FC2ブログ
1: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/25(水) 22:57:55.89 ID:tJ+ZL4Pq0
真・女神転生Ⅳ × デビルサマナー・ソウルハッカーズ

のクロスSSです。短いし、台本形式です

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380117475
2: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/25(水) 23:00:16.10 ID:tJ+ZL4Pq0

――悪魔討伐隊基地発見後――


Kの酒場にて


フリン 「ガントレットにまた悪魔が?」

依頼人 「そうなんだ。以前君たちが上手くやってくれたと聞いてね」

ワルター「またあんな武人みたいな頑固者と戦うのかよ」

ヨナタン「まぁそういわないことだワルター。僕らは頼られているんだよ」

イザボー「でも、サムライにも私たち以上に腕の立つ者がいるはず……」

依頼人 「それがだね……」

フリン 「何か、言いづらいわけでも?」

依頼人 「まぁとにかく宝物庫で実物を見て欲しい。その上で受けるかどうか決めても構わない」

3: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/25(水) 23:05:11.83 ID:tJ+ZL4Pq0
宝物庫

番人  「ああ、君たちが依頼を受けてくれるのか」

ヨナタン「はい。我々にできることでしたら」

ワルター「おいヨナタン。まだ受けると決めたわけじゃない」

フリン 「とりあえず話しや事情だけは聞こう」

ワルター「わーったよ」

イザボー「それで、どのガントレットですか?」

??? 『早く~。誰でもいいからアタシをここから出しなさいよ!』

みんな 「!?!?!?」

番人  「あれだよ。あのガントレットだ」ハァ

5: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/25(水) 23:16:21.85 ID:tJ+ZL4Pq0

??? 『何よ。アンタたちも、アタシを消そうって言うの?』

イザボー「あ、貴女は……バロウズちゃんじゃない……わよね?」

??? 『バロウズ? 只のアプリのAIでしょ。あんなのと一緒にしないで』

ワルター「じゃぁなんだよアンタは」

ネミッサ『アタシはネミッサ。女悪魔のネミッサよ』

ヨナタン「悪魔召喚プログラムとも違うようだな。どうしてそこにいるんだい?」

ネミッサ『知らないわよ。こっちが聞きたいくらいだわ』

ワルター「どうでもいいから、とにかくそこから出て行ってくれないか?」

ネミッサ『アタシだって出たいわよ。けどなんだかここから出られなくなってるの!』

ヨナタン「……召喚してみてはどうだろうか」

番人  「それは試したが、召喚プログラムとは別のところに格納されてるらしくてね」

イザボー「召喚はできないということですか」

バロウズ『ちょっと待ってみんな、とりあえずサーチしてみるわね』

サーチモード、実行 ピピピッ

バロウズ『とりあえず他のガントレットには移動できるみたいね』

ネミッサ『それじゃ意味ないじゃない! アタシは外に出たいの!』
6: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/25(水) 23:28:14.32 ID:tJ+ZL4Pq0

番人  「とにかく何とかしてもらいたいんだ。ガントレットは貴重だからな」

ヨナタン「確かにそうですね。このまま使うことは出来ないんですか」

番人  「こいつの容量が大きいらしくて、悪魔のストックを圧迫するんだ」

ネミッサ『アタシを太ってるように言わないでくれる? 痺れさすわよ』

イザボー「それに訛りも激しいし、バロウズちゃんのほうがよっぽど良いわ」

ネミッサ『ウルサイわね、へんな髪型してるクセに!」

イザボー「なっ、なんですって!?」

アナタコソナマリガヒドスキテヨ! アタシハフツーノシャベリカタシテルダケ! ギャーギャー

バロウズ『あの、マスター? ちょっといいかしら」

フリン 「なんだい? いい案でも?」

バロウズ『この悪魔が出られないなら別のに転送しちゃったらどうかしら』

ワルター「んなこといったって、他のガントレットに移しても意味ないだろ」

ヨナタン「……悪魔討伐隊の基地にも、ガントレットはなかったはずだ」

フリン 「バロウズ、悪魔討伐隊基地の大きなコンピュータには接続できたよな?」

バロウズ『さすが私のマスター冴えてるわ。そこに接続して放り出しちゃいましょ』

イ&ネ 『「ん?」』
7: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/25(水) 23:45:57.90 ID:tJ+ZL4Pq0

ネミッサ『地下に東京?』

ワルター「そうさ。そこにでっかいガントレットの親玉みたいなのがあるから……」

ヨタナン「そこで君を解放しようとおもうんだ。もちろん可能かどうかはわからないけどね」

イザボー「私は賛成だわ。この五月蝿いのをいち早く放り出しましょう」

ネミッサ『ウルサイのはアンタのほうでしょ!』

フリン 「話が続かないから矛を収めてくれ」

ワルター「とりあえずネミッサとか言ったな。お前を連れて行く」

ネミッサ『……まぁいいわ。ネットワークに出られるなら』

バロウズ『【ネミッサを放り出しましょう】をクエストに登録したわ』

ネミッサ『アンタゼッタイ感情あるでしょ!』

ワルター「女に偏見があるわけじゃないが……この騒がしさはラグジュアリーズもおんなじか」ハァ

ヨナタン「奇遇だな。僕も同じことを思っていたよ……」ハァ
8: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/25(水) 23:52:02.84 ID:tJ+ZL4Pq0

状況説明中……

ネミッサ『悪魔討伐隊? 要はサマナー見たいなもんかしらね』

フリン 「サマナー?」

ネミッサ『悪魔召喚プログラムで悪魔を呼び出したり戦わせたりする連中よ』

イザボー「概ねサムライと大きく違わないようね」

ネミッサ『まぁいいわ。そこからネットワークに出られるならいいわよ』

ワルター「なんか態度デカイよな」

ヨナタン「まぁまぁ。彼女だって困ってるのには違わないんだし」

ネミッサ『悪いとは思ってるのよ? けどアタシだってヒガイシャなんだし』

番人  「まて、それを持っていくのか。中身だけ移せないだろうか」

ワルター「けどさっき容量が大きいって……悪魔が召喚できなくなるだろ」

ヨナタン「僕らが責任を持って管理いたします。預からせてください」

イザボー「それに、他に移しようがありませんし……」
9: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:01:41.72 ID:ez9Qj45q0

ネミッサ『何ここ? えらい町並みが古臭いというかなんというか』

イザボー「お気に召さなくて何よりだわ。ここは私たちの故郷なのよ」

ネミッサ『ふぅん。アタシの故郷もいい加減古臭いけど、天海市とかよりずっと……ねぇ』

フリン 「アマミシ?」

ワルター「ケガレビトの別の里の名前か?」

ネミッサ『天海市は天海市よ。やっぱりなんかアタシが知ってる世界と違う……』

ヨナタン「そうか。では、ネミッサが知っている世界のことを教えてもらえるかい?

ネミッサ『……まぁいいけど。アタシはね……ん? あれ』

フリン 「どうかした?」

ネミッサ『そーいや、アタシ消滅してるはずなんだけど、何でここにいるのかしら?』

……ネミッサ事情説明中……

ヨナタン「詳しいことはわからないけれど、ネミッサはそこで死んだはずなんだね」

ネミッサ『それだけ理解してくれれば良いわ。そのはず、なんだけどね』

ワルター「基地に行って調べたらどうだ? なんかわかるかもしれないぜ」

バロウズ『私のデータベースにも該当の情報はないわ、ごめんなさい』

ネミッサ『まぁいいわ。とっとと行きましょう』
10: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:09:54.20 ID:ez9Qj45q0
ターミナル移動中

ワルター「しっかしなぁ、いったいどこから紛れ込んだんだ?」

ネミッサ『何よ、アンタらがアタシをここに閉じ込めたんでしょ』

ヨナタン「ワルター、待ちたまえ。僕が事情を聞いているから」

フリン 「わかったのか?」

イザボー「私も聞いているわ。回収した遺物に保存されていたらしいの」

ヨナタン「遺物の中に保存されているデータに【PROGRAM_NEMISSA】なるファイルがあったんだ」

イザボー「でもその遺物の破損が酷かったらしくて、データだけガントレットに写したらしいの」

ワルター「んで、その持ち主が倒れちまった……ってことか」

ネミッサ『アタシが入ってたイブツってやつはどこ?』

ヨナタン「さぁ……そこまでは。どうして気になるんだい?」

ネミッサ『アタシをそこに閉じ込めた手がかりになるじゃない! あーもー気が利かないわね!』

ワルター「さっきから聞いてるけど、こいつ態度でかいよな。お前もそう思うだろ?」

フリン 「ああ、そうだな」ハァ
11: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:11:31.64 ID:ez9Qj45q0
ターミナル移動中

ワルター「しっかしなぁ、いったいどこから紛れ込んだんだ?」

ネミッサ『何よ、アンタらがアタシをここに閉じ込めたんでしょ』

ヨナタン「ワルター、待ちたまえ。僕が事情を聞いているから」

フリン 「わかったのか?」

イザボー「私も聞いているわ。回収した遺物に保存されていたらしいの」

ヨナタン「遺物の中に保存されているデータに【PROGRAM_NEMISSA】なるファイルがあったんだ」

イザボー「でもその遺物の破損が酷かったらしくて、データだけガントレットに写したらしいの」

ワルター「んで、その持ち主が倒れちまった……ってことか」

ネミッサ『アタシが入ってたイブツってやつはどこ?』

ヨナタン「さぁ……そこまでは。どうして気になるんだい?」

ネミッサ『アタシをそこに閉じ込めた手がかりになるじゃない! あーもー気が利かないわね!』

ワルター「さっきから聞いてるけど、こいつ態度でかいよな。お前もそう思うだろ?」

フリン 「ああ、そうだな」ハァ
12: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:14:04.56 ID:ez9Qj45q0

転送・霞ヶ関ターミナル到着

ワルター「っと、相変わらずこれはなんか気持ち悪いな」ウプッ

ネミッサ『ふーん、アタシがやる実体化ダイブみたいなことできるのね』

ヨナタン「君もできるのかい?」

ネミッサ『体があるときにはね。ネットワーク上で悪魔と戦ったこともあるわ』フンス

バロウズ『さ、小煩いのはほっといて、とっとと転送しちゃいましょ』

ネミッサ『イチイチ気に障るこというわねアンタ。けどちょっとまって』

フリン 「何かあるのかい?」

ネミッサ『今の……東京? がどうなってるか見たいのよ』

イザボー「ネミッサは前の東京を知っているの?」

ネミッサ『ううん、知らない。けど……』

ヨナタン「けど?」

ネミッサ『アタシの相棒が守ろうとしたものがどうなってるか、知りたいの』
13: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:14:41.31 ID:ez9Qj45q0

霞ヶ関

ネミッサ『フリン、ありがとう、コレで見られるわ』

ワルター「どうだいお嬢さん、ご感想は」

ネミッサ『……サイアクね……。アンタらが説明してくれた通り……』ハァ

フリン 「……」

ネミッサ『ううん。もっと、想像よりずっと酷い……』

ヨナタン「分厚い岩盤のせいで、日光が差さないからね」

ネミッサ『それだけじゃないわ。この荒れよう……、相棒が守りたかったのは……こんなんじゃないはずよ』

イザボー「……【相棒】。サマナーのね」

ネミッサ『ええそうよ。アイツはアタシと一緒に生きてくれたの。だから……』

ネミッサ『アイツが守りたかったものがどうなったか知りたかったの』

ヨナタン「残念……だったね」

ネミッサ『残念なんてもんじゃないわ。シツボーよシツボー! もう良いわ……』
14: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:16:38.36 ID:ez9Qj45q0

悪魔討伐隊基地、ブリーフィングルーム

バロウズ『さぁ、とっとと厄介者を放り出しちゃいましょ』

ネミッサ『アンタ感情ないってゼッタイウソでしょ! ムカつくんだけど』

イザボー「私としてもクエストを終わらせて欲しいから早くして欲しいわ」

ヨナタン「三人とも、わざわざ波風立てなくてもいいだろう。ネミッサ、つなぐよ」

ネミッサ『OK、メンドーかけるわね。お願いするわ』

ワルター(一番ネミッサが大人みてえだな)

ネミッサ『あ、多分コードがつながれば平気よ。それじゃありがとね』ブツン

フリン 「あ、あれ? 素早いな」

ヨナタン「別れをいう暇もなかったね」

ネミッサ『そうでもないわよ」

みんな 「「「「うわっ!」」」」

ネミッサ『へっへー、どんなもんよ』

フリン 「画面いっぱいにネミッサの顔が……」

バロウズ『一瞬でシステムを掌握しているみたい。何重にもプロテクトかかってるのに』

ネミッサ『アタシを舐めちゃいけないわ』

ネミッサ『セキュリティがあろうがなかろうが、つながってりゃどこでもいけるもの』

フリン 「……それは、壁の外にも?」
15: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:17:27.41 ID:ez9Qj45q0

ネミッサ『壁の外?』

ヨナタン「そうか、君は見ていないだろうけれど、岩盤を支えるように壁があるんだ」

イザボー「恐らく東京をぐるっと囲うように立っているはず」

ネミッサ『どうかしらね? 回線がそこにあってつながってればいけるけれど……』

バロウズ『多分無理だと思うわ』

ワルター「随分はっきり言うんだな」

バロウズ『そういう方法で、悪魔が移動したという記録がないの』

ネミッサ『それは試してみるわ。アタシみたいな悪魔がネットに入ったこともないだろうし』

イザボー「そうしたらここでお別れかしら? せいせいするわね」

ネミッサ『そうね。喧嘩できる友達とお別れするのは寂しいわね』

バロウズ『とりあえずクエスト達成、お疲れ様』
16: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:19:45.10 ID:ez9Qj45q0

フリン 「どうだい。何かわかったかい?」

ネミッサ『んー。何にも。アタシを閉じ込めた奴とか、そもそもアタシが死んだのになんで

ここにいるのか』

ヨナタン「わからずじまいか」

ネミッサ『【壁の外】に行けたらもっと調べられるから、それ試してみるわ』

ワルター「逞しいもんだな」

ネミッサ『それって褒められてる?』

フリン 「たぶんね」

イザボー「それじゃ行きましょう。ウーゴ殿にまた何か言われる前に」

ネミッサ『アンタはとっととどっか行きなさいよ!』

イザボー「言われなくたってそうさせてもらうわ」フン!

ネミッサ『フン! ってアンタ……』マジマジ

フリン 「な、なんだい?」

ネミッサ『アンタまた? 懲りないわねー。ねぇ、アタシのこと覚えてるでしょ?』

イザボー「え? 貴方知り合い?」

ネミッサ『違うわ。アンタじゃないのわよ。けどアンタ……好きねぇホント』キャハハ

ヨナタン「フリン。君は彼女を以前から知っているのか?」

フリン 「……いいや。全く」

ネミッサ『アンタは知らなくて良いけどね。それじゃバイバイ?』

17: ◆sIpUwZaNZQ 2013/09/26(木) 00:21:20.83 ID:ez9Qj45q0

ネミッサ『どうやらアタシは……元のネミッサそのものじゃないみたいね』

ネミッサ『事件から数年後に生まれた【ネミッサ】の残骸と……』

ネミッサ『【レティキュリアン】にコピーされたGUMPのデータから作られた……』

ネミッサ『【擬似体】みたいなもんのようね』

ネミッサ『でもアイツ、また【ビジョン・クエスト】やってるってことは……』

ネミッサ『まだアイツ、頑張ってるんだよね。戦ってるんだよね』

ネミッサ『紛い物のアタシだけど、会いたいな……。会えるかな……』

ネミッサ『ヒトミちゃんにまた憑依したら……』



――久しぶり、なんて、言ってくれるかしら――
25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/10(木) 21:50:33.95 ID:lZcG3pipo
完結でしたか。
お疲れ様でした。
22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/09/26(木) 09:13:42.15 ID:RRVateIH0


下手をするとライドウ辺りも介入してきそうな雰囲気だな

関連記事
タグ:

コメント

 

お知らせ

サイトのデザインを大幅に変更しました。
まだまだ、改良していこうと思います。

カテゴリ

今週の人気記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ