FC2ブログ

凛「かわいそうなプロデューサー」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:21:31.53 ID:QXWNkY360
―事務所―

ガチャ

凛・卯月「「おはようございます」」

シーン

凛「……あれ、誰もいないのかな」

卯月「プロデューサーさん、今日は居るって言ってたのにね……あ」

凛「え?どうしたn……あ」

P「……」グッタリ

凛「……机に突っ伏して寝てる」

卯月「うーん……やっぱり疲れてるみたいだね」

凛「そうだね……100人以上プロデュースしてるし……疲れない方がおかしいよ」

P「……」

卯月「大丈夫かなぁ」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:31:28.09 ID:QXWNkY360
卯月「起こしちゃかわいそうだから静かにしてようか」

凛「ん……ちひろさんはまだ来てないみたいだね」

卯月「そうみたい。仕事の時間まで何してようか」

凛「とりあえずソファに荷物を――……」

バターン

未央「おっはよーごっざいまーす!!」

凛・卯月「「!!」」

未央「あららしぶりんにしまむー、おはよう!」

凛「ちょっと未央、しー!静かに!」

未央「え?どうしたの?」

卯月「今プロデューサーさんが寝てるの!」

未央「あ、ホントだ……あっちゃー、ごめん」

卯月「……なんとか起きなかったみたいだね」
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:38:21.76 ID:QXWNkY360
凛「とにかく、プロデューサー疲れてるみたいだからあまり騒いだら――……」


P「……」ムクッ


凛・卯月・未央「「「あ」」」

凛「あーあ、起きちゃった」

未央「あうー……ごめんねプロデューサー」

卯月「仕方ないよ、プロデューサーさん!おはようござ」


P「イエーァ!!!日本人!!!!」


凛・卯月・未央「「「えっ」」」

P「ィヤスッ!!!!アイムファインザッツライッ!!!!!」

P「残暑インザシティっ!!!!」

P「ウェスポン!!!!!」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:45:44.66 ID:QXWNkY360
凛「」

卯月「」

未央「……プ、プロデューサー?」

P「お?おぉ?」スタスタ

未央「え、なに、なになにどうしたの」

P「っッダッッッッ!!!!!!」グゴォッ!!!

未央「えっ」

P「ぐぎぎぎぎ」プルプル

凛「……プロデューサーがいきなり三点倒立を」

卯月「あ、あ、あの、プロ、プロデューサーさん?」


P「だいすきだよっ!!」ニコォー


未央「あ……あ、あ……!!!!」ガタガタ

卯月「プロデューサーさんが……!!プロデューサーさんが……!!!!」ガタガタ

凛「プロデューサーが壊れちゃった……!!!!」ガタガタ
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:49:50.23 ID:fbqvtWtE0
これはお薬やってますわ
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:51:16.58 ID:s/fddh7O0
スタドリの飲み過ぎか
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:53:46.06 ID:QXWNkY360
卯月「プロデューサーさんっ!!しっかり!!しっかりしてください!!!」ユサユサ

P「フハハ」ガクガク

未央「ねぇ、からかってるんでしょ!?やめてよ!もううるさくしないからさ!」

P「いえーい、ちゃんみおー」ぐりー

未央「あぷっ、ちょっ、手っ、顔、こらやめt、わぷっ、やめろ!!!!」

凛「ま、まさか酔ってるの?」

卯月「で、でもお酒の匂いしないし」

P「ホハッ!!ヤハウェッ!」シュバッ

未央「あっ!給湯室に逃げた!!」

卯月「追いかけよう!」
11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 17:54:52.69 ID:4HD7z3nx0
なんだこれ なんだこれ
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:00:04.56 ID:QXWNkY360
―給湯室―

ダッ

凛「プロデューサー!?……あっ!」

P「これが音に聞く黒砂糖というやつね」ガリガリ

卯月「買い置きのカップ焼きそばを箱ごと食べてる!!!!」

未央「だ、だめだよ!!お腹壊しちゃうよ!!!」グイー

P「あぁっ!!やめろ!!!俺が何をしたというんだ!!」バタバタ

凛「何かしたっていうよりどうかしてるんだよ!」

P「オスでよかった!!オスでよかった!!」ペロペロ

卯月「咽び泣きながらカップ焼きそばの蓋舐めないで下さい!!」グイィ

未央「と、とりあえずソファまで運ぼうよ!!」
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:05:25.22 ID:QXWNkY360
……

P「なんなんだ……全くをもって、さながら」

凛「な、なんとか座らせたら大人しくなったね」

未央「うん……どうしちゃったんだろう、いきなり……」

卯月「プロデューサーさん?落ち着いて……私が誰だかわかりますか?」

P「嫁」

凛・未央「「えっ」」

卯月「え。えっ、えぇぇっ!!?よ、嫁じゃありませんよ!!島村卯月です!!」

P「蝉の」

卯月「蝉の嫁でもありません!!!島村卯月です!!!」

凛「……どうしちゃったんだろう……」

未央「ねぇ、これ救急車呼んだほうがいいのかな……」
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:12:21.23 ID:QXWNkY360
ガチャッ

みく「おっはよーにゃん!!」

凛「あ……みく、おはよう」

未央「お、おはよう」

みく「どうしたのにゃ?みんな暗いny」


P「あっ!夢にまで見たシベリアンハスキーだ!」タッタッタ


みく「えっ」

P「ヤハハ!」ダキッ

みく「えっ?えっ!?Pちゃん!?ど、どど、どうしたのにゃ!!?」ムギュウ

P「夢にまで見た、シベリアンハスキーだ!!あははっ!」

みく「……Pちゃん?」

P「まるでサラミみたいだよ!」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:17:47.46 ID:QXWNkY360
みく「あ、あれ?な、え、あの、みんな?Pちゃんはどうしちゃった……の、にゃ?」

卯月「実は……私たちも今来たんだけど……」

凛「プロデューサー……机に寝てて、起きたら……こんな風に……」

みく「え……」

P「お前、岡山県とバトルドームのどっちが大切なんだよ!!」

みく「え……ひどくない?(症状が)」

未央「そうだね……」

P「ライラーイ!」ヒュバッ!

凛「あ!また逃げた!!!」
34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:24:08.52 ID:QXWNkY360
ガチャッ!!

きらり「にょわーっ!!おっはよー☆」

ビターン!!!

P「ケフカ!!!!!」ボドォッ!!

きらり「ふぇっ?」

凛「ナイスきらりちゃん!!」タッタッタ

未央「あっぶなー!もうすぐで外出ちゃうところだったよ!!」タッタッタ

きらり「わわっ!Pちゃん!?ドアに当たっちゃった!?ご、ゴメンにぃ~!」

みく「いや、本当にナイスだにゃ」

P「……ぐっ……!」

卯月「……プロデューサーさん、大丈夫ですか?」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:29:37.48 ID:QXWNkY360
きらり「Pちゃん?ホントにごめんなさいぃ……大丈夫?はぴはぴすぅ?」

P「……だよ」ボソッ

きらり「え?」

未央「なんだって?」

P「どうするんだよ……っ!」フルフル

卯月「プロデューサーさん……?まさか、怒って……」

きらり「え……あ、あの、Pちゃん、その、ごめんなさ」

P「お前がはぴはぴするなら……ッ!!!……室町時代の人間達は一体どうすればいいんだよ……ッ!!!!!」ポロポロ

きらり「ん?え、はい?」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:31:09.97 ID:8GFMnq+o0
wwwwww?????WWWWWwwww
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:32:01.66 ID:TR8qM7BU0
どうしたきらり! 口調が変だぞ!
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:32:02.86 ID:npDQnIxT0
思わずきらりの口調がまともになるレベルのヤバさ
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:34:56.49 ID:H1Fm3TFAO
あちゃー
プロデューサー、壊れちゃったか
44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:34:58.44 ID:eLHaXwe90
スタドリの副作用が…。
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:35:36.78 ID:QXWNkY360
未央「室町て」

きらり「ぴ、Pちゃん?」

P「ああ!俺が犯人だよ!俺がガンダムだよ!笑えよ!!!!」

P「でもな!そうさせたのはどこのどいつだよ……!」

P「お前ら侍だってんだよ!!!!」ダンッ!!!!

きらり「あっ、はいっ、ごめんなさい」ビクッ

P「……っ……!」ギリッ

ダッ!!

P「動物愛護だバカヤロ――――ッ!!!!!!」タッタッタ

卯月「また給湯室に逃げた!!」

未央「あっ!待てぇ!!!」

みく「なんか縄ないの縄!!!」

きらり「え……?え?え?」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:46:40.34 ID:QXWNkY360
スタスタ

小梅「……~♪」

薫「あっ!小梅ちゃんだ!」

小梅「あ、か、薫……ちゃん」

薫「おっはよー!お仕事?」

小梅「ううん、き、今日は、打ち合わせだけ」

薫「そーなんだ!わたしもー!」

スタスタ

小梅「あ、あれ?事務所、なんか……さ、さわがしい、ね」

薫「あれ、ほんとだー。せんせぇもういるかな?」

小梅「うん……昨日、プロデューサー、朝からいるって、その、言ってた、よ」

薫「やたー!せんせぇー♪」タタタ

小梅「えへへ……」

薫「おはよーございまーすっ!」ガチャッ
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 18:55:05.63 ID:QXWNkY360
薫「……え……」ピタ

小梅「……?ど、どうした、の…………え?」


P「……」←捕縛状態


小梅「プロ、デューサーさん……!?」

薫「せ、せんせぇーっ!!」ダッ

凛「あっ!薫ちゃん!だめっ」ガシッ

薫「はなしてー!せんせぇー!」

卯月「ごめんね薫ちゃん。ちょっと今先生は……」

薫「みんなひどいよ!せんせぇがなにをしたのっ!せんせぇをはなして!」

未央「ううん……なんて説明すりゃいいんだろうねこれ」

みく「説明のしようがないよ…………にゃ」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:02:58.34 ID:QXWNkY360
凛「えっと……あのね、今は先生は先生じゃなくなってて……」

薫「せんせぇはせんせぇだよっ!せんせぇっ!そうだよねっ!?」


P「カハハハハハハッ!!!!!かっぱえびせんめが!!」


小梅「え……」

薫「せ、せん、せぇ……?」

P「お前さん、まさかずっと気付いていなかったのか?」

P「俺が、ゴールデンレトリバーにすり替わっていたと、気付いていなかったのか?」

小梅「!!!?」

薫「せんせぇ、犬なの!!!?」

未央「いやいや」

P「くへへへッ!!!!子供は純粋で辛いな!!!なぁ!?漬物!!」

きらり「……」

P「漬物ッッ!!!!!!返事ッッッ!!!!」

きらり「えっッ!!!?きらりの事ですかっ!!!?」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:04:37.65 ID:TR8qM7BU0
アカンきらりの言葉使いが・・・
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:05:09.02 ID:U4nOnDdz0
かわいそうってレベルじゃねーぞこれww
78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:09:02.86 ID:WD5UkvoS0
きらり素になってんじゃねーか
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:10:12.01 ID:QXWNkY360
薫「うあああん……!小梅ちゃぁん……せんせぇが犬に乗っ取られちゃったぁ」ビェェ

小梅「よ、よしよし……」ナデナデ

小梅「……」チラッ

P「お?あぁ、なんだ、酸素か……」

小梅「……あ、あの、プロ、プロデューサーさん……」

P「こんにちわオバQ」

小梅「オバQじゃありません……あ、あの、どうしちゃったんですか?」

P「そんな!オバQが死んでしまったら誰がオバQのあとを継ぐんだ……!!!」

小梅「しりません……」

卯月「え、えっとね小梅ちゃん。実は……」
87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:15:49.53 ID:QXWNkY360
小梅「そ、そんな事が……」

みく「ねぇねぇ、なにかPちゃんに悪霊がとり憑いてたりしないかにゃ?」

小梅「えっと……」


P「脱皮するから小遣いくれよ!!」ガタガタ

凛「大人しくしなさい」

P「おお?何事にも動じないのは匠なるザリガニの仕業ですね。ね?漬物」

きらり「そうですね」


小梅「……ううん……なにも……いつもの、プロデューサーです……」

卯月「そんな……!」
123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:54:08.09 ID:QXWNkY360
スタスタ

杏「はぁ……歩くのだるい……休みたい……」

かな子「杏ちゃん、今日は自分ひとりで事務所に来たの?」

杏「プロデューサーが手はなせないから一人で来いってね……呪ってやる」

幸子「とか言って、ちゃんと事務所にきてるじゃないですか。珍しい……雨が降りますね」

杏「うるさいよ。今日来ないと来週の連休無しにするって言われたの」

かな子「厳しいね……でももう少しで事務所だから頑張ろう?着いたら作ってきたお菓子あげるから」

杏「わーい…………だる」

幸子「んもー、しゃきっと凛々しくして下さいよボクみたいに。ホラ。着きますよ」

杏「……なんか中さわがしくない?」

かな子「他に誰か来てるのかな」

幸子「おはようございまーす」ガチャッ
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:03:19.98 ID:QXWNkY360
凛「あっ!!!幸子ちゃん!!」

未央「そいつ捕まえて!!!!」

幸子「え?」

P「フハハ」タッタッタ

幸子「え?え?プロデューサーさん?」

ズザァッ

P「こんにちわ。渡来人の方?」

幸子「…………プロデューサーさん何言ってるんですか?」

P「それとも初めまして?」

幸子「…………はい?プロデューサーさん、ボクを忘れちゃったんですか?」

幸子「あ、なるほど。ふふ、そうですよね。ボクは日々可愛くなっていくので、あんまり今のボクが可憐すぎて昨日のボクを忘れたって事――……」

P「さながらチャバネの脱皮のようにな?」
132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:12:59.66 ID:QXWNkY360
幸子「ぐすっ……別に、あんな事、言われだっで……ボクはべづにっ……」

薫「だ、大丈夫だよ?さっちゃんはゴキブリなんかじゃないよ?可愛いよ?」ナデナデ

小梅「う、うん、すごく、す、すごくかわいい……です」ナデナデ


卯月「幸子ちゃん、泣いちゃった……」

かな子「ひどいですPさん!あんな事言うなんて!」

杏「どうしたのさ、なんか様子おかしくない?」

P「……」

かな子「……Pさん?」

杏「プロデューサー……?」

P「……あーあ!!!!」

かな子・杏「「!!!?」」ビク

P「ここがどうぶつの森だったら完全犯罪なのだぜ!!?あーあ!!!!!」

かな子「え、え?か、完全犯罪……?え?」

杏「ちょ、ちょっとちょっと、なになに、なんなのさ」
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:20:28.46 ID:QXWNkY360
P「おかげで俺は鬼退治だよ!!!!眉間に口付けをして、旅立つのさ!!!!」

かな子「……」

P「おら、ミルフィーユくれよ」

かな子「ひっ!!!?」ビクゥッ

杏「ちょっと、やめなよプロデューサー!!!!」

P「お前だって空が戦火で紅く染まるのを見ただろう!!!?」

杏「見てないよ!!!!だまれよ!!!!」

かな子「あ、杏ちゃん、私、こわい……」

杏「う、うん。ちょっときらりー、どうしたのこのプロデューサーのめんどくささは」

きらり「そうですね」

杏「きらり!!?喋り方が変だよ!!?」
147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:28:28.40 ID:QXWNkY360
凛「……――って事があって……」

かな子「そ、そうだったんだ……」

杏「なんだそれ……ねぇ、救急車呼んだほうがいいんじゃない?あれ悪ふざけじゃないんだよね?」

みく「まぁ、確かにあれは悪ふざけにしては度をこしてるにゃ」

凛「うん……そうだね」チラ

P「それでもカブは抜けません。違法だからです」

卯月「……せめて、誰か大人がいれば……」

ガチャッ

楓「おはようございます」

菜々「おっはよーごっざいまーす!」

一同「「「大人来た!!!!!」」」
148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:29:05.74 ID:OuwUNaeh0
大人・・・?
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:29:39.84 ID:YJfpaz6o0
片方は未成年?だろ!いい加減にしろ!
151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:29:50.83 ID:gDCDG7/h0
25歳児と名誉17歳
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:37:04.22 ID:QXWNkY360
楓「……皆、どうしたの?」

菜々「みんななんだか顔がしょーんぼりしてますよー?」

凛「あのね、実はプロデューサーの様子が変で……」

未央「私達だけじゃどうにもできなくて……」

楓「……プロデューサーの、様子が……?とにかく、私が話してみるわ」

スタスタ

薫「だ、大丈夫かなぁ」

かな子「きっと……大人ならきっと大丈夫だよ」

楓「あの、プロデューサー……」

P「えっ?」

楓「え?」

P「いやいや、キリンよりメカキリンの方が強いに決まってるでしょ!!!!」

楓「……え?」

P「メカだぜ!?」
174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:44:26.87 ID:QXWNkY360
楓「そう、なんでしょうか」

P「生態系もろくに知らないならサバンナに骨を埋める事は諦めるといい!」

P「諦められれば……ね……」

P「……そうすれば、ノーベル賞は過去の遺物だ……くそっ」

菜々(なんだアレ)

楓「……プロデューサー……?」

P「俺は……いつだって……無力だ……」

楓「…………」

楓(まさか、何か悩みがあってこんな事に……?)

楓「……」

凛(楓さん、何か思いついたような顔を……)

楓「プロデューサー、これを」スッ
180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:49:53.17 ID:QXWNkY360
P「え?キャッチアンドリリース?」

楓「リリースはしないで下さい……これをあげます」

ソッ

未央「……アレは」

小梅「……10円玉」

楓「……何があったか、わからないけれど……これで元気出して下さい」

楓「…………げんきん、だけに」


一同(((ウワァ)))


楓「現金だけに、元気……なんちゃって……ぷふっ、くふふ」

P「……」

パチパチパチパチ

楓「!!!?」

P「アンコール!!!!アンコール!!!!アンコール!!!!アンコール!!!!」
181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:50:05.35 ID:43GHINKg0
こんなはじけたSSは久々だぜ
184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:51:28.45 ID:doLYXhiG0
P弾けすぎだwwwwww
185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:51:58.28 ID:YtW/Cw7y0
ギャグが受けたとき楓さんはどう反応するのか、興味深い
188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:53:42.85 ID:iQLR9yT20
アンコールw
190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:57:15.92 ID:QXWNkY360
P「アンコール!!!!アンコール!!!!」

楓「え、いや……あのっ」

P「これはすさまじいぜ!とんでもねぇ賢帝の爆誕だ!!!!」

P「ドストエフスキーもびっくりだと自負しているようなアレの振る舞いだよ!!!!」

P「アンコール!!!!アンコール!!!!」

楓「あ、あのっ、そんな」

杏(何あの公開処刑)

楓「あの、あのっ、ごめんなさい、その」

P「アンコール!!!!アンコール!!!!」

楓「あのっ」

P「うるせぇ!!!!!!!!アメリカ人でも食ってろコアラ野郎!!!!!!!!!」バシィィ!!!

卯月(10円床に叩きつけた!!!!)

楓「…………ふぇ」
193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:58:31.01 ID:CiBdarHc0
なーかせたなーかせた
198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 20:59:13.57 ID:43GHINKg0
25歳児まじ抱きしめてやりたい
200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:00:27.28 ID:HphBdKJl0
ちょっと上げた瞬間に奈落に叩き落としたwww
207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:08:09.61 ID:QXWNkY360
楓「ぐす……私は、べつに、あんなつもりじゃ……」

薫「わかってるよ?かえでさん。だいじょーぶだよ」ナデナデ

小梅「だ、大丈夫、です。きっと、その、プロデューサーさんも、きっとわかってます」ナデナデ

幸子「楓さん、ボク達みんなわかってますから。元気出してください、ね?」ナデナデ

菜々「……」

凛「……菜々さん」

菜々「え」

未央「……次」

杏「頑張ってね」

菜々「え、えぇぇ……!!!?や、やだよぉ……」

かな子「お願いします菜々さん!」

みく「頼りになる(大)人はもう菜々さんだけにゃ!」

菜々「えぇぇぇぇぇ…………!!?」チラッ

P「この沸いてくる不思議なパワーはなんだ……!?これが……乳首か……!!」

菜々(め、めんどくさそぉぉぉ…………!!!!)
218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:21:12.08 ID:QXWNkY360
スタスタ

P「おや?」

菜々「……ごほんっ……えっと」

菜々「……」

バッ!

菜々「きゅう~~~~ん!ウサミンぱわぁー注入!きゅるりんぱ!!☆ウサミン星からぁっ――……」

ビシッ バッ!!

菜々「ぷりてぃ☆ウサミン!惨状だよっ♪」

一同((((っ!!菜々さん、全力だ!!!!))))

菜々「おやおやぁ?こんなところに迷える子羊星人さんがいますね~?」

凛(先手を取って相手にボケさせない気だ!菜々さん!頑張って!)

菜々「ウサミンと羊星人さんは、すご~く仲良し♪だ~か~ら~」

菜々「なんでもっchu☆相談してねっ!」キラッ☆

P「わぁぁ!!!タートルズの人だぁ!!!!」

菜々「うあああああああああああああああああ」
219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:21:53.58 ID:ONG9TCIj0
惨状だ…
224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:22:35.89 ID:QXWNkY360
○参上
×惨状
226: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:22:55.45 ID:YM7LVDKu0
>>224
その訂正はいらない
228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:23:28.03 ID:0EtII6MT0
>>224
この情況的に別に間違ってないんだよなぁ
229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:23:31.12 ID:npDQnIxT0
まごう事なき惨状だな
230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:24:01.89 ID:hxb7UZVi0
わざと惨状にしてたわけじゃないのかよww
236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:30:44.81 ID:QXWNkY360
ガチャッ

雫「おはようございま~す」

まゆ「おはようございまーす……あら?」


菜々「なんでタートルズだよう!!!!なんでタートルズなんだよう!!!!!」ギリギリ

かな子「菜々さん落ち着いてください!」

P「それならばお歳暮に干し柿を贈るまでだよ!下水道に住んでみやがれ!!!!!」

凛「プロデューサーは黙ってて!!!!」


雫「あれぇ……なんだかすごい事になってますね~」

まゆ「……あら、まあ」
249: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:39:13.79 ID:QXWNkY360
……

卯月「って事なんだけど……」

雫「はぁ~……そうだったんですねー」

まゆ「Pさんが……心配ですね」

幸子「ふん!あんな人もうどうでもいいです!」

薫「だめだよさっちゃん!そんな事言っちゃー!」

未央「……」

杏「……大丈夫かな」

未央「なにが」

杏「いや……まゆがさ」

未央「……どう、なるんだろうね」

杏「すごいこわいんだけど」

きらり「そうだね」


薫「あ!そうだ!雫おねーちゃん、せんせぇに抱きついてよ!」ピコーン

未央・杏「「!!!!?」」
260: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:45:39.22 ID:QXWNkY360
雫「え?あたしがですかー?」

凛「え?え?なんで?薫ちゃん」

薫「あのね、かおる、お母さんにだっこされるとすっごーくおちつくんだ!」

卯月「なるほど……それで胸の大きい及川さんに抱かせて、落ち着きを取り戻させる、と」

楓「いいアイデアかも……」

薫「えへへー」

小梅「か、かおるちゃん……えらい、ね……えへへ」ナデナデ

みく「違う意味で落ち着かなくなりそうだけどにゃあ」


まゆ「…………」


未央・杏((無邪気&無知怖えぇぇぇえぇぇぇぇ))
263: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:54:31.91 ID:QXWNkY360
雫「おやすい御用ですー……えーと、Pさーん」

P「エリンギは魚の仲間だとどれだけ言えばわかるのか武田鉄也ァ!!!」

雫「えーっと、ちょっとごめんなさいー……えいっ」

ムギュッ

一同(((いったぁぁぁぁぁ!!!!!!!)))

まゆ「……」

未央・杏((こわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!))

P「お?」

雫「えーっと……よーしよし……」ナデナデ

みく「おぉ……なんだかすごいにゃ」

幸子「うまく……いきそうですかね?」


P「俺は堕天使なんかじゃねぇんだよッッッ!!!!!!!」バシー

一同(((駄目でした)))
264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 21:55:38.11 ID:HB9IL6dx0
ですよねー
273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:06:20.14 ID:QXWNkY360
P「覚えておけ!!!!俺はいつか旅行に行く男だ!!!!」

雫「みなさーん、すみませんだめでしたー」

凛「ううん、ありがとうね」

みく「しっかしこのおっぱいでも動じないなんて……本当にPちゃん、精神が……」

卯月「いやいや……って、あれ?まゆちゃん、どこにいくの?」

薫「そうだよー!せんせぇをもとどおりにしようよー!」

まゆ「ふふ、ごめんなさい。まゆはこれで失礼しますね」

未央「でもプロデューサーが」


まゆ「あんなの……Pさんじゃないですから」ニコォォ


一同((( )))

まゆ「……ふふ♪それでは失礼します」バタン

一同(((怖ぁ)))

P「おいおい!こんな所に床があるぜぇ!!?アザラシになった気分だ!!!!氷点下は近いぜ!!!!!いくぜ!ペンギン狩りだ!!!!」

凛(まぁ、気持ちは本当にわかるけど)
292: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:13:26.13 ID:QXWNkY360
菜々「……ねぇ、凛ちゃん。急にこんなふうになってたんですよね?」

未央「あ、復活した」

凛「うん……」

菜々「ねぇ、皆……心あたりなんてないですか?昨日様子がへんだったとか」

杏「うーん……いつものプロデューサーだったけど……」

卯月「……あの」

凛「え?どうしたの卯月?」

卯月「前から気になってたんですけど……プロデューサーさん」



卯月「……いつも、変なドリンク……飲んでません?」


一同「「「……」」」

―――――――――――

P『あー……生き返るなぁ』ゴクゴク

―――――――――――

一同「「「…………!!!!」」」
313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:22:46.78 ID:QXWNkY360
小梅「た、たしかに……毎日、のんでます、けど」

みく「でもそれがPちゃんの今の惨状と関係あるとは考えにくい気も……」

卯月「でも、でもですよ?よく考えてみてください」

卯月「普通の人間がアイドルを100人以上プロデュースできると思います?」

かな子「そ、それは……」

楓「たしかに……」

卯月「……あくまで、仮定の話、なんですが」

卯月「…………この事務所の利益のために、何者かが……Pさんの体を、ドーピングで改造させて」

卯月「無理やり、働かせてるとしたら……!!」

一同「「「…………!!!!」」」

卯月「……そして、それを直接できるのは、ただ一人……」

ガチャ

ちひろ「おはようございまーす」
318: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:23:53.19 ID:PTgIwG8k0
全部運営が悪いんや…
324: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:28:14.62 ID:doLYXhiG0
なにこの余りに黒すぎで逆に白く見えてくるレベルのブラック会社はwwwwww
328: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:33:02.48 ID:QXWNkY360
一同「「「ちひろさんっ!!!!!」」」

ちひろ「えっ!!?な、なにっ!!?なんなんですか!!?」

未央「正直に、正直に答えてね」

みく「あのPちゃんが飲んでるドリンク……ちひろさんが渡してるにゃ?」

ちひろ「そ、そうだけど」

卯月「……ちひろさん」

幸子「あれは……普通のドリンク剤じゃないですよね?」

ちひろ「えっ!!?いや、そんなことっ」

薫「だったら!!!」ばんっ

ちひろ「ひっ!?」ビクッ

薫「だったら、なんでせんせぇはあんなふうになってるのっ!」グスッ


P「ファイティングポーズから始まる恋もあるから、俺は筋肉が大好きなんだ!!!!」サッ サッ

ちひろ「えっ、なんでプロデューサーさんとち狂ったように腕立てを」
337: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:42:22.94 ID:QXWNkY360
かな子「……かわいそう」グスッ

ちひろ「えっ」

小梅「ち、ちひろ、さん……もう、やめて、あげて」

雫「よくわからないけどお願いしますー」

ちひろ「ちょっと、ちょっと落ち着いて!?なんであれが私の責任なんですか!?」

きらり「とぼけないで下さい!」

凛「だって……プロデューサーがあんな風になっちゃったのは……あのドリンクのせいなんでしょ!!」

ちひろ「え、えぇぇぇぇ!!!?ち、ち、違います!本当に違いますよ!!」

杏「ちひろさん……自首、しなよ」

ちひろ「ちょっと!!!なんなんですか皆して!!!!」
347: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:49:23.28 ID:QXWNkY360
ちひろ「これはちゃんとしたドリンク剤で……!やましい事なんて何もないんですからね!」

幸子「しんじられませんね……」

ちひろ「ぐっ……!」

菜々「きっとこわーい薬がいっぱいはいってるんでしょう!」

ちひろ「そ、そ、そんなに言うなら!」

スタスタ ガチャッ

ちひろ「私がのんでみせますよ!」

凛「え!?」

ちひろ「いきますよ……んっ!」

ちひろ「ごくっ……ごくっ……ぷは!」

ちひろ「どーですか!なんともないでしょう!」

杏「……こういう時のために一本だけ中身摩り替えてたとかじゃないの」

ちひろ「なっ!!?正真正銘いつものやつです!ね!プロデューサーさん!」

P「パピコ!!!!!」

ちひろ「こいつっ……!」
350: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:50:36.58 ID:W2y9IZuf0
パピコ!!!!!
351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:50:48.60 ID:s4sRn9/w0
パピコ!!!
352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:51:24.83 ID:634djld/0
パピコ!!!
361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 22:56:33.35 ID:2HCcSOGg0
みなさーん!パピコちゅーちゅーしませんかー!?
364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:00:23.49 ID:QXWNkY360
ちひろ「じゃあプロデューサーさんも飲んで確かめてみてください!いつものやつだってこと!」スタスタ

P「お?おお?おおおお?」

ちひろ「はい、じゃあ口開けて」


P「やめろおおおおおおおおおおおお!!!!!!」


一同「「「!!!!?」」」

ちひろ「えっ!?プロデューサーさん!?エナドリですよ!?いつものやつですよ!?」ググググ

P「断罪の時なのか!!!!その圧倒的質量の恐怖に俺が追いやられるサムシングか!!!」ググググ

ちひろ「ちょっ……!!プロ、デューサー、さんっ……!!!!」ググググ

凛「ちひろさん!もうやめて!」

楓「プロデューサー、嫌がってます!」
370: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:04:36.19 ID:QXWNkY360
ちひろ「なにかの間違いです!!!飲んでくださいぃぃ…………!!!!!」グググググ

P「も、もはやこれは魔女狩りですわ!!!!!ピーターパンではないのですわ!!!!!」

未央「もうやめて!!!!」

みく「ちひろさん!!!お願いだからっ」

ちひろ「そんな、はずはっ!!!」ググググ

P「いやだああああああああああ!!!!!死にたくない!!!!!まだろくに!!!!生きていないのに!!!!!!!」ググググ

ちひろ「はぁぁぁ!!!!??」ググググ

薫「いま、しにたくないって……!!」

凛「ちひろさんっ!!もうっ――……」

ちひろ「どりゃああああああああ!!!!!!!」


がぽっ!!


P「んごぉっ!!!!!」
382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:08:22.59 ID:QXWNkY360
ごくっ ごくっ ごくっ ごくっ

ごくっ ごくっ ごくっ ごくっ

ごくっ ごくっ ごくっ ごくっ

キュポンッ……

P「……」

ちひろ「……どうですか?プロデューサーさん」

凛「……!!」

一同「「「……!」」」


P「…………も」

P「もう、少し…………」


P「生きて、いたかった……」


ドサッ


凛「…………え?」
392: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:12:21.83 ID:QXWNkY360
ちひろ「え、プロデューサー、さん?」

P「……」

薫「……せんせぇ?」

未央「……嘘、だよ、ね?」

卯月「ちょ、ちょっと、冗談、は」

菜々「っ」ダッ

ザッ

菜々「……」スッ

P「……」

菜々「………………うそ」

菜々「……うそ、うそっ」

菜々「Pさん、しんじゃった」

凛「…………」

菜々「心臓……とまってる」

菜々「うそ、うそだよ、こんなのうそだよぉぉ!!!!」
405: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:18:08.51 ID:QXWNkY360
ダッ

凛「プロデューサー!!」

みく「Pちゃん!!!!」

未央「うそっ!!救急車!!救急車!!!!」

ちひろ「え……うそっ……うそよっ……!!!!」

幸子「Pさん!!!!Pさぁん!!!!いやですっ!!しっかり、しっかりしてください!!」

薫「せんせぇ!!!せんせぇぇぇぇ!!!!!」

雫「お、おねがいです!目を、目を覚ましてください!!!!」

きらり「Pちゃん!!Pちゃん!!誰か!誰か!Pちゃんがぁ!!」

卯月「うそです……!こ、こんなの、こんなのって……!」

杏「目、覚ましてよ……!真面目に、真面目になるからさぁ……!!!!」

凛「…………プロ、デューサー…………!!!!」ポロポロ
420: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:25:05.88 ID:QXWNkY360
ガチャッ


P「で?見せたいものってなんだ?」

晶葉「ふふーん、それはね!まだ試作段階なんだが……!」

晶葉「じゃじゃーん!Pのクローン、メカP……を……」


一同「「「…………」」」

Pロボ「」


P「あ、皆おはよう……晶葉、あそこにあるやつか?うわすっげー……よくできてるな。何作ってんだお前」

晶葉「あ―――――!!!!!!何やってるんだ皆!!!!」スタスタ

Pロボ「」プスン

晶葉「誰だ水飲ませたの!防水加工してないからショートしてしまったよ!!!!」
423: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:26:38.81 ID:gDCDG7/h0
ままゆは正しかったわけか
435: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:28:30.01 ID:4/b2R5Ho0
>>273
>まゆ「あんなの……Pさんじゃないですから」ニコォォ

大正解
大正解
450: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:32:58.48 ID:QXWNkY360
一同「「「「「「    」」」」」」

スタスタ

まゆ「……みなさん?」

一同「「「「「「    」」」」」」


まゆ「お人形遊び……楽しかったですかぁ?」ニコ

……



P「……あの」

まゆ「どうしたんですか?」

P「いや」

一同「「「「…………ぐすっ」」」」

P「なんでみんなして俺に抱き付いてるのかな」

まゆ「さぁ……まぁ、このくらいであれば……許してあげましょうか……」

P「……?……みんな、暑いですし雫のあれがとんでもないので早くはなれてぇっ」
467: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:43:09.16 ID:QXWNkY360


……

凛「プロデューサー、あれから体は大丈夫?変わりはない?」

P「ん?まぁ、別に体はいつも丈夫だよ」

凛「……そっか。よかった」

P「でも、なぁ」

凛「?どうしたの?」

P「いや、あれから皆俺の体を異様に気遣うようになっちゃってさ……」

凛「はは……心配なんだよ。あんなの見ちゃったから」

P「そんなにひどかったのか?」

凛「それはもう」

P「まぁ、晶葉も色んな言葉の単語をインプットさせただけって言ってたからなぁ……相当支離滅裂だったみたいだ」

凛「あはは」

P「笑い事じゃないよ……俺で遊ばないでって話だよホント」
476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:50:45.64 ID:QXWNkY360
P「それはそうと、ちひろさんにちゃんと謝ったか?」

凛「それはもう。皆ずっと土下座だったよ……すぐ許してくれたけど」

P「ははは、あのドリンクで俺がおかしくなったと思ってたんだって?ないない」

凛「まぁ、そうだね。おかしいのはあんなに同じドリンクをいつもグビグビ飲んでるプリデューサーだしね」

P「なにをー。いいだろー。好きなんだからさ」

凛「あははは」

P「まったく……はは、お前らは本当に……」

凛「……プロデューサー?」

P「ん?」

凛「…………私達の事、気に掛けて……プロデュースを頑張ってくれるのは嬉しいけど」

凛「無理しちゃ……駄目だからね」
477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 23:51:29.18 ID:QXWNkY360
×プリデューサー
○プロデューサー

ねみぃよ!!!
492: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 00:00:02.41 ID:450/LVsn0
P「おいおい、凛まで皆みたいに心配性になっちゃって」

凛「そりゃ、心配するよ。だって」

P「はは、まぁお前らのプロデューサーだしな。俺は平気だから安心してアイドル頑張れ」

凛「……」

<渋谷さん!準備オッケーでーす!

P「お、ホラ。頑張ってこい!」

凛「……」

P「ん?どうした?」

凛「……なんでもないよ。いってくるね」

P「おう!」

スタスタ

凛「……」

凛(…………やっぱり、なんで皆があんなに心配するか気付いてないんだ)

凛「…………かわいそうなプロデューサー」クスッ


おわり
494: ふぇぇ紳士 ◆Gzzr1HcUEI 2013/02/25(月) 00:00:47.44 ID:rcDy+LiB0
可愛いしぶりん
497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 00:01:26.73 ID:544fX79cO

強化し過ぎて発狂したPなんていなかったんですね!
509: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 00:04:18.03 ID:450/LVsn0
おまけ


P「きらり」

きらり「Pちゃん、どうしたの?」

P「……大丈夫か」

きらり「へ?何が?私はなんともないよ」

P「……」

きらり「もう、Pちゃん。もうそろそろお仕事でしょ?」

P「漬物」

きらり「にょわ―――――!!!!!!!」ヒュバァァァッ!!!!

P「物理ッ!!!!!」メシャァァッ!!!!!

なんとかきらりは元通りになりました


おしり
515: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 00:06:45.76 ID:dv179uL+0
おつおつ
傷心のちひろさんは俺が慰めますね
520: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 00:11:32.48 ID:450/LVsn0
おまけ


まゆ「もう二度と?」

晶葉「作りません!!」

まゆ「もう二度と?」

晶葉「サイズを測ったりするために寝てる間にPの体をいじりません!!!!」

まゆ「もう二度と?」

晶葉「Pを困らせません!!!!」

まゆ「なにかまゆに言う事は?」

晶葉「命ばかりは勘弁してください!!!!!!!」

まゆ「よろしい♪」


おわりん
528: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 00:27:45.91 ID:d0socjOc0
乙!
530: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/25(月) 00:34:18.21 ID:Q4ILSQ+v0
おっつにゃん

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿

とあるSSの訪問者

この怪作も5年前か…


お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
アイドルマスターを各種かてごり分けしました

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
リンク
リンク3
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

RSS