【FF6】オルトロス「テュポーン先生、ケフカ倒しに行きません?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 20:50:09.30 ID:Hb/Huxy20
竜の首コロシアム──

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

挑戦者「うわあぁぁぁっ!」ビュオッ

オルトロス「………」

オルトロス(まぁ~たテュポーン大先生の鼻息が炸裂しとるのう)

オルトロス(ポーションなんか賭けよってからに……)

オルトロス「………」

オルトロス(わい、いつまでここで働けばいいの? だれか教えて……)


注目記事




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 20:53:50.26 ID:Hb/Huxy20
オーナー「オルトロス!」

オルトロス「は、はいっ!」

オーナー「今日はもうおしまいじゃ。コロシアムを全部清掃したら、寝てよいぞ」

オルトロス「分かりましたっ!」

オーナー「いやぁ~今日も面白い戦いがいっぱい見られた!」

オーナー「ハッハッハ……」スタスタ

オルトロス(くっ、人を奴隷みたいにこき使いおって……。いや、タコですけどね)

オルトロス(このままじゃ、一生わいはあいつの奴隷や……)
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 20:56:24.25 ID:Hb/Huxy20
スタッフA「掃除はタコに任せて、俺たちも帰るか!」

スタッフB「タコ、しっかり掃除しとけよ!」

スタッフC「じゃあな、タコ!」

オルトロス「お疲れ様です!」

オルトロス(くそっ、あいつらめ……たこあし喰らわせたろかい!)

オルトロス「とりあえず、ホウキでゴミを集めるかのう……」サッサッ

オルトロス「なんで、わいばかりこんな目に……トホホ」サッサッ
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:00:09.30 ID:Hb/Huxy20
テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「テュポーン大先生!」

オルトロス「まさか、手伝ってくれるんですか!?」

テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「ありがとうございます!」ウルッ

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

オルトロス「ああっ、せっかく集めたゴミが~! 先生、鼻息やめてぇ~!」

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

オルトロス「ひぃぃぃ~っ! やめてよぉ~!」
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:05:11.74 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「ふぅ、やっと終わった……バンザーイ!」

テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス(しっかし今から寝たとしても、コロシアム開始まで三時間しかない……)

オルトロス(このままじゃ、過労死まっしぐら……)

オルトロス(一年前、わいは輝いていた……)

オルトロス(むかつくタコ野郎として、四度もあいつらと死闘を演じた……)

オルトロス(それが今やコロシアムの受付、というかパシリ……)

オルトロス(どうしてこうなっちゃったのよ~ん!)
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:11:01.04 ID:Hb/Huxy20
オルトロス(あの大地震で世界が崩壊してから、なにもかも狂ってしもうた……)

オルトロス(あれがなきゃ、ここのジジイもコロシアムなんか建てなかったはず)

オルトロス(全てあのケフカとかいう、神様気取りのヘンテコピエロが悪いんや!)

オルトロス(あいつをやっつければ、きっとまたわいは輝ける!)

オルトロス(世界を救ったってことで金をもらえるだろうから、借金も返せる!)

オルトロス(しかも女の子にモテモテになるかも……)

オルトロス(うん、ナイスアイディア!)

オルトロス(でも、一人じゃ寂しいし、怖い……)

オルトロス(ところが大丈夫! このオルトロス様にはつおーい味方がいるのだ!)

オルトロス(──というわけで)

オルトロス「テュポーン先生、ケフカ倒しに行きません?」
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:14:09.55 ID:Hb/Huxy20
テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「え、いいんですか!?」

テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「ありがとうございます!」

テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「じゃあさっそく、あのピエロがいるところへ行きましょう!」

テュポーン「フンガーッ!」
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:18:24.52 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「ヘンテコピエロがいるアジトへ、レッツゴー!」

テュポーン「フンガーッ!」

テュポーンに乗って、コロシアムから旅立つ(逃げ出す)オルトロス。

~ 仲間を求めて ~

オルトロス「う~ん、タコにはもったいないくらいの名曲……」

ノロノロ……

オルトロス「テュポーン先生、もう少し速く飛べませんか?」

テュポーン「フンガーッ!」ノロノロ…

オルトロス「ごめんなさいっ!」
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:22:13.84 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「ん!?」

オルトロス「大先生、あそこに変なのが飛んでます!」

テュポーン「フンガーッ!」ノロノロ…

二人が遭遇したのは、封印されていた魔物デスゲイズだった。

オルトロス「うわぁ、怖そう~」オドオド

デスゲイズ「レベル5デス」

オルトロス「え、仲間になってくれるの!?」

デスゲイズ「レベル5デス」コクッ

オルトロス「しかも、ケフカがいる塔まで運んでくれるって!?」

デスゲイズ「レベル5デス」コクッ
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:26:21.45 ID:pFtde29s0
青魔道士加入か、やったね!オルちゃん!!
18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:27:58.93 ID:Hb/Huxy20
デスゲイズのおかげで、オルトロスたちはあっという間に瓦礫の塔にたどり着いた。

オルトロス「やったぁ~!」

テュポーン「フンガーッ!」

デスゲイズ「レベル5デス」

オルトロス「よぉ~し、ケフカをやっつけて借金返してやるけんね!」

テュポーン「フンガーッ!」

デスゲイズ「レベル5デス?」

オルトロス「デスゲイズ、君はここで待っていてちょうだい」

オルトロス「ここから先は厳しい戦いになるけんね」

デスゲイズ「レベル5デス」コクッ
19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:32:16.64 ID:Hb/Huxy20
デスゲイズは足手まといになると判断したオルトロスは、
テュポーンと二人で瓦礫の塔に侵入した。

オルトロス「本当は3パーティーくらい必要な気がするが、何とかなるやろ」

オルトロス「さぁ行きましょう、テュポーン先生!」

テュポーン「フンガーッ!」

「なんだあいつら?」 「ケフカ様の敵か?」 「いや、ただのタコとオバケだ」

「弱そうだな」 「というか、あんな奴らと関わりたくない」 「無視しよう」

オルトロス「ラストダンジョンなのに、全然敵が出ませんなぁ」

オルトロス「わいと大先生に恐れを抱いたのかも? ふっしっしっし!」

テュポーン「フンガーッ!」

しかし、さすがにボスキャラは彼らの前に立ちはだかることになる。
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:37:18.56 ID:Hb/Huxy20
VSインフェルノ

インフェルノ「………」

オルトロス「うわぁ、おっかなそうや……」

オルトロス「だが、ジャマするんならやっつけるまでよ!」

インフェルノ&ラフ&ケトゥ「デルタアターック!」

ズガーンッ!

オルトロス「ぎえぇぇぇっ!」

オルトロス(くっ、さすがに強いやんけ!)
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:40:17.44 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「テュポーン大先生、おねが~い!」

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

インフェルノ&ラフ&ケトゥ「あらっ」ビュオッ

インフェルノたちは鼻息でどこかに飛ばされた。

オルトロス「さすがは先生!」

テュポーン「フンガーッ!」
24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:45:14.97 ID:Hb/Huxy20
VSイエロードラゴン

オルトロス「うわ、すっごい黄色い!」

オルトロス「こんな黄色いドラゴンなんて許されるの!?」

オルトロス「紫色のタコなんて許されるの!?」

イエロードラゴン「サンダラ」ズガガッ

オルトロス「許してっ!」

イエロードラゴン「サンダガ」ズガガガッ

オルトロス「やめてぇっ!」

オルトロス「テュポーン大先生、出番です!」

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

イエロードラゴン「ちょっ」ビュオッ

イエロードラゴンは鼻息でどこかに飛ばされた。
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:50:22.72 ID:Hb/Huxy20
VSスカルドラゴン

オルトロス「うわ~ガイコツや~! ガイコツのドラゴンや~!」

スカルドラゴン「死の宣告」

オルトロス「ひぃぃぃっ! わいの頭にカウントダウンが!」

スカルドラゴン「10……9……8……7……」

オルトロス「今何時だっけ?」

スカルドラゴン「16時」

スカルドラゴン「16……15……14……13……」

オルトロス「時そば成功! 大先生、今がチャンスですっ!」

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

スカルドラゴン「うわっ」ビュオッ

スカルドラゴンは鼻息でどこかに飛ばされた。

オルトロス「うっ、激戦が続いたせいでお腹が痛くなってきた」ゴロゴロピー
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:53:10.92 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「う~トイレトイレ」

オルトロス(今トイレを求めて全力疾走してるわいは、ごく一般的なタコ)

オルトロス(強いて違うところを挙げるとすれば)

オルトロス(色が紫で、言葉を話せて、魔法も使えて、エロ目ってとこかナー)

オルトロス(やばい、出ちゃうよ~!)ゴロゴロ

オルトロスはトイレを発見した。

オルトロス「よかった、トイレや!」ゴロゴロ

オルトロス「!?」

トイレにはアルテマバスターが居座っていた。

バスター「我が名はアルテマ……」

バスター「時のかなたに忘れ去られし者……」

オルトロス「どうでもいいけど、どいてくんない?」ゴロゴロ
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 21:56:21.81 ID:Hb/Huxy20
バスター「小便をしたくば、我を打ち倒すしかない」

オルトロス「くっ!(大便なんだけどな……)」ゴロゴロ…

オルトロス(わいの速さを上げて、速攻でやっつけるしかない!)

オルトロス「ヘイスト!」ピリリリ…

バスター「!?」

オルトロス(ま、まずい。ヘイストで便意まで早くなっちゃった……)ゴロゴロ

オルトロス(早く倒さんと、オルトロスじゃなくスカトロスになってしまう!)ピーゴロゴロ

オルトロス「たこあし! たこあし! たこあし! たこあし! たこあし!」

ドゴォン!

バスター「ぐべぁっ!」
30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:00:39.40 ID:Hb/Huxy20
バスター(このタコ、我よりも強い!?)

バスター(くそっ、ここはひとまず逃げるか!?)

オルトロス(伝家の宝刀たこあしでも倒しきれんとは!)

オルトロス(仕方ない、口八丁でどいてもらうしか……)

オルトロス「あ、あの……」ゴロゴロ

バスター「!?」ビクッ

オルトロス「あんた、さっき自分を忘れ去られた者とかいってたけど」

オルトロス「わいは君のこと、一生忘れん!」

バスター「!」

オルトロス「だからお願い、トイレを使わせて!」ゴロゴロ

オルトロス(う~む、我ながらひどい説得や)
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:02:01.53 ID:wv/7U2VC0
スカトロスで吹いた
33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:03:19.76 ID:Hb/Huxy20
バスター「………」

バスター「我は創造されて間もなく……この地に安置された……」

バスター「我は何をすべきなのか考え続けた……」

バスター「永い間、考え続けた……」

バスター「その答えがようやく出たようだ……」

アルテマバスターが仲間になった!

オルトロス「!?」
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:08:10.26 ID:Hb/Huxy20
無事トイレを済ませたオルトロスはアルテマバスターを連れ、
テュポーンのもとに戻った。

オルトロス「テュポーン大先生、新入りのアルテマウェポンです」

バスター「アルテマバスターだ」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「テュポーンさんですか、よろしく」

テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「さて、ここからはいよいよ塔の最深部」

オルトロス「テュポーン先生、トイレバスター君、準備はよろしい?」

バスター「アルテマバスターだ」

オルトロス「ケフカのところへレッツゴー!」

テュポーン「フンガーッ!」
36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:12:22.09 ID:Hb/Huxy20
VSガーディアン

オルトロス「ひぃ~強そう!」

バスター「我に任せておけ……」ザッ

オルトロス「じゃあトイレウェポン君、お願い!」

バスター「一分で終わらせてやろう」

ガーディアン『基本プログラム作動!』

ドゴーンッ!

バスター「うげっ!」

ガーディアン『ダダルマー戦闘プログラム作動!』

バキィッ!

バスター「ぐぎゃあっ!」
38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:15:12.39 ID:Hb/Huxy20
バスター「うぅっ……」ゲホゲホ

オルトロス「大丈夫?」

バスター「敵は手強い……。ひとまずここは逃げよう……」

オルトロス「えぇっ、せっかくここまで来たのにィ!」

バスター「死ぬくらいなら逃げた方がマシだろう!」

オルトロス「ちぇっ、仕方ない」

ガーディアン『オルトロス戦闘プログラム作動!』

オルトロス「えっ!?」

ガーディアン『たこあし』

バキィッ!

不意を突いたたこあしが、オルトロスを直撃した。

テュポーン「フンガーッ!」

バスター(くっ、オルトロス……死んでしまったか……)
40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:19:25.46 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「この程度かい……」ゴゴゴ…

バスター「え!?」

バスター(オルトロスのパワーがぐんぐん上がっている!?)

オルトロス「人の技を勝手にパクりよって……タコですけど」ゴゴゴ…

オルトロス「しかし、しょせんは機械のたこあし……わいの足元にも及ばん」ゴゴゴ…

オルトロス「本当の“たこあし”とはこういうものだ!」

ザシュッ!

オルトロスのたこあしが、ガーディアンを一刀両断した。
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:22:26.37 ID:Hb/Huxy20
ガーディアン『……ガガガ……ナゼダ、ワタシのタコアシハ……』プスプス…

ガーディアン『カンペキ、ダッタハズ……』プスプス…

オルトロス「たしかにお前のたこあしは、形だけは完璧だった……」

オルトロス「しかし、お前のたこあしには……心が足りなかった……」

オルトロス「もしタコに生まれ変わったら……わいのとこに来い。弟子にしたるけんね」

ガーディアン『フッ……ゼヒ、タノム……』

ズガァァァンッ!

オルトロス「お前もまた強敵(とも)だった……!」
43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:25:29.89 ID:Hb/Huxy20
ガーディアンを倒し奥へ進むと、三闘神の石像があった。

バスター「あれは……三闘神だ!」

オルトロス「よし、こっちも三人いるもんね。一人一体ずつ倒しましょ~!」

テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「わいが女神ちゃんと戦うんで、先生はあのゴツイのをお願いします」

テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「トイレ君はあの赤いやつを頼むね」

バスター(我も女神と戦いたかった……)
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:29:57.10 ID:Hb/Huxy20
テュポーンVS魔神

魔神「キサマが私の相手か」

テュポーン「フンガーッ!」

魔神「愚か者め、魔神の怒りを思い知るがよい」

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

魔神「えっ」ビュオッ

魔神は鼻息でどこかに飛ばされた。
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:34:18.88 ID:Hb/Huxy20
オルトロスVS女神

オルトロス「おおおっ、ええ体や!」

女神「!?」

オルトロス「わいの好みとは少しずれるけど……た、たまらん」

オルトロス「たこあし」ニュルッ

女神「きゃあっ!?」

オルトロス「おおっ、さすが女神ちゃん、柔らかくてきもちええ……」ニュルニュル

女神「ふ、ふざけるなっ!」

オルトロス「えい」ニュルッ

女神「あうっ」ビクン
50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:37:09.71 ID:Hb/Huxy20
女神「や、やめなさいっ!」

オルトロス「やめてっていわれたら」

オルトロス「オルちゃん、ますますはりきっちゃうもんねー!」ニュルニュル

女神「あ……あぁっ! や、やめ……ああ、ん……ああっ!」ビクビクン

女神「くっ……!」

女神「お、おのれ、よくもこのような恥辱を……許さぬ!」

女神「クラウディ──」

オルトロス「えい」ニュルッ

女神「ひっ」ビクン

オルトロス「えいえい」ニュルニュル

女神「い、いやぁっ……も、もう、ああっ……!」ビクンビクン
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:40:12.59 ID:Hb/Huxy20
五分後──

女神「わ、私の……負けだ……」ハァハァ

女神「殺すがいい……」ハァハァ

オルトロス「………」

オルトロス「わいのたこあしは、女性を傷つけるためのものやない」

オルトロス「負けを認めた相手に、追い討ちはかけん」

オルトロス「これでもタコの間では紳士で通ってるんでね」

オルトロス「じゃあな、女神……」ザッ

女神(オルトロス……)ドキン
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:44:18.93 ID:Hb/Huxy20
アルテマバスターVS鬼神

アルテマバスターは大苦戦していた。

鬼神「ファイガ」

鬼神「メテオ」

鬼神「フレアスター」

ズガガーンッ!

バスター「ぐわああぁぁぁっ!」

バスター(なんという強さ! こ、これが三闘神か……!)

バスター(他の二柱も似たような強さだろうし、あの二人はすでにやられているだろう)

バスター(くそっ、ここはひとまず逃げるしかないか!?)
55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:45:21.08 ID:qcb/AvTu0
コマンドの半分が「にげる」だなコイツ
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:48:20.60 ID:Hb/Huxy20
テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「トイレ君、大丈夫~?」

バスター「!?」

バスター「二人とも、よく無事だったな! 逃げてきたのか!?」

オルトロス「いんや、わいとテュポーン先生は女神と魔神、倒してきたけんね」

バスター「!?」

バスター(我だけこんなに苦戦しているのか!?)

バスター(いや、きっと鬼神だけずば抜けて強いんだ! そうに決まってる!)
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:50:45.53 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「苦戦してるなら手伝うけど?」

バスター「………!」

バスター(ここで手を借りるなど、我のプライドが……でも勝てそうもないし……)

鬼神「アルテマバスター。アルテマの名を冠するからには少しはできるかと期待したが」

鬼神「とんだ期待外れだったな」

バスター「!」

鬼神「そろそろ決着をつけてやろう」ゴゴゴ…

バスター「う、うっ、うぅっ……」
63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:53:56.15 ID:Hb/Huxy20
バスター「うるせぇぇぇ!」

鬼神「!?」ビクッ

オルトロス「トイレ君!?」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「我だって好きでトイレにいたわけじゃねぇんだよぉ!」

バスター「戦闘BGMが『死闘』じゃなく『決戦』で悪かったなぁぁぁ!」

バスター「アルテマウェポンがマリオだとすると、我はルイージだとぉ!?」

鬼神「んなこと一言もいってな──」

ドゴッ!

鬼神「うげぇっ!」
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:55:40.15 ID:Hb/Huxy20
バキッ! ドゴッ! ガスッ! メキッ! グシャッ!

オルトロス「やめて、それ以上やったら死んじゃうってば!」

バスター「はぁ、はぁ、はぁ……」

鬼神「ピクピク」

オルトロス「トイレ君、君の勝ちだよ!」

バスター「はぁ、はぁ、はぁ……。だってこいつ、我のことをバカにして……」グスッ

オルトロス「泣くんじゃな~い!」

オルトロス「『決戦』だっていい曲じゃないか!」

オルトロス「トイレにボスがいたっていいじゃないか!」

オルトロス「たとえ世界中が君を笑おうと、わいと先生はトイレ君の味方や!」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「すまん……ありがとう……」
67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 22:57:31.19 ID:Hb/Huxy20
その頃、オペラ劇場──

ダンチョー「どうしてこうなった」

アースドラゴン「………」

インフェルノ「………」

イエロードラゴン「………」

スカルドラゴン「………」

魔神「………」
71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:02:50.42 ID:NZ2Wgfaq0
>>67 すげぇwww勝てる気がしねぇww
69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:00:41.77 ID:Hb/Huxy20
再び瓦礫の塔──

オルトロス「うむむ、あれがケフカっぽい! なんか浮いてますけど!」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター(なんという邪悪なエネルギーだ! ひとまず逃げるべきか!?)

瓦礫の塔の最上部に、神として君臨するケフカ。

ケフカ「ようこそ諸君」

ケフカ「皆さん必ず来ると思って──って誰だお前ら!?」

オルトロス「オルちゃんと愉快な仲間たちでぇ~す」

オルトロス「お前をやっつけて、英雄タコになって、借金返したるけんね」

ケフカ「下らん!」

ケフカ「世界はもうすぐ滅ぶのです。借金など返す必要はなくなる」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:03:21.24 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「なにっ!? よっしゃ、すぐ滅ぼしてくれ!」

バスター「オルトロス、世界が滅べば我々も死ぬぞ」

オルトロス「それはまずい!」

オルトロス「やっぱり世界を滅ぼすのはやめい!」

オルトロス「死ぬよりは、借金まみれのがマシや!」

ケフカ「仮に私が手を下さなくても、どうせいつかは死ぬのです」

ケフカ「なのに、なぜ生きようとする?」

オルトロス「なぜっていわれてもねぇ……」

オルトロス「生きてりゃいいことあるかもしれんし」

バスター「うむ。生きることによって、いいものを見つけられるかもしれぬ」
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:07:51.80 ID:Hb/Huxy20
ケフカ「お前たちは見つけたのですか? この死に絶えようとしている世界で……」

オルトロス「見つけた!」

オルトロス「かわいい女の子!」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「トイレ!」

ケフカ「………」

ケフカ「意味が分からん!」

ケフカ「お前たちなどカス以下の以下だ! 今すぐ滅ぼしてくれる!」

オルトロス「イカじゃなくてタコです」

ケフカ「うるさい!」
79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:17:45.34 ID:3yvc2cC1O
>>74
>ケフカ「お前たちなどカス以下の以下だ! 今すぐ滅ぼしてくれる!」

オルトロス「イカじゃなくてタコです」

ケフカ「うるさい!」


お前絶対この下りやりたいがために書いただろwwww
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:11:54.86 ID:Hb/Huxy20
~ 妖星乱舞 ~

オルトロス「かっちょいい曲~」

バスター「ケフカに勝ったら、この曲を我のテーマ曲にしよう」

テュポーン「フンガーッ!」

ラストバトルが始まった。

オルトロス「たこあし!」バシッ

バスター「アルテマ!」ズオオッ

テュポーン「フンガーッ!」フンッ

三人は悪戦苦闘しながら、ケフカへの道を駆け上がっていく。
76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:14:30.40 ID:Hb/Huxy20
テュポーン「フンガーッ!」

オルトロス「きっつい連戦やのう。ええい、ケフカはまだかい!」ハァハァ

バスター「む、ようやくお出ましのようだぞ」ゼェゼェ

天からケフカが姿を現す。

オルトロス「うわっ、男の裸なんか見たくないんだけど!」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「なんという姿だ、まるで天使と悪魔の融合……。ひとまずここは逃げ──」

ケフカ「命……夢……希望……どこから来て、どこへ行く?」

オルトロス「知るかい!」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:18:23.47 ID:Hb/Huxy20
ケフカ「そんなものは……この私が破壊する!」

ケフカ「心ない天使」ピロロロ…

オルトロス「あら、可愛い技」

オルトロス「──って、ゲェーッ! みんなHPが1になってるゥ!」アセアセ

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「逃げよう、これはもう逃げるしかなかろう!」アセアセ

『逃げられない!』

ケフカ「知らなかったのか? ラスボスからは逃げられない……!」

オルトロス「で、ですよねー」
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:21:14.62 ID:Hb/Huxy20
オルトロスは自分の足を食べ、テュポーンは鼻で深呼吸をし、
アルテマバスターはトイレで汲んでおいた水を飲んで回復した。

オルトロス「ふぅ、危なかったわい。タコみたいな味だった」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「しかし、このままじゃ……」

バキィッ!

オルトロス「ぐええっ!」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「げぼっ!」

バスター(ダメージ受ける、回復、ダメージ受ける、回復、の繰り返しだ!)
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:24:15.46 ID:Hb/Huxy20
『カオスをこえて終末が近づく……』ゴゴゴ…

オルトロス「!?」

オルトロス「なんか近づいてきたみたいよ!」

バスター「気をつけろ、きっと大技が来るぞ!」

テュポーン「フンガーッ!」

ケフカ「ミッシング」

シュゴオオオッ!

オルトロス「ひぃぃぃぃっ!」

バスター「ぎゃあああっ!」

テュポーン「フンガーッ!」

再び瀕死になる三人。
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:27:16.12 ID:Hb/Huxy20
ケフカ「うひょひょひょ、皆さんなかなかしぶといですねぇ」

ケフカ「しかし、もう飽きました。まとめて消滅してもらいましょうか」

バスター「ど、どうする!?」

オルトロス「ヤツを倒すには、みんなの力を合わせた“たこあし”しかない!」

バスター「どういうこと!?」

オルトロス「わいが先生の鼻息を背中で受けて、ミサイルみたいに突っ込んで」

オルトロス「トイレ君のアルテマをまとったたこあしを、ヤツにぶつける!」

バスター「しかし、そんなことしたら……」

オルトロス「わいは死ぬかもしれん」

オルトロス「けど、かまわん!」

オルトロス「ここまできたら、かっこいいタコとして名を残して死にたい……!」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:30:22.61 ID:Hb/Huxy20
テュポーンは大きく息を吸い込み、アルテマバスターはアルテマを撃つ態勢に入る。

オルトロス「タコの意地、見せてやるけんね!」

ケフカ「最後のあがきというやつですか? ふん、つまらん!」

テュポーン「フンガーッ!」ブオオッ

特大の鼻息に後押しされ、オルトロスがケフカに突っ込む。

オルトロス「今だ! パワーをたこあしに!」

バスター「いいですとも!」ズオオオッ

アルテマバスターの放ったアルテマが、オルトロスを包み込んだ。

ケフカ「なんだとっ!?」

オルトロス「うおおおおっ!」ギュオオオッ
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:32:09.85 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「これが合体奥義、アルテマ鼻息たこあし!」


ズ バ シ ュ ッ !


ケフカ「………」

ケフカ「し……」

ケフカ「シンジラレナーイ!」


ズガァァァ─────ン……


ケフカは大爆発を起こした。
92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:35:18.21 ID:NZ2Wgfaq0
や・・・やったか!?
94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:36:59.64 ID:Hb/Huxy20
オルトロスの一撃で、ケフカは滅びた。
しかし、ケフカの爆発に巻き込まれたオルトロスも空高く吹っ飛んでいた。

バスター「まずい!」

テュポーン「フンガーッ!」

バスター「あんな高さから落ちたら、オルトロスといえど……死んでしまう!」

バスター(受け止めてやりたいが、ほぼ全パワーをアルテマに注いだため体が動かん!)

テュポーン「フンガーッ!」ノロノロ…

テュポーンがキャッチしようと飛ぶが、とても間に合いそうもない。

ヒュルルル……

オルトロス(うぅ……やった……。テュポーン大先生、トイレ君、ありがとう……)

オルトロス(いい人生、じゃなくタコ生やった……)

オルトロス(みんな……わいというタコがいたこと、忘れないでね……)
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:41:23.70 ID:Hb/Huxy20
すると──

ビュオオオッ!

デスゲイズ「レベル5デス」ヒュッ

オルトロス「!?」

どこからともなく飛んできたデスゲイズが、オルトロスをキャッチした。

オルトロス「デ、デスゲイズ……」

デスゲイズ「レベル5デス」ニコッ

バスター「おおっ、助かった!」

テュポーン「フンガーッ!」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:44:54.58 ID:Hb/Huxy20
瓦礫の塔最上部にて、たこ焼きを食べながら勝利を祝う四人。

オルトロス「バンザーイ! これできっと、借金返せるぞ~!」モグモグ

テュポーン「フンガーッ!」ガツガツ

バスター「我が生み出された理由は、このためだったようだ」パクパク

デスゲイズ「レベル5デス」ムシャムシャ

しかし──

ワイワイガヤガヤ……

オルトロス「ん、なにやら塔の下から声が……」
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:49:02.14 ID:Hb/Huxy20
オーナー「オルトロス、こんなところにおったか! よくも逃げやがったな!」

オーナー「ぶっ殺してやる!」

オルトロス「げぇっ!?」

オルトロス(まさかこんなとこまで追ってくるとは……タコよりしつこい!)

ロック「なんでオルトロスがこんなところにいるんだ!?」

セリス「ケフカはどこなの!?」

オルトロス「ひぃっ!?」

オルトロス(あわわ、まずい。倒しちゃったなんていったら、わいが倒されかねん!)

女神「この体を辱めた責任、取ってもらいます!」

オルトロス「うわっ!?」

オルトロス(わい、まだ結婚したくない! だって一人の女に縛られたくないもん!)
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:52:13.63 ID:Hb/Huxy20
オルトロス「ええい、逃げるが勝ちよ!」サッ

デスゲイズに乗り込むオルトロス。

バスター「逃げるのならば、我もついていこう」サッ

テュポーン「フンガーッ!」サッ

デスゲイズ「レベル5デス」

ビュオッ!

三人を乗せたデスゲイズは、そのまま瓦礫の塔から飛び立った。



戦いは終わった……。

しかし、オルトロスたちの逃亡生活はここから始まるのだった。


                              
                                   ~おわり~
102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:53:05.50 ID:qcb/AvTu0
乙トロス
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:53:32.50 ID:NZ2Wgfaq0
乙!久々におもしろいSSを読んだ
セリフまわしうまかったな
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/10(土) 23:54:36.79 ID:3gVu2L/l0
フンババ「あの…俺、フンババブレス使えるんスけど…仲間にしてもらえませんかね…」


面白かった
116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/11(日) 00:11:10.45 ID:hpV50WfO0
もっとタコと女神の絡みをだな……

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア