セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:02:43.73 ID:O6Lr9wpJ0
士郎の部屋

士郎「お、お前ら喧嘩はよせって」

セイバー「……」

凛「怒らないでよ。悪気はなかったんだから。私としたことが、宝石の種類を間違えるなんてね」

士郎「だってよ」

セイバー「今、敵が来たらどうするつもりなんですか……私もあなたも幼い少女になってしまって」

凛「可愛いわよ……?」ニコ

セイバー「ええ、凛も可愛いですねッ」ニコ

士郎「あ、あとはごゆっくり」

セイバー「シロウ!」

凛「とにかく他の連中に悟られるわけにはいかないから。今日一日はこの家で大人しくしていましょう」

セイバー「……これでは、マスターを守れない」

凛「アーチャーをつけてるから安心しなさいよ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1436112153
<

注目記事




4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:09:21.36 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「……はあ」

士郎「じゃあ、学校行ってくるよ」

凛「アーチャー」

アーチャー「仕方がない。主人のヘマの尻拭いくらいはしてやろう」

凛「言ってくれるわね……」

アーチャー「見たところ、効力は一日程度か……。それまで、互いに仲良くこの家で待っているがいい」

ナデナデ

凛「ちょっとッ、頭撫でるんじゃない!」

士郎「お利口さんにするんだぞ、セイバー」

ナデナデ

セイバー「し、シロウ!? あなたまで侮辱する気ですか!?」

士郎「……なんか可愛いなあ」

アーチャー「ロリコン」ボソッ

士郎「おい、今何か言ったか」

アーチャー「いや」

凛「あんたも、私を抱きかかえるのやめなさいよ!」

ポコポコ

アーチャー「痛いじゃないか凛」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:15:18.18 ID:O6Lr9wpJ0
士郎「あ、これ小遣い入ってるから。失くすなよ、セイバー……」

じゃら

セイバー「心得た」

士郎「……その体で言うと違和感しかないな」

凛「それより、時間大丈夫なわけ?」

士郎「やばいな……行くぞアーチャー」

アーチャー「ああ」

凛「仲良くね」

アーチャー「君のような子どもの心を苛む訳にはいかないのでね……今日は大人しくしておこう」

凛「くううッ……」

セイバー「いってらっしゃいシロウ」

士郎「あ、冷蔵庫にプリンとドーナツ入ってるからお腹が空いたら食えよ!」

タタタタッ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:22:03.07 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「……」

凛「……」

トタトタ

セイバー「凛」

凛「なによ、やる気」

セイバー「いえ、もう怒ってなどいません」

凛「?」

セイバー「プリンとドーナッツどちらがいいですか?」

凛「……ああ」ガク

凛(食べ物で怒りが鎮まったのね。ちょろい奴ねホントに)

セイバー「凛?」

凛「どちらも食べなさいよ。私はいいから」

セイバー「ええ?!」

凛「ちょ、掴みかかるなバカ」

セイバー「いいんですか本当に?!」

凛「ええ」

セイバー「凛、私はあなたを誤解していたようです」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:27:50.01 ID:O6Lr9wpJ0
凛「あなたね、私が小学生まで戻ったからって中身は変わらないのよ? 隙を狙って闇討ちみたいなことしちゃうかもしれないじゃない」

セイバー「凛はそんなことしませんよ」

セイバーは冷蔵庫に手を伸ばし扉を開ける。

セイバー「プリンと」

凛「あ」

セイバー「ドーナッツが……冷蔵庫の上に」

凛「……高いわね。こうして見ると」

セイバー「椅子が必要ですね」

ガタガタ

セイバー「よいしょッ……」

グラッ

凛「セイバー!」

バッ

セイバー「!?」

ガタタッ
ドベシャッ

凛「ぐえ……」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:34:16.82 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「り、凛?! 私を庇って……下敷きに」

凛「う……」

セイバー「上手く重心が取れないですね……子どもの頭と言うのは重いものなのですね」

凛「そうね……」

セイバー「少し体を動かして慣れさせないと」

凛「いいから、早くどきなさいよ……」

セイバー「あ、すいません」

ガバッ

凛「……酷い目にあったわ。よいしょッ」

グシャ

凛「ん?」

セイバー「ひッ」

凛「何、私何踏んだの……あ」

セイバー「……ど……な……つ」

凛「ご、ごめん」

凛(なにこの小さい子をいじめた時と同じ罪悪感……見かけに騙されちゃだめ)

セイバー「……うッ」ポロポロ

凛「なんでこれしきのことで泣くのよ?!」

セイバー「わ、わかりません……感情が上手くコントロールできなくて……」

凛「理性まで退化しちゃったのかしら……」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:41:20.89 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「ティ、ティッシュを……」

凛「ああ、はいはいッ……どこよ」

セイバー「はッ……切らしてるんでした」

凛「ええッ……しょうがないわね。ほら、ハンカチ使いなさい」

ゴソゴソ

セイバー「あびがどうございまず……」

凛「だらしないわねえ、騎士王様が……」

セイバー「元はと言えばあなだが……ズッ」

凛「はいはい、悪かった悪かったです」

セイバー「誠意が全く感じられません……」

凛「土下座でもしましょうか?」

セイバー「そこまでしなくてもかまいません。あ、ハンカチありがとうございます」

スッ

凛「……」

ペシャ
ポト

セイバー「ああ?!」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:46:59.03 ID:O6Lr9wpJ0
凛「涙と鼻水つきなんだから、せめて洗って返すくらいしてちょうだい」

セイバー「わ、私は洗濯などの家事一切はできませんが」

凛「そんな胸張って言わなくても……なんだか、容姿が変わって中身が伴ったって感じよね」

セイバー「それは、私が幼いと?」

凛「だってそうじゃない。食べ物一つでぎゃーぎゃーと」

セイバー「凛こそ、口の悪さが容姿に伴ったと思います……」

凛「へー……言ってくれるじゃないの」

ぐにッ

セイバー「ほっへらをつねないでくらはいッ」

ぐにッ

凛「ちょっと、脇腹つままないでッ……ッひイ……ッあはッ」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:50:54.04 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「手をはらひなさい、凛」

凛「セイバーッ……ッふふッ……あなたが先にはなッ……」

ピンポーン!

セイバー「はッ……何者」

凛「宅配か勧誘じゃないの」

セイバー「先ほど、シロウが誰か来たらコレを見るようにとメモ書きを……」

ガサガサ

凛「何々……」

『二人とも、知らない人が来たら玄関に出ないように。by士郎』

セイバー「……」

凛「バカにしてるとしか」

セイバー「行きましょう、凛。玄関へ」

凛「ええ」

トタタタ
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:00:52.81 ID:O6Lr9wpJ0
ピンポーン!

「誰かおらぬのか」

ガララ

セイバー「はい、なんでしょうか」

凛「今、家の者が出払っていて対応できる人間がいないんですけど」

ギル「ほお。これは世を楽しますための余興か? セイバー」

セイバー「な!?」

凛「あんた……なんでここにッ」

ギル「世が気づかぬとでも思ったか? 雑種共の愚行を間近で見物に来てやったのだ」

セイバー「くッ……凛、離れて! 家の中に避難してください!」

凛「何言ってるのよッ……あなた一人に戦わせたら、後で衛宮君にどやされるっての!」

ギル「くくくッ」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:10:00.56 ID:O6Lr9wpJ0
ギル「っははは! 全く、なんなんだその姿は! 戦うだと? ほざけ!」

ブワッ

セイバー「か、体が……」

凛「動かない……」

ギル「お前たちのようなガキが触れてよい体ではない。もう少し、色香を増したら相手をしてやらんこともないが」

ガサガサ

ギル「……くくッ。今はこれでもしゃぶっておけ!」

ちゅぽッ
ちゅぽッ

セイバー「うんん!?」

凛「んん!?」

ギル「見物料だ……取っておくがよい」

セイバー「ま、まて! 」ペロペロリ

凛「セイバー、あんたは何大人しく舐めてるのよ……」



17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:14:39.28 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「……なんだったんでしょうか、一体」ペロペロ

凛「さあね……」ペロペロ

セイバー「凛のは何味だったんですか」

凛「いちご。セイバーは」

セイバー「メロンです」

パリン

セイバー「あ、割れてしまいました……」シュン

凛「……なに、馴染んでんのよ……おバカ」

セイバー「あ、そう言えばプリンを出したままでした」

タタタッ

凛「……」ペロペロ

セイバー「ああ!?」

凛「どうしたの」

セイバー「すっかりぬるくなっています……」

凛「……」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:20:34.17 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「あむ……」モグ

凛「美味しそうに食べるわねえ」

セイバー「ぬるくなってもプリンはプリンですからね」モキュ

凛「セイバー、口の端にプリンついてるわよ」

セイバー「……え、どこですか」ゴックン

凛「……ここ」

セイバー「ここですか?」

凛「こっちよ」

セイバー「こっち?」

凛「もお」

フキフキ

セイバー「ありがとうございます」

凛「世話が焼けるわね」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:22:31.25 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「あの、凛」

凛「なに」

セイバー「さっき、見物料って言ってましたよね。つまり……」

凛「……」

セイバー「……」

凛「セイバー! 家じゅうのカーテン閉めるわよ!」

セイバー「ええ、凛!」


ダダダダッ
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:31:28.53 ID:O6Lr9wpJ0
シャアアア―

凛「これで全部ね」

セイバー「見られていたかと思うと身の毛がよだつと言うものですね」

凛「そうね……ふふ」

セイバー「どうしたのです、凛」

凛「いえ、昔同じようなことをしたことがあったなと思って」

セイバー「……」

凛「まさか、この年になってまたするとは……ねえ、少しわくわくしない?」

セイバー「しませんよ」

凛「もお、情緒ないわね」

パシンッ

セイバー「あいたッ」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:39:05.12 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「あの、凛、さっきから気安いというか気軽過ぎませんか……」

凛「そう? 私、けっこう図々しいから」

セイバー「まあ、構いませんが……」

凛「それより、あの成金にばれたってことは他の連中も来る可能性が高い。セイバー、今の魔力量でエクスカリバーは?」

セイバー「残念ですが無理ですね……リトル・エクスカリバーなるものなら」

凛「もうそれエクスカリバーじゃないじゃないの」

セイバー「……それが精一杯なんです」

凛「とは言っても私も、宝石を爆発させるくらしかできないわ」

ぷるるる

凛・セイバー「……」びくッ

凛「今度は電話か……」

セイバー「……で、出ます」

凛「あなた、電話対応できるの?」

セイバー「……できます。したことはありませんが」

凛「バトンタッチ」

パシン

セイバー「お願いします」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:41:33.75 ID:O6Lr9wpJ0
ガチャ

凛「もしもし、衛宮ですが」

ギル『雑種、なぜカーテンを閉めた』

凛「……」

ガチャン

セイバー「凛、間違い電話だったのですか?」

凛「ええ」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:47:25.94 ID:O6Lr9wpJ0
ピンポーン!

凛「……はあ」

セイバー「今度は誰でしょうか」

凛「出なくていいわ。予想できるから」

ピンポーン!
ピンポーン!
ピンポーン!

セイバー「……押しすぎではないでしょうか」

凛「ホントにね……」

セイバー「……あ、鳴りやみましたね」

凛「飽きたんでしょ」

セイバー「?」

だんだん!

セイバー「ッひい?! だ、誰かが窓を」

凛「こうなったら、裏口から逃げましょう」

セイバー「し、しかしシロウは出るなと」

凛「どこにいたって同じよ。むしろ、逃げ場の少ないここの方が危ないわ」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 02:52:14.04 ID:O6Lr9wpJ0
ガチャ

凛「誰もいないわね、行くわよセイバー」

セイバー「ええ」

タタタタッ

凛「ふうッ」

セイバー「追手はいないようです」キョロ

凛(なんだかんだで私の後ろを守ってる所、衛宮君とよく似てる……)

凛「少し、遠出しましょうか」

セイバー「え、り、凛。あまり危険な行為は」

凛「木を隠すなら森の中って言うでしょ」

セイバー「しかし……」

凛「いいからいいから」

ぐいッ

セイバー「凛……ッわ、手を引っ張らないでくださいッ」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 03:05:11.38 ID:O6Lr9wpJ0
タタタタッ

凛「まずは服よ。いつまでも、衛宮君のお古のTシャツと短パンは嫌」

セイバー「で、ですがシロウからもらったお小遣いでは到底」

凛「カードで払うから大丈夫。セイバーは、白ワンピで」

セイバー「は、はあ」

凛「私は黒ワンピっと。そこに行きつけのインポート物売ってる所あるから、あなたにぴったりのがあるはず」

セイバー「凛、もしや楽しんでいませんか……」

凛「そんなことないわ」

ウイーン

「いっらしゃいませー」

凛「ほら、こっちよセイバー」

セイバー「凛、待って」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 03:16:18.62 ID:O6Lr9wpJ0
凛「ほら、これなんかどう?」

セイバー「凛によくお似合いですよ」

凛「やーね、白は似合わないわ」

セイバー「私も白は……」

凛「セイバーは似合うから」

綺礼「確かに、凛には白は似合わないな」

凛「だよね、分かってるってええ!?」

セイバー「言峰綺礼!? なぜ、ここに!!」

綺礼「黒のワンピースにするつもりだったのだろうが、それでは葬式のようで忌み嫌われるぞ」

凛「余計なお世話よ!」

セイバー「つけて来ていたのですか」

綺礼「最近は物騒だからな。小さな女の子が二人、どこに行くのかと思ってね」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 03:40:56.03 ID:O6Lr9wpJ0
凛「女の子の尻を追いかけるなんて、下卑た男のやることよ」

綺礼「尻の青い子どもに言われた所で、何の感情も沸かんよ。それより、他の客に迷惑だぞ、静かにしないか」

凛「道理を説かれるなんてね」

綺礼「……懐かしいな。時臣氏が生きていればさぞ」

凛「うるさい! 黙りなさい!」

セイバー「用があるのではないのですか」

綺礼「これをギルガメッシュから預かってきた」

ガサガサ

凛「……」

セイバー「……うまい棒」

綺礼「用は済んだ、では」

カツカツ
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 03:46:29.96 ID:O6Lr9wpJ0
公園

セイバー「……全くこんなもので懐柔できると思っているのでしょうか」もしゃしゃ

凛「少なくともあなたはね……」

セイバー「ふう……」けぷ

凛「なんだか男どもが優しいような気がする……」

セイバー「え?」

凛「ううん」

セイバー「……」うとうと

凛「どうしたの?」

セイバー「小腹を満たせたせいか……眠気が」

凛「……お子ちゃまね」

セイバー「なにをお……」

凛「いつも気を張ってるんだから、今日くらい休みなさい」

セイバー「いやそれは……」ウト

凛「……」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 03:54:56.57 ID:O6Lr9wpJ0
夕方

士郎「ただいまー」

ガタガタ

士郎「よお、良い子にしてたか」

凛「まあね」

士郎「まだちっこいまんまか。セイバーは寝てるのか」

凛「静かにしてよ」

士郎「はいはい」

アーチャー「なんだ凛、姉ぶりよって」

凛「ぶってないわ」

セイバー「……くー」

士郎「遠坂の膝の上で寝れるなんて、セイバーは幸せ者だな」

凛「ホントに、ふだんなら絶対やらないんだけど」

セイバー「うんん……」

ボフン!!

凛「あ……」

セイバー「……うん?」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 04:01:01.32 ID:O6Lr9wpJ0
士郎「ついに元に……おわあ?!」

凛「こっち見ないでよッ!!」

セイバー「凛? 私、寝てしまって……う、体が痛い」

凛「私の膝枕はどうだったかしら」

セイバー「……心地よかったです」

凛「そう、じゃあ着替えましょうか、元の服に」

セイバー「ええ」

凛「たまにはいいでしょこういうのも」

セイバー「滅多になくていいですけどね……」




おわり
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 04:02:08.73 ID:O6Lr9wpJ0
ありがとういったんここまで
続くかは未定
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 08:32:40.05 ID:gdBoH7BdO
さすがギル
色香が増すけど胸は大きくならないと気づいているのか
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:34:57.95 ID:O6Lr9wpJ0
セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」2




士郎「昨日は、遠坂とセイバーがちっさくなって大変だったんだ」

カチャカチャ
ゴシゴシ

桜「そうだったんですか……」

士郎「子どもになっても中身は変わらないって、扱いにくいよな」

カチャカチャ

凛「ちょっとー、聞こえてるわよ」

セイバー「全くです。昨日のデレデレを忘れたとは言わせませんよ」

士郎「いやいや、そんなデレデレしてないからな」

桜「先輩……ロリコンだったんですか。私、先輩が望むなら……」

士郎「望んでないぞ!? 俺は決して望んでない!」

セイバー「シロウー、そう言えばティッシュ切らしてました」

士郎「え? まじか……そういや、ゴミ袋も切らしてるし、セイバーのおやつも……学校まだ時間あるな。ちょっと買ってくるか、待っててくれ」

桜「そんな、私が行きますよ」

士郎「いいよ、いいよ」

トタタタ
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:45:55.36 ID:O6Lr9wpJ0
ガラララ――

「行ってきまーす」

桜「あ……」

セイバー「士郎、ポンデリング! ポンデリングがいいです! 気高き獅子のようなポンデリング!」

凛「セイバー、ポンデポンデうるさい。第一、近所のスーパーで売ってるわけないじゃない」

セイバー「そうなのですか……」

桜「先輩は、たぶん遠出して買ってきていたんじゃないでしょうか」

セイバー「士郎が、まさか……」

凛「それくらいするんじゃないの。母性本能で」

桜「先輩は男の人ですよ」

凛「いや、もうあれはオカンの域でしょ」

だんだん!

セイバー「ひい!? ま、また窓ガラスが!」

だんだん――パリン!

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:53:31.29 ID:O6Lr9wpJ0
ギル「雑種、件の遊戯はもうしまいか?」

パキパキッ

凛「玄関から入れ、バカ!」

セイバー「先日はうまい棒をありがとうございます」ペコ

凛「ちょ、セイバー」

セイバー「まずは礼を言うのが道理です」

凛「……くッ。ありがとう……」

桜「た、大変……警察を」

ガタタ

ギル「我の愉悦を邪魔するな」

キインッ

桜「あッ……!?」

凛「桜?!」

桜「体がッ……あつッ」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 23:59:31.96 ID:O6Lr9wpJ0
ボフン!

桜「……ッ」

凛「さくらああ!?」

桜「……」キョトン

セイバー「桜が……縮んで、瞳も魚の死んだ目みたいに……」

凛「ギルガメッシュ……あんたよくも!」

ギル「何を慌てている。まだ前菜だ」

キインッ

凛「ッゥ……ああ!?」

セイバー「リン!?」

凛「あつ……いッ……んああ!?」

セイバー「リイイン?!」

桜「……」キョトン

ボフン!

凛「……ッ」

セイバー「り、凛がまた小学生に……」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 00:04:25.24 ID:kaFyUkSS0
ギル「さて、メインディッシュ……は」

セイバー「や、止めろ?!」

ギル「その選択肢はない」

キインッ

セイバー「うぐッ……うう!?」

凛「セイバー?!」

セイバー「は、離れて危ない!」

ボフン!

セイバー「ふわあ?!」

ギル「……」ブッ

凛「きたな!? 鼻血!?」

ギル「……ッ」

ポタポタ

セイバー「こんなことをして……ゆるしませんよ」

ずるッ

凛「服! 服がずれてるッ」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 00:07:35.73 ID:kaFyUkSS0
グイッ

セイバー「ありがとう……リン」

桜「……」

凛「桜……急に無口になってどうしたの?」

桜「……」じッ

凛「な、なに?」

セイバー「サクラ、あなた手に何を持っているのですか」

桜「……虫さん」

凛「ひいい!?」

桜「お兄ちゃんにあげる」

ポイッ

ギル「……やめんか、雑種ゥ!?」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 00:18:18.64 ID:kaFyUkSS0
虫「……」

ビチビチ!

セイバー「黒くててかてかしてますね……」ビク

桜「いる?」

凛「さ、桜……」

桜「お姉ちゃん、いる?」

凛「……」ブンブン

セイバー「桜の精神だけ……かなりぶっ飛んでしまっていませんか……」

ギル「ふむ、これも一興か」

凛「ふざけんな! 元に戻せ!」

ギル「口の聞き方に気をつけよ、子雑種。取って食うぞ」

セイバー「……ひいッ。やはり、ロリコンだったのですね」

桜「……」

ぽいぽい!
ビチビチ!

ギル「き、きさまそのビチビチする気色の悪い虫を投げつけるな!」
47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/07(火) 00:24:19.99 ID:kaFyUkSS0
凛「う……もう、もうやだッ」ジワッ

セイバー「り、リン……?」

凛「なんでこんな目に……あわないとッ……いけないのよッ」

セイバー「な、泣かないでリン……ッ」オロオロ

桜「お姉ちゃん……」

ナデナデ

凛「……ひっく」
50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 00:41:15.82 ID:nsGcVnuy0
セイバー「ほ、ほら凛に高い高いを……!」

ギル「なぜ我がそんなことをしなくてはならない」

桜「……おじさん」

ギュ

パシンッ

桜「いた……」

ギル「触るな。それに誰がおじさんだ。低俗な虫を扱う娘よ。気持ち悪いことこの上ない」

桜「……」

ギル「おい女、文句があるなら聞いてやらんこともないぞ」

セイバー「誰に向かって話しているのですか……」

スッ

ライダー「……」

セイバー「ライダー……!?」

桜「……お姉ちゃん」

ライダー「お姉ちゃん……」

セイバー「サクラ、誰に対してもお姉ちゃんなんですね……」
52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 00:49:37.10 ID:nsGcVnuy0
ライダー「もっと、呼んでください」

サクラ「……お姉ちゃん」

ライダー「……ッ」

ガタタッ

凛「うわあああんッ……ッひ」

ギル「阿呆のように泣き喚き、無様よなリン」

サクラ「……」

ポイッ
ベチッ

ギル「やめんか!」

セイバー「シロウ、早く帰ってきてください……ッライダー、私の頼みなど聞きたくないかもしれませんが、お願いです。リンをあやしてやってください」

ライダー「私は……泣く子には弱いのです」

ヒョイッ

凛「ふあッ?」

ヒョイヒョイ

ライダー「高い高い」

凛「ちょ、ばッ……うッ……こんなので嬉しい訳ッ……ッ……」

ライダー「……」

ヒョイヒョイ

凛「えへへッ……はッ」
54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 00:56:22.74 ID:nsGcVnuy0
桜「……私もして欲しい」

ライダー「喜んで」

ストン

凛「わ、私は別に楽しかったわけじゃないからね!」

ライダー「来てください、桜」

桜「うん……」

トテテ

ヒョイ

ライダー「たかいたかーい」

桜「……」

セイバー「あれは、喜んでいるのでしょうか……」

凛「恐らくね……」

ギル「軽い女共だ」
56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 01:08:27.20 ID:nsGcVnuy0
セイバー「しかし、リンが泣き止むとは」

凛「だから別に嬉しかったとかじゃなくてッ」

セイバー「それより、また服をどうにかしないといけませんね」

凛「そうね。このまま桜が高い高いを続行すると、制服がずり落ちるわけだけど……」

桜「……それはいや。降ろして」

ライダー「え……そんな」

桜「降ろして」

ライダー「はい……」シュン

桜「ありがとう……」

スタッ

セイバー「こうして見ると、みな同じくらいの身長になるんですね」

凛「あら、私が一番大きいんじゃない?」

セイバー「いやいや、私ですかね」

桜「……どうでもいい」

凛「……さ、桜」

セイバー「どうやら、私たちの知っている桜とはどこか違うみたいですね」

凛「ご、ごめんね! ごめんね桜!」

ギュッ

桜「……やめて」

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 01:15:06.74 ID:nsGcVnuy0
セイバー「リン、落ち着いてください」

ライダー「いい……少女たちの抱擁、素晴らしいです」

ギル「ふむ。服は我がなんとかしてやろう……」

パンッ
キュインッ

セイバー「な!?」

凛「ちょ、ちょっと!?」

桜「……」

ギル「体操着だ。おあつらえ向きだな、まさにッ。はっはっはっは!」

ライダー「……なぜ、短パンなんですかッ……くッ」

ギル「はあ?」

ライダー「なぜブルマじゃないで」

ベチッ
ビチビチッ

桜「……」

ライダー「あ、やめ、やめてくださいッ、桜ッ」

ベチッ
58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 01:21:18.06 ID:nsGcVnuy0
ガラガラ――

士郎「ただいまー! すまんな、遅くなっちまって。スイカ買ってきたから許してくれ」

ガサガサ

セイバー「シロー!」

トテテッ

士郎「おお、セイバーお前また小さくなったのか。好きだな」

セイバー「好きでこうなったわけでは」

士郎「ほら、スイカ。3人で切り分けて食べろよ。じゃあ、ちょっと俺もう学校行ってくるから。あ、悪いんだが、庭の木に水やりよろしくな」

セイバー「し、シロウ私も行きます!」

士郎「いや、ちっさい状態じゃ無理だからッ」

セイバー「そ、そんなッ、シロウ待って」

士郎「じゃ、行ってきまーす」

ガラガラ
59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 01:33:00.65 ID:nsGcVnuy0
桜「……鈍感」

凛「筋金入りのにぶちんよ……奴は」

トタタ

セイバー「あのお、スイカを買ってきたみたいなんですが……」

ギル「……ほお? どれどれ」

ポンポン

ギル「いい音だ」

凛「なんで、分かるのよ」

ギル「我に知りえぬことなんぞない」

セイバー「もう、どうでもいいから早く食べましょう」

凛「食欲に負けたわね」

ライダー「桜、今、切り分けて上げますから……」

桜「……割りたい。人間の頭部みたいにぐちょぐちょにしたい」

凛・セイバー「……」

桜「嘘だよ……」
60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 01:38:34.77 ID:nsGcVnuy0
ライダー「桜は冗談も上手ですね……」

凛「どこがよ……ホラーでしょ今のは」

ギル「おい貴様ら。我を置いて、話を進めるな」

凛「これくらいなら、私だって割れるわよ」

桜「……スイカ割りがしたい」

セイバー「こ、この状況で?」

凛「桜、棒がないのよ」

桜「おじさんの宝物庫に……」
65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 23:34:13.72 ID:nsGcVnuy0
ギル「出してやらんこともないが、忠告してやろう雑種の小娘。王の財宝は、生半可な覚悟で扱える代物ではないぞ」

セイバー「何を出すのか知りませんが、あなたが自身の宝剣でスイカを割ればいい話なのでは」

桜「……英雄王のカッコイイとこ、見てみたい」

パパンパンッ

凛「さ、桜?」

桜「……ちょっと、いいとこ見てみたい」

パパンパンッ

セイバー「……サクラそんなもので彼は」

桜「……見てみたい」

ギル「ふッ、良かろう。子雑種、物の頼み方というのを心得ているようだな」

凛「うそお……」

ギル「では、全員外に出るがいい! 見せてやろう! 我のカッコイイ所を!」

グイッ
グイッ

凛「ちょっと、手、繋がないでよッ」

セイバー「手を引っ張らないでくださいッ」

桜「ライダー……」

ライダー「抱っこですね? はい」

桜「……机の上のお塩、取って」

ライダー「くッ……」

ガシッ
66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/08(水) 23:41:11.14 ID:nsGcVnuy0
庭にて

ポンポンッ

ギル「さあ、誰ぞ我の目を縛るが良い」

凛「セ、セイバーやりなさいよ」

セイバー「わ、私は庭木に水をやる必要がありますので……」

桜「……ライダー、眼鏡貸して」

ライダー「え? はい」

スチャッ

桜「……」

キュポン

凛「マジック?」

桜「……」

キュキュッ

桜「はい……」

ギル「ふははッ、賢い雑種め。気にいったぞ!」
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 05:55:21.57 ID:FGOC7QdC0
スチャ

ギル「ふははッ、どうだセイバー似合うか!」

セイバー「いえ、全く」

凛「というか、ライダーあなたこの魔眼殺しコンタクト貸してあげるから、つけてなさいよ。裸眼でいられちゃたまったもんじゃないわ」

ライダー「リン、ありがとう」チラ

凛「あ、バカッ!? こっち見な、い……で」

セイバー「リン!?」

凛「プレッシャーが……ッ」

ギル「さあ! 始めるぞ! スイカ割りを! 配置につけ者共」

ザザッ

ライダー「周りを完全に無視して始められましたね」

桜「スタート位置は、ここ」

ギル「どこだ! 子雑種、我を案内することを許可する!」

桜「こっち」

ぎゅ

ライダー「さ、桜ッ、手など握らなくても私が」

ギル「ここか!」

桜「うん」
72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 06:03:23.29 ID:FGOC7QdC0
凛「う、動けない…‥」

セイバー「リ、リン……気をしっかり持って」

凛「ライダー……解除して、お願いッ」

ライダー「リンのそういう姿もそそりますね」

凛「は? ちょ、ちょっとちょっと」

ライダー「少し、見学させてください」

凛「何言ってるのッ? バカなの?」

ザッザッ

ギル「おい、どっちに進むんだ!」

桜「あっち……もっと右」

ギル「右だな!」

凛・セイバー・ライダー「……」

桜「もっと、右。そこ真っ直ぐ」

ギル「……ふははッ」

ザッザッ
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 06:10:17.66 ID:FGOC7QdC0
ギル「……まだか!?」

桜「もう少し」

ザッザッ
プー!
キキイッ
ドンッ!

桜「……」

凛「……桜」

桜「バカな人……」
74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 06:20:35.68 ID:FGOC7QdC0
ライダー「さすがです、サクラ」

セイバー「見事なお手並みでしたね」

ライダー「食べることしか能のない獅子とは違いますね」

セイバー「今、何か仰いましたか」

凛「そんなことより、これ早く……」

桜「……」じッ

凛「桜からも言ってやってよ」

桜「……」

ソッ
モゾモゾ

凛「ひい!? なんで、足元に蟲を置くのよ?!」

モゾモゾ

ライダー「日頃の鬱憤が溜まっていたのかもしれません」

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 06:51:15.34 ID:FGOC7QdC0
セイバー「私には、じゃれているようにも見えますが」

凛「……あ、足にひっついてッ」

モゾモゾ
ムシャムシャ

セイバー「何か食べていますね。リンの……何を食べているのでしょうか」

凛「ひいいい?! ……って、あれ? 体が動く」

桜「……」

ライダー「蟲たちに私の放ったキュベレイの魔力を食べさせたのですね。サクラ、いい子」

ナデナデ

桜「ねえ、スイカ食べよう」

セイバー「食べます! 食べまーす!」

桜「切って、切って」

セイバー「任せてくださいッ」

スチャッ

セイバー「プチ・エクスカリバーアアア!」

ザシュッ!
76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 06:58:42.92 ID:FGOC7QdC0
――――
―――



桜「……プッ」

ポトッ

セイバー「おお、サクラなかなか飛びましたね…‥私も負けませんよ。えいッ」

ブンッ
ポトッ

凛「こら、手で投げてるじゃないッ……フッ」

ポトッ

ライダー「……フフッ、一人例外を除き可愛らしい」

桜「スイカ……できるかな」

凛「そうね、ちゃんと植えてあげたらできるんじゃないかしら」

セイバー「シロウに頼んでみます」

凛「そういや、庭の水やりしなくていいの?」

セイバー「はッ、忘れていました。危うく、またシロウに怒られる所でした……」

タタタッ
77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 07:03:56.99 ID:FGOC7QdC0
ジャバババッ

セイバー「この体でホースを持つのは、かなりしんどいですね……っしょ」

凛「手伝うわよ。確か、ジョウロがあったわよね」

セイバー「お願いします」

凛「ほら、桜も」

桜「……」

凛「おいで」

桜「……うん」

トテテッ

凛「……セイバー、水入れてくれる?」

セイバー「はい」

ドボドボドボッ

凛「おっけー、はい、桜」

桜「どこにやればいいの?」

凛「左側の方お願いね」

桜「……あっち?」

凛「うん、あっち」

ライダー「……いい、いいわあ」
78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 07:06:31.80 ID:FGOC7QdC0
凛「っしょ」

トタトタ
グニッ

凛「ん?」

セイバー「あれ、水が出なくなりましたね」

凛「あ、ごめん、私が踏んでたみたいに。今、退くわ」

パッ

ブワッシャアアッ

セイバー「ぬわああ!?」

凛「あ」

セイバー「……」

ポタポタッ

セイバー「リーンー?」
82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:07:11.28 ID:FGOC7QdC0
セイバー「なんてことをしてくれるんですか!」

凛「あら、涼しそうでいいじゃない」

セイバー「プチ・エクスカリバアアー!」

ブンッ

凛「きゃああ?! 死ぬかと思ったでしょ!?」

セイバー「威力を弱めて打っているので、当たったら衝撃で気絶するくらいですよ」

桜「……」

ゴソッ
ビチャッ

セイバー「サ、サクラ、蟲をなげ……あ、ダメッ、体操服にいれない……でッくださッ……ひいいんッ?!」

ゴソゴソッ

桜「遠坂さん家の凛さんをいじめないでください」

凛「さ、さくら」ドキ

ライダー「サクラもっとやっちゃってくださいッ」

セイバー「ひッ……そんな、ところ……このような侮辱……いくらサクラでもぉ……おお?!」ビクビク

桜「……セイバー、ここ弱いんだね」

セイバー「だ、ダメですッ……う、た、立ってられない」

ドシャッ

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:13:56.46 ID:FGOC7QdC0
桜「……バカな人」

フッ
サワサワ

セイバー「うわあッ……耳に息を吹きかけないでくださッ……いじらないでッ」ビクン

ライダー「見たいような、見たくないような……複雑な心境です」

凛「さ、桜、嬉しいけどそこまでしなくても」

桜「……だって」

セイバー「はあッ……んッ……はあッ」

ウニョウニョ

桜「……ご苦労様」

ナデナデ

蟲「……ッ!」ビチビチ

桜「ううん、ありがとう」

凛「え、なんて言ってるかわかるの……」

桜「嬢ちゃんのためならえんやこら、てやんでい!……って言ってる」

ライダー「江戸っ蟲ですね」
84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:20:56.57 ID:FGOC7QdC0
プルルル―

桜「……はい、もしもし」

慎二『さくらああッ!! 一体、今、どこにいるんだ!? どうして、僕のお昼ご飯を持ってこないッ!! 今日は弁当の日だろぉ?!』

桜「……あ」

慎二『あ、じゃねええよッ。おなか空いてしょうがないんだよッ、こっちはよおお!?』

桜「……ごめんなさい」

慎二『謝ったって昼ご飯は召喚されないんだぜ?! 今すぐ、5分で昼飯もってこいよお!?」

凛「ちょっと、貸して」

桜「あ」

パシッ

凛「こんにちは、慎二?」ニコ

慎二『げッ……遠坂、な、なんでそこに』ビクッ

凛「色々あってね、桜、今日は学校に行けないから」

慎二「は、はあ?! じゃあ、僕のお昼どうなるんだよッ」

凛「知るかッ」
85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:29:29.65 ID:FGOC7QdC0
ライダー「凛、あまり彼を刺激しないでやってください。常識を母の腹に落としてきた男なので」

凛「ごめん、ついつい」

桜「遠坂さん家の凛さん……、私がいないと食事一つ満足にできないダメなクズなの……心配だから届けてくるね」

凛「桜……」

セイバー「サクラは苦労性なのですね……」ウル

ライダー「サクラは本当にいい子です」ウル

慎二『お前らあ! 全部、聞こえてんだよ! ちょっとは遠慮し』

ピッ

桜「行こう、ライダー……」

ライダー「はい」

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:39:05.95 ID:FGOC7QdC0
――――
―――


士郎「たっだいまー!」

セイバー「おかえり、士郎。お腹が空きました」

士郎「ああ、元に戻ったんだな。今日はすき焼きだぞ、喜べ!」

セイバー「おお、安い牛肉が手に入ったのですねッ。やりましたね、士郎!」

士郎「ところで、遠坂とかは?」

セイバー「実は、凛はまだ小さいままで……」

セイバー(恐らく、石化の影響……でしょうか)

士郎「治るのか?」

セイバー「本人曰く、明日には戻ると」

士郎「はあ、良かった良かった。今はどこにいるんだ?」

セイバー「奥の座敷で、寝ています」

士郎「そっか……ゼリーとか、チョコとか買ってきてやったんだけど」

セイバー「枕元に置いてあげましょう」

士郎「そうだな」
87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:47:44.06 ID:FGOC7QdC0
座敷

凛「……うん」

桜「……すー」

凛「……んッ」

パチッ

凛「あれ……」

桜「すー……」

凛「桜、一緒に寝ちゃった……というか、寝かしつけてくれたのか」

桜「んゥ……」

ゴロッ
ギュウ

凛「ちょ、苦しいってば。その体格で抱き着かれるのは……まずッい」

ジタバタ
ゴロッ

凛「……はあッ、死ぬかと思った」

桜「……姉さん」ボソッ

凛「え……」

ギュッ

桜「……」ニコ

凛「ッ手なんて繋ぐのいつぶりかしら……あー」キョロキョロ

ギュッ

凛「ここにいるわよ……桜」



おわり
88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 14:49:58.45 ID:FGOC7QdC0
いったん終わりですが、続くかもです。
89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 15:52:06.03 ID:YlU2cuZmO
続け
90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/10(金) 17:38:23.03 ID:6ttFIj38o
このセイバーを円卓の騎士とか息子とかにみせた日には豚箱が満員御礼になるな(他人事)
93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 11:32:33.83 ID:/EkutdWh0
セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」3



トントン

桜「姉さん、起きてください」

凛「うん……」

桜「姉さん、まだ戻ってない……?」

凛「あと……5分」

桜「もお」

凛「……むう」

ギュッ

桜「……」

ギュッ

桜「せーの……」

ポイッ

桜「わ、軽い……」

凛「へ?」

フワッ
ドベシャッ

凛「ぐふッ?!」

桜「起きました?」

凛「なんつー起こし方よ!? 普通なら当たり所が悪くて首の骨痛める所よ!?」

桜「なかなか起きてくれないので……つい投げてしまいました」

凛「投げるな、バカ!」

凛(せ、性格がちょっと子どもの時寄りに……)

凛「はッ……私、まだ子どものまんまじゃないのッ」
94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 12:23:42.01 ID:/EkutdWh0
桜「私と先輩はもう学校に行きますから……朝ごはん、食べられちゃう前に食べた方がいいですよ」

トタトタ

凛「……」

トタトタ

凛「あれはじゃれてるのかしら……」

ガラッ

凛「……おは」

セイバー「おふぁようございまふ、リン」

ガツガツガツ!

凛「おはようセイバー」

セイバー「おふぁきにいふぁふぁいてまふ」

ガツガツガツ!

凛「一応、王様なんでしょーに……」

カチャ

セイバー「リン、一応ではありません。正真正銘、私は王です」

凛「王様は、口の上にご飯粒なんてつけないと思うわよ」

セイバー「……」ペロン
95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 12:41:20.29 ID:/EkutdWh0
凛(こうやって……男は騙されるのかしら)

凛「ていうか私の食べる物残ってないじゃない」

セイバー「わ、私はシロウに『今日も先に出るから、全部綺麗に片づけておいてくれよ』と言われただけですが」

凛「いや、それお皿洗っといてってことでしょ」

セイバー「まさか」フフン

凛「?」

セイバー「シロウが私に家事を頼む訳ありません」

凛(どっちの意味なんだろ……)

凛「はいはい、その辺で何か買ってくるわよ」

セイバー「リン、買い物ならお供しますよ」

凛「へ? ていうか、なんであなたシロウについてないの」

セイバー「アーチャーが、何か思うところがあったらしくついでに学校を見てくると言って……わ、私は反対したのですが、シロウが許可を……」

凛「人が寝てる隙に、あいつら……。小さいせいか、アーチャーと上手く繋がってないし……こんな所襲われでもしたら」

セイバー「私があなたを守りますよ、リン」

凛「いいって。あんたは皿でも洗っておきなさいよ」

セイバー「え」キョトン

凛「……悪かったわ。一緒に行きましょう」

セイバー「ええ」
96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:01:30.68 ID:/EkutdWh0
――――
―――


凛「セ、セイバー、歩くの速い」

セイバー「これは、申し訳ありません、リン。では、こうしましょう」

ガシッ

セイバー「横に抱いていたら大丈夫ですね」

凛「……」

セイバー「……」

凛「なんで横!? は、恥ずかしいから! 米俵じゃあるまいし……」

セイバー「では、肩車にしましょう」

ガシッ
ヒョイッ
ストッ

凛「か、肩車って……」

凛(うわ……お父様にしていただいたの、何年前だっけ)

セイバー「ご不満は?」

凛「ま、別にいいわッ。今日は馬のようにつかってあげる」

セイバー「なんなりとお申しつけください、お姫様」

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 13:26:54.45 ID:/EkutdWh0
スーパー

ウイーン
イラッシャイマセー


凛「パンでいいかしら……」キョロ

セイバー「レイメン! レイメンも美味しそうですよ!」

ビシッ

凛「あー、夏らしくていいわね」

セイバー「ソバも捨てがたい……」

凛「朝から麺なんて食べれないわよ」

セイバー「ぬう……」シュン

凛「入れるなとは言ってないじゃない」

セイバー「……ッ」パアア

凛(衛宮君の苦労が思いやられる……)
98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:08:51.43 ID:/EkutdWh0
凛「なんで、私、セイバーのお昼ご飯まで買ってるんだろう……」

「ケチ臭いな、凛」

凛「こ、この声は、綺礼!」

綺礼「相変わらず少女趣味が映える」

凛「言っとくけど、好きでこうなってるわけじゃないからね」

綺礼「衛宮の家に住んで、ほだされたと言うところかな」

凛「あいつはそういう趣味の人間じゃないから」

綺礼「どうかな。血は争えんよ。君にしろ彼にしろ」

凛「お父様は別にロリコンとかじゃないわよ。何おかしなこと言ってるの」

綺礼「真実を知らぬとは、罪とは言わぬがな」

セイバー「……」

凛「なんで黙るのよセイバー」

セイバー「いえ……切嗣に関しては、否定できません。ロリコン、またロリコン、そして常にロリコンでしたから」

凛「そのおっさんはそうだとしても、私のお父様は断じて違う。常に優雅だったもの」
99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:18:06.31 ID:/EkutdWh0
綺礼「そんなにイヤかね。父親がロリコン呼ばわりされるのが」

凛「当たり前でしょ!」

綺礼「ならば、言い換えよう。時臣氏は父性に溢れていた。そして、問わねばなるまい。真実をな」

スルッ

凛「な、なにやる気」

綺礼「一時の夢を見るがいい」

凛「懐中時計……?」

カチカチカチ

綺礼「……たんなるまじないだ」

セイバー「……ぐー」コテン

凛「ちょ、セイバー! スーパーの床でしゃがみ込むのやめてよ恥ずかしいって、寝てる?!」

綺礼「見なさい、凛」

凛「……な……ぐー」コテン

綺礼「良い悪夢を」

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 14:33:48.57 ID:/EkutdWh0
――――
―――



イリヤ「……もー、キリツグと遊んであげないんだから!」

切嗣「お、そりゃ困る。ごめんごめん、謝るよ」

イリヤ「もう、ずるしないって約束する?」

切嗣「するする」

イリヤ「……よろしいッ。なら、また、勝負してあげる。チャンピオンはいつでも挑戦を受けるのだ」エッヘン

切嗣「はい、光栄であります。お姫様」


ドサッ


切嗣「!?」

サッ
カチャッ

イリヤ「……セイバー?」

セイバー「あいたた……」

凛「セイバー、重たい……」






101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 15:45:32.95 ID:/EkutdWh0
セイバー「……イリヤ……それに」

凛「どこよここってさむ!?」ブルル

セイバ「……ここは、まさか……アインツベルン……だと」

凛「っくしゅ……はい? それ、本気で言ってるの」

ザッ

切嗣「……」

ガシャンッ

切嗣「遠坂凛……」

イリヤ「ちょっと、ちょっとキリツグ!」

切嗣「何かなイリヤ」

イリヤ「女の子に銃口を向けるなんて、騎士のすることじゃないわよ」

セイバー「……キリツグだと」

切嗣「イリヤ、危ないからお家に戻っていなさい」

凛「なにこれ、綺礼のやつ一体私たちに何をしたのよ……」

セイバー「……逃げますよ、リン」

ダキッ
ヒョイッ

凛「ふわッ」
102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/12(日) 16:00:38.22 ID:/EkutdWh0
ダダダダッ

シュン――

凛「撃って来た!?」

セイバー「……ちいッ」

ヒュッ
キイン!

凛「きゃあ?!」

セイバー「どういうことだ……一体」

『簡単に言えば、心象風景を具現化させたのだよ……もちろん物理的ではなく精神的にね』

凛「綺礼!? どこにいるのよ!」

『私か? 私はスーパーで買い物を楽しんでいるが。ああ、今日は巻き寿司の安い日だったな……』

凛「っざけんな!」

シュン――パスッ

凛「いやあ?!」

セイバー「リン、今は喋らないで! 舌を噛みますよ!」

『ああ、君たちの体はトイレに入れて鍵をかけたから安心したまえ』

凛「……!?」

セイバー「よりにもよって……悪趣味ですね、本当に」
106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/13(月) 22:40:57.95 ID:0L5xOKq10
凛「けだもの! エセ神父! 外道神父!」

『今さら何を言っているんだ』

セイバー「リン、無駄ですよ。こいつは、元から人の道を通るつもりがない」

『さて、夢の中でも死ぬほどの痛みならば、現実の体もショック死してしまうやもしれぬから、気を付けることだ』

凛「セイバー……どうせ、夢の中なんだから、後ろの男やっちゃって大丈夫よッ」

セイバー「……し、しかし」

凛「撃ってきたのは、あっちよ?」

『どうした、セイバー? 恨みを晴らすチャンスではないか』

セイバー「貴様の腐った笑いが目に浮かぶ……」

『はははッ』

セイバー「私は個人の恨みで人を殺すような真似はしない……それが夢であっても」

『はははッ』

セイバー「愚弄するか、下郎!」

『はははッ……ああ、すいませんレジ袋一枚お願いします』

凛「あー、もういいから! どうやったらここを切り抜けられるのよッ」
110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 22:22:02.12 ID:6gpXPZRE0
『あ、レシートいいです……凛、教えて欲しければ、物の頼み方というものがあるだろう』

凛「ちッ……調子に乗るんじゃないわよ」

セイバー「全くです……」

『私は、凛に言っているのだが?』

凛「……くッ、何すればいいわけ」

『まずは私のことを、お兄ちゃんと呼んでもらおうかな』

凛「……お、おに……?」

『お兄ちゃん』

凛「おに、お、おに……いちゃん」

『及第点と言ったところか。あとは、『お兄ちゃん、助けて』で万事解決する』

凛「……」

セイバー「凛!」

凛「いや、だって」

セイバー「悩んでいたら、後ろのおっさんに殺されてしまいます!」

凛「……う」

セイバー「早くッ」


111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 22:28:56.34 ID:6gpXPZRE0
凛「あんた、自分がしないからって」

パシュッ

セイバー「危ないッ」

キインッ

凛「きゃあッ!? ああ、もう!! お兄ちゃん、助けなさいよ!!」

『いいだろう』

セイバー「風景がッ」

グニャリ

凛「変わっていく……」

セイバー「……」チラ

切嗣「……」

チャキ――パシュッ
112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 22:35:42.33 ID:6gpXPZRE0
――――
―――


凛「……んッ」

セイバー「大丈夫ですか、凛」

凛「うん……ここ、私の家?」

キョロキョロ

セイバー「そのようですね」

凛「帰ってきたの?」

セイバー「……どうでしょうか」

ガチャ
バンッ

凛「だ、誰!?」

時臣「……」

カツカツカツ

凛「お……おと、うさま」

時臣「……凛」
113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 23:03:49.45 ID:6gpXPZRE0
凛「お、おとうさまああああ!」

ダダダダッ

セイバー「り、凛?! 待ちなさいッ」

凛「あああ!」

スカッ

時臣「……頭を撫でたのは……あれが始めてだったのだ……」

凛「ふえ?」

セイバー「触れないということは……ここも心象風景」

凛「な、なんですって」

時臣「父親らしいことをしてやれなかった」

カツン

綺礼「いいえ、そんなことはございません。時臣氏は、父である前に魔術師。魔術師としての父の役割を確かに果たされた」

時臣「ありがとう……待っていたよ」

凛「き、綺麗……」

セイバー「これは、彼の記憶なのか……」
114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 23:32:56.55 ID:6gpXPZRE0
時臣「これは、凛が3歳の時に撮った写真だ」

パサッ

綺礼「ほお……これはなかなか」

時臣「一人でトイレに行けなくてな……私の部屋まで来てトイレに連れていくよう泣いて頼んでいた時にパチリしたものだ」

綺礼「こちらのは?」

時臣「これは小学校に上がる時だな。始めてランドセルを背負って興奮して、玄関で躓いた」

綺礼「彼女には、見せられませんな」

時臣「そうだな……今回の聖杯戦争が終わった後も、綺礼、君には兄弟子として凛の指導に当たって欲しいのだ」

綺礼「お任せを。ご息女については、責任を持って見届けさせていただきます」

凛「ちょ、ちょっとお父様ッ、い、いやですッ」

時臣「君ほど、凛を可愛がってくれる人間は他にいない」

綺礼「いえ、私のような硬い男に懐いてくれるでしょうか」

時臣「……」

ペラ

綺礼「これは……?」

時臣「この写真、どう思う」

綺礼「凛の笑顔ですか……至極可愛い、としか」

時臣「だろう」

ペラ

時臣「これはどうだ」

綺礼「パジャマ姿ですか……実にけしからんですな」

時臣「ならば、これは」

ペラ

綺礼「これは幼稚園のお遊戯会で、ウサギの役をした時のものですね……このようなお宝写真を拝謁させて頂けるなど身に余ります」

時臣「君ほど、理解のある者もいない……分かったろう」

コトッ

綺礼「これは?」

時臣「君個人に対して、私からの贈り物だ。開けてみたまえ」

綺礼「……」

パカ

時臣「凛の出生から現在までのアルバムだ……君が遠坂の魔導を収め、見習いの過程を得たことを証明する品な」
115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 23:46:12.30 ID:6gpXPZRE0
綺礼「至らぬこの身に、重ね重ねのご厚情、感謝の言葉もございません」

パラパラ

時臣「私こそ感謝だ……私の代わりにたくさん凛を撫でてやってくれたまえ。これで、私は最後の戦いに挑むことができる」

綺礼「……」フッ

時臣「ああ、そのアルバムだがまだ空きがあるのだ。続きは、綺礼、君が埋めてくれ」

綺礼「承知しました、我が師よ」

時臣「もう、こんな時間か。飛行機の予約に間に合うといいのだが」

ガタッ

綺礼「いいえ、心配いりません」

時臣「……え」

凛「お、お父様危ない!?」

ゴツ!!

時臣「ぐッ!?」

ドサッ

綺礼「もとより飛行機の予約などしておりませんので……」

116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/17(金) 23:52:12.83 ID:6gpXPZRE0
凛「お、おとうさまああ!?」

セイバー「り、凛落ち着いて!!」

凛「そんな、うそッ!! 綺礼! よくもお父様を……!」

『狼狽えるな。君がいかに我々に愛されていたのかが分かる貴重な場面ではないか』

凛「我々って……人の父親を撲殺しておいて……何言ってるの!? まさか……こんな、惨めな死に方をしたなんて知らなかった」

『私は君の後継人として君のアルバムを完成させる義務がある』

凛「このキチガイ……」

セイバー「ロリコンは、死ね」

『私は、ロリコンではなく、ただのフェミニストだ』

凛・セイバー「……」



120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:23:32.24 ID:launF1wb0
凛「……もう少し、常識のある男だと思っていたんだけどね」

セイバー「リン、キレイが……」

綺礼「……」

ペラペラ――サッ

セイバー「アルバムから写真を抜き取っています」

凛「いやあ?! なんでポケットにしまうのよ!」

『今も持っている』

凛「捨てて! さもないと灰にするわよ!?」

『それは、勘弁願いたいものだ』

凛「くううッ……こんな畜生にお父様が……」

セイバー「リン……」

ヨシヨシ

凛「うッ……ぐすッ……ひッ」

セイバー「あ、ああッ、泣かないでリンッ」

ギュウ――
サスサスッ

『眼福だな』

セイバー「キサマという奴は……」
121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:30:36.32 ID:launF1wb0
『セイバー、凛を抱きしめて何も感じないのか?』

セイバー「可愛いですね」

凛「セイバー?!」

セイバー「しかし、決して汚れた心でリンをあやしているわけではありませんから」

ヨシヨシ

『どうだかな。貴様も一度は男となった身。ならば、分かるであろう、幼女の姿態に興奮する人間の悦楽が』

凛「ひいッ……」

セイバー「安心してください、リン。性的な興奮を覚えてはいません」

凛「も、もう帰らせて……」
122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:36:42.10 ID:launF1wb0
ピーポー
ピーポー

凛「なに、サイレン?」

セイバー「なんでしょうか」

『なんだ、何をするッ』

凛「ちょ、何?」

『万引き? してないしてない』

セイバ「……」

凛「……」

『籠の中に、柔軟剤? いや、私は柔軟剤は使わない派だ。これは、間違いなく誰かが私に罪を着せるために仕掛けた――』

プツンッ

凛「音が途絶えた……」

セイバー「風景がまた変わります……」

シュン―
123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:45:57.08 ID:launF1wb0
スーパーのトイレ

パチ

凛「……ん」

セイバー「どうやら戻ってきたようです」

凛「助かった……」

セイバー「彼はどうなったのでしょうか」

凛「とにかく外に出ましょう」

ガチャ


スーパー食品レジ


ガヤガヤ

店員「あのねー、実際、ここに入ってるでしょうが」

綺礼「私は何もしてはいない」

ギル「我は見たぞ。そいつが、籠に柔軟剤を入れるところを」

綺礼「嘘はよせ」

凛「何してるんだか……」

セイバー「なぜ、ギルガメッシュがここに」

凛「あいつ、確かこの間車にひかれたんじゃ」

ギル「おお、子雑種、そしてセイバーよ! 出迎えご苦労。では、行くぞ」

綺礼「待て、ギルガメッシュッ。どういう仕打ちなのだこれは」

ギル「キレイよ。自らの胸に問うてみよ」

カツカツカツ

凛「ちょ、ちょっと待ちなさいよ」

テテテッ

セイバー「?」
124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:51:34.53 ID:launF1wb0
凛「どうして、助けてくれたのよ」

ギル「どうして? 子どもを助けるのに理由が必要か?」

凛「……え」

セイバー「頭でも打ったのでしょうか」

ギル「セイバー、何も分かっていないようだから教えてやる。子は国の宝。国の宝は我の宝。大事にせぬ道理はなかろう」

カツカツカツ

ギル「ッハッハッハ!」






おしまい
125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:52:18.21 ID:launF1wb0
これでおしまいです
ありがとうございました
126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 09:52:36.25 ID:tvsXOJxaO
小さくなった士郎も読んでみたいですお願いします(土下座)
127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 10:21:54.31 ID:launF1wb0
>>126
ショタよくわからんが、やってみませう
128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 10:40:26.32 ID:launF1wb0
セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」4



チーン
チーン

士郎「もう、7月も終わるな、じいさん……今晩は夜市なんだ。覚えてるか? 二人で行ったの」

ガラ

凛「なーに辛気臭いことしてるのよ」

士郎「遠坂、戻ったのか身体。大きくなったり、小さくなったり大変だな」

凛「ふん、他人事だと思って」

トタトタ

セイバー「シロウ、浴衣というのはこれですか? ……小さすぎる気も」

士郎「ああって、それ俺が小学生の時のじゃないか……あれ? 桜はどこ行ったんだ?」

セイバー「……あ、私が男物でいいからと言ったら、『家からとってくるので待っていて』と」

凛「浴衣? 着ていくの?」

士郎「そりゃあ、セイバーだって女の子なんだから。おめかししていかないとな」

セイバー「士郎、しかし戦闘に支障が……」

士郎「大丈夫大丈夫」

凛「どっからくるのよ。その自信は」

士郎「セイバーの浴衣姿見たら、敵だって戦意喪失するさ。それより、問題は俺の浴衣がないということだ……捨てたのかな」

凛「郷に入ってはって言うわけね……じゃあ、私も何か探してくるか」

スッ

アーチャー「凛に浴衣は似合わなぶッ!?」

凛「うっさい!」

士郎「じゃ、7時に商店街の入口に集合で」

凛「はいはい」
129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 10:44:45.94 ID:launF1wb0
ガサガサ

士郎「おっかしいな。夏物整理した時にはあった気がしたんだけど」

セイバー「あ、あの……」

士郎「なんだ、セイバー。今ちょっと忙しいから後に」

セイバー「浴衣なんですが……こ、これですか」

ボロ

士郎「ああ、それ!? なんで、そんなにボロボロなんだ?!」

セイバー「き、キリツグの匂いがして……つ、ついうっかりカリバーしてしまって……」

士郎「じいさああん!」
132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 18:44:49.25 ID:launF1wb0
セイバー「すいません……ちょっと昨日嫌なことがありまして、つい」

士郎「お前どんだけ俺の爺さん嫌いなんだよ……」

セイバー「嫌いなどといった低俗な感情では収まりませんが……あの、新しい物を買ってきます」

士郎「つっても……我が家には浴衣を買うようなお金はないぞ」

「任せろ!」

パリイイン!(窓ガラスの割れる音)
ガシャン!

ギル「今日の衣食住も保障されぬ生活とはな。雑種よ働け、と言いたいところだが……」

セイバー「ギルガメッシュ!? き、昨日はありがとうございました……」ボソ

ギル「うんん? 声が小さくてよく聞こえぬのだが? まあよい」

士郎「……ガ、ガラスの修繕費用が……」ガクッ

ギル「さて、話は聞かせてもらったぞ。服を身体に合わせることができぬなら、身体を服に合わせればよいではないか」

士郎「は、はあ……?」

セイバー「ま、まさか」

ギル「衝撃に備えよ、雑種」

スッ
ピカッ!

士郎「はい?」

ドオオオン!!

士郎「ぐほおおお!?」

ゴロゴロゴロ!!

セイバー「シロウ!」

ガシッ
133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:04:30.44 ID:launF1wb0
ギル「立て、子雑種」

士郎「ッ……いてて……」

セイバー「……な」

士郎「……ん?」チマ

セイバー「なななな……」

士郎「ごめんセイバーッ……助かった」

スクッ
ズルッ
ストンッ

士郎「へ……?」チラ

セイバー「……あ」

士郎「服が大きく……じゃなくて、俺が小さく!? わ、わわわ、見んな! 見んなよセイバー!?」

ガタガタッ

ギル「ほーれほれ、浴衣が着れる手頃なサイズであろう」

セイバー「シロウが小さく……」

士郎「ふ、ふざけんなよッ……」

セイバー「やけに幼くなっていませんか……?」

士郎「この、金ぴか野郎!」

ダダダッ

士郎「くらえ!」

シュッ

ギル「我に拳を振るなど、大したものだ」

ガシッ

士郎「くッ……」

グルグルグル

士郎「あ、当たらないッ」

ギル「む、もう7時か。夜市に出遅れるではないか」

シュンッ

士郎「ぐわあ!?」

ゴロンッ
ゴンッ
134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:10:23.11 ID:launF1wb0
セイバー「シロウ!」

士郎「ってー……」

クラクラ

セイバー「とにかく全裸で動くのはやめましょう、シロウ。桜が来たりでもしたら」

ドサッ

セイバー「ドサッ?」

桜「せ、先輩……?」

士郎「さ、桜?! わ、わわわッ、見るなッ」カア

桜「……ちっさい」

士郎「ちっさい言うな!!」

セイバー「シロウ、浴衣着ましょうね」

ササッ

桜「あ、お手伝いしま」

士郎「じ、自分で着れるから! 二人とも、廊下に行っててくれよ!」

グイグイッ

セイバー「押さないで、わかりましたから」

桜「あ、先輩……」

ピシャンッ
135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:15:24.16 ID:launF1wb0
廊下

桜「あの、先輩どうしちゃったんですか……?」

セイバー「ギルガメッシュがまた下らないことを思いついただけですよ……」

桜「そうですか……」

セイバー「全く、節操のない男だ……」

桜「でも、先輩……可愛いですね」

セイバー「……むう」

桜「あのままでも私は」

セイバー「こ、怖いこと言わないでください」

コンコン

『い、いいよ。入っても』
136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:21:45.03 ID:launF1wb0
ガラッ

士郎「……」

桜「先輩、よく似あってますよ」ニコ

士郎「そ、そう? なんか、動きずらい」

セイバー「シロウ、帯がずれています。ちょっと失礼」

グイッ

士郎「……」

ギュッ

士郎「ぐえ!?」

セイバー「きつく縛っておかないと、ずれてしまいますよ」

士郎「折れるッ折れるッ」

セイバー「軟弱なことを」

ギュッ

士郎「た、たすけ」

桜「やめてくださいッ。先輩、嫌がってるじゃないですかッ」

士郎「はッ……べ、別にこんなの大したことないしッ」

セイバー「よく言いました」

キュッ

セイバー「終わりましたよ」
137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:28:56.17 ID:launF1wb0
士郎「……ありがと」

セイバー「いいえ」

桜「あ、こちら良かったら私のお古ですが、使ってください」

セイバー「かたじけない」ペコ

桜「いいえ」

プチプチ
スルッ

士郎「ちょ、ちょっと待って!」

セイバー・桜「?」

士郎「お、俺外に行ってるから!」

セイバー「別にかまいませんが」

桜「先輩、子どもなんだから遠慮しなくて大丈夫ですよ」

パサッ

士郎「う、うわああん!」

タタタタッ

桜「……クス」

セイバー「新鮮な反応ですね」

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:35:37.19 ID:launF1wb0
数分後

セイバー「さあ、支度はできましたよ」

桜「先輩、こっち来てください」

ソロッ

士郎「……わあ」

セイバー「似合いますか?」

桜「少し、子どもっぽいですか。ピンクだと……」

士郎「うんん、二人ともすっごく似合ってる」ニコ

セイバー「ありがとう、シロウ」ニコ

ナデナデ

桜「あ、ずるいです。私も撫でたいです」

ナデナデ

士郎「や、やめ。背が縮むだろッ」

桜「それ、迷信ですよ」

士郎「え」

セイバー「放っておいても大きくなります」


139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:43:31.02 ID:launF1wb0
桜「さあ、そろそろ出ないと。姉さんを待たせてしまいます」

士郎「うん」

セイバー「シ、シロウ」

士郎「なに? セイバー」

セイバー「ぐ、軍資金はいかほどに……」

士郎「えーっと……ちょっと待ってて」

トタタタ
ガタガタ

士郎「……今月の食費から、計算すると……」

ジャラッ

士郎「ん、こんだけ使っていいぞ」

セイバー「了解しました」

士郎「俺、的当てしたい! あと、金魚すくい!」

セイバー「私も、トウモロコシとイカ焼きと焼きそばとリンゴ飴と」

桜「お金、足りるでしょうか」

セイバー「……う」

士郎「セイバー……良かったら、俺、金魚すくいは我慢するから……これ」

ジャラッ

セイバー「シ、シロウ……かたじけない」

桜「先輩、優しい……」
140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:49:03.17 ID:launF1wb0
神社


凛「ちょっと、あんたらおっそーい……ん?」

桜「ごめんなさい」

士郎「すっげー……爺さんと行った時より賑わってんな」

凛「誰よ、このちんまいの」

士郎「何言ってんだ、俺だよ」

凛「こんな生意気なガキしらな……んー?」ジロジロ

セイバー「シロウですよ」

凛「衛宮君?! そう言えば、どことなく面影が」

士郎「それより早く行こうぜ」

タタタッ

凛「ちょっと、待ちなさいよ」

ガシッ

士郎「なんだよ」

凛「こんな人込み、はぐれちゃうでしょ。ほら、手」

スッ

士郎「大丈夫だって」
141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 19:58:18.47 ID:launF1wb0
桜「姉さん、それなら私も握りますよ」

スッ

士郎「え」

凛「両手があるんだから、二人で繋いでいけばいいじゃない」

セイバー「両手に花とはこのことですね、シロウ」

士郎「な、なんか宇宙人に捕まった人みたいで嫌なんだけど」

凛「こんな綺麗なお姉さんに手を繋いでもらった感想がそれかい」

桜「子どもっぽい先輩も、私は好きですよ」

士郎「……」

セイバー「どうしましたか」

士郎「いや、爺さんに手を繋いでもらった時のこと思い出して……もう、爺さんいないんだなって」

桜「……先輩」

士郎「爺さん……」

凛「衛宮君って、子どもになると寂しがりなのね……」

士郎「べ、別にそんなんじゃねえよ」

セイバー「……そうですよ、おっさんの話はもう止めましょう」

凛「あんたはすがすがしいくらい、はっきりしてるわね」
142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:06:34.33 ID:launF1wb0
「へーい、いらっしゃいよー!」

桜「あ、お面売ってますよ、先輩」

士郎「え、あ、正義の味方……」

凛「仮面ライダーのこと?」

士郎「……」じッ

セイバー「欲しいのですか、シロウ?」

士郎「うん……」

凛「なに、あんたあれが欲しいの? しょうがないわね……後で5倍にして返してよ」

士郎「あ」

凛「すいません、これください」

士郎「いいって、我慢するしッ」

凛「遠慮しないの。今日だけ、特別よ」

桜「……姉さん」

凛「なによ」

桜「いいえ……ふふ」

セイバー「良かったですね、シロウ」

士郎「……ありがとう、遠坂」ペコ

凛「……別に、はい」

ヒョイッ

士郎「……」ドキドキ

スチャッ

桜「わあ、先輩カッコイイ」

士郎「へへ」ニコ

凛「……う」

セイバー「大丈夫ですか、リン」

凛「へ、平気よ」
143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:29:09.36 ID:launF1wb0
ガヤガヤ

ランサー「射的いかがっすかー」

士郎「あ、あれしたい! あ……」

凛「げ、ランサー」

士郎「……ッ」

サッ

桜「どうしたんですか? 後ろに隠れて」

セイバー「……ああ」

士郎「俺、あの人苦手」

ランサー「なんでえ、ガキンチョ。人の顔見て、開口一番それはないだろう?」

チャキッ

セイバー「……銃口を士郎に向けないでください」

バッ

ランサー「へ、女に守られてやんの」

士郎「む……いいよ、セイバー退いて」

グイッ
144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:43:44.71 ID:launF1wb0
士郎「……おっちゃん、一回いくら?」

ランサー「300円。3回撃てるぜ」

士郎「はい」

ちゃりん

ランサー「まいどありー。やり方は知ってるか」

士郎「大丈夫」

ランサー「へえ」

士郎「……」

士郎(トレース・オン!)

キュイイイン!

士郎「……よし」

チャキ

ランサー「当てて倒せば景品がもらえるが、倒れなかったらアウトだッ」

士郎「……」ググ

カチンッ
キュポンッ

コトンッ

桜「わあ、すごいです!」

ランサー「はあ……初発から当てちまうとはやるなあ小僧。ライオンのぬいぐるみときた」

士郎「……」ググ

カチンッ
キュポンッ

コトンッ

士郎「っしゃ!」

凛「オモチャの赤い指輪か……女っぽいものが好きなのね」

ランサー「おいおい、商売になんねえよ……とほほ」

士郎「……」ググ

カチンッ
キュポンッ

コトンッ

セイバー「お菓子の詰め合わせ……ですか」ジュルリ
146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:51:28.14 ID:launF1wb0
ランサー「ああ!? 目玉商品が……もお、帰ってくれッ」

シッシッ

士郎「へへん」

凛「まあ、魔術師としては及第点だけど……やるじゃない」

士郎「はい」

凛「指輪? くれるの?」

士郎「うん。やるよ」

凛「……そ、そお」ドキ

士郎「好きだろ? 宝石とか」

凛「……クスクス、ええ」

士郎「それから、桜も」

桜「わ、私もですか?」

士郎「いっつも世話になってるから、お菓子あげるよ」

桜「せ、先輩……」キュン

セイバー「う、羨ましいですね……」

士郎「セイバー……みっともないなあ」

セイバー「へ?」

士郎「ほら、セイバーのライオンだぞ」

ポスッ

セイバー「……私にもあるんですか?」

士郎「あったりまえだろ」
147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 20:53:09.39 ID:launF1wb0
>>145
基本、なんでもありですわ
かけそうなら
148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:02:11.07 ID:launF1wb0
士郎「お前は俺の相棒だからな」ニカ

セイバー「……シロウ」ウル

士郎「なんだよ、何泣いてんだよッ」

セイバー「いえ、改めてあのおっさんとの違いを噛みしめていました……」ウル

「けんかだああ!! けんかだぞお!!」

「よけろおお!!」

「きゃああ!?」

士郎「へ?」

セイバー「危ない、シロウ!」

ガバッ

慎二「僕に勝てると思ったのかい?」

ライダー(……)

男「くそッ……てめえ!」

凛「あいつ……!」

桜「兄さん!」

セイバー「大丈夫ですか、シロウ?」

ザッ

士郎「いって……膝が」

セイバー「擦りむいてますね……」

桜「た、大変ですッ……」

凛「ちょ、大丈夫ッ?」

士郎「こんなのなめときゃ治るし……あ」
149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:07:05.70 ID:launF1wb0
ベチョオ

士郎「ぬいぐるみが……」

セイバー「あ……す、すいません。とっさに……」

慎二「ああん? なんだこの小汚い人形は……」

ケリッ
コロンコロン―

士郎「……ッ」カア

セイバー「あの男……」

士郎「おい!」

慎二「は? なんだガキ」

士郎「今の、俺の知り合いの人形だったんだぞ」

慎二「知るか。ゴミかと思ったね」

士郎「謝れよ!」

慎二「嫌だね!」

士郎「謝れ!」

慎二「嫌だ!」

凛「……なんて情けない争い」

桜「……兄さん」

セイバー「し、シロウ……」オロオロ
150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:20:02.76 ID:launF1wb0
士郎「セイバー、下がってて!」

セイバー「しかしッ」

凛「まあまあ」

桜「少し、見守ってみましょう」

セイバー「さ、サクラまで……」

桜「おいしい状況で羨ましい限りです……」ボソ

セイバー「シロウ……」

凛「あいつ、正義の味方なんでしょ?」

セイバー「……」

凛「子どもの時から、それしか頭にないバカなのよきっと。でも、今よりはまだマシね」

セイバー「……あんなに感情を出すシロウを始めて見ました」

凛「そうね……」
151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:24:53.78 ID:launF1wb0
士郎「おりゃああ!」

グルグルッ

慎二「おっとお」

ヒョイ

士郎「くそッ、よけんな!」

慎二「当たんねえよ。バーカ」

士郎「だああ!」

ブンッ
パシッ

慎二「ガキが、何様のつもりだッ」

ゲシッ

士郎「うわあ?!」

ゴロッ
ドサッ

士郎「ッ……」

慎二「へッ」

士郎「……はあッ」

スクッ
152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:34:15.69 ID:launF1wb0
慎二「おらあ!」

どかッ

士郎「うわあ?!」

ドサッ

士郎「はあッ……いつッ」

士郎(口だけかよ……俺は……)

慎二「……ほら、さっきの人形と一緒に寝んねしとけよ」

ポトッ

士郎「って……め」

「も、もおやめないかッ」

「そ、そうだ。子ども相手に」

慎二「うっさいな、口出しするな!」

ゲシッ

「うわあ!?」

ドサッ

凛「慎二、あんた!」

士郎「……ッ」

士郎 (くそッ……立てない……くそッ)ポトポト

士郎(こんな奴にも勝てないなんて……なんでだよッ……)ポトポト

セイバー「……シロウ、よく頑張りましたね」

ポンッ
153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 21:47:41.69 ID:launF1wb0
士郎「……ッま、待ってセイバー」

セイバー「決して、背中を見せることはなかったその精神。誉れ高い」

スラッ

慎二「な……セイバー?! ま、まさかその生意気なガキは……衛宮か?」

セイバー「さて、我がマスターへの度重なる侮辱……どう償う?」

慎二「ら、ライダー、ライダー?! どこに行ったんだッ」

セイバー「……策無しか? では、こちらも多少手加減してやるとしよう」

チャキッ

慎二「ひいッ、ライダー……!! れ、令呪を」

セイバー「遅いッ! プチカリバー!」

ドウンッ!

慎二「あんぎゃああああ!?」

154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:07:48.09 ID:launF1wb0
テクテクテク


ヒュルルルッ


ギル「ん? ……汚い花火だな」モグ

ギル「そう思わんか」

綺礼「花火など、全て汚かろう」

ギル「違いない」モグモグ

綺礼「それはそうと」

ギル「なんだ」

綺礼「早く私を戻せ」

ギル「実に滑稽で愉快だ。お前ほど幼少姿が似合わん奴もおるまい」

ガサッ

ランサー「ふー、漏れる漏れる」

綺礼「……」

ランサー「……あん? ……ぶふッ、だっはっは!?」プルプル

綺礼「自害しろ、ランサー」
156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:09:46.22 ID:launF1wb0
衛宮家


ドサッ

セイバー「ただいま」

士郎「……ただいま」

セイバー「……シロウ、元気がないですが」

士郎「ほっといてよ……」

タタタタッ

セイバー「シロウ?」

タタタタッ
157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:23:30.33 ID:launF1wb0
縁側


士郎「……」

グッ

セイバー「シロウ、ここにいたのですか。さがしましたよ」もぐもぐ

士郎「こっちくんなよ」

セイバー「何があったんですか」

士郎「……あのさ……」

セイバー「はい」

士郎「いや……なんでもない。人形ごめんな」

セイバー「なんだ、いいんですよ。シロウが自分よりも強い相手に立ち向かう姿が見れて、嬉しかったです」

士郎「なんでだよッ、負けたじゃんか……」

セイバー「負けていません。少なくとも、心は彼よりも」

士郎「意味わかんないよ……俺は、セイバーに戦って欲しくなかったのに」

セイバー「シロウ……」

ギュウッ
ポンポン

セイバー「お気遣いなく」

ポンポンッ

士郎「爺さんみたいに……なるんだ」ウト

セイバー「……それはちょっと」

士郎「なる……」ウト

コテン

セイバー「……シロウ?」

ヨシヨシ
158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:30:20.08 ID:launF1wb0
翌日


チュンチュン

士郎「……」パチッ

セイバー「……」スー

士郎「う、うわあ?!」

ドタタッ

セイバー「な、何事!?」

スチャッ

士郎「……セ、セイバーなんで……!」

セイバー「シロウが離してくれなかったんですよ、全く……って、元に戻られたんですね」

士郎「き、昨日? ……あ」サアア

セイバー「覚えているんですか?」

士郎「い、いやあああ?! 大恥でござる! 人生最大の生き恥でござる!」

セイバー「ご、ござる? お、落ち着いてくださいシロウ」

士郎「うわああああ?!」

ダダダダダッ

セイバー「シロウ!?」



おしまい
159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:49:42.20 ID:launF1wb0
ショタ士郎編終わり
次はJKイリヤ編ですが、JKなイリヤって……?
160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/26(日) 22:59:24.45 ID:nHdhFfKj0
一旦乙
イリヤは親もいないし反抗期になるか甘えてくるかとか全く予想つかないわ
162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 00:39:23.36 ID:UMKH2FGY0
セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」5


ゴウンゴウン

士郎「はあ……」

桜「洗濯物もうないですか?」

士郎「悪いな、桜。大丈夫だ」

トタトタ

凛「こんにちは、って、衛宮君もう戻っちゃったの」

桜「写真撮っておけば良かったですよね……」

士郎「何言ってるんだよ……俺はトラウマスイッチ押しまくったんだぞ……」

凛「ふーん……」

キラッ

士郎「あれ、それ」

凛「な、何よ」

士郎「俺が昨日射的で取ったやつ……」

凛「つけてちゃ悪いわけ」

士郎「そんなことない。嬉しいよ」
163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 00:49:30.94 ID:UMKH2FGY0
凛「一応、お守りくらいにはなるわよ」

士郎「そうなのか? なら、良かった……」

凛(ちょっと、なんか今日の衛宮君元気ないじゃない)アイコンタクト中

桜(そうですね……)アイコンタクト中

凛(いつもの3割増しで不愛想だわ。まるでアーチャー)

アーチャー(悪かったな……)

桜(やはり、昨日兄さんに負けたのが尾を引いているのでは)

凛(でも、あれはノーカンでしょ)

士郎「ん? 二人ともじっと睨み合ってどうしたんだよ。喧嘩なら止めてくれよ」

桜「い、いえなんでもないですよ、先輩」
164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 00:51:27.48 ID:UMKH2FGY0
今日はここまで
166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 21:39:40.16 ID:UMKH2FGY0
凛「そうよ。私たち、仲良しなんだから」

桜「え」

凛「えって、何よ。えって。なんで遠ざかるのよ。なんで笑顔なのよ。ねえ、ちょっと桜」

士郎「さって、天気もいいし布団でも干すか」

トタトタ

凛「桜ってば」

桜「え」

ドタドタ

士郎(……やっぱり、仲いいのかもな)チラ
167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 21:55:21.54 ID:UMKH2FGY0
衛宮家の庭


士郎「よいせっと」

ドサッ

士郎「ふー。ほら、セイバーお前も部屋の布団持ってきて干しておけよ」

セイバー「分かりました」

タタタッ

士郎「……」

士郎(あんなダサい現場を見られたかと思うと……)ガクッ

士郎「しかも……慎二に負けるとか」

イリヤ「負けたの? シロウ?」

士郎「そうだよ」

イリヤ「超ダサーい」

士郎「そう、超ダサーイ……って」クル

イリヤ「こんにちは、シロウ」

プラプラ

士郎「イ、イリヤ?!」

バッ

イリヤ「ふふ、そんなに驚かなくてもいいじゃない」
168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 22:01:20.69 ID:UMKH2FGY0
士郎「……何しに来たんだ」

イリヤ「シロウの可愛い頃が見れるって、リンが昨日教えてくれたよ。でも、もう戻っちゃったんだね」

士郎「とおさかああ?!」

「なによー?」

士郎「余計な情報を流すな!」

「いーじゃん、別にー」

セイバー「シロウ、お布団持ってきましたよ……おっと」

タタタ――コケッ

イリヤ「うん?」

セイバー「あ」

ボフッ――プチ

イリヤ「ぐえ」

セイバー「今、何か布団の下に敷いてしまったような」

イリヤ「ちょっと! 苦しいんだけど!」
169: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 22:29:50.88 ID:UMKH2FGY0
セイバー「その声は……」

ヨジヨジ

イリヤ「……はあッ……はあッ……圧死する所だったよ!」

士郎「おいおい、大丈夫か?」

セイバー「すいません。悪気はないのですが」

イリヤ「本当に無さそうなのが性質悪いねッ」

士郎「セイバー、あっちの物干しに布団かけてくれるか」

セイバー「はーい」

イリヤ「王様が家事だなんて、精が出るね」

セイバー「下々の苦労を知るのは良い勉強になりますよ」

士郎「イリヤ、知らないだろうがな、お日様の光を一杯吸収した布団は、それはそれはふっかふかで寝心地がいいんだぞ」

イリヤ「シロウ、相変わらずババクサイんだから」

士郎「ババクサイ言うなッ」
170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 22:39:12.07 ID:UMKH2FGY0
イリヤ「あーあ、こんなババクサシロウを見に来たわけじゃなかったのになー、帰ろっかなー」

トントン

イリヤ「誰?」クルッ

プニ

イリヤ「にゃにひゅんのひょ!」

ギル「人形の童子よ、待つがいい」

イリヤ「ッ!?」

ガタッ

イリヤ「な、なんでここに!? バーサーカー!!」

バーサーカー「ぐおおおおおん!」

ギル「吼えるな」

士郎「今度はなんだよ」

セイバー「またですか」

イリヤ「なんで、そんな冷静なの……?」
171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 22:50:59.01 ID:UMKH2FGY0
ギル「なかなかに受けが良いようだな」

士郎「なんのことだ」

ギル「我に願えば、また小さくしてやらんでもないぞ」

士郎「いや、お断りだ」

イリヤ「……なるほどね。そういうことだったんだ」

セイバー「え、じゃあお願いします」

士郎「セイバーさん?! 何言ってるんですか!?」

セイバー「……可愛かったので」ポッ

士郎「いや、いやですッ。断固拒否!」

ギル「せっかくのセイバーの頼みではあるが、まあ、断っても良いぞ。代わりに、リンでも小さくするか」

士郎「やめろ!」

ギル「あの高飛車な幼体は、見ていて飽きぬしな。綺礼のアルバムも豊作になって良いことづくめだ」

士郎「くッ、分かった……俺が受けるから……遠坂に手を出すなよッ」
172: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 22:58:48.55 ID:UMKH2FGY0
イリヤ「……あーあ、良い様に遊ばれちゃってるわけだ」

ギル「童子、傍観だけではつまらぬだろう。因果な姉弟に相応しい愉悦を提供してやる」

スッ

イリヤ「ふえ?」

士郎「イリヤ!?」

ペカッ!

イリヤ「きゃあ?!」

ボフン!
ビリッ

セイバー「な……」

士郎「……大きくなっただと」

イリヤ「……え」
173: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 23:05:05.55 ID:UMKH2FGY0
ペカッ

士郎「うわあ!?」

ボフンッ
ドサッ
ズルッ

士郎「……あ」チマ

イリヤ「……え」ボン

セイバー「……アイリスフィール……?」ボソ

士郎「な、なにすんだよこの金ぴかお化け!」

イリヤ「そんな……嘘」

ギル「はっはっは!」

セイバー「イリヤ、シロウ……大変言いにくいのですが、お二人とも全裸ですよ」

士郎「……うわああああ! またかよちくしょうめ!」

イリヤ「……いやあああ!」
175: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 23:10:00.74 ID:UMKH2FGY0
数分後


桜「お茶、入りましたよ」

凛「で、今そんな状態なわけね」

セイバー「ええ、困ったものです」

凛「元凶、あんただけどね」

士郎「……あの、イリヤ」

イリヤ「なに? シロウ」

士郎「抱っこ、恥ずかしい……」

イリヤ「シロウ……これいや?」

士郎「う……いやじゃないけどさ」

セイバー(まるで……アイリスフィールが抱いているようでないですか……)
176: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/27(月) 23:16:53.42 ID:UMKH2FGY0
士郎「……ッ」カア

桜「はい、先輩。お菓子いりますか? 昨日取ってくれたやつですよ」

士郎「いる……」

桜「どれがいいですか」

士郎「チョコバットのやつ」

ガサガサ

桜「はい」

士郎「ありがと」

凛「なによ、あんた借りてきた猫みたいじゃない」

イリヤ「女の人に囲まれて、緊張してるのね」

凛(……なんか、このイリヤ落着き過ぎてもはや別人なんだけど)コソコソ

セイバー(ええ、同意見です)コソコソ
183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 09:26:23.28 ID:fl0ZVOs/0
イリヤ「シロウ、食べこぼしてるわ」

士郎「あ」

イリヤ「ほら、下に何か敷いてないと」

士郎「ありがとう……」

イリヤ「口にもついてる」

フキフキ

士郎「自分でふけるよっ」

イリヤ「えー」

凛「衛宮君……」

士郎「な、なんだよ遠坂」

凛「いや~、まんざらでも無さそうだなって」

セイバー「おねショタ……ありだと思います」

士郎「セイバーは何を言っているんだ」
184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 09:36:42.59 ID:fl0ZVOs/0
桜「ひどいです……先輩。この間はあんなに優しくしてくれたのに」

士郎「桜……?」

桜「やっぱり、年上の女性がタイプだったんですね……」

セイバー「呼びましたか?」

凛「いいえ」

桜「う……っ」

セイバー「ぐすん……」

イリヤ「シロウ、女の子を泣かせちゃだめよ」

士郎「俺のせいじゃないよねっ」

セイバー「そうですよ、シロウ。おねショタならおねショタと最初から言ってくれればいいのに」

桜「でも、ぽっと出の人に奪われたくありません……」

イリヤ「……ぽっと出? 聞き捨てならないわ、あなた、シロウの何を知っていると言うの」

桜「私は……先輩の黒子の数言えますよ」

イリヤ「私なんて……」

セイバー「おっとお、ここでイリヤ選手口ごもってしまった!」

凛「イリヤ、どうしたのよっ」

士郎「何をやってるんだよ……」

イリヤ「……私、シロウのこと何も知らない……お姉ちゃんなのに」シュン

桜「ふふ……」
186: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:16:16.39 ID:fl0ZVOs/0
イリヤ「そ、そうだ……これからデートに」

士郎「うん?」

桜「なんですか、それ。なら、私も行きます」

凛「どちらがより、士郎を喜ばせることができるか勝負すればいいんじゃない」

イリヤ・桜「それだ!」

士郎「……い、いやだ! いやだよ! 助けて、爺さん!」

セイバー「シロウはなぜ私ではなくあの男に助けを求めるんですかね」

凛「自分の胸に聞いてみなさいよ」

イリヤ「さ、シロウ! どこに行きたい? 行ってごらんなさい。お姉ちゃんが連れて行ってあげるわ」

桜「先輩の好きな所でいいですよ?」

士郎「そ、そんなこと急に言われても……」
187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:22:43.87 ID:fl0ZVOs/0
凛「今のうちに甘えておけばいいんじゃない」

セイバー「では、車の運転は任せてください」

凛「ついていく気満々なのね」

セイバー「もちろんです。私のお昼ご飯どうするんですか」

イリヤ「こんな闇落ちおっぱいお化けより、絶対私と一緒にいた方が幸せだってことを教えてあげるわ」

士郎「や、やみお……なに?」

桜「それは、そっくりそのままお返しします」

セイバー「凛、車はありますか」

凛「まあ、あるっちゃあるけど」

セイバー「久しぶりに腕がなりますね」
188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:26:48.62 ID:fl0ZVOs/0
士郎「み、みんな勝手に決めないでよ! 俺は行くなんて一言も行ってないぞ! じ、じいさあああん!!」

ダダダダ!

セイバー「あ、シロウが逃げました」

凛「あーあ」

イリヤ「シロウ! 待ちなさい!」

ガシっ

桜「私が行きますので、お姉さんはここでごゆっくりしてください」

ガシっ

イリヤ「いいえ、大丈夫よ……あなたこそ、ここで寝ててくれるかしら」

セイバー「あ、先に言ってますねー」ボソ

凛「任せたわよ、セイバー」

トタタタ



189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:31:53.48 ID:fl0ZVOs/0
チーン
パンパン

士郎「……爺さん、女って怖いんだな」

ガラっ

セイバー「シロウ」

士郎「うわっ……なんだ、セイバーか」

セイバー「女性の求愛から逃げるなんて、男子として情けないですよ」

士郎「だって……」

セイバー「だってとはこれまた情けない」

士郎「おっぱいが、頭の上に乗って重たかったし……大きくて怖い」

セイバー「……はあ?」

士郎「女の人って、成長するとみんなああなるのかな……」チラ

セイバー「なんですか」

士郎「違うか……」

セイバー「シロウ……? 王たるもの生まれ持った身体に不満があるわけではないですが、今のは何を意味していたのか教えて頂きたいのですが?」
191: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:38:12.59 ID:fl0ZVOs/0
士郎「え?」

セイバー「……はあ、言っても分からないですよね、今のシロウには……」

士郎「ごめん……」

セイバー「いいですよ。でも、目の前のことから逃げることを、あなたはキリツグから習いましたか?」

士郎「……」ブンブン

セイバー「では、戻って、みなで幸せになる方法を考えましょう」

士郎「……うん」

セイバー「お手を」

スっ

士郎「うん……」

セイバー「早くこの部屋から出ましょう。おっさん臭がします」パタパタ

士郎「……」

トタタタ――





おわり
192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 21:39:45.61 ID:fl0ZVOs/0
イリヤ難しかったです。これでシメにします。
読んで頂いて、ありがとうございます。
193: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/02(日) 23:45:36.55 ID:nvZjaHAv0

またSS書きたくなったらよろしく
194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/03(月) 00:17:34.26 ID:Jz4sgxcs0
おつかれさま!
リクエストした身としてはありがたかったし面白かったぞ。なんかすまんな
195: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/06(木) 19:54:01.32 ID:Ny/pO0hAo
おつ、何時まで経っても成長しないセイバーがナンバーワン!

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。