FC2ブログ

海未「穂乃果を買わされた」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/10/12(日) 01:48:39.78 ID:fv2c/MMJ0
穂乃果の日常if
書き溜めなし
短い




園田家


ピンポーン

海未「はーい」

凛「こんにちはー」

海未「あら、凛じゃないですか。珍しいですね。というか、よく私の家がここだと分かりましたね?」

凛「穂乃果ちゃんに聞いたんだよ」

海未「穂乃果に?」

凛「うん、穂乃果ちゃんに」

海未「ところで、上がって行きますか?」

凛「あ、ここで大丈夫だよ。実は今みんなに聞いてるんだけど、穂乃果ちゃんのことどう思ってるのかなって」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413046109


注目記事




3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 01:56:23.53 ID:fv2c/MMJ0
海未「ど、どうって?」

凛「海未ちゃんて、穂乃果ちゃんのこと大好きでしょ? 知ってるんだよ?」

海未「なななななにを、根拠にッ!?」

凛「やっぱり穂乃果ちゃんって、隣にいるだけで癒されるのかな?」

海未「う……まあ、それは否定する理由もないので、認めますが」

凛「うんうん、だよねえ。今ね、穂乃果ちゃんのどこが好きなのか、聞いてたんだけど」

海未「は、はあ?」

凛「じゃーん、この中で海未ちゃんは穂乃果ちゃんのどういう所が好きかにゃ?」


1、一生懸命
2、愛くるしい仕草
3、天然
4、パン好き
5、人懐っこさ
6、粘り強さ
7、暗黒面

海未「最後の奴は何なんですか」
4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 02:07:23.04 ID:fv2c/MMJ0
凛「まあ、それはおいといて。直感で答えて欲しいな」

海未「じゃ、じゃあ……」

海未(……全部、なんて言ったらまた何か言われてしまうのがオチでしょうね)

海未「1番ですね」

凛「そっか!! やっぱりそうだよね! 穂乃果ちゃんのそういう所を見ると、自分も頑張ろうって思えちゃうよね!」

海未「そう言われると、確かにそうですね」

凛「海未ちゃんも、穂乃果ちゃんがいると幸せだよね?」

海未「だ、だから誤解を招くことを言わないでください!」

凛「照れない照れない。でもさ、もし穂乃果ちゃんに会ってなかったら、今海未ちゃんって何してたんだろうね」

海未「……そうですね、歌いもしていないし、ダンスもしていなかったでしょう」

凛「そうだよね。それって、海未ちゃん的には嫌だよね」

海未「そうですね……」

凛「それを考えると、穂乃果ちゃんと出会えて本当に良かったよね!」

海未「ええ……」

凛「これからもしっかりほのキチでいてね!」

海未「ほの? なんて言いました?」

凛「なんでもないにゃ」
10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 21:32:17.90 ID:fv2c/MMJ0
凛「ちなみに、こういう風に穂乃果ちゃんがいることで、前から幸せを感じてた?」

海未「幸せというか……一緒にいて居心地が良いとは思っています」

凛「そうなんだよね、けっこうμ’sのみんなにも聞くとね、穂乃果ちゃんと一緒だとそういう風に思う人多いんだ」

海未「へ、へえ」

海未(……誰に聞いたのか気になりますね)

凛「だから、穂乃果ちゃんのこと知らない人って、もったいないなって思うんだよね。海未ちゃんもそう思うよね?」

海未「まあ、そうですね」

凛「穂乃果ちゃんのことなんにも知らずに、青春を終えるなんてみんな損してるなって、凛も思うの。だから、たくさんの人に穂乃果ちゃんのこと知って欲しいんだよね!」

海未「り、凛がそこまで穂乃果のことを敬っていたなんて知りませんでした……」

凛「凛は穂乃果ちゃん大好きだよ!」

海未「そ、そうですか……」

凛「それでね、穂乃果ちゃんをもっと色々な人に知ってもらいたいから、これからも一緒に穂乃果ちゃんのことみんなに伝えていこうね!」

海未「え? は、はい」

凛「でね、穂乃果ちゃんをみんなに知ってもらおうと思って、今だけこの穂乃果ちゃんフィギュアを10名様にプレゼントしてるの!」

ジャン!

海未「……な、なんて破廉恥な?! ぱ、パンツが見えてるじゃないですか!」

凛「落ち着いてよ、海未ちゃん」



11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 21:44:53.72 ID:fv2c/MMJ0
海未「というかどこで入手したんですかこんなのッ」

凛「ひ・み・つ! このフィギュアね、一種類じゃないんだ。全5種類あって喜怒哀楽、プラスレア穂乃果ちゃん。一人に穂乃果ちゃんのこと知ってもらうと、一人につき一つもらえるんだよ?」

海未「……へ、へえ」ゴクリ

凛「可愛いよね?」

海未「可愛くないことはないですね……」

凛「だよねー。凛も5種類全部あげたいんだけど、生憎在庫の関係で10名限定なんだー。でもね、さっきことりちゃんと真姫ちゃんと、絵里ちゃんと、穂乃果ちゃんのお父さんと、あと雪穂ちゃんがどんどん色々な人に言ってるから、もう残り5人に減っちゃたの!」

海未「も、もうあと5人なんですか!?」

凛「そうなんだよー。それから、この後、クラスの子たちも欲しいって言うから、実はあと1人しかあげられなくなっちゃたの……それで、海未ちゃんはは絶対欲しいだろうなって思って飛んできたの!」

海未「そ、そうだったんですか……欲しくないことはないですけど……」

凛「むっふふー、隠さなくていいにゃ!」

海未「で、でも誰かに穂乃果の良いところを伝えないともらえないんですよね?」

凛「んー、そうだけど……でも、海未ちゃんそういうの苦手だよね?」

海未「で、できたらやりたくはないです」

凛「そうだよねー。これ、実は1体2万円するんだ」

海未「い、2万ですか……学生に2万はちょっときついですね」

凛「うん……だから、海未ちゃんがこれホントに欲しいって言うなら、1万にしておくよ?」

海未「え、ホントですか!?」

凛「うん、海未ちゃんだけ特別だよ!」

海未「い、いんですか?」

凛「いいよー、だってμ’sの仲間だもん!」

海未「凛……ありがとうございます」
12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 21:52:20.09 ID:fv2c/MMJ0
凛「で、実は次に行こうと思ってる人も穂乃果ちゃん欲しいって言ってたの。だから、ちょっといますぐ代金と引き換えじゃないと、次の人がすぐに支払うよってなるとそっちにやっぱり譲っちゃうことになるんだけど、今すぐ払えそう?」

海未「そ、そうなんですね……ちょ、ちょっと待ってください! 今すぐ支払いますから!」

凛「そう? 良かったにゃ! じゃあ、ここで待ってるね」

海未「はい!」

ダダダダ――

凛「……ふう」





ダダダダ――

海未「お、お待たせしました!」

凛「はい、ぴったりだね! あ、でも、今すぐ支払ってくれたから、やっぱり1000円引いておくよ! 海未ちゃんだけの、サービスだからね!」

海未「さらにお得ですね!」

凛「でしょでしょ? はい」

ごそごそ

海未「こ、これは素晴らしい……リボンの折り目にまでこだわっていて、まるで本当に穂乃果を買ったみたいです‥…」

凛「ふふ、気に入ってくれて嬉しいよ!」
13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 21:55:23.54 ID:fv2c/MMJ0
凛「じゃ、凛はこれで帰るね!」

海未「はい、今日はありがとうございます!」

凛「うんん! 海未ちゃんが穂乃果ちゃんが大好きだって知れて良かったよ! じゃ、またね!」

海未「ええ、また学校で!」

タタタ――




数時間後――


海未の部屋


海未「……」

コトン――

海未「……おかしい」

コトン――

海未「私、なんでこんなの買ったんでしょうか……」









おわり
14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/10/12(日) 21:56:25.45 ID:fv2c/MMJ0
おしまい。
こんなアホなのに付き合ってくれてありがとう

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。