未央「アーニャの日本語力が低下してる!!」

1: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 21:59:15.28 ID:02fGg3cB0
凛「は?何言ってるのさ」

卯月「どういうことですか?」

未央「どういうこともなにも、そのまんまの意味だよ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468241954


注目記事




2: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 21:59:55.10 ID:02fGg3cB0
凛「そのまんまって言われても……そんなことあるわけないでしょ」

未央「あっ!しぶりん信じてないなぁ!?ちゃんと証拠だってあるんだからね!!」

卯月「証拠…ですか?」

未央「そう!二人とも、これを見よ!!」バーン
3: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:00:37.38 ID:02fGg3cB0

4: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:01:47.04 ID:02fGg3cB0
卯月「こ、これって…」

未央「どうよ!言った通りでしょ?」

凛「……まぁたしかに…」

未央「ふっふっふ~。だぁから言ったじゃないかぁ~」ドヤァ

凛「なんかムカつく」

未央「辛辣!?」
5: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:02:48.80 ID:02fGg3cB0
卯月「アーニャちゃん、昔はこんな感じだったんですね…」

凛「みたいだね…でも全然覚えてないよ」


未央「ていうかこのしぶりんメチャクチャ可愛くない?」

卯月「ですよね!このちょっと照れてる感じが最高ですね!!」

凛「ちょ、ちょっと!!趣旨が変わってるから!!そんな話はどうでもいい!!」アセアセ

未央「焦ってる焦ってる」ウフフ
6: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:04:03.78 ID:02fGg3cB0
凛「まったく……とはいえ、たしかに違和感があるね」

卯月「アーニャちゃんといえば、喋るときはカタコトで時折ロシア語が混ざる、っていうイメージがありますもんね。それがまた魅力の一つでもありますけど!」


未央「ところでお二人さん。キミたちはこの謎を解明したいとは思わないかい?」

凛「謎って…そんな大げさな…」
7: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:04:41.34 ID:02fGg3cB0
卯月「解明したいです!!」

未央「そうでしょうそうでしょう!!」

凛「なんでそんなにテンション上がってるのさ。そもそも私たちにはどうしようもないでしょ」

未央「甘いぞしぶりん!私たち三人が力を合わせれば、出来ないことなんてないんだよ!!」

卯月「おぉ!!」

凛「いや意味わかんないし」
8: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:05:32.16 ID:02fGg3cB0
未央「ニュージェネ探偵団、結成だ!!」

卯月「わぁーい!!」パチパチパチ


凛「私やらないからね」

未央「えぇ!?今のは完全に三人ともやる流れだったよ!!」

卯月「そうですよ!!」

凛「そんなことなかったと思うけど…」
9: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:07:09.09 ID:02fGg3cB0
未央「しぶりんは私たちを裏切るの!?今までずっと一緒に頑張ってきたのに!!」

卯月「凛ちゃん…酷いです!!」

凛「なんで私が悪者みたいになってるのさ」

凛「ていうか未央はともかく、なんで卯月までそんなに乗り気なの」

卯月「えへへ、なんだか楽しそうで…」


未央「まぁまぁ、どうせ今日はもう予定なくて暇じゃん?暇つぶしってことでさ!」

凛「うーん…」

卯月「何が不満なんですか?」
10: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:08:08.78 ID:02fGg3cB0
凛「ニュージェネ探偵団って名前がダサい」

未央「えっ!?そこ!!?」

卯月「あっ、それ正直私も思ってました」

未央「そ、そんな!しまむーは味方だと思ってたのに!!」

卯月「センスなさすぎて逆にビックリしました!」

未央「やめて!恥ずかしくなってきた!!」
11: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:08:59.53 ID:02fGg3cB0
未央「じゃあどんな名前ならいいのさ?」



凛「プリンセスブルー」

未央「えっ?」

凛「プ リ ン セ ス ブ ル ー」

未央「……」

凛「……」

未央「……じゃあそれで…」

未央(からかわれたのまだ気にしてたのかな…)
12: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:09:44.62 ID:02fGg3cB0
未央「じゃあ気を取り直して…早速調査開始だ!!」

卯月「おーっ!!」


凛「でも具体的に何するわけ?」

未央「やっぱり聞き込みじゃない?手掛かりを知ってそうな人に片っ端から話を聞けば、何かわかるはずだよ!」

凛「そんな短絡的な……ていうかこんなこと言うのもなんだけど、最初からアーニャに聞いてみればよくない?」

未央「それじゃ面白くないじゃん!」

卯月「そうですよ!」
13: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/11(月) 22:10:33.77 ID:02fGg3cB0
未央「アーニャに突撃するのは私たちが真相に辿り着いたときだよ!」

卯月「『犯人はお前だ!!』って感じですね!!」

凛「卯月、それは違うと思う」


凛「じゃあ…まずは誰のところに行く?」

未央「そりゃ、最初はもちろん――」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/11(月) 22:13:54.92 ID:nuyyWSHXO
カタコトじゃないアーニャもかわいい
18: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:30:47.47 ID:XyQgxaGJ0

P「ん?アーニャについて聞きたいこと?」

未央「そう!やっぱりアイドルのことを一番よく知ってるのはプロデューサーだと思うし!」

P「そうかなぁ。案外お前たちアイドルの方が知ってたりすると思うけど」


P「で、何が聞きたいんだ?」

卯月「プロデューサーさんとアーニャちゃんの出会いについてです!」

P「なんだそりゃ」
19: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:32:26.37 ID:XyQgxaGJ0
未央「アーニャと一番最初に会ったときってどんな感じだった?」

P「どんな感じって言われても…」

凛「…例えば喋り方とか」

P「んー……」ムムム

卯月「覚えてませんか?」

P「かなり前のことだしなぁ。ハーフっぽくて綺麗な子だなぁ、って思ったことくらいしか…」
20: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:33:39.84 ID:XyQgxaGJ0
未央「そっかぁ~……残念」

P「ゴメンなー。何しろ今までたくさんスカウトとか面接とかしてきたもんだから、出会ったときを詳しく覚えてる子って少ないんだよ」


未央「じゃあじゃあ!私のことは!?」

P「あんま覚えてないな」

未央「ガーン!!」

卯月「私はどうですか?」

P「……いい笑顔だったよ」

卯月「覚えてないんですね!」

P「すまん…」
21: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:34:20.49 ID:XyQgxaGJ0
凛「…私は?」

P「あぁ、凛はよく覚えてるぞ」

凛「えっ」ドキッ

未央「むぅ…なんでしぶりんのことは覚えてるの?」

P「なんていうか、印象が強かったからな」

卯月「そうなんですか?」



P「ふーん、アンタが私のプロデューサー?…まあ、悪くないかな…」キリッ
22: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:37:21.18 ID:XyQgxaGJ0
凛「あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"あ"」

未央「なるほど~。それは印象深いはずだね!」

P「凛もあの頃に比べると随分素直になったよなぁ」

卯月「素直な凛ちゃんも厨二な凛ちゃんも、どっちも可愛いです!」

凛「ちょっと卯月!厨二とかそんなんじゃないから!!」


未央「…アイオライト・ブルー」ボソッ

凛「……」ギロッ

未央「ひえぇ…恐いよぉしまむぅ~」

卯月「よしよし」ナデナデ
23: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:38:43.83 ID:XyQgxaGJ0
凛「二人とも、とっとと次に行くよ。プロデューサーは全く役に立たなかったし」スタスタ

P「えー、しぶりん酷いなー」

未央「仕事中急にゴメンね、プロデューサー」

P「おう。凛いじりもほどほどにな~」

卯月「善処します!」
24: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:39:33.69 ID:XyQgxaGJ0

未央「プロデューサーからはあんまり有益な情報は得られなかったねー」

卯月「そうですね!凛ちゃんの蒼歴史をほじくり返しただけでした!」

凛「お願い、せめて黒歴史って言って」


卯月「未央ちゃん、次は誰か決めてるんですか?」

未央「もっちろん!」
25: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:40:56.62 ID:XyQgxaGJ0

美波「アーニャちゃんについて聞きたいこと?」

未央「うん!みなみんとアーニャはユニットも組んでるし、一番一緒にいる時間が多いと思うからさ!」

美波「たしかにそうかもね……よしっ、私に答えられることなら何でも聞いてね」

未央「ありがとう!」


卯月「美波ちゃんって、アーニャちゃんに日本語を教えてあげてるんですよね?」

美波「うん、そうだよ。アーニャちゃん、どんどん上手くなってきてて…教えていてとっても楽しいの!」
26: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:42:22.20 ID:XyQgxaGJ0
凛「てことは、最初はかなり日本語が苦手そうだったってことだよね?」

美波「うん…みんなが知ってるよりも、もうちょっとカタコトな感じで…」


未央「うーん、おかしいね」ヒソヒソ

凛「そうだね。『アレ』を見る限り、苦手だったとはとても思えないけど…」ヒソヒソ

卯月「謎が深まりました…」ヒソヒソ


美波「あっ、でもちょっと不思議に思ってることがあるんだよね…」

凛「…?なに?」
27: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:44:43.01 ID:XyQgxaGJ0
美波「アーニャちゃんって普段喋るときはちょっとカタコトだけど、歌を歌うときはとっても流暢だなぁ…なんて…」


未央「た、たしかに…!!」

卯月「そういえば……私たちと全然変わらないですもんね…」

凛「また謎が増えたね…」
28: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:45:54.66 ID:XyQgxaGJ0
美波「ご、ゴメンね!急に変なこと言っちゃって!気にしないで!!」アセアセ

未央「あっ…うん!みなみんありがとね!もう大丈夫だよ!」


卯月「どうなってるんでしょうか…?」

未央「うぅーーー……全然わかんないよーーー!!」

卯月「調査して逆によくわからなくなっちゃいましたね」
29: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:46:45.44 ID:XyQgxaGJ0
凛「……もしかして…」

未央「え!?しぶりん何かわかったの!?」

卯月「凛ちゃんすごいです!!」

凛「いや、合ってるかはわからないけど…」
30: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:47:36.46 ID:XyQgxaGJ0
未央「教えて教えて!!」

凛「…あくまで可能性の話だけど」



凛「アーニャって…実は日本語ペラペラで、キャラ作りのためにわざとああやって喋ってるんじゃ…」


未央「な、なんだってー!?」

凛「カタコトで喋るキャラって、結構人気ありそうだし…」
31: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:48:12.78 ID:XyQgxaGJ0
卯月「そんな…アーニャちゃん…」

未央「うぅ…アーニャ、信じてたのに…」ガクッ

凛「あ、あくまで可能性だから!ていうか二人ともショック受けすぎ!」


未央「でもアーニャに限ってそんなことあるかなぁ…?」

凛「まぁ自分で言っといてなんだけど、たしかにそういうのとは無縁そうではあるよね」
32: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/12(火) 20:49:04.49 ID:XyQgxaGJ0
卯月「じゃああの子に意見を聞いてみましょう!!」

凛「あの子?」

卯月「キャラ作りの得意なあの子です!!」

未央「んー?だれだれ?」
42: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/13(水) 19:32:40.69 ID:g8zHlbDs0

みく「それでなんでみくのところに来るのにゃあああ!!!」ニャー‼︎



卯月「やっぱりキャラ作りといえばみくちゃんですよね!」

未央「これは思いつかなかったなぁ。さすがしまむー!天才だね!!」

卯月「えへへっ」ピース‼︎


みく「ちょっと二人とも!勝手に盛り上がらないでほしいにゃ!!」
43: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/13(水) 19:34:18.65 ID:g8zHlbDs0
凛「でもキャラ作ってるのはホントでしょ?」

みく「つ、作ってないにゃ!みくは生まれたときからずっと――」



卯月「あ、そういうの大丈夫です」

みく「にゃあ…」
44: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/13(水) 19:35:39.29 ID:g8zHlbDs0
未央「まぁそれはともかく、みくにゃんはどう思う?」

みく「うーん…あーにゃんがキャラ作りなんて、ちょっと想像できないにゃ」

卯月「やっぱりそうですよね」

みく「でももしそれがホントだとしたら、自分に合ったいいキャラ作りだと思うにゃ」

未央「ふむふむ」

みく「世の中には自分の年齢を10歳もサバ読んで、しかも未知の惑星からやってきたっていう無理やりなキャラでやってるアイドルもいるらしいし」

卯月「へぇ!すごいですね!!」

凛「世界って広いんだね」
45: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/13(水) 19:37:06.75 ID:g8zHlbDs0
みく「でもキャラ作り自体は悪いことだとは思わないにゃ」

凛「というと?」

みく「そのキャラを演じることでファンの人たちが喜んでくれるんだとしたら、それはとっても嬉しいことにゃあ!」

みく「アイドルは、自分自身も楽しみながらファンの人たちも楽しませることができる素敵なお仕事だから…」

みく「みくは早くトップアイドルになって、ファンのネコチャンたちをもっと楽しませてあげたい!」

みく「だからそのためにも多少のキャラ作りは……ってあれ?三人ともいない!?いつの間にいなくなったにゃあ!?」

みく「せっかくいい話してたのに~~!!」ニャー‼︎
46: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/13(水) 19:38:18.89 ID:g8zHlbDs0

未央「ふぅ、あのまま聞いてたら長そうだったからつい抜け出してきちゃったね」

凛「まぁ、みくのアイドルに対する姿勢は大したものだよ」

卯月「尊敬しちゃいます!!」


未央「とはいえ、アーニャについては結局よくわからないままだね…」

卯月「そうですね…」
47: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/13(水) 19:39:38.40 ID:g8zHlbDs0
凛「…もうさ、直接聞いてみようよ」

卯月「アーニャちゃんにですか?」

凛「うん。このまま調査を続けてても、私たちプリンセスブルーが真相に辿り着くことはないと思う」

未央「あっ、その設定まだ続いてたんだ…」
48: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/13(水) 19:40:39.83 ID:g8zHlbDs0
卯月「たしかにその通りかもしれませんね」

未央「そうだね……よしっ!それじゃあ、アーニャに突撃してみよう!!」

凛「いよいよだね」

卯月「クライマックスです!!」
56: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:40:22.88 ID:eaUiKh2f0

未央「アーニャ!!」

アーニャ「ンー…三人とも、どうかしましたか?」

凛「ちょっと聞きたいんだけど…」

アーニャ「シトー、なんですか?」ニコッ


未央「うっ、なんかめちゃくちゃ聞きづらいよ…」コソコソ

凛「うん…『キャラ作ってるよね?』なんてとても…」コソコソ

未央「ちょっと遠回しに聞いてみよっか…」コソコソ
57: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:40:51.50 ID:eaUiKh2f0
卯月「アーニャちゃんって、キャラ作ってるんですか!?」


未央「うぉおおい!!」

凛「ちょっと卯月!ストレートすぎ!!」


アーニャ「ンー…?きゃら……?…ごめんなさい、よくわからないです…」

凛「あっ、よかった。わかってないみたい」

未央「えーっと、要するにそのぉ…」
58: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:41:50.96 ID:eaUiKh2f0
卯月「アーニャちゃんって、ホントは日本語喋れるのにわざとカタコトで喋ってるんですか!?」


未央「ていっ!!」ズビシッ

卯月「いてっ」

凛「卯月!荒ぶりすぎ!!」


アーニャ「わざとカタコト…ですか?」

未央「う、うん。アーニャ、歌を歌うときは普通なのになぁ…みたいな……あはは」

凛「ちょ、ちょっと気になっちゃって…」
59: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:42:24.90 ID:eaUiKh2f0
アーニャ「アー……そう、ですよね…アーニャ、日本語上手くないから…みんなに迷惑、でしたね…」シュン

凛「ち、違くて!そんなこと全然思ってないよ!!」アセアセ

卯月「そ、そうですよ!あっ!実はこれ未央ちゃんが言い出したことなので、私と凛ちゃんは全く関係ないんです!!」アセアセ

凛「そうそう!!」

未央「ちょっと待てぇい!!」



凛「まぁ冗談はこれくらいにして……ホントにそんなことは思ってないから大丈夫だよ。ただまぁ、ちょっと好奇心がさ…」

アーニャ「アー…」
60: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:42:51.51 ID:eaUiKh2f0
アーニャ「そうですね……アーニャ、たしかにいつもカタコトで、たまにロシア語も喋ってしまいます…」

アーニャ「周りの人たちがどう思っているのか、少し不安なときもありますね…」

アーニャ「でも美波に教えてもらったりして、ちょっとずつ、上手く喋れるようになってきました」

アーニャ「日本語…上手くなってきて、ファンの人たちとも、前より仲良くなれた気がします…とっても嬉しいです」

アーニャ「歌は、いっぱい練習しました。レッスンではもちろん、寮に帰ってからも…」

アーニャ「ファンが喜んでくれるように…それに、仲間のみんなに迷惑をかけないように」

アーニャ「…アーニャ、アイドルやっていて本当に楽しいです。ファンもみんなも、とっても優しいですから」

アーニャ「だからこれからも、アジダーニイ、あー……期待に応えられるように、もっと日本語勉強して、頑張りたい、ですね」ニコッ
61: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:44:08.82 ID:eaUiKh2f0
凛「アーニャ…」

アーニャ「だから、この喋り方も、わざとじゃなくて…」

凛「うん、そうだよね……ゴメンねアーニャ。私たち変なこと聞いちゃって…」

アーニャ「ニェート、気にしないでください」ニコッ


凛「ほら、二人もちゃんと謝らないと――」
62: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:45:23.47 ID:eaUiKh2f0
未央「うぅ……アーニャがこんなに頑張ってるのに…私たちなんてことを…」シクシク

卯月「ゴメンなさいアーニャちゃあん…!!」ウワァーン‼︎

アーニャ「あ、あー…二人とも、泣かないでください…」オロオロ


凛「めっちゃ泣いてる…」
63: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:46:36.83 ID:eaUiKh2f0

未央「ごめんアーニャ!!」

アーニャ「あー、ホントに大丈夫ですから、気にしないでくださいね」



卯月「それにしても私、アーニャちゃんのお話感動しちゃいました!!」

未央「そうそう!いやー、私たちも見習わないといけませんな!!」

凛「そうだね」

アーニャ「ンー…ちょっと恥ずかしい、ですね」
64: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:47:17.55 ID:eaUiKh2f0
卯月「なんやかんやで、もうこんな時間ですね」

凛「そうだね。いつの間にやら…」

未央「そろそろ帰ろっか!」

卯月「はい!アーニャちゃんも一緒に帰りませんか?」

アーニャ「ンー……イズヴィニーチェ、ごめんなさい。アーニャ、まだお仕事が残ってるんです…」

未央「そっかぁ…遅くまで大変だね…」

アーニャ「また今度、一緒に帰りましょう」

凛「うん」ニコッ


卯月「アーニャちゃん、さようなら!」

アーニャ「ダスヴィダーニャ。また明日、ですね」フリフリ
65: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:47:52.45 ID:eaUiKh2f0

卯月「ふぅ…なんだか疲れちゃいましたね」

凛「そうだね。未央が変なこと言い出すから…」

未央「ちょっとちょっと!しぶりんだって途中からはノリノリだったじゃん!!」

凛「知らないよ」

未央「えぇ…」
66: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:48:18.20 ID:eaUiKh2f0
凛「それはそうと……アーニャがあんなに頑張ってるんだから、私たちも頑張らないとね」

未央「そうだね!うーん、気合い入ってきたぞー!!」

卯月「今まで以上に頑張ります!!」

凛「ふふっ、私も負けない――」



凛(……あれ?)
67: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:48:45.19 ID:eaUiKh2f0
凛(…よく考えたら…アーニャが昔日本語を普通に喋ってた謎は全然解明されてないような…)

凛(私たち、アーニャの話に感動して勝手に解決した気になってた…)

凛(………)

凛(……でもアーニャが言ってたことからして、やっぱり『アレ』はおかしいよね…?)


卯月「…?凛ちゃん、どうしたんですか?」

未央「しぶりーん!ボケっとしてると置いてっちゃうぞー!!」


凛「…あっ、うん。ゴメン…」



凛(………)

凛(…アーニャ……やっぱり本当は…)
68: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:49:34.91 ID:eaUiKh2f0

アーニャ「……」


アーニャ「……」


アーニャ「……」


アーニャ「……ふふっ」
69: ◆KHFO6eTdSs 2016/07/14(木) 20:50:39.50 ID:eaUiKh2f0
終わり

どんなアーニャも可愛いです
70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/14(木) 20:56:22.06 ID:TCjJVWw0o
かわいい
71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/14(木) 21:42:23.96 ID:NN+k3UzfO
ロシアは闇
73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/14(木) 22:47:33.70 ID:zJg3E4+B0
アーニャはかわいい これはもはや一般教養

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア