由比ヶ浜「ヒッキーがロリコンになっちゃった!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 04:22:19.85 ID:R847dLak0
奉仕部部室

結衣「やっはろー、ゆきのん!」ガラッ

雪乃「…こんにちは由比ヶ浜さん」

結衣「あ、ヒッキーもやっはr……え?」

八幡「よ、よう」

留美「…やっはろーってなに?頭の悪そうな挨拶…」

八幡「まぁあながち間違いでもない」

結衣「だ、誰!?なんでヒッキーの腕にピッタリ引っ付いてるの!?そしてさりげなくバカにされた!?」

雪乃「由比ヶ浜さん、覚えていない?夏休みに千葉村でボランティアをしたときにグループの除け者にされていた小学生よ」

八幡「おいもう少しオブラートに包んだ紹介をだな」

雪乃「あら、ロリコンくんにも人間らしい気配りができたのね…ごめんなさい間違えてしまったわ。比企谷くんだったわね」

八幡「一文字も合ってねぇから」

結衣「あーあの時の!久しぶりだね留美ちゃん」

留美「…八幡、もう帰ろうよ、八幡の部屋で二人きりでお話したいよ」

結衣「」


注目記事




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 08:44:40.84 ID:weHYcHBDI
結衣「ふ、二人きりってなんだし!てか近いし!ヒッキーもデレデレしない!」

八幡「ちょ、バッカお前、これはあれだ、小町が小さかった頃を思い出してだな」

雪乃「どちらにしろ気持ち悪いわ比企谷くん。…それはそうと鶴見さん、あなた、あの後どうなったのかしら」

結衣「そうそう!あの子たちと仲直りできた?」

留美「仲直りって、別に喧嘩してた訳じゃないし。…まぁ、ハブられることは、なくなったかな。普通に話とかもしてるし」

結衣「マジマジ!?よかったね!じゃあまた友達に戻れたんだね!」

留美「…友達ではないかな。あんなことがあったし、もう友達には戻りたくない。…それに」モジモジ

雪乃「それに、何かしら」

留美「…無理して友達作らなくてもいいって、八幡が言ってくれたから」ギュッ
32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 09:05:27.16 ID:4XvwLwaFI
八幡「呼び捨てなのは相変わらずなのな。いいか、年上の人には敬」

雪乃「今言及するべきはそこではないでしょう。あなた、バカなの?」

結衣「そうだよ!ねえ留美ちゃん、友達はいた方がいいよ?それにヒッキーは性格ねじ曲がってるし、あんまり鵜呑みにしない方が…」

留美「そんなことない!それに、私知ってるんだ。肝試しの時のあれ、私のためにやってくれたんでしょ?」

八幡「まあ問題の解決にはならなかっただろうけどな。問題の解消にはなっただろ。でもすまなかったな。あんなことしちまってよ」

留美「ううん、感謝してる。確かに怖かったけど、ハブられなくなったし。それに」

留美「…これが恋なんだって、知ることができたから」ギュッ
35: 醤油うどん 2013/10/26(土) 09:19:41.95 ID:ltPDOoy8I
結衣「恋ってまさか…」

雪乃「…比企谷くんに、ということかしら」

留美「……」コクッ

八幡「……」

雪乃「やめておきなさい、鶴見さん。それはロクな男では」

留美「そんなことない!確かに、目は腐ってるし、なんか暗いし…

八幡「おい」

留美「でも」

留美「…世界で一番、かっこいいもん」

一同「!!」
43: 醤油うどん 2013/10/26(土) 09:47:25.13 ID:TQmpeTXRI
結衣「……」

雪乃「…悪いけれど、あなたの言っていることが理解できないわ」

留美「理解できなくていい。それに、何で二人とも、八幡をいじめるの?八幡は話もなんだか楽しいし、嫌な人なんかじゃない。優しい人だよ」

雪乃「…そんなこと…分かっているわよ…私が一番」ボソッ

留美「え?」

雪乃「…いえ、何でもないわ。それと、今更だけど、私も謝っておくわ。あの時は怖い思いをさせてしまってごめんなさい。」

結衣「ごめんね」

八幡「悪かった」

留美「八幡がきっと提案したんでしょ?じゃあ、八幡は許さない」

八幡「え、何それ、さっきと言ってること違くないですか」

留美「ゆ、許してほしいなら…」

留美「私とデートして」
52: 醤油うどん 2013/10/26(土) 10:05:57.69 ID:dEtlF3HGI
雪乃「…で、デートって…」

結衣「そ、そんなのダメ!私が許さない!」

留美「なんで?ま、まさか結衣さんって、八幡の彼女…?」フルフル

八幡「俺に彼女なんていねーよ」

留美「…よ、よかった」パァァァ

八幡「でも、デートって、好き合ってるリア充の男女がするものだろ、由比ヶ浜?」

結衣「なんで私に聞くし…。でも、そうだよ留美ちゃん。仮に留美ちゃんが、ヒッキーのことが、す、好きだったとしても、ヒッキーは留美ちゃんのこと、好きじゃ…ないよね?」キッ

八幡「睨むなよ、怖いから」

結衣「それに、ヒッキーと留美ちゃんじゃ、歳の差がありすぎるというか…」

留美「と、歳の差なんて関係ないよ!好きなんだもん!八幡が好きなんだもん!」

八幡「…え?俺って今小学生に告白されちゃった?」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 10:08:37.46 ID:WMwJQelYO
5歳差など大人になれば大して気にならなくなるだろう
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 10:10:09.28 ID:UW3TcX3F0
八幡が二十歳の時、まだるみるみは十五歳
やったね一気に勝ち組だ
57: 醤油うどん 2013/10/26(土) 10:13:41.04 ID:Pjnk9wMfI
留美「それに、私そんなに子供じゃない!同級生を見てもみんな子供だなって思うし、そ、それに、胸だって最近…!」

結衣「す、ストップストップ!わかったから留美ちゃん、ここで胸を触るのはやめて!ヒッキーも見てるんだよ!」

留美「あっ…!い、今のなし……」カァァァ

一同「……」
64: 醤油うどん 2013/10/26(土) 10:27:27.81 ID:OBlwsBBqI
八幡「…あの、とりあえず俺、出て行った方がいい?」

雪乃「待ちなさい比企谷くん、あなたは当事者でしょう。逃げるのは卑怯よ」

八幡「だって、やばくない?」

八幡「(何がやばいって、このまま留美ルートに入ってしまいそうで怖い…。俺はロリコンではなかったはずなのに…!)」

八幡「(はっ!あの時か?カレーの妖精ロリエちゃんが頭の中に現れた、あの時に目覚めたのか…!?)」

結衣「ヒッキー、なにソワソワしてるの!マジきもいし!」

留美「八幡にきもいとか言わないで!」

八幡「(…やばい………)」
70: 醤油うどん 2013/10/26(土) 10:52:38.48 ID:C+LvPK9MI
雪乃「…仮に、デートをするとして、鶴見さんはどこに行きたいのかしら?」

留美「…え、映画とか…」

雪乃「無難ではあるわね。まぁ、映画くらいだったら、」

留美「それで、その後レストランでご飯食べて…別に高いとこじゃなくて、普通のファミレスで…。それで、その後は… 八幡の家に行って…」

結衣「意外に具体的だっ!?しかも最後、それまずくない!?高校生と小学生だよ!?」

八幡「まぁ、親とかには小町の友達って言えばごまかせそうだな」

結衣「ヒッキーも!余計なこと言うなし!案外ノリノリなのがきもい!」

留美「だからきもいとか言わないで…」ウルウル

結衣「あ、ごめんね留美ちゃん!もう言わないからね!」
71: 醤油うどん 2013/10/26(土) 10:54:02.84 ID:C+LvPK9MI
雪乃「まぁ比企谷くんの家はさすがに無理だとしても、映画がくらいだったら構わないのではないかしら。怖い思いをさせてしまったのは確かなのだし、鶴見さんが許さないって言うのであれば、本来私たちは何も言えないわ」

結衣「ゆきのん……」

雪乃「比企谷くん、あなたは構わないの?」

八幡「まぁ、映画くらいだったら…」

留美「八幡……!」ウルウル

雪乃「…そう。では、決まりね」

留美「やった!」

結衣「ち、ちょっと!ゆきのん、こっち来て!」

-廊下-

結衣「ちょっとゆきのん、本当にいいの?留美ちゃんどうやらマジらしいし、ヒッキーもまんざらでもない感じじゃん!?」

雪乃「いいわけないでしょう」

結衣「…え?」

雪乃「とはいえ、さっきも言った通り、あちらに分があるのは確かなのだし、仕方ないとは思うわ。だから…」

結衣「だから?」


雪乃「尾行する
72: 醤油うどん 2013/10/26(土) 10:56:42.02 ID:C+LvPK9MI
雪乃「尾行するわよ」

結衣「尾行!?」

雪乃「もちろん、小町さんの協力も仰ぐわ」

結衣「なんかすごいことになってきちゃったね…。あとゆきのん、目が怖い」
82: 醤油うどん 2013/10/26(土) 11:22:42.90 ID:8/K7o4QTI
-デート当日-

雪乃「…どうやら二人ともまだ来てないみたいね」

結衣「そりゃあ、まだ集合の2時間前だし、来る方が怖いよ…まぁ一番不審なのはあたし達だけど」

小町「あ、兄が来たようですね」

結衣「集合2時間前に来ちゃった!?ヒッキーまじきもい!」

結衣「それになんかソワソワしてるし…。うわ、ちょっと笑ってる…」

雪乃「ところで小町さん、家での比企谷くんの様子はどうだったかしら?」

小町「本当見れたもんじゃなかったですよ。小町の前では平然を装っていましたけど、不意にニヤニヤしたり、[俺はロリコンじゃない…よな?]とか言ってたり…。今朝なんてプリキュアの歌を歌ってました」

雪乃「…ドン引きというのは、こういうことなのね」
84: 醤油うどん 2013/10/26(土) 11:24:09.33 ID:8/K7o4QTI
-約2時間後-

留美「ハァ、ハァ…、ご、ごめん八幡… 待った?」

八幡「い、いや、俺も今来たところだ」


結衣「ヒッキー2時間に来てましたけど…」

雪乃「やはり、まんざらでもないようね」

小町「留美ちゃんの服装は、半袖のシャツにホットパンツ… 確かに胸も…」チラッ

雪乃「…そこで私の胸を見るのをやめてもらえるかしら。非常に不本意だわ」
94: 醤油うどん 2013/10/26(土) 11:41:01.34 ID:KlghImenI
八幡「…じゃあ行くか」

留美「うん!」

-映画館-

八幡「で、何か見たいものはあるか?」

留美「じゃあ……これ」


小町「ラブストーリーきたー!!」

結衣「留美ちゃん積極的…それに比べて私は…」

小町「結衣さんどうしました?それにしても、まさか嫁候補に小町より年下の子が入るとは…」

結衣「いや、入れなくていいから!」

雪乃「しっ!気付かれるわよ」
95: 醤油うどん 2013/10/26(土) 11:41:39.95 ID:KlghImenI
八幡「これ、お前が見ても面白くないんじゃないのか?」

留美「いいの。…ずっと悩んで、決めたんだから…」

八幡「じゃあ、決まりだな」


結衣「あの映画…絶対、え、エッチなシーン、あるよね…」

小町「…それはさすがに、ポイント低いよ、お兄ちゃん…」
103: 醤油うどん 2013/10/26(土) 11:54:19.26 ID:Mf04P3OaI
八幡「ここ、戸塚と来た劇場だ…」

留美「戸塚ってだれ?…女の子?」

八幡「男だよ」

留美「…そう」


小町「さすがに劇場の中まで尾行しなくても…」

雪乃「だめよ。もしいかがわしいシーンが始まったら、私は比企谷くんの目を潰すわ」

結衣「じゃあ私は留美ちゃんを連れ出すね!」

小町「(この人たち怖い…)」
112: 醤油うどん 2013/10/26(土) 12:01:06.07 ID:C83+Qf4dI
-上映開始1時間経過-

八幡「(そのシーンはいきなり始まった。いわゆるベッドシーンってやつだ)」

ギシッギシッ アンッ

留美「…………」

八幡「(うわぁ気まずい。てかこれ小学生に見せていいの?普通に局部が… うわっ、おい、そんなことまで…)」


雪乃、結衣、小町「…………」
123: 醤油うどん 2013/10/26(土) 12:15:40.34 ID:XCGQGw7WI
八幡「(そしておい、何でそこから殺人シーン?唐突すぎるでしょ?怖いよ…)」

留美「…………」プルプル

八幡「(留美ちゃん震えてるよ…小学生だし無理ないよな……ここは、手を繋いであげた方がいいの?どうすんの俺!)」

八幡「(まぁ、一応年上だし、男だし、それくらいやることにしよう。ちょうど留美ちゃんは手を腕かけに乗せてるし…)」ギュッ

留美「!!」ビクンッッ

八幡「!?」
142: 醤油うどん 2013/10/26(土) 12:57:57.68 ID:Yzpv/+ReI
八幡「!?あっ…!」

パラパラ…


小町「…はっ!すっかり見入っちゃってた!雪乃さん結衣さん、しっかり!」

雪乃、結衣「…あっ!」

小町「そうです!あの二人に何かあったようですよ!…どうやらポップコーンがこぼれたようですね」

雪乃「私としたことが…!すっかり映画に見入っちゃうなんて…!…でも、すごかったわね…」

結衣「ゆきのんしっかり!でもどうしてポップコーンが?」
143: 醤油うどん 2013/10/26(土) 13:00:20.47 ID:Yzpv/+ReI
八幡「(やべぇ!早く拾わなきゃ、留美ちゃんのズボンがポップコーンまみれだ)」

ネチョ

八幡「…え?」

留美「!! いいっ、私が拾うからいい!」

八幡「……(今の感触……え?)」
152: 醤油うどん 2013/10/26(土) 13:11:53.40 ID:TQmpeTXRI
八幡「(…そうだよな、ドリンクだよな。まぁ、ドリンクなんて二人とも買ってないんだけどな)」

-映画終了-

八幡「よし、出るか」

留美「……」

八幡「?」

留美「…ちょっとトイレに寄ってくから、八幡は先に出てて」

八幡「…そうか、わかった」

留美「……どうしよう…」


小町「小町たちも出ましょうか」

雪乃「…そうね」

結衣「ごめん、ちょっとトイレに寄ってくから、先に行ってて」
156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 13:16:18.60 ID:UT+mPRvB0
留美も結衣もトイレに行ったということは……
160: 醤油うどん 2013/10/26(土) 13:25:11.26 ID:AILgQq3nI
-トイレ-

結衣「(やばいよ、いきなりあのシーンは反則だよ…)」

トントン

留美「…今でます」

結衣「(え?この声は…)」

留美「!!結衣…さん…?どうしてここに…?まさか、つけてきたの…?」

結衣「………ごめん」

留美「信じらんない!どうしてそんなことするの!?結衣さんも雪乃さんも、八幡のこと嫌いなんでしょ!?」

結衣「それは違う!違くて… 違くて……!」

留美「……?」

結衣「私は、私はね……ヒッキーのことがね……」

留美「……?」

結衣「ヒッキーのことが好きなの!!」
163: 醤油うどん 2013/10/26(土) 13:35:52.94 ID:bLKrT4rHI
小町「結衣さん遅いですねー。トイレ混んでるのかな?」

雪乃「……」


留美「え…?好き…?」

結衣「そうだよ!私の方が留美ちゃんより昔から好きなの!飼い犬の命を助けられて、それから… ヒッキーと再会して、知らない間に…」

結衣「大好きになっちゃったの!!」

留美「………」

結衣「あ、ご、ごめんね、つい興奮して、へへへ…」

留美「…私の方が好きです」

結衣「え?」

留美「私の方が八幡が好きです!あのキャンプの夜、もしかしたらあれは演技だったんじゃないかなって、提案者が八幡だったらいいなって思ってるうちに、どんどんどんどん好きになっちゃって…!」

留美「再会できる日をずーと楽しみにしてたんです!だから今こうして、八幡と一緒にデートが出来ていることが、夢のようで……」ポロポロ

結衣「る、留美ちゃん、泣かないで…。わかったから…」
169: 醤油うどん 2013/10/26(土) 13:45:08.07 ID:KlghImenI
留美「…じゃあ、最後に一つだけわがままを聞いてください…」

結衣「なに?言ってみて?」

留美「これから、八幡の家に行かせてください…」

結衣「そ、それは…」

留美「お願いします。結衣さんたちと違って、私は八幡になかなか会えないんです。これでダメだったら諦めます。無謀なのはわかっていますが、最後のチャンスをください…」

結衣「…わかった。まぁ肝試しのこともあるし、今日も尾行しちゃったしね」

留美「…ありがとうございます……!」

結衣「じゃあ、私は先に行くね。おトイレ、なんか引っ込んじゃった。じゃね、頑張ってね…!」

留美「……はい」

留美「(…私もやっぱり、まだまだ子供だったんだな…)」
170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 13:48:21.92 ID:ATqG6GoA0
かわいい
177: 醤油うどん 2013/10/26(土) 13:57:43.51 ID:NFJQYKc0I
小町「あ、結衣さん、遅かったですね!兄は、まだあそこにいますよ。どうやら留美さんがまだ来てないみたいで」

結衣「あたし、留美ちゃんに会っちゃった」

雪乃、小町「!!」

小町「え、ってことは、やっぱり尾行ばれちゃいました…?」

結衣「ううん、たまたまあたしも家族と来たんだーって言って、ごまかしちゃった!」

雪乃「よくごまかせたわね。あの子、結構賢そうだけれど…」

結衣「いやぁ、そこはあたしの話術で?いけた感じ!」
179: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:00:57.35 ID:NFJQYKc0I
小町「それで、次どこ行くとか、聞けちゃったりしました?」

結衣「うん!次は、水族館に行くんだって!どっちかにしろって感じだよね!」

小町「水族館ですか…結構遠いですね…。はて、お兄ちゃんそんなにお金持ってたかな…?」

雪乃「……」

結衣「さ、気を取り直して、水族館行ってみよー!」

結衣「(留美ちゃん、1日だけだからね…。あとヒッキー、変なことしないって、信じてるから…!)
186: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:11:25.08 ID:xKB2K1w8I
八幡「遅かったな。てっきり俺を置いて帰っちゃったかと思ったぞ、経験的に」

留美「経験あるんだ…」

八幡「次はどこに行く?映画見ながらなナチョスだの結構食ったから、正直腹は減ってねぇんだよな…。」

留美「私もお腹は減ってない…。でね、私どうしても行きたいところがあるんだ」

八幡「どこだ?」

留美「は、…八幡の家」

八幡「(マジですかそうきましたか。あれは冗談だとばかり…。まあ、小町いるし大丈夫か。午後はずっと家にいるって言ってたしな)」

八幡「ああ、んじゃ行くか」

留美「うん!」
189: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:19:00.77 ID:49/Ny4mtI
-八幡の家-

八幡「ここだ」

留美「(道、覚えちゃった)」

八幡「…どした?具合でも悪いのか?帰る?」

留美「だ、大丈夫だし帰らないよ!そんなナチュラルに帰宅提案しないでよ!」

八幡「悪い。おーい小町、覚えてるかー?キャンプの時の小学生が来たぞー。…あれ?あいついなくね?」

留美「……!」ガッツポーズ
195: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:32:34.77 ID:qumvRRk/I
留美「おじゃまします」ドキドキ

八幡「多少散らかってるけど勘弁な」

留美「うん。あ、猫!かわいい!!」

八幡「ああ、カマクラっていう、ふてぶてしいやつだよ」

留美「かわいいよ!!カマクラちゃんっていうんだねー。えへへ、かわいいな」

八幡「(正直意外だが、まぁ、こうみると何だかんだ小学生の女の子なんだな…)」

留美「触っていい?」

八幡「ああ、じゃんじゃん遊んでやれ。ついでに俺の分も遊んでやって」

八幡「(とは言ったが、あの… さっきから、その、見えそうなんですが、胸が。確かに雪ノ下よりはあるな… あと、ホットパンツはやめてくれ…!)」

八幡「(でも、近くで見ると、かわいい顔してるな。…って、おい俺?なに小学生に欲情してるの?捕まりたいの?)
198: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:37:05.34 ID:FdMuZv9PI
留美「…ねぇ八幡」

八幡「!な、なんだ?」

留美「どうしたの?ソワソワして。具合でも悪いの?帰る?」

八幡「…どっかで聞いたセリフだな。あと、俺の家はここだ」

留美「えへへ、真似しちゃった」

八幡「(…かわいい………!)」
201: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:43:46.55 ID:TQmpeTXRI
八幡「で?なんだ?」

留美「あのね、…八幡の部屋に行きたい」

八幡「!!い、いや、何もないぞ…?」

留美「それでもいい。行きたい」

八幡「…そ、そうか…。それでは、い、行きましょうか…(落ち着け俺、大丈夫だ!多分…)」
206: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:50:58.39 ID:qumvRRk/I
-八幡の部屋-

八幡「こ、ここが俺の部屋だ」

留美「…ここが…八幡の部屋…(八幡はここで寝て、ここで…)」

八幡「……」

留美「……」

留美「…ねぇ八幡」

八幡「な、なんだ?」

留美「さっきの映画見て、どう思った?」

八幡「! ま、まぁ、そこそこ面白かったんじゃないか…?」

留美「そう…。私はね、こ、興奮したよ」

留美「そ、その、エッチなシーン、あったじゃない?あ、あそこで… あそこが……」

八幡「…は?」

留美「い、いや、何でもない!けど、私は、八幡の隣であのシーン見て… は、八幡と、ああいうことしたいって、思ったよ…」
212: 醤油うどん 2013/10/26(土) 14:57:29.34 ID:Pjnk9wMfI
八幡「お、お前…」

留美「あの時、ポップコーンこぼれて、八幡の手が私の、あ、あの部分に当たった時、なんか濡れてたでしょ…?」

八幡「あ、ああ」

留美「それって、この感触だったと思うの。手を貸して」

八幡「お、おい!」

ネチョ

留美「……ね?おんなじでしょ?」
233: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 15:17:45.68 ID:AkAXHqIfI
八幡「…ああ、同じだ。同じだけど…!」

留美「ねえ八幡… 私、八幡が好き… キャンプをしたあの日から、ずっと… ずっと会いたいって、思ってた…」

留美「それでね、それで… 八幡と、さっきの映画みたいなこと、したい。八幡はどうなの?」

八幡「(…さすがに、もう自分に嘘はつけないな…)」

八幡「ああ、俺もそうだ。俺も鶴見がかわいくてしょうがない。でも、でもな…!ダメなんだよ、お前の歳の女の子とそういうことしちゃ、ダメなんだ…!」

留美「なんで!誰もみてないじゃない!バレないよ!それに、小学生だって…!」

モミ

八幡「!!」

留美「おっぱい、あるんだよ…」
254: 醤油うどん 2013/10/26(土) 15:49:31.66 ID:IfTWjpvuI
留美「おっぱい、あるんだよ…」

八幡「(もう…どうにでもなれ)」

八幡「鶴見」

留美「留美って呼んで」

スッ

留美「!! んっ」

チュパチュパ

留美「…!八幡って、顔に似合わず、キス激しいんだね」

八幡「…うるせえ」

留美「ねぇ、おっぱいももっと触って…」

モミモミモミモミ

留美「んっっ!」ビクンビクン
261: 醤油うどん 2013/10/26(土) 15:55:58.51 ID:4XvwLwaFI
留美「…おっぱい、結構あるでしょ?」

八幡「ああ。小6にしては大きいな」

留美「なんで大きくなったと思う?」

八幡「知らん」

留美「…八幡のことを思って…、その、1人でしちゃってたから、それで」

八幡「…ビッチめ」

留美「あ、ひどい。八幡だって、人のこと言えないはずだよ。こんなに大きくしちゃって」

サワサワ

八幡「…まじか」

留美「く、口でしてあげる」
271: 醤油うどん 2013/10/26(土) 16:06:28.64 ID:Yzpv/+ReI
留美「お、大きい…」

八幡「ああ、密かな誇りだったんだ実は」

留美「八幡はなんか自虐的だけど、他にも誇れるところ、いっぱいあるのにな。…でも、そんなところも好き」

留美「ん……っ」

チュパッチュパッ

八幡「おい留美!顔を離せ!」

留美「……」

ドピュッ ドピュッ

八幡「…おいっ……」
272: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 16:07:22.71 ID:XgCQk9Kz0
早漏過ぎだろ
273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 16:07:52.33 ID:FStfZSLP0
早過ぎワロタww
274: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 16:07:59.01 ID:263wigDY0
女子小学生に舐められてるんだぞ?そりゃあすぐ出るわ
276: 醤油うどん 2013/10/26(土) 16:13:12.76 ID:NFJQYKc0I
留美「えへへ、これがせーえきっていうんでしょ?」

八幡「ああ、そうだが、今すぐ吐き出せ、汚いから」

ゴクンッ

留美「…えへへ、…美味しくはないや…」

八幡「当たり前だ」

留美「ねぇ、八幡。…入れたいでしょ?」

八幡「さすがに、それはだめだ」
282: 醤油うどん 2013/10/26(土) 16:20:15.43 ID:XrrPJDnnI
留美「…なんで…?」

八幡「妊娠したらどうするんだ、それに、大きさ的に入らないだろ…」

留美「き、今日は大丈夫な日だから!ネットで調べたし知識もある」

八幡「それでもだめだ。それに俺は、専業主婦になると決めていてな。留美が働くようになるまで、中はダメだ」

留美「…わかった。じゃあ留美、今は我慢する。そして将来は絶対就職して、八幡を養えるようになるね」

八幡「ああ…。そうしてくれ」
285: 醤油うどん 2013/10/26(土) 16:22:37.32 ID:XrrPJDnnI
八幡「(それからも留美は、ちょくちょく奉仕部に来るようになった。もちろん、服装が中学生の制服姿に変わったのはいうまでもない)」

八幡「雪ノ下や由比ヶ浜には2人で説明した。2人ともかなり動揺していたが、何とか納得してくれた。まぁ、他の人に言ってしまう奴らではないだろう)」

八幡「(その時に留美は、由比ヶ浜にお礼を言っていた…。なに?ラーメンでもおごってもらったの?)


10年後、海浜幕張駅


八幡「…そろそろかな」

留美「はーちまん!」

八幡「! (スーツ姿、めちゃくちゃ似合ってるな…)」

留美「どうしたの?ソワソワして。具合でも悪いの?帰る?」

八幡「…どっかで聞いたセリフだな」


おわり
288: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 16:23:27.48 ID:zAx8gus30
素晴らしかった乙
290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/26(土) 16:24:07.01 ID:Zl15Nvsx0
おつ
これから大人になったルミルミとの濃厚ラブラブエッチ編突入だな

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。