FC2ブログ

由比ヶ浜「ヒ、ヒッキー……それあたしの制服だよ……?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:41:07.54 ID:cRkP67v70
由比ヶ浜「なのになんで……あたしの制服着てるの?」

八幡「おま……なんで……まだ授業中じゃ……」

由比ヶ浜「いつもより早く終わったの……それより」

由比ヶ浜「答えてよ、あたしの制服を着てる理由」

八幡「……」

由比ヶ浜「……何か理由があるんだよね?あたしヒッキーがそういうことする人だと思わないし」

八幡「……」

由比ヶ浜「……ねぇ」

由比ヶ浜「何とか言ってよ!!」

八幡「…………」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:41:52.66 ID:sS26LBnt0
着るのかよ
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:47:04.43 ID:cRkP67v70
八幡「……好きなんだよ」

由比ヶ浜「え?」

八幡「好きで好きでしょうがないんだ」

八幡「これが悪いことだってのは分かってる……でも……我慢できなかった」

由比ヶ浜「それって……つまりその……あたしを?そういうことなの?」

八幡「……?……まあとにかく、俺は罪を犯した」

八幡「これで正真正銘の変態だ……罵るなり通報するなり好きにしてくれ」

由比ヶ浜「そ、そんなことしないし!」

由比ヶ浜「それにほら、あたしだってその……好きな人の?服とか?嗅いじゃったりするときあるし」

由比ヶ浜「だから……あたしは許すよ、ヒッキーのこと」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:54:41.84 ID:cRkP67v70
八幡「本気か?こんな俺を?許すのか?」

由比ヶ浜「うん……だってあたしのこと……好き……なんでしょ?」

八幡「……ああ、好きだ……だけどな」

由比ヶ浜「なら別にかま」

八幡「俺はな……雪ノ下とイチャついてる由比ヶ浜が大好きなんだよ……!」

由比ヶ浜「えぇ!?」

八幡「こう……女子同士イチャついてるのが限りなくたまらないというか……グッとくるんだ」

由比ヶ浜「うわぁ……」

八幡「……俺も制服を着れば……仲間に入れると思ったが……無駄だった」

八幡「な?……変態だろ?」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:58:37.43 ID:qoqbncGK0
oh…
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 16:58:59.11 ID:sZjMATT60
これはひどい
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:03:15.46 ID:cRkP67v70
由比ヶ浜「そ、それって……ゆきのんが好きってこと……じゃないんだよね」

八幡「……最低だよな、俺」

八幡「隣で仲良くお喋りしてるお前らで……興奮してるんだもんな」

八幡「……んじゃ職員室に行くか」

八幡「お前も来」

由比ヶ浜「……いいよ」

八幡「……?」

由比ヶ浜「ヒッキーがあたしとゆきのんが仲良くしてるのが好きでも…別に」

由比ヶ浜「……あたしもゆきのんのこと好きだしさ」

由比ヶ浜「……だってゆきのん可愛いもんね」
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:11:16.22 ID:cRkP67v70
八幡「ほ、本気か?」

由比ヶ浜「……うん」

八幡「そうか……ありがとう」

由比ヶ浜(でも別にあたしとゆきのんが仲良しって……おかしなことじゃないよね?)

由比ヶ浜(なのになんであんなに深刻な顔をしてたんだろ)

由比ヶ浜(やっぱり楽しくおしゃべりしてるのを見るのがヒッキーは好きなのかな?)

八幡(……まさか由比ヶ浜が……そっちの人間だったとはな)

八幡(他人へのガードは固いが親友にだけついつい体を許してしまう美少女)

八幡(……やべぇ……興奮してきた)
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:18:17.27 ID:cRkP67v70
八幡「おっと……そういや制服を返さなきゃな」

由比ヶ浜「早くしたほうが良いよ?誰かに見られたら通報ものだし」

由比ヶ浜「もう体育終わっちゃうよ?」

八幡「おおっと……そうだな」

八幡(三浦にでも見られたら……恐ろしいことになるな)

八幡「……なあ」

由比ヶ浜「あっ!ごめん……あっち向いてるね」

由比ヶ浜(新しい制服買って……これは置いておこっと)

八幡(……由比ヶ浜の協力があれば雪ノ下も……ふひ)
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:24:40.66 ID:cRkP67v70
奉仕部

由比ヶ浜「やっはろー!」

雪ノ下「こんにちは由比ヶ浜さん」

雪ノ下「それで……比企谷くんは?」

由比ヶ浜「ひ、ヒッキー?今日はお腹が痛くて休みだって」

雪ノ下「そう…ならいいわ」

由比ヶ浜(見てるかなヒッキー)

八幡「」ジロッ

由比ヶ浜(扉の陰にいるみたい)

雪ノ下「由比ヶ浜さん、ずっと立ってないで座ったら?」

由比ヶ浜「あっ、うん」

由比ヶ浜(……ヒッキー曰く密着して座れ……由比ヶ浜なら怒られないし嫌がられないから)

由比ヶ浜(ほんとかなぁ)

ピタッ

雪ノ下「……本が読みにくいのだけれど」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:34:37.03 ID:cRkP67v70
由比ヶ浜「だってゆきのんあったかいし……ついつい」

雪ノ下「はぁ……しょうがないわね」

雪ノ下「ならせめて腕を組んでくるのは止めてくれないかしら」

由比ヶ浜「だってゆきのん柔らかいし……」

雪ノ下「……お願いだからやめてちょうだい」

由比ヶ浜「……ご、ごめん……ゆきのん……あたし……うぅ」

雪ノ下「え?……いや」

雪ノ下「そんな……別に泣かせるつもりは……」

由比ヶ浜「でも……ゆきのん嫌なんでしょ?」シュン

雪ノ下「嫌という訳じゃなくて……あぁもう」

雪ノ下「……いいわよ……く、くっついても…構わないわ。好きにすればいいじゃない」

由比ヶ浜「ゆきのん……ありがと!」

雪ノ下「本当にあなたって人は……」
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:36:41.49 ID:GzUnFr73i
可愛すぎてしにそう
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:39:27.27 ID:R7RHc/mwi
素晴らしい
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:45:04.81 ID:cRkP67v70
八幡(二人仲良く放課後の空き教室で読書、おまけに密着)

八幡(いいじゃないか、さすがだ由比ヶ浜)

八幡(にしても、やはり雪ノ下には泣き落としが効くな)

八幡(……俺がやったら逆にもっと泣かされそうだが)

八幡(早速由比ヶ浜に次の指示……の前にもう少し眺めておくか)



由比ヶ浜「ゆきのーん、まだそのページ読んでないよー」ツンツン

雪ノ下「きゃっ……も、もう……由比ヶ浜さん脇腹をつつくのは」

由比ヶ浜「えいえい」ツンツン

雪ノ下「ひ、ひゃう…!……も…だ、だめだと……言って……」

由比ヶ浜「ごめんごめん、つい……」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 17:55:37.18 ID:s8oIeIIqi
由比ヶ浜「じゃあはい、お詫びのポッキー」

雪ノ下「私は両手が塞がっているのだけれどまさか」

由比ヶ浜「えへへ……はい、あーん」

雪ノ下「なっ……由比ヶ浜さん……それは流石に」

由比ヶ浜「ゆきのん……嫌なの?」シュン

雪ノ下「分かったわよ、ほら……あーん」

由比ヶ浜「ゆきのん……あーん」

ポリポリ



八幡(由比ヶ浜!そこは違う!お前も加えるんだ!!)

由比ヶ浜(何あのジェスチャー……もしかして……くわえる!?あたしも?)
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:06:45.38 ID:s8oIeIIqi
由比ヶ浜(さ、流石にそれは……)

八幡(期待してるぞ)

由比ヶ浜(そんな目で見られたら……)

由比ヶ浜(うん……仲良くお菓子を食べるくらい普通だよね、大丈夫)

由比ヶ浜「えい」パクッ

雪ノ下「!?」

カリカリカリカリ パキッ

雪ノ下「あなた何を」

由比ヶ浜「ゆきのんと食べたくて……だめ…だった?」

雪ノ下「どうせ、これは流石に……と言っても聞かないつもりでしょう」

雪ノ下「なら仕方ないわ……し、慎重に食べるのよ、いいわね?」

由比ヶ浜「うん!」

カリカリカリカリ


八幡「……たまらんな」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:15:18.41 ID:s8oIeIIqi
雪ノ下「ねえ由比ヶ浜さん」

由比ヶ浜「なに?」

雪ノ下「気のせいかもしれないけれど……聞いていいかしら」

由比ヶ浜「いいけど……?」

雪ノ下「……その……今日はやけに……距離が近くないかしら?」

由比ヶ浜「え……」

由比ヶ浜(……どうしよ、嫌われたかも……やっぱり無理言い過ぎたのかな)

雪ノ下「いや、別に嫌というわけではないのよ?むしろ……いや、何でもないわ」

雪ノ下「とにかく、その……不思議に思っただけで……」

由比ヶ浜(き、嫌われたかと思った……)


八幡(おい……やべぇ、これ……いけるんじゃね)

八幡(おせ!由比ヶ浜!!)
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:25:09.65 ID:s8oIeIIqi
由比ヶ浜(……えぇ……そう言われても)

八幡(軽くで良い!キスだ!頼む由比ヶ浜!)

由比ヶ浜(そ、それはさすがに無理!)

八幡(なぜ無理なんだ?雪ノ下が嫌なのか?)

由比ヶ浜(そういうわけじゃなくて……女の子同士なのが)

由比ヶ浜(それにゆきのんに嫌われたくないし)

八幡(なら大丈夫だ、俺の見立てでは確実に雪ノ下が拒否することはありえない)

八幡(それに最近は女子同士でキスなんて珍しくもなんともない、安心しろ)

八幡(由比ヶ浜が雪ノ下とするのが嫌なら考え直したが……違うなら問題ない)

由比ヶ浜(でも……)

八幡(俺を信じろ由比ヶ浜)

雪ノ下「さっきから黙って扉を見つめて……誰かいるの?」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:36:19.82 ID:s8oIeIIqi
ガラッ

雪ノ下「誰もいないわね……気のせいかしら」

雪ノ下「まあいいわ……それでその……さっきの話だけれど」

由比ヶ浜(……ヒッキーの指示も無くなちゃった……)

由比ヶ浜(だから別にヒッキーの言うようなことしなくても……バレないんだけど)

由比ヶ浜(……でも……それじゃ……なんか嫌なんだよね……なんでだろ)

由比ヶ浜(うーん)

雪ノ下「それで……由比ヶ浜さん……何か相談があるんじゃない?」

由比ヶ浜「え?」

雪ノ下「私に話を聞いて欲しかった、そうなんでしょう?」

由比ヶ浜「……うん……そう、そうかも!」

由比ヶ浜(この不思議な気持ち、ゆきのんに相談すれば楽になるかも)

雪ノ下「やっぱりね……そうだと思ったわ。不自然なほど密着してくるのだもの」

由比ヶ浜「あのね……ゆきのんのこと、相談したいの!!」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:42:51.08 ID:s8oIeIIqi
雪ノ下「私について……?何かしら?」

由比ヶ浜「……ゆきのん、今からあたしが何を言ってもあたしのこと嫌いにならない?」

雪ノ下「……当たり前よ。私からあなたの側を離れるなんて……ありえないわ」

由比ヶ浜「……そう…嬉しいなぁ」

雪ノ下「そ、それより本題を早く言いなさい……ほら」

由比ヶ浜「じゃあ言うね……あたし……ゆきのんのこと好き……なのかもしれないの」

雪ノ下「私もあなたのこと…す……嫌いではないけれど?」

由比ヶ浜「そうじゃなくて……こう……女の子として好きというか」

雪ノ下「え……」
82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:51:13.30 ID:s8oIeIIqi
雪ノ下「それは……つまり……そういう意味なのかしら」

由比ヶ浜「自分でも分かんない……最初はゆきのんにくっついてるだけで幸せだったんだけど……」

由比ヶ浜「……いつの間にかそうじゃなくなってて……それで」

雪ノ下「……由比ヶ浜さん、はっきり言うわね」

雪ノ下「あなたのその感情は一時の幻よ、忘れなさい」

由比ヶ浜「え……」

雪ノ下「その方があなたのためよ」

由比ヶ浜「ゆ、ゆきのん……あたしのこと…嫌いになった?」

雪ノ下「いいえ……好きよ、とっても」

由比ヶ浜「それは…どういう意味で……?」

雪ノ下「……あなたと同じ意味……かもしれないわね」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 18:58:53.45 ID:s8oIeIIqi
由比ヶ浜「ならどうして……」

雪ノ下「私はあなたを不幸にしたくはないのよ……」

雪ノ下「……分かってくれるかしら?」

由比ヶ浜「……うん……そうだよね」

由比ヶ浜「女の子同士とか色々大変だよね……」

雪ノ下「さて、もう帰りましょうか。暗くなってき」

由比ヶ浜「……それでも!あたしゆきのんが好きなの!!」

雪ノ下「……はぁ……だからそれは幻の」

由比ヶ浜「幻でもいいから!」

由比ヶ浜「いつか無くなってもいいから……だから……」

雪ノ下「……ならはっきりと言ってあげる」

雪ノ下「嫌よ」

由比ヶ浜「…………そんな」

雪ノ下「友達だからと話を合わせたけれど…もう限界ね。付き合いきれないわ」
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:05:34.77 ID:s8oIeIIqi
雪ノ下「もう私に近づかないで頂戴……」

由比ヶ浜「……やだよ……そんなの」

雪ノ下「私は……先に帰るわね」

雪ノ下「さようなら……由比ヶ浜さん」グスッ

タッタッタッ

由比ヶ浜「……ゆきのん……どうして……うぅ…うわぁーん……」

八幡「……まだだ……諦めるな……由比ヶ浜」

由比ヶ浜「え……!?ヒッキー……?」

八幡「……雪ノ下は玄関だ……今仲間が足止めしている」

八幡「いけ……まだ試合は終わっちゃいない」

由比ヶ浜「ヒッキー……」

玄関

材木座「すまぬ……玄関に体が挟まっておってな」
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:11:14.05 ID:s8oIeIIqi
雪ノ下「……これじゃ玄関から帰れないわね」

雪ノ下「職員玄関から帰りましょうか」

職員玄関

雪ノ下「これで……良いのよ」

平塚「こら雪ノ下、生徒は生徒用玄関から帰りたまえ」

雪ノ下「平塚先生……でも別に」

平塚「例外は認めない、分かったな?」

雪ノ下「分かりました……」

平塚(雪ノ下と由比ヶ浜がくっつけば……ふふ……完璧だ)
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:22:06.14 ID:s8oIeIIqi
雪ノ下「どうしてすんなり帰れないのかしら」

雪ノ下「まるで何かの策略かのよう」ギュッ

雪ノ下「!?」

由比ヶ浜「……捕まえたよ、ゆきのん」

雪ノ下「……離してちょうだい。もう特に話すことなんて」

チュッ

雪ノ下「え……いま」

由比ヶ浜「……あたしが幻なんかにしないから……信じて、ゆきのん」

雪ノ下「私はあなたのことを思って……」

由比ヶ浜「どんな困難も……二人なら大丈夫だから」

雪ノ下「……本当にいいの?」

由比ヶ浜「もちろん……ゆきのんと……ずっと一緒にいたいから」

雪ノ下「……私もよ……ずっとそう思ってた」

由比ヶ浜「うん……」

八幡(……勝ったな)
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:32:35.44 ID:s8oIeIIqi
八幡「あれから数ヶ月」

八幡「と言っても…大して変わったことはない」

八幡「強いて言うなら平塚先生のアプローチがキツくなったのと……仲間が増えたことか」

八幡「T部にH山……共に同じ道を志す仲間だ」

八幡「そういや……部室でも少し変化があった。空気が甘い。それだけ」

八幡「……まあ俺がけしかけたんだがな」

八幡「後は……ああそうだ」

八幡「……そういや一つ分かったことがあった」

八幡「俺が由比ヶ浜の制服を着るのは間違っている、ってことだな」


おしまい
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:35:06.98 ID:qX1uKgWc0
百合エンドとかマジ最高だわー
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:44:54.44 ID:6Wu9OwbG0

スレタイに騙されて良かった
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/11(月) 19:52:10.64 ID:iAJn/emW0
乙!!
百合展開にするためにわざと由比ケ浜の制服を着るギャンブルに出るとは・・・
この八幡は相当な策士やな・・・・

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

HTTキーボード奏者「女の子同士ってよいわー」

EBH「男の子同士が良いよー」


とあるSSの訪問者

スレタイから、変態SSかと思ったけれど、
いや、変態だけど尊いSSだった

とあるSSの訪問者

俺も女子の制服着て けいおんとかゆるゆりの世界にいきたいわー」



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。