FC2ブログ

モバP「ちひろさんって割と擁護できないレベルの外道ですよね」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 00:53:05.47 ID:kPV0oduv0
ちひろ「い、いきなり何なんですか!?」

P「否定するんですか?」

ちひろ「もちろんですよ! 私そんなにあくどいことしてません!」

P「ええ~……?」

ちひろ「ええ~?ってなんですか!」

ちひろ「そ、そりゃあちょっと欲張りなトコありますけど……」

P「出ーたーよ、そうやって『欲張り』とかちょっと可愛らしい感じの表現でごまかすとか、
  やっぱちひろさんは外道ですよね!」

ちひろ「」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 00:56:43.15 ID:kPV0oduv0
P「大体ですね、ちひろさんはあらゆる面で外道なんですよ」

P「右も左もわからない初心者に親切そうな態度で取り入り」

P「元気出してください的なコメントで誰得な商品を売りつけ」

P「勝率の低いギャンブルになけなしのお金を注ぎ込ませて」

P「いたいけな子達をエサに多くの者に過酷な戦いを強いる」

P「何より外道なのは、これだけの所業を働いておきながら本人は朗らか笑顔でカモフラージュしてるってことですよ!」

P「あんな可愛いスマイルを見せられたら誰だって面と向かって文句言えませんよ!」

ちひろ「あ、悪質な誇張です! そこまでひどくありません!」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 00:59:28.79 ID:kPV0oduv0
P「悪質なのはちひろさんでしょ」

P「それに自分でどう思っているかなんて関係ないですよ」

P「俺がどう思っているかが重要なワケですから」

ちひろ「うう、そんな言い方しなくてもいいじゃないですか~!」

P「おおっと、涙目上目遣いで睨んでもダメですよ、ちひろさんのハニートラップには耐性ついてます」

P「なのでお得意の揺らしも効きません」

ちひろ「お得意とか言わないでください! 私だってあれ恥ずかしいんです!」
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:03:18.86 ID:kPV0oduv0
P「そう、ちひろさんの怖さはお金のためなら文字通り何でもしてしまうことにあります」

P「必要とあらば、意外とスタイルのいい自分の体を武器にすることすら厭わない」

P「決して後ろでふんぞり返ってるだけの悪役ではないんです」

ちひろ「どちらにせよ悪役扱いじゃないですか!」

P「恐ろしいぐらいの執念ですよね、恐怖を通り越して畏怖を覚えます」

ちひろ「嬉しくありません!」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:07:31.09 ID:kPV0oduv0
P「分かっていてもですね、やっぱりちひろさんの笑顔と励ましは嬉しいんです」

P「やっぱそれがあってこそのプロデューサー業って思えてくるんですよね」

ちひろ「ど、どうも……えへへ……」

P「そこがちひろさんの恐ろしいところなんですよ!!」

ちひろ「はい!?」ビクッ

P「俺の財布から搾取するだけじゃ飽き足らず、精神まで篭絡しにかかる! コワイ!」

ちひろ「」
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:10:42.24 ID:kPV0oduv0
P「まあ、これでちひろさんがいかに外道で救いようのない悪党であるか、ご自分でもご理解いただけたかと思います」

ちひろ「う、うう~~~~……」

P「まあそれでもですね、俺はちひろさんの優しさを信じていますよ」

P「ちひろさんの笑みの中にわずか残された人間性を!」

P「あの時浮かべた涙に滲んでいたかすかな温もりを!」

P「俺は! 俺だけは知っていますから!」

ちひろ「……」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:12:12.67 ID:kPV0oduv0
P「さて、どうでしたか感想は?」

ちひろ「は?」

P「いや『は?』じゃなくて、感想ですよ。日頃の感謝と好意を込めてスピーチしたんですけど」

ちひろ「はあ!? アレのどこが!? 私を徹底的に貶めてただけじゃないですか!」

P「え? 結構褒めたつもりなんですけど。笑顔が可愛いとかスタイルがいいとか励ましが嬉しいだとか」

ちひろ「他がそれを台無しにして余りあるんですっ!」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:15:10.94 ID:kPV0oduv0
P「そんな……俺がいかにちひろさんを理解しているか示したつもりだったのに……」

ちひろ「そんな理解のされかた嬉しくないです……」

P「で、でも、俺がちひろさんのこと信じてるのは本当ですから!」

P「俺に有用性を見出してる限り、ちひろさんが俺のことを見放さないってことも!」

ちひろ「だからそういうのじゃないです! 私はそういう基準で人と親しくしたりしません!」

P「え? じゃあどういう理由で? 何やかんや言って意外と俺とちひろさんって仲いい気がしますけど」

ちひろ「う……それは……」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:17:23.54 ID:kPV0oduv0
ちひろ「その……なんというか……」

P「ん?」

ちひろ「ふ、ふん! いいです! お金儲けです! プロデューサーさーんはアイドルのためとあらば牛馬のごとく働きますからね!」

P「あーやっぱりかー、そんなことだろうと思いましたよ!」

ちひろ「ふん、分かったならさっさと働いてください!」

P「へーへー分かりましたよーだ! おらっ、いくぞ杏! いつまでも寝てんな!」

ちひろ「はいはいいってらっしゃませー! ふん、何よ……ばか」

おわり
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:18:04.39 ID:kPV0oduv0
読んでくれた人ありがとう
ちひろさん割とガチでトップクラスで可愛いと思う
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:26:10.35 ID:oJU1FusdO
乙でござった!

短いながらも、良いものであった
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/21(火) 01:59:49.07 ID:SWL0IPDy0


これだけぼろくそに言っても許されるPとちひろさんの仲とは

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。