FC2ブログ

女騎士「くっ、洞窟に閉じ込められた!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:07:34.92 ID:qNmPIHDn0
騎士団長「こんなところに洞窟があったとは……」

女騎士「団長、よろしければ私が調査して参りましょうか?」

騎士団長「一人で大丈夫か?」

女騎士「はい、狭そうな洞窟ですし、大人数ではかえって危険かと」

騎士団長「たしかにそうだな。分かった、調査してきてくれ」

騎士団長「ただし、くれぐれも無理はしないように」

女騎士「はっ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531555654


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:08:10.72 ID:qNmPIHDn0
ザッザッザッ…

女騎士(何の変哲もない洞窟のようだな……)

ゴゴゴゴゴ……

女騎士(――む!?)

女騎士(洞窟の上から音……! い、いかん! 崩落か!?)



ズズズンッ……!
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:09:37.81 ID:qNmPIHDn0
女騎士「はぁ、はぁ、はぁ……」

女騎士(危ないところだった……)

女騎士(巨大な岩が、私が来た道を塞ぐように落ちてきた……)

女騎士(これは……私の腕力や剣技で、どうにかできるシロモノではないな……)

女騎士「くっ、洞窟に閉じ込められた!」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:12:08.23 ID:qNmPIHDn0
女騎士(さいわい、洞窟の隙間からわずかに光は入ってくる……)

女騎士(慌てず騒がず、落ち着いて救援を待つしかなさそうだ……)

女騎士「――!」ハッ





女騎士「洞窟の奥から、気配!?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:15:04.56 ID:qNmPIHDn0
――

――――

騎士団長「しまった……女騎士が閉じ込められてしまった……」

騎士団長「私としたことが軽率だった……。早く助け出してやらねば……」

騎士「団長、洞窟内部の状況が分かってきました!」

騎士「あの巨大岩が塞いでしまった道以外に、やはり出られる道はなさそうです!」

騎士団長「そうか……」

騎士団長「あの岩を無理に壊せば、洞窟全体が崩れるおそれがある」

騎士団長「岩石を溶解する術を持つ魔術師殿に依頼して、時間をかけて道を作るしかなさそうだ」

騎士団長「急いで城にいる魔術師殿を呼んできてくれ!」

騎士「はっ!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:17:40.57 ID:qNmPIHDn0
騎士団長「ああ、それと――」

騎士「はい?」

騎士団長「洞窟に閉じ込められているのは女騎士だけか?」

騎士「いえ……」

騎士団長「他にも閉じ込められている人間がいるのか?」

騎士「それが……人間以外の種族もいるようで……」

――――

――
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:19:40.94 ID:qNmPIHDn0
オーク「お前、人間か?」

女騎士(魔物……!? それもオーク!? なんという不運!)

オーク「お前も閉じ込められちまったのか? ぐへへへ……ま、仲良くしようや」

女騎士「ふ、ふざけるな! 誰が魔物などと!」

オーク「ぐへへへ……つれねえなぁ」

オーク「いっとくが、洞窟内にいるのはオレだけじゃないんだぜ?」

女騎士「な、なんだと!?」

オーク「おーい、出てこいよ!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:21:49.13 ID:qNmPIHDn0
触手「いやいや、参ったね。いい日陰だと思って入ったら、閉じ込められるなど」グジュルグジュル

女騎士「しょ、触手!?」

スライム「うん、探検になんか来なきゃよかったよ」プルプル

女騎士「スライムまで!」

女騎士「なんということだ……! ここは魔物の巣窟だったのか!」

オーク「いいや、お前と同じ人間もいるぜ」ニヤッ

女騎士「な、なんだ……よかった」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:23:58.62 ID:qNmPIHDn0
狂戦士「洞窟で修行しようとしたラ、オレ、閉じ込められタ! どうしよウ!」

盗賊「お宝があると思ったら、こんなザマになるとはな……ついてねえ!」

薬師「ヒヒヒ、こういう時のためにい~いクスリがあるんだよォ~」

女騎士「ひいっ!」

オーク「あの岩がどかされて、出られるようになるまで少なくとも一週間はかかるだろ」

オーク「せいぜい、楽しく暮らそうや……ぐへへへ……」

女騎士「くっ、殺せ!」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:25:34.23 ID:qNmPIHDn0
一週間後――

ジュワァァァァァ…

魔術師「――む」

魔術師「……開通しました!」

騎士団長「よくやってくれた!」

騎士団長「さぁみんな、中にいる女騎士たちを助けるぞ!」

騎士「はっ!」

ザッザッザッ…
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:29:07.11 ID:qNmPIHDn0
救出が終わり――



記者「洞窟内の食事はどうされてたんですか?」

触手「スライムが分裂して、自分の肉片を食べさせてくれたんだ」グジュグジュ



記者「水の確保などは?」

スライム「狂戦士さんがサバイバル知識が豊富で、湧き水を掘り当ててくれたりして……」



記者「洞窟内は退屈ではなかったですか?」

狂戦士「盗賊が面白いハナシをたくさんしてくれて、ちっとも退屈じゃなかっタ!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:30:28.41 ID:qNmPIHDn0
記者「精神的に心細くなるような場面は?」

盗賊「正直心細かったが、薬師が心が落ち着く作用のある薬を調合してくれて、助かったぜ!」



記者「メンバーで、リーダーシップを取られていたのは?」

薬師「ヒヒヒ……それはオークだねえ。彼は実に頼りになったよ」



記者「素晴らしいリーダーシップを発揮されたようですね」

オーク「オークの集団でも、一応首領をやってるからな」

オーク「疲れたら触手が肩や腰をマッサージしてくれたし」

オーク「あと……女騎士がいたから、はりきっちまったよ!」

オーク「オレは女がいると、かっこつけたくなる性格だからな! ぐへへへへっ!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 17:31:58.56 ID:qNmPIHDn0
騎士団長「よかった……何事もなかったようだな!」

女騎士「ええ……何もありませんでした……」

騎士団長「え?」

女騎士「何もされなかったんです……!」

騎士団長「うん?」

女騎士「あれほどの面子が揃っていながら……!」

騎士団長「そ、そうか……」

騎士団長(女騎士はなぜ怒っているんだ……?)







― 完 ―
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 18:03:16.18 ID:lAnAy0EUo
おつ
閉じ込められた奴ら優秀すぎるww
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 18:25:42.63 ID:UkzfSXWAO
これは襲われなかった女騎士さんサイドにも問題がある
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 18:38:18.59 ID:jp/uJo+5O
これから大冒険を繰り広げるくらいの勢いで読んだらほのぼのした。みんな優秀で良かったです!

…みんな…?

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。