FC2ブログ

美琴「せーんぱいっ」一方通行「あァ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 22:20:02.26 ID:b5roQ/zoO
美琴「この問題について教えてほしいんだけど」

一方通行「お前にわからないような中二程度の問題があンのかよ」

美琴「いくら私でもそれくらいあるわよ!悔しいけど!」

一方通行「そォは見えねェがなァ」

美琴「そそ、そう?」

一方通行「……ったく、貸せ」

美琴「なんだかんだ言いつつもやってくれるのね、ありがとう!」

一方通行「……チッ」

美琴「あの……ところで」

一方通行「上条なら月詠に呼び出されて職員室だ」


注目記事




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 22:30:08.81 ID:b5roQ/zoO
美琴「なっ!ななな何でいきなりソイツの話になるのよ!」

一方通行「言っておくが、バレバレだ」

美琴「は?」

一方通行「このクラス全員が知ってるから」

美琴「……何をよ」

一方通行「お前が昼休みの度、上条に会いにクラスまで乗り込んでいること」

美琴「ぶほっ?!!……はあ!?」

一方通行「ついでに全て空回りしてンのも周知の事実だ」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 22:42:09.52 ID:b5roQ/zoO
青ピ「後輩まで手懐けているなんて……カミやんめ!」

土御門「しょうがないぜい……超電磁砲は出会った時からフラグが立ってたからにゃー」

吹寄「ああいうだらしない奴がいるから日本の政権は安定しないのよ。一度シめるべきね」

姫神「政権云々は関係ないと思うけど。後半は同意」

美琴「な……!」

一方通行「ほらな」

美琴「バカじゃないの!?アイツ目当てだなんてそんな訳ないじゃない!」

一方通行「あァ、隠さなくていい。気付いてないのはアイツぐらいだから」

美琴「隠すって……!」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 22:51:45.54 ID:b5roQ/zoO
美琴「……はぁ、もういいわ。本当、バカ……」

一方通行「ご苦労なこった」

美琴「……とにかく、いつぐらいに帰ってくるのよ」

一方通行「今日の昼は帰ってこねェよ」

美琴「え?」

一方通行「弁当持って行ったから、そのまま屋上で飯だろォなァ」

美琴「そうなの……」

一方通行「落ち込むな。一緒に弁当食ったらいいじゃねェか」

美琴「アイツに用事なんてないもん……」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 22:58:19.94 ID:JN4tvrlR0
一方さん優しいなww
美琴もかわいいし・・・なごむ
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 22:59:46.90 ID:b5roQ/zoO
一方通行「変な所で消極的だよなァ」

美琴「うう……って、アンタはどこ行くの?」

一方通行「屋上。上条と約束してンだよ」

美琴「ふぅん……いいわね、仲良さそうで」

一方通行「野郎に嫉妬してんじゃねェ」

美琴「してないわよ!ただ何というか」

一方通行「ハイハイ。言い訳はいいからさっさと準備しろ」

美琴「?」

一方通行「お前も行くンだよ」
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 23:08:42.54 ID:b5roQ/zoO
美琴「え……?」

一方通行「アホみてェな面するンじゃねェ。早くしろ、置いてくぞ」

美琴「ま……待って!」

一方通行「フン……」

美琴「……一方通行ってさぁ」

一方通行「あン?」

美琴「昔より丸くなったよね」

一方通行「うるせェ」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 23:19:10.39 ID:b5roQ/zoO



禁書「とうま!今日のお弁当は何でしょう?」

上条「んー?そうだなぁ、オムライス?」

禁書「ぶっぶー!正解はラーメンでした!」

上条「どうしてラーメンをお弁当にしたの!?いくら食べたかったとしても無理するな!」

禁書「水筒に入れてきたお湯を乾麺にかけて、具をトッピングすれば完成なんだよ!」

上条「本人が満足すればいいんだろうけどさ……」

禁書「いただきまーす!」

上条「いただきます」
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 23:28:50.08 ID:b5roQ/zoO
上条「お味はどうだ?」

禁書「うん、やっぱりラーメンは出前に限るね!」

上条「自分のしてきたこと全否定!?」

禁書「ていうかあまり美味しくないかも……」

上条「せっかく頑張って工夫したのにな……。でもそのチャレンジ精神はいいと思うぞ」

禁書「あっ、とうまも食べてみる!?」

上条「自分の不味いと思うもの人に勧めるなよ」

禁書「気にしなくていいんだよ。私もとうまのお弁当食べるから!」

上条「そっちが目的かあああああ!!」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 23:37:53.58 ID:b5roQ/zoO
上条「全部食うんじゃねぇ!」

禁書「この煮付け美味しいね!前より味が深くなってるんだよ」

上条「返せ!」

禁書「あっ!」

上条「やっと自炊を覚えたんだからちゃんとした弁当ぐらい作ってきたらどうだ!?いつもいつも無茶しやがって……」

禁書「私だって朝早く起きて努力してるんだよ。でも何故か家を出る時にはなくなってるの」

上条「それ朝食と一緒に食ってるんだ!絶対そうだ!」

禁書「えー?それにしては二時間目くらいにはお腹空いてるんだけど」

上条「俺、お前の胃袋が四次元に繋がってると言われても驚かない」
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 23:47:36.40 ID:b5roQ/zoO
禁書「でも味付けはどうやってるの?作り方聞かせてほしいかも」

上条「いいでしょう!不肖、この上条当麻が直々に伝授してやるーっ!」

禁書「わくわく」

上条「といってもこれ五和から教わったんだけどな」

禁書「へ?」

上条「最近色々と学んでるから料理スキルがどんどん上がってるなー」

禁書「……最近?」

上条「そうだ!久し振りにうち来るか?腕によりをかけてご馳走するぞ」

禁書「…………」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/17(土) 23:58:59.88 ID:b5roQ/zoO
上条「……インデックスさん?どうして不機嫌そうな顔をしてらっしゃるので?」

禁書「別に」

上条「嘘だー!明らかにイライラしてんじゃん!」

禁書「何でもないもん」

上条「……あ!ははーん、さては俺がお前より上手になるのが嫌なんだろ?

禁書「何でもないって」

上条「ふっ、そもそも一人暮らし数年の上条さんについ最近まで穀潰し同然だったインデックスが」

禁書「ぷちっ」

上条「かなう訳があああああああああああああああ!!?」

禁書「はんへほはひっへひっへふんはほ(何でもないって言ってるんだよ)!」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 00:10:12.36 ID:1NcV9r5yO
上条「勝てないからって実力行使!?見苦し……ってぇ!痛い痛い!」

禁書「ふがー!」

「……アンタら」



美琴「学校でイチャついてんじゃないわよー!!」バチバチバチ

上条「ぎゃあああああ!!?」

禁書「あれ?みこと!」

美琴「インデックスも食事中にはしたない真似しないの!」

上条「ていうかどうしてここに御坂がいるんだよ?」

美琴「何よ、居ちゃ悪いの?」
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 00:22:20.07 ID:1NcV9r5yO
上条「そういう訳じゃないけど。珍しいなーっと思って」

一方通行「俺が誘ったンだよ」

禁書「あ!やっと来たんだね!」

上条「よお一方通行。悪いな、意外に先生の用事が早く終わってさ。先に食ってたよ!」

一方通行「気にすンな。食に関してインデックスが待てる筈ねェもンなァ?」

禁書「むっ」

上条「あ、ベンチ座る?」

一方通行「いや、地べたでいい」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 00:30:59.99 ID:1NcV9r5yO
上条「んじゃあ御坂座れよ」

美琴「私もいいわ。そしたらアンタの席がなくなるじゃない」

上条「お前スカートじゃねぇか。下に座る訳にはいかんだろ」

美琴「短パンだから気にしないわよ。ほら」

禁書「みっ、みこと!?」

上条「……………………」

一方通行「………………」

美琴「ちょ、いきなり黙り込まないでよ!」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 00:39:57.73 ID:1NcV9r5yO
上条「自分からスカートの下見せつけるとか……」

一方通行「ダメだな……わかってねェよ」

美琴「えっ?」

上条「ふとした拍子に見えちゃった☆みたいなのがいいんだろうが!それをお前……見損なったぞ!」

禁書「でも短パンなんだから結局関係ないでしょ?」

一方通行「短パンだったことを残念に思う楽しみもあンだよ」

禁書「…………わー」

美琴「そ、そう……でも意外ね。一方通行もそんなこと考えてるのね」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 00:51:33.98 ID:1NcV9r5yO
一方通行「俺ァ一介の性少年だぜェ?知らないなら教えてやる。高校生の八割がなァ、一日中エロいことを考えている」

美琴「うえぇっ……」

一方通行「しかも男女問わずだ」

美琴「うえぇー!?」

禁書「何で私の方を見るの!?みこと違うよ!?私はそんな事考えてないんだよ!」

美琴「えっ、でも……」

一方通行「インデックスも例外じゃねェ」

禁書「献身的なシスターは色欲なんて持ってませーんー!」

美琴「私は誰を信じればいいの……!?」
53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 01:02:35.99 ID:1NcV9r5yO
美琴「はっ!」

上条「ん?」

美琴「<●> <●>」

上条「ななな何でございましょう御坂先生!?」

美琴「インデックスが残り二割に入るとしましょう」

禁書「ホッ」

美琴「でもアンタは……」

上条「えー!?俺にとばっちりが来たのですがー!?どうしてくれんだそこの二人!」
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 01:14:20.62 ID:1NcV9r5yO
禁書「私も気になるかも」

一方通行「俺も気になるかも」

上条「『かも』じゃねぇよ!あと一方通行が首傾げても怖いだけだぞ!」

一方通行「………………」

美琴「で?どうなのよ」

上条「はいっ?!」

美琴「アンタは……えー、そのぅ……同級生の女の子見てそういうこと妄想してたりする?」

上条「そ、それは……」

一方通行「正直になっちゃえよ」

禁書「黙って!」

一方通行「………………」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 01:27:11.74 ID:1NcV9r5yO
上条(くっ……どうする俺!ノリに乗っちまったが正直俺みたいなシャイボーイに答えられる訳ねぇ!)


一方通行『正直になっちゃえよ』


上条(俺もさっきの一方通行みたいに吹っ切ってオープンスケベになりたいが……でも無理……、あれ?)


上条「そういや打ち止めは?最近見ないけど」

一方通行「小学校に行き始めたンだよ。芳川が『同年代の友達が欲しいだろうから』つってなァ」

上条「ふーん。ずっと高校までついてきていたからなー。一方通行とワンセットで見てたし寂しくなるよ」

一方通行「ッ?!!」

上条「言っておくがお前が思ってるような意味はないから。癒し系マスコットだから」

一方通行「ンだとゴルァ!!?癒し系マスコットだとォ!?その通りじゃねェか!」

上条「同意ならキレんなよ!」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 01:40:19.15 ID:1NcV9r5yO
一方通行「俺よりも的確な例えをしたお前が憎い……ただ、それだけだ」

上条「動機は軽いですが気持ちは重いですね!?」

一方通行「お前をグッチャグッチャの人形にして祭りたいぜェ!」

上条「言葉は軽いですが気持ちは重いですね!?」

一方通行「あァ……お前の顔面に付いた血をペロペロ舐め取って嫌われたいなァ……」

上条「言葉は軽いですが気持ちが悪いですね!!?」

一方通行「冗談だ」

上条「一応訊くけどどこからどこまで?」

一方通行「………………」

上条「目を逸らすな!」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 01:55:28.09 ID:1NcV9r5yO
一方通行「そういえば上条」

上条「なんだよ!」

一方通行「弁当見ろ」

上条「ん?……ああああああ!!?インデックスてめー!俺の飯食ったろ!?」

禁書「モグモグモグモグごくん……何を言っているのとうま?」

上条「まさかその頬っぺたにご飯つぶを付けておいて、食ってないなどとほざきませんよね?」

禁書「この世は弱肉強食なんだよ!」

上条「はーい頂きました暴食シスターさんのありがたいお言葉ー!」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 02:07:03.88 ID:1NcV9r5yO
上条「という訳で御坂悪い俺の満腹のために礎となってくれ!」

美琴「え?……あー!大好物のナポリタンがー!」

上条「うまー!」

美琴「最後のお楽しみだったのに……返しなさいよ!」

上条「残念ながら貴様のスパゲッティは俺の腹の中だ!悔しかったら吐き出させてみるんだなー!」

美琴「ぐぬぬぬ……」

一方通行「たこさンウインナーはもらった」

美琴「あっ!隙見て奪われた!?くっ……こうなったら私だって……」
93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 02:41:33.77 ID:1NcV9r5yO
禁書「私にもちょーだい!!」

美琴「あああああああ!?真正面から弁当を取られた!?」

禁書「この世界は弱肉強食!強者だけが食べれるんだよ!モグモグモグモグ」

美琴「あっ……あああああ……」

禁書「ごちそーさまでした!」

美琴「ううっ……少しも残ってない……」

禁書「あ……ゴメンね?美味しい物には夢中になっちゃうの。代わりにラーメン食べる?」

美琴「うん……ってこんな伸びきったラーメンなんぞいるか!!」
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 02:52:56.67 ID:1NcV9r5yO
上条「一方通行、卵焼きくれ」

一方通行「おォ」

上条「代わりにカレーパンやるよ」

一方通行「サンキュー」

美琴「そこ!仲良くおかずトレードしない!」

一方通行「ンだよ、イライラしてんじゃねェよ。糖分足りてないのか?」

美琴「腹減ってんのかもしれないわねぇ誰かさん達のせいで!」

上条「全部食って悪かったなぁ御坂。メロンパン食う?」

美琴「え、いいの?」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 03:04:45.89 ID:1NcV9r5yO
上条「ああ、俺も少し食べちゃったし」

美琴「うん……」

美琴(コイツ、いきなり優しくしてくれるからビックリするのよね……。そこが好きなんだけど)

美琴「じゃ、いただ……」

上条「これで糖分足りるだろ?」

美琴「まふまふまふまふまふまふまふ」

上条「全部食ったー!全部食べよったー!悪いのインデックスなのにー!」

禁書「あ!それ軽い皮肉!?」

上条「真実だ!」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 03:14:38.27 ID:1NcV9r5yO
美琴「ふん!お返しよ!」

上条「それはインデックスにやってくれよ」

美琴「だってあんなラーメンなんかいらないし」

禁書「あんなラーメン?……ズルッズルッ……今あんズルッズルッ……あんなのいらないって?」

美琴「雑食ってこの子を指す言葉なんだ」

禁書「ズルズルズルッ……ごくっ、ごくっ、ごくっ……ぷはぁっ!」

上条「流石に満足になったかー?」

禁書「うん!でも甘い物は別腹かも」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 03:14:52.07 ID:4z4cOUch0
>美琴(コイツ、いきなり優しくしてくれるからビックリするのよね……。そこが好きなんだけど)

ああなんか安心した
100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 03:28:15.80 ID:1NcV9r5yO
上条「はっはっは。今日もジョークが冴えてるな」

禁書「ジョーク?本当のことを言っただけなんだよ」

上条「うんうん。じゃあ俺は残りのカレーパンでも食うとしましょうかね」

一方通行「ホラ」

禁書「きらーん」

上条「目を輝かせてもあげませんからね?」

禁書「けちくさいかも」

上条「聞こえなーい。(ぱくっ)……ん?」

美琴「どうしたの?」
105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 03:39:29.95 ID:1NcV9r5yO
上条「これ……中身がない……」

禁書「た、ただのあげぱんになってる!」

上条「一方通行……どういう食べ方したらこうなるの?」

一方通行「あン?普通に食っただけだが?」

上条「普通なら一口食っただけでカレーを全部抜き取るなんてしないぞ!?」

一方通行「……そういやァちょっとベクトル操作使ったかもなァ」

上条「ひどい……、てかそんな事もできるんだ」

一方通行「舌の上でちょちょいと」
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 05:00:56.18 ID:1NcV9r5yO
一方通行「文句あるなら全部返してやるよ、面倒くせェが」

上条「いらねぇよ!腹に手を当てるな逆流させる気!?しょうがないからこれで我慢しますよ!」

禁書「いらないんだったら私が」

上条「うんうん。いらなくないから落ち着こうね、インデックス」

美琴「あ!今何時!?」

一方通行「一時過ぎになるが」

美琴「ヤバい、行かなくちゃ!この後移動教室なの!」

上条「おー。行ってらっしゃい」

美琴(そういえばコイツに何か質問した気がするんだけど、なんだったかしら)
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 05:11:34.67 ID:1NcV9r5yO
美琴「まぁいいわ……じゃーね!」

上条「また一緒に食おうなー」

美琴「!……うん」

禁書「今度はもっと大きなお弁当を持ってきてほしいんだよ」

美琴「ほどほどにしときなさい。……せんぱい」

一方通行「あァ?」

美琴「ありがとね」

一方通行「また来いよ」

美琴「また来るわ」




 おわる
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 05:16:51.21 ID:1NcV9r5yO
途中でよく分からんテンションになった
たぶん眠いからだと思う
(´;ω;)ノシ<支援ありがとう
おやすみなさい
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 05:20:05.44 ID:866t2dGAP
またこういうの見たいな
乙おやすみ
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 13:44:52.48 ID:1NcV9r5yO
一方通行「毎回毎回こんな所まで来て……友達いないンですかァ?」

美琴「失礼ね!アンタに言われたくないわよ!」

一方通行「ンだとゴラ。友達ならいるぞ、たくさんいるぞ。上条とか土御門とか青ピとか冷蔵庫とか海原とか」

美琴「明らかに変なのが混じってなかった?一つ家電製品だよね?」

一方通行「例え冷蔵庫だとしても友達は友達だ。人間じゃなきゃいけない理由でもあるンですかァ?」

美琴「う……氷華さんの事もあるから反論できないけど、でもおかしいわよ」

一方通行「そォいうテメェはどォなンだよ」

美琴「へ?」
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 13:53:29.50 ID:1NcV9r5yO
一方通行「テメェの友達って奴を言ってみろ」

美琴「ふ……ふん、天下の超電磁砲をナメんじゃないわよ」

一方通行「へェ?」

美琴「黒子でしょ、初春さんでしょ、佐天さんでしょ、それに……」

一方通行「それに?」

美琴「……………………」

一方通行「あァ……さすがの超電磁砲サマも友人関係には乏しいンですねェ?」

美琴「……………………あと妹達!」

一方通行「ッ!!?ズリィ!?一万人もの友達なんて誰が作れるンだよ!?」
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 14:03:40.77 ID:1NcV9r5yO
美琴「文句ある訳?」

一方通行「ありまくりだなァありまくりだよおィ」

美琴「何よ……だって私にはそれぐらいしか気楽に話せないし」

一方通行「……妹達はどっちかといやァ家族じゃねェか?」

美琴「……そうね。一万人も家族がいるなんて私幸せね!」

一方通行「羨ましい限りだぜ」

美琴「ふふふ、良かったらアンタも仲間に入れてあげるわよ」

一方通行「養子になれってかァ?お前の父親はおっかねェ、お断りだ」

美琴「違う違う」
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 14:14:00.86 ID:1NcV9r5yO
美琴「御坂家の誰かと結婚すればいいの!」

一方通行「はァ!?」

美琴「だから、ケコーンよ」

一方通行「……何だそりゃ」

美琴「婿養子になればアンタも私達の一員ね。一方通行ならみんなも歓迎するわ」

一方通行「……くっだらねェ」

美琴「そう?良い考えだと思ったのに」

一方通行「ありえねェし。そのアホみたいな発想はどこから出ちゃうンだァ?つかみんな同じ顔なンだし選ぶンだよ」
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 14:29:54.13 ID:1NcV9r5yO
美琴「その点なら問題はないのよ。アンタが結婚可能な年齢になる頃には個性も出てるだろうし」

一方通行「アイツらが個性、ねェ」

美琴「打ち止めや番外個体は言わずとも、尾行趣味、変態マゾ、北欧出身、一方通行偏愛娘……なーんて子も現れるかも」

一方通行「ハッ……そりゃ変わった人達ですこと」

美琴「……実はもういたりして」

一方通行「まさか。だがそォか……今は分からねェがきっと二年後には色んな妹達がいるンだな」

美琴「そう!大変よー、顔や名前も覚えなきゃならないんだから!」

一方通行「フン……そンなの簡単だな」

美琴「……アンタはあの子達の友達なんだから、しっかりしなさいよ」
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 14:40:24.94 ID:1NcV9r5yO
一方通行「おォ。宣言した通り守ってやるよ。アイツらも、テメェも含めてな」

美琴「っ!……ふぅん、頼もしいわね」

一方通行「と言う訳で友達は俺の方が多いってこった」

美琴「ちょ、はぁ!?何言ってんの!?」

一方通行「妹達。俺は友人お前は家族。俺一万人お前三人」

美琴「……今すぐアンタも家族にしてやるーっ!二年後首洗って待ってなさいよ!」

一方通行「残念ながらソイツらも結婚出来ないンだなァ。まだ十六になってないから」

美琴「え?じゃあ結婚出来るのって」

一方通行「………………」

美琴「……………………」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 14:50:19.51 ID:1NcV9r5yO
美琴「……………………」

一方通行「……ミコト、ヨロシクネ」

美琴「バカ!!バカ!!バーカバーカ!!!」

一方通行「照れてンじゃねェよ。プロポーズしてきたのはそっちだろォが」

美琴「バーカバーカ!!バカバカ!」

一方通行「……それぐらいにしろよ。俺にも我慢の限界ってもンが」

美琴「ぶぁぁぁぁぁぁか!!!」

一方通行「いい加減にしろ表出ろやァ!!!」

美琴「上等よ第一位!アンタをその学園都市トップの座から引きずり降ろしてやる!」
160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 15:01:16.39 ID:1NcV9r5yO
一方通行「下剋上かァ?せいぜい楽しませてもらうとするぜェ」

美琴「慢ってられるのも、今のうちよ!」

一方通行「………………」

美琴「……………………」


キーンコーンカーンコーン


美琴「あっ、鐘鳴った。帰る」

一方通行「じゃあな」

美琴「うん。またねー」

禁書「あっけないね」

姫神「まあいつもの事。一方通行も。このクラスに慣れたみたいで良かった。その分。私の陰が薄くなった訳だけど」

上条「姫神……」
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 15:18:05.40 ID:1NcV9r5yO
一方通行「よォ。戻ってきたか」

上条「長い時間正座させられて、俺の足はヤバイ。痺れて痛い」

禁書「すごい震えてるかも。他の二人はどうしたの?」

上条「……階段辺りで転がってるんじゃないかなぁ」

一方通行「情けねェ」

上条「いやぁ、昼休み丸々潰れて説教ってのはキツいもんがあるですよ?」

禁書「うーん。自業自得かも」

上条「お、良いもん食ってんな。くれ」

禁書「やだ」
164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 15:28:46.98 ID:1NcV9r5yO
上条「ケチ!まぁそろそろ授業の用意でもするか」

禁書「あ、私は学食でおばさんにプリン貰ってくる」

上条「……………………」

一方通行「上条、飛ぶンじゃねェ。今の発言はお前の空耳でも魔法使いの呪文でもない」

上条「……まだ食べるの?」

禁書「まだ八分目だよ?」

上条「わあ。インデックスさん、最近食欲がさらに旺盛になったよね」

一方通行「学園都市から食費を貰える事になって、本当に良かったなァ」
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 15:39:11.72 ID:1NcV9r5yO
上条「あれ?このピンクのハンカチは何だ?」

禁書「そのカエルの絵はみことのだね!」

一方通行「アイツ忘れていきったなァ……ベタなモン落としやがって」

上条「仕方ない、後で届けてやろうぜ。御坂ってどこのクラスだったっけ?」

一方通行「確か六組だったような気がするが」

上条「……スミマセンが位置も教えて下さるとありがたい」

禁書「中等部B校舎の三階だよ。高等部校舎の西にある」

上条「うわー……めっちゃ遠いじゃん」

一方通行「お前、御坂のクラス知らなかったのか?」
169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 15:50:06.38 ID:1NcV9r5yO
上条「何回か聞いてるんだけどさ、どうしても覚えれないんだよ」

禁書「この街で一番の人数を誇るからね」

一方通行「まァ中等部は広いし、今日放課後の帰り道で嫌でも会えるだろ」

上条「うん、ここんとこ毎日御坂と遭遇するし、そん時に渡せばいいか」

禁書「毎日会ってるんだ……」

上条「そうそう、何故か俺の行く場所に偶然御坂が居るんだ」

禁書(……………………)

一方通行(そりゃ偶然じゃなくて待ち伏せされてンだよ)
173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 16:10:53.22 ID:1NcV9r5yO
禁書「うーん……聞きたい事はたくさんあるんだけど今はプリンが大事!じゃあね、二人とも!」

上条「早く帰ってこいよー……さて、五限はなんだっけ」

一方通行「日本史だ。良かったな上条、食後の睡眠が充分とれるぞ」

上条「う……いやいや上条さんも次ぐらいは頑張っちゃいますよ。何なら賭ける?」

一方通行「居眠りするに八兆円」

上条「はち!!?……一方通行がそこまで賭けるってんなら、俺もそれに見合った物を用意しなきゃなぁ!
    金なんて寂しい程に持ってない貧乏学生だが、命くらいは出せるぞ!どうなんだよ一方通行!
    てめぇは金だなんてあいまいに終わらせておいて満足なのか!?それとも納得のいくまで己と戦ってみるのか!
    どっちにするかは自分の心に聞いてみろ!」

一方通行「……熱くなってンなァ」
176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 16:22:18.22 ID:1NcV9r5yO
上条「……やっぱり今の無しで」

一方通行「いいじゃねェか、テメェの命と俺の金。面白ェ暇潰しになりそォだ」

上条「えっやだやだ」

一方通行「あン?何だァ?男が簡単に自分の発言を曲げていィと思ってンのかァ?」

上条「……ッ!こんな所でッ!命を捨てたくはッ!ありませんッッッ!」

一方通行「コーヒーが飲みてェなァ」

上条「買ってくるっス一方通行さんッ!」

一方通行「自動販売機行こォぜ」

上条「イエス・サー!」




 おわれ
177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 16:26:33.87 ID:1NcV9r5yO
おめーらも飯食って昼寝しようぜ
おやすみなさい
182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/18(日) 17:37:53.96 ID:tNdWjMMn0
おつ

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。