FC2ブログ

春香「なんで下着姿なんですか?」小鳥「暑いし」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 13:36:56.60 ID:ivvFmg65o
春香「いくらエアコンが壊れてて暑いからって、服はちゃんと着ましょうよ!」

小鳥「こう暑いと汗だくで仕事が手につかなくて。これは仕事を円滑に進めるためなのよ」

春香「えぇ……。だからって、Pさんや社長さんも居るのに」

小鳥「社長は今日一日外出よ。Pさんはさっきお休みの連絡を貰ったわ」

春香「Pさん体調悪いんですか? 心配です」

小鳥「ミリシタの1stAnniversaryでアイドル別ランク100位入れなくて辛いから休むって。心配よね」

春香「たった今、心配じゃなくなりました」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531975016


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 13:38:07.86 ID:ivvFmg65o
小鳥「それはともかく、春香ちゃんも脱いで服乾かしましょ。汗だくじゃない」

春香「う~ん」

小鳥「社長もPさんも居ないんだし。ね?」ヌガセヌガセ

春香「ちょっと! 自分でぬぎますからぁ!」



律子「おはようございます」ガチャ

律子「」

春香「あ」

律子「暑すぎてついに幻覚が」

春香「残念ながら現実です」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 14:55:17.51 ID:xQZtUXV5O
俺にも幻覚が見える
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:43:21.34 ID:ivvFmg65o
律子「なにやってるんですか二人とも」

小鳥「少しでも涼もうと思って。律子さんもいかがですか? 結構涼しいですよ」ヌガセヌガセ

春香「さあさあ」ヌガセヌガセ

律子「えぇ、ちょっとぉ!」

律子「恥ずかしいんですけど」///

小鳥「女同士ですから大丈夫ですよ」

律子「そういう問題じゃあ」

律子「あ、確かに少し涼しい。汗のベタつきもなくなったし」

小鳥「でしょ?」

春香「でもやっぱり恥ずかしいですよ」

小鳥「ドキドキするわよね。プールの更衣室みたいな感じ」

春香・律子(なんかわかる)

律子「こうなったら、みんな巻き込んでやるわ!」

春香「おー!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:44:46.49 ID:ivvFmg65o
◆◆◆


春香「と言うわけで、みんな下着姿で涼んでますけど」

みんな「……」///

春香「みんな妙な恥ずかしさで口数が減っちゃいましたね」

小鳥「みんな乙女なのね。良いことだわ」

春香「あ! そう言えば千早ちゃんがまだ来てませんね」

小鳥「朝早くから仕事が入ってたから。そろそろ終わって来る頃じゃないかしら」

千早「おはようございます」ガチャ

小鳥「噂をすれば」

千早「………………………………」

千早「………………………………………………………………」

千早「なにしてるのみんな」

春香「暑いから皆で服脱いで涼んでるんだよ」

千早「は?」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:46:22.38 ID:ivvFmg65o
春香「千早ちゃんも脱ごうよ!」

千早(私いじめられてるのかしら?)

千早(──あ、高槻さんも脱いでる。くまさんのプリントなのね。可愛い)

春香「ささ、脱いで脱いで」

千早「ちょっと!」バッ

千早「みんなおかしいわ! いくら暑くても家以外で服を脱ぐなんて!」

春香「私も最初はそう思ったけど、脱いでみると結構涼しくていいよ」

雪歩「大丈夫だよ千早ちゃん! こんなひんそーでひんにゅーでちんちくりんな私でも脱いだんだから」

千早「ああんっ!?」

春香「雪歩は黙ってて」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:47:27.62 ID:ivvFmg65o
春香「さあさあ千早ちゃん」ヌガセヌガセ

千早「やめて!」

春香「!」ビクッ

千早「もう、お節介はやめて!」

春香「その台詞このタイミングで言うんだ」

千早「とにかく私は脱がないわよ」

春香「えー、残念」


◆◆◆


春香(事務所の中でみんな下着姿)

春香(女同士でもやっぱり恥ずかしいな)

春香(全身がすーすーするし)

春香「」ドキドキ

美希「春香、隣いい?」

春香「え、うん。どうぞ」

美希「」ポス

美希「……」///
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:48:17.34 ID:ivvFmg65o
春香(え、なに? なんでわざわざ断って座るの? なんで座ってからなにも言わないの? なんでこんな近いの!?)

春香「あ、あんまりくっつくと汗かいちゃうよ」

美希「もうかいてるから関係ないの」

春香「そ、そっか」

美希「……」

春香「……」

美希「ミキ、春香といると安心するの」

春香「そう。ありがと」

春香(嬉しいけど、なんでこのタイミングで言うのおおお!?)
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:48:59.95 ID:ivvFmg65o
春香「い、いつもみたいにお昼寝しないの?」

美希「うーん、そうだね」ギュ

春香「なんで抱きつくの!?」

美希「は、春香の抱き枕なの」///

春香「えぇ……」///


イッチャ イッチャ


イッチャ イッチャ


千早「!!」ガタッ

千早「」ヌギヌギ

千早「」トコトコ

千早「」ポス

千早「」ギュ

春香「……」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:49:43.81 ID:ivvFmg65o
春香「あの、千早ちゃん?」

千早「なに?」

春香「脱がないんじゃなかったの?」

千早「気が変わったわ」

春香「なんで私の隣に座るの?」

千早「春香の隣に座りたかったの。……ダメかしら」シュン

春香「ダメじゃない! ダメじゃないよ!」

千早「よかった」ホッ

春香「なんで抱きつくの?」

千早「なんとなくよ」

春香「そっか」

千早「美希はよくて私はダメなの……?」ウルウル

春香「ダメじゃない! ダメじゃないよ!」

千早「よかった」ホッ

春香(可愛い)
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 15:50:25.33 ID:ivvFmg65o
美希「むー! 後から来て横取りなんて酷いの!」

千早「美希が独り占めしていたんじゃない。それに春香はいいって言ってくれたわ」

春香(なにこれ。二人ともそんなに私のこと好きだったの?)

春香「……」

春香(悪くないかも)ニヘラ


◆◆◆


伊織「なにあれ」

真「さあー」

伊織「抱きついて暑そうね」

真「そうだねー」

伊織「返事適当じゃない?」

真「こう暑いと気力が出なくてさ」

伊織「同感だわ」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:03:55.44 ID:ivvFmg65o
真「なにか冷たいもの食べたいよね」

伊織「いいわねそれ。じゃんけんで負けたほうがアイス買いに行くって言うのはどう?」

真「面白そうだね」

伊織「いくわよ──最初から!」パー

真「」グー

伊織「よろしくねー」

真「ちょっと!」

伊織「誰もグーから始めるなんて言ってないでしょー」

真「まったくもう! 仕事してるときは超絶可愛くて綺麗でしっかりしてて、まさに『アイドル』って感じで尊敬してるのに。仕事してないときはこうなんだからなぁ」

伊織「えっ」

伊織「……」///

伊織「ふんっ! あんただってダンスやアクションは格好いいし、周りをよく見ていて頼りになって、少しくらい尊敬してあげてるんだから!」

真「えっ」

真「……」///
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:04:57.26 ID:ivvFmg65o
伊織(なにこれ)

真(なんで褒めあってるんだろう)

真「し、しょうがないなぁ。アイス買ってくるよ。なにがいい?」

伊織「え!? いいわよそんなの。冗談だったんだし……私が買いに行くわ」

真「ボクが買いに行くってば!」

伊織「私が買って来てあげるって言ってるのよ!」

真・伊織「「む~~~!」」

伊織「──やめましょ。余計暑くなるわ」

真「そうだね。……一緒に行こうか」スッ

伊織「そうね」ギュ

真(あ)

伊織(自然に手繋いじゃった)
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 20:05:45.29 ID:ivvFmg65o
伊織「……行きましょ」///

真「うん」///


ガチャ バタン


……


……


ダダダダダダ…


バンッ!


真「危なかったー!」

伊織「今私たち下着姿だったわね」

真「ギリギリ外出る前に気づいてよかったぁ」


ギュ


伊織「戻って来ても手は握ったままなのね」

真「伊織こそ」

伊織「……」///

真「……」///

伊織「外も暑いし、もうこのままゆっくりしてましょ」ギュ

真「そうだね」ギュ
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 14:28:55.05 ID:kuxQ7Mflo
雪歩「お茶入れたよぉ」

伊織「気が利くじゃない」

真「ありがとう」

雪歩(ふふ。お茶を飲むために自然と手を離すはず)


ゴクゴク


プハー


伊織「ちゃんと冷え冷え麦茶なのね」

真「美味しかったよ雪歩」


ギュ


雪歩(そんな。頑なに手を握ったままだなんて)

雪歩「うわーん!」ダッ



真「雪歩?」ギュ

伊織「どうしたのかしら」ギュ
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 14:30:06.18 ID:kuxQ7Mflo
◆◆◆


雪歩「うわーん、四条さーん!」ダキッ

雪歩「どうせ私なんて、ひんそーでひんにゅーでちんちくりんでダメダメなんですぅ」

貴音「はて。なにが辛いのかさっぱり解りませんが、わたくしでよければいくらでも胸を貸しましょう」

貴音「あと自分の体を卑下するのはおやめなさい。千早が睨んでいます」

雪歩「わーん!」

貴音「よしよし」ニコニコ

貴音(人に頼られるというのは嬉しいものですね)

貴音「萩原雪歩。貴方はよくやっていますよ」

雪歩「ふぇ?」

貴音「貴方は器用なほうではありませんが、自分に自信がなくとも、だからこそと逃げずに挑戦し、一歩一歩達成していきます」

貴音「そんな姿に心打たれ、突き動かされるのです。わたくしはいつも貴方から力を貰っているのですよ」

貴音「ふぁんの方々もきっと雪歩の一生懸命さが伝わって───あら」

雪歩「~~~~~~!」ギュゥ

貴音「うふふ。泣き虫さんですね」ヨシヨシ
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/20(金) 14:31:35.12 ID:kuxQ7Mflo
雪歩「四条さん好きですぅぅぅぅ!」

貴音「……」///

貴音「ひゃっ──!?」

雪歩「貴音さんっておっぱい大きいですよね」サワサワ

雪歩「私なんてこんなにひんそーでひんにゅ」

千早の眼光「ギンッ!!」

貴音「雪歩、やめなさい」

雪歩「どうしたらこんなに大きくなるんですか?」サワサワ

貴音「はて。特に意識してはいませんが」

雪歩「羨ましいですぅ」サワサワ

貴音「……」

貴音「雪歩こそ」

雪歩「ひゃっ──!?」

貴音「名前通りの透き通ったような柔肌。羨ましいです」サワサワ

雪歩「ヤですぅ!」サワサワ

貴音「ふふ」サワサワ


サワサワ サワサワ
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/23(月) 13:20:26.02 ID:mfHSYwcyo
◆◆◆


響「はーあ」

真美「どしたのーひびきん。ため息なんてついちゃって」

響「別にー」

真美「暑さにノックアウトされちゃった?」

響「このくらいの暑さどうってことないぞ。まあ風がないから少しは辛いけど」

真美「暑さじゃないとすると───」

真美「ははーん。お姫ちん取られてさびちいんだね」

響「そ、そんなんじゃないぞ!」

真美「わかりやすいな→」

真美「真美が慰めてあげよっか?」ダキッ

響「うぎゃー抱きつくなー!」///
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/23(月) 13:21:28.76 ID:mfHSYwcyo
真美「やよいっちもカモーン!」

やよい「え、私も?」

真美「我々テイルズオブわんつ→は、ひびきんと合体してテイルズオブわんわんつ→になるのだ!」

やよい「わーい」ダキ

響「やよいまでー!」///

やよい「えへへ。ちょっぴり恥ずかしいけど楽しいね」

真美「ひびきんの健康的な肌が羨ましいよ→」ナデリナデリ

響「うひゃっ!? お腹をなでるなー! くすぐったいぞ!」

やよい「えいっ」コショコショ

響「わひゃひゃ! やよいタンマタンマ!」

真美「ひびきんの豪華客船美!」ナデナデ

響「ひゃっ!? どこ触ってるんだ!」///
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/23(月) 13:22:38.17 ID:mfHSYwcyo
やよい「ごめんなさい響さん。でもちょっと楽しいかも」ナデナデ

響「ひゃんっ!」///

真美「可愛い声出すのう」

やよい「……」

真美「うぇっへっへ」

やよい「」ツン

真美「ひゃぁ!?」///

やよい「」ツンツンツン

真美「あひゃひゃひゃ! やよいっちが表返ったー!」

やよい「えへへ。響さんばっかり可哀想かなーって」

響「そうだな。えいっ」コチョコチョ

やよい「やんっ!」///

響「全員やられないと不公平だからな!」コチョコチョコチョ

やよい「あはははは! くすぐったいですー!」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/23(月) 13:23:23.68 ID:mfHSYwcyo
やよい「えいっ」モミモミ

真美「いやーん」

やよい「あれ、真美また大きくなった?」

真美「成長期だからね→」

千早の視線「……」

響(千早の視線が……胸の話が聞こえて怒ったのかな?)

千早の視線「っ……っ……」

響(千早の視線が春香とやよいの間を泳いでるぞ)

響(春香のところにいるか、こっちに混ざるか葛藤している……)



千早「………………!」ギュ

春香「わぁっ。力強いよ千早ちゃん」

千早「う~」

春香「千早ちゃんは甘えん坊さんだね。よしよし」ニヘラ

千早(ごめんなさい高槻さん。ごめんなさい)ポロポロ



響(泣いてる……)
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/24(火) 02:00:45.81 ID:08k82SvK0
やよいの下着姿について詳しく
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/24(火) 13:51:19.82 ID:dJJwgJweo
>>36
子ども組はみんなハーフトップとおぱぁんつの妄想をしながら書いてますが、もっといいのがあれば適当に脳内補完しつつ教えてください

続き投下します
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/24(火) 13:51:48.82 ID:dJJwgJweo
◆◆◆


律子「まったく、なにやってるんだか」

小鳥「この特殊な状況でみんな謎のテンションになってますね」

律子「こっちは大変だって言うのに」

亜美「りっちゃんなにしてんの?」

律子「P殿が休んじゃったから、私が出来る分だけでも手伝っておこうと思ってね」

亜美「大変だね→」

律子「まったくよ」

亜美「兄ちゃん帰ってきたらデートにでも連れてってもらわないとね」

律子「本当だわ」

亜美「……」

律子「あ」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/24(火) 13:52:59.42 ID:dJJwgJweo
亜美「ふーん」ニヤニヤ

律子「い、今のは言葉のアヤで!」///

律子「こら亜美ー!」

亜美「あはははは!」

亜美「大丈夫だよりっちゃん」

律子「なにがよ」

亜美「りっちゃんのお願いなら兄ちゃんは喜んでデートしてくれるYO」

律子「そんなこと言ってあんたは………………本当?」

亜美「だいじょーぶだいじょーぶ! 兄ちゃんもりっちゃんに日頃のお礼をしなきゃって言ってたよ(適当)」

律子「じゃあ思い切って誘ってみようかしら。──ああっ、もちろん普段サポートしてる埋め合わせって意味でよ! 深い意味はないから!」

亜美「はいはい」

律子「もう」///
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/24(火) 13:54:15.48 ID:dJJwgJweo
亜美「そうと決まれば、兄ちゃん誘う前に準備しなきゃね!」

律子「準備? ──ひゃん!」

亜美「兄ちゃんおっぱい星人だから、りっちゃんも大っきくしとかないと」モミモミ

律子「こら──!」///

亜美「あずさお姉ちゃん、ちょっとちょっと」

あずさ「なにかしら~」

亜美「もみもみ」モミモミ

あずさ「あら~」

亜美「あずさお姉ちゃんぐらい大っきくしとかないと!」

律子「そんなの無理に決まってるでしょ!」

亜美「わかんないよー。りっちゃん身長の割に結構大っきいし、今から揉みしだけば、あずさお姉ちゃんサイズになるかも」モミモミモミモミ

律子「あんっ──な、なるかぁー!」

亜美「」モミモミモミモミ

あずさ「なんで私は胸を揉まれてるのかしら~」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/24(火) 13:55:20.02 ID:dJJwgJweo
亜美「うぇっへっへ」

律子「この……いい加減にしなさい!」モミ

亜美「ひゃっ!?」///

亜美「やばい──退散!」ダッ

律子「あずささん!」

あずさ「はい~」ガシッ

亜美「わー! 捕まったー!」ジタバタ

律子「ふっふっふ。覚悟しなさい」

亜美「わー!」

律子「えいっえいっ」モミモミ

あずさ「えい~」サワサワ

亜美「いやっ、やぁ……!」///
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 13:18:00.25 ID:r7dYWG8bo
◆◆◆


小鳥「………………」


イチャイチャ


アンアン


小鳥(眼福だけど、自分が皆の和に入れていないことに一抹の寂しさを覚える)

小鳥(やっぱり私にはPさんしかいないわ!)



ピンポーン



小鳥「あ、はーい」

業者「エアコンのお取り替えに伺いましたー」

小鳥「今日だったのね。はーい、今開けます」ガチャ
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 13:18:37.04 ID:r7dYWG8bo
業者「あ、すみません。よろしくお願い──!?!?!?」


イチャイチャ

アンアン


業者「ええ、えぇっ!?!?」

小鳥「暑い中すみません。よろしくお願いいたします」

業者「は、はひっ! よろしくお願いいたします!」///

小鳥「みんなー! やっとエアコンが直るわよー!」

「「わーい!」」

業者(マジかよ。なんだこいつら)
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 13:19:25.53 ID:r7dYWG8bo
◆◆◆


業者「これで作業はすべて終わりですので。それでは失礼いたします」

小鳥「ありがとうございました。あっ、よろしければ少し休憩していかれませんか? お茶菓子くらいならありますので」

業者「いいいえ、お構いなく! 次の予定もありますので!」

小鳥「そうですか」

業者「それでは!」



律子「あーよかった。これで夏を乗り切れるわね」

春香「あの……もう服着てもいいんじゃないですか?」

小鳥「そうね、着ましょうか。あーよかったよかった───」


「「……………………………………」」


「「ああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 13:20:14.63 ID:r7dYWG8bo
◆翌日◆


美希「春香~♪」スリスリ

千早「春香♪」ギユー

春香「えへへ~」


P「おはよう春香。俺がいない間、なにか変わったことはあったか?」

春香「いいえ! なんにも!!」

P「そうか」


美希「春香~♪」スリスリ

千早「春香♪」ギユー

春香「えへへ~」


P「………………」


P「今日も平和だな」







おわり
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 13:21:07.34 ID:r7dYWG8bo
お付き合いありがとうございました
依頼出してきます
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 13:23:19.35 ID:r7dYWG8bo
前に書いた765のSS貼っておくので
よろしければご覧ください

P「団結2015を収録するぞー」


亜美「タイムマシンに飛び乗って!」真美「ラジャー!」


53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 16:37:02.38 ID:s66XXilOO
あ、団結の人か
暑さでいい頭の緩み具合だった
おつ
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 17:48:47.71 ID:/b+IHG0DO

おう、業者の兄ちゃん ちっとそこ変われや
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/25(水) 20:23:20.49 ID:HuBK28Jgo
そんな格好なのに小鳥さん修理業者中に入れるのか

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

さかき

暑いし、仕方ないよな


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS