FC2ブログ

凛「ウサミン星に行ってみたいなぁ……」 P菜々加蓮奈緒「」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:14:09.00 ID:8ZLfv4jY0
凛「きっと素敵な所なんだろうなぁ……」ワクワク

奈緒「いや、凛……」

加蓮「……そ、そうね、電車で1時間らしいし、1回お邪魔してみたいね」

奈緒「そ、そっか!菜々さん、アタシも行ってみたい!」

菜々「そうですね!3人とも歓迎しm……」


凛「でも宇宙を飛ぶ電車なんでしょ?訓練とかしなくていいの?」

P菜々加蓮奈緒「」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:15:49.77 ID:8ZLfv4jY0
凛「そういえばPは菜々さんの送り迎えとかでウサミン星に行ったことあるんだよね?」

凛「銀河鉄道……って感じなのかな?」ワクワク

P「そ、そうだな……、そ、そうだぞ!すごいスピードで星が流れて綺麗だったな!」

菜々「……ハッ、そ、そうですよ!メーテルや鉄郎にも会えちゃうんですよ!」

P(おいばかやめろ無駄な設定増やすな)


凛「めーてる?てつろう?ジョバンニやカムパネルラじゃなくて?」

菜々「」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:17:18.36 ID:8ZLfv4jY0
奈緒「あー……凛はウサミン星の事をどう思ってんの?」

凛「?……どう、って菜々さんの住んでる星なんだよね?」

加蓮「……じ、じゃあ菜々さんは地球人じゃなくて……」

凛「ウサミン星人でしょ?いつも本人がそう言ってるじゃん。ねえ菜々さん?」

P奈緒加蓮「」

菜々「そうですよ!ウサミン星にはウサミン星人がたくさんいるんですよー!」

加蓮(菜々さんものすごく嬉しそう……)

奈緒(P、目が死んでる……)
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:19:39.64 ID:8ZLfv4jY0
P「……そうだぞ凛!ウサミン星人はお月見の時にパーティをするんだってな。なあ菜々!」

奈緒(なんか吹っ切った……)


凛「……ってことは月が見える所にあるんだよね?思ってたより地球に近いんだ?」

菜々「あ、それはですね……」

凛「あれ?でもウサミン星からも満月が見えるんだよね?だとすると……地球の公転周回の内側にあるってこと?」

菜々「あの、えっと……」

凛「あ、でもそれじゃ地球の陰になって月が見えないか……ってことはウサミン星って地球と月の間にあるってこと?」キラキラ

菜々「あ、あの……」

凛「ってことはウサミン星だと地球より満月が大きく見えるんだ。だからパーティするんだね!」ワクワク


菜々「うわーん!!ナナの手の届かないところでウサミン星がリアルになっていきますー!」

P「落ち着け菜々、本音が漏れてる漏れてる」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:21:37.49 ID:8ZLfv4jY0
P「あー、凛、あまりウサミン星の秘密を暴露してやるな」

奈緒「そうだよ。菜々さんもせって……ウサミン星の秘密をあまり多くの人に知られたくないだろうし」

加蓮「そうそう。もし菜々さんのじたk……ウサミン星の場所がファンの人に知られたら大変でしょ?」

菜々「……ナナ、いっそのこと楽になったほうが良い気がしてきました……」

凛「?? 菜々さん、調子悪いの? ……そういえば奈緒?」

奈緒「ん?アタシ?」


凛「奈緒ってなんで菜々さんのことさん付けで呼ぶの?同い年だよね?」

P菜々奈緒加蓮「」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:23:52.16 ID:8ZLfv4jY0
凛「私が年上の奈緒や加蓮の事呼び捨てで呼んでるのに、奈緒が菜々さんの事さん付けってなんか変だなって」

菜々「そうですよねっ!!!」

凛「私も菜々さんの事、菜々、って呼んでいい?」

菜々「もちろんですっ!!凛ちゃん!!」

凛「……奈緒?加蓮?」

奈緒「あー、菜々……サン」

加蓮「菜々さ……あ、えっと、菜々さ……菜々…菜々?サン?」

菜々「なんかちょっと引っかかりますがナナ気にしないことにしますっ!奈緒ちゃん加蓮ちゃん!」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:26:06.67 ID:8ZLfv4jY0
凛「そういえば菜々ってすごいよね……私には出来ないな……」

P「何がだ?アレがか?」ウッサミーン

菜々「アレって言わないでくださいっ!!」


凛「菜々って学校に行きながらメイド喫茶でアルバイトもしてアイドルもしてるんだよね?大変じゃない?」

菜々「」

凛「というか高校がよく許してくれたね。私なんかアイドルのお仕事だけでも出席日数ギリギリなのに」

菜々「」

凛「あれ?菜々の通ってる高校ってウサミン星にあるの?地球の高校とは制度が違うってことなのかな?」

菜々「」

凛「でも地球のメイド喫茶でアルバイトしてるんだよね?あれ?ウサミン星のお金と日本のお金は交換できるの?」

菜々「」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:26:29.90 ID:qBZewlhr0
ナチュラルドSしぶりん
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:28:36.33 ID:8ZLfv4jY0
凛「でも東京から直通電車が走ってるんだよね?じゃあ日本と国交があるんだよね?あれ?ウサミン星って国なの?どうなの菜々?」

P「アー!!リンモウシゴトノジカンダゾー、ツイテイケナイケドチャントガンバッテクルンダゾー」

凛「あっ、急がなきゃ……、菜々、また今度ウサミン星の事詳しく聞かせてね?大丈夫!誰にも秘密はバラさないから!」


菜々「」

P「……今日、一緒に考えような……」


おわり
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/07(火) 00:30:37.75 ID:8ZLfv4jY0
おまけ

菜々「……私、今後の人生について考えた方が良いのかもしれない……」

P「だ、大丈夫ですよ菜々先輩!凛があれだけ信じてるってことはそれだけ上手くキャラが定着してるってことですから!」


奈緒「菜々“先輩”ィ?!?!」

加蓮「け、敬語使ってる……」


P「うわぁ!!お前らまだ居たのか!!」

菜々「ウサミンハジュウナナサイダカラプロデューサーサンノセンパイナワケナイジャナイデスカヤダナーモウキャハッ……」


おわる

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。