FC2ブログ

【SS】高校生、城ヶ崎美嘉の一週間

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:16:29.40 ID:OWWAlEFI0
・誤字脱字がありましたらすみません
・書き溜めをどんどん投下していきます
・作内の季節は夏になります

・本作は

【SS】中学生、城ヶ崎莉嘉の一週間



のスピンオフ的なものになりますが、見ていなくても問題ありません




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1521807389


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:17:08.44 ID:OWWAlEFI0
― 月曜日 ―

美嘉「おはよー」

城ヶ崎母(以下、母)「おはよう。朝ごはんできてるわよ」

美嘉「うん」テクテク


城ヶ崎父(以下、父)「・・・」ペラッ、ペラッ

美嘉「・・・」ガタッ

美嘉「・・・・おはよ」スッ・・・

父「ん、おはよう」ペラッ、ペラッ
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:17:38.48 ID:OWWAlEFI0
母「新聞読むの止めて食べちゃって! 片付かないでしょ!? はい、牛乳」

美嘉「ありがとう」モグモグ

父「あぁ」ペラッ、ペラッ

母「もうこんな時間!? 莉嘉、早く起きなさーい!」

<ンアー・・・

母「莉嘉ー!」ズンズン

バタン!

美嘉「・・・」モグモグ

父「・・・」ペラッ、ペラッ
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:18:10.08 ID:OWWAlEFI0
美嘉「・・・新聞読むのやめなよ」

父「ん・・・」ペラッ、ペラッ

美嘉「ママ困ってるじゃん」

父「・・・父さんの事はいいから早く食べなさい。遅刻するぞ」

美嘉「っ!」ムカッ

美嘉「はいはい、分かりました!」ガタッ

美嘉「ごちそうさまでした!」プイッ!
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:18:49.48 ID:OWWAlEFI0
母「まったく莉嘉ったら・・・あら、もう食べたの?」

美嘉「ごちそうさまでした!」プンプン!

バタン!

母「なんで怒ってるの?」

父「・・・」

~洗面所~

美嘉(あんな言い方なくないっ!?)シャコシャコシャコ
―――――――――――――――
―――――――――――
――――――
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:19:43.14 ID:OWWAlEFI0
ガチャ・・・

美嘉「ふぅ・・・ん?」

莉嘉「・・・」フラフラ

美嘉「あ、莉嘉やっと起きたの~?」

莉嘉「おはよ~、お姉ちゃん」フワァー

母「ほら、莉嘉! 早く食べなさい!」

美嘉「・・・」チラッ

父「・・・」チラッ

美嘉「」プイッ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:20:19.89 ID:OWWAlEFI0
美嘉「じゃあいってきまーす」

母「はい、いってらっしゃい」

莉嘉「いってらっはーい」モグモグ

父「・・・いってらっしゃい」

美嘉「・・・」

美嘉「うん、いってきます」

バタン

莉嘉「?」モグモグ

父「さて、俺も準備するかな」ガタッ

ガチャン・・・
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:20:52.61 ID:OWWAlEFI0
母「はい牛乳。急がないと遅刻するわよ」コトッ

莉嘉「パパとお姉ちゃん喧嘩してるの?」

母「喧嘩~?」

莉嘉「なんか仲悪そうだったから」

母「んー・・・・・まぁ、そういうものなのよ」

莉嘉「?」



美嘉(パパのせいで朝から最悪な気分っ!)ムスッ
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:21:30.43 ID:OWWAlEFI0
― 火曜日 ―
~学校~

女教師「今日の保健体育は『性行為と避妊』について」

ザワザワ・・・クスクス・・・

美嘉(性行為・・・///)

女教師「みなさんくらいの年齢になると、異性とお付き合いする人が増えてくると思います。そうなると・・・・そういうこともあるでしょうね」

クスクス・・・

女教師「先生の立場から言わせてもらうと、そういうことはお互い責任がとれる年になってからにして欲しい所ではありますが、それは難しいかもしれませんね」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:22:03.48 ID:OWWAlEFI0
女教師「でも皆さんは学生です。万が一にでも妊娠してしまったら学校を辞めなくてはいけません。そうならないためにはしっかりと避妊をすることが重要になりますね」

女教師「それでコレ、何だか分かる人?」ピラピラ

ザワザワ・・・

美嘉(なにアレ? 小さい袋みたいな・・・)

女教師「知ってても答えるのは恥ずかしいですかね。これは避妊具、いわゆる【コンドーム】です」

美嘉(アレがっ!?///)
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:22:40.05 ID:OWWAlEFI0
女教師「その場の雰囲気に流されて、持ってないのにそのまま性行為をしてしまう人もいますが、それは絶対にダメです。結局後で後悔することになります」

女教師「常備しろとまでは言いませんが、恋人と会う前には自分でも用意しておくと安心ですね」
―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
―――――――――


― 放課後 ―
~マック~

友達A「―――でさ~」

美嘉「マジで~!?★」アハハ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:23:12.36 ID:OWWAlEFI0
友達B「ねぇねぇ」

美嘉「ん?」

友達B「みんなってコンドーム持ってる?」

美嘉「ぶッ!!」

美嘉「な、な、なに言ってんの!?///」

友達B「今日の授業で言ってたじゃん? 女子も持ってた方がいいって」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:23:54.47 ID:OWWAlEFI0
友達B「で、持ってる?」

美嘉「そんなの持ってるワケ―――」

友達C「ウチ持ってるよ~」

美嘉(え!?)

友達A「私も家にならあるけど」

美嘉(えぇ!?)

友達B「良かったぁ~! 持ってるの私だけだと思った」

美嘉(えぇぇぇぇぇ!!??///)
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:24:46.53 ID:OWWAlEFI0
美嘉「み、みんな持ってるの・・・?」

友達A「私の場合は、カレが家に来ることもあるから一応ね」

友達C「ウチは彼氏の家しか行かないけど、何となく自分でも持ってるよ」

友達B「私は興味本位で!」エヘヘ

美嘉「最近の女子高生って持ってるのが普通なの!?」

友達C「最近の女子高生って・・・アンタが筆頭でしょうが。カリスマJK」

友達A「他の人に聞いたことはないからな~。別に普通ではないんじゃない?」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:25:37.20 ID:OWWAlEFI0
美嘉「そ、そうなんだ・・・」

友達B「・・・」

友達B「だったら美嘉も持っとく?」ガサガサ

美嘉「へ?」

友達B「はい、一つあげる♪」ピッ

美嘉「ひえぇ!?///  い、い、いらないって!///」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:26:55.54 ID:OWWAlEFI0
友達B「そう言わずにさ~♪ コレってお守りにもなるんだってね」

友達A「あー、それ知ってる! 財布に入れると縁起が良いっていうよね~」

美嘉「そんなお守りいらないし!///」

友達C「でもさ、エチケットとして一つくらい持ってても良いんじゃね?」

美嘉「え?」

美嘉「・・・エチケットか」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:27:56.39 ID:OWWAlEFI0
― 水曜日 ―

~美嘉の部屋~

ガチャ

美嘉「ホラ、入りなよ~」

モバP(以下、P)「いや、やっぱり部屋に入るのは・・・」

美嘉「まだ言ってんの~? いいから入りなよ★」グイグイ

P「お、押すなって」

バタン・・・
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:28:42.59 ID:OWWAlEFI0
P「入ってしまった」

美嘉「大げさだな~。あ、もしかして女子の部屋入るの初めてとか?」ニヤニヤ

P「いや、そんなことはないけどさ」

美嘉「!」

美嘉「へ、へぇ~・・・入ったことあるんだ? まぁ、プロデューサーも大人だしトーゼンだよね~」アハハ・・・

P(姉貴と妹も女子だから間違ってはいない!)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:29:20.50 ID:OWWAlEFI0
P「そういうことじゃなくて社会的に色々とヤバいってこと。しかもお父様もいるのに」

美嘉「あー・・・パパは別に大丈夫だよ。アタシに関心ないから」

P「いや、そんなわけないだろ」

美嘉「とにかく大丈夫★ 莉嘉もそろそろ帰ってくるみたいだし、それまでの間じゃん?」

P「まぁ・・・」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:30:24.24 ID:OWWAlEFI0
美嘉「じゃあ莉嘉が帰ってくるまで何して・・・あれ?」

美嘉(よく考えたら今って二人きり?)

美嘉「・・・」

美嘉(な、なんか緊張するかも・・・///)ドキドキ

美嘉(いやいや! 二人きりなんて今まで何回もあったから!)

美嘉(車とか事務所でも二人きりの時なんて普通にあったし!・・・・・・・自分の部屋はさすがになかったけどさ)

美嘉「・・・」

美嘉(ますます緊張してきたんですけどっ!?///)
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:30:54.03 ID:OWWAlEFI0
P「美嘉?」ヒョコ

美嘉「わぁぁ!? な、なに!?///」

P「いや、なんか固まってたから」

美嘉「え!? あ、そうだった?」

P「具合でも悪いのか?」

美嘉「ううん! ちょっと考え事してただけ///」アハハ・・・

P「ふーん、そっか」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:31:35.63 ID:OWWAlEFI0
美嘉「とりあえずテレビでも観よっか!」

P「おう」

美嘉(何慌ててんだろアタシ・・・平常運転、平常運転)フゥー

美嘉「・・・あれ? リモコンがない」

P「そこのテーブルに置いてあるやつじゃないか? 俺が取るよ」

美嘉「あ、ホントだ。ありがとう」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:32:49.62 ID:OWWAlEFI0
P「・・・よっと」

ガチャン! バラバラバラ・・・

P「あっ、ごめん! 化粧ポーチが・・・」

美嘉「大丈夫大丈夫!」

P「ポーチの中身ほとんど出ちゃったな・・・ん?」

美嘉「どうしたの?」

P「なんだコレ?」ヒョイ

美嘉「?」


コンドーム「」


P・美嘉「」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:33:37.54 ID:OWWAlEFI0
美嘉「そ、それは・・・!///」ワナワナ

P「・・・まぁ、美嘉も高校生だしな」

美嘉「!? ち、違うからっ!/// それはアタシのじゃなくて!・・いや、アタシのではあるけど違くてっ!/// これには理由が・・・!」アタフタ

P「ウン、ワカッテルヨ」

美嘉「絶対分かってないよね!?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:34:18.83 ID:OWWAlEFI0
P「いや、本当に分かってるって」

美嘉(どうしよう! 絶対変な勘違いしてる!)アセアセ

美嘉(早く誤解を解かなくちゃ!!! なんでもいいから早く何か言わなくちゃ・・・!!!)グルグル


美嘉「ア・・・」

P「?」


美嘉「アタシまだ未経験だからっ!」

P「」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:35:18.00 ID:OWWAlEFI0
P「お、おい・・何言って―――」

美嘉「だから使い方とか全く分からないし! そ、そうだ! 逆にプロデューサー使い方教えてよ!? 大人だったら知ってるんでしょ!?」ズイッ!

P「は?」

美嘉「・・・え?」

P「・・・」

美嘉「・・・」

美嘉「!?///」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:36:50.31 ID:OWWAlEFI0
P「美嘉・・・」

美嘉「ち、ちがっ!・・そういう意味じゃなくって!/// アタシが言いたかったのは・・・///」アタフタ

P「落ち着け美嘉!」ガシッ

美嘉「!」

P「分かってるから」

美嘉「プロデューサー、アタシ本当に・・・」ウルウル

P「どうせ友達からもらったとかそんなだろ?」

美嘉「え・・・」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:37:29.00 ID:OWWAlEFI0
美嘉「・・・分かるの?」

P「何年間美嘉のプロデューサーやってきたと思ってるんだ? 顔見ればだいたい分かるって」ニコッ

美嘉「プロデューサー・・・」

美嘉(アタシのことちゃんと見てくれてるんだ・・・///)

P「そもそも、コンドーム持ってるくらいで俺は怒ったりなんかしないけどな」

美嘉「・・・ん?」

美嘉「怒る?」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:38:44.17 ID:OWWAlEFI0
P「アイドルという立場上、怒られると思ったんだろ? まぁ、持ち歩く物の中に入れっぱなしってのは不用心だからその点は注意してもらいたいところだな」

美嘉「・・・」

P「あれ、違ったか?」

美嘉「そ、そう! 怒られちゃうかなって!」アハハ

P「使ってるとかならまだしも、そのくらいで怒ったりはしないさ」アハハ

美嘉「あははー・・・」

美嘉(こういう所はニブいんだよなぁ)ハァ・・・
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:39:21.81 ID:OWWAlEFI0
― 木曜日 ―
~学校~

ガラガラ・・・

美嘉「あ、おはよー★」

男子「!」

男子「お、おう・・・!」

美嘉「?」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:39:58.54 ID:OWWAlEFI0
友達A「美嘉来たよ!」
友達B「あー! 美嘉~!」タッタッタッタ

美嘉「え、なに? どうしたの?」

友達B「見ましたよ~♪」ニヤニヤ

美嘉「何を?」

友達B「いや~、私こういうの買ったことないんだけど、表紙見てつい買っちゃったんだよね~」

【週刊少年マガデー  城ヶ崎美嘉 サマーコレクション】

美嘉「あ、今日発売だっけ」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:40:57.33 ID:OWWAlEFI0
友達A「美嘉の浴衣姿かわいい~♪  わ、水着もあるの!?」

友達B「良いカラダしてますねぇ~」

友達A「エロいですねぇ」

美嘉「ちょっ、二人ともオジサンみたいになってるし」

友達A「女の私達が見てもそう感じるんだから男子からしたら堪らないんだろうね」

美嘉「いやいや、それはないっしょ~。ただの水着じゃん?」

友達B「同じ学校に通ってるアイドルの水着姿だよ!? 激レアじゃん!」

美嘉「激レアって・・・大げさだな~」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:41:39.02 ID:OWWAlEFI0
友達A「『制服姿しか見たことないけど城ヶ崎さんってこんなにスタイルいいんだ・・・!』とか」

ガタッ・・・


友達B「『浴衣からはだけて見える長くて白い脚と、うなじが堪らない!』とか」

ガタッ・・・


友達B「『今日は早めに電気消して寝よう!』とか思ってる男子だらけだよ、きっと~」

ガタッ! ガタッ! ガタッ! ガタッ・・・・

美嘉「早く寝る事とアタシ関係なくない?」

友達B「やれやれ、これだからピュアっ娘は・・・」

美嘉「?」



友達C「男子ってバカばっか」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:42:22.91 ID:OWWAlEFI0
― 金曜日 ―

~車内~

P「午後はオフだったのに急に仕事入れてごめんな」

美嘉「全然! 記者の人の都合が悪いなら仕方ないって」

P「みりあの家の赤ちゃんを見に行く予定だったんだろ?」

美嘉「違う日にも行けるし、それに貰った仕事はできるだけ受けたいからさ★」

P「そうか、ありがとな」

美嘉「もう! だからいいって~」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:42:54.37 ID:OWWAlEFI0
P「あ、そう言えば一昨日はご馳走さま」

美嘉「うん! ママ達も久しぶりに話せて楽しかったって言ってたよ★」

美嘉「・・・」

美嘉(一昨日・・・)


『未経験だし!』 『プロデューサーが教えて』


美嘉(あー、もう! 思い出すだけで恥ずかしい!///)
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:48:10.74 ID:OWWAlEFI0
P「美嘉?」

美嘉「な、なに!?」

P「いや、突然無言になったから」

美嘉「あ・・・そ、そう?」アハハ・・・

美嘉「・・・」

美嘉(プロデューサーはもう気にもしてないんだろうな)チラッ

P「」

美嘉(事故とはいえ、結構大胆な発言だったと思うんだけど・・・なんとも思われないのも悔しい気が)ムムム・・・

P「一昨日といったら―――」

美嘉「ん?」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:49:30.09 ID:OWWAlEFI0
P「あの時、美嘉が言った言葉がずっと頭の中に残っててさ」

美嘉「え?」

美嘉「それって・・・」

美嘉「!?///」

P「なんであんなこと言ったんだろう ってさ」

美嘉「い、いや! あれは誤解を解きたくて咄嗟に出た言葉っていうか―――」


P「『パパはアタシに関心ない』って言ってたろ?」


美嘉「・・・へ?」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:50:31.43 ID:OWWAlEFI0
P「お父様と何かあったのか?」

美嘉「・・・な、なんだソッチか」ボソッ

P「なんか言ったか?」

美嘉「ううん、なんでも!」アハハ・・・

P「で、どうなんだ? あ、話したくないなら別にいいんだぞ? 人様の家庭のことだからな」

P「ただ、何か困ってるのであれば相談くらい乗れるからってことを言いたかっただけだから」

美嘉「・・・そっか、ありがとう」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:51:23.54 ID:OWWAlEFI0
美嘉「別に喧嘩なんてしてないよ。ただ最近パパとソリが合わないっていうか」

P「あぁ、そういうこと」

美嘉「自分でも反抗期だって分かってるんだけどね」

P「そうか、でも自分で理解できてるだけ美嘉は大人だと思うぞ? 俺は美嘉くらいの時そんなこと思った事すらなかったな」

美嘉「プロデューサーにもあったんだ?」

P「そりゃあるさ。母親とはしょっちゅう喧嘩してたよ」アハハ

P「でも大学生くらいになると親のありがたみが分かってくるんだよな。社会人になったら尚更だな」

美嘉「そういうものなんだ・・・」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:52:45.65 ID:OWWAlEFI0
美嘉「この前パパと軽い口喧嘩した時に『嫌い』って言っちゃってさ、その時パパが一瞬見せた悲しそうな顔が凄く印象に残ったんだ。すごい罪悪感だったよ」

美嘉「それからパパとの間に壁があるっていうか、お互いそっけなくなってパパもアタシの事嫌いになったんだなーって」

P「確かに我が子に言われたらキツイものはあるかもな。でもお父様もそこら辺は理解してるはずだぞ」

美嘉「そうなの?」

P「自分だって若い時は同じ道を通ってきたはずだし、それに反抗期ってのは精神的に大人になるためには必要なものだからな。寂しさもあるが娘の成長を実感できる喜びもあると思うんだ・・・・まぁ、俺子供いないから分からないけど」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:53:38.03 ID:OWWAlEFI0
美嘉「最後ので説得力なくなっちゃったな~・・・」

P「う~ん、いい事言えたと思ったんだがな」

美嘉「なにそれ」フフッ

美嘉「・・・」

美嘉「ありがと、チョット楽になった」

P「お役に立てたようでなによりです」
42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:54:18.48 ID:OWWAlEFI0
P「さっきも話したが、そこまで理解があるってことは美嘉はもう精神的に大人になっているのかもしれないな」

美嘉「そんな実感ないな~」

P「そうなると今度は莉嘉の番になるわけか」

美嘉「莉嘉とパパめっちゃ仲いいからヘコむだろうなー・・・」

P「その時は美嘉がお父様をサポートしてあげればいい」

美嘉「アタシにできるかな?」

P「美嘉だからできるんだよ」

美嘉「そっか、じゃあ頑張ってみる★」ニシシ
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:55:08.49 ID:OWWAlEFI0
― 土曜日 ―

~城ケ崎宅~

ガチャ

母「あら、美嘉もお出掛け?」

美嘉「ううん、アタシは予定ないよ」

母「お父さんと莉嘉はもう行ったの?」

美嘉「いま出て行ったよ。カブトムシ展行くとか言ってたけど・・・うぅ~! なんであんなの好きなんだろ」ゾゾッ

母「あら、カブトムシかっこいいじゃない」

美嘉「うぇぇ、ありえないんですけど・・・」

母「そろそろお昼ご飯作るけどパスタでいい?」

美嘉「うん、アタシも手伝うよ」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:55:55.05 ID:OWWAlEFI0
――――――――――――――――――――
―――――――――――――
―――――――

母・美嘉「いただきまーす」

母「これってちょっとした女子会ね♪」

美嘉「女子会って、家はパパ以外女子だけどね」アハハ・・・

母「莉嘉はまだ子供だから。じゃあ大人の女子会!」

美嘉「大人、か・・・」

美嘉「・・・」

美嘉「ううん、アタシはまだまだ子供だよ」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:56:36.13 ID:OWWAlEFI0
母「そう? お母さんから見たら立派な大人の女性に見えるけど」

美嘉「えっ・・・そ、そうかなー?///」

母「さっきも料理のお手伝いしてくれた時に手際の良さにビックリしちゃった!」

美嘉「最近料理の練習してるからね★」

母「へぇ~、誰かに作ってあげたりとか? あ、もしかしてPさん!?」

美嘉「ち、違うって!/// ただ練習してるだけ!///」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:57:10.85 ID:OWWAlEFI0
母「だったらPさんにお弁当作ってあげればいいじゃん! 男は胃袋からよ!」

美嘉「いやいや! っていうか、既にアタシより上手な人達がお弁当作ってあげてるから!」

母「・・・なるほど、ライバルが多いのね」

美嘉「ライバルってなに!?///」

母「・・・」ウーン・・・

母「美嘉にアレを教える時が来たのね」

美嘉「?」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:57:46.02 ID:OWWAlEFI0
母「お父さんをゲットするために研究に研究を重ねて編み出した特製の生姜焼き! このレシピを美嘉に教えてあげるわ!」

美嘉「特製生姜焼き・・・え、パパをゲットって?」

母「さぁ、始めましょう!」ガタッ

美嘉「え、今から!?」

―――――――――――――――――――――
―――――――――――――――
――――――――

― 夕食 ―

母「ご飯よー」

父「ん」

莉嘉「いい匂い~!」
48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:58:14.63 ID:OWWAlEFI0
父「今夜は生姜焼きか」

母「今日は美嘉が作ったの♪」

父「へぇ、美嘉が」

美嘉「う、うん・・・」

母「今日はお母さん特製の生姜焼きレシピを美嘉に教えてあげて作ったの♪」

莉嘉「ママ特製!? なにそれ!?」
49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 21:58:42.82 ID:OWWAlEFI0
父「母さん特製のねぇ・・・」

父「母さん特製?」

父「・・・ん?」チラッ

美嘉「どうしたの?」

父「い、いや・・・」

父「・・・」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:00:18.46 ID:OWWAlEFI0
「いただきます!」

莉嘉「おいしー!」

美嘉「マジ!?」

母「うん、初めてにしては上出来ね!」

美嘉「やった★」

父「・・・」

莉嘉「パパ食べないの?」

父「い、今食べるところだから」パクッ

父「!」
51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:01:02.25 ID:OWWAlEFI0
美嘉「・・・どう?」

父「美味しい・・・」

美嘉「!」

父「っ・・・!」

莉嘉「パパ、美味しいならそんな顔しちゃダメじゃん!」

父「あぁ・・・分かってる。分かってるよ」プルプル

母「あらあら、感動するほど美味しかったの?」

美嘉「パパ・・・」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:04:20.24 ID:OWWAlEFI0
父「・・・美嘉」

美嘉「?」

父「ママの味そっくりだ。美味しいよ」

美嘉「!」

美嘉「えへへ、トーゼン★///」



莉嘉「お姉ちゃんばっかズルーい! アタシにも作り方教えてよー!」ブーブー

父「り、莉嘉にはまだ早いと思うぞっ!?」

莉嘉「そんなことないし!」

美嘉「あはは・・・」
53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:05:11.84 ID:OWWAlEFI0
― 日曜日 ―

~城ケ崎宅~

父・母・美嘉「ホームビデオ?」

莉嘉「うん! あまり観たことなかったし、観てみたいなーって☆」

――――――――――――――――――
――――――――――――
―――――――

父「よっこいしょっと・・・」

母「こんなに撮ってたのね」

美嘉「っていうか、ビデオって観れるの?」

父「デッキもあるから大丈夫だ」

莉嘉「あ、始まるよ!」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:05:45.47 ID:OWWAlEFI0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
AM 10:00   11/14

父『これ撮れてるのか?』

母『もう、機械オンチなんだから』

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

美嘉・莉嘉「ママ若っ!!!」

母「17年も前だもん」

莉嘉「ここ病院? ママ入院してたの?」

美嘉「あれ、この日付って・・・」

母「美嘉が産まれたばかりのころね」

父「この時に初めてビデオカメラ買ったんだったな」
55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:06:11.06 ID:OWWAlEFI0
――――――――――――――――――――――――――――――
父『おはよう』

美嘉『zzz』
――――――――――――――――――――――――――――――

美嘉「!?///」

莉嘉「これお姉ちゃん!? 可愛い~♪」

美嘉「は、恥ずかしいな~///」

母「こんな時もあったわね~♪」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:06:43.95 ID:OWWAlEFI0
――――――――――――――――――――――――――――――――
母『名前考えてきてくれた?』

父『あぁ』
――――――――――――――――――――――――――――――――

美嘉「え、決めてなかったの?」

母「美嘉の時は実際に顔を見てから決めようってことにしてたのよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――――
父『千嘉、裕嘉、嘉蓮、あとはママが考えた莉嘉だな』

母『どれがいいかしらねー?』チョン、チョン
美嘉『zzz』
――――――――――――――――――――――――――――――――――

美嘉『アタシの名前ないけど!?』
57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:08:04.07 ID:OWWAlEFI0
――――――――――――――――――――――――――――――――――
美嘉『』パチ・・・
母『あ、起きた。今あなたのお名前を考えてるのよ~♪』ウフフ

母『パパはどれがいいと思う?』

父『うーん、そうだなぁ・・・』

母『はいパパ。抱っこしてあげて? 今度は私が撮ってあげる』スッ

父『お、おう・・・』ダキッ
――――――――――――――――――――――――――――――――――

莉嘉「パパも若っ! それになんとなくお姉ちゃんに似てるかも!」

父・美嘉「え、そう?」

母「目元が似ているのよね。昔はこんなにイケメンだったのに・・・時間って残酷」

父「・・・」
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:09:28.25 ID:OWWAlEFI0
――――――――――――――――――――――――――――――

美嘉『・・・』アウアウ

父『・・・綺麗な目だ。なんだか神々しく感じるよ』

母『なにそれ』フフッ

父『・・・』

父『美嘉・・・』ボソッ

母『え、ミカ・・・?』
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

美嘉『あ・・・』
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:10:32.07 ID:OWWAlEFI0
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

父『あ、いや・・・【美しい】の【美】で美嘉。今この娘を見てたら何となく頭に浮かんでさ』

母『あ、それいいかも!』

父『え、今何となく思いついたのだぞ?』

母『そういうパッと思いついたのが案外良かったりするものじゃない。さ、おいで~♪』

父『そんなのでいいのか?』スッ

母『【城ヶ崎美嘉】良い名前。 ね、美嘉ちゃん?』
美嘉『・・・ふぇぇぇぇん』

父『や、やっぱ嫌なんじゃないか・・・?』

母『泣くほど嬉しいのね♪』

父『・・・ものは言いようだな』
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:12:08.76 ID:OWWAlEFI0
莉嘉「こんな決め方でいいんだ・・・」

母「フィーリングって大事でしょ?」

莉嘉「お姉ちゃんはいいのー?」

父「」ピクッ

美嘉「・・・うん、アタシこの名前結構気に入ってるよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
父『美嘉か・・・うん、美嘉。 お前の名前は【美嘉】だ。 これからよろしくな』
美嘉「♪」ニコッ

母『あ、美嘉ちゃん笑ってる』
――――――――――――――――――――――――――――――――

美嘉「パパとママが決めてくれた名前だから★」

終り
61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:13:17.87 ID:OWWAlEFI0
― おまけ ―

~事務所~

莉嘉「いただきまーす♪」

みりあ「うわ~、美味しそ~! このお弁当莉嘉ちゃんが作ったの!?」

莉嘉「ううん、お姉ちゃんが作ったんだ☆」

みりあ「美嘉ちゃんすごーい!」

P「なんかいい匂いすんな」スッ

莉嘉「あ、Pくん!」
62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:13:51.75 ID:OWWAlEFI0
みりあ「美嘉ちゃんが作ったお弁当なんだってー」

P「ほー、美嘉が・・・・あれ、それって生姜焼きか?」

莉嘉「うん! これチョー美味しいんだよ!」

P「・・・そんなにか」ゴクリ

莉嘉「Pくん生姜焼き好きなの?」

P「男はみんな好きだぞ」
63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:16:20.56 ID:OWWAlEFI0
莉嘉「じゃあ食べてみる? ほっぺた落っこちちゃうから☆」

P「いいのか?」

莉嘉「いいよ☆」

P「じゃあ」パクッ、モグモグ・・・

P「うまっ!?」

莉嘉「でしょでしょー? ママ直伝の生姜焼きだからねー!」エッヘン!
64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:17:35.45 ID:OWWAlEFI0
P「これはすごいな」

みりあ「ん~!? 美味し~♪」モグモグ

P「今度美嘉にお願いしてみようかな」

莉嘉「最近よく作ってるから大丈夫だと思うよ☆」モグモグ



~城ケ崎宅~

美嘉「あれ!? ここに置いてあったアタシのお弁当は!?」

母「テーブルの? それなら莉嘉が持って行ったわよ?」

美嘉「えっ!? 莉嘉は今日お弁当必要ないでしょ!?」

母「生姜焼き作ってたって話したからかな?」

美嘉「莉~嘉~!!!」ゴゴゴゴ・・・



終り
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/23(金) 22:19:38.65 ID:OWWAlEFI0
以上になります!
結構長めになりましたが最後までご覧いただきましてありがとうございました!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア