FC2ブログ

黒子「獣王クロコダイン・・・」

1: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:47:01 ID:kYnSqnxh0
美琴「佐天さん、見た?」

佐天「もっちろん見ましたよ!」

美琴「最高だったわ!ダイの大冒険のリメイク!」

佐天「いっやー!ホント面白かったですね!」

黒子「流石、通の間では少年漫画の教科書と評されている作品でした」

初春「キミwwwwヨwwwwwwww」


注目記事




3: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:48:55 ID:kYnSqnxh0
美琴「40巻超えないであの完成度は本当に凄いわ!」

佐天「それでいてキャラクターも魅力的ですし!」

黒子「一作目のラストは酷いデキでしたが、今回のリメイクは感動ですの」

美琴「あたしらの世代がこの作品を見れるなんて・・・」ブルブル

佐天「それも豪華声優を使った完全リメイクアニメでなんて・・・」ブルブル

美琴・佐天「超サイコー!」

初春「勃wwwwテwwwwwwww」
4: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:49:44 ID:kYnSqnxh0
「くっ・・・ハドラー!」

「俺の部下になれェ!そうすれば世界の半分を与えてやるぞォ…!!」

「せんせーの幻想ストラッシュが・・・ってミサカはミサカは慌ててみたり」



白井「あら、公園から声が聞こえますの」

佐天「ダイ大ごっこですか~」

美琴「休日の朝からなんて大人気ね!」

初春「キミwwwwヨwwwwwwww」
5: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:50:59 ID:kYnSqnxh0
佐天「お二人はどのキャラクターが好きでした?」

美琴「あたしは断然ヒュンケル!」

黒子「始まりましたの・・・」

美琴「ヒュンケルはね、いっつもカッコ良く登場するの!」

美琴「それで命がけであたしを助けてくれるのよ!!」

初春「ゆwwwwくノダwwwwwwww」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11 21:51:31 ID:JyMNcARZ0
ウイハルー!
7: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:51:52 ID:kYnSqnxh0
初春「そらをwwwwヤブwwwwれwwww」

佐天(御坂さん、アタマ大丈夫ですか?)ヒソヒソ

黒子(二次のヒュンケルと三次の上条さんをごっちゃにしてますの)ヒソヒソ

佐天(イケメンと美味しいとこ取りは共通してるか)ヒソヒソ

黒子(ヒュンケルが出るとテレビ占領されるんですの・・・)ヒソヒソ

初春「うみをwwwwモヤwwwwせwwww」
8: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:52:50 ID:kYnSqnxh0
美琴「あのときだって・・・って二人とも聞いてる!?」

黒子「えっ、えーと」チラッ

佐天「そっ、そういえば私の好きなキャラ言ってませんでした」

美琴「おー誰?誰?」

黒子(ナイス話し逸らしですの!)

初春「ゆめwwwwをwwwwwwww」
9: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:54:06 ID:kYnSqnxh0
佐天「やっぱり大魔道士ポップですよ!」ビシィ

美琴「ポップもいいわよね~!」

佐天「竜騎衆を1人で止めに行ったとこなんか涙無しでは見れません」

黒子「『閃光のように……!!!』のシーンは痺れましたわ」

佐天「ただの人間が大魔王をビビらせたのは胸がスカッとしました!」

美琴「ええ、新しいパンツをはいたばかりの正月元旦の朝のようにね」

初春「つwwwwらwwwwぬwwwwけwwwwwwww」
10: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:55:41 ID:kYnSqnxh0
佐天「いやー!この漫画は絶対に売らないですよ!」

黒子「子供が学ぶべきモノがたくさん詰っていますからね」

美琴「そういや黒子は誰が好きなの?」

黒子「へ?話してませんでした?」

佐天「白井さんが絶賛するのってストーリーだけでしたよ」

黒子「そういうつもりはありませんでしたが」

初春「いwwwwつwwwwのwwww日wwwwかwwwwwwww」
12: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:56:43 ID:kYnSqnxh0
初春「キミwwwwはwwwwwwww」

美琴「一緒に見てても誰が好きか判断できなかったわ」

黒子(御姉様は態度というか行動に表れすぎですの)

佐天「普段クールな白井さんが好きなキャラって気になる~♪」

美琴「あたしらの中で一番見かえしてるじゃない、この作品」

初春「たwwwwおwwwwれwwwwたwwww敵にwwwwwwww」
13: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:57:47 ID:kYnSqnxh0
初春「テをさwwwwしのwwwwべwwwwwwww」

佐天「ダイ大一のファンの目では、誰が最も評価が高いのか!?」

美琴「ねぇ!おせーて!おせーて黒子先生!」

黒子「そこまで言われると照れますの///」

美琴・佐天「おおーーーー!」パチパチパチパチ

初春「ゆwるwすwwwwだwwwwろwwwwwwww」
14: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 21:59:45 ID:kYnSqnxh0
黒子「怪力と鋼鉄のように頑強な肉体、強靭な生命力を持ち」

黒子「アバンの使途たちを何度も救った生粋の武人!」

黒子「主の為ならその命も厭わない忠義の心も持ち合わせている」

黒子「その名は・・・・・・」



黒子「獣王クロコダイン!!」

美琴・佐天「・・・・・・・・」
15: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:00:30 ID:kYnSqnxh0
黒子「人格者で、敵味方から評価を受けていた・・・て」

美琴「・・・・・・・・」

黒子「ちょっとお姉様、聞いていますの?」

佐天「・・・・・・・・」

黒子「佐天さんまで――」

初春「おっwwwwおっwwwwwwww」
17: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:01:33 ID:kYnSqnxh0
美琴「ク、クロコダイーーーーン !」クワッ

黒子「え?」

佐天「おっさーーーーん!!」

黒子「え?え?」キョロキョロ

美琴・佐天「ぐわあああああっ!!」

黒子「・・・・・・・・」

初春「ゆwwうwwしゃwwよwwwwwwww」
18: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:03:24 ID:kYnSqnxh0
黒子「お二人とも何を・・・」

美琴・佐天「ぐわあああああああああ」

黒子「あの・・・」

美琴・佐天「ぐわあああああっwwww」

黒子「・・・・・・・・」ブルブル

黒子「なんで笑うんですの!!」バンッ

初春「イマwwwwはwwwwwwww」
20: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:05:03 ID:kYnSqnxh0
黒子「クロコダインは人格者で、常にみんなを支えていました!」

美琴「肉壁としてwwwwでしょwwww」

佐天「ヒドwwwwうぃwwww」

黒子「クロコダインがやられるところをネタにするなんて・・・」

美琴「だって役立たずじゃんwwwwピンクワニwwww」

佐天「前半まではwwww少しは働いてましたってwwww」

初春「まっすwwwwぐwwwwにwwww走れwwwww」
21: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:07:22 ID:kYnSqnxh0
黒子「たしかに、戦闘力では周囲に追いついてはいませんでした」

美琴・佐天「wwww」

黒子「サポート面でしか活躍できなかったかもしれません、ですが!!」

黒子「オリハルコンですら真っ二つにする竜闘気の込られた剣の一撃を喰らい
   剣が劣化してなかったらハドラーですら1撃で倒せるギガブレイクを2発も耐え
   ギガブレイクの傷も癒えてないのに竜魔人バランに心臓付近を貫かれて
   ホイミで少し回復しただけで再び戦線に加わってピンチだったダイを助け
   六団長最強の竜魔人バランを剛力で振り回し
   ヒュンケルを一発で昏倒させたライディンを喰らって倒れましたが
   呼びかけひとつで再び起き上がり、ヒュンケルにダイを救わせたのです!    」

初春「みちのwwwwハテでwwwwwwww」
22: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:09:15 ID:kYnSqnxh0
黒子「実際、クロコダインの評価はかなりの――」

美琴「死に場所くらいwwww好きに決めさせてくれいwwww」

佐天「悪いけどwwwwおっさんはレベル外ってことかwwww」

黒子「くっ・・・」

美琴・佐天「ぐわあああああっwwww」

初春「はなwwwwがwwwwふるえwwww」
23: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:11:40 ID:kYnSqnxh0
佐天「うなれッwwww真空の斧よwwww」

美琴「獣王痛wwww恨wwww撃wwww」

黒子「・・・・・・・・」

佐天「生きとし生けるものにはすべてwwww」

美琴「太陽が必要なのだwwww」

初春「キミをwwww待ってるwwwwwwww」
24: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:13:43 ID:kYnSqnxh0
佐天「うっはwwww」

美琴「テラ詩人wwww」

黒子「・・・・・・・・」ピキッ

黒子「貴方たちは本当にヒュンケルやポップのファンなのですか!?」

初春「ハシレwwwwハシレwwwwハシレwwww」
25: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:15:45 ID:kYnSqnxh0
黒子「二人ともクロコダインに命を救われたのを忘れましたの?」

黒子「ときには道を説き、ときにはみんなを慰めていた重要キャラです!!」

黒子「ダイ大スレが立てば最も名前が挙がるんですよ!!」

黒子「ポップが苦戦したシグマにだって優勢でしたし」

黒子「ヒュンケルを信じぬいたことで、光の闘気覚醒も成功しました」

初春「ススメwwwwススメwwwwススメwwww」
26: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:17:25 ID:kYnSqnxh0
佐天「シグマに優勢?奇跡的に善戦しただけwwww」

美琴「間接的な活躍だけで全敗ぐわああああwwww」

黒子「どうして結果ばかりしか見ませんの!」グスッ

黒子「クロコダインはみんなに愛されています」

黒子「その証拠にファンからこういったテンプレが出ています」

黒子「理不尽にも大魔王に玉にされましたが、本当の実力なら――」

初春「いwwwwそwwwwげwwwwwwww」
28: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:20:52 ID:kYnSqnxh0
クロコダイン「オレのすべてを こめてぇぇつ!! 」
ポップ「ぶちかませぇぇーーツ!! おっさんッ!!」
クロコダイン「獣王会心撃ッ!!!」
バーン「く…! 余を…! この大魔王バーンをなめるでないわーーーつ!!」
ドガアアアアアアアアアアアン
バーン「しのいだり…! これで目の前の会心撃を迎撃すればっ…!
     すべては終わりだーーっ!! 」
バーン「!?
     た…ただの会心撃では無い!!!
     これはッ…!! も…もう一つの… 逆回転の渦がああっ…!!」
クロコダイン「獣王激烈掌ッ!!!」
ズギャアアアアアアアアア
バーン「…お…おおおっ…!
     いかなる武器にも勝るはずの… 余の… 腕がッ…!」
ポップ「…破った… 破ったぜえぇ!! 天地魔闘の構えーーッ!」
ヒム「…ブロック…見ろよ…!
   オレたちが宿敵と認めた奴らは… やっぱりただ者じゃなかったぜ…!」
29: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:21:36 ID:kYnSqnxh0
一瞬… であった…!!
大魔王が激烈掌で腕をねじ切られ よもやの事態に我を失ってから この瞬間まで…!
それは 時間にしても… 一秒にも満たない間だった!!
だが… その間に…!! クロコダインは次の行動を起こしていた…!!
クロコダイン「カアァーーーーッ!!」
バーン「う…オオオオッ…!あ… 熱い 全身が動かんッ!!」
クロコダイン「焼け付く息… オレの奥の手だ…
        いかに大魔王とて無防備でくらえば…ッ 動くことはできんッ!」
クロコダイン「ガチガチに麻痺したところで首をはねる…! これがオレの必勝戦法よ!!」
バーン「っ!!」
クロコダイン「大魔王の肉体とて 麻痺した状態では無敵の強度を保ってはいられまいッ!」
クロコダイン「…大魔王バーン 最期の時だ…!!」
30: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:24:10 ID:kYnSqnxh0
黒子「こういったテンプレが様々なスレから見られ――」

佐天「それって・・・ネタにされてるだけじゃ?」

黒子「・・・え?」

美琴「ブフォwwwwwwww」バタバタ

佐天「wwwwwwww」

黒子「え?え?」タジッ

初春「キミwwwwヨwwwwwwww」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11 22:25:27 ID:S+yildgM0
初春歪みねぇな
32: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:26:26 ID:kYnSqnxh0
美琴「クロコダイーーーーン !!」

佐天「おっさーーーーん!」

美琴・佐天「ぐわあああああっwwww」

黒子「だってネットの画像ではヒュンケルよりステータスが・・・」オロオロ

佐天「ちょwwww」

美琴「釣られwwwwワニーwwwww」

初春「ウwwwwテwwwwwwww」
34: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:28:31 ID:kYnSqnxh0
黒子「真の・・・真の力が・・・」エグッエグッ

佐天「オレはwwwwなんたるバカだwwww」

美琴「あんた頭の中ピンク過ぎwwww」

佐天「御坂さんwwww闇の闘気纏い過ぎwww」

黒子「素晴らしい武人なのに・・・」ポロポロ

初春「キミwwwwヨwwwwwwww」
35: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:30:08 ID:kYnSqnxh0
美琴「黒子wwwwダイーーーーンwwww」

佐天「白井wwwwさーーーーんwwww」

美琴・佐天「ぐわあああああっwwww」

黒子「ウワアァーーーーン!!」ダッダッダッダ

初春「かwwwwつノダwwwwwwww」ダッダッダッダ



美琴「いいぞぉwwww人間はぁwwww」

佐天「好都合だぜwwww」
37: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:32:39 ID:kYnSqnxh0
――――とある公園――――



初春「やまをwwwwクダwwwwけwwww」

黒子「はぁ・・・」

黒子「なんで、なんで分かってくれないんでしょう」

黒子「お二人はアバンの使徒ファンの筈ですのに・・・」

黒子「私だけが異端なのでしょうか?」

初春「くもをwwwwオトwwwwせwwww」
38: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:34:10 ID:kYnSqnxh0
「ギガストラッシュだよー!」

「見事だァ!!! 我が全身全霊ェ!!!敗れたりィ!!!! 」



黒子「・・・・・・・・」

黒子「思えば、私って異常な行動ばかりしていました」

黒子「でも・・・だからって獣王のカッコ良さは否定できません・・・」

初春「そのwwwwみwwwwwwww」
39: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:35:51 ID:kYnSqnxh0
打ち止め「あ~楽しかった~♪」

上条「次はバラン役やりたいな!」

一方通行「俺はハドラー様オンリーだぜェ!!」

黒子「あら?」

一方通行「あン?」

上条「おー、白井じゃないか」

初春「なwwwwげwwwwうwwwwてwwwwwwww」
40: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:38:31 ID:kYnSqnxh0
黒子「はぁ・・・ダイ大ごっこは貴方たちでしたの・・・」

上条「いやー、昨日の最終回は本当に面白かったわ」

打ち止め「面白かったよー♪」

黒子「貴方たちの好きなキャラもどうせ――」

一方通行「ハドラー様に決まッてンだろォ!!」

初春「いwwwwつwwwwのwwww日wwwwかwwwwwwww」
41: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:40:11 ID:kYnSqnxh0
初春「キミwwwwはwwwwwwww」

打ち止め「ダイが一番好きー!」ピョンピョン

上条「俺はアバン先生やバランが好きだな」

黒子「はぁ・・・」

黒子(やはり獣王ファンは誰もいない・・・)

初春「しwwwwずwwwwかwwwwなwwww森でwwwwwwww」
43: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:42:45 ID:kYnSqnxh0
初春「歌をwwwwみつwwwwけwwwwwwww」

上条「でもクロコダインもいいよなぁ」

黒子「・・・え?」

打ち止め「ミサカも大好き!」

一方通行「ハドラー様には劣るが、まさに漢と言えるなァ」

初春「ねwむwるwwwwだwwwwろwwwwwwww」
44: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:44:29 ID:kYnSqnxh0
黒子「で、でも獣王はヒュンケルみたいにイケメンではありませんし・・・」

一方通行「クロコダインは最初から魔王軍に忠誠を誓ッてたかンなァ」

一方通行「勘違いで魔王軍やッてたヒュンケルより好きだぜェ」

上条「仲間になったときのワクワク感は一番だったよな」

打ち止め「ダイを守ったから好きー!」

初春「おっwwwwおっwwwwwwww」
46: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:45:42 ID:kYnSqnxh0
黒子「ポップと違ってレベルもそんなに上がりませんでしたし・・・!」

上条「それなのに最後まで体を張るなんて普通のキャラじゃできないと思うけどな」

一方通行「最初から最後まで武人を貫くのはすげェだろうが」

打ち止め「肉壁大好きー!」

黒子「みなさんっ・・・!」ポロッ

初春「ゆwwうwwしゃwwよwwwwwwww」
48: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:47:28 ID:kYnSqnxh0
打ち止め「へ?」

一方通行「おわッ、何泣いてンだおめェ」

上条「・・・何かあったのか?」

黒子「実は・・・」

初春「イマwwwwはwwwwwwww」
49: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:49:05 ID:kYnSqnxh0
黒子「――ということがありましたの」グズッ

上条「そんなことがあったのか・・・」

打ち止め「クロコのお姉ちゃん可哀想・・・」

一方通行「俺が説教しに行ッてやらァ!!」ダッダッダッダ

上条「辛かったな」ナデナデ

黒子「・・・はい」グシ

初春「まっすwwwwぐwwwwにwwww走れwwwww」
50: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:50:38 ID:kYnSqnxh0
上条「なぁ、白井」

黒子「・・・・・・・・」

上条「馬鹿にされても、いいじゃないか」

黒子「え?」

打ち止め「へ?」

黒子「上条さん、それはどういう意味ですの・・・?」

初春「風のwwwwナカでwwwwwwww」
51: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:52:10 ID:kYnSqnxh0
上条「たしかに自分の好きなキャラが馬鹿にされると辛いと思う」

黒子「・・・・・・・・」

上条「歴史に残るネタキャラと認定された事実は覆せないだろう」

黒子「はい」

上条「だけどさ、アバン先生ならきっとこう言ってたと思う」

初春「ゆめwwwwがwwwwとべずwwww」
53: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:55:32 ID:kYnSqnxh0
上条「傷つき迷える獣王ファンたちへ

    敗北とは戦力になれずネタ化することではありません

    そうした時に自分を見失った時のことを言うのです

    強く『ぐわあああああっ!!』と叫びなさい

    あせらずにもう一度じっくりと自分の宿命と力量を考えなおしてみなさい

    クロコダインにできることはいくつもない  

    一人一人のファンが持てる最善の力を尽くす時たとえ立場が絶望の淵でも

    必ずやダイ大スレが獣王召喚スレになるでしょう…!              」



黒子「か、上条先生っ・・・!」ダキッ
54: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:57:54 ID:kYnSqnxh0
「うぬらそれでもアバンの使徒かァ!! 」

「よう、三流第一位w」

「アニメじゃ鼻水垂れてたぜw」



上条「さぁ、行こうか白井」

黒子「はい!」

打ち止め「わーい!一件落着ー!」ピョンピョン

初春「キミをwwww待ってるwwwwwwww」
55: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 22:59:25 ID:kYnSqnxh0
一方通行「超魔爆炎覇!!」ゴォ

美琴・佐天『ヒーワー!』

上条「お?」

黒子「はわわ、ストップですのー!」

打ち止め「やりすぎだよー!」

初春「ハシレwwwwハシレwwwwハシレwwww」
56: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 23:01:15 ID:kYnSqnxh0
美琴「も…もうひ訳ありません、調子にのって…まひた…」

佐天「に…二度とナマイキな口は…利きません」

美琴・佐天『どうか…許ひてください…』

上条「反省してるみたいだし、もう勘弁してやれよ」

初春「ススメwwwwススメwwwwススメwwww」
57: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 23:03:29 ID:kYnSqnxh0
美琴「本当にごめんね、黒子」

佐天「クロコダインの偉大さは理解してましたが、理性がぶっ飛んでました」

黒子「いえ、いいんですの!私もムキになり過ぎましたの!」

打ち止め「仲直りー♪」

一方通行「ふッ・・・」ニヤリ

初春「いwwwwそwwwwげwwwwwwww」



初春「wwwwwwww」

上条「そういえばキミの好きなキャラは誰なんだ?」

初春「あたしマキシマム!!」
58: ◆RFeobWRcHE 2011/10/11 23:04:54 ID:kYnSqnxh0
黒子「それはないですの」

美琴「マジないわ」

佐天「ないわー」

上条「ないな」

一方通行「ねェな」

打ち止め「ないよー」



初春「・・・・・・・・」

初春「オゥフwwwwwwww」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11 23:06:19 ID:OQ6u7DfA0
マキシマムはないな
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11 23:06:52 ID:Ljim10NTO
デュワッ!
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/11 23:07:54 ID:zxOCwlKi0
やばい、おもしろかったwww
乙です。

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

クロコダインって懐かしいすぎて最初わからなかった

とあるSSの訪問者

初春ブレなさすぎだろ…
蛸壺屋で吹いたがwww

とあるSSの訪問者

初春まじパネェっす

とあるSSの訪問者

初春始終笑ってたな・・・ブレないねー・・・

とあるSSの訪問者

初春人だったんだ、、
なんか途中から、初春が怖かった


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。