アイリ「起きて、私の可愛いセイバー?」セイバー「え?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 22:51:44.72 ID:oyk2g5cQ0
自宅

アイリ「起きた?」

セイバー「……?」

アイリ「さ、今日は王様に会う大事な日でしょ?」

セイバー「え?これは一体……?」

アイリ「ほらほら、準備して」

セイバー「……」

セイバー「私が王です」

アイリ「あはは。何いってるの?貴女は勇者セイバーでしょ?」

セイバー「勇者?」

セイバー「問おう、貴女が私のマスターか?」

アイリ「私はお母さんよ?」


注目記事




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 22:53:49.73 ID:oyk2g5cQ0
セイバー「意味が……」

アイリ「はい、王様に失礼のないようにね。場所はわかるわよね?」

セイバー「あの……聖杯戦争は……?」

アイリ「はやくいく!」

セイバー「わ、わかりました……」

セイバー「……」

セイバー(どうやらルールが改変されたようですね)

セイバー(とりあえずこの世界の王とやらに会いましょうか……)

セイバー「……」トコトコ
4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 22:58:02.38 ID:oyk2g5cQ0
王城

ギルガメッシュ「あはははは!!!よくきたな、雑種!!」

セイバー「……」

ギルガメッシュ「ほれ、旅に必要な剣だ。受け取るが良い」

セイバー「エクスカリバー……」

ギルガメッシュ「魔王に奪われた聖杯を取り戻し、ここへもってこい」

セイバー「……そういうルールなのですね?」

ギルガメッシュ「そう。我がルールだ」

セイバー「分かりました。必ず聖杯をここへ」

ギルガメッシュ「ふふ。期待しているぞ?」

セイバー「よし。エクスカリバーさえあれば……」

『セイバーは エクスカリバーを 手に入れた!』

セイバー「……」

セイバー「なんだこの世界は……」
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:02:03.34 ID:oyk2g5cQ0
街道

セイバー「さてと、どこへ向かえばいいのでしょうか……」

セイバー「魔王を探せば自ずと聖杯にたどり着けるのは明白ですが……」

『モンスターが あらわれた!』

セイバー「?!」

刻印蟲「きしゃー!!」

セイバー「なんだ、この卑猥な魔物は……」

セイバー「だが、私の敵ではない」

セイバー「いくぞ」ズシッ

セイバー「……!?」

セイバー(なんだ……体が重い……)

セイバー「くっ……思うようにうごけ―――」

刻印蟲「きしゃー!!!」

セイバー「なっ!?やめろ!!こっちにくるな―――!!!」


『セイバーは 死んだ』
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:05:24.83 ID:oyk2g5cQ0
王城

ギルガメッシュ「死んだか、セイバー?」

セイバー「はっ……!?」

ギルガメッシュ「あはははは!!!随分とあっけないなぁ!!」

セイバー「油断しただけです……」

ギルガメッシュ「やはり小娘には荷が勝ちすぎていたか?」

セイバー「……」カチンッ

ギルガメッシュ「所詮は雑種。勇者というのも肩書きに過ぎんか」

セイバー「次こそは必ず……」

ギルガメッシュ「ふん……ま、精々がんばるが良い」

セイバー「……」

セイバー「屈辱だ……」

セイバー「しかし、私のステータスはどうなっている……」

セイバー「明らかに弱体化しているのでは……?」
10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:08:47.19 ID:oyk2g5cQ0
街道

セイバー「街の中だと普通なのですが……」

セイバー「外に出ると体が重く感じてしまう……」

『モンスターが あらわれた!』

セイバー「来ましたね……」

刻印蟲「きしゃー!!!」

セイバー「同じ相手に負けるほど私は甘くない!!」

ザンッ!

刻印蟲「きしゃー!!!」

刻印蟲「しゃー!!」

セイバー「斬ったら分裂した!?」

セイバー「くそ!!!」ザンッ!!

刻印蟲「「「きしゃー!!!!」」」

セイバー「……不覚」


『セイバーは 死んだ』
12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:09:57.08 ID:692wHawL0
おいおい
13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:11:33.94 ID:oyk2g5cQ0
街道

セイバー「次こそは……」

『モンスターが あらわれた!』

刻印蟲「きしゃー!!」

セイバー「斬るだけでは増えてしまう」

セイバー「ならば……」

セイバー「エクス―――」

セイバー「―――カリバァァァァ!!!!」

セイバー「……でない」

セイバー「エクスカリバー!!エクスカリバー!!!」ブンブン

セイバー「どうして……どうして……!!」ブンブン

刻印蟲「きしゃー!!!」

セイバー「くそ……!!!どうして……!!」ブンブン

セイバー「エクスカリバー!!!」


『セイバーは 死んだ』
15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:16:22.15 ID:oyk2g5cQ0
王城

ギルガメッシュ「怒りを通り越して愛でたくなってきたぞ?」

セイバー「次こそは……」

ギルガメッシュ「もうよい。お前は我の妻になれ。勇者には向いておらんようだ」

セイバー「そんなことは……!!!」

ギルガメッシュ「……」

セイバー「こんなはずじゃ……こんな……」ウルウル

セイバー「私は……誉れ高きブリテンの王……なのに……」ウルウル

セイバー「こんな……辛酸を舐めるなんて……」

ギルガメシュ「仲間だ」

セイバー「え?」

ギルガメッシュ「今の貴様はなにもできん、赤子も同然だ。この世界では能力にロックがかかっているからな」

セイバー「……」

ギルガメッシュ「己の脆弱を補うだけの仲間を集めよ。幸い、この街には猛者が多い」

セイバー「わかり……ました……」
17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:18:50.05 ID:oyk2g5cQ0


セイバー「仲間……か」

セイバー「確かに今の私ではこの街から出ることすらできない……」

セイバー「背中を任せられる仲間が欲しいですね……」

セイバー「……」キョロキョロ

セイバー「ん?」

立て札『仲間が必要なかたは 是非酒場へ』

セイバー「酒場……」

セイバー「向こうですね」

セイバー「……」トテトテ
21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:22:31.09 ID:oyk2g5cQ0
酒場

慎二「いらっしゃーい!!マキリの酒場へ!!あーっはっはっは!!!」

セイバー「すいません。仲間が欲しいのですが」

慎二「んー?誰?」

セイバー「申し遅れました。私はセイバーというものです」

慎二「ああ、勇者の。聞いてるよ。大変だね」

セイバー「ええ……」

慎二「もう何回も死んだってみんがうわさしてるよ?」

セイバー「……」

慎二「勇者のくせに隣の街にもいけないとか、ちょーわらえるんですけどー!!!」

セイバー「……黙れ、俗物」シャキン

慎二「お……や、やめろ……剣を仕舞えよ……」

セイバー「仲間をお願いします」

慎二「はいはい……じゃあ、このリスト表から選んでくれ。おすすめは戦士、僧侶、魔法使いだな」

セイバー「ほうほう……」
23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:26:43.22 ID:oyk2g5cQ0
セイバー(未だにこの世界の仕組みがよくわからない……)

セイバー(オススメがあるのでしたらそれに従うべきでしょう)

セイバー「では、戦士、僧侶、魔法使いでお願いします」

慎二「おっけー。じゃ、少し待ってろ」

セイバー「分かりました」

セイバー「一体、どんな人物でしょうか……」

セイバー「信頼にたる人ならいいのですが……」

「おまたせしました」

セイバー「……貴女は?」

バゼット「私の名はバゼット。職業は戦士です。ご指名していただき、感謝します」

セイバー「よろしくお願いします、バゼット」

バゼット「こちらこそ」

セイバー(よかった。誠実そうな人だ)

セイバー(これなら残る二人も安心でしょう)
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:28:30.16 ID:/Za6vUC30
何故不器用な人を…
28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:31:02.38 ID:/rs0EHbQ0
武闘家じゃねえか
29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:32:00.48 ID:oyk2g5cQ0
「あなたが、勇者さん?」

セイバー「ええ。セイバーです。貴女は?」

メディア「私はメディア。一応、僧侶をしているわ」

セイバー「よろしくおねがいしま―――」

メディア「ふーん……」サワサワ

セイバー「ど、どこを触っているのですか!?」

メディア「いいわ……長い旅になるでしょうけど、よろしく」

セイバー「え……ええ」

バゼット「よろしくお願いします」

メディア「……貴女はお呼びじゃないわ」

バゼット「それはいい。所詮は魔王を倒す間の絆だ。互いに深入りしないほうが賢明でしょう」

メディア「あら、よくわかっているじゃない」

バゼット「傭兵を長くやっているとそういう考えにもなります」

メディア「ま、私とは絶対に仲良くなれないでしょうけどね」

バゼット「同感です」
31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:33:11.57 ID:/Za6vUC30
セイバーの貞操が危ないッ!
35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:37:45.19 ID:oyk2g5cQ0
セイバー「あの……仲良く……」

「待たせたな」

セイバー「あなたは……?」

エミヤ「エミヤだ。魔法使いをしているが、剣術のほうが得意でな。主に前線で戦わせてもらう」

セイバー「なにを勝手な……」

バゼット「では、出発しましょうか」

メディア「どうやら見かけ通り脳みそまで筋肉みたいね?」

バゼット「どういう意味ですか?」

メディア「旅をするにはまずは準備。基本じゃないの」

バゼット「この拳さえあれば、何もいりません」

メディア「あーやだやだ。すぐに腕力に訴える人はこれだから……」サワサワ

セイバー「ひっ!!変なところを触らないでください!!」

バゼット「弱気な発言ですね。自分の魔術に絶対の自信がないと見える」

メディア「なんですって?」

エミヤ「ふっ……どうにもチームワークはなさそうだな。だが、自由にできるという点では居心地がいい」
37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:41:48.17 ID:oyk2g5cQ0


メディア「ほら、セイバー。お買い物をしましょう?」

セイバー「え、ええ」

バゼット「では、先に出発しています」

エミヤ「ゆっくりでいいぞ」

セイバー「待ってください!!仲間なら行動をともにするべきです!!」

メディア「あんなやつどうでもいいじゃない」

セイバー「よくありません!!」

エミヤ「セイバー?君は一人では旅立つこともできないそうだな?」

セイバー「え、ええ……」

エミヤ「だから必死なのか?」

セイバー「悔しいですが……そうです」

エミヤ「ふむ……」

バゼット「……5分で準備を」

メディア「はいはい」
39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:44:59.30 ID:oyk2g5cQ0
街道

セイバー「では、行きましょうか」

エミヤ「……次の街までは北に20、東に10といったところだ」

セイバー「分かるのですか?」

エミヤ「ああ」

バゼット「本当に魔術師ですか?」

エミヤ「どう思ってくれてもかまわないよ?」

バゼット「……」

メディア「ちょっと……誰か……にもつ、もちなさいよ……」ヨロヨロ

バゼット「殆ど貴女の私物だ。なに甘ったれたことを言っていますか」

メディア「く……」

セイバー「あの……仲良く……」

『モンスターが あらわれた!」

セイバー「!?」

刻印蟲「きしゃー!!!」
42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:49:08.35 ID:oyk2g5cQ0
エミヤ「きたか……!!」シャキン

セイバー「気をつけてください。物理的なダメージを与えると分裂し増殖を―――」

バゼット「はぁぁぁ!!!!」ドゴォォ!!

セイバー「バゼット!?!」

刻印蟲「「きしゃー!!!」」

バゼット「増えた……」

セイバー「私の説明を―――」

バゼット「ならば……分裂が追いつかない速度で殴り続けるのみ……!!!」

セイバー「え……」

バゼット「はぁぁぁぁぁ!!!!」ドゴゴゴゴ!!!

刻印蟲「「「「「「「「「「「「「きしゃー!!!!」」」」」」」」」」」」」」

メディア「増えてるわよ。どうするの?」

バゼット「予想外ですね……。魔王の手先も中々手ごわい……」

セイバー「あぁ……」

エミヤ「ふっ、いきなり全滅の危機か」
46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:54:59.43 ID:oyk2g5cQ0
刻印蟲×30「きしゃー!!!!」

メディア「グロテスクな容姿……。私の美的感覚からは大幅に逸脱しているわね」

エミヤ「あれを好む女性がいるとは思えんがね」

バゼット「そうですか?個人的な嗜好は千差万別でしょう?」

メディア「あなた、アレがかわいいとでもいうの?そんな眼球、くりぬいたほうがマシよ?」

バゼット「客観的な意見を述べたにすぎません」

エミヤ「どうだろうな。君はかなり好みの偏向がみられそうだ」

バゼット「出会って間もないのにそれは偏見です」

エミヤ「そうか。謝罪しよう」

セイバー「あの……どうしてそんなに落ち着いているのですか……?」

エミヤ「死ぬときは意外と冷静になるものだよ」

セイバー「しかし!!」

エミヤ「だが、余裕なときはもっと冷静にいられる」

セイバー「え?」

エミヤ「たがか30匹だ。我々の敵ではないだろう?」
47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:55:50.61 ID:yxfI6eYa0
セイバー「え!?」
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/29(日) 23:58:55.66 ID:oyk2g5cQ0
セイバー「ですが……攻撃を加えると」

エミヤ「いや、あれ以上は増えんだろう」

セイバー「え?」

バゼット「はっ!!」ドゴォ

刻印蟲「ぶしゃ?!」

バゼット「分裂できる回数が限られているようです。無限ではなくて助かりました」

エミヤ「バゼットのおかげでカラクリが解けたな」

セイバー「まさか……それを知って……?」

バゼット「……はい」

メディア「嘘ばっかりね」

エミヤ「さ、害蟲駆除といこうか」

メディア「スリッパでいいんじゃないの?」

バゼット「死肉が飛散し、大変なことになります」

エミヤ「ふっ……確かに。衣服についたら目も当てられない」

セイバー「……いきます!!!」ザンッ!!
49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:02:08.17 ID:kmsbrWXC0


エミヤ「ようやくたどり着けたな」

バゼット「では、宿の手配をしてきます」

エミヤ「そのまま寝るのかな?」

バゼット「食事をして寝ます。それ以外に起きているメリットがなさそうなので」

エミヤ「合理主義もここまでくると芸術かもしれないな」

メディア「さ、セイバー。新しい服でも買いにいきましょー♪」

セイバー「……」

エミヤ「どうした?」

セイバー「いえ……なんでもありません」

エミヤ「そうか」

メディア「さ、こっちよー!!」

セイバー「はい」

エミヤ「ふむ……」
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:08:10.75 ID:kmsbrWXC0
魔王城

「そう……ついに勇者が動きだしたのね」

カレン「はい」

「ふふふ……でも、か弱い存在……すぐに悪夢の世界に引き摺りこんであげるわ……」

カレン「どうされますか?」

「四天王をここへ」

メドゥーサ「既に……」

ハサン「……」

ディルムッド「主の導きのままに」

クー「はっ……めんどくせえなぁ」

「勇者の抹殺を命じます」

ディルムッド「では、この私めが……」

「できますね?」

ディルムッド「勇者の首を必ずここへ……」

「お願いね?」
54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:13:27.60 ID:kmsbrWXC0
武具屋

メディア「これなんてどうかしらー?きゃー!!」

セイバー「あの……このようは衣服では然程、敵の攻撃を防げるとは思えませんが」

メディア「そんなのどうでもいいのよー」

セイバー「は?」

メディア「とりあえず着替えて着替えて」

セイバー「しかしですね……」

メディア「はやくぅー」

セイバー「分かりました……」

さつき「あのぅ……お決まりになりましたかぁ?」

メディア「まだよ」

さつき「ひっ……すいません……」

リーズバイフェ「さつき、だから言っただろ」

さつき「チーフ……すいません」

メディア(白いドレスは絶対に似合うとおもうのよねー♪)
56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:17:52.15 ID:kmsbrWXC0


エミヤ「では、ここか更に東にいった村は魔王の手先によって滅ぼされたと?」

蒔寺「そうなんだ。もーまじたいへんでさー」

氷室「突然、夜がやってきたという証言もあるが。確かなものではないらしい」

エミヤ「夜……」

三枝「あそこには……沙条さんもいたのに……うぅ……」

氷室「……」

蒔寺「魔王のやつ!!絶対に許せない!!」

エミヤ「なるほど」

氷室「ところでどうしてそのようなことを?」

エミヤ「いやなに、ただの好奇心だよ」

氷室「そうか」

エミヤ「有益な情報に感謝する。これで魔王討伐に一歩近づいた」

三枝「え……あなたは……?」

エミヤ「ただの勇者だ。気にすることはない」
58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:22:12.54 ID:kmsbrWXC0
宿屋

メディア「ただいま」

エミヤ「おかえり。おそか―――」

セイバー「……」

エミヤ「セイバー……」

セイバー「なんですか……?」

エミヤ「いや。そうしてリボンで髪を結っていると、まるで姫君のようだな」

セイバー「侮蔑を感じます……」

エミヤ「憧憬といって欲しいな」

メディア「ところであの筋肉レディは?」

エミヤ「もう就寝している。彼女はメリットを感じないと行動しないらしくね」

メディア「ふん……そんな生物もいるのね」

セイバー「我々も床につきましょう」

エミヤ「その前に話しておきたいことがある」

メディア「なにかしら?」
59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:26:09.69 ID:kmsbrWXC0
翌日 村

セイバー「酷い……何も残っていない……」

エミヤ「先日、魔王の手先にやられたらしい」

メディア「そう……」

バゼット「……」

セイバー「魔王は一体……何を企んでいるのですか?」

エミヤ「世界征服だろう。聖杯を用いてな」

セイバー「馬鹿馬鹿しい。そんなことができるわけないでしょう」

エミヤ「まだ聖杯は完成していないらしい。完成したらどうなるかはわからん」

セイバー「万能の願望機であることは変わらないのですね……」

メディア「……ところでさっきから棒立ちでなにをしているの?」

バゼット「そこにいる者、姿を現せ」

ランスロット「……」

セイバー「……?」

ランスロット「■■■■―――!!!!!」
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:29:56.36 ID:kmsbrWXC0
『モンスターが あらわれた!』

セイバー「魔物か?!」

エミヤ「構えろ!!くるぞ!!!」

メディア「一番、苦手なタイプね……。ああいう何も考えないのは嫌いなのよ」

バゼット「私は好きですが」

ランスロット「■■■■―――!!!!」ドドドドッ

セイバー「はぁ!!!」

セイバー(まだ体が鉛のように重い……!!)

ギィィン

セイバー「くっ!!」

ランスロット「■■■―――!!!」ドゴォ

セイバー「ぐっ!!」

エミヤ「セイバー!!―――トレース・オン!!」

バゼット「この拳で……!!」

メディア「詠唱するから時間を稼ぎなさい!!」
61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:34:35.09 ID:kmsbrWXC0
ディルムッド「……あれは……」

ディルムッド「勇者の一団か……」


ランスロット「■■■―――!!!」

エミヤ「カラドボルグ!!」ドンッ!

ランスロット「■■■―――」パシッ

エミヤ「なんだと!?」

バゼット「はぁぁぁ!!!」ドゴォ

ランスロット「■■■―――!!」ザンッ

バゼット「ぐはぁ?!」

エミヤ「投影した武器を……自身の得物にするとは……」

メディア「どきなさい!!」

エミヤ「セイバー!!」ガバッ

セイバー「な―――?!」

メディア「消し飛べ―――!!」

ランスロット「?!」
62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:38:24.67 ID:kmsbrWXC0
エミヤ「すごい威力だな……」

セイバー「助かりました……」

エミヤ「気にするな」

バゼット「しかし、強引過ぎます。威力にモノをいわせただけではないですか」

メディア「別にいいじゃない」

バゼット「しかしですね……」

『セイバーは レベルがあがった!』

セイバー「あ……」

エミヤ「どうした?」

セイバー「体が少し軽くなりました」

メディア「レベルが上がったのね。技も増えたんじゃないかしら?」

セイバー「技ですか?」

『セイバーは 風王結界を習得した!』

セイバー「……らしいです」

バゼット「おめでとうございます」
64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:44:07.58 ID:kmsbrWXC0
ディルムッド「―――では、手合わせを願おうか?」

セイバー「!?」

エミヤ「貴様は……?」

ディルムッド「魔王四天王が一人、ディルムッド」

メディア「あら……大物が出張ってきたのね」

バゼット「……」

ディルムッド「勇者の一団……我が槍で葬ってやろう」

エミヤ「……」

セイバー「いいでしょう。ようやく解放された我が力、受けるがいい」

エミヤ「セイバー、気をつけろ」

セイバー「え?」

エミヤ「奴の赤い槍は魔法を打ち消し、黄色い槍は持ち主を倒さない限り癒えない傷をつくる呪いの槍だ」

ディルムッド「貴様……!?」

エミヤ「すまんが私は武器の鑑定が得意なのでね」

バゼット(元商人かなにかか……?)
65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:49:13.57 ID:9nj3LT9a0
エミヤ頼もしすぎるw
66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:50:32.73 ID:kmsbrWXC0
ディルムッド「だが、武器の能力が割れたところでよけられなければ意味はない……」

エミヤ「まあ、そうだな」

ディルムッド「いくぞ……!!」

エミヤ「間合いに入らないようにすればそれほど恐ろしい武器ではない」

セイバー「わかりました」

メディア「私とは相性が良いみたいね……あの人」

バゼット「そこで見学していてください!!」

メディア「そうするわ」

セイバー「風王結界」ゴォォォ

ディルムッド「む……」

セイバー「はぁ!!」ギィィン

ディルムッド「ちっ……剣の間合いが……」

エミヤ「こちらからもいくぞ!!」

バゼット「でぁぁ!!!」

ディルムッド「同時に攻撃をしかけてくるのか……!!」
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 00:57:17.57 ID:kmsbrWXC0
ディルムッド「―――卑怯な」

セイバー「こちらは四人です。こうなることを想像していなかったのですか?」

ディルムッド「勇者ならば一騎打ちを選ぶと思っていた」

エミヤ「残念だが、セイバーを一人で戦わせるほど我々に余裕はないのだ」

ディルムッド「……殺せ」

バゼット「では……」グッ

セイバー「待ってください」

バゼット「魔王の手先に容赦は不要です」

セイバー「ディルムッド」

ディルムッド「なんだ?」

セイバー「私の力が全て解放されてからなら、貴方との一騎打ち受けて立ちましょう」

ディルムッド「なに……?」

エミヤ「セイバー……正気か?」

セイバー「貴方にこうして勝ってもなんの感慨もありません。今度は必ず私の全力をお見せします」

ディルムッド「見逃すというのか……?」
70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:04:09.10 ID:kmsbrWXC0
セイバー「はい」

メディア「セイバー……可愛いから許すけど、バゼットと同じタイプなのかしら?」

バゼット「私は敵に情けをかけません」

ディルムッド「ふふ……ふははは!!」

セイバー「何がおかしい?」

ディルムッド「生き恥をさらせというか。この敗残兵に」

セイバー「私は純粋に貴方と戦いたいのです」

ディルムッド「……わかった。またいつか必ず障壁となりて姿を現そう」

セイバー「感謝します」

エミヤ「……呆れた勇者もいたものだ。この村の惨状を目の当たりにして見逃すとは」

セイバー「この村を滅ぼした輩は先ほどの狂戦士でしょう。彼ではない」

バゼット「同感です。あいつの得物では焼け野原にはできないでしょう」

メディア「だからって……ま、セイバーが決めたことだからいいけどね」

エミヤ「拾った命は最後まで面倒みるのだぞ?」

セイバー「当然です」
72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:08:06.70 ID:kmsbrWXC0
魔王城

「やられた……?」

カレン「はい」

「まぁいいです。ディルムッドは四天王の中でも一番の小物。負けても仕方ないですね」

カレン「……」

「では……次、ハサン」

ハサン「はい……」

「いきなさい」

ハサン「御意」

カレン「大丈夫でしょうか?」

「暗殺に秀でたハサンなら……」

カレン「なるほど」

「ふふふ……聖杯は絶対に奪わせない……」

「願いを叶えるのは私……私なの……」

「ふふ……ふふふ……」
75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:13:32.63 ID:kmsbrWXC0
数日後 街

ハサン「……情報ではこの街に滞在中らしいな」

ハサン「正面からでは負けるが……影に潜んでこその真価を発揮する……」

ハサン「さてと……行きましょうか……」

クー「よお」

ハサン「なんですか?」

クー「首尾はどうだ?」

ハサン「これからです」

クー「そうか。手伝ってやろうか?最近、生ぬるい戦争にばかり借り出されてて運動不足なんだよな」

ハサン「結構です。魔王様の命は一人で完遂してみせます故」

クー「そうかい。つれないねえ」

ハサン「では」

クー「……」

クー「勇者ね……」
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:17:47.29 ID:kmsbrWXC0
宿屋

ハサン「ここか……」

ハサン「おじゃまします……」

ハサン「……」

バゼット「すぅ……すぅ……」

ハサン「一人だけ……好都合だ……」

ハサン「では……」

ハサン「遠慮なく―――!!!」ギラッ

バゼット「ふっ!!」ドゴォ

ハサン「ぶはぁ!?」

バゼット「……」

ハサン「バカな……完全に気配は……消していたのに……」

バゼット「殺す瞬間まで気配を消せない貴方は、アサシンとしては三流です」

ハサン「な、に……!?」

バゼット「殺気を出すのは相手の心臓を一突きにしてからです。常識でしょう」
80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:23:18.79 ID:kmsbrWXC0
ハサン「ここは退却を……」

バゼット「ふっ!!」バキィ

ハサン「ぐほぉ?!」

バゼット「逃げられるとでも?」

ハサン「おのれ……!!」

バゼット「む……?」

ハサン「これだけは使いたくなかったが……」

バゼット「……」

ハサン「貴方の心臓を……もらいます」

バゼット「ほう?」

ハサン「行きます……妄想―――」

バゼット「アンサラー―――」バチバチ

ハサン「―――心音!!!」ゴォォ

バゼット「―――フラガラック!!!!」シュン!!
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:27:26.22 ID:kmsbrWXC0


メディア「今日もいっぱいかっちゃったぁ」

セイバー「あの……私は貴方の着せ替え人形ではないのですが」

メディア「いいじゃないの。装備は充実させておくに越したことはないわ」

セイバー「そうはいいますが―――」

『セイバーの レベルがあがった!』

セイバー「え?」

メディア「あら?良かったわね」

セイバー「ど、どうして……?」

メディア「あのフェイカーか筋肉レディが魔物を倒したんじゃない?」

セイバー「そうなのですか」

メディア「経験値は共有するものだから」

セイバー「ですが、単体で敵を撃破できるなんて……」

メディア「セイバー?」

セイバー「羨ましいですね……」
84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:34:15.05 ID:kmsbrWXC0
宿屋 屋上

エミヤ「ここにいたか」

セイバー「エミヤ……」

エミヤ「寝ないのか?」

セイバー「少し考えていました」

エミヤ「……」

セイバー「私は……皆の足を引っ張っているだけではないかと」

エミヤ「急にどうした?」

セイバー「私は弱い。ここまでの道中でも三人がいなければ数え切れないほど私は死んでいたでしょう」

エミヤ「そうかもしれないな」

セイバー「私の居る意味が……無いように思えてきました」

エミヤ「そうか。存在意義を見出せないと?」

セイバー「この世界に召喚されたのであれば、この世界の理に従うしかない。けれど、力が十分に振るえないままでいるのは……」

エミヤ「辛いか?」

セイバー「騎士としてこれほどの苦渋はありません」
85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:40:25.68 ID:kmsbrWXC0
エミヤ「そうか……確かに、君はそうだろうな」

セイバー「惨めな思いをするだけなら……いっそのこと……」

エミヤ「この世から消えるか」

セイバー「……」

エミヤ「セイバー、剣を抜け」

セイバー「え?」

エミヤ「我らのリーダーがそのように弱気ではいつかこのパーティは滅ぶ」

セイバー「なにを……」

エミヤ「この一戦で勝ったほうが勇者だ。どうだ?」

セイバー「やめてください……仲間に刃をむけることなどできません……」

エミヤ「では、お前を殺し、私が勇者となろう」

セイバー「……?!」ギィィィン

エミヤ「初めから負けを甘受する救世主など……誰も求めてはいない……!!」

セイバー「やめて、ください……!!」

エミヤ「セイバー……君は今、正義の味方を信じる者たち全てを裏切った……それはわかっているのか……?」
88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:45:48.10 ID:kmsbrWXC0
セイバー「な……に……?」

エミヤ「君は今、自身の弱さに嘆き、絶望し、宿命を投げ出したのだ」

セイバー「……!?」

エミヤ「逃げるのか?」

セイバー「エミヤ……」

エミヤ「王の背を信じ、付いて来た民を見捨てるのか?」

セイバー「わ、たしは……」

エミヤ「臆病者の末路にしては相応しい場所かもしれないな……!!!」

セイバー「ぐっ……!!」

エミヤ「君はやはり勇者にはなれんようだな……!!」

セイバー「私は……!!私は……!!!」

エミヤ「ぬ……!?」

セイバー「―――逃げない!!!」ギィィン!!

エミヤ「ぬぉ……!?」

セイバー「はぁ……はぁ……王が……逃げるわけにはいかない……民の盾となり、次代の道しるべになるべき者だから!!」
89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:51:07.08 ID:kmsbrWXC0
エミヤ「ふふ……そうだ。だが、お前は弱い!!」ギィィン

セイバー「ぐぅ……!?」

エミヤ「こうして魔法使いの私にすら押される始末だ……!!さあ、この逆境をどう切り抜ける?」

セイバー「ぐぅぅ……!!」

エミヤ「何故弱いか……それは、君の心が折れかかっているからに他ならない!!」

セイバー「ああ……そうだ……そうかもしれない……」

エミヤ「ステータスなの目安にすぎん。勇者のお前が絶望するにはまだ早い……」

セイバー「……」

エミヤ「さあ、力を取り戻せ……!!」

セイバー「あぁぁぁぁ!!!!」ゴォォォ

エミヤ「風が―――!!?」

セイバー「―――風王鉄槌!!!」

エミヤ「ぐはぁ?!」

セイバー「はぁ……はぁ……」

エミヤ「破壊力を伴った暴風か……ふっ、やればできるじゃないか、セイバー」
90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:54:55.49 ID:kmsbrWXC0
セイバー「すいません……加減を忘れてしまいました……」

エミヤ「いや……自力で能力の解放ができれば上出来だよ」

セイバー「エミヤ……」

エミヤ「エクスカリバーが未だに使えずとも、その力があれば大丈夫だ」

セイバー「ありがとうございます」

エミヤ「気にしなくていい。時には背中を押すことも肝要だろう?」

セイバー「……そうですね」

エミヤ「部屋に戻るか?」

セイバー「いいえ……。少し、夜風に当たります」

エミヤ「そうか……。では、付き合おう」

セイバー「え?」

エミヤ「星が綺麗だな。君だけが独占するのは少々頂けない」

セイバー「ふふ……すいません。確かにそうですね」

エミヤ「頼むぞ……勇者」

セイバー「はい……もう、弱音は吐きません」
91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 01:58:46.90 ID:kmsbrWXC0
魔王城

「ハサンまでも……!?」

カレン「はい」

「予想外……ですね……。まさか暗殺が失敗するなんて……」

カレン「どうされますか?」

「メドゥーサ」

メドゥーサ「はい」

「お願い」

メドゥーサ「必ずや勇者の首をここに」

「期待しているからね」

メドゥーサ「はい」

カレン「しかし、万が一のことがあれば……」

「メドゥーサならやってくれるわ……」

「だって、私のお気に入りだもの……ふふ……」

カレン(そろそろ身の振り方を考えてもいいかもしれませんね……)
95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:04:34.27 ID:kmsbrWXC0
カレン「……クー・フーリン」

クー「なんだよ?」

カレン「メドゥーサは勝てると思いますか?」

クー「相手が相手だからな。まぁ、アイツの宝具なら広域爆撃もできるし……」

カレン「勝率を聞きましょうか」

クー「7:3ってとこだな」

カレン「どちらが優勢かは……聞くまでもないでしょうね」

クー「ふん……」

カレン「では、そろそろ貴方の力を頼りにさせてもらいますよ?」

クー「加勢しろってか?」

カレン「いいえ。連戦に持ち込むのです」

クー「漁夫の利かよ」

カレン「可笑しなことを。私たちは魔王様の勢力。第三の勢力みたいな言い方ですね」

クー「よくいうぜ。お前は自分のことしか考えてねえだろ?」

カレン「ふふ……」
96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:10:02.84 ID:kmsbrWXC0
数日後 街道

セイバー「よし……またひとつレベルが上がりましたね」

メディア「きょうはゴスロリでもきてみるー?」

セイバー「やめてください!!」

バゼット「本当にメディアはセイバーを玩具にしていますね」

エミヤ「まあ、微笑ましい分にはいいのではないか?」

バゼット「仲間に溝ができるのは如何なものかと」

エミヤ「おや?珍しいな。君が仲間意識を語るとは」

バゼット「……」

エミヤ「明日は槍でも降るか?」

バゼット「くだらない……」

エミヤ「ふふ」

メディア「さぁ!!これをきなさーい!!」

セイバー「いい加減にしてください!!」
97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:14:49.93 ID:kmsbrWXC0
翌日 荒野

メディア「ここを越えるのね……」

バゼット「この地域は……?」

セイバー「木どころか草もない……」

エミヤ「魔王の暴力的な力が生命を根こそぎ抉ったあとだな」

メディア「魔王って結構すごいのね」

エミヤ「伊達で魔王と名乗っているわけではないだろうしな」

セイバー「ですが、魔王の城に近づいている証拠でもありますね」

エミヤ「その通りだ。この荒野を越えた先に奴がいる」

セイバー「行きましょう」

バゼット「はい」

メディア「セイバー、服が汚れちゃうから。着替えましょうか」

セイバー「こんな外で着替えたくないです」

エミヤ「それに……着替える暇などないぞ?―――上だ!!」

バゼット「!?」
98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:18:30.58 ID:kmsbrWXC0
ドォォォォン

セイバー「くっ……!?」

メディア「きゃぁぁぁ!!!」

バゼット「あぶない!!」パシッ!!

メディア「あ、ありがとう……」

エミヤ「なんだ……今のは……」

メドゥーサ「……」

セイバー「……?!」

バゼット「四天王の一人か……?」

メドゥーサ「その通り。メドゥーサと申します」

エミヤ「3人目か。四天王にしては随分と性急だが、余裕がないのか?それとも―――」

メドゥーサ「……」

エミヤ「セイバーの復活を恐れているのか?」

セイバー「え?」

メドゥーサ「戯言に付き合う気はありません。―――死ね」ジャララ!!
99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:23:40.42 ID:kmsbrWXC0
エミヤ「鎖の先に刃か……」

バゼット「うおぉぉぉ!!!」

メドゥーサ「!?」

バゼット「はぁ!!」バキィ

メドゥーサ「くっ!!」

バゼット「今です!!」

メディア「指図するんじゃないわよ!!―――くらえ!!!」ゴォォォン

メドゥーサ「小ざかしい……!!」シュッ!!

エミヤ「着地したあとはすぐに動けまい……」ギリギリ

メドゥーサ「弓兵!?」

エミヤ「違う。私は魔法使いだ。―――くらえ!!」ドンッ!!

メドゥーサ「しまっ―――」

バァァァン!!

セイバー「やったか……!?」

エミヤ「……」
101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:27:52.70 ID:kmsbrWXC0
バゼット「……どうやら、勝負は―――」

メディア「背を向けないで!!!」

バゼット「え―――」

ザンッ!!

バゼット「……ごふっ」

セイバー「バゼット?!」

クー「ちょっと油断しすぎだな」

エミヤ「貴様は……!?」

クー「四天王の一人、クー・フーリンだ。別に覚えなくていいぜ?お前らは今から死ぬんだからよ」

セイバー「もう一人いたなんて……」

メドゥーサ「クー・フーリン、何のようですか……?」

クー「見てられねえから手助けだよ」

メドゥーサ「不要です」

クー「そうか。なら、見物させてもらうわ」

メディア「バゼット!!しっかりして!!バゼット!!」
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:32:35.78 ID:kmsbrWXC0
エミヤ「メディア!!バゼットの手当てを!!」

メディア「もうしてるわよ!!」

クー「ま、治療するなら迅速にな?」

セイバー「おのれ……!!」

エミヤ「私は槍使いを相手にする」

セイバー「エミヤ……」

エミヤ「手助けは一切できんぞ……?」

セイバー「……大丈夫……やれます」

エミヤ「よし」

クー「おら、こいよ。一突きにしてやるぜ」

エミヤ「ゲイボルク……。因果を逆転させて心臓を穿つ呪いの槍か」

クー「てめえ……なにもんだ?」

エミヤ「しがない魔法使いだよ」

クー「気にくわねえ……。てめえみたいなやつが一番嫌いだぜ」

エミヤ「安心しろ。―――私もだ!!」
104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:37:42.33 ID:kmsbrWXC0
メドゥーサ「来なさい、勇者」

セイバー「……」

セイバー(大丈夫……やれる……)

セイバー(私には今……2つも武器がある……)

セイバー「風王結界……」ゴォォォ

メドゥーサ「そのような隠れ蓑など、私には何の意味もない」

セイバー「なに……!?」

メドゥーサ「天馬の一撃をもって……貴方を葬るだけですからね」

セイバー「先ほどの技か……」

メドゥーサ「行きます……」ゴォォォォ

セイバー「……」

セイバー(風王鉄槌で弾き返せば……)

メドゥーサ「……」

セイバー「……!?」ゾクッ

セイバー(駄目だ……あの一撃にはどう足掻いても敵わない……!!)
106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 02:44:22.25 ID:kmsbrWXC0
クー「おらおらおらぁ!!!」ギィィン

エミヤ「ふっ!はっ!!!」

クー「てめえ……!!」

エミヤ「どうした?」

クー「魔法使いなのか剣士なのか弓兵なのかはっきりしやがれぇ!!」

エミヤ「魔法使いだ」

クー「ざけんじゃねえ!!」

エミヤ「くっ……!!」

クー「やろう……俺の攻撃を簡単に受け流しやがって……」

エミヤ「簡単ではない。お前の一撃はどれも重い」

クー「当然だ!!ばかやろうがぁ!!」ギィィン

エミヤ「ふん!!」

クー「ちっ……てめえみたいな半端者に俺の必殺技をつかわなきゃならねえか」

エミヤ「大盤振る舞いだな」

クー「こっちの主が怖い奴でよ。長引くようなら飯抜きって言ってんだ。悪く思うなよ?」
112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:09:39.87 ID:kmsbrWXC0
メドゥーサ「ベルレ―――」

セイバー「くる……!?」

メドゥーサ「―――フォーン!!!」

セイバー「回避に全ての力を回すしかない……!!

セイバー「はっ!!」シュッ

メドゥーサ「甘い!!」

セイバー「な?!」

ドォォォン!!!

セイバー「が……!?」

セイバー「軌道が……直角に曲がった……」

メドゥーサ「苦しいでしょう?当たりが浅いと」

セイバー「ぐ……」

メドゥーサ「次で終わりにできますね」

セイバー「また……最初からに……」

セイバー「それだけは……!!」
113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:14:25.63 ID:kmsbrWXC0
エミヤ「セイバー……」

クー「余所見なんてしてていいのか?」

エミヤ「いや、すまないね」

クー「くらえ……ゲイ―――」

エミヤ「トレース……オン」

クー「―――ボルク!!!!」

エミヤ「ロー・アイアス!!」

ギィィィィィン!!!!

クー「なにぃ……!?」

エミヤ「悪いが早急に決めさせてもらおう……!!」

エミヤ「トレース・オン!!」バキィ

クー「てめえ……なにもんだ……!!!」

エミヤ「魔法使いだ……!!」

クー「ふざけん―――」

エミヤ「エクス―――カリバァァァ!!!」ドォォォン
114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:18:29.57 ID:kmsbrWXC0
メドゥーサ「ベルレ―――」

セイバー(駄目だ……もう……)

セイバー(メディアの回復も間に合いそうにない……)

セイバー(ここで……おわ―――)

エミヤ「―――また諦めるのか!!!」

セイバー「!?」

エミヤ「うおぉぉ!!!」

セイバー「エミヤ……!!」

メドゥーサ「―――フォーン!!!」

エミヤ「トレース・オン!!!」バキィ

エミヤ「エクス―――カリバァァァ!!!」ドォォォン

メドゥーサ「これは―――!!」

セイバー「な―――!?」

エミヤ「……」

メドゥーサ「ふっ……まさか……ここ、までの投影……まじゅ……つ……し……と、は……」
115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:22:51.41 ID:kmsbrWXC0
エミヤ「うっ……!!」

セイバー「エミヤ!!大丈夫ですか?!」

エミヤ「皮肉のひとつも浮かばない……」

セイバー「……メディア!!」

メディア「もうすこしまって!!」

セイバー「あれだけの魔力をつかって……大丈夫なのですか?」

エミヤ「いや……どうやら己の身の丈に合わないことをしてしまった……」

セイバー「エミヤ……」

エミヤ「少し休む……よ……」

セイバー「エミヤ……?」

エミヤ「……」

セイバー「おやすみ……なさい……」


『セイバーの レベルがあがった!』
119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:28:24.91 ID:kmsbrWXC0
野営

メディア「セイバー……ごはんは?」

セイバー「いりません……」

メディア「そう……」

セイバー「すいません……。バゼットは?」

メディア「もう大丈夫よ」

セイバー「それはよかった……」

メディア「……あの……」

セイバー「今は……一人にしてください……」

メディア「わかったわ……」

セイバー「くそ……!!」ダンッ!!

セイバー「私のせいだ……!!私が弱いから……!!!」

セイバー「エミヤは……!!」

セイバー「くっ……うぅ……」

セイバー「うぅぅ……!!」
120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:32:58.80 ID:kmsbrWXC0
魔王城

「メドゥーサまで……!?」

カレン「はい」

「そう……でも、一人は死んだみたいですね」

カレン「エミヤという魔術師ですね。メドゥーサと相打ちになったと」

「それで十分です……」

カレン「勇者の一団は恐らくこちらへ向かってくるでしょう」

「ええ。そのときは……」

カレン「魔王様が?」

「もうそれしかないですよね。カレンさんは戦えませんし」

カレン「申し訳ありません」

「私が……弱りきった勇者たちを悪夢の中へと誘ってあげます……」

「ふふふ……ふふふふふふ……!!」

カレン(やはりメドゥーサまでもやられましたね)

カレン(では、こちらもそろそろ動きましょうか……)
122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:37:07.03 ID:kmsbrWXC0
カレン「……」

クー「よう……」

カレン「お疲れ様」

クー「俺は死んだことになってんだろうな?」

カレン「勿論」

クー「ならいい……」

カレン「やはり女性には甘いのですね。正確な一撃をもってしても殺せないとは」

クー「あのバゼットとかいう女が異常に頑丈だっただけだ」

カレン「ふふ……そういうことにしておきましょう」

クー「で、聖杯は?」

カレン「もうすぐ完成します。そして……ギルガメッシュ氏も同時期に到着することでしょう」

クー「勇者がただの目くらましとはね……。やってることは外道だな」

カレン「あんな出来損ないの魔王に聖杯は過ぎたもの。勇者ばかりを気にして、反乱分子に気がつかない魔王も魔王ですし」

クー「まぁな」

カレン「では、もう一仕事してもらいますよ?」
124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:40:57.69 ID:kmsbrWXC0
翌日 荒野

セイバー「では、出発しましょう」

メディア「セイバー……大丈夫?」

バゼット「惜しい人物を亡くしましたね……」

セイバー「これが闘いです」

バゼット「ええ。我々は生きている。生きている限り、屍を越えていかなくてはならない」

セイバー「その通りです」

メディア「強いのか……強がりなのか……」

セイバー「エミヤは私たちに全てを託してくれました。だから……」

バゼット「ええ」

メディア「ここまできたなら最後まで付き合うわよ」

セイバー「はい!」

セイバー「必ず魔王を……倒す」

バゼット「……」コクッ

メディア「ええ……倒しましょう、絶対に……」
126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:45:59.77 ID:kmsbrWXC0
魔王城

セイバー「うあぁぁぁぁ!!!」

アルクェイド「シャァァァァ!!!!!」

セイバー「でぁ!!!」ズバッ!!

アルクェイド「キャァァァァ―――!!!!」

セイバー「はぁ……はぁ……」

バゼット「セイバー、少し抑えましょう」

セイバー「ですが……」

メディア「魔王にたどり着く前にばてちゃうわ」

セイバー「ふぅ……すいません」

バゼット「ですが、力はかなり増していますね」

セイバー「はい。今ならエクスカリバーを一度だけなら使用もできそうです」

メディア「一度だけか……」

セイバー「はい」

バゼット(戦況は圧倒的不利……でも、そうでないと面白くない)グッ
127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:51:13.71 ID:kmsbrWXC0
謁見の間

セイバー「この先にいるのですね……」

メディア「準備はいい?」

バゼット「この拳がある限り、負けはしない」

セイバー「では……」

メディア「ええ」

バゼット「……」コクッ

セイバー「……」

ギィィィィ……

セイバー「魔王……いますね?」

「―――よく来ましたね?」

バゼット「……」

メディア(なんて圧力……)

セイバー「驚きました。まだ少女ではないですか」

桜「私も。てっきり男だと思ってました。まさかこんなに可愛い女性とは……」
128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 03:56:05.09 ID:kmsbrWXC0
セイバー「聖杯を取り戻しに来ました」

桜「後ろにありますよ?」

バゼット「え……?」

イリヤ「……」

メディア「あの子が……聖杯ですって?」

桜「そう。聖杯の器。でも、もうすぐ満たされます」

セイバー「では、満たしてしまう前に……貴女を倒す……!!」

桜「戦う前に言っておきます。―――あなた達は私に触れることすら、できない」

ゴゴゴゴゴ……!!

セイバー「!?」

バゼット「黒い影の巨人……?!」

メディア「まさか……滅んだ村で夜がきたっていうのは……この影のこと……」

セイバー「くっ……」

桜「影に触れれば悪夢の中に入ります。一生抜け出すことはできませんが、興味があるならどうぞ?」

セイバー「興味があるのは魔王のいなくなった世界だけだ!!―――いくぞ!!」
130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:00:57.20 ID:kmsbrWXC0
桜「ふふ……無理無理……」

影「―――」ゴォォォ

バゼット「ふっ!!」シュッ

セイバー「くっ!!」

メディア「吹き飛ばす……!!」ドォォォン!!

影「―――」

セイバー「影が消えた!!」

メディア「ま、これぐらいは」

バゼット「メディア!!後ろです!!」

メディア「え?」

影「―――」ガバァァ

メディア「ひっ―――」

バゼット「吹っ飛べ!!」ドガァ

メディア「ぎゃぁ!?」

メディア「―――ちょ、ちょっと!!もっと優しく蹴り飛ばしなさいよ!!」
131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:06:52.90 ID:kmsbrWXC0
バゼット「優しくする余裕がないだけです」

メディア「うそね!!余裕があっても思い切り蹴ってたでしょ!?」

バゼット「否定はしません」

メディア「しなさいよぉ!!」

桜「随分と悠長ですね」

バゼット「死を覚悟すると冷静になれるものです」

メディア「ええ」

桜「馬鹿にして……!!!」ゴォォォ

影「―――」

セイバー「この影……無尽蔵ですか……」

メディア「あの魔王が使役している破格の使い魔って感じね」

バゼット「使い魔か……ならば魔力供給を断てば……勝機もみえてきますが」

セイバー「そんなことどうしたら……?」

メディア「……セイバー、バゼット。耳をかしなさい」

セイバー「なんですか?」
133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:12:47.89 ID:kmsbrWXC0
桜「いきなさい!!」

影「―――」

セイバー「―――では、バゼット」

バゼット「はい」

桜「何をするきですか……?なにをしたって……無駄です!!」

バゼット「はぁぁぁ!!!」ダダダッ

桜「食いつぶせ!!」

影「―――」ゴォォォ

バゼット「ふっ!!」

桜「ちょこまかと……!!」

セイバー「こっちもいます!!」

桜「くっ……!!」

影「―――」ゴォォォ

セイバー(やはり、魔王は実戦経験は少ない。今までこうして翻弄されたこともないのでしょう)

セイバー「ならば―――!!」
135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:16:26.77 ID:kmsbrWXC0
桜「?!」

セイバー「約束された―――」

桜「早く!!」

影「―――」

セイバー「―――勝利の剣!!!!」ドォォォン

桜「きゃぁ!!!」

セイバー「はぁ……はぁ……」

桜「あ……あはは……影はすぐに生まれる……」

桜「負けてですよ!!それを外したら負けですよぉ!!!あははははは!!!!」

バゼット「影は一掃できた……」

セイバー「……」

桜「さぁ!!影よ!!食い尽くせ!!!」ゴォォォォ

影「―――」

セイバー「ぐっ……!?」

バゼット「……」
136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:22:05.84 ID:kmsbrWXC0
桜「もう終わりですね……勇者様?」

バゼット「長いようでとても短い旅でしたね」

セイバー「そうですね。いやいや、バゼットが普段、殆ど寝ているからでしょう?」

バゼット「起きていてもメリットなどない」

セイバー「仲間との絆を深めるというメリットはあったはずです」

バゼット「私にとっては不利益ですよ」

セイバー「そんなことでは世渡りは難しいですよ?」

バゼット「この拳があれば……いけます」

桜「死を覚悟して、思い出話ですか?」

セイバー「いいえ」

バゼット「我々の勝利です。魔王」

桜「え?―――ぷっ!あーっはっはっは!!どこが勝ちなんですかぁ!?負けじゃないですかぁ!!」

セイバー「約束された勝利の剣は……勝利への道を作るための剣。敵を消すためだけに存在はしていない」

桜「な、なにを……?」

キャスター「―――懺悔の暇なんて与えないわよ?」
137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:25:18.69 ID:kmsbrWXC0
桜「?!」

メディア「ルール・ブレイカー!!!」

桜「そん―――」

トスッ

桜「きゃぁぁぁ―――!!!!」

桜「いやぁ!!!力が!!力がぬけちゃう!!!」

桜「いやぁ!!!いやぁぁぁ―――!!!」

メディア「はぁ……はぁ……」

セイバー「影は消えていく……」

バゼット「メディア……やりましたね」

メディア「もう……走らせないでよ……死んじゃうじゃない」

セイバー「ふっ……その程度で死ぬならここまでこれていません」

メディア「そうね」

バゼット「勝ったんですね……」

桜「私の……私のちからぁ……あぁぁぁ……」
138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:28:07.86 ID:kmsbrWXC0
セイバー「メディア、魔王は後回しです。聖杯を」

メディア「はいはい」

メディア「……」

イリヤ「……」

メディア「この子が聖杯だなんて……」

メディア「今、助けてあげるわ―――」

「―――触れるな。虫けら」

メディア「え―――」

ドスッ!

バゼット「……!?」

セイバー「え……」

メディア「がぁ……!?」

メディア「かっ……た……の、に……?」

セイバー「メディア!!!」

バゼット「だれだぁ!!!」
139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:31:24.10 ID:kmsbrWXC0
ギルガメッシュ「ふはははははは!!!!」

セイバー「王……!?」

バゼット「メディア!!メディア!!!」

メディア「あ……ば……ぜ……」

バゼット「喋るな……!!」

メディア「ご……め……」

バゼット「メディア!!」

メディア「……な……さ……ぃ……」

バゼット「メディア……?」

ギルガメッシュ「その聖杯は我の者。どこの狐がそれに触れる?」

セイバー「どういうことだ……!!!」

カレン「初めから誰にも聖杯なんて渡すつもりはありませんでした」

セイバー「……?!」

カレン「勇者にも魔王にも……」

セイバー「どうして……!!私が持ち帰ればいいだけの話でしょう!?」
140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:35:44.36 ID:kmsbrWXC0
ギルガメッシュ「聖杯は願望の器。持ち帰る途中で欲に駆られ、使用されてはかなわんだろう?」

セイバー「なに……!?」

カレン「貴女と魔王がいがみ合ってうちにこっそり奪ってしまおう。そう言う計画だったのですが」

ギルガメッシュ「思いのほか早く決着がついてしまったようだな」

カレン「もう少し長引けば死なずにすんだ命もあったのでしょうけど……ふふ」

バゼット「……いいたいことは……それだけか……?」

カレン「ええ」

バゼット「なら……しねぇ!!!」シュバッ

カレン「まあ、こわい」

バゼット「あぁぁぁぁぁ!!!!!!」

クー「おっと!!」

バゼット「!?」

クー「俺の主に傷はつけさせねえよ」

バゼット「貴様……死んだはずじゃあ……」

クー「しぶといのが取り柄でね。悪いが、邪魔させてもらうぜ」
142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:43:17.08 ID:kmsbrWXC0
セイバー「おのれ……初めから……こうするつもりだったのか……!!」

ギルガメッシュ「あの魔王も力だけは厄介だったからな。しかし、よく倒したな褒めてやろう」

カレン「もう彼女は抜け殻ですから、殺してしまうのは簡単ですね」

セイバー「降りて来い!!王よ!!」

ギルガメッシュ「降りて来い?はっ!!雑種風情が吼えるなぁ!!」

セイバー「……」ギリッ

ギルガメッシュ「我は世界の王となるもの!!下民が踏む地に足をなどつけられるはずもない!!」

セイバー「……!!」

ギルガメッシュ「さあ、セイバー?最後に足掻くか?それとも我の妻になり、賢明に生きるか」

セイバー「黙れ!!」

ギルガメッシュ「……」

セイバー「私はお前を殺す……!!魔王にも劣る外道が!!」

ギルガメッシュ「その突きつけた切っ先、高くつくぞ?」

セイバー「……!!!」

ギルガメッシュ「ゲート・オブ・バビロン」パチンッ
143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:48:26.70 ID:kmsbrWXC0
セイバー「なんだ……無数の剣が……?」

ギルガメッシュ「潰れろ」ドンドンドン

セイバー「うっ!!」ギィィン

ギルガメッシュ「あははははは!!!いつまで耐えられる?!」

セイバー「なんだ……これは……!?」

クー「けっ……いつ見ても悪趣味な宝具だぜ」

バゼット「がぁぁぁ!!!」ドゴォ

クー「っと!!」ビリビリ

バゼット「どうして……こんなことができる……!!」

クー「俺は主君に従ってるだけだ」

バゼット「だとしたら……貴様の頭も狂っている……!!」

クー「狂犬だな……」

バゼット「貴様は主に尾を振る、犬だ!!」

クー「いったな?」ザンッ!!

バゼット「がぁ……?!」
146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:54:15.44 ID:kmsbrWXC0
バゼット「しまった……傷が……深い……」

クー「てめえらなんて……一撃で殺せるんだよ」

バゼット「ふー……死んでも……私はお前たちを……殺す……!!」

クー「良い目だ……死ね!!」

バゼット「ここまでか―――」

ギィィィン

クー「な……!?」

バゼット「え……」

ディルムッド「……」

クー「よう……裏切り者。何しにきた?」

ディルムッド「セイバーとの再戦だ」

クー「なら、俺の槍を止めたのはどういう了見だ?」

ディルムッド「……同じ槍使いとして、お前の槍術は実に汚らわしく思う」

クー「ほう……?」

ディルムッド「セイバーと再戦する前に、貴殿の槍を正してやる」
149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 04:59:02.60 ID:kmsbrWXC0
カレン「ディルムッド……裏切るのですね?」

ディルムッド「裏切る?我が主君はもういない。誰を裏切るというのかわからない」

カレン「ふん……。クー・フーリン」

クー「あの弓兵並に気にくわねえやつだぜぇ!!!」

ディルムッド「無傷で勝てるとは思わないことだ!!」

ギィィィン

セイバー「ディルムッドか……!!」

ディルムッド「セイバー!!死ぬな!!!」

セイバー「……」

ディルムッド「生きて……もう一度、刃を交わすのだろう!?」

セイバー「……ああ!!」

ディルムッド「ふっ……」

クー「余裕ぶっこいてんじゃねーよ!!!」

ディルムッド「ぐっ……?!」

クー「お前は四天王でも一番弱い。それは自覚してんだろう?なぁ!!」
150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:04:25.53 ID:kmsbrWXC0
ディルムッド「しているとしても……この戦いの行方を左右するものではない」

クー「だまれよぉ!!」

ディルムッド「つっ……!!」

バゼット「―――私にできるのは……準備だけ……」

バゼット「ふふ……メディア……確かに準備は……大事ですね……」

バゼット「今になってやっと分かりました……」

クー「せいやぁ!!!」

ディルムッド「ふん!!!」

クー「―――めんどくせぇ……」

ディルムッド「む……」

クー「しまいだ……ディルムッド……」

バゼット「アンサラー……」

クー「ゲイ―――ボルク!!!」

ディルムッド「―――!!」

バゼット「―――フラガラック!!!」
152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:07:57.47 ID:kmsbrWXC0
クー「ごほぉ……!?」

カレン「な……!?」

ディルムッド「ぐふぅ……!!」

バゼット「……ディルムッド!?」

ディルムッド「む……因果の逆転が生んだ矛盾か……」

バゼット「そんな……私の宝具なら……!!」

ディルムッド「こうなる運命だったようだな……」

クー「くそ……やるじゃねえか……」

カレン「クー・フーリン!!」

クー「んだよ……泣きそうな顔してんじゃねえよ……」

カレン「……」

クー「あばよ……カレン……」

カレン「あ……」

ディルムッド「セイバーに……謝っておいて……く、れ……」

バゼット「……はい」
153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:11:10.21 ID:kmsbrWXC0
ギルガメッシュ「あははははは!!!!」ドンドンドン

セイバー「ぐっ!!」

セイバー(防戦一方では……いつか……)

ザンッ

セイバー「足に―――!?」

ギルガメッシュ「鬼ごっこは終わりか?」

セイバー「……」

セイバー「もう……だめ……」

セイバー「エミヤ……私は……」


『セイバーの レベルがあがった!』


セイバー「?!」

セイバー「ディルムッド……!?」

ギルガメッシュ「ちっ……使えん犬め……!!」

セイバー「あ……最後の宝具が……」
154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:15:24.66 ID:kmsbrWXC0
ギルガメッシュ「ええい……このままでは……!!」

ギルガメッシュ「カレン!!死にたくなければ下がれ!!」

カレン「……」

ギルガメッシュ「そのような犬など捨て置け!!」

カレン「……っ」

ギルガメッシュ「いくぞ……エア!!」

セイバー「……」

ギルガメッシュ「セイバー……天地創造の乖離剣だ……逃げ場はないぞ!!」

セイバー「……」

ギルガメッシュ「死ぬ覚悟はできたようだな!!」

ギルガメッシュ「エヌマ―――」

セイバー「全て遠き―――」

ギルガメッシュ「―――エリシュ!!!」ゴォォォォォ

セイバー「―――理想郷」
155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:18:16.99 ID:kmsbrWXC0
ギルガメッシュ「ふははははは!!!!セイバー!!!残ね―――」

ゴォォォォ!!!

ギルガメッシュ「!?」

セイバー「うあぁぁぁぁぁ!!!!」

ギルガメッシュ「何故……!?」

セイバー「おわりだぁぁぁぁ!!!!」

ザンッ!!

ギルガメッシュ「ごほぉ……!?」

セイバー「はぁ……はぁ……」

ギルガメッシュ「ぐ……ぁ……ふっ……ふふ……」

セイバー(浅かったか……!?)

ギルガメッシュ「セイバー……し―――」

シュルルルル!!!

ギルガメッシュ「むぐぅ……!?!」

セイバー「え……この赤い布は……!?」
157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:21:49.84 ID:kmsbrWXC0
カレン「……王よ。死した戦士に手向ける言葉とは思えません。訂正を」

ギルガメッシュ「おのれ……カレン!!カレン!!」

カレン「どうやら……貴方にも聖杯は相応しくないようですね」

ギルガメッシュ「きさまぁぁぁ!!!!」

セイバー「終わりです……」

ギルガメッシュ「ぐぅぅ!!!雑種どもめぇぇぇ!!!」

セイバー「はぁぁぁぁ!!!」

―――ザクッ!

ギルガメッシュ「ご……!!」

セイバー「……」

カレン「……」

バゼット「……お前……」

カレン「聖杯を壊すなら今ですよ?私も興味を失いました……」

セイバー「……ありがとうございます」

カレン「お礼を言われる筋合いはありません……」
159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:25:07.62 ID:kmsbrWXC0
バゼット「ふっ!」パリン

イリヤ「ん……」

バゼット「よし……」

セイバー「行きましょう」

バゼット「どこへ……?」

セイバー「淀みのない場所へ……」

カレン「……」

バゼット「お前は……行かないのか?」

カレン「彼の傍にいます……」

セイバー「それでは」

バゼット「……」

カレン「……クー・フーリン?」

カレン「やっと……一緒になれますね……」

カレン「大好き……」

カレン「……」
160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:30:23.03 ID:kmsbrWXC0
街道

バゼット「セイバー……これからどうされるのですか?」

セイバー「わかりません……」

セイバー(聖杯戦争が終われば消えるかと思ったが……)

イリヤ「すぅ……すぅ……」

セイバー(この子が生きている限りは肉体を保てるということか……?)

セイバー(それとも……この世界が私にとってのあの世……なのか……?)

セイバー(もう……どうでもいいことか……)

バゼット「セイバー?」

セイバー「この子は私が引き取ります」

バゼット「……そうですか」

セイバー「バゼットはどうするのですか?」

バゼット「また私を傭兵として雇ってくれる人を探すだけです」

セイバー「そうですか……色々、お世話になりました」

バゼット「こちらこそ……。お元気で……」
161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:33:30.86 ID:kmsbrWXC0
自宅

アイリ「セイバー!?」

セイバー「ただいま、戻りました」

アイリ「お帰り……その子は?」

セイバー「旅の途中で出会いました。この家で育てようと思いまして」

イリヤ「……」

アイリ「そう……」

セイバー「だめでしょうか?」

アイリ「……お名前は?」

イリヤ「……イリヤ……」

アイリ「そうなの。私はアイリよ。よろしくね?」

イリヤ「……うん」

セイバー「すいません。いきなり孤児をつれてきてしまって」

アイリ「ううん。仲良くできそうだし、大丈夫。それより……おかえりなさい、セイバー。心配したのよ?」

セイバー「はい。ご心配をおかけしました」
162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:36:23.69 ID:kmsbrWXC0
1年後

セイバー「イリヤ」

イリヤ「なにー?」

セイバー「買い物にいきましょう」

イリヤ「うん」

アイリ「気をつけてね」

イリヤ「はい」

セイバー「行きましょう」

イリヤ「お姉ちゃん、今日はお菓子かってもいい?」

セイバー「ひとつだけなら」

イリヤ「ふたつ!」

セイバー「ひとつです」

イリヤ「むー……」

セイバー「むくれても買う個数は増えませんからね」

アイリ「ふふ……」
163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:39:53.06 ID:kmsbrWXC0
道具屋

イリヤ「わーい」

セイバー「ん……」

士郎「あ」

セイバー「……」

士郎「す、すいません……それ譲ってもらっても?」

セイバー「ええ……どうぞ」

士郎「助かります」

セイバー「あの……」

士郎「はい?」

セイバー「……また、会えるといいですね」

士郎「え、ええ。それじゃあ」

凛「衛宮くん!!はやく!!」

士郎「はいはい」

セイバー(エミヤ……あなたは……)
165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:45:16.03 ID:kmsbrWXC0
イリヤ「えへへー」

セイバー「また……聖杯が現れるとしたら……どうなるのでしょうか?」

イリヤ「知らないわ……」

セイバー「また戦いが始めるのですか……?」

イリヤ「お姉ちゃんはこの世界に呼ばれて、生きることを認められた……それでいいじゃない」

セイバー「そうですね。これ以上は過ぎた願いになりますね」

イリヤ「また戦うにしてもまだまだ先の話よ」

セイバー「そうだといいですね」

イリヤ「さ、かえろ!!」

セイバー「……また戦うとしても……私には帰るべきところある……」

セイバー「今はそれだけでいい……」

セイバー「エミヤ……」


セイバー「勇者の王として……恥じぬ生き方を貫くと……誓います……」



END
166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 05:46:21.62 ID:9ohwiIoQ0
乙!
面白かったぞ
172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/30(月) 07:05:25.77 ID:e5NQ0iDp0

すごい良かったよ
173: 忍法帖【Lv=17,xxxPT】 2012/01/30(月) 07:26:29.03 ID:/anMazlv0
おもしろかーたよ

 

注目記事!




関連記事
  タグ:

コメントの投稿



お知らせ
また、サイトを見やすいように改造しました

改造したところ:
カテゴリをあいうえお順にしました、

時折修正していきますので、今後ともよろしくお願いします

旧ブログはこちら  旧ブログ

Twitter

SSなびのTwitterアカウントです

最新記事
ピックアップカテゴリ
カテゴリ
人気記事
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


※メールの打ち間違いにお気をつけください。
返事無い時は、メールの打ち間違いの可能性がありますので、再度送信していただくか、コメント欄をご使用下さい。

フリーエリア