FC2ブログ
1: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 01:23:00.26 ID:Wibv0Sqk0
モバP(以降P表記。そかそか)「……暑ぃ」ムクッ

P「あ゛~…エアコン切れた途端目が覚める暑さって何だよコンチクショウ。だからと言って付けっぱなしにするのもなぁ…」

芳乃「すやぁ…」

P「芳乃は爆睡してるけど」

P「…しゃーない。扇風機付けよ」ポチッ

P「今日も仕事なんだしさっさと寝たいんだけどなぁ…」

P「……」

P「駄目だ扇風機じゃこの暑さに歯が立たん」

P「キンキンに冷えた麦茶でも飲んで保冷剤タオルに包んで首の下に敷いて寝るとしよう」

P「…だから一旦離してくれないか芳乃さんやい」

芳乃「やー、でしてぇ…」グー

P「寝てるんだよな?」グイグイッ

芳乃「寝ておりましてぇ…」スピィ

P「会話が成立してるけど寝てるんだよな?くっ…!すごいちからだ!」グイグイッ

芳乃「むにゃぁ…」

P「…」

P「……」

P「諦めてグラブルでもしてるか」ダンチョーチャン!


----------


P「てな感じが最近続いておりまして」

ちひろ「アホですか」

ちひろ「まったく…目の下にクマ作ってるから一体何があったのかと表面上心配してみてあげたらコレですよ」

P「灼熱焦熱の国埼玉の生まれなんで暑いのは苦手なんですよ」

ちひろ「その割に冬は冬でモコモコに着込んで震えてますよね」

P「何かスヤッと安眠できる方法ってありませんかね」

ちひろ「薬物の類は抜きにしてですか?」

P「真っ先にそんな発想かよ怖ぇよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1532535779
2: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 01:28:16.80 ID:Wibv0Sqk0
ちひろ「素直にクーラーつけちゃえばいいじゃないですか。電気代より熱中症で倒れるほうが7倍近くお金掛かるんですよ?」

P「そこそこの稼ぎはあるんで正直電気代はどうでもいいんですけど。冷房つけっぱにするといつの間にか芳乃が潜り込んでくるんですよ」

ちひろ「芳乃ちゃんの部屋にはエアコン無いんですか?」

P「完備してますよ。でもエアコン好きじゃないらしくて全然使わないんですよ。その癖俺が使うとゴソゴソ潜り込んでくるし」

ちひろ「それ単なる口実にしてるだけな気が」

P「扇風機だとこの時期の暑さには分が悪いですし、この前なんてつい冷蔵庫開けっ放しにして頭突っ込んでましたよ」

P「たまに少し気温が下がったり良い感じに風が吹いたりして今夜は寝やすいかなぁ、なんて思っててもすっかり寝付きが悪くなっちゃって…」

ちひろ「だからと言ってスマホ弄ってたら尚更逆効果でしょうが」

P「ご安心を。職務中に居眠りなんて真似はしませんので」

ちひろ「いや気づいてないかもしれませんけどたまに白目剥いて仕事してますからねアンタ」

ちひろ「事務所はこの通り冷房バッチリ効いてるんですから昼休みにでも仮眠取ったらどうですか?」

P「うーん…横になっても目と頭が冴えてて全然眠くならないんですよねぇ」

P「だから仕方なくイチかバチかダメ元で暇潰しに嫌々ちひろさんに相談してるんですけど」

ちひろ「そろそろ白黒ハッキリつけましょうよ嫌いですか?私のこと嫌いですか?」

P「いやー、何か良いアイディアありませんかねぇ」

ちひろ「知りませんよググればいいんじゃないですかー?ふーんだっ」


----------


P「そして今夜も暑ぃでごぜーますよ…」

P「芳乃ーただでさえ暑いんだから離れてくれー…お願いだから」

芳乃「すやぁ」ギュゥゥッ

P「絶対起きてるだろ聞こえてるだろ握力強まったぞおい」

P「仕方ない、エアコン付けるか…でも最近暑くなくても眠れなくなっちゃってるんだよなぁ」ピッ

芳乃「むぅ~…?」ゴソゴソ

P「涼しくしてあげたのに何でパジャマ脱ぐのさ!」
3: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 01:31:57.47 ID:Wibv0Sqk0


P「そして昨夜もまともに眠れないまま仕事をしている訳ですよ」カタカタカタ

志希「にゃーっはっはっはー!出来たよ~♪どんな強固な理性もひっぺがす特性媚薬~っ」ガチャッ

志希「んでもさっき奏ちゃんにぶっかけちゃったんだけどねー。……あれ、どしたの?」

P「おう、おはようハスハス。どしたのって何がだよ」

志希「うんおはよ。え、いやだってプロデューサー。いつもと全然様子が違うし。鏡見た?」

P「えっ?……なんだ、いつも通りの彩国紳士じゃないか」

志希「えー、いつもと違って目のハイライトは12%薄くなってるし声のトーンは6%弱いしツナマヨおにぎりの匂いするし志希ちゃんお腹空いたし」

P「まだ残ってるからお食べ」スッ

志希「わーい♪」

志希「あむあむ……あ、匂いも違う。この匂いは……ズバリ寝不足だねっ!?」

P「おー当たり。凄いな匂いでそんな事まで分かるのか」

志希「目のクマ凄いよー?」モグモグ

P「見た目かよ」

志希「どうしたのプロデューサー眠れないの?夜更かしはダメだよお肌に悪いよ?」

P「最近クソ暑いだろ…最近はもう諦めてエアコンつけて寝てるんだけどさ、すっかり寝つきが悪くなっちまって」

志希「んっふっふー♪そんなアナタに!」ゴソゴソ

P「ああ、睡眠薬の類は無しな?」

志希「がーん!志希ちゃんのアイデンティティが!」

P「すまんな、子供の頃から薬はバファ〇ンしか飲まないって決めてるんだ」

志希「アレそんなに万能薬って訳でも無いと思うよー?」

P「何言ってんだ半分は優しさで出来てるんだぞ?この世で優しさより人を癒すものが存在するのか」

志希「どんだけ荒んだ人生送ってきたんだよう…」ナデナデ

P「気持ちはうれしいけどおにぎり食べて手ぇ洗った?」
4: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 01:33:53.09 ID:Wibv0Sqk0
志希「あ、寝る前にあったかいホットミルク飲んで軽くストレッチすると朝までグッスリだって漫画に描いてあったよ?」

P「それ吉良吉影の安眠法じゃねえか」

志希「んー、それじゃあ何かゆったりした曲を聴きながら寝るとか?」

P「逆に気になっても眠れなくなるタイプなんよ」

志希「羊を数えるとか。あ、これほんとは日本語じゃ意味無いんだけどね」

P「数えてるうちにいつの間にか頭の中でラム料理考えてるんだよなぁ」

志希「にゃーっ!ワガママだなぁもう!」プンスカ

P「そんなすぐ思いつくような事は粗方試してるっつーの!」

志希「諦めてコレ使いなよコレ!「服用すると春までグッスリ快眠できるクスリ」!」デンッ!

P「年越してるじゃねえか却下だ却下!」

志希「何か柔らかいものを抱えて寝ると安心するんだよ!」カッ

P「毎晩逆に抱えられてるわ!」

志希「安眠枕にしてみるとか!」クワッ

P「小日向プロデュースのやつ既に使ってるわ!」

志希「ストレッチじゃ生温いから疲れ果ててグッタリするまで運動して寝るとか!」シャーッ!

P「翌日の仕事に支障が出るわオッサンの体力を舐めるな!」

志希「んもーっ!いくらジーニアスでモノスゲーイなアタシでもケミスト封印されたら打つ手無しだよー!」

P「お前のサイエンス頼りにしてたら最初から睡眠薬作ってもらうっつーの!」

志希「…」

P「…」

志希「……」

P「……」

志希「ホットミルク、のむ?」

P「飲む」
5: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 01:45:29.57 ID:Wibv0Sqk0
志希「はーい暖かいものどーぞ?」

P「暖かいものどうも」ズズッ

P「激熱っ!」

志希「にゃははー♪ラングドシャ~」

志希「ほい、ゆっくりゆっくり飲んで飲んでほらほらはよはよ」

P「ゆっくり飲むの?早く飲むの?」

志希「そしたらベッドの上にどーん!はい横になってー」

P「わざわざ仮眠室に連れてきて何するかと思えば…結局吉良吉影安眠法か痛い痛い痛いっ!」

志希「でもって軽ーくストレッチー。カッチカチの体も心もアンロック~♪」グイグイッメキッミシッ

P「あだだだだっ!ちょっ、自分のペースでやるから!それじゃただのサブミッションだよ!」

志希「どうどう?セロトニンが良い感じに分泌されてきたんじゃないかな~?」

P「アドレナリンばかりでごぜーますよ!」

志希「えーっ?おっかしいなぁーリラックスしてない?」グイッグイッ

P「可動範囲を超えるストレッチさせられながらけしからんボディをワザとらしく背中に押し付けられてどうリラックスせぇっちゅーねん」

志希「んー不思議だねぇ。キョーミ深いね。ゾクゾクするよ」

P「痛て…単に腰が痛くなっただけなんだが」

志希「それじゃあはいっ。アタシの脱ぎたて白衣~」バサッ

P「モガガッ!」

志希「はい、大きく深呼吸~。胸いっぱい肺いっぱいにスメルを吸引してー………どお?」

P「息苦しい以外の何物でもねぇよ!」バサッ!

志希「そんなぁ~!アタシはキミの上着クンスカしてると5秒でグッスリだよ?」

P「担当アイドルの着衣嗅がないと睡眠を取れないというなら喜んで不眠症になろうじゃないか」

志希「くんかくんか……あ、もしかしてレッスンの後の匂いじゃないと?」

P「社畜ちょっぷ!」シュッ

志希「ふにゃ!」
6: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 01:55:51.77 ID:Wibv0Sqk0
志希「んじゃありきたりでツマンナイけど、こんなんどうかにゃ~?」キュポッ

P「だから怪しいクスリは無しだっての」

志希「キミはアタシを一体何だと思ってるのさ」

P「目を離すと失踪するか好奇心が疾走するかどっちかしかないマァッドゥサイエンティスト」

志希「あのね、一応アタシにも人並みに傷つくハートはあるんだよ?」

P「んで、何それ」

志希「スルーは酷いなぁ…ま、別にいーけど」スッ

P「すんすん…何か匂うな」

志希「志希ちゃん特性ブレンドのリラックスアロマだよ~。ストレスとかで自律神経が昂ってると睡眠障害になるからねー」

志希「どうどう?効きそ?」

P「んー…いい匂いなのは分かるけど、どうだろ」クンクン

志希「んじゃ試しに焚いてみるから横になって?はいシャツを脱いでー横になってー目を閉じてー」

P「……」

志希「ふぉお?ふぇふえひょう?」ハムハム

P「横で人のシャツに何してんだテメェ状態で眠れそうにありません」

志希「どお?眠れそう?」

P「シャツべとべとじゃねぇか」

志希「はいはい気にしない気にしなーい。目を閉じてて。リラックスだよ~♪」

P「……」

P(…あ、でも何かこのまま眠れそうな気がする。アロマ凄い)

志希「眠った?ねぇねぇ眠った?」ツンツン

P「寝かせたいんかい寝かせたくないんかい」

志希「構ってほしい!」

P「言っちゃったよこの娘」

志希「でもキミが本調子じゃないのはアタシとしても不本意だよー。志希ちゃんどうすればいいと思う?」

P「構いたくない時に限って甘えてくるの何なの?猫なの?」

志希「にゃー?」

P「可愛いとは思うけど寝不足で若干ピリついてるからイラッともする」

志希「え、ひどくない?」
7: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 01:58:00.65 ID:Wibv0Sqk0
志希「よしっ!それじゃあ最終手段っ。リーサルウェポンいってみよー!」

P「そんなんあるなら最初から出してくれよ」

志希「んしょ、よいしょっ」ズリズリ

P「何でお前までベッドに上がるん?」

志希「ささ、どぞどぞ~♪」ポンポンッ

P「何それ」

志希「んー?見てわかんない?」

P「膝枕?」

志希「にゃははー♪ピンポンピンポーンっ」

P「あ、結構です」

志希「アタシにも人並みに傷つくハートはあるんだってば!」

志希「ええい実力行使だっ!」ボフッ

P「枕取られたかと思いきや次の瞬間担当アイドルの膝の上に落ちる後頭部!」

志希「ふっふー。志希ちゃん枕は如何かなー?」

P「…恥ずかしくない?」

志希「…ちみっとだけ?」

P「こんなところを千川にでも目撃されたら今月の給料モバコインカードで支給されるぞ」ムクッ

志希「起きちゃダメっ」ゴキッ

P「がはっ」

志希「はいそのまま目を閉じて~リラックスだよ~キミは段々眠くなる~眠くなる~一ノ瀬志希ちゃん大好きになる~」

P「」

志希「あれ?何だかんだ言いながらアタシの太ももであっさり寝ちゃったねぇ~」

P「」

志希「目のクマすっご。ちゃらんぽらんしてるフリしてストレス貯めてるのかなぁ」

P「」チーン
9: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 02:13:29.69 ID:Wibv0Sqk0
志希「アタシ、キミに甘えすぎちゃってる?でも仕方ないよねぇ~」ツンツン

P「」

志希「ギフテットでも気まぐれでもすぐどっか行っちゃってもいいからアイドルにしたい、なんてキミぐらいだよ?そんな変な事言う人は」

志希「面白そうだったしキミは良いニオイだしホイホイ釣られちゃったけどさー。んっふふー♪お陰で毎日退屈知らずだよ~」

志希「アタシでも全然わかんない事が沢山だし。みんな面白くて興味深いし。これでもうちょっとお仕置き手加減してくれると嬉しいなぁ」プニッ

P「……ハッ!?」

志希「あ、起きちゃった」

P「…あれ?俺は一体…」

志希「おっはよー。ぐっすり眠れた?志希ちゃんのお膝はそんなに寝心地良かった?」

P「え、寝てた?…まるで頸椎キめられて気絶してたような気がするんだけど」

志希「き、きき気のせいじゃないかにゃー?」

P「気のせいか…そっか。首が横に曲がらないけど気のせいか…」

P「……何だよ、そんなニヤニヤして」

志希「んーんー?やっぱりキミといると退屈しないな~って♪」

P「貴様何を盛った」

志希「アタシの信用低すぎない!?」

P「千川よりは信用してるぞ」

志希「それ事実上ワースト2だよね!」

P「この機会にだね、日頃の行いというものをだね」

志希「うりゃ!こーしてやる!」ムニュギュッ

P「83cmのアイピロー!」



志希「さっきまで生命だったものがあたり一面に転がる~♪」

P「史上最悪の子守歌だな」

志希「もう眠れない?焼きたてのサンマにお醤油を垂らしたニオイのアロマあるけど使う?」

P「眠れる訳があるかぁ」

P「それよりもういいぞ?いつまでもオッサンの頭乗っけてると足痛くなるだろ」

志希「お構いなく~♪今キミの白髪探してるから」

P「ま、まだそこまでの歳じゃないやい!」

志希「1本はっけ~ん♪」ブチブチィ

P「数本いってません!?」
10: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 03:27:27.93 ID:Wibv0Sqk0
志希「まだ寝れない?膝枕ダメなら添い寝する?」

P「社会的にしんでしまいますやめてください」

P「さっきのアロマは良い感じだったけどな」

志希「そーなの?だったら寝ちゃえば良かったのに」

P「自分を構えって起こしたのは誰だよ!」

志希「誰かなぁ~?」

P「今履いてる靴下嗅ぐ?」

志希「アタシにもフレグランス選ぶ権利があると思いますっ!」

P「境界線がいまいち分からねーですよ」

P「さっきのアロマって志希のオリジナルなんだよな?」

志希「ふっふー、そうだよー♪」

志希「凄いでしょ?最高でしょ?天才でしょっ?」

P「はいはい凄い凄い」

志希「んふふーっ♪もっと褒めて褒めて~♪」

P「凄い凄い志希ちゃんサイコーチョーイイネ」

志希「感情が籠ってなぁーい!」ムギュッ

P「だから押し付けんモガモガモガ!」

志希「にゃっはっは~♪はいオヤスミー」

P「ぷはぁっ!永遠の眠りにつくわぁ!」

志希「あはははははははははっ!」

P「何が可笑しいッ!!」コチョコチョコチョコチョ

志希「に゛ゃははははははははははははっ!!?」
13: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 03:58:33.39 ID:Wibv0Sqk0
志希「ち、ちょっ……足腰立たない…」ハァハァ

P「服着崩れてるぞ。はしたないからちゃんとしなさい」

志希「誰のせいだよぅ…」イソイソ

P「結局このアロマが一番効果ありそうだな」

P「なぁ、これと同じもの頼めるか?」

志希「ん~…?いいよソレあげる~。元々キミの為に作ったんだしねー」

P「え、そうなの?」

志希「うん、そうなの」

P「だったら最初からそう言ってくれね?」

志希「だってそしたらこーしてたっぷりキミのスメルを服に染み込ませられないも~ん」

P「計算尽くかい」

志希「ふっふ~。志希ちゃんジーニアスだからねぇ」

P「天才っつーか天災だよディザスターだよもうちょい自粛してくれると助かるよ」

志希「止めろとは言わないんだね?」

P「言って止めるハスハスじゃないし言って止めたらハスハスじゃないだろ」

志希「にゃははっ♪キミのそういうトコ好きだよ~」

P「そういうトコ?」

志希「結構チョロいとこ」

P「さぁ、実験を始めようか」コチョコチョコチョコチョコチョ

志希「に゛ゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃはははははっ!!!?」
14: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 04:11:34.30 ID:Wibv0Sqk0
----------

P「と言うわけで安眠のために特製アロマを使ってみるですよ」

芳乃「すんすん」

P「芳乃ステイ。まだ使ってない」

芳乃「雌の匂いがしますのでー」ボソッ

P「どれ、では早速試してみようか。確かマグカップにお湯を入れて、そこに1、2滴垂らして…」

芳乃「くんくん……岩手、18歳、藍原ことみの匂いがしましてー」

P「…お、良い感じに匂いが広まってきた。おぉー、どうだ芳乃。これならリラックスして熟睡出来そうじゃね?」

芳乃「すんすんくんくん」

P「嗅ぐの俺じゃなくて」

芳乃「ほー?」スピスピ

芳乃「なるほどなるほどー。良い香りがしておりますー」

P「だろ?」

芳乃「ですがー」

P「うん?」

芳乃「お腹が空いてしまう匂いなのでしてー?」

P「…あ、これ焼きたてのサンマにお醤油を垂らしたニオイだわ」









アッキー「お…終わりだ…」

優「いい加減諦めてトリミングしようよ暑いでしょ?」
17: ◆Dm8ArSIo3MOQ 2018/07/26(木) 04:20:24.07 ID:Wibv0Sqk0
まだまだ暑い日が続きますね皆さん水分補給は大丈夫でしょうか。暑さで奪われるのは水分だけでなく体力もなので水分をとるだけでなくしっかり休養を取る事も忘れずに。
ってな訳で仰向けになって巣の周りをズリズリ這いずり回る奇行に走るウチのハムスターから思いつきましたハスハスSSでした。ロクな目に合わせてなくてゴメンよ…全部暑いからいけないんだ。
次回は多分某橘ありすの誕生日SSになると思います、晴の分も一緒くたにして。
また素っ頓狂な内容になるかもしれませんが埼玉の風潮です。


オツカーレ
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/26(木) 04:24:23.14 ID:Q1n+ke7DO


名古屋も暑いよ。岐阜も暑いよ……気をつけて



次回はありす……千枝主催の、桃華と梨沙と晴と莉嘉を巻き込んだロシアン式なら喜んで

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ