ゲンドウ「早く乗れ。でなければ帰れ」シンジ「絶望した!」

2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:02:49.24 ID:jGbC47Qe0
シンジ「絶望した! 久々に会ったと思ったら捨て駒扱いする父親に絶望した!!」

ゲンドウ「……」

ミサト「……」

リツコ「……」

シンジ「大人が汚いのはよくわかっています。

    ですが、まさか実の父親にまでこういった仕打ちをされるとは

    思いもよりませんでしたぁ!」
    
ミサト「……あの、あれ? どうしたの? シンジ君」


注目記事




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:03:20.62 ID:jGbC47Qe0
シンジ「どうしたもこうしたも! 

    実の父親に、謎の兵器に乗れと言われて!
    
    平気でいられますか!?」
    
リツコ「謎ではないわ。ちゃんと科学に基づいて作られている」

シンジ「どうせオーバーテクノロジーの塊か何かでしょう!?

    きっと乗った瞬間に暴走して、私の意志とは関係なく戦いをはじめるんだ!」
    
ゲンドウ「……」

冬月「……」

ミサト「落ち着いてシンジ君……どうしたの? ついさっきまではおとなしかったのに……」

シンジ「そりゃそうですよ。見知らぬ大人に呼び出し食らったのと、

    父親においでってされたのとでは全然意味合いが違いますもの!!」
    


シンジ「やっぱり、親なんてものはろくでもないものなんですよ!!」



リツコ ミサト「……」ピクッ



ミサト「ろくでもなくなんかないわよ!」

リツコ「……確かにろくでもないかもしれないけど」



シンジ「はい?」

ミサト リツコ「っ……なんでもない」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:05:29.02 ID:jGbC47Qe0
シンジ「……はぁ……」

ゲンドウ(仕方ないな……レイを引き合いに出して……)

シンジ「……どうせ、ここでわめいても状態は悪化するだけのようですし……

    いいでしょう、乗りますよ。乗ればいいんでしょう?」
    
ミサト「え、いいの?」

シンジ「だって乗らないと絶対話進まない状態じゃないですか!

     首を縦に振るまで選択肢の連続ですよ。
     
     ここはレヌール城ですか!?」

リツコ「……とにかく、乗ってくれるのかしら」

シンジ「それに、こんな世界で生き続けるよりは化け物と戦って死んだほうがマシです」

ミサト「縁起でもないこと言わないでよ」

シンジ「縁起でもないのはこの人生ですよ!

    幼い頃に母を亡くし、親戚の家に預けられて腫れもの扱いの毎日!」
    
リツコ(こんな子じゃ仕方ないわ……)
5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:06:05.51 ID:jGbC47Qe0
シンジ「…………まぁ、いいですよ。

    とにかく早く、乗って、あの化け物に殺されてきます
    
    こんな人生、きっと、生きているだけ絶望の毎日ですからねぇ……
    
    死んだほうがマシです」
    
ミサト「ちょ、ちょっと……」

ゲンドウ「かまわん……乗りさえすればいい」

シンジ「え」



ゲンドウ「……なんだ?」

シンジ「あ、いえ、あのー……ほんとに? 死んじゃいますよ?」

ゲンドウ「お前の生きるか死ぬかは問題ではない」

シンジ「……あー……えっと……」

ゲンドウ「……どうした」
6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:06:36.56 ID:jGbC47Qe0
シンジ「その、乗るか乗らないかで言うと、どちらかというと乗りたくない、と言いますか、

    ああ、! 僕、乗り物酔いするんですよ!」
    
ゲンドウ「その心配はない」

シンジ「あ、ほら、閉所恐怖症で」

ゲンドウ「シンクロすれば外が見える構造になっている」

シンジ「……」

ゲンドウ「早く乗れ」

シンジ「……」スタスタスタ

ミサト「ちょ、ちょっと? どこ行くの?」

シンジ「帰ります」

ミサト「か、帰るって、あなたさっき乗るって……」

シンジ「嫌ですよ。の、乗ったら絶対、あれと戦うことになるんでしょう?」

リツコ「……そうね」

シンジ「そんなの死亡フラグどころか死ぬの確定じゃないですかぁ!!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:07:22.18 ID:jGbC47Qe0
ゲンドウ「お前が乗らないのであれば、レイを乗せるしかないな」

シンジ「ほ、ほら、ちゃんとパイロットだっているんじゃないですか!」



ガラガラガラ……

ベッドの上で虫の息のレイ「……っく……うう……」

シンジ「っ……」

ゲンドウ「……乗れ」



シンジ「!?」カット1

シンジ「!?」カット2

シンジ「!?」カット3

シンジ「!?」カット4

シンジ「絶望した! 下の者の事情も考えずに命令だけ下す上層部に、絶望した!!」



レイ「……なんなの?」

ミサト「……さぁ」
8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:08:14.46 ID:jGbC47Qe0
シンジ「無理だ無理だと言ってるのに仕事を押し付けてくる。

    そしてそれを必死の思いで、かなりの無理をしてやり遂げると、
    
    『じゃこれもやってー』と、さらに無理難題を押し付ける上司……
    
    父さん! あなたは、そういう人間なんですねぇ!?」
    
ゲンドウ「無理でもやらなくてはいけない」

シンジ「だからって! こんな傷だらけの少女にやらせていいわけがないじゃないですか!」

ゲンドウ「ならお前が乗れ」

シンジ「こんないたいけな少年に死ねというんですか!?」

ミサト「死ぬときまったわけではないわよ」

シンジ「死にますよ!! 

    『見ず知らずの兵器に乗って軍隊で太刀打ちできなかった巨大生物と戦う』
    
    この一行の文章に死にそうな要素がいくつ含まれていますか!?
    
    全文節一字一句に死相が見えますよ!!」
    
    
    
レイ「……でも、あなた、さっき『死んだほうがマシ』って」

シンジ(余計なことを!!)
9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:08:42.39 ID:jGbC47Qe0
シンジ「わ、私は……積極的に死なないだけです!

    死にたいとは思ってますよ、ええ山ほどね!」
    
ミサト(そんな元気に死にたいって言わなくても……)

シンジ「乗ったら死ぬロボットに、自ら乗るなんて、
    
    私にはできません! 誰らのですか!?」
    
ゲンドウ「……では、強制的に乗せられるほうがいいのか」

シンジ「……え?」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:09:09.62 ID:jGbC47Qe0
ザッザッザッザ

黒服「……」ガシッ

シンジ「え?」






初号機内

シンジ「……え?」

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:09:43.09 ID:jGbC47Qe0
ミサト『……あの、いいんですか?』

ゲンドウ『本人が、自ら乗りたくないけど死にたいと言っているのだ。

     乗ったら死ぬロボットに、強制的に乗せてやれば、
     
     アレも本望だろう』
     
シンジ「どうしてこうなった……狂ってるとしか思えない!」

レイ『……』

シンジ「あなたからも何か言ってやってください!

     そんな何もかも悟ったような顔してないで!」
     
レイ『……何を言えばいいの?』

シンジ「何でもいいです! 今私を見て何か思うことはありませんか!?」

レイ『……あなたには……』

シンジ「……」ゴクリ

レイ『……あなたには、尻尾が似合うと思う。特に、犬の……』

シンジ「今読者の中であなたのCVが変更されましたよ! 確実に!!」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:10:11.13 ID:jGbC47Qe0
ゲンドウ『発射用意』

シンジ「発射って!?」

ミサト『仕方ないわ。シンジ君、覚悟して』

シンジ「覚悟って!?」

リツコ『……成功を祈るわ』

シンジ「祈るって!?」

マヤ『エヴァ初号機、射出します!』

シンジ「待って!?」



ドシュゥン


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:10:45.69 ID:jGbC47Qe0
地上

シンジ「……えらい目にあってしまった……

    というか、これからえらい目にあわされてしまうのか……」シクシク
    
ミサト『シンジ君、聞こえる?』

シンジ「ええ、聞こえますよ。

    いい声の割にヴの発音ができなさそうな声してますね」
    
ミサト『人の活舌に茶々入れない……

    とにかく、歩くことだけを考えて!』
    
シンジ「歩く?」

シンジ(……歩く、歩くことを考える?

    歩くって、そう、足を前に突き出す、ってことだよな?)
    
ぐぐ……

ミサト『動いた!?』

シンジ(……歩く、歩く……)

ググググ……

ミサト『歩いた!』


リツコ『ええ、歩いたわね。でも……

    どうして後ろ向きに歩くのかしら?』
    
シンジ「す、すみません。どうにも考え方が後ろ向きだったみたいで」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:11:36.63 ID:jGbC47Qe0
ミサト『今はネガティブなことは忘れて、しっかりして頂戴』

シンジ「とは言いましても、生来の性格なもので、どうにもならないんですよ」

ミサト『じゃ、じゃあ後ろ向きでもいいから、使徒に向かっていって頂戴』

シンジ「使徒?」

ミサト『……ええ、

    第三使徒『バリゾウゴン』よ』
    
バリゾウゴン「ニコチュウシネェェェェエ!!!!!」

シンジ「どう見たって出オチじゃないですかぁ!! この後話どうやって膨らますんです!?」

レイ『まぁ、この話自体出オチみたいなものだし』

シンジ「あなたは早く病院に行ってください!」

レイ『大丈夫、慣れてるから。動物相手の傷だし』

シンジ「あなたキャラの軸ぶれすぎですよ!」
15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:12:05.20 ID:jGbC47Qe0


バリゾウゴン「リアジュウバクハツシロォォォ!!!!」

シンジ「ていうか、向かって行ってどうにかなるんですか!?」

ミサト『あとは野となれ山となれよ』

シンジ「焼け野原じゃないといいんですけどねぇ……」

リツコ『そうね。とにかく向かっていって、接近したら攻撃されると思うから』

シンジ「淡々と酷い事おっしゃいますね……

    一見理性的に見せて、一番危険な思想をしていそうですよ。
    
    あなたは悪いタイプの政治家か何かですか」
    
リツコ『身を守ることだけを考えて。本能的にエヴァが守ってくれるはずだから』

シンジ「守ってくれるったって母親じゃあるまいし……」

ゲンドウ リツコ『……』ピクッ

シンジ「まぁ、わかりましたよ、防衛本能ですね……」

ゴゴゴゴ……

ミサト『歩いてる……一応、使徒には接近してるわね』

リツコ『ただムーンウォークじゃないと近づけないのかしら……』
16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:12:35.27 ID:jGbC47Qe0
マヤ『初号機、危険区域まで接近』

日向『攻撃、来ます!』

バリゾウゴン「DQNクチクサレロォォォオオオ!!!!」

ドギュウウゥゥッゥン!!

シンジ「!」

シンジ(防衛本能……防衛本能……!!)

ミサト『! シンジ君!』





シンジ「す、」




シンジ「すいませんでしたぁ!!!」ドゲザアアァァァァ……

スカッ

ドゴオオォォォォン!!
17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:13:03.04 ID:jGbC47Qe0
マヤ『初号機、土下座により攻撃を回避!!』

リツコ『助かったわね。初号機を失わず済んだわ』

ミサト『……何か大切なものは失ってそうだけどね』

冬月『勝ったな』

ミサト『絵的には大敗北ですけど……』

ゲンドウ『……ふっ』

ミサト『笑えませんよ……』

レイ『……初号機にも尻尾が似合いそう』

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:13:33.15 ID:jGbC47Qe0


シンジ「って、土下座してどうする!? ひぃ、! 目の前に化け物が!!」

ミサト『シンジ君、とにかく攻撃して! これ以上町に被害を及ぼさないように!』

シンジ「被害、ですって!?」

ミサト『ええ、今までのバリゾウゴンの言葉で、

    ニコニコユーザーとリア充とDQNの一部が死滅したわ』
    
日向『それでさっきから青葉が居ないんですね……』

マヤ『一体何に当てはまったんだろう……』

リツコ『全部じゃない?』

シンジ「そ、そんな……だからって私にどうしろっていうんですか!?

    私の防衛本能はイコール土下座にしかつながらないんですよ」
    
ミサト『どうしてそうなるのよ』
19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:14:05.15 ID:jGbC47Qe0
シンジ「謝るということはいいことですよ。

    こちらが悪くなくても謝ることで場をとりなすことができます。
    
    自分さえ悪くなれば場が収まる。事なかれ主義の日本人の必須スキルといえなくもありません」
    
レイ『そのせいで外交が不利になったりとかもありそうだけどね』

シンジ「とはいえ、強い姿勢で挑むのも慣れてないと大変なものです

    だから、私は謝ることしかしません!」
    
ミサト『じ、じゃあ……攻撃してから謝りなさい!

    攻撃したことをわびるために、攻撃しなさい!』
    
シンジ「切羽詰ってわけのわからないことを言い始めましたね……」
20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:14:36.34 ID:jGbC47Qe0
シンジ(とはいえ、このままだと私の命も危ない……

    攻撃、するしかないんですかねぇ……)
    


バリゾウゴン「……」スゥゥゥ

シンジ(息を、吸ってる!?)

リツコ『まずいわ、次の攻撃が来る』

シンジ「ええい! ままよ! 近づいて攻撃します!」

グゴゴゴゴ……

シンジ「ああ! 後ろ向きに歩いてしまう……!」

ミサト『……っ』
21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:15:07.44 ID:jGbC47Qe0




バリゾウゴン「ハタラケェェェェェェェエエエエ!!!!!!」









































22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:15:39.27 ID:jGbC47Qe0
レイ「……で、結局どうなったの?」

シンジ「ええ、それが……最後のバリゾウゴンの言葉で

    書いてる人本人が死んでしまったので、続きが書けなくなったんです」
    





おしまい?
24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 02:47:16.39 ID:jbG8Tw0n0
嫌いじゃないよ
29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:53:53.51 ID:jGbC47Qe0

シンジ「昼間からビールですか」

ミサト「だめぇ?」

シンジ「いえ、別にいいですけど……

    しかし、自分で言っておいてなんですが……
    
    どうして昼間から酒を飲むと、こういう言われ方をするんですかねぇ?」
    
ミサト「んぇ?」

シンジ「夜に飲んだって昼に飲んだって、別にいいじゃないですか、

    逆に夜に運動したら、夜中に何してるんだと言われ……
    
    別に、その人の勝手なんだし結構だと思いませんか?」
    
ミサト「んまぁ、それもそうだと思うけど」

レイ「わかるわ」

シンジ「……居たんですか」

レイ「ええ、ずっと」

シンジ「あなたは……全開から更にキャラがぶれてますよ。

    せめてぶれる方向性は一つにしてください」

レイ「私も、よく言われる。

   こんな天気のいい日に、お通夜の最中みたいな顔してるわね、って」
   
シンジ「まぁ、あなたはいつも無表情ですし、俯きがちですものね……」

レイ「俯きがちなのは人の事いえないわよ」

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:54:26.98 ID:jGbC47Qe0


シンジ「ですが、思うんです。

    人っていうのは、『する』べきタイミングではないときに『する』ことが、
    
    何か、よくわからないけど好きなんじゃないのかと!」
    
ミサト「……というと?」

シンジ「昼に飲むべきではない酒を、昼に飲んでみたくなる。

    夜は静かにしないといけないのに、運動してみたくなる。
    
    試験勉強しなくちゃいけないのに片付けしたくなる。
    
    発言自重しなくちゃいけないのに、あえて何か喋っちゃう。
    
    ゴールしちゃいけないのにゴールしちゃう。
    
    人間、そういった行為が大好きな生き物なんですよ」
    
レイ「碇君も、謝らなくていいタイミングで謝るものね」

シンジ「それは前回やりました」
31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:54:52.49 ID:jGbC47Qe0
レイ「でも、今回もやることになるんじゃないかしら」

シンジ「……というと?」





…………


トウジ「悪いな、転校生。ワシはお前を殴らんと気がすまんのy」

シンジ「すみませんでしたあああぁぁぁぁ!!!!」ドゲザアアァァァァァァ!!!


…………


レイ「そこは謝るところじゃなくて、殴られるところよ」

シンジ「結局殴られましたけどね。

    とかく、人は何かをやってはいけないときに逆にその何かをしたくなる、
    
    この『逆式的欲求』は、常に人間に付きまとうのです!」
    
レイ「……新しい言葉をそれっぽく言って読者にググらせるのはやめたほうがいいわ」

シンジ「ググってはいけませんよ」

レイ「またそう言って逆式的欲求を煽らないで。

   それより、シンクロテストの時間よ」
   
シンジ「ええ、そうでしたね」



………………
32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:55:27.82 ID:jGbC47Qe0
ネルフ本部

ミサト「さて」スッキリ

シンジ「私たち、何に乗ってきたんですかね?」

レイ「……車」

シンジ「自動車じゃないことを祈ります」

ミサト「まぁ、ほら、飲んじゃいけないときに飲みたくなるって言う逆式的欲求、みたいな?」

シンジ「大問題ですからそれぇ!!」

レイ「! 碇君、大変よ」

シンジ「何ですか一体!?」

レイ「ネルフ所内に、逆式的欲求ウイルスが蔓延しているわ」

シンジ「何なんですかその今回のためだけに培養されたウイルスは」

レイ「所内で実験していた菌が漏れ出したみたい」

シンジ「すぐに原因を追究しなくては……ミサトさん、大丈夫ですか!?」

ミサト「大丈夫大丈夫! 何とかなるわよ」グビグビ

シンジ「ああ! 早速この緊急事態なのに酒におぼれている!!」

レイ「すでにここに来る段階で酔っ払いまくってたんじゃないのかしら……

   あと、この人に関してはもとからこんなカンジじゃ……」
   
シンジ「そ、そこまでひどい人じゃないと記憶しておりますが……否定しきれないのもまた残念です」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:56:12.65 ID:jGbC47Qe0


シンジ「とはいえ、そのウイルスとやらで逆式的欲求が開放されてしまっているのですね。

    原因追求とともに、私の言いたいことをわかってもらうために、
    
    ちょっと人間観察でもしていきましょうか」
    
レイ「先生も既に感染しているみたいね」

シンジ「ご覧ください! 

    これを書いている人ですら既に感染しきっています!
    
    パクリ元の絶望先生の台詞の引用をしすぎて、ついに貴方に『先生』と言わせてしまった!」
    
レイ「口が滑っただけですよ いやだなぁ」

シンジ「貴方、さっきまで敬語じゃなかったじゃないですか……」

レイ「それに書いてる人、明日も仕事なのに、深夜の三時までこんなの書いてていいのかしら」

シンジ「明日仕事なのに遊びたくなっちゃう、これもまた逆式的欲求です!」

投下時刻≠書いた時間


………………
34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:56:41.28 ID:jGbC47Qe0
シンジ「ここは、司令室ですか」

レイ「あれは、指令と赤木博士」



ゲンドウ「……今は、いいのか? 仕事は」

リツコ「ええ……ちょっと、ね」



シンジ「不倫の関係も、逆式的欲求ですよね。

    しかもあの人らには疑惑のにおいというか、どす黒いにおいがプンプンしています」
    
レイ「実の父親のそういう部分を見ても、絶望はしないんですね」

シンジ「まぁ、こういうことはよくあることですしね。

    あの人は妻を失ってる身ですから、仕方のないことでしょうし」
    
レイ「中学二年生の考えとは思えないほどドライね」

シンジ「貴方こそ父とは関係が深いのでしょう? 何か思うところはないのですか?」

レイ「別に……」

シンジ(急に元のキャラ取り戻してきやがったな……)




………………
35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:57:11.14 ID:jGbC47Qe0


シンジ「さぁ、今度は発令所です。ここにも、逆式的欲求が渦巻いています!」

レイ「オペレーターの人たちが居る」

シンジ「まずは、真面目が取り柄。三オペレーターの正統派、日向さんの動向を見てみましょう」

レイ「この監視カメラを使いましょう」

シンジ「ずいぶんと私の父は疑り深いようで、こんなカメラを用意されていたんですね……

    で、どうしてこれの存在を貴方が?」
    
レイ「いやね、碇君……貴方の知りたいことなら何でも知ってるわよ」

シンジ「……『愛が重い』っていう設定まで背負うおつもりで?」

レイ「まぁ、中ごろまで話が進まないと猟奇ポジション使えないですから、

   そこまでは私が」
   
シンジ「わー! さらっと言わないでください!!」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:57:41.21 ID:jGbC47Qe0


シンジ「っと、目的を見失うところでした!

    さて、日向さんの逆式的欲求は、と」
    


日向「くっ、仕事中だって言うのに……」

シンジ「おや、メールですか。

    彼女さんですかね?」
    
レイ「拡大するわ」

シンジ「……」

レイ「……止めないの?」

シンジ「ええ、他人の粗探しとか好きですから」

レイ「悪い性格が露見してるわよ」

シンジ「あなただって人の事言えないでしょう。

     さて、内容は?」
     
メール本文「葛城ミサ○盗撮画像 取引先はいつもの通りで」



シンジ「……」

レイ「……」

シンジ「かなりエグいところを見てしまいましたね……

    しかも真面目そうな彼だけに生々しいと言いますか……」
    
レイ「でもいつもの通りってことは、常習犯のようね」

シンジ「そこは定型文であることを祈っておきます……」
37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:58:08.40 ID:jGbC47Qe0


シンジ「さて、次に適度に欲求は発散していそうな青葉さんですが……」

レイ「何を言ってるの? 青葉さんは前回死滅したわ」

シンジ「あ、ああ、その設定、引っ張るんですね。

    地味担当は日向さんだと思っていたのに、先にゴールしたのは青葉さんでしたか」
    
レイ「転校の方が近いような……」

38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:58:44.91 ID:jGbC47Qe0



シンジ「……私、正直この人が一番怖いんですよね」

レイ「……そうね。日向さんよりもっと真面目手堅物なカンジの彼女が、

   どんな逆式的欲求を持っているのか……」
   
マヤ「……」カチャカチャカチャ……

シンジ「……」

マヤ「……」カチャカチャカチャ……

レイ「……」

シンジ(意外だな、何も欲求発散しているように見えないぞ?)

レイ「もしかして、家では相当すごいことやってるのかもしれませんね」

シンジ「流石に私も、他人の家まで覗き見て様子を伺うのはちょっと……」

コツコツコツ……

リツコ「……ふぅ……あら、マヤ。デバッグの最中かしら?」

マヤ「ん、あ……先輩……」トロン

リツコ「? なんだか、熱っぽそうね。辛いのだったらちゃんと休みなさいよ?」

マヤ「はい、おきづかい……んんぅっ……ありがとうございます」

リツコ「……え、ええ……」

コツコツコツ



シンジ「先ほどまで熱っぽい吐息を漏らしていたのはどちらさんなんですかねぇ」

レイ「碇君、下世話なことはあまり言わないほうがいいわよ」

シンジ「まぁ、そうですね。そういうほうこうにもっていくのはちょっと……」


マヤ「ん、んんっ! っくぁ……!」ビクビク

ヌルッ コトン


ヴヴヴヴヴヴヴヴ………………

マヤ「ん……はぁ、はぁ…………落ちちゃった……」クスッ



39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 22:59:14.72 ID:jGbC47Qe0
シンジ「文章だからって描写していいことと悪いことがありますよ!!!!」

レイ「SSだし、その辺は割と許容されるんじゃないかしら」

シンジ「どいつもこいつも、逆式的欲求に支配されすぎです!」

レイ「そういえば、私たちずいぶん歩いて来たけど、

   ウイルスに感染してないのかしら?」
   
シンジ「それもそうですね。

    まぁ、よく考えれば、私たちだってこうやって人の姿を覗き見るようなことばかりして、
    
    やってはいけないことやってるわけで、
    
    逆式的欲求を満たしているとも……」
    
ピトッ

シンジ「あ、ああ、すみません、手が触れてしまいましたね」

レイ「え」

シンジ「……」

レイ「……」

ポッ





レイ「パイロット同士の、いけない関係?」
40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:00:01.53 ID:jGbC47Qe0
シンジ「……はっ! いえ、それは他のSSでやってもらいましょう。もしくは薄い本で

     このスレでは私たちはときめいてはいけないんです!」

レイ「それにしても、逆式的欲求は、仕方ないと思うわ」

シンジ「仕方ない、と?」

レイ「抑圧されたらそりゃあ人間、やりたくなっちゃうものだと思うの。

   食欲を抑えれば飢餓状態になるし、
   
   性欲を我慢すれば飢えた獣にもなるし、
   
   おさわり禁止と言えばどうやって触るかを考えるし」
   
シンジ「は、はぁ……」

レイ「なら、いっそのことある程度、やってはいけないことを認めてしまうのも、

   いいのかもしれないわね」
   
シンジ「逆式的欲求を、根本から打ち消すと言うことですか」

レイ「『やってはいけないこと』を、『割とみんなやってること』と思えば、

   逆式的欲求にはつながらないのだと思います」
   
シンジ「……脱線の香りがしますが、いいでしょう。

    みなさん、実践してみてください!」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:00:27.99 ID:jGbC47Qe0
 

ミサト「お昼からお酒なんて、割とみんなやってることよね」グビグビ



日向「盗撮写真なんて割りとみんな持ってるものだって……」ハァハァ



リツコ ゲンドウ「不倫なんて(ry」



トウジ「オナニーなんて(ry」



マヤ「んぁあっ! ぁ、っぅあ! はぁぁん!! (ry」









シンジ「これはひどい!!!」

レイ「集団意識によって欲求の解消が加速したのね」
42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:00:54.50 ID:jGbC47Qe0
シンジ「やっぱり駄目です! 

    いけないことと意識しているから我慢して全うな人間になれるんです!
    
    我慢することを忘れてはそこの酒乱や盛りのついたサルのようになってしまいますよ!」
    
レイ「盛りのついたサルが多すぎて誰の事を言っているのだか……」

ミサト「何をくどくど言ってるのよ!? ほら、シンちゃんも飲みなさいって!」

シンジ「んぐぅっ!?」ゴクゴクゴク……

レイ「……あーあ」



ビービービー

放送「使徒接近中 使徒接近中 総員第一種戦闘配備」

シンジ「……う、ぷ……な、なんで、こんなことに……おえぇぇ……」

レイ「……あーあ」

ミサト「っしゃあ、シンちゃん! いっちょブチかましてきなさい」

シンジ「ちょ、ま……揺らさないでくださ、ああ、ああああ!!」



ズルズルズル……




43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:01:31.01 ID:jGbC47Qe0
シャムシエル戦

シンジ「うぷ……こんな状態で、戦えるわけないじゃないですか!」

ミサト「だいじょーぶだって、いけるいける!」

シンジ「勝手なことを!」

ズズゥゥン……

シンジ「うわーーーー!!!」

マヤ「初号機……んは……ぁ……山の斜面に激突」

日向「ハァハァ……損傷軽微!……ハァハァ」

空席「……」

冬月「……いけるか、シンジ君」

シンジ「こんなグダグダでやってられますかぁっ!!??」



ヒイイイィィィ!!

シンジ「は!?」

ミサト「ん、なに?」

シンジ(初号機の手の近くに、今朝私をぶん殴ったあの人が!?)

トウジ「ひいい!?」




44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:02:22.76 ID:jGbC47Qe0
シンジ「ああもう、どうしてこういうことになるんですか!?」

トウジ「す、すまんなぁ……」

ケンスケ「恩に着るよ……」

シンジ「う……一人で乗るときと違って、LCLの対流が生まれて……」

シンジ(酔いが……加速するぅ……っ!)

トウジ「な、なんや、具合わるいんか!?」

シンジ「う、うごかないで! 微粒な流れだけでも酔いが……」

ケンスケ「エヴァって乗り物酔いするんだ!?」

シンジ「ちょ、だから、動かないでくださいって!!」

トウジ「顔色悪いで……に、逃げたほうがええんとちゃうか?」



ハッ!?

シンジ(まさか……こいつら……

    動くなと言っているのに逆式的欲求によって、動きたくなっているんじゃ!?
    
    そんな悪質な嫌がらせをするというのか!?)
    
シャムシエル「がおー」

ズゴゴゴゴ!

シンジ「うわあああああ!!」



ミサト「ちょwww やべぇww 逃げてwwww」

トウジ「逃げぇや! 自分限界やで!」

ケンスケ「そうだよ。ここは一旦逃げようぜ!」









シンジ「……逃げなくちゃいけないって言われたら……

    逃げちゃいけないように思えちゃうじゃないですか!!!」
    
ズンズンズン

シンジ「うおおおおおお!!!!!」

45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:03:05.39 ID:jGbC47Qe0
ミサト「!? シンジ君!?」

冬月「!! 初号機が……戦おうとしている!」

シンジ「うおおおおおおおお!!!!」








































レイ「……でも、前進しようとすると後退するのね」

シンジ「ぅぉぉぉぉぉぉぉ…………」

ミサト「……よし、結果オーライ!

    レイ、出撃できる?」
    
レイ「はい」



………………
46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:03:38.19 ID:jGbC47Qe0
シンジ「……なにが逆式的欲求ですか、

    ただ人間は誰しも天邪鬼な心を持っているってだけじゃないですか……」
    
レイ「そうね」

シンジ「……誰の言うことも信じられませんよ、こんなんじゃ。

    言われることの逆をしたくなってしまうんですもの……
    
    これじゃあ、やっぱり生きているより死んだほうがマシです……」
    
レイ「……」



レイ「……碇君」

シンジ「……」

レイ「……そういう考えなら、死ななくちゃいけないかもしれないわね」

シンジ「……!?」





シンジ「……」

レイ「……」

シンジ「……」ポッ









だらだら続く
47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/25(土) 23:16:21.08 ID:UxgPgQOYO

CV神谷でしか再生されないwwww
52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:31:30.37 ID:hjNd2PyX0
シンジ「このSSがまとめサイトに載ったようですね」

レイ「のっけから全開ね。なにがとは言わないけれど……

   それにしても、どうしてそんなことを調べちゃったの?」

シンジ「ええ、まぁ。人間って、人からの自分の評価ってすごく気になるじゃないですか。

    その一環ですよ。
    
    私も、人並みに他人からの評価気になっちゃうんです」
    
ミサト「また私の家から始まるのね……まぁ、シンちゃんの家でもあるけど」

シンジ「呼び名だって気になりますよ。

    ミサトさんは私のことをシンちゃんと呼びますが、それは完全にナメきった態度の表れか、
    
    もしくはかなり親愛の情をこめているかのどちらかってことが伺えます」
    
ミサト「ナメきっ……そんなわけないじゃない!」

シンジ「ええ、まぁ、貴方の場合。空回りしている感は否めませんが、後者であることは良く分かりますよ」

ミサト「一言余計よ……」
53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:32:01.00 ID:hjNd2PyX0
シンジ「そういうわけで、他人の目ってのは気になるものなんです」

レイ「まぁ、自分が思うほど、他人は自分の事を見ていないけれどね」

シンジ「果たしてそうでしょうか……?

    ネルフに居てエヴァと戦っている私たちには、風評がついて回りますからね……
    
    他人からの興味の目は、避けられない運命にあるんですよ」
    
レイ「確かに、そうかもしれないわね。

   そのおかげで前回も良いカンジのグーパンもらったみたいだし」
   
シンジ「アレはまぁ、私の不注意で彼の妹さんが怪我したわけですし……」

レイ「でも、貴方がチルドレンだという噂がなければ、ごまかしとおすこともできたのでは?」

シンジ「……それもそうですね」

レイ「他人の評価のせいで、実害を被るのがイヤなのであれば、

   自分を偽ってみてはどうかしら?」
   
シンジ「というと?」

レイ「ちょうど良い例を知ってるわ」



………………
54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:32:41.73 ID:hjNd2PyX0


リツコ「……」

マヤ「先輩、どうかしたんですか?」

リツコ「いえ、なにか視線が……」

ヒョッコリ

レイ「彼女よ」

シンジ「赤木博士が、ですか? 結構ドライなカンジとか、ちょっとキツい物の言い方とか、

    結構自分を出しているタイプの人間だと思うんですが……」


    
レイ「いいえ。彼女は、
   
   碇司令に科学者として求められていることに気づきながら、
   
   女の自分を愛してもらえていると思い込むようにして、
   
   自分を偽り続けているのよ」



  
シンジ「のっけからディープすぎますよ!!」
55: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:35:23.85 ID:hjNd2PyX0
レイ「更に、伊吹二尉に至っては」

シンジ「そっちの話はもう結構です!!

     どうせこれからの流れでいくと、
     
     日向さんがムッツリを偽って好青年ぶってる話とか!
     
     ミサトさんが加持さんにツンデレしている話とか!
     
     冬月副指令が自分を偽って私の父に協力している話とかになるんでしょう!?」
     
レイ「今ので20行くらい稼げたわね」

シンジ「嵩増しする意味もありませんし

    他のSSに埋もれるのは分かりきってることですから、省エネです」

レイ「あまり長続きしてしまうと変な先入観も与えてしまうものね」
56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:36:01.04 ID:hjNd2PyX0
シンジ「そうですね。

    そう、風評といえば、その人が今していること以外にも、
    
    昔何をしていたかの風評だってついて回るんです」
    
レイ「碇司令が昔はただのチンピラみたいだった噂とか?」

シンジ「ええ、そのお陰で書き手の方は、父の白兵技能がかなり良い数値であると錯覚していたようです」

レイ「実際非戦闘員だけれどね」

シンジ「SSの書き手だってそうですよ。

    昔何を書いていたのかが割れると、そのイメージがついて回って、
    
    全然別な色のSSを書いたりすれば妙な気分にさせます」
    
レイ「週刊漫画雑誌でいちごが100%的な青少年向けの健全な恋愛漫画書くような人も

   昔はBL描いてたって知った人がショック受けてたど、
   
   そういう感じのこと?」
   
シンジ「……え」

レイ「……? 知らなかったの?」

シンジ「……初恋限定の人ですよね?」





レイ「ええ」






シンジ「ガーン!!」

57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:36:41.55 ID:hjNd2PyX0


シンジ「……と、いう、ように……そういう些細なことでも読者側には多大な影響を与えてしまうんです……」

レイ「これ書いてる人だってちょっと前は変態SS書いてたし

   その次は僕の考えたえぶぁんげりおん的なものを書いたし

   最近は安価でよく分からないSS書いてるし
   
   今は手広くやろうとしてどっちつかず感が半端無いけど」
   
シンジ「趣味なんですからいいじゃないですか。下手の横好きでも

    ていうかこの数行、自己主張半端ないですね」
    
レイ「まぁ、既に特定されてるだろうし、今更ってカンジだけど

   たまの休みに酒飲んで書くと気が大きくなっちゃうのよ、きっと」


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:38:43.05 ID:hjNd2PyX0
レイ「と、↑のレスによって新たに『こいつ自己主張激しすぎ』という風評がついて回ることになるのね」


シンジ「ま、そういうわけで、風評というのは、恐ろしいものなんです」



レイ「では、いっそのこと本当のことが分からないように、自分だけじゃなく他人も騙してはどうかしら」



シンジ「自分にだけじゃなくて他人にまで自分の偽りの姿を見せ付けると?」

レイ「ええ、例えば……そうね。碇君が誰からも気にされなくなるようにするためには……」

シンジ「まぁ、人目にさらされるよりは誰も見向きしない方が安心です。

    やってみてください」
    


………………

59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:39:20.35 ID:hjNd2PyX0
翌日学校

同級生「……お、おはよう、碇君」

シンジ「おはようございます」

シンジ(おや? 今のはチルドレンだからってミーハーな感じで付きまとってきた女子ですね。

    さっそく綾波さんの作戦が上手くいったんでしょうか)
    
同級生「お、い、碇か……よう」

シンジ「あ、おはようございます」

シンジ(……?)



ザワザワザワ

ガラッ

シンジ(相変わらず教室は騒がしいですね)

ざわ……

シンジ「え」

同級生「碇だ……」

同級生「い、碇が来たぞ」

同級生「しっ……静かにしろよ。気づいてない振りしようぜ」

シンジ「……な、何なんですかこの空気は!?」

レイ「作戦通りですね」

シンジ「い、一体何をしたんですか!?」





レイ「ただ、貴方がホモだという噂を流しただけよ」





シンジ「なんですってぇ!?」
60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:39:49.99 ID:hjNd2PyX0
トウジ「うぉわっ!? て、転校生……」ヒキッ

ケンスケ「あ、お、おはよう」ソソクサ

シンジ「これは、気にされなくなってるんじゃなくて避けられてるんじゃないですか!?」

ヒカリ「ね、ねぇ、碇君。あの、ちょっと聞きたいことがあるんだけど」

シンジ「あ、委員長さん……なんですか、今ちょっと大事な話……」

ヒカリ「私も大事な話があるの」

シンジ「え、な、なんですか?」

ヒカリ「碇君て、受けなの? 攻めなの?」フンスフンス

シンジ「何なんですか貴方は!?」

女生徒「碇君は誘い受けよ!!」

女生徒「いいえ、鬼畜攻めだわ!!」

女生徒「分かってないわね、スタンダードに受けが一番美味しいじゃない」

シンジ「このニーズは触れてはいけない香りがします!!!!


     くっ、なんて恐ろしい……これが、風評被害というヤツですか!?
     
     ああ!突き刺さる目線が痛いのと気持ち悪いのとで埋め尽くされている!!
     
     絶望した……風評被害に絶望した!!」タタタタッ
     
レイ「碇君、どこへ?」

シンジ「ネルフへですよ! もう学校には居られません!」


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:40:17.39 ID:hjNd2PyX0
ガラッ

ミサト「突然だけど碇君。使徒よ」

シンジ「シメた! は、早く連れて行ってください」

ミサト「で、誰がシンジ君の彼氏なの?」

ざわ……

シンジ「もはやネルフにまで私の風評被害が!?!?!?!?」



………………
62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:41:10.65 ID:hjNd2PyX0
ネルフ 作戦準備中

シンジ「もう、おしまいだぁ……風評被害で私の人生は滅茶苦茶です」

レイ「でもお陰で誰からもチヤホヤされなくて、鬱陶しくなくなったんじゃないの?」

シンジ「チヤホヤがざわざわになったじゃないですか!

    どっちも同じくらいイヤです!!」
    
    

シンジ「ああ……本当のことを言っても、

    嘘のことを言っても、
    
    風評というのはマイナスにしかならないですよ……」

シンジ「もう、風評なんてウンザリです!!」
63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:41:49.30 ID:hjNd2PyX0
 
レイ「それはともかく、今回の使徒はどうんなのですか?」

ミサト「今回の使徒は、青い正八面体の形をした使徒よ」



シンジ「……! 待ってください!」



ミサト「え?」

シンジ「……今、使徒の概要を話そうとしてますよね。

    使徒の風評を! 話そうとしてしますよね!?」
    
ミサト「風評? え、ええ、まぁ、見た感じのこととか分析内容を話すつもりだけど」

シンジ「そういう噂を流される方がどんな気持ちか分かりますか!?

    風評を広めるというのは、当人を多大に傷つける要因なのですよ!?」
    
ミサト「でも、作戦だし……」

シンジ「噂話を広めて外堀から埋めていくって言う作戦ですか!?

    そんないやらしい攻め方をされたら使徒もたまったもんじゃないですねぇ!?
    
    ひどいです、あんまりですよミサトさぁん!!」
    
ミサト「今日はどうしちゃったの? あ、もしかして、彼氏と上手くいってないとか?」

シンジ「それですよ!! そういった風評被害のせいでこうなっちゃったんですよ!

     もういいです、私は風評なんて聞きません!
     
     使徒と直接対決して、正々堂々と戦ってきますよ!!」
     
ミサト「え、ちょ、ちょっと! 突撃は意味が無いって話を、ねぇ!?」

レイ「あーぁ……」



64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:42:29.80 ID:hjNd2PyX0
シンジ「碇、いきまーす!!!」

ドシュゥン



エヴァ初号機地上へ

シンジ「私は、風評なんかに負けないし! 風評なんかに頼ったりしません!!」

ガションガションガション

マヤ「! エヴァ初号機、ものすごいスピードで使徒に接近しています!」

冬月「ムーンウォークでか?」

日向「はい!」

シンジ「うおおおおおおおお!!!!」

◇「キュピン」

シンジ「え」


ズドおおおおおおおおおおオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!


シンジ「うわああああああああああああああああああああああ!?!?!??!?!」



























リツコ「……いいんですか?」

ゲンドウ「……盾にはなるだろう。やれ、レイ」

レイ『了解』



ドカーン

◇「ピギャァ」




………………
65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/31(金) 00:43:16.37 ID:hjNd2PyX0












シンジ「……」

レイ「……」

シンジ「……」

レイ「……」

シンジ「嘲笑えばいいと思うよ」フッ……

レイ「まだ何も言ってないわ」クスッ



続くハズ
68: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:14:52.77 ID:Iq7bdYgI0
ケンスケ「うーん……」

トウジ「何やワレ。なに残念そうな顔しとん?」

ケンスケ「いやぁ、進められたアニメがキャスト的に面白くて、第一話は良かったんだけど……

     第二話からなんだか面白くないなぁって感じてきて……」

シンジ「……」




69: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:15:23.10 ID:Iq7bdYgI0




シンジ「一回だけで十分。ってのはよくありますよね」

レイ「どうしたの?」

シンジ「読みきり漫画が連載始めたら、読みきりの方が面白かったって言われたり、

    一発ネタのSSを、まだまだネタがあると言って続けていたらそんなに面白くなかったり……」
    
レイ「長らく書いていなかったものを改めて書いたら、

   昔の意欲のあった頃に書いたものの方が出来が良かったり、とかも?」
   
シンジ「そう、何事も、最初が肝心と言いますが、

    実は一回目で十分だったりするんです」
    


ミサト「もう恋愛なんてしないわよ。私は仕事に生きるって決めたの」

ゲンドウ「本当に愛する女は一人で十分だ」



シンジ「これとかも、一回だけで十分、ってやつですね」

レイ「分かりやすいわね」

シンジ「事ほど左様に、一回だけでやめてしまう人の多いこと……」

レイ「好き嫌いとかもそうよね」

シンジ「そうですね。

    しかし、改めて大人になってから食べてみると美味しかったりするじゃないですか」
    
レイ「そうね。私も、碇君の味付けならお肉食べられるもの」

シンジ「そういえばそういう話もやりましたね」

レイ「私、そもそも食べず嫌いだったから」

シンジ「というか、私たちは一体どの世界線のエヴァの住人なんですか?」

レイ「多分どこでもないかと……」

シンジ「ともかく!
    
    そう一回だけであきらめず、もうちょっとチャレンジするのもいいと思うんですよ」
    
70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:16:08.36 ID:Iq7bdYgI0
    
シンジ「最初の例に戻りますと」

ケンスケ「え?」

シンジ「そのアニメ、第参話からすごく面白くなるみたいですよ?」

ケンスケ「え、ええ、でもなぁ……」

シンジ「まぁまぁ、騙されたと思って」

~~~~~

ケンスケ「いやぁ! 碇の言うとおりだったよ! あのアニメ三話ですごい世界観を揺るがす事件が……」

シンジ「それは結構」

ケンスケ「碇にも貸してあげるよ! コミック版にDVDブルーレイ劇場版……」

シンジ「それは結構です」


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:16:35.58 ID:Iq7bdYgI0
レイ「ちょっと我慢してみれば変わることもあるのね」

ゲンドウ「……」

レイ「……司令も、思い当たる節があるようで」チラッ

ゲンドウ「……ふん……くだらん……」



~~~~~

ゲンドウ「……無理だ……」ゲンドゥゥ……

レイ「駄目だった例もここに」

シンジ「その男は偏執の極みなので、どうにもなりませんよ。

    それよりも、心配なのはミサトさんですね」
    
ミサト「よ、余計なお世話よ!!」

シンジ「でも貴方こそ、そろそろ次の恋に踏み込んだほうがいいんじゃないんですか?」

ミサト「いや、ほら、私の場合は父親とかのしがらみがどうのこうので」



シンジ「……一回目すら疎かにしているパターンもあるんですね」
72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:17:14.08 ID:Iq7bdYgI0
レイ「それはそうですよ。この人なんか特に」



マヤ「男なんてどうでもいいから綺麗な女の人を愛したい……」ハァハァ



レイ「男の経験はないのに女の人を追いかけています」

シンジ「そういうのは先天性である場合もありますからね。

    後天性である場合は貴方の言うことももっともなんですが……」
    
マヤ「……」ハァハァ ギュゥッ

レイ「……」

シンジ「ところで、窮屈そうに見えますが」

マヤ「ハァハァ」ギュゥッ

レイ「……そうね」どよんど

シンジ「まぁ、そういう、

     一回で十分、や
     
     その『一回』すら興味ないような方に興味を持ってもらうのが」
     
     

………………



波のアスカ登場らへん

アスカ「うんぬんかんぬん

    世界初の、本物のエヴァンゲリオンよ!」


    
シンジ「そう、テコ入れです!!」


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:17:40.17 ID:Iq7bdYgI0
アスカ「は、はぁ? 何?」

ミサト「……ああ、その。もう始まってるのよ」

アスカ「何が?」

シンジ「言ってみればこの人もテコ入れの為に居るようなもの。

    『ずいぶんディープなロボアニメだなぁ』と思わせておいて、
    
    この明るくて可愛らしいフォルム且つツンデレ要素が見え隠れする女の子が現れることで
    
    『割とオタク向けに萌え要素も取り込んでるディープなロボアニメ』という地位を確立したのです!」
    
アスカ「……一体なんなのよ!?」

シンジ「おや、これは失礼。無視していたわけではないんです」

アスカ「変なヤツ……まぁいいわ」

レイ「……葛城さん。この人がセカンドチルドレン?」

ミサト「ええ、そうよ。

    アスカ大尉。仲良くしてね」
    
シンジ「よろしく」

トウジ「えらくとんでもないやつが来よったなぁ……」

ケンスケ「すごい、すごすぎる!!」
74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:18:06.69 ID:Iq7bdYgI0
アスカ「で、誰がサードチルドレンなわけ?」

シンジ「……ああ、それは私です」

アスカ「げっ! アンタなの……」

シンジ「ええ、碇シンジと言います。

    ところで一つお聞きしたいんですが」
    
アスカ「いきなり質問攻めぇ? まぁ、いいけど」ジロッ

シンジ「……ぶしつけで申し訳ないとは思うんですが……

     式波ですか? 惣流ですか?」
     
アスカ「……は、はぁ?」

シンジ「……」

アスカ「式波、だけど」

レイ「テコ入れね」

シンジ「テコ入れですね」

アスカ「なんなのよ!?」イラッ
75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:18:48.47 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「いえ、だって、式波さんは、完全にテコ入れの結果ですよぉ。

    加持さんへの憧れもどっか行っちゃって、
    
    安い早い美味いの三拍子揃ったツンデレ化してるじゃないですか」プフッ

レイ「それを言われると私も安い多い美味いの無口系キャラだけどね」

シンジ「貴方、このSSでは喋りすぎなくらいですけどね」

アスカ「何の話なのよ……ミサト、こいついっつもこうなの?」

ミサト「いえ、その、普段はもうちょっと……」

アスカ「今日だけ変なの?

    はっはーん? 綺麗な女の子が同僚になるからって浮かれてるのね?」
    
シンジ「それは否定しませんが、

    それよりも私は気になったことに何らかの形で決着つけないと気がすまないんですよ」
    
アスカ「……なんか調子狂うんだけど」
    
76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:19:16.73 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「とかく、このようにテコ入れキャラクターを導入することで、

    物語に興味を持ってもらう手法が存在します」
    
レイ「実際、破のセカンドチルドレンの作画は、新劇場版に興味なかった人も食いつくレベルだったものね。

   それにしても、碇君も女の子に興味はちゃんとあるのね」
   
シンジ「中学二年生ですよ? 思春期真っ只中ですとも」

レイ「色々と絶望しているのに?」

シンジ「絶望と性欲は違いますからね。

    貴方だってそうでしょう?」
    
アスカ「え? 私?」

シンジ「ええ。貴方もいずれ思春期にありがちな、

    大人の男性に恋焦がれたり、

    その人のことばっかりで他の人と比べちゃったり、
    
    汚い大人に幻滅したりするんですよ」
    
アスカ「……私、式波なんだけど」

シンジ「例えの話ですよ。

    まぁ、人の人生、後に平坦になっていくものですから、
    
    思春期が人生のテコ入れと言えばそうかもしれませんね」
    
アスカ「テコ入れするには早すぎるんじゃない?

    江戸時代ならともかく、現代なら7、80歳まで軽く生きるじゃないの」
    
シンジ「それもそうですね……しかし、テコ入れが一度きりとは限らないんですよ」

77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:19:43.07 ID:Iq7bdYgI0
ミサト「突然だけどまた使徒よ」ドバーン

アスカ「スパン早っ!!!」

レイ「少々展開に無理があるんじゃ……」

シンジ「テコ入れなんてそんなものです」







対サハクィエル



78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:20:51.11 ID:Iq7bdYgI0
各エヴァ搭乗済み

シンジ「この戦いだってそうですよ。

    旧アニメ版では、ちょっとチルドレンの絆を深めるための演出だったのに」
    
レイ「碇君と弐号機の人のフラグが立ちそうな雰囲気してたものね」

アスカ「ふ、フラグって……私は凡夫なんかに興味ないわよ」

シンジ「……」

レイ「怒らないの?」

シンジ「え? いえ、凡夫って私のことですか?

    それなら光栄なことですが……」
    
アスカ「どんだけ自分を卑下してるのよ……!」

ミサト「来たわよ!

    エヴァ三機で受け止めて何とかして頂戴!」
    
シンジ「簡単にお言いになりますね……」

レイ「まあ、このSS的にもテコ入れだし……」

アスカ「あれ? 使徒との戦いってもっと緊張感が、あったような……うーん……」
79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:21:16.27 ID:Iq7bdYgI0


ザッシュザッシュザッシュザッシュザッシュザッシュザッシュザッシュ



ミサト「シンジ君が落下予測地点に一番近いわ! コース変更!」

シンジ「分かりました! ナビゲートをお願いします!」

アスカ「ナビゲート!? 走っていくだけじゃないの!!

    ビルなぎ倒してでも行きなさいよ!」
    
シンジ「そんな大それたことができるわけないじゃないですか!!

    機体はウルトラマンと同じ身長でも、
    
    乗ってる人の心は小さいんですよ!!」
    
アスカ「ていうか! なんでムーンウォークなのよ!」

シンジ「後ろ向きにしか物事を考えられませんから」

アスカ「ファースト! アンタってコイツのクラスメイトなんでしょ!?

    もっとちゃんと言ってやんなさいよ!!」
    









アスカ「……って、ファースト?」
80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:21:46.93 ID:Iq7bdYgI0
日向「零号機、初号機の後ろを追跡しています!」

マヤ「……正確には、初号機の進行方向の一歩先を同様にムーンウォークしてます」

アスカ「何してんの!?」

レイ「初号機……アンビリカルケーブル……尻尾」ハァハァ

アスカ「アンタバカぁ!?!?!?!」

リツコ「アスカ! 集中して!」

アスカ「できるか!!!」

ミサト「三人で力を合わせるのよ!」

アスカ「あ”あ”あ”あ”!?」

81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:22:24.96 ID:Iq7bdYgI0
日向「初号機、目標地点到着!」

シンジ「いまだ! ATフィールド全開!!」

シンジ(ATフィールドは、心の壁。

    生命の体を保つ壁……
    
    拒絶することを考えろ!)
    
カァァァァァァン!!!!

サハクィエル「ピギャァッ!!」







マヤ「……あ、あれ」

日向「使徒、沈黙!」

ミサト「どういうこと?」

リツコ「……どうやら、シンジ君の拒絶の心があまりにも強すぎて、

    使徒の落下を一人で受け止めてしまっているようね」
    
アスカ「どんだけ心の壁分厚いのよ……」

シンジ「まぁ、拒絶ばかりの人生を歩んできましたからね……

    しかし、これには当人もびっくりしましたよ……」
    
82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:22:52.25 ID:Iq7bdYgI0
ミサト「す、すごいわよ、シンジ君!」

リツコ「ええ、何はともあれ、これなら余裕ね。流石だわ」

マヤ「なんだか、かっこいいですね」

日向「ああ、ヒーローみたいだ!」

アスカ「……ま、まぁ、ほめてやらないこともないわ」

レイ「尻尾……尻尾……」

ミサト「司令からもメッセージが届いてるわよ」

ゲンドウ「よくやったな……」







シンジ「……そ、そうですかね」テレッ




83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:23:18.77 ID:Iq7bdYgI0
マヤ「……! ATフィールド劣化!」

リツコ「まずい、ほめられたことで他人との溝が埋まってしまっている!」

日向「ど、どうすれば!?」

リツコ「あの子は人を信じることができないからこそ強いATフィールドを張ることができる。

    だから……」
    
ミサト「罵ればいいのね!?」

シンジ「ちょ、!?」





日向「ちょ、ちょっと褒められたくらいでいい気になっていては駄目ですね。

    これだから子供は……」ハァ
    
リツコ「あの人の子供だから期待していたけど、的ハズレだったみたいね」

マヤ「所詮、男って口だけなんですよね」

ゲンドウ「お前には失望した」



ミサト「……そ、そこまで……言わなくても……」


84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:23:56.50 ID:Iq7bdYgI0
カァァァァァン


シンジ「……」ズゥゥゥン

マヤ「ATフィールド、更に劣化!」

リツコ「まずい! ATフィールドは拒絶の心でもあるけれど、生きたいと思う気持ちでもある!

    今の彼は罵られすぎて、死にたくなってしまっていいるわ!」
    
ミサト「ってことは……死にたがりだから元々ATフィールドって弱いはずなんじゃ?」

レイ「まぁ、死にたがりなのは表面だけですから」

シンジ「な、何をおっしゃいますか!? 死にたいに決まってるじゃないですか!」

カァァァァァァァァァァン!!!

サハクィエル「ヒギィッ!!」

シンジ「!?」

マヤ「……え、ATフィールド、強化されました」

シンジ「ち、違います! 

    私はこの世の中に絶望して、こんなくだらない人生なんてどうでもいいって思って……」
    
カァァァァァァァァァァァン!!!!!!

マヤ「最高点まで到達!」

リツコ「まるで嘘発見器ね」

シンジ「!?

    絶望した……死にたいと思っているのに心のどこかでいきたいと願ってしまっている、
    
    素直になれない自分に絶望した!!」
    
カァァァァァン

ミサト「……絶望してるのは本当みたいね」


85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:24:22.76 ID:Iq7bdYgI0
アスカ「どっせい!」

プスッ

サハクィエル「ピギャァッ!!」

ズゴゴゴゴゴ……













86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:25:06.21 ID:Iq7bdYgI0
………………





シンジ「はぁ……今日は散々でした……」

シンジ(結局あの後、式波さんがウチに住むことになり……

    転がり込んできた荷物をあーだこーだして今に至るわけですが……
    
    なんにしても疲れました……もう、寝よう……)
    
ボフッ

シンジ(……あ、服、着替え……)モゾモゾ

シンジ「……」

シンジ(ま、いい、や……おきたら、で……)





一方

アスカ「……」

アスカ(疲れ……た……

    一日に使徒二体倒すとか、ふふ、そうね、エリートだもの、仕方ないわ。
    
    ……でも、サハクィエルに関してだけは、あいつらが居なかったら勝てなかったわよね……)
    
アスカ「……」ウツラウツラ

アスカ(あ、うん、もう疲れた。

    考えるのは明日でいいや)
    
フラフラ

ガラッ

シンジ「……zzz」スヤスヤ

アスカ「……」フラフラ

コケッ

ドテン

折り重なったアスカ「……zzz」

つぶされてるシンジ「……z z ……z」

87: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:25:45.60 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「う、うーん……」モゾモゾ

アスカ「……ん?」






シンジ アスカ「え?」




シンジ「ど、どうして、式波さんがここに!?」モゾモゾ

アスカ「し、知らないわよ! アンタこそ何……って、ここ、アンタの部屋!?」ババッ

シンジ(……ああ、大体察しました。

     寝ぼけて間違って入っただけのようですね)ピコーン

アスカ「……」



アスカ(脱ぎかけの衣服、覆いかぶさった私、抜け落ちた記憶

    この全自動後退装置に限って私を襲う度胸なんてないだろうし……

    ……まさか、私やっちゃったのかしら?)



アスカ「……」

シンジ「え、えっと、まぁ、間違いは誰でもありますし、

    そんなことより夜分遅くにこんなところに居たらミサトさんにあらぬ疑いをかけられてしまいますよ。
    
    早く部屋にお戻りなさい」
88: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:26:13.87 ID:Iq7bdYgI0
    
アスカ(……顔は悪くないわね。

    口はともかく、一応やることはやりそうな顔してるし……
    
    一応紳士的。心は絶望的だけど)
    
シンジ「……あの、ちょっと?」

アスカ「……仕方ないわね。こうなってしまったものはしょうがない」

シンジ「はい?」



アスカ「責任とってやるわ」



シンジ「はい?」

アスカ「だから……アンタを辱めた責任とってやるっつってんのよ」//////

シンジ「はぁぁ?」
89: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:26:43.45 ID:Iq7bdYgI0
アスカ「か、勘違いしないでよね!? 仕方なくなんだから、エリートとしてけじめはつけなくちゃいけないし!」

シンジ「ちょ、待ってください! 話が……!」

ミサト「あら、おめでた?」

シンジ「何見てるんですか!?」



ミサト「おめでとう」

レイ「おめでとう」

ペンペン「クェックェッ!」



シンジ「もって行き方が不自然ですよ!!

    『その場しのぎ』のオチにしては雑すぎませんか!?
    
    人数だって足りませんし!!」
    
90: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:28:26.73 ID:Iq7bdYgI0
レイ「いいのよ。碇君」

シンジ「居たんですか!?」

レイ「ええ、ずっと……

   大体、今回の話自体がテコ入れですし……
   
   テコ入れって大体全部『その場しのぎ』じゃない」
   
シンジ「……ぇー……

    つまり、今回のオチも」
    
レイ「ええ、テコ入れがメインなので、オチは『その場しのぎ』よ」

アスカ「さぁ、籍入れに行くわよ」

ガシッ

シンジ「ちょ、ちょっと!? 籍って!?

    大体日本じゃ籍入れるって言っても……」
    
アスカ「スペインに行けばいいわ」

シンジ「そこはついこの間引き上げられました!!」

アスカ「まぁどうでもいいわ。取り合えず司令に挨拶に行くわよ!」

シンジ「ま、待ってください、挨拶ってあなt……あ、ああああ!」ズルズル





91: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:28:56.49 ID:Iq7bdYgI0
ミサト「これからどうやって話広げるつもりかしら」

レイ「……まぁ、テコ入れって、失敗すると人気を更にた低迷させることもありますから……

   これが最終回になっても問題ないんじゃないでしょうか」
   
ミサト「最終回すらもその場しのぎって事?」

レイ「はい」

ミサト「はいって……」

シンジ「絶望した! その場をしのげない自分に絶望した!!!」ヒョコッ

アスカ「いいから来いっ!」グイッ

シンジ「うわああああぁぁぁぁぁん!!!!」




ズルズル……
92: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 01:29:24.78 ID:Iq7bdYgI0
レイ「……」

ミサト「……」



クルッ

レイ「終わりです」キリッ



続け
93: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 02:54:21.24 ID:M4f2Jp48o
圧倒的久米田絵で再生される
96: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 22:57:05.40 ID:Iq7bdYgI0

前回までのあらすじ

葛城ミサトの紹介でなんやかんやあって結婚させられた相手は、某国エリートパイロット
知りもしない責任を取ると迫られる。
親にも見せたことのない女装姿を晒されて、『教育的指導』と言い張られる。
10代にしてネルフに熟年離婚を相談するが、
受理してもいいけど、尻の穴を見せろ、と、百合ゲロのオペレーターに迫られる。
第三新東京市のホテルで、泣きながらシャワーを浴びる、シンジ。



97: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 22:57:45.39 ID:Iq7bdYgI0

屋上


シンジ「めそめそ……めそめそ……めそめそ……」



シンジ「何故、こんなことになってしまったのだろうか……」

レイ「……あら、その設定引き継いでしまったのね」

シンジ「ええ……まぁ……」

アスカ「何で不服そうなのよ?」

シンジ「そりゃそうじゃないですか! 

    14にして将来決定されりゃそりゃ絶望しますよ!」
    
レイ「貴方こそ、この人でいいの?」

アスカ「まぁ、しちゃったもんは仕方ないし、

    式波だからツン7割減でも問題ないでしょ」
    
レイ「デレッデレ説が横行してるものね」

アスカ「それより、こんな美少女捕まえて将来に不安があるとか冗談じゃないわ!

    ドイツのエースパイロットを何だと思ってんの!?」
    
シンジ「貴方がどうとかじゃないんですよ。レールに沿った人生が嫌だと言うだけです。

    そりゃ貴方は外見もスペックも超一流ですが……
    
    それが万人にとっての最上であるとは限りませんよ」
    
レイ「そういう事言うから、本音は嫌がってないんじゃないかと思われちゃうんじゃないの?」
98: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 22:58:15.61 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「レールに沿った人生……その人生は楽ですが、可能性はずっと狭まってしまいます。

    エスカレーター式とか、
    
    この仕事しかしたくないと職を選んでニートになるとか、
    
    いざなってみたら理想と違ったけど、この職しか考えられなくて転職に踏み込めないとか、
    
    そして、一度この人と決めたら、その人しか愛せないとか」
    



ゲンドウ「ヒップシュン」

リツコ「?」


99: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 22:59:12.11 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「新劇場版だってそうですよ……破の途中まではほとんど同じレールじゃないですか」

アスカ「序にいたってはほとんどそうよね。

    やっぱり私が来て色々変えてやらないといけないわけね」
    
レイ「確かに、旧作からの変更点といえば貴方も当てはまるかも知れないけれど……

   でも、前回のネタをもう一度引っ張るなら、
   
   レールから外れるのに一役買ったのは……」
   
   
   
??「どいてどいてー!」

シンジ「?」

レイ「と、のたまっているうちにいけしゃあしゃあと……」



パラシュートで落下してきた少女「どいてー!」

シンジ「うわっぷ!?」

ドターン



アスカ「な、なに!?」

レイ「……一番、分かりやすい変更点は、やはりこの人の登場じゃないかと思うの」

マリ「いたたた……大丈夫?」

シンジ「……」

アスカ「……ああ、テコ入れもテコ入れ……媚媚系の真希波さんじゃありませんか」

マリ「な、初対面でそれ!?」

レイ「ええ、まぁ、もう始まってるし」

マリ「何が?」

シンジ「……」
100: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 22:59:38.88 ID:Iq7bdYgI0
アスカ「どうしてここまで媚に媚びたキャラが出てきたのかしらね」

レイ「他の作品との差別化を図りたかったんだと思うけれど、

   どうやら新劇場版において、多くのレール外しの役割を持っているみたいだわ。
   
   小説版には別な姿で出ているそうだけど……」
   
マリ「まぁまぁ、あくまで考察サイトの言うことだからねぇ」

アスカ「順応性高いわね……

    まぁ、要するに、今回のネタは『レール外し』ってことなの?」
    
レイ「貴方も大概順応性高いわよ……

   って、碇君?」
   
シンジ「……」

マリ「あり?」

アスカ「……」

レイ「……」









シンジのウォークマン「ガギャギャギャ……」



101: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:00:05.20 ID:Iq7bdYgI0
碇ユイ「ここは三途の川」

シンジ「!? いきなりなんですか!? 貴方は!?」

ユイ「母です」

シンジ「……なるほど」

ユイ「驚かないのね?」

シンジ「いえ、いずれ来る場所だと思ってましたから、居るんだとしたら貴方かと」

ユイ「絶望しすぎて、いざ臨死体験しても動じなくなったのね。

   立派に育ったわね」

シンジ「ええ、まぁ。それにしてもこの性格は貴方譲りでしたか。

    ところで、どうしてこんなところに私が?」
    
ユイ「それは、今回のネタが『レール外し』だからよ」

シンジ「……なんですって?」

ユイ「貴方は今人生というレールから外れかけているのよ」

シンジ「な、なんですって!? 脱線した後の行き先は……!?」

ユイ「分かっているんでしょう?」クイッ

シンジ「ひぃぅっ!?」

ユイ「大丈夫。今逝けば痛くないから。お母さんと一緒に来世に行きましょう」

シンジ「貴方だって死んでないじゃないですか!?

    絶望した……ドイツ人や不思議っこだけでなく、母からの愛も重すぎて絶望した!!」
    

102: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:01:08.06 ID:Iq7bdYgI0
マリ「てい!」

シンジ「絶望したぁあぁぁ!!

    はっ!?」
    
レイ「生き返った」

アスカ「これくらいで死ぬような柔な鍛え方してないわよ」

シンジ(首鍛えていて良かった……)

マリ「良かったー! ごめんね。大丈夫? どっか痛くない?」

シンジ「ええ、まぁ。大丈夫ですけど、とりあえずどいてもらえませんかね」

馬乗りのマリ「そういやそうだったね」

アスカ「いいから離れなさいよ!」

マリ「いやいや、もうちょっといいじゃん?」

アスカ「離れなさい!!」

マリ「あぁん」

シンジ「何なんですか貴方は一体!」

マリ「いやぁ、まぁ、なんていうか、とりあえずこのことは他言無用ってことで」スタコラサッサ

アスカ「あ、こら!」




103: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:02:09.77 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「……なんにしても」



シンジ「絶望した! レールから外れるととんでもないことになる人生に絶望した!!

    こんなことなら最初からレールの上を走り続けていた方がマシです!!」
    
アスカ「はぁ、じゃあ、私が敷いてあげた結婚というレールも受け入れるのね?」

シンジ「いいえ、私のレールは私が決めます!

    そのレールの中に貴方との結婚は存在しない!」
    
レイ「じゃあ、どういうレールに従うんですか?」

シンジ「中学二年生が従うに一番ふさわしいレールに従いましょう」

レイ「中学二年生って言うと……」


アスカ「……中二病?」


シンジ「!?」ズガボガン!!
104: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:02:49.41 ID:Iq7bdYgI0
レイ「じゃあ、これをつけないとね」

眼帯「……」

アスカ「これもこれも」

天使の翼「……」

シンジ「ちょ……こ、これで良いんでしょうか……?」

レイ「じゃあ私はこれを」

尻尾「……」

シンジ「それは中二病関係なくないですか!?」

マリ「んじゃあこれも」

猫耳「……」

シンジ「貴方はまた一体どこから沸いたんですか!?

    って、もうすでに脱線してるし!!!」
    
マヤ「あら可愛いわね。もういっそこれ着たら?」

女物の服「……」

冬月「これも貸そう」

白衣「……」



シンジ「なんてことだ……どんどん脱線する方向へ加速していく!?」



レイ「脱線したレールに戻ることなんてできないわ。

   世の中のレールから外れた者達がどういう道をたどるか、
   
   碇君だって知っているでしょう?」

   
シンジ「なるほど、言われてみればそうですね。

    新作の方向性を変えて大失敗したら、次回作も間違った方向に進化し続けた最終系ゲーム。
    
    2とかやったら視聴者のニーズ置いてけぼりになった映画漫画アニメ
    
    自分は普通の人間とは違う、とアピールし続けて孤立していく学生
    
    奇抜なことやろうとして大顰蹙買う政治家   
    
    一度レールを外れると……その後の転落人生は目も当てられない!」

105: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:03:17.24 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「!?」カット1

シンジ「!?」カット2

シンジ「!?」カット3

シンジ「!?」カット4

シンジ「絶望した! レールから外れることへの恐怖に、絶望した!!」

106: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:04:15.84 ID:Iq7bdYgI0
マリ「絶望することなんてないよ」

シンジ「え?」

マリ「レールに従う必要なんかないんだよ。わんこ君のやりたいようにやれば良い。

   人生にレールを引かない人たちの自由を学んでみなよ」
   



マリ「貞操観念というレールに囚われず、目的のためになんでもする人とか」


ゲンドウ「ップシュン!」


マリ「倫理というレールに囚われず、中学生を汎用人型決戦兵器に乗せる人とか」


リツコ「ックシュン!」


マリ「性別というレールに囚われず、同姓を愛する人とか」

マヤ「ックチュン!」

マリ「年齢というレールに囚われず、『ちょっち』とか言っちゃう人とか」


ミサト「ブェックショァーイ!!」


マリ「声優は滑舌が良いという固定観念のレールに囚われず、『エバー』とか言っちゃう人とか」


ミサト「ヘッギシッ!!」


マリ「法律というレールに囚われず中学生を体で慰めようとする人とか」


ミサト「イーッギシ!! ヘブシッ!! ハッグショーン!!」

加持「……花粉症はつらそうだな」



マリ「他にも、職業というレールに従わないニートさん。

   休みの日というレールに従わない自由人。
   
   三次元という枠に囚われない大きなお友達。
   
   著作権に囚われない某国のテーマパーク。
   
   世界にはこんなに自由な人が多いんだよ」
   
アスカ「ほとんど間違った路線走ってる気がするんだけど……」

マリ「さぁ、わんこ君も是非、自由なやり方で、人生を謳歌してみればいいよ!」

107: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:04:47.17 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「……自由ですか……人生なんて自由はないと思ってきましたが……

    そうですね。この際ですから自由に生きてみるのも悪くないかもしれません」
    
レイ「碇君、どうするの?」

シンジ「ええ、少しだけ自由な人々に感化されてみようかと思います。

    私も自由にしますよ! レールなんて必要ありませんからね!」
    











シンジ「……」

レイ「どうしたの?」
108: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:05:47.72 ID:Iq7bdYgI0
シンジ「……えと……急に道がなくなると、戸惑うものですね……

    決まった御題に沿うより、自由といわれる方が難しいというのを実感しました……」
    
??「じゃあ、自由に生きてみればどうだ?」

シンジ「自由に、生きる?」

??「ああ。そうさ。レールに従わずに生きる……それこそが、本当に自分のあるべき姿だと思うぞ」

シンジ「……そう、ですか。自由に生きる、ですか。

    すばらしいですね! ならばやってみましょう!」


    
青葉「じゃあ、早速だがその体を捨てるんだ」



シンジ「!? あ、貴方は!?」

青葉「人生というレールから、放たれるんだ。

    そのためにはその肉体を捨てて、自分の魂をさらけ出すしかない!
    
    そう、俺は死の向こうに、本当の自由を手に入れたんだ!!!」
    
シンジ「本当に人生から脱線しちゃった人が来てしまったああああ!?」

青葉「さぁ! 逝くぞ!」

シンジ「いやだあああああ!! こんなことなら自由なんて嫌だああああああ!!!」

アスカ「じゃあ私の決めた結婚のレールに従いなさい!」

シンジ「それもいやだああああああ!! 尻に敷かれる人生なんてまっぴらです!!」

マヤ「結婚が嫌なら性別を超えればいいわ! 女の子になるのよ、シンジ君!」

シンジ「私は男でありたいです!」

冬月「そのあかつきには私のことを先生と呼んでもらえないかね」

シンジ「貴方も年を考えてください!!」

レイ「あと残された道と言えば……人間をやめて尻尾をつけることくらいしか思いつかないわ」

シンジ「お尻はもう結構です!!」



マリ「ああ、なんて素晴らしい人生……こんなに選択肢がいっぱいあるなんて!」

シンジ「そのうち一つは生命の終わりを諮詢してますけどねぇ!?

     もうたくさんです! レールに従うのも、自由に自らの足で地面を歩くのも!!
     
     ああ、でもそれだったら、いったいどうやって生活すればいいんですか……!?」
     
109: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:06:23.97 ID:Iq7bdYgI0
                 
マリ「レールも、脱線も、自由もいらない……そんなわんこ君の列車の行き先は……」

レイ「……宇宙」

シンジ「へ?」

レイ「レールも嫌、地面も嫌、それなら列車は空を飛ぶしかない。

   碇君、貴方が許された居場所は、宇宙よ」
   
シンジ「う、宇宙!?」

アスカ「宇宙うう???」プフッwwww

レイ「そう、宇宙」

アスカ「ないない。エヴァが宇宙なんて当分先の未来の話でしょ?

    それともアレ? 宇宙の一部になるためにやっぱり死にましょうとかそういうオチ?」
    
レイ「いいえ。宇宙に行く方法は簡単よ」

マリ「そう! 何事も不可能なんてない。わんこ君が宇宙に行く方法だってきっと……」

レイ「そういうのはさておき」

アスカ「簡単?」

レイ「そのためにも……貴方には碇君と順当にフラグをつんで、

   ヒロインっぽい行動をしてもらわなくてはならない」
   
アスカ「ひ、ヒロイン?」

アスカさんはヒロインと言う言葉に憧れていた。

アスカ「しょ、しょうがないわね。それなら私しか居ないわよね!」

レイ「ただし……」

シンジ アスカ「ただし?」






………………
110: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:07:14.76 ID:Iq7bdYgI0
こーのーんんんんーにー

んんんーをひろーげー

とんでーんんんーんーんー♪



使徒食われたレイ「これから大体14年くらいかかるけど」

レイを助けようとしてるシンジ「サードインパクトありきの話ですかぁ!!!?」

レイ「これから14年間、私と碇君は初号機の中で混ざり合うのよ」

ピトッ

シンジ「ひぃっ! 近い!」

レイ「心の距離よ。

   そして、これから距離は0ではなくマイナスになっていくの」
   
シンジ「ひぃぃぃ!? 引きずり込まれる!?」

レイ「そして二人は心の奥底だけではなく体でもつながりあうの……そして性的な意味でも」ガバッ

シンジ「ちょ!? まっ!? あ、あぁ、そ、そこは、いやぁぁぁぁ~~~」

ミサト「イキなさいシンジ君!」

シンジ「ちょっと黙っててもらますかねぇぇぇ!?!?!?」





ドゴーン

カシウスの槍「チワーッス」

カヲル「……破の急展開も、ある意味大きな大きな脱線だよね?」

ゼーレの人「んなこといったらQ展開なんて脱線どころか……」

カヲル「次は14年後か。オチも14年後に先延ばし、だね」フッ







シンジ「14年後って、それじゃあ今のオチはどうするんですか!?」

111: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/08(土) 23:07:59.43 ID:Iq7bdYgI0


































ワンダースワン「ピュイーン」

マリ「14年前からオチ来たよ……っと」

アスカ「出オチよね。使徒育成ェ……」



続こう
113: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/06/09(日) 02:57:32.76 ID:FZGIkPlKo
リズム感一緒で面白いね

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。