モバP「卯月がうざい」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:15:57.00 ID:BM6QGnCD0
卯月「プロデューサーさん! 今日もお仕事頑張りましょうね!」

P「イヤだ。モチベーション上がらんから寝るわ」

卯月「またそんなワガママ言って……」

P「言いたくもなる。こんな平凡なアイドルと組まされた俺の身にもなれよ」

卯月「もう一年も経つんですから、そろそろ慣れてくださいよぉ」

P「断る。めんどくさい」

卯月「もう……」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:18:42.70 ID:BM6QGnCD0
卯月「じゃあ、今日は私がプロデューサーさんを楽しませてあげます!」

P「……は?」

卯月「気分が良くなれば、お仕事だって頑張れますよね?」

P「パンピー同然のお前に何ができるんだ?」

卯月「いつもいつも平凡とかパンピーとか言わないでください! 私は島村卯月、アイドルです!」

P「特技は頑張ること、趣味は友達との長電話。こんなアイドルいねーよ」

卯月「えっと……実はこう見えて、モデル体型なんです!」

P「身長159cm、体重45kg。スリーサイズは83-59-87。スタイルのいい一般人じゃねーか」

卯月「うぅ、なんで覚えてるんですかぁ……」
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:24:21.97 ID:BM6QGnCD0
卯月「まず、私の魅力について語るというのはどうでしょう?」

P「尻。以上」

卯月「ひ、ひどい!」

P「他に褒めるとこ無いだろ」

卯月「えぇ!? 私、結構可愛いって言われますよ?」

P「超可愛いけど、アイドルとしてそれは当然のことだろ」

卯月「それはそうですけど……」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:27:44.80 ID:BM6QGnCD0
P「性格もあざとくないし人当たりもいい。でも頑張りますしか言えないのはなぁ」

卯月「頑張るっていい言葉ですよね」

P「あまり言うと薄っぺらな言葉に成り下がるけど」

卯月「……すみません」

P「とは言え、頑張りますロボになるのも1つの個性かな。俺は嫌いじゃないよ」

卯月「ロボとか言わないでください……」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:31:19.97 ID:BM6QGnCD0
P「よし寝る。おやすみー」

卯月「あっ、おやすみなさい……じゃないです! 寝ないでください!」

P「うるさいうるさい。耳元で叫ぶな、ツバかかった」

卯月「す、すみませんっ」

P「さっきの話も一瞬で終わったじゃん。お前のダメな点ならいくらでも挙げられるけど?」

卯月「それはヘコむのでやめてください……」
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:36:04.81 ID:BM6QGnCD0
卯月「あ、そうだ。ゲームしましょう!」

P「ゲームって、テレビゲーム?」

卯月「はい! スマブラとか盛り上がりますよ?」

P「そういうの苦手。インベーダーゲームしか知らないから」

卯月「えぇ~……そんな歳に見えませんけど」

P「小さい頃からアウトドア派でさ。今もPCでカタカタするよりは営業の方が楽しいし」

卯月「そういえばプロデューサーさん、人差し指だけでキーボード叩いてますよね」

P「ちひろさんとかキーボード見ないで叩いてるから怖いわ……」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:39:47.89 ID:BM6QGnCD0
卯月「えっと……それなら、しりとりしませんか?」

P「お前から尻を取ったら魅力ゼロだぞ」

卯月「そういう意味じゃないです! もう、じゃあ始めますよっ」

P「やるなんて言ってないだろ」

卯月「まずはしりとりの『り』!」

P「凛。ハイ終わり」

卯月「プロデューサーさぁん……」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:43:39.78 ID:eJyD4+6w0
なんか気安くていい関係だな支援
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:43:45.23 ID:5b4I8gkVT
かわかわ
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:45:38.19 ID:BM6QGnCD0
卯月「諦めずにもう一回やります!」

P「そこは諦めとけよ……」

卯月「しりとり!」

P「リトマス紙」

卯月「島村卯月」

P「キス」

卯月「す……好き。えへへっ」

P「うぜぇ」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:47:15.52 ID:ogLEO3Vw0
うぜぇ(可愛い)
20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:52:04.80 ID:BM6QGnCD0
P「……あぁ、そうだ。好きで思いついたけど、コイバナとかどうだ?」

卯月「え? こ、コイバナ?」

P「さすがの俺でもこれは盛り上がる。特に好きな人の話とかするとなー」

卯月「確かに……二人でコイバナなんて、修学旅行みたいで楽しいですね!」

P「喋るのはお前だけだぞ」

卯月「え……プロデューサーさんも話しましょうよぉ」

P「やだ」

卯月「不公平です……」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:57:07.92 ID:BM6QGnCD0
卯月「えっと……何を話しましょうか。やっぱり好きな人の話とか……」

P「いや、それより元彼の嫌な思い出とかの方が盛り上がる。女のネチネチした話は楽しい」

卯月「…………あの」

P「ほら、さっさと話せ。さぁさぁ」

卯月「彼氏、いたことないです」

P「…………は?」
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:02:48.80 ID:BM6QGnCD0
卯月「私、誰とも付き合ったことないんです……」

P「……お前の高校、女子校だっけ?」

卯月「共学です」

P「じゃあ、中学が女子校だった?」

卯月「共学です」

P「男が山ほどいるのに、そのルックスと性格で『彼氏イナイ歴=年齢』なの?」

卯月「え? あ、はい……」

P「……はっはっは」

卯月「なんで嬉しそうなんですか!?」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:06:17.47 ID:BM6QGnCD0
卯月「あの……やっぱり私って、モテなさそうですか?」

P「さあ?」

卯月「さあ、って……」

P「人によって恋愛の感性は違うしな。一般論を求められても困る」

卯月「……じゃあプロデューサーさんは? 私のこと、彼女にしたいって思います?」

P「………………」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:10:27.80 ID:BM6QGnCD0
P「……うーん」

卯月「…………」

P「そうだなぁ……」

卯月「…………」

P「…………ノーコメント」

卯月「えぇ!? ど、どういう意味ですか!?」

P「答える義務も義理もない」

卯月「気になるじゃないですか!」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:14:25.35 ID:BM6QGnCD0
卯月「もう……私にばっかり話させて、プロデューサーさんはズルいです」

P「ズルいって……」

卯月「やっぱり不公平です。プロデューサーさんもコイバナしましょう!」

P「……しょうがないヤツだな。何の話が聞きたいんだ?」

卯月「え……いいんですか!?」

P「お前から振ったんだろ。というか、鬱陶しいほど絡まれたら相手せざるをえない」

卯月「そっ、そうですねぇ……好きな人! 好きな人の話がいいです!」

P「わかった。じゃあ俺から見た島村卯月の話でもするか」

卯月「それ私です! 全然わかってないですっ!」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:22:22.60 ID:BM6QGnCD0
P「お前の話だぞ。聞きたくないのか?」

卯月「どうせ、またバカにされるだけですし……」

P「いきなりネガティブになったな」

卯月「私なんて、普通だし、凡才だし、無個性だし、貧相だし……」

P「…………」

卯月「もういいですっ。プロデューサーさんは私のこと、嫌いなんですよね」

P「……ったくお前は、本当にしょうがないな。感情表現が下手な俺も悪いけど」

卯月「…………?」

P「本当に嫌いだったら、趣味やスリーサイズまで覚えないだろ」

卯月「……えっ」
51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:29:28.43 ID:BM6QGnCD0
P「一年も付き合いがあれば分かるだろうけど、俺は相手を素直に褒められない人なの」

卯月「プロデューサーとして致命的ですよ……」

P「そこをあえて直球で述べると、まあ……お前は、ルックスも性格も俺好みだよ」

卯月「ほぁっ!?」

P「スタイルもいいし、特にお尻が大きいのが好きだ」

卯月「…………」

P「どんなにレベルアップしても頑張り続ける、向上心の高い子だと思ってる」

卯月「え……な、なにこれ……夢?」
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:36:28.31 ID:BM6QGnCD0
P「そんな、彼女にしたいランキングNo1の子に彼氏がいるか探りを入れてみたら、いなかったわけだ」

卯月「あ、はい……いないです……」

P「俺にもまだチャンスがある、と内心思ったよ」

卯月「…………」

P「が、よく考えたらあと数年もすれば、お前も男性アイドルとかと付き合うようになる」

卯月「なりませんよ?」

P「だから、今こうして正直に言ったのも無駄だったな……」

卯月「なりませんってば」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:44:54.02 ID:BM6QGnCD0
P「アイドル同士はイヤなのか。じゃあパンピーと付き合いたいの?」

卯月「そういう意味じゃなくて……私、ちゃんと好きな人がいるんです」

P「あ、彼氏いないけど好きな人はいるのか……だよな、うん……」

卯月「……そんな落ち込まなくていいと思いますけど」

P「いや、落ち込むなって言う方が無理だろ……」

卯月「…………」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:53:55.45 ID:BM6QGnCD0
P「ちなみに、誰なの? 業界人?」

卯月「業界人ですよ」

P「じゃあディレクター? 映画監督?」

卯月「プロデューサーです」

P「え? お前、俺以外にプロデューサーの知り合いとかいたんだ」

卯月「いませんよ?」

P「んん……? どういうこと?」

卯月「……はぁ。こんな人だし、積極的に行かないといけないよね」

P「え?」

卯月「プロデューサーさん。ちょっと、目閉じてもらえます?」


おわり。
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:55:52.23 ID:PrHHNfbMO

やり取りの距離感が良いわあ
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 01:58:29.24 ID:2jPEwlZd0
最初はこのPは死すべきだと思ったが
実は担当アイドル大好きなPの鏡ともいうべき人物でしたね

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。