご飯作ってあげたりしてるんでしょ?」

美波「は、はい……でもそれ普通だと思いますけど……」
23: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:27:30.16 ID:vuy2vrfi0
P「いやいや、普通じゃないですよ……普通のお姉ちゃんは自分のライブに弟呼んで投げキッスしたりしないですよ……飛ぶのは肘鉄砲ですよ」

美波「……!?ちょ……」


P「あーあ!!俺も美波みたいな美人で優しくてご飯が美味くて一緒にお風呂に入ってくれるお姉ちゃんがほしかったなーー!!!」

美波「ちょ……やめてください……プロデューサーさん……っていうか一緒にお風呂は入ってませんし……」
24: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:32:00.13 ID:vuy2vrfi0
P「……とまぁまだまだ正直全然紹介し足りないんだけど、そろそろ本命のところを話そうと思う」

美波「本命、ですか?」

P「ああ、俺が、俺自身が特に感銘を受けたところだ」

P「俺が、美波の一番尊敬しているところだ」

美波「……」
25: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:34:50.96 ID:vuy2vrfi0
P「美波は、なんでもできる」

P「撮影の時のカメラマンさんも言ってたし、実際に美波も良く人に言われるだろう?」

美波「……」

P「美波は秀才だ、それは疑う余地もない」
26: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:38:52.40 ID:vuy2vrfi0
P「ステージの上でだってそうだ」

P「流れるようなダンスに付随するように、まるで水の如く流動する美しい声」

P「優れた運動神経に裏付けされた強い体幹から生み出される、流麗ながら力強いステップ」

P「普段の柔和な表情とは一線を画す真剣な眼差しと、やや紅潮した頬」


P「そのステージの上には、確かに女神がいた」

美波「……」
27: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:42:19.66 ID:vuy2vrfi0
P「だが、俺は、俺たちは知っている」

P「その女神の力は決して、天から与えられたものだけでは無いと、知っている」

P「その強さの本当の源泉を、知っている」


P「美波がなんでもできるのは、できる様になるまでやり続けるからだ」

28: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:44:54.09 ID:vuy2vrfi0
P「美波の本当の強い武器は、その容姿でも才能でもない」

P「折れぬ鋼の克己心」

P「絶対に譲らない、という一本芯の通った『我』」

P「だから本当はめちゃくちゃ負けず嫌いだし、こどもっぽいところもある」
29: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:48:48.80 ID:vuy2vrfi0
P「……本当はな、たまには弱音も吐いてほしいんだ」


P「美波は必要以上にいろんなものを背負い込んでしまうことがある」

P「だけど、それすらも美波は負担になんてなってないというんだろう?だったら、それはいいさ」

P「美波が背負った荷物を、俺にも分けてくれ。二人で背負えば重さは半分だからさ」
30: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:51:48.66 ID:vuy2vrfi0
P「俺は頼りない男かもしれない。給料は安いし、彼女もいないし、机の上は汚いし」

P「だけど、美波と一緒にこの道を進みたい気持ちは誰にも負けないから……」


美波「プロデューサーさん……」

P「だから、美波。改めて言わせてくれ」


P「これからも、俺を美波のプロデューサーでいさせてくれるか?」

美波「……もちろんですよ」
31: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:55:21.80 ID:vuy2vrfi0
美波「……さっき、プロデューサーさんは私を褒めてくれましたけど」

美波「私が頑張れるのは、プロデューサーさんが頑張ってくれるからですよ」


P「え……?」


美波「プロデューサーさんは私のことを負けず嫌いで子どもっぽいところがあるって言いましたよね」

美波「それは正解だと思います。けど、私が一番負けたくない相手はプロデューサーさんなんです」
32: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 20:58:20.75 ID:vuy2vrfi0
美波「プロデューサーさんはいつも全力でお仕事をして、私にいろいろなお仕事を取ってきてくれます」

美波「だからそれに応えられなきゃ、負けだって思うんです」

美波「私が負けたくない、絶対にやらなきゃならないって思えるのは、プロデューサーさんのお仕事に込められた期待を感じ取れるからです」

美波「……本当は私にも泣きたい時や逃げ出したい時もあります。けど、そうしないのは、応援してくれるファンの人たち、支えてくれる事務所のみなさん、そしてプロデューサーさんがすぐそばにいるから」
33: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 21:01:30.71 ID:vuy2vrfi0
美波「だから、私からお願いさせてください」

美波「これからも私を、プロデューサーさんのアイドルでいさせてくれますか?」

P「……当然だよ……俺は死ぬまで……いや、死んでも美波のプロデューサーだ……!」




P(……俺たちは知っている。その強さと弱さこそが彼女を、新田美波をステージ上の女神たらしめるのだ、と)



P「美波、誕生日おめでとおおおおおおお!!」



34: ◆z4l4K/HkZ2 2018/07/27(金) 21:03:12.78 ID:vuy2vrfi0
以上で終わりです。

残り3時間しかない美波の誕生日を全力で祝いますよ私は!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。