FC2ブログ

【ガルパン】沙織「みぽりんが高圧的になるのが1番怖い説」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:02:14.62 ID:tfE8yVWY0
※キャラ崩壊注意

みほ「私が高圧的になるのが1番怖い説?」

みほ「何それ?」

沙織「あはは、いやー、テレビでそういうの見て」

優花里「ああ、やってますね。検証系バラエティーというか」

みほ「???」

沙織「んー?ドッキリみたいな」

みほ「よく分からないけど、私が威張っても怖くはないんじゃないかなあ」

優花里「そうですか?普段とのギャップで私は驚くと思いますけど」

みほ「そうかなあ……?」

沙織「そういう"本当?"ってなるような話を確かめるのが面白いんだけどね」

優花里「やってみませんか?」

みほ「ああ、検証ってそういう……って、ええ!?私がそんなことしなくちゃいけないの!?」

SSWiki :http://ss.vip2ch.com/jmp/1522587734


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:05:57.28 ID:tfE8yVWY0
沙織「無理にとは言わないけど、やって欲しくはあるよね」

優花里「ですねえ」

みほ「ええ……?」

沙織「冗談が通じる範囲でやるから!お願い!」

優花里「私からもお願いします!」

みほ「で、でも」

沙織「あ、そういえばテレビの視聴者プレゼントで『ボコ本当は強い説ぬいぐるみ』貰ったんだけど、いる?」

みほ「え、欲しい!」

沙織「うーん、どうしよっかなー?」

みほ「うう……じゃあ、冗談が通じる範囲でなら、ちょっとだけ」

沙織「わーい、ありがとうみぽりん!」

優花里「ありがとうございます西住殿!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:08:05.83 ID:tfE8yVWY0

沙織「華とか麻子なら大丈夫でしょ?」

みほ「う、うん。二人なら冗談って分かってくれるだろうし」

沙織「オッケー!じゃあ、さっそく行ってみよー」

みほ「待って待って!高圧的にって言っても、私分からないから!」

沙織「えー?でも確かに高圧的って難しいかも」

優花里「西住殿のお姉さんのように振舞ってはいかがでしょう?」

みほ「お姉ちゃんは別に高圧的じゃないと思うけど……。普通に優しいし」

沙織「うーん。じゃあ、最初に会った頃の会長!」

みほ「ああ、あれはそうかも」

優花里「私は聞いた話でしか知りませんが、そんなに高圧的だったんでしょうか?」

沙織「まあねえ。演技みたいなものだったとはいえ、ホントに怖かったんだから」

みほ「あれは会長も必死だったから。私にあれが出来るかって言われると……」

沙織「まーまー!ものは試しに、ね?」

優花里「ですよ!」

みほ「う、うん」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:10:02.64 ID:tfE8yVWY0
………………
………


沙織「おっと、ちょうど良い所に麻子が」

優花里「ベンチで寝てますねえ……」

みほ「風邪引かないといいけど」

沙織「じゃなくって!ゴーゴー!」

みほ「う、うん……」


みほ「麻子さん!」

麻子「zzz……」

みほ「麻子さん!」ユサユサ

麻子「ん…なんだ西住さんか。何か用事か?」

みほ「こんな所で寝て、ふざけてるんですか?」

麻子「え?」ビクッ

みほ「大洗を代表する戦車道の選手がそんなじゃ困るんですよ。少なくとも、廃校が撤回されてすぐのこの時期に難癖つけられるような弱みは見せたくありません。それとも麻子さんは廃校にしたいんですか?」

麻子「え?え……?ごめんなさい」

みほ「ちゃんと自覚を持って生活してくださいね?じゃないと……学校に居られなくしちゃうかも」

麻子「は、はい。すみません。気をつけます。ごめんなさい」

沙織(OK!そのぐらいで!)

みほ「ううん、じゃあ風邪引かないようにね。あ、タオルケット使う?」

麻子「え、いや、大丈夫」

みほ「そっか、起こしちゃってごめんね」

麻子「え?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:11:28.13 ID:tfE8yVWY0

………


みほ「はあ……やっぱ向いてないよ。なんかデタラメばっかり言ってた気がするし」

沙織「いやいや、メッチャ上手かったよ!?」

優花里「というか……本心…じゃありませんよね?」

みほ「違う違う!昔、黒森峰でそんなことを言ってる人が居たから、思い出してマネしただけ」

沙織「まあ、そうだよね。みぽりんだもんね!」

優花里「そうですそうです。西住殿ですから!」

みほ「うん!」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:14:09.15 ID:tfE8yVWY0
沙織「次は華か……」

沙織「とはいえ、華は会長とのやりとり知ってるから、すぐに勘付いちゃうかな」

優花里「さっきの黒森峰の方をまた参考にされたらどうです?」

みほ「え、うん。でもエリ…あの人は『は?』とか『はい?』みたいな言葉しか印象に残ってなくて」

沙織「それで良いんじゃない?あんまり悪口みたいになってもいけないし」

優花里「そうですね!それぐらいが丁度いいかと」

みほ「は?」ジロリ

沙織・優花里 ビクッ

みほ「あはは、どう?ちゃんと出来てたかな?」

沙織「か、完璧」

沙織「(メッチャ怖かった……)」

優花里「さ、流石ですね西住殿」

優花里「(こういう西住殿も格好いいかも……)」

みほ「ありがとう」ニコッ
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:15:25.35 ID:tfE8yVWY0

………………
………


沙織「あれー?華どこに居るんだろ」

みほ「居ないなら無理にやらなくても……」

沙織「あっ、会長だ」

みほ「こんにち……
沙織「待った!せっかくだから会長にもやってみよ!」

みほ「ええ?」

沙織「会長ってイタズラも笑って許してくれそうだし」

みほ「それはそうだけど……」

沙織「いい?高圧的に、だからね」

みほ「うん……」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:19:10.85 ID:tfE8yVWY0

みほ「…………」スタスタ

杏「おっ、西住ちゃん。元気ー?」

みほ「ええ、まあ」ツーン

杏「?」

杏「あ、そうだ!悪いんだけど、ちょっとお願いがあってさ~。生徒会室からいくつかホチキス持ってきてくれないかな?」

みほ「は?」ジロッ

杏 ビクッ

杏「え、あ、ご、ごめんね~。そりゃ西住ちゃんも忙しいよね。いいやいいや。うん、ありがとう」ヒクヒク

みほ「なんですかそれ?べつに、取りに行ってにきますよ?」

杏「ご、ごめん」

みほ「ごめん?それはどっちですか?行けってことですか?いいってことですか?」

杏「え、えと……取って来てくれると…嬉しい…です」

沙織(もうやめてあげて……)

みほ「?」(自分が怖いとは全く思っていない)

みほ「分かりました。急いで持って来ます!」

杏「う、うん。ごめんね?」

みほ「いえいえ、気にしないでください。頼っていただけるのは嬉しいです」ニコッ

杏「そっか、うん……ありがとね」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:24:36.21 ID:tfE8yVWY0
後日


沙織「あ、ドッキリだって伝え忘れてた」

沙織「まあいっか。麻子と会長なら気づいてるよね!」

………………
………


みほ「おはよう麻子さん!」

麻子「お、おはよう」

みほ「今日は早いね?」

麻子「あ、ああ。もう少し余裕を持って登校しようと思って。そど子にも言われてるし」

みほ「そっか」

麻子「……あの、西住さん。私はこの学校も、西住さんたちも大好きで……だから、その」

麻子「ずっとみんなと居たいんだ!」

みほ「え?あはは、なんか照れちゃうな。ありがとう、嬉しい。でも、いきなりどうしたの?」

麻子「悪いところは治すから、だから…見捨てないでくれ」

みほ「ええと……うん。何だかよく分からないけど、私も麻子さんは大好きだし、見捨てるなんてことないよ?」

みほ「だって麻子さんは大切な友達で、仲間だから」ニコッ

麻子「西住さん……」ウルウル

みほ「?」後日


沙織「あ、ドッキリだって伝え忘れてた」

沙織「まあいっか。麻子と会長なら気づいてるよね!」

………………
………


みほ「おはよう麻子さん!」

麻子「お、おはよう」

みほ「今日は早いね?」

麻子「あ、ああ。もう少し余裕を持って登校しようと思って。そど子にも言われてるし」

みほ「そっか」

麻子「あの、西住さん。私はこの学校も、西住さんたちも大好きで……だから、その」

麻子「ずっとみんなと居たいんだ!」

みほ「え?あはは、なんか照れちゃうな。ありがとう、嬉しい。でも、いきなりどうしたの?」

麻子「悪いところは治すから、だから…見捨てないでくれ」

みほ「ええと……うん。何だかよく分からないけど、私も麻子さんは大好きだし、見捨てるなんてことないよ?」

みほ「だって麻子さんは大切な友達で、仲間だから」ニコッ

麻子「西住さん……」

みほ (←昨日のこと影響しているとはまるで思っていない)

みほ「?」ニコニコ
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:28:20.43 ID:tfE8yVWY0
同じ日の練習後

杏「あ、西住ちゃん。あ、あのさ、干し芋食べる?」オドオド

みほ「ありがとうございます。いただきます」

みほ「練習後の甘いものは元気でますね。美味しいです」

杏「そっか、良かった」ホッ

杏「それと、今日の戦車の掃除、私がやっとくから、西住ちゃんはもうあがって良いよ」オズオズ

みほ「え?そんな、申し訳ないことできません。私がやりますから」

杏 ビクッ

杏「ううん。私がやりたいんだ。ダメ…かな」

みほ「ダメってことはありませんけど……」

杏「なら、お願い!私は西住ちゃんに恩を返したいんだ……。もちろん、こんなことで何が返せるとも思ってないけど、少しでも役に立ちたいんだよ……」

みほ「……会長」

杏「は、はいっ」ビクッ

みほ「私はむしろ会長に多くのものを与えていただきました。……転入した頃の私は消極的で、何に対しても後ろ向きでした。だけど、ここで今、こうして仲間と共に夢を追いかけていられているのは会長のおかげです」

杏「……それは…違うよ。むしろ私は嫌われるようなことばかりやってた」

みほ「私は会長の頑張りを知っているつもりです。頼れる人も少ない中、大洗のために奮起して、ずっと闘ってくれた。そんな方を嫌いになれるわけありません」

みほ「ありがとうございます。会長の優しさのおかげで、今の私があるんです。だから、恩なんて言わないでください。私は会長のことが大好きですよ」ニッコリ

杏「西住ちゃん……」ウルウル

みほ「今日は二人で掃除しましょう!」ニコッ

杏「うん!」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:30:58.68 ID:tfE8yVWY0
後日


麻子「西住さん、お弁当を作ってきたんだ。一緒に…食べないか?」

みほ「うん!ありがとう麻子さん。でも毎日こうしてお弁当貰うのも申し訳なくって……」

麻子「いや、いいんだ。西住さんのおかげで早起きするようになって、時間があるんだ」

みほ「そっか。麻子さんは優しいね」ニッコリ

麻子「い、いや……」テレテレ

みほ モグモグ

麻子「あ、みほさん、口に汚れが」スッ

みほ「え?あ、垂らしちゃった……」

麻子「すまない……汁気の多いものはお弁当向きじゃなかった……」

みほ「ううん、美味しいよ。私、麻子さんの作る料理好きだな」

麻子「うん……ありがとう」


沙織「…………」

優花里「…………」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:33:31.51 ID:tfE8yVWY0


杏「ねえ、西住ちゃん。今日は暇?」

みほ「はい、特に用事はないです」

杏「そっか、良かった。偶然ボコの映画のチケットが2枚手に入って、せっかくだから西住ちゃんと行きたいなって」

みほ「わあ!これ見たかったヤツです!すごく嬉しいです!」

杏「う、うん!じゃあ一緒に行こう」

みほ「でも…いつも決して安くはないものをいただいていて……」

杏「これは貰い物だから大丈夫。み、みほちゃんが気にすることじゃないよ?」

みほ「そ、そうですか……?」

みほ「そうだ!なら、夕食はウチでご馳走しますね!……私の料理でよければ、ですけど」

杏「嬉しい!ありがとう!」ギュ


沙織「…………」

優花里「…………」

沙織「えーと、まあ今日はエイプリルフールだから、友達や先輩の人柄が変わっててもおかしくないよね……?」

優花里「……ですね!」

沙織・優花里「(みぽりんが高圧的になった結果、取り返しのつかないことになった)」

沙織・優花里「はあ……」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 22:35:37.55 ID:tfE8yVWY0
もっと色んなキャラを出すつもりはあったので
また、方向性を変えつつ書きたいなと思ってます
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/01(日) 23:32:09.69 ID:nJAdPnh30
あずにゃんにはむしろご褒美です
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 02:22:26.87 ID:eZg6/wog0
あれ華は?

で、この後修羅場る展開は?

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。